鉾田市議会 > 2013-12-06 >
12月06日-議案説明-01号

ツイート シェア
  1. 鉾田市議会 2013-12-06
    12月06日-議案説明-01号


    取得元: 鉾田市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-07-22
    平成25年 12月 定例会(第4回)                  平成25年第4回               鉾田市議会定例会会議録 第1号                                                    平成25年12月6日 午前10時00分開会                                        出 席 議 員  議 長 16番  山 口   德 君       12番  畠   長 弘 君  副議長 11番  岩 間 勝 栄 君       13番  井 川 茂 樹 君      1番  小 沼   勝 君       14番  米 川 宗 司 君      2番  根 嵜   眞 君       15番  友 部 政 德 君      3番  小 沼 幸 義 君       17番  栗 田   洋 君      4番  出 沼 丈 夫 君       18番  田 口 清 一 君      5番  小 川 一 彦 君       19番  堀 田 正 衛 君      6番  水 上 美智子 君       20番  高 野   衛 君      7番  入 江   晃 君       21番  石 津 武 吉 君      8番  江 沼 久 男 君       22番  倉 川 陽 好 君      9番  小 沼 俊 秀 君                                        欠 席 議 員      な  し                                        出 席 説 明 者  市     長  鬼 沢 保 平 君     旭市民センター長  人 見 國 昭 君  教  育  長  鬼 澤   明 君    大洋市民センター長  菅 谷 隆 栄 君  総 務 部 長  小 堤   明 君      会 計 管 理 者  根 本 研 司 君  市 民 部 長  小 島 一 夫 君      教 育 部 長  米 川 治 夫 君  産 業 経済部長  小 沼 頼 廣 君      上 下 水道部長  田 山 和 彦 君  建 設 部 長  大 槻 幸 雄 君    農業委員会事務局長  久保田   篤 君  健 康 福祉部長  長 洲 健 男 君                                                                出席事務局職員  事 務 局 長  小野瀬 武 彦        庶 務 係 長  塙   啓 一  議 事 調査係長  和 泉 経 義        書     記  坂 本 あすみ                                                        議 事 日 程 第 1 号                              平成25年12月6日(金曜日)                                   午前10時00分開会開会                                           日程第1 会議録署名議員の指名                              日程第2 会期の決定                                   日程第3 諸般の報告                                   日程第4 議案第1号から第7号について、提案説明                           議案第1号 鉾田市税条例の一部改正について                        議案第2号 鉾田市国民健康保険税条例の一部改正について                  議案第3号 鉾田市医療福祉費支給に関する条例の一部改正について              議案第4号 鉾田市健康増進施設の設置及び管理に関する条例の制定について          議案第5号 鉾田市農業集落排水処理施設条例の一部改正について               議案第6号 鉾田市下水道条例の一部改正について                      議案第7号 鉾田市水道事業給水条例の一部改正について             日程第5 議案第8号から第11号について、提案説明                           議案第8号 平成25年度鉾田市一般会計補正予算(第7号)                  議案第9号 平成25年度鉾田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)            議案第10号 平成25年度鉾田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)           議案第11号 平成25年度鉾田市介護保険特別会計補正予算(第2号)        日程第6 議案第12号について、提案説明                                議案第12号 工事請負契約の締結について                    日程第7 議案第13号から第18号について、提案説明                           議案第13号 訴えの提起について                              議案第14号 訴えの提起について                              議案第15号 訴えの提起について                              議案第16号 訴えの提起について                              議案第17号 訴えの提起について                              議案第18号 訴えの提起について                        日程第8 議案第19号について、提案説明                                議案第19号 市道路線の変更について                      日程第9 会派代表会議について                                                                      1.本日の会議に付した事件議事日程に同じ                                                        午前 9時59分開会 △開会及び開議の宣告 ○議長(山口德君) ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達しておりますので、ただいまから平成25年第4回鉾田市議会定例会を開会いたします。 これより本日の会議を開きます。 △会議録署名議員の指名 ○議長(山口德君) 日程第1 会議録署名議員を指名いたします。 会議規則第88条の規定により、9番 小沼俊秀君、11番 岩間勝栄君、12番 畠 長弘君を指名いたします。 △会期の決定 ○議長(山口德君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。 お諮りいたします。本定例会の会期を本日から12月20日までの15日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(山口德君) ご異議なしと認めます。 よって、会期はそのように決定いたしました。 次に、休会についてお諮りいたします。12月9日、12日、13日は自宅審議のため、12月16、17、18日は委員会開催のため、12月19日は議事整理のため本会議を休会としたいと思います。これにご異議ありませんか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(山口德君) ご異議なしと認めます。 よって、そのように決定いたしました。 △諸般の報告 ○議長(山口德君) 日程第3 諸般の報告をいたします。 地方自治法第121条の規定に基づく出席要求により説明のため出席した者は、市長ほか12名でありますので、報告いたします。 次に、鉾田市監査委員から、例月出納検査の結果が議長宛てになされています。報告書議会図書室に保管してありますので、各自ごらんおき願いたいと思います。 次に、本日までに受理した陳情書1件、要望書1件は、お手元に配付した写しのとおりです。 次に、議会広報委員会から、行政視察を行い、報告書議長宛てになされております。報告書については、お手元に配付した写しのとおりであります。 次に、市長から、全員協議会開催の依頼がなされています。依頼された協議案件は、(仮称)鉾田市文化複合施設についてであります。その説明については、本日の会議終了後、議員控室にて開催したいと思います。 以上で諸般の報告を終わります。 △議案第1号 鉾田市税条例の一部改正について 議案第2号 鉾田市国民健康保険税条例の一部改正について 議案第3号 鉾田市医療福祉費支給に関する条例の一部改正について 議案第4号 鉾田市健康増進施設の設置及び管理に関する条例の制定について 議案第5号 鉾田市農業集落排水処理施設条例の一部改正について 議案第6号 鉾田市下水道条例の一部改正について 議案第7号 鉾田市水道事業給水条例の一部改正について ○議長(山口德君) 日程第4 議案第1号から第7号についてを一括して議題といたします。 市長から提案理由の説明を願います。市長。          〔市長 鬼沢保平君登壇〕 ◎市長(鬼沢保平君) 議案第1号 鉾田市税条例の一部改正について。本案は、地方税法の一部改正により、主に公社債等及び株式等に係る課税方式見直しが行われたため、所要の改正をするものであります。 議案第2号 鉾田市国民健康保険税条例の一部改正について。本案は、議案第1号に関連して、地方税法の一部改正により、所要の改正をするものであります。 議案第3号 鉾田市医療福祉費支給に関する条例の一部改正について。本案は、子育て支援対策の一環として、児童の対象者を現行の小学校6年生から中学校3年生まで拡大し、子育て世帯経済的負担の軽減を図り、子育てしやすい環境づくりを推進するため、所要の改正をするものであります。 議案第4号 鉾田市健康増進施設の設置及び管理に関する条例の制定について。本案は、ほっとパーク鉾田の設置及び管理に関する条例及びとっぷ・さんて大洋の設置及び管理に関する条例を廃止し、新たに鉾田市健康増進施設の設置及び管理に関する条例に統合するとともに、利用料金について見直しを行うものであります。 議案第5号 鉾田市農業集落排水処理施設条例の一部改正について、議案第6号 鉾田市下水道条例の一部改正について、議案第7号 鉾田市水道事業給水条例の一部改正について。議案第5号から議案第7号は、消費税率が平成26年4月1日から8%に改正されることに伴い、農業集落排水処理施設及び下水道の使用料水道料金等について所要の改正をするものであります。 以上、大要について申し述べましたが、関係部長より要点を説明させますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(山口德君) 続きまして、議案第1号 鉾田市税条例の一部改正について、議案第2号 鉾田市国民健康保険税条例の一部改正について及び議案第3号 鉾田市医療福祉費支給に関する条例の一部改正について、担当部長から要点説明を願います。市民部長。 ◎市民部長小島一夫君) それでは、議案第1号 鉾田市税条例の一部を改正する条例につきましてご説明を申し上げます。 本案は、鉾田市税条例の一部を改正するものでございます。改正理由は、地方税法の一部を改正する法律が平成25年の3月30日に公布され、同法第2条による改正関係につきまして地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が平成25年6月12日にそれぞれ交付をされ、いずれも原則として平成28年1月1日から施行されることに伴い、鉾田市税条例の一部を改正するものでございます。 改正内容につきましては、お手元に配付しております説明資料2、平成25年度税制改正等に伴う鉾田市税条例改正理由等という資料に基づきまして要点を説明させていただきます。 初めに、1、第1条、本則及び附則、そして番号の1番、2番、一番上のくくりになります。こちらにつきましては、地方税法の一部改正に伴いまして、条項の繰り下げによる引用条項の整理でございます。 次に、2、第2条、本則、番号3でございますが、公的年金に係る所得に係る個人の市民税特別徴収、いわゆる天引きの関係でございますけれども、これの中止要件見直しに係る改正でございます。具体的には、これまで賦課期日後に転出や、特別徴収税額を通知した後に税額が変更されるといった場合は、その特別徴収を中止し、普通徴収というふうにしていたところでございますが、納税の便宜及び徴収の効率化を図るためこれらを見直し当該年度中の特別徴収を継続するというように改めるものでございます。 次に、第2条本則、番号4でございますが、これは年金所得に係る仮特別徴収税額算定方法見直しに係る改正でございます。具体的には、年6回の公的年金からの特別徴収の徴収する税額の平準化を図るために、仮徴収、いわゆる4月、6月、8月の算定部分を、従前はその前の年の本徴収額、10月、12月、2月分の3分の1という形で徴収しておったわけでございますが、これを前年分の年税額の2分の1として、相当する額を3回に分けると。結果的には6分の1というような形の徴収にして、所得の変動によって税負担が変わった場合に、それが大きく次の年までも影響するようなことがないようにというような内容でございます。また、番号3番、番号4番の公的年金からの特別徴収制度見直しは、平成28年の10月1日からの適用となるものでございます。 続きまして、3、附則番号5番、6番、7番でございます。これらにつきましては、条項の新設に伴う引用条項の追加及び条項削除に伴う引用条項の整理に係る改正でございます。 次に、番号8番でございますが、上場株式等に係る配当所得等に係る市民税の課税の特例ということでございまして、28年1月1日以後に納税義務者支払いを受けるべき特定公社債の利子が対象に追加されたことに伴う所要の規定の整備並びに文言整理に係る改正でございます。 次に、9番でございます。こちらが株式等に係る譲渡所得分離課税を、一般株式会社等に係る譲渡所得分離課税と、それから上場株式等に係る譲渡所得分離課税に改組したことに伴う所要の規定の整備に係る改正であります。 次に、番号10でございますが、こちらも上場株式等に係る譲渡所得等分離課税を新たに新設をしたということに伴い、規定を加えるものでございます。 次に、番号11から17でございますが、これらにつきましては課税標準の計算の細目を定めるといった内容であることから、条例の性格を踏まえて削除するというものでございます。 次に、番号18でございますが、これは条例の削除に伴う条項の繰り上げ並びに条約適用配当分に係る分離課税について特定公社債利子等が対象に追加されたということに伴う所要の規定の整備でございます。 次に、番号19でございますが、これは先ほどの番号11から17の説明と同様で、条例の性格を踏まえ、削除するといった内容でございます。 最後に、改正条例附則、番号20から25でございますが、これは施行期日、平成28年の1月1日及び経過措置に関する改正規定でございます。以上、要点説明とさせていただきます。 続きまして、議案第2号 鉾田市国民健康保険税条例の一部改正についてご説明を申し上げます。 本案は、鉾田市国民健康保険税条例の一部を改正するものでございます。改正理由につきましては、議案第1号 鉾田市税条例の一部を改正する条例と同様に、地方税法の一部を改正する法律、政令、省令が公布され、金融所得課税の一体化として公社債等に対する課税方式が変更されることから、国民健康保険税課税対象所得の範囲もこれに準じた規定とするため、鉾田市国民健康保険税条例の一部を改正するものでございます。 改正内容につきましては、お手元に配付しております説明資料、平成25年度税制改正等に伴う鉾田市国民健康保険税条例改正理由等に基づき要点説明をさせていただきます。 初めに、1、附則、番号1、第8項でございますが、平成28年1月1日以後に支払いを受けるべき特定公社債等利子等について、利子割課税対象から除外し、配当割課税対象とする改正に伴う文言整理でございます。 次に、番号2でございますが、こちらも株式等に係る譲渡所得分離課税について、上場株式等と非上場株式等に係る譲渡所得分離課税につきまして、上場株式等と非上場株式等に係る譲渡所得を別々の分離課税とするという改正に伴う文言整理でございます。 次に、番号3でございますが、上場株式等と非上場株式等に係る譲渡所得を別々の分離課税とすることに伴い、読みかえ規定を設けるという内容でございます。 次に、番号4、5及び6でございますが、これらにつきましては条例の性格を踏まえ、削除するというものでございます。 次に、番号7でございますが、改正前附則第13項及び14項削除に伴い、項の繰り上げを行うものでございます。 次に、番号8でございますが、先ほどの番号4から6と同様に、単に課税標準の計算の細目を定めるというだけでありますので、条例の性格を踏まえて削除するものであります。 次に、番号9、10でございますが、改正前附則第13項及び14項、そして16項削除に伴い、項の繰り上げを行うものでございます。 次に、番号11でございますが、28年1月1日以後に支払いを受けるべき特定公社債等利子等について利子割課税対象から除外し、配当割課税対象とする改正に伴う文言整理を行うとともに、改正前附則第13項、同14項及び同16項の削除に伴い、項の繰り上げを行うものでございます。 次に、番号12でございますが、先ほど前段の番号4から6及び8と同様に、条例の性格を踏まえ、削除するというものでございます。 最後に、2、改正条例附則、番号13及び14でございますが、これらは施行期日、平成29年1月1日及び経過措置に関する規定であります。以上、要点説明とさせていただきます。 次に、議案第3号 鉾田市医療福祉費支給に関する条例の一部改正についてご説明を申し上げます。 本案は、鉾田市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正するものでございます。