稲敷市議会 > 2019-06-04 >
令和 元年第 2回定例会−06月04日-01号
令和 元年第 2回定例会−06月04日-目次

ツイート シェア
  1. 稲敷市議会 2019-06-04
    令和 元年第 2回定例会−06月04日-01号


    取得元: 稲敷市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-21
    令和 元年第 2回定例会−06月04日-01号令和 元年第 2回定例会 稲敷市告示第10号  令和元年第2回稲敷市議会定例会を下記のとおり招集する。   令和元年5月21日                               稲敷市長  筧   信太郎                      記 1.期  日  令和元年6月4日(火) 2.場  所  稲敷市役所議会議場              令和元年第2回稲敷市議会定例会会期日程表 ┌────┬──┬────┬─────┬──────────────────────┐
    │ 期 日 │曜日│開議時間│ 会議種別 │       議      事       │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月4日│ 火 │午前10時│ 本 会 議 │◎開会                   │ │    │  │    │     │◎市長提案理由の説明 │ │    │  │    │     │◎議案第60号〜議案第63号 採決 │ │    │  │    │     │◎諮問第1号〜諮問第4号 採決 │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月5日│ 水 │    │ 休  会 │議案調査日 │ │    │  │    │     │議案等質疑通告締切(正午) │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月6日│ 木 │午前10時│ 本 会 議 │◎一般質問 │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月7日│ 金 │午前10時│ 本 会 議 │◎一般質問 │ │    │  │    │     │◎発言通告による議案質疑 │ │    │  │    │     │◎常任委員会議案付託 │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月8日│ 土 │    │ 休  会 │ │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月9日│ 日 │    │ 休  会 │ │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月10日│ 月 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(総務教育常任委員会) │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月11日│ 火 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(産業建設常任委員会) │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月12日│ 水 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(市民福祉常任委員会) │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月13日│ 木 │    │ 休  会 │議事整理 │ ├────┼──┼────┼─────┼──────────────────────┤ │6月14日│ 金 │午前10時│ 本 会 議 │◎委員長報告、討論、採決 │ │    │  │    │     │◎閉会 │ └────┴──┴────┴─────┴──────────────────────┘                一 般 質 問 通 告 書                                  令和元年第2回定例会 ┌─────┬─────────┬───────────────────┬───────┐ │ 質問者 │  質 問 事 項  │    質  問  要  旨     │ 答 弁 者 │ ├─────┼─────────┼───────────────────┼───────┤ │篠田 純一│1.水郷筑波国定公│ 水郷筑波国定公園 浮島園地(和田公 │市長     │ │議員   │ 園 浮島園地(和│園)の観光資源としての魅力を引き出すに│副市長    │ │     │ 田公園)の管理と│はまず、地域住民の安心を守ることが先決│担当部長   │ │     │ 観光資源としての│である。つまり、通称和田公園の管理体制│ │ │     │ 今後の活用につい│の整備が急務であるなか、今後、和田公園│ │ │     │ て       │を観光資源として活用を図るには、管理体│ │ │     │         │制として、地域の方も利用可能な複合的な│ │ │     │         │管理施設も視野に入れ、また、公園を大き│ │ │     │         │な施設として捉えて国や県との事業を模索│ │ │     │         │する事が必要であると考えるが、今後の進│ │ │     │         │め方と施策について伺います。     │ │ │     ├─────────┼───────────────────┼───────┤ │     │2.幼児教育の重要│ 桜川こども園の施設はこども園としての│市長     │ │     │ 性と桜川こども園│機能を充分に発揮できる状態ではない。幼│副市長    │ │     │ の早期施設改修の│児教育の重要性と子ども達の安全を考えた│担当部長 │ │     │ 必要性について │際、総合計画の中で幼児教育についてはど│ │ │     │         │のぐらいの位置付けになっているのかを伺│ │ │     │         │います。また、子ども達の生命を守る為に│ │ │     │         │は、大規模な改修について早期に方向性を│ │ │     │         │示し着手が必要と考えるが、今後の施設改│ │ │     │         │修の進め方について伺います。     │ │ │     ├─────────┼───────────────────┼───────┤ │     │3.地区センターに│ 市民生活部市民協働課の管轄で、教育委│市長     │ │     │ おける社会教育へ│員会生涯学習管轄文化協会を含む社会│副市長 │ │     │ の取組み方と地区│教育の在り方についてこれまで何度も議論│担当部長 │ │     │ センターにおける│を重ねてきた。