ツイート シェア
  1. 常総市議会 2020-05-01
    常総市:令和2年5月随時会議(第1回会議) 本文


    取得元: 常総市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-28
    本文へ移動 ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1              〔議長倉持 守君議長席に着く〕  開会の宣告 ◯議長(倉持 守君) 御報告申し上げます。  ただいまの出席議員数は22名であります。  市広報及び報道関係者から議場内の写真撮影の申出がありましたので、許可をいたしております。  ただいまから令和2年常総市議会5月随時会議第1回会議を開会いたします。  なお、5月随時会議の日程は、本日5月18日、一日といたします。   ─────────────────────────────────────  説明のため議場に出席した者の職名報告について 2 ◯議長(倉持 守君) 地方自治法第121条の規定による議案等説明のための出席者は、別紙により御配付のとおりであります。   ─────────────────────────────────────                 午後2時00分開会 3 ◯議長(倉持 守君) これより直ちに本日の会議に入ります。  第1回会議日程により議事を進めます。   ─────────────────────────────────────  日程第1 会議録署名議員の指名 4 ◯議長(倉持 守君) 日程第1に入ります。  会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により議長において指名いたします。     4番 石塚 剛君  5番 草間典夫君  6番 吉原晴照君
     以上の3名を指名いたします。   ─────────────────────────────────────  日程第2 議案第1号 令和2年度常総市一般会計補正予算(第3号)                                    (上程、説明) 5 ◯議長(倉持 守君) 日程第2に入ります。  議案第1号令和2年度常総市一般会計補正予算(第3号)、以上の件を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。神達市長。                〔市長神達岳志君登壇〕 6 ◯市長(神達岳志君) それでは、補正予算の提案理由の説明をさせていただきます。  議案第1号令和2年度常総市一般会計補正予算(第3号)について、御説明を申し上げます。  今回の補正予算の総額は4,297万7,000円の増額で、予算規模は296億4,627万7,000円となるものでございます。補正予算の内容は、新型コロナウイルス感染症の感染リスクの軽減と買物や外食のできない状況を勘案しスタートした出前・テイクアウト推進事業及び子育て世代の生活費の負担軽減策である子ども未来応援チケット交付事業の増額計上をいたしました。  また、未来チケット常総実行委員会が実施する「未来チケット常総」に係るプレミアム分を補助する未来チケット常総補助金を新たに計上いたしました。  十分御検討の上、適切な議決を賜りますように、よろしくお願い申し上げます。 7 ◯議長(倉持 守君) この際、暫時休憩いたします。                 午後2時04分休憩   ─────────────────────────────────────                 午後2時57分再開 8 ◯議長(倉持 守君) 休憩前に引き続き会議を開きます。   ─────────────────────────────────────  日程第3 議案第1号について                                 (質疑、討論、採決) 9 ◯議長(倉持 守君) 日程第3に入ります。  議案第1号について、これより質疑に入ります。  質疑のある方の発言を許します。質疑ありませんか。11番遠藤章江君。 10 ◯11番(遠藤章江君) 今回の議案に上がっております、未来チケット常総補助金について質問をいたします。  これはクラウドファンディング形式で資金を集め、今回の新型コロナウイルスで売上が低迷した人に対して、クラウドファンディングですから、支援する人がお金を投資して、未来常総チケットというものをもらって、この新型コロナウイルスが終息した後に、そのチケットを使うという、そういう仕組みということなんですが、今、参加対象事業者は、常総市内に本社及び本店を有する法人または個人、常総市商工会会員、市外に事業本部があるフランチャイズに加盟していない者、業種が飲食業、理・美容業、宿泊業、観光業タクシー、運転代行業に該当する者、市税に未納のない者、こういう参加対象者が非常に限られている事業で、私はこの事業の不平等性を全協で御質問をしました。  そして、さらにここで質問したいのは、例えば、今、大変な不況で、東商第1部上場企業のレナウンなどは、民事再生法を申請していると。衣料業界などは大変な不況に陥っている。もしここに私が、その衣料業界の洋服を売っている店舗ですね。それをクラウドファンディングで支援しましょうということで、例えば、支援するチケットを買ったとします。そしてチケットを買った後に、その洋服を買おうと思っていた店舗が倒産してしまったと。そうした場合というのは、この買ったチケットはどういうふうな扱いになるのか、これを少し質問したいと思います。 11 ◯議長(倉持 守君) これより答弁を求めます。産業振興部長。              〔産業振興部長小島裕治君登壇〕 12 ◯産業振興部長(小島裕治君) ただいまの遠藤議員質問にお答えいたします。  休業、廃業によりチケットが無効になった場合の補償でございますが、これはございません。補償はございません。チケットの販売時に、チケットの注意事項に、事業者が休業、廃業した場合の補償はない旨を告知、記載して周知する予定となっております。こちらにつきましては、実行委員会から弁護士さんを経由して確認はしておりますので、補償はございません。  以上でございます。 13 ◯議長(倉持 守君) 遠藤章江君。 14 ◯11番(遠藤章江君) ありがとうございました。