改正理由は、子育て支援対策の一環として、医療福祉費支給対象となる児童の範囲を現行上限の小学校6年生までを中学3年生まで拡大し、子育て世帯経済的負担軽減を図り、子育てしやすい環境づくり推進のため、鉾田市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正するものでございます。 改正内容につきましては、お手元に配付しております説明資料、鉾田市医療福祉費支給に関する条例新旧対照表をもとに説明をさせていただきます。 初めに、第2条、定義、6項で定める児童についての中で、「翌月」を「翌日」とする改正につきましては、文言整理を図るものでございます。 次に、「12歳」を「15歳」とする改正につきましては、中学校3年生までの対象者拡大に伴い、実年齢に対応するものであります。 また、括弧書きの追加分、「学校教育法第18条の規定に関連するもの等」の内容につきましては、病気など特別な事情によりまして小中学校に入学時期がおくれたりした場合にも対応すべく、年齢での適用のみではなく、中学校卒業までを対象とするという取り扱いができるようにしようというものでございます。 最後に、改正条例附則でございますが、施行期日、平成26年4月1日及び施行前の経過措置に関する改正規定等でございます。以上、要点説明とさせていただきます。 ○議長(山口德君) 次に、議案第4号 鉾田市健康増進施設の設置及び管理に関する条例の制定について、担当部長から要点説明を願います。健康福祉部長。 ◎健康福祉部長長洲健男君) 議案第4号 鉾田市健康増進施設の設置及び管理に関する条例の制定についてご説明を申し上げます。 本条例の制定理由につきましては、市長提案で申し上げましたように、ほっとパーク鉾田及びとっぷ・さんて大洋の設置及び管理に関する条例を廃止し、新たに健康増進施設の設置及び管理に関する条例に統合するとともに、消費税引き上げに伴う利用料金見直しによる上限額の設定のため、提案するものでございます。 条例全体的な構成については、利用料金に係る別表を除き、それぞれの統合前の条例を踏襲した形をとりましたので、大幅には変わっておりません。統合前の条例から改めた部分のみご説明をいたします。 まず、第1条から3ページの第11条までの「ほっとパーク鉾田」及び「とっぷ・さんて大洋」という表記については、「健康増進施設」と改めました。 第2条中及び4ページからの別表中の「子供」の表記については、「供」を平仮名に改めました。 第3条で、健康増進施設の名称及び位置を表のとおりまとめたものでございます。 2ページをお開き願います。第7条は、施設の休館日について定めたものですが、それぞれの施設の休館日に違いがあるため、この記載のとおり整理をいたしております。 次に、3ページの第11条の利用料金でございますが、4ページをお開き願います。利用料金上限額につきましては、この別表で定めております。(1)の通常の利用料金区分ごとの額につきましては、消費税引き上げに伴う料金改定を考慮した上限額に改めております。 (2)の年間会員利用料金につきましては、統合前の条例と同額でございますが、ほっとパーク鉾田設管条例にありました法人関与を削除しております。 (3)の回数券の料金につきましては、まず回数券つづり枚数を6枚に統一いたしました。料金額については、(1)の通常の利用料金から入湯税を引いた額に5を乗じた額としており、前条例同様、1枚分を無料としております。 以下、パークゴルフ利用料金から、7ページのクロッケー場利用料金についても、消費税引き上げに伴う料金改定を考慮した上限額としております。 3ページに戻っていただきまして、下段の附則でございますが、附則1で本条例施行日を定めております。 4ページをお願いいたします。附則2において、それぞれの施設の設置及び管理に関する条例を廃止するものでございます。 附則3で、条例廃止に伴う経過措置を定めたものでございます。 要点説明は以上でございます。 ○議長(山口德君) 次に、議案第5号 鉾田市農業集落排水処理施設条例の一部改正について、議案第6号 鉾田市下水道条例の一部改正について及び議案第7号 鉾田市水道事業給水条例の一部改正について、担当部長から要点説明を願います。上下水道部長。 ◎上下水道部長田山和彦君) それでは、議案第5号 鉾田市農業集落排水処理施設条例の一部改正についてご説明いたします。 改正する内容につきましては、農業集落排水使用料をこれまでの税込みの金額としていたものを税抜きの金額とし、これに消費税等の額を加えるものにするものです。詳細につきましては、お配りしております説明資料新旧対照表をごらんください。 まず、左側、改正前の第11条では、条文のアンダーラインの箇所、「別表第2に定める使用料」を、右側改正後は、「基本料金及び人数割料金を合算して得た額に消費税額及び地方消費税額を加えた額とし」とするものです。 その下の別表第2でございますが、左側の表、一番下の段、公共用の数字2,000円が間違っております。ゼロを1つ削除をお願いいたします。大変失礼しました。訂正をお願いいたします。 右側の改正後の金額は、税抜きの金額をお示ししております。 なお、説明資料2につきましては、現行額と改定額との比較を一部記載しておりますので、ごらんおき願えればと思います。 議案に戻りまして、1ページの下のほうに附則がございます。まず、附則の1で、施行期日を来年の4月1日とすること。 それから、裏面をごらん願います。附則2では経過措置がございますが、これは施行日以降に3月分以前の使用料が含まれる場合の措置でございまして、5月下旬に実施します検針は3月下旬から2カ月分の使用料を計算するもので、3月分の数日間の利用分が含まれております。これに消費税8%を加えることは認められておりませんことから、これを防ぎ、3月分が含まれた使用料は消費税5%のままで料金のお支払いをお願いするという経過措置になります。以上が農業集落排水処理施設条例の一部改正でございます。 続きまして、議案第6号 鉾田市下水道条例の一部改正についてご説明いたします。 改正する内容につきましては、公共下水の使用料をこれまでの税込みの金額としていたものを税抜きの金額とし、これに消費税等の額を加えるものにするものです。詳細につきましては、お配りしております説明資料新旧対照表をごらんください。 まず左側、改正前の第19条では、条文のアンダーラインの箇所、「基本使用料と超過料金に消費税及び地方消費税を合算して算定した別表に定める額とする」を、右側改正後は、「基本使用料及び超過料金を合算して得た額に消費税額及び地方消費税額を加えた額とする」とするものです。 その下の別表の右側の改正後の金額は、税抜きの金額をお示ししております。 なお、説明資料2につきましては、現行額と改定額との比較を記載しております。ごらんおき願えればと思います。 議案に戻りまして、表の下に附則がございます。まず、附則の1で、施行期日を来年の4月1日とすること、附則2は経過措置でございますが、これは先ほどの農業集落排水処理施設条例の一部改正でもご説明したとおり、5月に検針します3月分が含まれる使用料は、現行の消費税5%の料金とするものです。以上が下水道条例の一部改正でございます。 続きまして、議案第7号 鉾田市水道事業給水条例の一部改正についてご説明いたします。 改正する内容につきましては、水道の使用料等をこれまでの税込みの金額としていたものを税抜きの金額とし、これに消費税等の額を加えるものにするものです。詳細につきましては、お配りしております説明資料新旧対照表をごらんください。 まず、左側、改正前の第26条では、条文のアンダーラインの箇所、「消費税及び地方消費税を含む基本料金、従量料金及びメーター使用料を合算した金額とする」を、右側改正後は、「基本料金、従量料金及びメーター使用料を合算して得た額に、消費税額及び地方消費税額を加えた額とする」に改正するものです。 その下、第33条第2項は、「改正前の加入金の額は、給水装置の給水管の口径に応じて定めた額に消費税及び地方消費税を合算し、算定した別表第2に定める金額とする」を、右側改正後は、「加入金の額は、別表第2に掲げた給水装置の給水管の口径に応じて定めた額に消費税額及び地方消費税額を加えた額とする」に改正するものです。 改正します金額につきましては、2ページ以降7ページまでにそれぞれ別表の右側の表に改正後の税抜きの金額をお示ししております。 なお、説明資料2につきましては、現行額と改定額との比較を一部記載しておりますので、ごらんおき願えればと思います。 議案にお戻り願いまして、4ページをお開き願います。中ほどに附則がございます。附則の1では、施行期日を来年の4月1日とすること、附則2では経過措置がございますが、これは先ほどの農業集落排水、下水道の条例改正と同じように、5月に検針します3月分が含まれる使用料は、現行の消費税5%の料金とするものです。 以上が水道事業給水条例の一部改正でございます。