市長も市民生活部長も新た│ │ │     │ 市民協働の取組み│な体制になった今、改めて地区センターに│ │ │     │ 方、進め方につい│おける社会教育の取組み方と地区センター│ │ │     │ て       │における市民協働の取組み方、進め方につ│ │ │     │         │いて伺います。            │ │ ├─────┼─────────┼───────────────────┼───────┤ │松戸 千秋│1.通学路の見守り│ 児童生徒の登下校時の安全・安心の更な│市長     │ │議員   │ 強化について  │る強化、不審者抑止となるよう通学路とな│担当部長   │ │     │         │る箇所に「見守りボランティア」が必要と│       │ │     │         │考えるが、御見解を伺います。     │       │ │     ├─────────┼───────────────────┼───────┤ │     │2.「ドッグラン」│ 人と動物が快適に共存出来る環境を築く│市長     │ │     │ の整備について │上で、愛犬のストレス解消の一助となる │担当部長   │ │     │         │「ドッグラン」の整備についてのお考えを│       │ │     │         │伺います。              │       │ ├─────┼─────────┼───────────────────┼───────┤ │中沢  仁│ 学校跡地の利活用│ 平成27年第4回定例会では「野菜工場と│副市長    │ │議員   │について     │食品加工事業」、平成30年第2回定例会で│担当部長   │ │     │         │は「学校跡地の利活用」について質問しま│       │ │     │         │したが、その後、どのようになっているの│       │ │     │         │か伺います。             │       │ ├─────┼─────────┼───────────────────┼───────┤ │若松 宏幸│1.将来に向けての│ 新たな総合計画を策定する上で、SDG│市長     │ │議員   │ SDGsの取組に│sのように全ての人が共有する上位目標が│副市長    │ │     │ ついて     │あることで、SDGsの理念や考え方を一│担当部長   │ │     │         │つの物差し、ツールとして策定を進め、行│ │ │     │         │政内、行政自治会市民との対話や課題│ │ │     │         │の共有等で、課題解決に積極的に取組む必│ │ │     │         │要があると考えます。         │ │ │     │         │ 少子高齢化進行による人口減少問題等│ │ │     │         │といった、本市のかかえる重要課題の解 │ │ │     │         │決、持続可能なまちづくりにつなげる取組│ │ │     │         │をSDGsの三つ目の目標「すべての人に│ │ │     │         │健康福祉を」を中心に伺います。   │ │ │     ├─────────┼───────────────────┼───────┤ │     │2.高齢者や障がい│ 大きなごみ袋を集積所まで運ぶのは、足│市長     │
    │     │ 者等のごみ出し支│腰が弱い高齢者や障がい者にとってはひと│担当部長   │ │     │ 援について   │苦労です。              │ │ │     │         │ 高齢者等へのごみ出し支援について、自│ │ │     │         │治体が取組むべきだとの環境省のアンケー│ │ │     │         │トでは、半数以上の自治体が肯定的な意見│ │ │     │         │でありました。            │ │ │     │         │ 稲敷市でも先進事例にならって、限られ│ │ │     │         │た予算や人員でも支援できる事業への取組│ │ │     │         │について伺います。          │       │ ├─────┼─────────┼───────────────────┼───────┤ │竹神 裕輔│ 本市のひきこもり│ 平成30年3月定例議会で本市のひきこも│市長     │ │議員   │対策について   │り対策について質問いたしましたが、その│担当部長   │ │     │         │際に提案いたしました市内一斉調査の実施│       │ │     │         │や民生委員への研修会などは実施していた│ │ │     │         │だきました。             │ │ │     │         │ 本市のひきこもりの傾向が明らかとなっ│ │ │     │         │た今、今後の取組について改めて伺いま │ │ │     │         │す。                 │ │ │     │         │ @市内一斉調査の結果と本市のひきこも│ │ │     │         │ りの傾向について          │ │ │     │         │ Aこれまでの取組について      │ │ │     │         │ B今後のひきこもり対策について   │ │ ├─────┼─────────┼───────────────────┼───────┤ │山本 彰治│ ふるさと大使の利│ 平成26年度に稲敷市ふるさと大使が創設│市長     │ │議員   │活用について   │され、1個人団体、1キャラが委嘱され│担当部長   │ │     │         │ました。しかし、その活用については、創│ │ │     │         │設以来5年以上が経ちますが、積極的なも│ │ │     │         │のが見られていません。昨年には委嘱期間│ │ │     │         │を延長するなど、その存在意義は認めてお│ │ │     │         │りますが、今後の活用方法について、どう│ │ │     │         │考えているのか伺います。       │ │ ├─────┼─────────┼───────────────────┼───────┤ │沼崎 孝雄│ 観光資源有効活│ 観光地域活性化の大きな力となるもの│市長     │ │議員   │用、インバウンド観│であり、現在大きく増加しているインバウ│副市長 │ │     │光の推進について │ンドは更なる成長が期待できる分野です。