下妻市議会 > 2021-06-16 >
令和 3年 第2回定例会(第5日 6月16日)

  • "������"(/)
ツイート シェア
  1. 下妻市議会 2021-06-16
    令和 3年 第2回定例会(第5日 6月16日)


    取得元: 下妻市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-09-26
    令和 3年 第2回定例会(第5日 6月16日)              令和3年第2回下妻市議会定例会会議録(第5号)          ────────────────────────────────              令和3年6月16日(水曜日)午前10時00分開会   令和3年6月16日(水)午前10時 第1  会議録署名議員指名 第2  常任委員会委員所属変更の件 (追加) 第3  議会運営委員会委員辞任の件 (追加) 第4  議会運営委員会委員選任の件 第5  議案第31号ないし議案第33号、陳情受理番号第1号並び請願受理番号第2     号     (委員長報告質疑討論採決) 第6  議案第34号     (討論採決) (追加) 第7  意見書第1号 安全・安心医療介護実現国民いのちと健康を守るため     の意見見書(案)
        (上程、説明、質疑討論採決) 第8  閉会中の継続審査申出の件 第9  閉会中の所管事務調査申出の件           ───────────────────── 本日の会議に付した案件  〇日程第1 会議録署名議員指名  〇日程第2 常任委員会委員所属変更の件  〇日程第3 議会運営委員会委員辞任の件  〇日程第4 議会運営委員会委員選任の件  〇日程第5 議案第31号ないし議案第33号、陳情受理番号第1号並び請願受理番        号第2号        (委員長報告質疑討論採決)  〇日程第6 議案第34号        (討論採決)  〇日程第7 意見書第1号 安全・安心医療介護実現国民いのちと健康を守        るための意見書(案)        (上程、説明、質疑討論採決)  〇日程第8 閉会中の継続審査申出の件  〇日程第9 閉会中の所管事務調査申出の件           ───────────────────── 出 席 議 員(19名)  1番 浅 野 通 生 君             11番 斯 波 元 気 君  2番 木 村 穂 摘 君             12番 小 竹   薫 君  3番 程 塚 智 則 君             13番 廣 瀬   榮 君  4番 鈴 木   牧 君             14番 原 部   司 君  5番 端   茂 樹 君             15番 須 藤 豊 次 君  6番 宇 梶 浩 太 君             16番 山 中 祐 子 君  7番 矢 島 博 明 君             17番 増 田 省 吾 君  8番 岡 田 正 美 君             19番 平 井   誠 君  9番 塚 越   節 君             20番 篠 島 昌 之 君 10番 程 塚 裕 行 君           ───────────────────── 欠 席 議 員(1名) 18番 田 中 昭 一 君           ───────────────────── 説明のため出席した者  市長        菊 池   博 君   建設部長     飯 田   薫 君  副市長       齋 藤   章 君   教育部長     倉 持 総 男 君  教育長       横 瀬 晴 夫 君   秘書課長     伊 澤 直 美 君  市長公室長     渡 辺   尚 君   企画課長     保戸山 正 浩 君  総務部長      寺 田 武 司 君   総務課長     飯 田 博 之 君  市民部長      塚 田   篤 君   財政課長     増 子 朋 哉 君  保健福祉部長福祉事務所長         会計管理者会計課長            森   陽 子 君            塚 越   剛 君  経済部長      柴 崎 臣 光 君   農業委員会事務局長                                 小 林 正 幸 君           ───────────────────── 会 議 書 記  議会事務局長    倉 持 浩 史 君   主幹       木 村 千恵子 君  議会事務局長補佐議事係長         主幹       草 間 直 哉 君            稲 葉   太 君           ─────────────────────                 午前10時00分 開会 ○議長廣瀬 榮君) おはようございます。  前回に引き続き会議を開きます。           ─────────────────────  出席議員及び欠席議員報告開会宣言議長廣瀬 榮君) ただいまの出席議員は19人であります。