    △議案第8号 平成25年度鉾田市一般会計補正予算(第7号) 議案第9号 平成25年度鉾田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号) 議案第10号 平成25年度鉾田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号) 議案第11号 平成25年度鉾田市介護保険特別会計補正予算(第2号) ○議長(山口德君) 日程第5 議案第8号から第11号についてを一括して議題といたします。 市長から提案理由の説明を願います。市長。          〔市長 鬼沢保平君登壇〕 ◎市長(鬼沢保平君) 議案第8号 平成25年度鉾田市一般会計補正予算(第7号)。本案は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億6,102万9,000円を追加し、総額224億3,289万8,000円に定めるものであります。補正の主な内容といたしましては、歳出において、子育て環境の充実を図るため、乳幼児など入所児童数の増加に伴う民間保育所への運営費委託料及び保育士の人材確保を図る保育士処遇改善臨時特例事業補助金の増額、さらには医療福祉費支給対象年齢を中学生まで拡大に向けた準備経費などを計上するとともに、障害福祉サービス事業の扶助費、総合公園における体育施設改修工事費の増額などを計上するもので、歳入面で市税、国県支出金、繰入金及び市債などを増額し、歳出面で予備費を増額して収支の均衡を図るものであります。 議案第9号 平成25年度鉾田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)。本案は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,441万7,000円を追加し、総額82億6,847万8,000円に定めるものであります。補正の主な内容といたしましては、保険給付費及び諸支出金の増額に伴い、歳入面で一般会計繰入金を増額して収支の均衡を図るものであります。 議案第10号 平成25年度鉾田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)。本案は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ114万5,000円を追加し、総額4億2,476万3,000円に定めるものであります。補正の主な内容といたしましては、保険基盤安定負担金の額の確定に伴い、後期高齢者医療広域連合納付金及び諸支出金を増額するもので、歳入面で一般会計繰入金及び諸収入を増額して収支の均衡を図るものであります。 議案第11号 平成25年度鉾田市介護保険特別会計補正予算(第2号)。本案は、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,086万6,000円を追加し、総額39億1,433万4,000円に定めるものであります。補正の主な内容といたしましては、介護サービス利用者の増加に伴い、保険給付費を増額するもので、歳入面で一般会計繰入金及び基金繰入金を増額して収支の均衡を図るものであります。 以上、大要について申し述べましたが、関係部長より要点を説明させますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(山口德君) 続きまして、議案第8号 平成25年度鉾田市一般会計補正予算(第7号)について、担当部長から要点説明を願います。総務部長。 ◎総務部長(小堤明君) それでは、議案第8号につきましてご説明申し上げます。 初めに、補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出総額につきましては、次の2ページから5ページに記載してございます第1表、歳入歳出予算補正のとおりでございます。 続きまして、6ページから7ページをお開き願います。上段の第2表、繰越明許費補正でございますが、本補正予算で計上しております子ども・子育て支援システム構築事業及び特定防衛施設周辺整備調整交付金事業(基金事業)につきましては、工期の関係上翌年度への繰り越しとなることが確実なため、合計で8,196万円を繰越明許費を設定するものでございます。 続きまして、第3表、債務負担行為補正でございます。初めに、高齢者福祉計画・介護保険事業計画策定事業につきましては、ニーズ調査から計画策定まで2年間の継続事業となるため、平成26年度の債務負担行為の限度額710万円を設定するものでございます。次に、農協系統農業災害利子補給(平成25年台風26号による災害)につきましては、台風26号により被災した農業者が農業再生資金として借り入れる農協系統農業災害資金について、平成26年度から平成30年度までの償還時の利子助成補助金の交付に係る債務負担行為を設定するものでございます。 続きまして、第4表、地方債補正でございますが、臨時財政対策債につきましては、発行可能額の決定に伴い、1億3,380万円を増額し、限度額を9億3,380万円に変更するものでございます。なお、臨時財政対策債は、後年度の元利償還金の100%が普通交付税の算定上、基準財政需要額に算入されるものでございます。 次に、8ページ以降の歳入歳出予算事項別明細書につきましては、各所管部長から説明を申し上げます。 それでは、総務部所管事項につきましてご説明申し上げます。まず、歳入でございますが、10ページから11ページをお開き願います。2段目の9款地方特例交付金でございますが、交付額の決定に伴い、894万1,000円を増額するものでございます。 次に、下から2段目の14款国庫支出金、2項国庫補助金、1目総務費国庫補助金でございますが、説明欄のほうをごらん願います。初めに、特定防衛施設周辺整備調整交付金につきましては、交付額決定に伴い、2,538万9,000円を増額するものであり、歳出補正予算に計上している特定防衛施設周辺整備調整交付金事業基金積み立ての財源とするものでございます。 次に、地域の元気臨時交付金につきましては、国から示された交付限度額に合わせ、3,096万6,000円を増額するものでございます。歳出補正予算に計上しているクリーンセンター維持管理費に係る施設改修等工事及び中学校維持管理費への財源としております。 続きまして、12ページから13ページをお開き願います。中段の18款繰入金、2項基金繰入金、1目基金繰入金でございますが、初めに2節まちづくり基金繰入金1,200万円の補正でございますが、これまで再編交付金による国補事業として実施しておりました防火水槽設置事業について今後も継続的な整備を図っていくため、国と協議した結果、まちづくり基金事業として整備することに変更したものでございます。歳出補正予算において、まちづくり基金積立金を計上しました。あわせて、まちづくり基金繰入金を増額するものでございます。 次に、4節特定防衛施設周辺整備調整交付金事業基金繰入金でございますが、特定防衛施設周辺整備調整交付金事業(基金事業)に充てるため3,500万円を増額するものでございます。 続きまして、20款諸収入、1項雑入、1目雑入、6節雑入で市有建物損害共済金でございますが、歳出補正予算に計上しました台風26号により被災した防災行政無線施設の修繕費につきまして、市が加入しております損害保険の対象となることから、63万9,000円を増額するものでございます。 続きまして、21款市債でございます。先ほど地方債補正でご説明申し上げましたとおりでございます。 次に、歳出でございますが、14ページから15ページをお開き願います。上段の2款総務費、1項総務管理費、5目財産管理費、11節需用費246万1,000円でございますが、燃料費の高騰や電気代の値上げ等の影響により不足が見込まれることから、燃料費で80万2,000円、光熱水費で165万9,000円をそれぞれ増額するものでございます。 続きまして、12節役務費につきましては、箕輪地区ストックヤード進入路整備に伴う市有地交換のための分筆登記手数料といたしまして74万2,000円を増額するものでございます。 続きまして、8目交通安全対策費でございますが、電気料値上げなどに伴い、防犯灯、街路灯電気料に不足が見込まれることから、光熱水費433万2,000円を増額するものでございます。 次に、2款総務費、5項統計調査費、2目基幹統計調査費でございますが、統計調査員の費用弁償及び消耗品に不足が生じることから、1節の報償費を10万円減額し、9節旅費を4万円、需要費を6万円増額するものでございます。 次に、22ページから23ページをお開き願います。下段の8款消防費、1項消防費、3目消防施設費でございますが、防災行政無線老朽化に伴う市内7カ所の子局パンザマスト修繕工事費といたしまして工事費を194万6,000円増額するものでございます。 続きまして、24ページから25ページをお開き願います。10款災害復旧費、1項公共土木施設災害復旧費、8目消防施設災害復旧費でございますが、台風26号により被災した防災行政無線の子局14カ所のアンテナ、スピーカー等の修繕工事費といたしまして158万3,000円を増額するものでございます。 次に、12款諸支出金、1項基金費、9目まちづくり基金でございますが、まちづくり基金繰入金でご説明申し上げましたとおり、防火水槽設置事業についてまちづくり基金事業とするに当たり、再編交付金等を一部基金に積み立てるものでございます。25節積立金で1,300万円を増額するものでござい 続きまして、11目特定防衛施設周辺整備調整交付金事業基金でございますが、特定防衛施設周辺整備調整交付金が追加交付されることから、積立金2,449万5,000円を増額するものでございます。 