│ │ │     │         │ 稲敷市においての現状と今後の取組につ│       │ │     │         │いて伺います。            │       │ ├─────┼─────────┼───────────────────┼───────┤ │根本  浩│1.米価安定の為、│ 農産物共済補償が受けられないものに│市長     │ │議員   │ 戦略作物への救済│ついて、稲敷市の基幹産業である農業への│担当部長 │ │     │ 処置について  │救済措置が必要と考えるが、独自に市は基│ │ │     │         │金を構築し、災害時に見舞金を給付する考│ │ │     │         │えはないか伺います。         │ │ │     ├─────────┼───────────────────┼───────┤ │     │2.農家の労働力軽│ 大規模農家を推進している現状、その労│市長     │ │     │ 減について   │働力、すなわち、人手不足が深刻になるの│担当部長 │ │     │         │は必定。               │ │ │     │         │ その労働力を外国人労働力で補えない│ │ │     │         │ものか。そこで、稲敷市にも、その様な窓│ │ │     │         │口は必要だと考えますが、御所見を伺いま│ │ │     │         │す。                 │ │ ├─────┼─────────┼───────────────────┼───────┤ │山口 清吉│1.残土不法投棄に│ その後どうなっているか伺います。  │市長     │ │議員   │ ついて     │                   │担当部長   │ │     ├─────────┼───────────────────┼───────┤ │     │2.振り込め詐欺の│@稲敷市の被害件数、被害額はどうなって│市長     │ │     │ 現状と対策につい│いるか伺います。 │担当部長   │ │     │ て       │Aどのような対策を行っているか伺いま │ │ │     │         │す。                 │ │ │     ├─────────┼───────────────────┼───────┤ │     │3.病児保育、病後│@平成31年度までに実施するという答弁 │市長     │ │     │ 保育の実施につい│(H27.第3回定例会)をいただいており │担当部長   │ │     │ て       │ますが、現状はどうなっているか伺いま │ │ │     │         │す。                 │ │ │     │         │A病児保育、病後保育を具体的にどのよう│ │ │     │         │にすすめていくか伺います。      │ │ │     ├─────────┼───────────────────┼───────┤ │     │4.市営墓地の設置│ 現在、墓を持っていない市民の願いをく│市長     │ │     │ について    │んで、市営墓地を設置する考えはないか伺│担当部長   │ │     │         │います。               │       │ ├─────┼─────────┼───────────────────┼───────┤ │浅野 信行│1.いじめ・自殺対│ 長野県では、いじめ対策未成年者の自│教育長 │ │議員   │ 策について   │殺防止に向け、悩みを抱える生徒たちが気│担当部長 │ │     │         │軽に相談できる体制を確立するためLIN│ │ │     │         │Eを利用した相談事業を試行しました。 │ │ │     │         │ 茨城県でもこの夏に実証実験を開始する│ │ │     │         │ことになったと聞いています。稲敷市とし│ │ │     │         │ての取組と教育長の御所見を伺います。 │ │ │     ├─────────┼───────────────────┼───────┤ │     │2.避難所の自動解│ 富津市では、千葉県で初めての避難所の│市長     │ │     │ 錠について   │自動解錠ボックスを設置したそうです。 │担当部長   │ │     │         │ 避難所の早期開設を目的に自動解錠の設│ │ │     │         │置を検討してはいかがでしょうか。市長の│ │ │     │         │御所見を伺います。          │ │ └─────┴─────────┴───────────────────┴───────┘                 令和元年第2回             稲敷市議会定例会会議録 第1号         ────────────────────────           令和元年6月4日 午前10時00分開会         ──────────────────────── 1.出席議員  20名       1番  沼 崎 孝 雄 君     2番  寺 崎 久美子 君       3番  椎 野   隆 君     4番  中 沢   仁 君       5番  黒 田 茂 勝 君     6番  根 本   浩 君       7番  若 松 宏 幸 君     8番  竹 神 裕 輔 君       9番  山 本 彰 治 君    10番  岡 沢 亮 一 君      11番  篠 田 純 一 君    12番  松 戸 千 秋 君
         13番  中 村 三 郎 君    14番  伊 藤   均 君      15番  高 野 貴世志 君    16番  柳 町 政 広 君      17番  浅 野 信 行 君    18番  山 下 恭 一 君      19番  遠 藤 一 行 君    20番  山 口 清 吉 君 1.欠席議員        な  し 1.出席説明員        市長               筧   信太郎 君        副市長              高 山   久 君        教育長              山 本 照 夫 君        政策調整部長           根 本 英 誠 君        総務部長             油 原 久 之 君        危機管理監            濱 田   正 君        市民生活部長           坂 本 文 夫 君        保健福祉部長           青 野 靖 雄 君        産業建設部長           萩 谷 克 巳 君        上下水道部長           坂 本   哲 君        教育部長             川 崎 忠 博 君        会計管理者            齊 藤 東 敏 君        農業委員会事務局長        海老原 貞 夫 君        監査委員事務局長         今 泉 房 吉 君        政策企画課長           糸 賀 一 典 君        秘書広聴課長兼シティプロモーション推進室長                         川 村 喜 一 君        総務課長             松 田 治 久 君 1.