欠席の届出は、18番 田中昭一君、以上1人であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。  これより本日の会議を開きます。           ─────────────────────  議会出席を求めた者の報告議長廣瀬 榮君) 地方自治法第121条の規定により、議長において出席を求めた者は、前回のとおりであります。  会議書記についても、前回のとおりであります。           ─────────────────────  議事日程報告議長廣瀬 榮君) 本日の日程は、印刷物をもって配付の日程表のとおりであります。  これより本日の日程に入ります。  申し上げます。本日総務委員会宇梶浩太君から経済建設委員会に、経済建設委員会小竹 薫君から総務委員会に、それぞれ委員会所属を変更されたい旨の申出がありました。そのことから、議会日程について、本日議会運営委員会を開催し、ご協議いただきましたので、その結果につきまして委員長からご報告願います。篠島議会運営委員長、登壇願います。             〔議会運営委員長 篠島昌之君登壇〕 ○議会運営委員長篠島昌之君) 改めまして、おはようございます。  本日、総務委員会宇梶浩太君から経済建設委員会に、経済建設委員会小竹 薫君から総務委員会にそれぞれの委員会所属を変更されたい旨の申出があり、日程第2に、議案第31号ないし議案第33号、陳情受理番号第1号並び請願受理番号第2号を繰り下げて日程第3とし、以降順次繰り下げることになりましたのでご了承願います。以上で私からの報告といたします。 ○議長廣瀬 榮君) 以上で篠島議会運営委員長からの報告を終わります。           ─────────────────────  【日程第1】 会議録署名議員指名議長廣瀬 榮君) 日程第1 会議録署名議員指名を行います。  会議録署名議員は、議長において、   9番 塚越 節君   10番 程塚裕行君  以上2人を指名いたします。           ─────────────────────  【日程第2】 常任委員会委員所属変更の件 ○議長廣瀬 榮君) 日程第2 常任委員会所属変更の件を議題といたします。  総務委員会宇梶浩太君から経済建設委員会に、経済建設委員会小竹 薫君から総務委員会にそれぞれ委員会所属を変更されたい旨の申出がありました。  お諮りいたします。宇梶浩太君及び小竹 薫君からの申出のとおり、それぞれ委員会所属を変更することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、それぞれ委員会所属を変更することに決しました。  暫時休憩いたします。                 午前10時05分 休憩           ─────────────────────                 午前10時06分 再開 ○副議長小竹 薫君) 休憩前に戻り会議を開きます。  ただいま都合により、議長廣瀬 榮君が出席しておりませんので、地方自治法第106条第1項の規定により、副議長の私が議長の職務を執らせていただきます。よろしくお願いします。  ただいま休憩中に、議長廣瀬 榮君から、議会運営委員会委員辞任したい旨の申出がありました。  お諮りいたします。  この際、議会運営委員会委員辞任の件を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長小竹 薫君) ご異議なしと認めます。よって、この際、議会運営委員会委員辞任の件を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに決しました。  印刷物配付のため、暫時休憩いたします。そのままお待ちください。                 午前10時07分 休憩           ─────────────────────
                    午前10時08分 再開 ○副議長小竹 薫君) 休憩前に戻り会議を開きます。           ─────────────────────  【日程第3】 議会運営委員会委員辞任の件 ○副議長小竹 薫君) 日程第3 議会運営委員会委員辞任の件を議題といたします。  お諮りいたします。  廣瀬 榮君の議会運営委員会委員辞任を許可することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長小竹 薫君) ご異議なしと認めます。よって、廣瀬 榮君の議会運営委員会委員辞任を許可することに決しました。  ここで議長と交代いたします。  暫時休憩します。そのままお待ちください。                 午前10時08分 休憩           ─────────────────────                 午前10時09分 再開議長廣瀬 榮君) 休憩前に戻り会議を開きます。  これより議長の職務を執らせていただきます。よろしくお願いをいたします。  ただいま休憩前に議会運営委員会委員が欠員となりました。  