続きまして、26ページから27ページをお開き願います。13款予備費でございますが、収支の均衡を図るため、94万3,000円を増額するものでございます。 次に、28ページ、29ページから、30、31ページにかけてお開き願います。債務負担行為に関する調書でございます。先ほど説明申し上げたとおり、本補正予算により設定いたしました高齢者福祉計画、介護保険事業計画策定事業及び農協系統農業災害利子補給をそれぞれ追加するものでございます。 最後に、32ページから33ページをお開き願います。地方債に関する調書の補正でございます。先ほどご説明申し上げたとおり、今年度の起債見込み額を1億3,380万円増加することに伴い、当該年度中の起債見込み額、33ページ下段の左になります、27億8,600万円、当該年度末現在高見込み額を212億2,466万1,000円にそれぞれ補正するものでございます。以上です。 ○議長(山口德君) 旭市民センター長。 ◎旭市民センター長(人見國昭君) それでは、旭市民センター所管の補正予算につきましてご説明を申し上げます。 歳出につきましてご説明申し上げます。14、15ページをお開き願います。上段になりますが、2款総務費、1項総務管理費、11目総合支所管理費で67万8,000円を増額補正するものでございます。説明欄をごらんいただきたいと思いますが、旭市民センター一般管理費で需用費の修繕料、施設等の修繕でございます。内容でございますが、旭総合支所の浄化槽修繕で30万1,000円、空調設備修繕で37万7,000円の修繕料でございます。いずれも施設の経年劣化に伴う修繕等でございます。以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○議長(山口德君) 市民部長。 ◎市民部長小島一夫君) 続きまして、市民部所管の補正予算につきましてご説明を申し上げます。 初めに、歳入、10ページ、11ページをお開き願います。上段、1款市税、4項たばこ税、1目たばこ税でございます。1,937万5,000円の増額補正をするものでございます。たばこの販売本数が見込みより減少しなかったこと、さらに本年4月からの税率の改正が大きな要因となりまして、増額補正を行うものでございます。 続きまして、12ページ、13ページをお願いいたします。上段の15款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金、7節後期高齢者医療保険基盤安定負担金48万4,000円の増額補正でございます。後期高齢者医療保険基盤安定対策費の交付額が確定したため、増額補正を行うものでございます。歳入につきましては、以上でございます。 次に、歳出、14ページ、15ページをお願いいたします。2段目、2款総務費、2項徴税費、2目賦課徴収費、23節償還金利子及び割引料325万9,000円の増額補正でございます。主に法人からの修正申告内容に基づきまして過年度分の固定資産税、償却資産に当たりますけれども、これに係る還付等に不足額が見込まれますことから、増額補正を行うものでございます。 続きまして、同ページ下段、3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費、28節繰出金3,441万7,000円の増額補正でございます。国民健康保険の財政安定化支援事業交付税の算定額の確定に伴いまして、繰出金を増額するものでございます。 続きまして、16ページ、17ページをお開き願います。同款、6目医療福祉費、3節職員手当等14万2,000円、それから12節通信運搬費の21万5,000円、それから13節委託料52万7,000円の増額補正でございます。これにつきましては、いずれも26年4月1日からの医療福祉費制度、マル福における対象年齢の拡大、これに伴う準備作業に要する時間外郵送料、電算処理委託料の増額をお願いするものでございます。 続きまして、同23節償還金利子及び割引料312万1,000円の増額補正でございます。内訳につきましては、医療福祉費等県補助金の概算交付額が実績額よりも大きかったことから、差額を返還するということになりまして、そのための補正291万5,000円と、マル福利用者の一部高額療養費算定額の更正に伴います差額を返還するための補正20万6,000円でございます。 続きまして、同款項9目、一番下ですね、後期高齢者医療費、28節繰出金64万5,000円の増額補正でございます。こちらも後期高齢者医療保険基盤安定繰出金の額確定に伴いまして増額するものでございます。 続きまして、18ページ、19ページお願いいたします。一番下、下段でございます。4款衛生費、2項清掃費、2目塵芥処理費、11節需用費、光熱水費935万5,000円の増額補正でございます。クリーンセンターの電気料につきまして、本年4月からの値上げにより不足額が見込まれますことから、増額補正を行うものです。 続きまして、同15節、工事請負費2,018万1,000円の増額補正でございます。クリーンセンターの施設につきましては、かなり経年劣化も進んでおりまして、今回工事の主な内容は、1号炉のろ過式集塵機のろ布の全交換と、さらにごみを投入するクレーンの走行装置の劣化部品、電気設備も一部含まれるという中での交換工事というふうな内容でございます。 最後に、20ページ、21ページ、上段、同3目し尿処理費、11節光熱水費249万5,000円の増額補正でございます。こちらはエコパーク鉾田で発生する汚泥の焼却処分、これに重油を使っておるわけでございますが、これに不足が見込まれますことから、増額補正をお願いするものでございます。市民部所管の内容につきましては、以上でございます。 ○議長(山口德君) 健康福祉部長。 ◎健康福祉部長長洲健男君) それでは、平成25年度鉾田市一般会計補正予算(第7号)の健康福祉部所管の補正予算についてご説明を申し上げます。 初めに、歳入からご説明いたします。10ページ、11ページをお開き願います。12款分担金及び負担金、1項負担金、2目民生費負担金810万5,000円の補正でございますが、民間保育所において当初より児童数がふえたことに伴い、保育所運営費負担金を増額するものです。 次に、14款国庫支出金、1項国家負担金、1目民生費国庫負担金4,161万円の補正でございますが、1節障害者福祉費負担金につきましては、障害者サービス及び障害児サービス利用者の増とケアホームの増加に伴い、国庫負担分2,799万9,000円を増額するものです。 3節児童福祉費負担金につきましては、保育所運営負担金の増額に伴い、国庫負担分1,361万1,000円を増額するものです。 次に、同款2項国庫補助金、2目民生費国庫補助金200万円の補正でございますが、複合型サービス事業所開設準備金として増額するものです。 次に、15款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金2,128万8,000円の補正でございますが、3節障害者福祉費負担金につきましては、障害者サービス及び障害児サービス利用者の増とケアホームの増加に伴い、県負担分1,399万9,000円を増額するものです。 4節児童福祉費負担金につきましては、保育所運営負担金の増額に伴い、県負担分680万5,000円を増額するものです。 12ページ、13ページをお開き願います。次に、同款2項県補助金、2目民生費県補助金1,889万3,000円の補正でございますが、3節老人福祉費補助金につきましては、地域ケアシステム推進事業費補助金80万円を増額するものです。 5節児童福祉費補助金につきましては、保育士等処遇改善臨時特例事業補助金として1,485万3,000円を、子ども・子育て支援システム導入に係る補助金として324万円を増額するものです。 20款諸収入、4項雑入、1目雑入、3節負担金及び助成金383万円の補正でございますが、緊急通報システム設置の個人負担金及び緊急通報システム装置更新負担金を増額するものです。歳入の説明は以上でございます。 次に、歳出をご説明いたします。14ページ、15ページをお開き願います。3款民生費、1項社会福祉費、2目障害者福祉費5,610万5,000円の補正でございますが、12節役務費につきましては、障害者サービス利用者が当初見込みよりふえているため、主治医意見書作成委託料10万5,000円を増額するものです。 20節扶助費につきましては、障害者福祉サービス利用者が当初見込みより大幅にふえているため、生活介護給付費等5,600万円を増額するものです。 16ページ、17ページをお開き願います。ページ上段になりますが、3目老人福祉費1,180万9,000円の補正でございますが、1節報酬29万2,000円、9節旅費2万7,000円、11節需用費15万円の補正につきましては、地域ケアシステム推進事業に係る委員等報酬、費用弁償、消耗品費を増額するものです。 12節役務費63万円につきましては、緊急通報装置設置に係る取りつけ手数料でございます。 13節委託料29万5,000円につきましては、高齢者福祉計画及び第6期介護保険事業計画策定に向けたニーズ調査に係る電算委託料でございます。 18節備品購入費841万5,000円につきましては、消防署内にある緊急通報システム装置が更新時期のため、新しい装置の購入費でございます。 19節負担金補助及び交付金200万円につきましては、医療法人三尚会が進めている複合型サービス事業所開設に伴う準備金の定額補助金でございます。 