出席事務局職員        議会事務局長           坂 本 浩 一        書記               岡 野   守        書記               吉 岡   隆 1.会議録署名議員       5番  黒 田 茂 勝 君       6番  根 本   浩 君 1.議事日程        ──────────────────────────              議 事 日 程 第 1 号                            令和元年6月4日(火曜日)                               午前10時00分開会 日程第1 会議録署名議員の指名について 日程第2 会期の決定について 日程第3 報告第1号 平成30年度稲敷市一般会計予算の繰越明許費繰越計算書について      報告第2号 平成30年度稲敷市公共下水道事業特別会計予算の繰越明許費繰越計算書について      報告第3号 平成30年度稲敷市水道事業会計予算の繰越計算書について 日程第4 議案第50号 専決処分承認を求めることについて(稲敷市税条例等の一部を改正する条例)      議案第51号 専決処分承認を求めることについて(稲敷市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例)      議案第52号 専決処分承認を求めることについて(稲敷市介護保険条例の一部を改正する条例)      議案第53号 専決処分承認を求めることについて(稲敷市水道法施行条例の一部を改正する条例)      議案第54号 専決処分承認を求めることについて(平成30年度稲敷市一般会計補正予算(第8号))      議案第55号 稲敷市森林環境譲与税基金条例の制定について      議案第56号 稲敷市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正について      議案第57号 令和元年度稲敷市一般会計補正予算(第1号)      議案第58号 令和元年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第1号)      議案第59号 訴え提起前の和解について 日程第5 議案第60号 教育委員会委員の任命について 日程第6 議案第61号 稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会委員の選任について 日程第7 議案第62号 稲敷市浮島財産区管理会委員の選任について 日程第8 議案第63号 稲敷市古渡財産区管理会委員の選任について 日程第9 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について      諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について      諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について      諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦について 1.本日の会議に付した事件  日程第1 会議録署名議員の指名について  日程第2 会期の決定について  日程第3 報告第1号       報告第2号       報告第3号  日程第4 議案第50号       議案第51号       議案第52号       議案第53号       議案第54号       議案第55号       議案第56号       議案第57号       議案第58号       議案第59号  日程第5 議案第60号  日程第6 議案第61号  日程第7 議案第62号  日程第8 議案第63号  日程第9 諮問第1号       諮問第2号       諮問第3号       諮問第4号        ──────────────────────────                午前10時00分開会 ○議長(伊藤均君) おはようございます。  本日は令和となり初の定例会となりますので、よろしくお願いいたします。  令和元年第2回稲敷市定例議会の開議に先立ちまして、幹部職員人事異動がございましたので、異動のあった議場出席職員について、油原総務部長よりご紹介をお願いいたします。  油原部長。 ◎総務部長(油原久之君) おはようございます。  第2回定例会、大変お疲れさまでございます。  4月1日付で議場出席一般職職員人事異動がございましたので、異動のあった職員紹介をさせていただきます。
     初めに、政策調整部長根本英誠です。  続いて、市民生活部長坂本文夫です。  続いて、産業建設部長萩谷克巳です。  続いて、上下水道部長坂本 哲です。  続いて、会計管理者兼ねて会計課長齊藤東敏です。  最後に、監査委員事務局今泉房吉です。  紹介は以上でございます。よろしくお願いをいたします。 ○議長(伊藤均君) 次に、本市議会では例年同様に5月1日から10月31日までの期間クールビズを実施いたします。本会議及び議会が関連します会議等ではクールビズ対応となりますので、今期定例会中は上着の着脱を自由といたします。  なお、本日は、本年9月に当市で開催されます、いきいき茨城ゆめ国体トランポリン競技の周知啓発のため、議場内出席者全員がPRポロシャツを着用して本会議に臨むことといたします。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) それでは、ただいまから、令和元年第2回稲敷市議会定例会を開会いたします。  ただいまの出席議員は19名であります。欠席議員は17番浅野議員の1名であります。地方自治法第113条の規定により定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。  傍聴者の方に申し上げます。  議場での私語は禁止されておりますので、ご注意願います。また、発言、録音、撮影等は認められませんので、静粛な傍聴にご協力をお願いいたします。  また、各報道機関及び秘書広聴課から本会議写真撮影及び録音を行いたい旨の申し出があり、傍聴規則第8条の規定により許可しておりますので、ご報告いたします。  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、       5番  黒 田 茂 勝 君       6番  根 本   浩 君 をそれぞれ指名します。