この際、議会運営委員会委員選任日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、この際、議会運営委員会委員選任日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。  印刷物配付のため暫時休憩いたします。そのままお待ちください。                 午前10時10分 休憩           ─────────────────────                 午前10時11分 再開議長廣瀬 榮君) 休憩前に戻り会議を開きます。           ─────────────────────  【日程第4】 議会運営委員会委員選任の件 ○議長廣瀬 榮君) 日程第4 議会運営委員会委員選任を行います。  議会運営委員会については、下妻市議会委員会条例第4条第2項の規定により定数6人とされておりますが、私の辞任に伴い、欠員が生じております。このことから、本件は、補欠委員1人を選任するものでありますが、議会運営委員会委員選任は、下妻市議会委員会条例第8条第1項の規定により、議長指名によるとされております。また、議会運営委員会委員については、各常任委員会より2人ずつの選出となっておりますので、補欠委員は現在1人のみ選出となっている経済建設委員会から選出したいと思いますが、これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。  それでは、議会運営委員会委員に、経済建設委員会から宇梶浩太君を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま指名いたしました宇梶浩太君を議会運営委員会委員とすることにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました宇梶浩太君を議会運営委員会委員とすることに決しました。           ─────────────────────  【日程第5】 議案第31号ないし議案第33号、陳情受理番号第1号並び請願受理番号第2号 ○議長廣瀬 榮君) 日程第5 議案第31号 下妻SDGsに基づく持続可能なまちづくり推進条例制定について、ないし議案第33号 下妻押印を求める手続見直しのための関係条例の整理に関する条例制定について、陳情受理番号第1号 砂沼湖畔道に関する陳情書並び請願受理番号第2号 「安全・安心医療介護実現国民いのちと健康を守るための意見書」を国に提出することを求める請願書、以上5件を一括議題といたします。  これらの議案等については、関係常任委員会において審査されておりますので、ご報告願います。  初めに、山中祐子総務委員長、登壇願います。              〔総務委員長 山中祐子君登壇〕 ○総務委員長山中祐子君) 改めまして、おはようございます。  私からは、総務委員会に付託されました案件審査経過並びに結果についてご報告申し上げます。  当委員会に付託されました案件は、議案3件であります。  審査につきましては、去る6月4日金曜日、午前10時10分から、市役所本庁舎会議室におきまして、全委員出席の下、執行部より菊池市長をはじめ、渡辺市長公室長寺田総務部長塚田市民部長保戸山企画課長飯田総務課長青柳企画課長補佐企画調整係長清水総務課長補佐人事係長古橋文書法制係長出席を求め、慎重に審査をいたしました。以下ご報告を申し上げます。  初めに、議案第31号 下妻SDGsに基づく持続可能なまちづくり推進条例制定についてであります。  本案は、気候変動環境汚染、紛争、貧困といった問題に対し、持続可能な社会を後世に引き継いでいく施策に取り組んでいく必要があるため、各種施策SDGsの理念と目的を反映させるよう条例制定するものであります。  審査の中で条例制定に至った背景はとの質疑に対し、執行部より環境問題などの世界全体で課題となっている事業について、本市においても、ゼロカーボンシティ宣言をするなど各種施策に取り組んでおり、SDGsに掲げられている17の目標を推進することによって、持続可能なまちづくりが進められると考えることから、市の責務や市民の役割などを定める条例制定に至ったものであるとの答弁がありました。  また、第7条に進捗状況に関する評価とあるが、どのように評価するのかとの質疑に対し、執行部より、現在実施している事務事業評価SDGsの視点を取り入れ、各事業がSDGsの理念に沿ったものになっているか、進捗状況はどのようになっているのかを評価していくとの答弁がありました。  種々検討した結果、全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第32号 下妻職員定数条例の一部改正についてであります。  本案は、権限移譲による業務量の増大や資格職配置義務化に伴う専門職の採用、今後の再任用制度の運用、定年引上げ等を見据え、適正かつ弾力的な職員配置を行うため、職員定数の上限を改正するものであります。  審査の中で、職員定数に関し、同規模自治体との職員数の比較についての質疑に対し、執行部より、団体ごと組織機構が異なるため一概に比較できるものではないが、本市の定数上の職員総数は比較的少ない状況であるとの答弁がありました。  