26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

ひたちなか市議会 2019-06-27 令和 元年第 2回 6月定例会-06月27日-付録

また,既存の│ │利用者支援事業業務委託料(7,200)│地域子育て支援拠点が有する機動力や情報網を活用│ │                   │し,アウトリーチ型の相談支援や情報発信の充実を│ │                   │図る。                    

下妻市議会 2019-06-12 令和元年 第2回定例会(第4日 6月12日)

特に支援を必要とする児童生徒のところには、相談員が家庭に出向いて対応するいわゆるアウトリーチ型の支援を行い、本市サポートセンターの特色ある取り組みとなっております。  支援の内容についてでございますが、将来自分の力で社会の中で生き抜くことができるような社会的自立や学校復帰を目指して、教育相談を中心とした支援を行っております。

笠間市議会 2019-06-10 令和 元年第 2回定例会-06月10日-04号

行政側から地域に向かうというアウトリーチ、この体制づくりが重要かと考えております。そして、包括支援センターは集約をして、そして笠間市の保健センターも集約し地域医療センターかさまに併設したことによりまして、医療保健医療福祉が、他職種がさらに連携をとって地域包括ケアの推進に強化できると考えております。  

東海村議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月12日−03号

具体的には社会福祉議会委託する形で平成28年度から「多機関協働による包括的支援体制構築事業」を開始し、コミュニティソーシャルワーカーを中心とした専門職地域アウトリーチし、丁寧に課題を把握するとともに関係機関と連携しながら制度のはざまにある問題を抱えた世代に対し、包括的な支援を行っております。  次に、地域福祉の取り組みに関する周知や啓発についてお答えいたします。  

東海村議会 2018-03-13 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月13日−04号

そのため、行政や社協ではアウトリーチに力を入れてまいりましたが、今後も引き続き相談しやすい体制を確保してまいります。  次に、自殺対策についてお答えいたします。  平成18年に自殺対策基本法が制定され、自殺者の年次推移は減少傾向にあるものの、それでも毎年2万人を超える状況でございます。中でも若い世代自殺者が多く、深刻な問題となっております。

土浦市議会 2018-03-13 平成30年 第1回 定例会-03月13日−03号

また,産後ケア事業は,出産退院後に,助産師などの看護職が母子に対しまして,産婦の身体的回復と心理的な安定促進を図るとともに,産婦自身がセルフケア能力というものを育み,健やかな育児ができるように支援するもので,産科医療機関等において行う宿泊型やデイサービス型,産婦の自宅へ訪問して実施をいたしますアウトリーチ型がございます。  

神栖市議会 2018-03-06 神栖市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号

そこからが自立に向けてのまず出発であって、全くそこから自立に向けて時間がかかるので、例えば居場所づくりとか、それから障がい福祉課のほうと連携して事業所のほうで受け入れ態勢をしていただいたり、面倒を見ていただいたり、職場体験をして、そして自立に向けるというこの連携でそこに予算をとっていただいて、しっかりと居場所とそれから職場体験、それからアウトリーチといって家庭訪問ですね。

筑西市議会 2017-09-06 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月06日−議案上程・説明−01号

ひきこもり者及び長期不就労者に対する支援の特徴として、職員アウトリーチによる家庭訪問がありますが、カウンセリング的な相談支援ではなく、福祉職だからできる福祉職としてのアプローチを試行し、情報提供に徹した戸別訪問にこだわっておりました。その際、ひきこもり者本人に対しては、判断能力がないという確証が得られない限りは、判断能力がある人だという大前提に立つことを徹底しておりました。  

ひたちなか市議会 2017-06-15 平成29年第 2回 6月定例会−06月15日-03号

どうしも疎くなってしまう方がいて,そういう方が結構貧困世帯になっているという話を聞いたことがありまして,やはりアウトリーチというか,こちらからそうした方に出向いて兆候を探るというのも必要な業務なのかなと。それも重要な相談業務じゃないかと思いますが,この点について福祉部長はどのようにお考えでしょうか。 ○打越浩 議長  高田晃一福祉部長。          

土浦市議会 2016-12-13 平成28年 第4回 定例会-12月13日−03号

そのような中,文部科学省からは訪問型支援,いわゆるアウトリーチ支援事業の推進が示されましたことから,ポプラひろばでは,これまでは通室してきた児童生徒への支援――つまり通ってきた生徒への支援が中心でしたが,適応指導教室へ通室することもできず,外部との関わりを持てない児童生徒もいる現状を踏まえ,家庭への訪問型支援も学校と連携し,少しずつ広めているところでございます。  

土浦市議会 2016-09-12 平成28年 第3回 定例会-09月12日−02号

加えて文部科学省からは,訪問型支援,いわゆるアウトリーチ支援事業の推進が示されました。本市の適応指導教室では,これまでは通室してきた児童生徒への支援が中心でしたが,適応指導教室へ通室することができず,外部との関わりを持てない児童生徒が少なくない現状を踏まえ,なおかつ,指導には長い時間がかかるということも踏まえた上で家庭訪問等も学校と連携し,少しずつ広げているところです。  

土浦市議会 2016-06-14 平成28年 第2回 定例会-06月14日−03号

民生委員児童委員による訪問事業は,県内では本市だけでございまして,アウトリーチ型の相談事業として,多世代同居が減少している中,育児孤立化の防止に効果を上げてございます。その後,乳幼児の4カ月,1歳6カ月,3歳と,月齢に応じた健康診査を行いながら育児相談を行っております。  

土浦市議会 2016-03-07 平成28年 第1回 定例会-03月07日−02号

◆6番(久松猛議員) アウトリーチ機能とコンシエルジュ機能,これが野洲市の特徴なんですよね。  アウトリーチ機能というのは,いろんな部署から生活困窮状態の方を発見して,それで窓口につなぐと,こういうアウトリーチ。それでそれを受けて,今度は担当課はコンシエルジュ,あっちの窓口に紹介,こっちの窓口を紹介すると,そういうことなんです。  野洲市の事例でこういうのがありましたよ。

龍ケ崎市議会 2015-06-16 平成27年  6月定例会(第2回)-06月16日−02号

なお,来庁することが困難な場合には,必要に応じて訪問支援などのアウトリーチによる対応も実施しているところでございます。  また,住宅確保給付金は,離職により住居を失った場合や失うおそれが高い場合に,収入等が一定水準以下の方に対して,原則3カ月間,家賃相当額を支給するものであります。この事業につきましては,本年4月からの利用実績はない状況でございます。  以上です。

神栖市議会 2015-06-02 神栖市議会 会議録 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月02日−03号

または、認知症アウトリーチ体制の構築については、第6期計画ではどのように打ち出しをしているのか確認をさせていただきたいと思います。  とりあえず以上でございます。 ○副議長(安藤昌義君) 長谷川治吉議員の第2回目の質問に対する答弁を求めます。  教育長。      〔教育長 須田順子君 登壇〕 ◎教育長(須田順子君) 長谷川議員の2回目のご質問にお答えいたします。  

ひたちなか市議会 2015-03-10 平成27年第 1回 3月定例会−03月10日-03号

また,市民参加型のイベントとしまして,音楽見本市や演劇ワークショップなど,市民がさまざまな体験ができる事業を実施しているほか,ホールの中だけではなく,小中学校にプロの芸術家を派遣して,演奏会や体験教室を実施するアウトリーチ事業等なども実施しております。  今後も,さらに稼働率を上げるため,市民参加型のイベントや市民が利用しやすい仕組みを検討してまいります。  

  • 1
  • 2