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。 お諮りする前に、過日、議会運営委員会を開いておりますので、議会運営委員長から会期等について、委員会の結果を報告願います。  議会運営委員長篠田純一君。            〔議会運営委員長篠田純一君登壇〕 ◎議会運営委員長(篠田純一君) ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定しました会期日程等についてご報告をいたします。  去る5月28日に開催しました会議には、委員6名のほか、伊藤議長、松戸副議長に出席いただき、稲敷市議会委員会条例第16条の規定により会議は成立いたしました。  付託されました令和元年第2回稲敷市議会定例会議会運営についてを議題とし、執行部より筧市長、油原総務部長、松田総務課長に出席をいただき、協議をいたしました。  それでは、お手元に配付されております資料に基づき、ご説明いたします。  本定例会会期日程は、本日6月4日から6月14日までの11日間であります。  本日4日は、日程第3で報告第1号から報告第3号までの3案件について市長より一括して報告を求めます。次に、日程第4で議案第50号から議案第59号までの10案件を一括上程し、市長より提案理由の説明を求めます。次に、日程第5で議案第60号、日程第6で議案第61号、日程第7で議案第62号、日程第8で議案第63号の各人事案件を、また、日程第9で諮問第1号から諮問第4号までの人事案件を一括上程し、市長より提案理由の説明を求めた後、いずれも質疑、討論を省略して、直ちに採決を行います。以上が本日の議事日程であります。  5日は議案調査のため休会とし、6日午前10時本会議を再開いたします。  6日、7日は、市政一般に関する通告質問を行います。今回の一般質問通告者は10名であります。6日は6名、7日は4名の議員が一般質問を行います。次に、議案第50号から議案第59号に対する発言通告による議案質疑を行います。質疑終結後、議案第50号から議案第59号まで、各所管の常任委員会へ付託を行う予定であります。  10日から12日までは、各常任委員会を開催し、付託された案件の審査を行います。  13日は議事整理のため休会といたします。  14日が本定例会の最終日であります。会議の冒頭に、全国市議会議長会及び茨城県議会議長会より表彰を受賞された各議員に対して、表彰状の伝達を行います。表彰終了後に、各委員会に付託されました議案の審査結果について各常任委員長より報告を受け、討論、採決を行うこととなります。なお、追加議案となる場合は、随時議会運営委員会を開催の上、審査を行ってまいります。  会期日程等については以上のとおりでありますので、議会運営委員会で決まりました事項等に対しまして、議員の皆様方にご賛同いただきたくお願い申し上げまして、報告といたします。 ○議長(伊藤均君) 議会運営委員長からの報告が終わりました。  お諮りいたします。  本定例会会期は、ただいま委員長から報告のあったとおり、本日6月4日から14日までの11日間にしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤均君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会会期は、本日6月4日から14日までの11日間とすることに決しました。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) 日程第3、報告第1号から報告第3号までの3案件について、市長より報告を求めます。また、市長より提出報告に先立ち市政報告を行いたい旨の申し出がありましたので、これを許可します。  市長筧 信太郎君。               〔市長筧 信太郎君登壇〕 ◎市長(筧信太郎君) おはようございます。  令和元年第2回稲敷市議会定例会を招集しましたところ、公私ともにお忙しいところ、ご出席を賜り、まことにありがとうございます。  今期定例会は、令和という新しい時代になって初めての定例会でございます。平成17年に合併し、誕生した稲敷市も15年目を迎え、いよいよ成熟の時代を迎えていると感じておりますが、市民の皆様から、真に合併してよかった、稲敷市でよかったと感じていただけるよう、新しい令和の時代にふさわしい稲敷市を築いてまいりたいと考えております。  さて、昨年11月に市長に就任させていただいて、早いもので半年が過ぎました。この間、職責の重さを改めて実感する一方で、市民お一人お一人が「幸福、豊かさ、満足、安心安全」を実感できるまちづくりを進めようと全力で取り組んできたところでございます。  できる限りさまざまな現場にみずから足を運び、自分の目で確認し、市民の皆様との対話を通じまして、地域の出来事や活動あるいは課題等にじかに触れ、今の稲敷市を肌で感じようと努めてまいりました。  今、稲敷市は、人口減少、少子高齢化を初めとする大きな課題に直面しております。これらの課題は一朝一夕には解決できない課題であり、まさに危機的な状況にあると考えておりますが、私はこの危機的な状況をチャンスに変えていきたい、変えなければならないと強く感じております。そのためには、稲敷市にあるたくさんの資源や可能性を最大限に生かしていくことが不可欠であろうと考えております。  今年度は、第1回定例会でお示しをさせていただきました私の中長期的な市政運営の考え方をまとめた「稲しき未来ビジョン」を実行に移していく年でございます。  まずは、今年度に改定を予定しております「第2次総合計画」に具体的に反映していくとともに、今できること、今しかできないことを、機を逃さずに、着実に実行してまいりたいと考えております。  特にことしは45年ぶりの開催となる茨城国体「いきいき茨城ゆめ国体」が開催されます。稲敷市で行われるトランポリン競技の開催までは、いよいよ100日をきってまいりました。稲敷市を全国にPRできる絶好の機会でございますので、全国からお越しいただくたくさんの方々を、心のこもったおもてなしでお迎えをしたいと考えております。そして、今月30日には、会場となる江戸崎体育館でデモンストレーションスポーツ「いきいきトランポリン」も開催されます。トランポリンの魅力を最大限にお伝えし、トランポリン競技を身近に感じていただけるイベントとなっておりますので、ぜひ、たくさんの方々にお越しいただきたいと考えております。  また、稲敷市の玄関口となる圏央道も、県内区間の全線開通から2年が経過をいたしました。平成30年度からは4車線化に事業着手されており、令和6年度には、全線供用開始見込みとなりました。  このように、ますますポテンシャルが高まってきている圏央道でございますので、現在、稲敷市で進めている新たな工業団地の開発やインターチェンジ周辺の利活用についても、よりスピード感と創意工夫をもって取り組んでまいりたいと考えているところでございます。  また、広大な農地を有する本市の農業につきましては、100ヘクタール規模の大規模水稲経営体を育成する「茨城モデル水稲メガファーム育成事業」が2年目を迎えております。  