種々検討した結果、全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第33号 下妻押印を求める手続見直しのための関係条例の整理に関する条例制定についてであります。  本案は、条例で定める行政手続のうち、押印署名を義務づけている手続について、国の取組に準じ、これらの義務づけを廃止するため、関係条例の一部を改正するものであります。  審査の中で、押印が廃止された申請書等についての質疑に対し、執行部より、市の規則等で定めている1,163の申請書等のうち、住民異動届児童手当現況届など864の申請書等において規則等を改正し、本年4月から押印を不要としているとの答弁がありました。  種々検討した結果、全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上で本委員会に付託されました案件審査経過並びに結果について報告を終わります。よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げます。 ○議長廣瀬 榮君) 以上で山中総務委員長報告を終わります。  総務委員長に対する質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) 質疑なしと認めます。  以上で総務委員長報告及び質疑を終わります。  次に、程塚裕行文教厚生委員長、登壇願います。             〔文教厚生委員長 程塚裕行君登壇〕 ○文教厚生委員長程塚裕行君) 文教厚生委員会に付託されました案件審査経過並びに結果につきましてご報告申し上げます。  本委員会に付託されました案件は、請願1件であります。  審査につきましては、去る6月7日月曜日、午後2時から、市役所本庁舎会議室において、全委員出席の下、執行部より横瀬教育長をはじめ、森保健福祉部長福祉事務所長倉持教育部長菊池参事指導課長伊澤介護保険課長保戸山保健センター所長出席を求め、慎重に審査いたしました。以下ご報告申し上げます。  請願受理番号第2号 「安全・安心医療介護実現国民いのちと健康を守るための意見書」を国に提出することを求める請願書についてであります。  本件は、新型コロナウイルス感染対策の教訓を経て、国民の命と健康、暮らしを守るためにも、そして、新たなウイルス感染自然災害などの事態の際に経済活動への影響を最小限に抑え込むためにも、医療介護、福祉、そして公衆衛生施策の拡充を図ることについて、国の関係機関に対し意見書を提出していただきたい旨の請願であります。  審査の中で、本市及び近隣でも保健所等が統合されるに従い減少し、医療従事者等も非常に少なく厳しい状況であり、請願趣旨については十分理解できるとの討議がされました。  種々検討した結果、全委員異議なく、願意妥当と認め、採択すべきものと決しました。  以上で本委員会に付託されました案件審査経過並びに結果について、報告を終わります。よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げます。 ○議長廣瀬 榮君) 以上で程塚文教厚生委員長報告を終わります。  文教厚生委員長に対する質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) 質疑なしと認めます。  以上で文教厚生委員長報告及び質疑を終わります。  次に、斯波元気経済建設委員長、登壇願います。             〔経済建設委員長 斯波元気君登壇〕 ○経済建設委員長(斯波元気君) 経済建設委員会に付託されました案件審査経過並びに結果についてご報告申し上げます。  当委員会に付託されました案件は、請願1件及び陳情1件であります。  審査につきましては、去る6月8日火曜日、午後2時から市役所本庁舎会議室におきまして、全委員出席の下、執行部より齋藤副市長をはじめ、柴崎経済部長飯田建設部長小島農政課長、初澤商工観光課長広瀬建設課長岡田都市整備課長石井上下水道課長幡谷都市整備課長補佐公園街路係長出席を求め、慎重に審査を行いました。以下、報告申し上げます。  初めに、陳情受理番号第1号 砂沼湖畔道に関する陳情書についてであります。  本件は、多くの市民が利用している砂沼湖畔道印字標識経年劣化により不鮮明になっていることから、事故の未然防止のためにも歩行者用自転車用を明確に分ける対策の実施など、下妻市民の憩いの場である砂沼湖畔道の再整備を求めるものであります。  審査の中で、砂沼遊歩道は道路ではなく園路であり、幅員も狭いことから、自転車道歩行者道を明確に分離し規制をすることは難しいが、歩行者自転車利用者安全面の配慮は必要であり、陳情の趣旨は十分理解できるものであるとの討議がなされました。  種々検討した結果、全委員異議なく、趣旨採択すべきものと決しました。  次に、請願受理番号第3号 新型コロナ禍による米危機の改善を求める請願についてでありますが、さらに慎重に審査を行うため、継続審査申出書を議長に提出した次第であります。  以上で当委員会に付託されました案件審査経過並びに結果について報告を終わります。よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げます。 ○議長廣瀬 榮君) 以上で斯波経済建設委員長報告を終わります。  暫時休憩いたします。                 午前10時28分 休憩           ─────────────────────                 午前10時30分 再開議長廣瀬 榮君) 休憩前に戻り会議を開きます。  経済建設委員長に対する質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) 質疑なしと認めます。