次に、4目老人福祉施設費10万9,000円の補正でございますが、いきいきプラザ幸遊館の自動ドア修繕料でございます。 8目介護保険費2,636万7,000円の補正でございますが、介護サービス給付費の市負担分を介護保険特別会計へ繰り出すものでございます。 18ページ、19ページをお開き願います。2項児童福祉費、1目児童福祉総務費324万円の補正でございますが、平成27年度から実施される子ども・子育て支援制度のシステム導入に係る経費でございます。今年度の業務としてはシステム導入の契約だけとなりますので、6ページの繰越明許費補正にございますように、同額を平成26年度へ繰り越す予定でございます。 2目児童措置費5,614万円の補正でございますが、13節委託料につきましては、民間保育所における児童数が当初見込みより増加しているため、運営費委託料3,925万1,000円を増額するものです。 19節負担金補助及び交付金1,485万3,000円の補正につきましては、保育士等処遇改善臨時特例交付金を民間保育所に対し交付をするものです。 23節償還金利子及び割引料203万6,000円の補正につきましては、子育て交付金関連の事業実績額が交付額を下回ったため、返還をするものです。 3目保育所費262万8,000円の補正でございますが、入所児童の増に伴う臨時保育士2名分の賃金でございます。 4款衛生費、1項保健衛生費、4目保健施設費927万円の補正でございますが、11節需用費9万3,000円につきましては保健センターに係る重油代でございます。 15節工事請負費917万7,000円につきましては、公共下水道への接続に伴い、浄化槽を解体するための工事費でございます。 5目健康増進費1,102万2,000円の補正でございますが、燃料費及び光熱水費等の高騰により、ほっとパーク鉾田及びとっぷ・さんて大洋の管理委託料を増額するものです。 22ページ、23ページをお開き願います。7款土木費、4項都市計画費、3目公園費9万8,000円の補正のうち、7万3,000円については鹿島灘海浜公園内の休憩棟の水道料に不足が生じるため、増額をするものです。健康福祉部からの説明は以上でございます。 ○議長(山口德君) 10分間休憩します。                午前11時04分休憩                                                        午前11時16分開議 ○議長(山口德君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 産業経済部長。 ◎産業経済部長(小沼頼廣君) それでは、産業経済部所管の補正予算につきましてご説明申し上げます。 初めに、歳入についてご説明いたします。10ページ、11ページをお開き願います。中段でございます。13款使用料及び手数料、1項使用料、3目商工使用料、1節観光使用料、鉾田海水浴場駐車場使用料271万円の減額でありますが、これは前年より回復は見られたものの、海水浴客の入り込み減によります減額補正であります。 次に、同じく13款2項手数料、3目農林水産業手数料、1節畜産手数料、家畜検査手数料7万円の増額でありますが、これは4年に1度実施します乳牛及び肉牛の結核病等の検査頭数がふえたことや、またミツバチの腐蛆病検査についてもふえることが見込まれるため、増額補正するものであります。 続きまして、12、13ページをお開き願います。上段の15款県支出金、2項県補助金、4目農林水産業費県補助金、1節農業費補助金、家畜伝染病予防事務費補助金の6,000円の増額でありますが、これは牛の結核病等の検査及びミツバチ腐蛆病検査がそれぞれふえたことによる増額補正であります。 同じく農業費補助金、環境保全型農業直接支払い補助金13万4,000円の増額でありますが、これは農業者が地球温暖化防止を目的としました営農活動に取り組む場合の県から農家への補助金であります。詳細につきましては、歳出においてご説明申し上げます。 次に、同じく15款2項4目2節林業費補助金、身近なみどり整備推進事業補助金157万円の増額でありますが、これは茨城県森林湖沼環境デーを活用しました森林整備事業に10分の10の補助金が交付されるものであります。詳細につきましては、歳出においてご説明申し上げます。 次に、同じく15款2項8目災害復旧費県補助金、1節災害復旧費補助金、農林水産業施設災害復旧事業費補助金12万3,000円の増額でありますが、これにつきましては農地等小規模災害支援事業に対し土地改良区へ事業費の10%の補助金が県から交付されるものであります。詳細につきましては、歳出においてご説明申し上げます。 次に、歳出でございます。20ページ、21ページをお開き願います。上段の5款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費、農業振興事業、3節職員手当と時間外手当71万1,000円の増額でありますが、これにつきましては、当初休日における量販店での地産農産物、農産物加工品等のPRを6月までの実施で予定しておりましたが、10月からも実施できることになったため不足が生じ、増額補正するものであります。 次に、同じく5款1項4目農政企画費、地域農業確立推進事業、19節負担金補助及び交付金、環境保全型農業直接支援対策交付金の14万3,000円の増額でありますが、これは化学肥料、農薬の5割低減や地球温暖化防止、生物多様性保全の高い営農活動に取り組む場合、農業者に助成される環境保全型農業直接支援対策交付金でありまして、新たに県交付金4分の1が市交付金と一緒に交付されることになったことや、また事業量が確定したことによる増額補正であります。 続きまして、同じく5款1項5目畜産業費、畜産業振興事業、19節負担金補助及び交付金、家畜検査負担金7万円の増額でありますが、これにつきましては4年に1度行われる牛の結核病、ブルセラ病、ヨーネ病の検査頭数が当初見込んだよりふえたため、増額補正するものであります。 続きまして、補助金1万8,000円の増額でございますが、これは先ほど申し上げました検査頭数の増により、農家への補助金も増となるため、増額補正をするものでございます。 続きまして、同じく5款2項林業費、1目林業振興費、林業振興事業、13節委託料、身近なみどり整備推進事業委託料157万円の増額でございますが、これにつきましては市が茨城県森林湖沼環境デーを活用しました10分の10事業の森林整備事業でありまして、事業内容は民有林の枝打ち、下刈り及び保全標識を設置することにより、自然景観の維持など平地林及び里山林の保全を図り、快適で豊かな森林環境を推進するものでございます。 続いて、6款商工費、1項商工費、2目商工振興費、2商工業振興事業、11節需用費、燃料費10万円の増額でありますが、これにつきましては原油価格の高騰及び新たに管理公用車1台が配車されたことによりましての不足が生じるため、増額補正するものでございます。 続いて、同じく6款1項2目商工振興費、鉾田うまかっぺフェスタ開催事業、13節委託料、イベント開催運営等委託料41万6,000円の減額でございますが、これは鉾田うまかっぺフェスタ開催事業の入札差金及び荒天による2日開催予定が1日となったため、契約額が減額となったことから、減額補正するものでございます。 同じく14節使用料及び賃借料、車借上料20万円の減額につきましても、入札差金及び荒天によるイベント日数が短縮されたことによる減額補正でございます。 続きまして、同じく6款1項4目観光費、海水浴場維持管理事業、総額で270万5,000円の減額でありますが、これにつきましては大竹海岸海水浴場の開設終了に伴いまして、13節委託料では海水浴場使用料徴収委託料、放送設備管理業務委託料、ごみ収集業務委託料、公衆トイレし尿処理業務委託料、海水浴場開設委託料、合計で104万8,000円を減額するもので、いずも入札等による差額金でございます。 次の22、23ページをお開きください。上段の14節使用料及び賃借料では、入札差額によります機械器具借上料4万6,000円の減額、また土地、建物借上料161万1,000円の減額につきましては、開設期間中の土地借り上げ単価について水戸財務局との調整の結果、従来の単価が安価となったため、差額分を減額補正するものでございます。 続いて、24、25ページをお開きください。下段の10款災害復旧費、1項公共土木施設災害復旧費、2目農林水産業施設災害復旧費、東日本大震災災害復旧事業、19節負担金補助及び交付金で農地農業用施設災害復旧事業費補助金111万6,000円の増額でありますが、これにつきましては東日本大震災災害復旧事業の小規模災害復旧事業でありまして、事業申請のありました梶山土地改良区及び北浦土地改良区から事業費確定の報告がなされたことに伴いまして、増額補正するものでございます。以上でございます。 ○議長(山口德君) 建設部長。 ◎建設部長(大槻幸雄君) それでは、建設部所管の補正予算についてご説明いたします。 歳入につきましては、ございません。 歳出につきましてご説明いたします。22、23ページをお開き願います。まず、道路建設課分でございます。2段目の7款土木費、2項道路橋梁費、2目道路維持費、13節委託料を107万8,000円増額するものでございます。