市の基幹産業である農業を、そして広大な田園風景を次世代へつなぐためにも、関係機関の皆様、そして市民の皆様にご理解とご協力をいただき、是が非でも成功に導いてまいりたいと考えております。  このように、稲敷市の豊富な資源や優位性を生かしたまちづくりを進めたいと考えているところでございますが、私が市長就任後のこの半年間に強く感じたことは、市民目線に立った行政サービスがいかに大切かということであります。  そのためには、市民の皆様と行政とが情報共有し、市民の皆様との対話を通じながらお互いが支え合い、共生の心を忘れることなく、市民と一体となって「市民一人一人の幸福」のために市政運営に取り組んでまいりたいと考えております。  この令和という新しい時代にあっても、一層輝く稲敷市を目指し、全力で市政運営に当たってまいりたいと考えておりますので、引き続き、市民の皆様、そして議員各位のご理解とご協力をよろしくお願いを申し上げます。  それでは、今期定例会に提案をさせていただきます議案等でございますが、報告案件3件、専決処分承認案件5件、条例制定案件1件、条例の一部改正案件1件、各会計補正予算案件2件、訴え提起前の和解1件、人事案件8件の21案件でございます。  それでは、順次、提案要旨を説明させていただきます。  初めに、報告第1号 平成30年度稲敷市一般会計予算の繰越明許費繰越計算書についてでございます。  本報告は、平成30年度稲敷市一般会計予算繰越明許費に係る繰越計算書について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告を行うものであります。  繰越計算書につきましては、繰り越した事業、繰越額及びその財源等を記載しておりますが、公共施設再編事業を初めとして、翌年度繰越額合計5億7,000万4,000円となっております。  財源の内訳につきましては、国県支出金1億1,047万2,000円、地方債2億7,440万円、一般財源1億8,513万2,000円でございます。なお、各事業の繰越額及びその財源につきましては、別記計算書のとおりであります。  次に、報告第2号 平成30年度稲敷市公共下水道事業特別会計予算の繰越明許費繰越計算書についてでございます。  本報告は、平成30年度稲敷市公共下水道事業特別会計予算の繰越明許費繰越計算書について、地方公営企業法第26条第3項の規定により報告を行うものであります。  繰越計算書につきましては、繰り越した事業、繰越額及びその財源等を記載しておりますが、新利根処理区の整備事業における流域下水道建設市町村負担金として翌年度繰越額合計707万6,000円となっております。  財源の内訳につきましては、企業債690万円、一般会計より繰り入れた引継金17万6,000円であります。  次に、報告第3号 平成30年度稲敷市水道事業会計予算の繰越計算書についてでございます。  本報告は、地方公営企業法第26条第3項の規定により報告を行うものであります。  繰り越した事業は、月出里地区の配水管布設事業でございます。  繰越額は1,550万円となっており、財源につきましては、損益勘定留保資金を充てるものであります。 ○議長(伊藤均君) 以上で報告は終了いたしました。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) 日程第4、議案第50号から議案第59号までの10案件を一括議題といたします。  市長より提案理由の説明を求めます。  市長筧 信太郎君。               〔市長筧 信太郎君登壇〕 ◎市長(筧信太郎君) 続きまして、専決処分承認を求める議案についてご説明申し上げます。  初めに、議案第50号 専決処分承認を求めることについて、稲敷市税条例等の一部を改正する条例でございます。  本案は、地方税法等の一部を改正する法律並びに政令省令平成31年3月29日に公布されたことに伴い、稲敷市税条例等の一部に改正の必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成31年3月29日、専決処分をさせていただきましたので、同法同条第3項の規定により議会に報告し、承認を求めるものであります。  改正の主な内容は、軽自動車税のグリーン化特例の見直し及び住宅ローン控除の拡充に伴う措置、さらに、個人住民税の非課税措置の拡充であります。  次に、議案第51号 専決処分承認を求めることについて、稲敷市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例でございます。  本案は、災害弔慰金の支給等に関する法律施行令の一部改正に伴い、稲敷市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成31年3月29日付専決処分をさせていただきましたので、同法同条第3項の規定により議会に報告し、承認を求めるものであります。  改正の主な内容は、月賦償還による償還方法を追加するとともに、貸付利率を保証人を立てる場合は無利子とし、保証人を立てない場合は年1.5%に改めるものであります。  次に、議案第52号 専決処分承認を求めることについて、稲敷市介護保険条例の一部を改正する条例でございます。  本案は、介護保険施行令の一部改正に伴い、稲敷市介護保険条例の一部を改正する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成31年3月29日、専決処分をさせていただきましたので、同法同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。  改正の主な内容は、低所得者の保険料軽減の強化であります。また、今回の改正に合わせ、地域支援事業の事業費が上限枠を超えたため、保健福祉事業を追加したものであります。  次に、議案第53号 専決処分承認を求めることについて、稲敷市水道法施行条例の一部を改正する条例でございます。  本案は、学校教育法の一部を改正する法律施行に伴う関係政令の整備に関する政令施行による水道法施行令の改正等に伴い、稲敷市水道法施行条例の一部に改正の必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成31年3月29日、専決処分をさせていただきましたので、同法同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。  改正の内容は、布設工事監督者及び水道技術管理者の資格要件を改めるものであります。  次に、議案第54号 専決処分承認を求めることについて、平成30年度稲敷市一般会計補正予算(第8号)でございます。  本案は、平成31年3月29日付地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行っております。  平成30年度稲敷市一般会計補正予算(第8号)について、同法同条第3項の規定に基づき、議会に報告し、承認を求めるものであります。