     以上で斯波経済建設委員長報告及び質疑を終わります。  これより討論採決に入ります。  議案第31号 下妻SDGsに基づく持続可能なまちづくり推進条例制定について、ないし議案第33号 下妻押印を求める手続見直しのための関係条例の整理に関する条例制定について、以上3件については、討論の通告がありませんので、一括して採決いたします。  議案第31号ないし議案第33号について、委員長報告原案可決であります。  委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、議案第31号ないし議案第33号、以上3件は、原案のとおり可決されました。  次に、陳情受理番号第1号 砂沼湖畔道に関する陳情書本件については、討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。  陳情受理番号第1号について、委員長報告趣旨採択であります。  委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、陳情受理番号第1号は、委員長報告のとおり決しました。  次に、請願受理番号第2号 「安全・安心医療介護実現国民いのちと健康を守るための意見書」を国に提出することを求める請願書本件については、討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。  請願受理番号第2号について、委員長報告は採択であります。  委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、請願受理番号第2号は、委員長報告のとおり決しました。           ─────────────────────  【日程第6】 議案第34号 ○議長廣瀬 榮君) 日程第6 議案第34号 令和3年度下妻一般会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。  この際、お諮りいたします。  議案第34号、本件に関する委員長報告は、下妻議会会議規則第39条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。  これより、討論採決に入ります。  議案第34号 令和3年度下妻一般会計補正予算(第3号)については、討論の通告がありますので、発言を許します。19番 平井 誠君、登壇願います。                〔19番 平井 誠君登壇〕 ○19番(平井 誠君) 皆さん、おはようございます。  それでは、通告したとおり、議案第34号 令和3年度下妻一般会計補正予算(第3号)について、私は反対いたします。  今回の補正予算、4億6,591万7,000円の中に7,123万1,000円のオリンピック・パラリンピック推進経費があることが反対する主な理由です。  今年の7月から8月に開催される東京オリンピック・パラリンピックに対しては、世論調査の結果は、中止、延期を求める声が少なく見ても4割5分前後、多くて7割前後となっています。この背景には、新型コロナウイルス感染症が収まりそうにないからと思われます。菅政権は、国民に対しては緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を出して、外出自粛や飲食店の酒類の提供などに制限を加え、あるいは営業時間の短縮を求めているのに、オリンピック・パラリンピック開催を強行しようとしています。  政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身 茂会長も、国会の場で、五輪を開催すれば今より感染リスクが高くなるのはどう考えても普通だ、旨、述べています。6月9日、国会で行われました党首討論では、日本共産党の志位委員長から、国民の命をさらしてまで五輪を開催する理由は何かの問いに対し、菅首相から具体的な答弁がありませんでした。6月14日午後8時現在の国内の新型コロナウイルス感染者は国内で77万6,076人、そのうち死者1万4,137人とのことです。感染者のうち、東京都が最も多くて16万6,578人、そのうち死者は2,159人と、これは茨城新聞の6月15日付記事に載っています。  日本共産党は、今年のオリンピック・パラリンピックは中止して、その分コロナ対策に力を集中すべきと政府に申入れをしてきました。下妻市としては、国の方針に従わざるを得ないことなのかもしれませんが、国政の主人公は国民です。下妻市政の主人公は下妻市民です。下妻市民の多くから、今年のオリンピックは難しいんではないか、やめるべきではないかという声もあります。