補正の理由としましては、今年度に入りまして県の労務単価等の見直しがございまして、道路台帳修正業務を委託発注するに当たりまして当初予算額では不足すると試算されたため、それを補うために計上したものでございます。 次に、3段目で、都市計画課分でございます。こちらにつきましては、7款土木費、4項都市計画費、1目都市計画総務費を18万7,000円増額するものでございます。内訳としましては、説明欄の霞ヶ浦生活排水路管理事業では、新鉾田西地区の親水公園内に設置してございます水質浄化施設の電気料が料金値上げにより不足すると思われるため、光熱費を13万8,000円増額するものでございます。また、市営駐車場管理事業では、駐車場照明の電気料が同様に不足すると思われるため、光熱費を2万4,000円増額、新鉾田駅前公衆トイレ管理事業でも、トイレ施設及び街灯の電気料が料金値上げにより不足すると思われるため、光熱費を2万5,000円増額するものでございます。 次に、同じく3目公園費では、説明欄の都市公園管理費で11節需用費9万8,000円のうち、都市計画課分としましては、光熱水費を2万5,000円増額をお願いするものでありまして、先ほどと同様に、市管理の公園内にあります街灯の電気料が料金値上げにより不足すると思われるため、増額をお願いするものでございます。 次に、4段目の7款土木費、5項住宅費、1目住宅管理費では97万1,000円増額を計上してございます。こちらは市営住宅管理費の需用費及び工事請負費でありまして、内訳としましては11節需用費を76万1,000円増額し、スカイタウン施設内の汚物処理施設に係る電気料と市営住宅の修繕費の不足分が見込まれるものに充てるため、また15節工事請負費では21万円を市営住宅の修繕工事費が不足すると見込まれるため、同様に増額するものでございます。以上です。よろしくお願いします。 ○議長(山口德君) 教育部長。 ◎教育部長(米川治夫君) それでは、教育部所管の補正についてご説明申し上げます。 歳出になります。24、25ページをお開き願います。上段、9款教育費、2項小学校費、1目学校管理費、小学校維持管理費において11節需用費、修繕料として400万円の補正でございます。これは、小学校18校の施設修繕に不足が生じたので、補正をお願いするものです。主なものは、旭南小、外トイレの屋根の修繕、旭北小、学校周囲のフェンス修繕、舟木小、床の修繕、串挽小、枯れた松の伐採処分、白鳥東小、遊具の撤去、体育館扉のレール補修などです。 続いて、3項中学校費、1目学校管理費、中学校維持管理費において1,397万9,000円の補正でございます。内訳としまして、11節需用費、修繕料100万円ですが、これは旭中学校の部活動室のドア、屋根の修繕です。鉾田北中学校の給食配膳室の雨漏り修繕、鉾田南中学校の体育館トイレのタイル間仕切り修繕、大洋中学校の自転車置き場電灯設置、金具交換などが主なものです。 次に、13節委託料129万2,000円、15節工事請負費1,168万7,000円ですが、これは鉾田南中学校及びプール施設の汚水を公共下水道へ接続したため、浄化槽が不用となりましたので、解体工事のための実施設計、工事監理委託料及び解体工事費でございます。 次に、次の段、6項保健体育費、2目体育施設費、体育施設管理費149万円の補正でございます。これは、体育施設の維持管理に係る燃料費及び電気料に不足が見込まれますので、補正をお願いするものです。 続いて、特定防衛施設周辺整備調整交付金事業3,761万2,000円の補正ですが、これは鉾田総合公園の陸上競技内にあるサッカー場の改修費用でございます。改修工事を予定しておりましたが、施設利用者の要望等により、天然芝から人工芝への変更をするためのもので、13節委託料323万8,000円の減額と15節工事請負費4,085万円の増額をお願いするものです。以上です。よろしくお願いします。 ○議長(山口德君) 次に、議案第9号 平成25年度鉾田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)及び議案第10号 平成25年度鉾田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について、担当部長から要点説明を願います。市民部長。 ◎市民部長小島一夫君) 議案第9号 平成25年度鉾田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。 1ページをお開き願います。今回の補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ3,441万7,000円の増額補正を行うものでございます。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び金額につきましては、2ページ、3ページの第1表に、歳入歳出補正予算事項別明細につきましても同様に記載のとおりでございます。 歳入についてご説明を申し上げます。4ページ、5ページをお開き願います。上段、10款繰入金、他会計繰入金、1目一般会計繰入金、5節財政安定化支援事業繰入金3,441万7,000円の補正でございます。財政安定化支援事業交付額確定による繰入金の増額でございます。 次に、同ページ中段に記載してございます歳出についてご説明申し上げます。2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費108万6,000円、2目退職被保険者等医療給付費3,013万1,000円の増額補正でございます。いずれも給付見込み額に不足が見込まれますことから、増額補正を行うものでございます。 最後に下段、11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目一般被保険者保険税還付金、23節償還金利子及び割引料300万円、4目一般被保険者還付加算金20万円の増額補正でございます。いずれも還付見込み額に不足が見込まれることから、増額補正を行うものでございます。以上でございます。 次に、議案第10号 平成25年度鉾田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてご説明を申し上げます。 1ページをお開き願います。今回の補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ114万5,000円の増額補正を行うものでございます。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び金額につきましては、2ページ、3ページの第1表に、そして歳入歳出補正予算事項別明細につきましても、同ページに記載のとおりでございます。 歳入についてご説明いたしますので、4ページ、5ページをお開き願います。上段、4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目保険基盤安定繰入金64万5,000円の増額補正でございます。後期高齢者医療保険基盤安定繰入金の額確定に伴い、増額補正でございます。 続きまして、5款諸収入、2項償還金及び還付加算金、1目保険料還付金50万円の増額補正でございます。一部被保険者の保険料還付に伴う減額分について、広域連合のほうからの納付を受けるものでございます。 次に、同ページ下段、歳出についてご説明申し上げます。3款1項1目、いずれも後期高齢者医療広域連合納付金でございます。64万5,000円の増額補正でございます。一般会計から繰り入れた保険基盤安定繰入金を、保険者であります茨城県後期高齢者医療広域連合に納付するための増額でございます。 最後に、4款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目保険料還付金50万円の増額補正でございます。いずれも還付見込み額に不足が見込まれますことから、増額補正を行うものでございます。 以上でございます。 ○議長(山口德君) 次に、議案第11号 平成25年度鉾田市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、担当部長から要点説明を願います。健康福祉部長。 ◎健康福祉部長長洲健男君) それでは、議案案第11号 平成25年度鉾田市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明を申し上げます。 1ページをお開き願います。保険事業勘定の補正額、歳入歳出予算の総額につきましては、市長提案のとおりでございます。 保険事業勘定の歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、2ページから3ページまでの第1表、歳入歳出予算補正のとおりでございます。 また、保険事業勘定の歳入歳出補正予算事項別明細書につきましても、2ページから3ページに記載しているとおりでございます。 それでは、初めから、歳入からご説明いたします。4ページ、5ページをお開き願います。7款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金2,636万7,000円の補正でございますが、介護サービス等諸費の増額に伴い、市負担分を繰り入れるものでございます。 同款2項基金繰入金、1目介護給付費準備基金繰入金1億449万9,000円の補正でございますが、介護給付費準備基金を取り崩し、介護サービス等諸費に充当するものでございます。