1067件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠間市議会 2019-12-13 令和 元年第 4回定例会−12月13日-06号

東海第二原子力発電所から30キロメートル圏内に笠間市の一部が位置し、そこに暮らす住民は、市民の約45%、3万6,066名と、このように記載されております。  笠間市の原子力災害広域避難計画では、第1章、1、目的で、原電東海第二原子力発電所での原子力災害が発生し、または発生するおそれがある場合に、市域を越えた住民避難等の応急対策が迅速に実施できるよう、必要な事項を定めるものであると。

ひたちなか市議会 2019-12-13 令和 元年第 5回12月定例会−12月13日-04号

また,11月25日には,梶山経済産業大臣及び国土交通省水管理・国土保全局塩見次長へ無堤部である那珂川河口から5.5キロメートルの築堤の促進,中丸川,早戸川の常設排水ポンプと監視カメラの設置及び鳴戸川排水機場における排水機能の向上とかさ上げを緊急要望いたしました。さらに,12月16日には,那珂川改修期成同盟会による緊急中央要望を実施する予定であり,国に再度,同様の要望を行ってまいります。

ひたちなか市議会 2019-12-12 令和 元年第 5回12月定例会-12月12日-03号

本市といたしましては,去る11月,河川管理者である国や県に対しまして,那珂川の下流河口から5.5キロメートルの築堤促進,早戸川,中丸川の浸水対策及び監視カメラの設置,鳴戸川排水機場における排水機能の向上,河川改修に係る那珂川支川の交付金の重点配分について要望したところであります。  

ひたちなか市議会 2019-12-11 令和 元年第 5回12月定例会-12月11日-02号

また,11月25日には,梶山経済産業大臣及び国土交通省水管理・国土保全局塩見次長へ,無堤部である那珂川河口から5.5キロメートルの築堤の促進と,中丸川,早戸川の常設排水ポンプと監視カメラの設置及び鳴戸川排水機場における排水機能の向上とかさ上げを緊急要望いたしました。さらに,12月16日には那珂川改修期成同盟会による緊急中央要望を実施する予定であり,国に同様の要望を行ってまいります。

常総市議会 2019-11-01 常総市:令和元年11月定例会議(第16回会議) 本文

議会において答弁をさせていただいた後に、県の河川工事事務所に要望等を行い、県では昨年にはふれあい橋の土砂の撤去ということを実施していただきまして、あわせまして菅生沼の土砂の堆積進行させない対策ということで、反町堤防の上流6.6キロメートルの区間におきまして、本年3月にしゅんせつを実施しているということでございます。  

常総市議会 2019-11-01 常総市:令和元年11月定例会議(第17回会議) 本文

また、市営のヘラブナ釣り場は水面積5万平方メートル、周囲4キロメートルにも及ぶ広大な自然を生かした絶好の釣り場として、市内外の釣り愛好家の皆様が足を運んでいただいております。しかしながら、釣り愛好家の方々にお話を伺いますと、運営や環境についてさまざまな意見をちょうだいいたします。これらを解決する足掛かりとなればという趣旨で、今回質問させていただきます。  

笠間市議会 2019-09-20 令和 元年第 3回定例会−09月20日-06号

原発にかかわる電気ケーブルは、総延長が1,500キロメートルになるものですけれども、新規制基準に定められた対策が不十分であり、燃えにくいケーブルにしなければならないのに、取りかえたのは50%程度であり、残りは代替措置で済ませています。電気ケーブルが異常を来せば、原子炉の制御はできなくなり、暴走するおそれがあります。

笠間市議会 2019-09-17 令和 元年第 3回定例会-09月17日-03号

都市建設部長(吉田貴郎君) 一般県道富谷稲田線の整備について、現在の状況でございますが、本路線は、桜川市富谷地内から笠間市稲田の国道50号に至る延長12キロメートルの生活道路として重要な路線でございます。  県では、現在までに稲田沢川に並行する2.1キロメートルのうち、約340メートル区間を整備し、一部幅員が狭隘な60メートル区間に対して、路肩の拡幅整備など安全対策を実施してまいりました。

日立市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-09-17

訓練は、東海第二発電所での原子力事故を想定し、発電所からおおむね5キロメートルの範囲、いわゆるPAZ圏内の住民及び民間施設を対象に実施するものでございます。参加いただく住民の方は、中学校などの一時集合場所から、バス避難自治体避難所を想定した日立市役所本庁舎まで移動し、受入訓練に参加をしていただきます。

つくば市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-04号

建設部長 上野義光君登壇〕 ◎建設部長上野義光君) 市道として認定している道路は、平成31年4月1日現在で、路線数1万4,824本、総延長3,679キロメートルとなります。センターラインを設置する場合は、5.5メートル以上の車道幅員が必要となり、該当する市道の総延長は365キロメートルとなります。  

日立市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-09-10

日立市金沢町地内の山側道路と常陸太田市幡町を結ぶ延長5.5キロメートル道路計画のうち、(仮称)真弓トンネルは全長約2.1キロメートルで、日立市区間は約1キロメートルトンネルでございます。令和6年度の完成を目途に、常陸太田市の合併特例債を活用し、日立市も応分の負担をしながら、県の支援を得て、両市の事業として昨年度から事業に着手したところでございます。

ひたちなか市議会 2019-06-21 令和 元年第 2回 6月定例会−06月21日-04号

本市の都市計画道路につきましては,現在73路線,189キロを計画決定しておりますが,そのうち41路線,約51キロメートルは未完成の状態にあります。本市の都市計画道路の整備を取り巻く環境につきましては,将来的に人口の増加は見込めず,少子高齢化による社会保障関連経費の増大を背景にした厳しい財政事情など,成長拡大を前提としてきました都市構造の転換期を迎えようとしております。

つくば市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会-06月20日-04号

産総研とJAXAの間の東西に走る洞峰通りですが、産総研の北口付近から408号線までの約1キロメートルの区間におきまして、朝の通勤時間に大変な渋滞が発生していることについて、御存じかと思います。西大通りを含む洞峰通り合流する道路も大変な混雑で通勤する皆さんの生活の質だけでなく、バスの遅延や通学路の安全確保にもリスクとなっております。

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

また,例えば,遠くからJRなどで海浜公園に来られた方も交通弱者にカウントできるとは思いますが,直線で行けば約6キロメートルバスのピストン輸送でもカバーできるのではないかと思います。俗に,けもの道,一番便利な道を選ぶ習性が動物にはあります。一番早くたどり着くことをお手伝いするのが,おもてなしの原点ではないでしょうか。  延伸部分に居住している方は約800人と伺っております。