そのことも述べまして、私の反対討論といたします。以上です。 ○議長廣瀬 榮君) 次に、16番 山中祐子君、登壇願います。                〔16番 山中祐子君登壇〕 ○16番(山中祐子君) 私は、議案第34号 令和3年度下妻一般会計補正予算(第3号)について、賛成の立場から討論いたします。  今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ4億6,591万7,000円を追加するもので、その内容は、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用しての感染防止対策や経済活動の回復に資する各種施策を実施するほか、オリンピック・パラリンピック競技大会に出場するブルンジ共和国選手団の事前キャンプ等の受入れに伴う活動支援や感染防止対策の強化、そして、コロナ禍の影響を大きく受けている低所得者の子育て世帯に対する給付、さらにゼロカーボンシティの取組を進める再生可能エネルギーの導入に向けたプラン策定となっており、いずれも市政運営に必要な予算措置であります。国からの配分を受け実施する新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金事業については、プレミアム付商品券発行事業による消費喚起や住宅リフォーム資金補助の増額による事業者支援などの経済対策を盛り込むとともに、公共施設や学校施設におけるトイレ等の自動水栓の設置やサーマルカメラの追加導入など、感染防止策の強化が図られており、また、移動スーパーの運営による買物支援といった高齢者の生活支援など、新たな取組にも活用されております。東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプや交流事業については、コロナ禍の収束が見通せない中ではありますが、本市がホストタウンとしての役割を担い、PCR検査など徹底した感染対策を講じた上で、民間の支援団体と協力しながらしっかりと準備を進めていくべきであると考えております。  以上のようなことから、この補正予算は真に必要なものであると認められますので、賛成するものであります。以上、私の賛成討論とさせていただきます。 ○議長廣瀬 榮君) ほかに討論はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) 討論なしと認めます。  討論を終結いたします。  採決いたします。  議案第34号について、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。                  〔賛成者起立〕 ○議長廣瀬 榮君) 起立多数であります。よって、議案第34号は、原案のとおり可決されました。  換気のため暫時休憩といたします。再開は10時55分といたします。                 午前10時44分 休憩           ─────────────────────                 午前10時55分 再開議長廣瀬 榮君) 休憩前に戻り会議を開きます。  ここで申し上げます。休憩中に程塚裕行君より意見書第1号 安全・安心医療介護実現国民いのちと健康を守るための意見書(案)についてが提出されました。  この際お諮りいたします。  日程第7を1つ繰り下げ、意見書第1号を日程第7とし、本日の議題に加えたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、日程第7を1つ繰り下げ、意見書第1号を日程第7とし、本日の議題に加えることに決しました。  印刷物配付のため、暫時休憩いたします。そのままお待ちください。                 午前10時56分 休憩           ─────────────────────                 午前10時58分 再開議長廣瀬 榮君) 休憩前に戻り会議を開きます。           ─────────────────────  【日程第7】 意見書第1号 ○議長廣瀬 榮君) 日程第7 意見書第1号 安全・安心医療介護実現国民いのちと健康を守るための意見書(案)についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。10番 程塚裕行君、登壇願います。                〔10番 程塚裕行君登壇〕 ○10番(程塚裕行君) それでは、意見書第1号につきまして、詳細は朗読に代えさせていただきます。  意見書第1号     安全・安心医療介護実現国民いのちと健康を守るための意見書(案)について  上記について、下妻議会会議規則(昭和42年下妻議会規則第1号)第14条の規定により、別紙のとおり提出します。  