     平成30年度稲敷市一般会計補正予算(第8号)は、既定の予算額から5,105万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を213億9,701万6,000円としたものであります。  歳出補正の主なものにつきましては、財産管理費から6,000万円を減額したもので、公共施設再編事業において費用が減少したためであります。  次に、ふるさと応援基金費に883万円を追加したもので、ふるさと応援寄附金事業の確定によるものであります。  続きまして、歳入補正についてでありますが、歳入額の確定または見込み額による補正であります。  また、繰越明許費補正につきましては、第2表のとおり、3事業を追加し、1事業を変更するものであります。  次に、地方債補正につきましては、第3表のとおり、1事業を変更するものであります。  次に、議案第55号 稲敷市森林環境譲与税基金条例の制定についてでございます。  本案は、森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律が4月1日に施行されたことに伴い、本年度から市に譲与される森林環境譲与税を基金として積み立てるため、新たに制定するものであります。  次に、議案第56号 稲敷市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正についてでございます。  本案は、地方公務員法の改正により、法第15条の2において降任の定義が明確化されたことに伴い、新たに降給の規定を追加し、降給の事由及び手続を定め、あわせて法第28条第1項第1号及び第3号について明文化するとともに、法第28条第4項における失職の特例を新たに追加するための改正を行うものであります。  次に、議案第57号 令和元年度稲敷市一般会計補正予算(第1号)でございます。  本案は、既定の予算額に4,275万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を219億775万5,000円とするものであります。  歳出補正の主なものにつきましては、総務費に2,069万9,000円を追加するもので、プレミアム付商品券補助事業1,968万9,000円が主なものであります。  また、消防費に354万7,000円を追加するもので、退職消防団員報償金の確定によるものです。  さらに、諸支出金に260万円を追加するもので、森林環境譲与税基金を積み立てるものであります。  続いて、歳入補正の主なものにつきましては、地方譲与税では森林環境譲与税260万円、国庫支出金ではプレミアム付商品券補助事業補助金など2,378万4,000円、県支出金では介護保険事業費負担金371万円、諸収入では消防団員退職報償金354万7,000円、繰越金911万4,000円となっております。  次に、議案第58号 令和元年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第1号)でございます。  本案は、既定の歳入予算額を財源振り替えするものであります。  内容につきましては、低所得者の保険料軽減に伴い、介護保険料1,484万3,000円を減額し、繰入金を同額増額するものであります。  次に、議案第59号 訴え提起前の和解についてでございます。  本案は、市営住宅に係る滞納家賃の支払いについて、入居者と合意に達しましたので、民事訴訟法第275条第1項の規定による申し立てを行い、和解をしたいので、地方自治法第96条第1項第12号の規定により議会議決を求めるものであります。  ご審議の上、適正なるご決定を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。 ○議長(伊藤均君) 以上で市長の説明が終わりました。  ここで休憩いたします。                午前10時31分休憩          ──────────────────────                午前10時40分開議 ○議長(伊藤均君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  ただいま、17番浅野議員が出席されました。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) 日程第5、議案第60号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。  市長より提案理由の説明を求めます。  市長筧 信太郎君。               〔市長筧 信太郎君登壇〕 ◎市長(筧信太郎君) 次に、議案第60号 教育委員会委員の任命についてでございます。  本案は、現委員の姥貝 守氏が7月5日をもって任期満了となることから、同氏を引き続き委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定により議会同意を求めるものであります。  ご審議の上、適正なるご決定を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。 ○議長(伊藤均君) 市長の説明が終わりました。  本件は人事案件でございますので、当市議会の申し合わせにより、質疑、討論を省略し、直ちに採決いたします。  採決は電子採決により行います。  議員各位に申し上げます。議席にある出席ボタンが点灯していることを確認してください。  本案は、原案のとおり同意することに賛成または反対のボタンを押してください。                〔賛成・反対者ボタンを押す〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れなしと認めます。  採決を確定いたします。賛成全員であります。よって、本案同意することに決定いたしました。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) 日程第6、議案第61号 稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会委員の選任についてを議題といたします。  市長より提案理由の説明を求めます。  市長筧 信太郎君。               〔市長筧 信太郎君登壇〕) ◎市長(筧信太郎君) 次に、議案第61号 稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会委員の選任についてでございます。  本案は、現委員の藤田英雄氏が6月30日をもって任期満了となることから、引き続き委員に選任したく、地方公務員法第9条の2第2項の規定により議会同意を求めるものでございます。  ご審議の上、適正なるご決定を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。 ○議長(伊藤均君) 市長の説明が終わりました。  本件は、質疑、討論を省略し、直ちに採決いたします。  本案は、原案のとおり同意することに賛成または反対のボタンを押してください。                