クラウドファンディングですから、当然自分が投資するわけですから、自己責任になるということは、質問しなくても大体予測はついたんですけれども、そういう事業を、常総市は支援するということですよね。投資をして、市民がこの新型コロナウイルスで困っているから、この補助金というのは、もともと国から頂いた臨時交付金なんですよ。それを使ってやる事業として、市民が一生懸命協力しようとして、チケットを買った。その結果、そのチケットが無効になっても、市民が泣いてくれという、そういう事業なわけですよね、結果的にはね。ですから、これは国から頂いた補助金として、使い方が正しいと思いますか。  つまり、本当に新型コロナウイルスで売上が低迷している事業者というのは、この常総市にもうたくさんあるんですよ。それを一部の事業者に絞って支援をすると決めて、その支援をするために市民がお金を投資した。そのお金が1円も戻ってこなくなっても、それは知らないですよと。弁護士団を入れて話し合っていますよと。そういう事業に常総市は、これ、お金を使うんですか、補助金を。その点について何の不思議も持たなかったんですか、これ。チケットを買ったけど、買ったチケットの商店が潰れてしまった。何らかの影響で、この新型コロナの影響で事業がやっぱりうまくいかなくなって潰れてしまった。せっかく市民が、その商店を応援しようと思って、購入したチケットが使えなくなってしまった。それは自己責任だからしようがないと。市民の皆さん泣いてください。こういう事業に、常総市は補助金を使うんですか、国の補助金を。それはどうなんでしょう、答えてください。 15 ◯議長(倉持 守君) 産業振興部長。 16 ◯産業振興部長(小島裕治君) お答えいたします。  遠藤議員がおっしゃるとおり、理想であれば、常総市にある全ての業者を対象にすることが理想だと考えておりますが、こちらどこかでやはり線引きをして、業者数もある程度は絞らなくちゃならないということが1つありますし、この支援は、あくまでも事業者さんを助けるため、倒産させないための支援でございますので、その点では、補助金としては間違いないと思っております。  以上でございます。 17 ◯議長(倉持 守君) 遠藤章江君。 18 ◯11番(遠藤章江君) ありがとうございました。補助金というものが、どういうものかを本当に原点に戻って考えてもらいたいんですよ。元はといえば、補助金補助金と言ったって、私たちの血税が元なんですよ、財源の原資というのは。だから、本当に困っているのは、事業者だけじゃなくて、本当にサラリーマンでボーナスも出ない、月給も半分だ、リストラされた、学生はアルバイトもできない、もう困っている人は山ほどいるんですよ。ですから、平等性を持たせて、補助金市民全員のためにうまく使う方法を、もう少し考えたらいいんじゃないかと、私は思いますよ。苦しいのは事業者だけじゃないですから。もう少し私は、補助金補助金って、この国からもらったお金ですから、使い方を工夫してほしかったと思います。  以上です。 19 ◯議長(倉持 守君) ほかに質疑のある方。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 20 ◯議長(倉持 守君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。  この際、お諮りいたします。  議案第1号は、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに討論、採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 21 ◯議長(倉持 守君) 御異議なしと認めます。よって、議案第1号は委員会付託を省略し、直ちに討論、採決することに決しました。  これより討論に入ります。討論ありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 22 ◯議長(倉持 守君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。  これより採決に入ります。採決は採決システムにより行います。  本案に賛成の諸君は賛成ボタンを、反対の諸君は反対ボタンを押してください。                  〔各議員投票〕 23 ◯議長(倉持 守君) ボタンの押し忘れはありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 24 ◯議長(倉持 守君) ないものと認めます。採決を確定いたします。  賛成多数でございます。よって、議案第1号は、原案のとおり可決されました。   ─────────────────────────────────────  議決事件の条項、字句、数字等の整理について 25 ◯議長(倉持 守君) 次に、この際、お諮りいたします。  5月随時会議に議決されました事件のうち、その条項、字句、数字、その他の整理を必要とするものにつきましては、会議規則第43条の規定により、その整理を議長委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 26 ◯議長(倉持 守君) 御異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字、その他の整理は、議長委任することに決しました。   ─────────────────────────────────────  散会の宣告 27 ◯議長(倉持 守君) 以上で5月随時会議に付議されました案件の審議は終了いたしました。  次の会議日まで散会といたします。御苦労さまでございました。                 午後3時06分散会   ─────────────────────────────────────  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。          常総市議会          議 長            〃    署名議員      番            〃      〃       番            〃      〃       番 当サイトのコンテンツ(文章、画像、図表)は、常総市議会の著作物です。無断で複製、転載することを禁止します。 Copyright (c) Joso City Council Minutes, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...