令和3年6月16日                         提出者 下妻市議会議員 程 塚 裕 行                         賛成者 下妻市議会議員 岡 田 正 美                          同     同    木 村 穂 摘                          同     同    鈴 木   牧                          同     同    原 部   司                          同     同    須 藤 豊 次  下妻市議会議長  廣 瀬   榮 殿    安全・安心医療介護実現国民いのちと健康を守るための意見書(案)  2020年の新型コロナウイルスによるパンデミック(感染爆発)は、日本国内でも大きな影響を広げました。経済活動国民生活にも深刻な影響を及ぼすと共に、「医療崩壊」などが取りざたされ、国民いのちと健康が脅かされる事態が広がりました。この感染症対応の経験から明らかになったことは、感染症病床や集中治療室の大幅な不足や、それらを中心的に担っている公立・公的病院の重要性、医師・看護師・介護職員の人員不足、保健所の不足問題などです。これらの諸問題の背景には、90年代後半から続いてきた医療介護・福祉など社会保障費の抑制策や公衆衛生施策の縮減があります。  21世紀に入り、わずか20年の間に、SARS、新型インフルエンザ、MERS、そして今回の新型コロナウイルスと、新たなウイルス感染とのたたかいは短い間隔で求められ、今後も新たなウイルス感染への対応が必要になることは明らかです。  新型コロナウイルス感染対策の教訓を経て、国民いのちと健康、暮らしを守るためにも、そして新たなウイルス感染自然災害などの事態の際に経済活動への影響を最小限に抑え込むためにも、医療介護・福祉、そして公衆衛生施策の拡充は喫緊の課題です。  私たちは、国民安心して暮らせる社会実現のために、下記の事項を要請します。                     記  1. 今後も発生が予想される新たな感染症拡大などの事態にも対応できるよう、医療介護、福祉に十分な財源確保を行うこと。  2. 公立公的病院の統合再編や地域医療構想を見直し、地域の声を踏まえた医療体制の充実を図ること。  3. 安全・安心医療介護提供体制を確保するため、医師・看護師・医療技術職・介護職等を大幅に増員すること。  4. 保健所の増設・保健師等の増員など公衆衛生行政の拡充を図ること。ウイルス研究、検査・検疫体制などを強化・拡充すること。  5. 社会保障に関わる国民負担軽減を図ること。   以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  令和3年6月16日                                       下妻議会 (提出先) 内閣総理大臣  菅   義 偉 殿 厚生労働大臣  田 村 憲 久 殿 財務大臣    麻 生 太 郎 殿 総務大臣    武 田 良 太 殿
     以上であります。 ○議長廣瀬 榮君) 以上で提案理由の説明を終わります。  これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) 質疑なしと認めます。  質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております意見書第1号については、下妻議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、意見書第1号については、委員会付託を省略することに決しました。  続いて、討論採決を行います。  討論はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) 討論なしと認めます。  討論を終結いたします。  採決いたします。  意見書第1号について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、意見書第1号は、原案のとおり可決されました。           ─────────────────────  【日程第8】 閉会中の継続審査申出の件 ○議長廣瀬 榮君) 日程第8 閉会中の継続審査申出の件を議題といたします。  請願受理番号第3号 新型コロナ禍による米危機の改善を求める請願については、経済建設委員長から、下妻議会会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査申出がありました。  お諮りいたします。  経済建設委員長からの申出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、請願受理番号第3号は、経済建設委員長からの申出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。           ─────────────────────  【日程第9】 閉会中の所管事務調査申出の件 ○議長廣瀬 榮君) 日程第9 閉会中の所管事務調査申出の件を議題といたします。  議会運営委員長及び各常任委員長から、下妻議会会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の所管事務調査申出があります。  お諮りいたします。  