歳入については、以上でございます。 続きまして、歳出をご説明いたします。2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、1目居宅介護サービス給付費6,138万2,000円の補正、5目施設介護サービス給付費3,253万9,000円の補正、7目居宅介護福祉用具購入費51万7,000円の補正、9目居宅介護サービス計画給付費459万4,000円までの補正につきましては、利用者の増に伴い、介護サービス費に不足が生じることが予想されるため、それぞれ増額するものです。 同款4項高額介護サービス等費、1目介護サービス費650万6,000円の補正でございますが、高額介護サービス費支給対象者の増により、増額するものです。 同款6項特定入所者介護サービス等費、1目特定入所者介護サービス費2,532万8,000円の補正でございますが、利用者の増により、増額するものです。説明は以上でございます。 △議案第12号 工事請負契約の締結について ○議長(山口德君) 日程第6 議案第12号 工事請負契約の締結についてを議題といたします。 市長から提案理由の説明を願います。市長。          〔市長 鬼沢保平君登壇〕 ◎市長(鬼沢保平君) 議案第12号 工事請負契約の締結について。本案は、鉾田市本庁舎耐震補強及び改修工事に係る工事請負契約を締結したいので、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。 以上、大要について申し述べましたが、総務部長より要点を説明させますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(山口德君) 続きまして、担当部長からの要点説明を願います。総務部長。 ◎総務部長(小堤明君) それでは、議案第12号についてご説明申し上げます。 鉾田市本庁舎耐震補強及び改修工事につきましては、11月15日に一般競争入札による開札を行いました結果、常総・旭特定建設工事共同企業体が落札したもので、11月18日に仮契約し、金額は税込み3億9,744万円でございます。地方自治法等関連法令の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。 次に、入札執行の状況及び経過について、配付させていただいております説明書に基づき説明申し上げます。まず、予定価格は税抜きで3億7,397万円でございます。参加した事業者は3業者でございますが、1業者が入札辞退したため、2業者の入札となりました。先ほど申し上げました常総・旭特定建設工事共同体が入札額、税抜き3億6,800万円で落札いたしました。落札率は98.4%となっております。以上です。 △議案第13号 訴えの提起について 議案第14号 訴えの提起について 議案第15号 訴えの提起について 議案第16号 訴えの提起について 議案第17号 訴えの提起について 議案第18号 訴えの提起について ○議長(山口德君) 日程第7 議案第13号から18号 訴えの提起についてを一括して議題といたします。 市長から提案理由の説明を願います。市長。          〔市長 鬼沢保平君登壇〕 ◎市長(鬼沢保平君) 議案第13号 訴えの提起について、議案第14号 訴えの提起について、議案第15号 訴えの提起について、議案第16号 訴えの提起について、議案第17号 訴えの提起について、議案第18号 訴えの提起について。議案第13号から議案第18号は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社ほか5社に対し差し押さえ債権取り立ての訴えを提起したいので、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。 以上、大要について申し述べましたが、市民部長より要点を説明させますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(山口德君) 続きまして、担当部長から要点説明を願います。市民部長。 ◎市民部長小島一夫君) それでは、議案第13号から議案第18号の訴えの提起6議案につきまして一括してご説明を申し上げます。 まず、議案第13号 訴えの提起につきまして申し上げます。本案は、差し押さえ債権取り立ての訴えを提起したいので、地方自治法第96条第1項第12号の規定により議会の議決を求めるものでございます。 訴えの相手方は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社であります。 請求の趣旨でございますが、滞納市税を徴収するため、滞納者7名の過払い金債権を有する第三債務者であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社を差し押さえ、その支払いを求めましたが、応じないため、訴えを提起するものでございます。差し押さえ金額528万3,564円及び支払い済みまで年5分の利息の支払いを求めるものでございます。 次に、事件に関する取り扱い及び方針でございますが、必要がある場合は和解または上訴するものでございます。 また、以後5議案の訴えの提起に係ります地方自治法の規定及び事件に関する取り扱い方針につきましては、同様の説明となりますので、省略をさせていただきます。 続きまして、議案第14号の提起でございます。こちらは訴えの相手方はCFJ合同会社でございます。 請求の趣旨は、滞納者2名に対する内容で、差し押さえ金額は186万6,835円でございます。 続きまして、議案第15号、こちらの訴えの相手方はアコム株式会社であります。滞納者2名に係る内容でございまして、差し押さえ金額は53万6,639円でございます。 続きまして、議案第16号、こちらの訴えの相手方はアイフル株式会社であります。滞納者4名に係る内容でございまして、差し押さえ金額473万504円でございます。それでは、請求の趣旨のところに「アコム」というふうに入ってございまして、これ「アイフル」でございますので、大変申しわけございませんが、訂正のほうお願いしたいと思います。大変申しわけございません。 続きまして、議案第17号でございます。こちらにつきましては、訴えの相手方はシンキ株式会社でございます。滞納者1名、差し押さえ金額32万6,363円でございます。 最後に、議案第18号、訴えの相手方は株式会社クレディアであります。滞納者1名に係る内容でございまして、差し押さえ金額は17万7,844円でございます。 以上、一括して提案説明をさせていただきました6議案における訴えの提起について、該当する滞納者は重複する方もおりまして、実際の人数は12名ということでございまして、差し押さえ金額の総額は1,292万1,749円となります。以上でございます。 △議案第19号 市道路線の変更について ○議長(山口德君) 日程第8 議案第19号 市道路線の変更についてを議題といたします。 市長から提案理由の説明を願います。市長。          〔市長 鬼沢保平君登壇〕 ◎市長(鬼沢保平君) 議案第19号 市道路線の変更について。本案は、市道路線を変更するため、道路法の規定により議会の議決を求めるものであります。 以上、大要について申し述べましたが、建設部長より要点を説明させますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(山口德君) 続きまして、担当部長からの要点説明を願います。建設部長。 ◎建設部長(大槻幸雄君) それでは、議案第19号 市道路線の変更についてご説明いたします。 本議案には路線変更調書と路線変更位置図を参考資料として添付してございますので、ご参照願いたいと思います。 ご説明いたします。本案件は、市道旭3058号線を起点、鉾田市造谷1417番地先、終点を鉾田市造谷1435番地先へ変更するものでございます。本路線につきましては、関係地権者から市道の一部廃止願が提出されていることから、道路の機能を有していない部分の認定延長を36メートル縮小することにより、路線の変更を行うものでございます。 以上、1議案につきまして、道路法第10条第2項の規定に基づきまして議会の議決を求めるものでございます。よろしくお願いいたします。 △会派代表者会議について ○議長(山口德君) 日程第9 会派代表者会議についてを議題といたします。 鉾田市議会会議規則第166条第2項の規定により、12月13日午前10時から正副議長及び会派代表者による協議等の場を設けたいと思います。これにご異議ありませんか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(山口德君) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定をいたしました。 ただいま提案説明を受けた議案第1号から第19号については、12月20日に質疑、討論、採決を行います。 また、追加議案等がある場合は、随時議会運営委員会においてその取り扱いを審議願います。 △散会の宣告 ○議長(山口德君) 以上で本日の日程は終了いたしました。 次会は、12月10日定刻から会議を開きます。 本日はこれにて散会をいたします。 ご苦労さまでした。                午前11時53分散会...