〔賛成・反対者ボタンを押す〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れはございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れなしと認めます。  採決を確定いたします。賛成全員であります。よって、本案同意することに決定いたしました。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) 日程第7、議案第62号 稲敷市浮島財産区管理会委員の選任についてを議題といたします。  市長より提案理由の説明を求めます。  市長筧 信太郎君。               〔市長筧 信太郎君登壇〕 ◎市長(筧信太郎君) 次に、議案第62号 稲敷市浮島財産区管理会委員の選任についてでございます。  本案は、稲敷市浮島財産区管理会委員のうち、根本生馬氏が逝去したことに伴い委員に欠員が生じたことから、その後任として大鳥居和雄氏を選任するため、稲敷市浮島財産区管理会及び稲敷市古渡財産区管理会設置に関する条例第3条の規定により議会同意を求めるものであります。  ご審議の上、適正なるご決定を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(伊藤均君) 市長の説明が終わりました。  本件は、質疑、討論を省略し、直ちに採決いたします。 本案は、原案のとおり同意することに賛成または反対のボタンを押してください。                〔賛成・反対者ボタンを押す〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れはございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れなしと認めます。  採決を確定いたします。賛成全員です。よって、本案同意することに決定いたしました。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) 日程第8、議案第63号 稲敷市古渡財産区管理会委員の選任についてを議題といたします。  市長より提案理由の説明を求めます。  市長筧 信太郎君。               〔市長筧 信太郎君登壇〕 ◎市長(筧信太郎君) 次に、議案第63号 稲敷市古渡財産区管理会委員の選任についてでございます。  本案は、稲敷市古渡財産区管理会委員のうち、埜口幸一氏が逝去したことに伴い委員に欠員が生じたことから、その後任として仲内正明氏を選任するため、稲敷市浮島財産区管理会及び稲敷市古渡財産区管理会設置に関する条例第3条の規定により議会同意を求めるものであります。  ご審議の上、適正なるご決定を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(伊藤均君) 市長の説明が終わりました。  本件は、質疑、討論を省略し、直ちに採決いたします。  本案は、原案のとおり同意することに賛成または反対のボタンを押してください。                〔賛成・反対者ボタンを押す〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れなしと認めます。  採決を確定いたします。賛成全員であります。よって、本案同意することに決定いたしました。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) 日程第9、諮問第1号から諮問第4号までの人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とし、市長より説明を求めます。  市長筧 信太郎君。               〔市長筧 信太郎君登壇〕 ◎市長(筧信太郎君) 最後に、諮問第1号から諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦についてでございます。
     本案は、現委員であります吉岡かつ子氏、一鍬田忠夫氏、坂本秀子氏の3名が9月30日をもって任期満了となることから、3名を改めて再任するため、また、野波典子氏を新たに人権擁護委員に推薦するため、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものでございます。  ご審議の上、適正なるご決定を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(伊藤均君) 市長の説明が終わりました。  諮問第1号から諮問第4号までは、質疑、討論を省略し、直ちに採決を行います。  採決は諮問番号ごとに電子採決により行います。  諮問第1号について採決いたします。  本案は、原案のとおり同意することに賛成または反対のボタンを押してください。                〔賛成・反対者ボタンを押す〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れなしと認めます。  採決を確定いたします。賛成全員であります。よって、本案同意することに決定いたしました。  次に、諮問第2号について採決いたします。  本案は、原案のとおり同意することに賛成または反対のボタンを押してください。                〔賛成・反対者ボタンを押す〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れなしと認めます。  採決を確定いたします。賛成全員であります。よって、本案同意することに決定いたしました。  次に、諮問第3号について採決いたします。  本案は、原案のとおり同意することに賛成または反対のボタンを押してください。                〔賛成・反対者ボタンを押す〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れなしと認めます。  採決を確定いたします。賛成全員であります。よって、本案同意することに決定いたしました。  次に、諮問第4号について採決いたします。  本案は、原案のとおり同意することに賛成または反対のボタンを押してください。                〔賛成・反対者ボタンを押す〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤均君) 押し忘れなしと認めます。  採決を確定いたします。賛成全員であります。よって、本案同意することに決定いたしました。        ────────────────────────── ○議長(伊藤均君) 以上をもちまして、本日の日程は終了いたしました。  次の本会議は、6日午前10時に本議場において再開いたします。  なお、議案質疑の発言通告は、明日5日正午までに議長宛て提出願います。  本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。                午前10時52分散会...