議会運営委員長及び各常任委員長からの申出のとおり、閉会中の所管事務調査に付することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長廣瀬 榮君) ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員長及び各常任委員長からの申出のとおり、閉会中の所管事務調査に付することに決しました。  これで今期定例会日程は全部終了いたしました。  ここで執行部より発言を求められておりますので、これを許します。菊池市長、登壇願います。                〔市長 菊池 博君登壇〕 ○市長(菊池 博君) 議長から発言の許可を得ましたので、定例会閉会に当たりましてご挨拶を申し上げます。  今期定例会には、議案4件を提出したところ、慎重審議の上、全て原案のとおり可決いただき、誠にありがとうございます。また、報告いたしました専決処分につきましてもご承認をいただき、重ねて御礼申し上げます。  初めに、本市における新型コロナウイルスワクチン接種の実績についてご報告いたします。  6月14日現在、医療従事者等のほとんどの方が2回の接種を終了しております。また、65歳以上の高齢者の接種状況ですが、集団接種、個別接種において1回目の接種が終了している方は合計で7,326人、2回目終了者は2,192人となっております。また、6月15日までに1回でも予約が取れている方や接種が終了している方は9,657人で、65歳以上の全高齢者の人口の約80%に相当します。このことから、7月末までに接種を希望する高齢者への接種をおおむね完了する見込みが立ったと考えております。  そこで、5月の月例会においてご説明したとおり、市特別職へのワクチン接種を実施いたします。私の接種日は、明日6月17日、副市長が6月23日に実施いたします。教育長においては、既にご自身で予約を取られていた日程で接種を進めております。6月30日には2回目の接種が完了するとのことです。  このように順調にワクチン接種が進んでいることは、議員各位のご理解をはじめ、真壁医師会、市内医療機関の先生方、医療従事者の皆様など、この事業に携わる全ての関係者の皆様のご尽力があってのことと深く感謝いたします。  今後も多くの方のご支援をいただきながら、市民へのワクチン接種をスピード感を持って進めてまいりたいと考えておりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。  続きまして、新型コロナウイルスワクチン接種に関連する専決処分に関するお願いでございます。  現在、国において、7月末までに高齢者の接種完了を目指した新型コロナウイルスワクチン接種促進に伴う体制強化のほか、医療機関における個別接種促進のための新たな財政支援措置が公表されております。また、新型コロナウイルスの長期化に伴い、一定の要件を満たす生活困窮世帯に対する新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金など、さらに必要な事業が実施される予定であります。これらのことから、事業の速やかな実施に当たり、特に緊急を要し、議会を招集する時間的余裕がないときは、補正予算など、議会の議決すべき事件について専決処分により対応させていただきたいと考えておりますので、ご了承賜りますようお願い申し上げます。  次に、間もなく開幕する東京オリンピック・パラリンピックについてでありますが、本市もブルンジ共和国のホストタウンとして受入れ態勢を整えてまいります。オリンピックは7月23日から開催となりますが、ブルンジ選手団の事前キャンプ地として、7月17日から8月2日の17日間、また、パラリンピックについては、8月24日からの開催に向けて、8月14日から8月23日までの10日間の日程で、ビアスパークしもつまを宿泊場所として受け入れてまいります。選手団を受け入れる際には、安心・安全な環境を整えてお迎えしたいと考えております。また、本大会を終えた選手との事後交流につきましては、茶道などの伝統文化体験や筑波サーキット見学などを予定しておりますが、今後の新型コロナウイルス感染症の状況や選手等への影響を慎重に判断しながら進めてまいりたいと考えております。  最後になりましたが、さきの議長選挙において、廣瀬 榮議員が新議長に就任されました。健康にご留意されまして、ご活躍いただきますことを執行部を代表してご期待申し上げますとともに、今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、私からのご挨拶といたします。以上です。 ○議長廣瀬 榮君) 以上で執行部の発言を終わります。           ─────────────────────  閉会宣告 ○議長廣瀬 榮君) これにて令和3年第2回下妻議会定例会を閉会いたします。  長期間にわたり、大変お疲れさまでした。                 午前11時14分 閉会           ─────────────────────   会議署名人    下妻議会 議  長   廣 瀬   榮          副議長    小 竹   薫          署名議員   塚 越   節          同      程 塚 裕 行...