下妻市議会 > 2018-12-20 >
平成30年 第4回定例会(第5日12月20日)

ツイート シェア
  1. 下妻市議会 2018-12-20
    平成30年 第4回定例会(第5日12月20日)


    取得元: 下妻市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-20
    平成30年 第4回定例会(第5日12月20日)               平成30年第4回下妻市議会定例会会議録(第5号)          ────────────────────────────────               平成30年12月20日(木曜日)午前10時01分開会   平成30年12月20日(木)午前10時 第1  会議録署名議員の指名 第2  議案第52号     (委員長報告、質疑、討論、採決) 第3  議案第53号ないし議案第55号     (討論、採決) 第4  議案第56号     (討論、採決) 第5  決議第2号 下妻市新庁舎の建設に関する決議(案)     (上程、説明、質疑、討論、採決) 第6  砂沼西部周辺開発に関する調査の件 第7  議員派遣の件 第8  閉会中の継続審査の申出の件     (請願受理番号第1号) 第9  閉会中の所管事務調査の申出の件
              ───────────────────── 本日の会議に付した案件  〇日程第1 会議録署名議員の指名  〇日程第2 議案第52号        (委員長報告、質疑、討論、採決)  〇日程第3 議案第53号ないし議案第55号        (討論、採決)  〇日程第4 議案第56号        (討論、採決)  〇日程第5 決議第2号 下妻市新庁舎の建設に関する決議(案)        (上程、説明、質疑、討論、採決)  〇日程第6 砂沼西部周辺開発に関する調査の件  〇日程第7 議員派遣の件  〇日程第8 閉会中の継続審査の申出の件        (請願受理番号第1号)  〇日程第9 閉会中の所管事務調査の申出の件           ───────────────────── 出 席 議 員(20名)  1番 宇 梶 浩 太 君             11番 原 部   司 君  2番 矢 島 博 明 君             12番 須 藤 豊 次 君  3番 岡 田 正 美 君             13番 柴   孝 光 君  4番 塚 越   節 君             14番 中 山 政 博 君  5番 平 間 三 男 君             15番 山 中 祐 子 君  6番 程 塚 裕 行 君             16番 増 田 省 吾 君  7番 斯 波 元 気 君             17番 田 中 昭 一 君  8番 小 竹   薫 君             18番 平 井   誠 君  9番 松 田 利 勝 君             19番 山 﨑 洋 明 君 10番 廣 瀬   榮 君             20番 篠 島 昌 之 君           ───────────────────── 欠 席 議 員(0名)           ───────────────────── 説明のため出席した者  市長        菊 池   博 君   建設部長     神 郡 健 夫 君  副市長       野 中 周 一 君   教育部長     高 橋 浩 之 君  教育長       横 瀬 晴 夫 君   秘書課長     倉 持 総 男 君  市長公室長兼市民協働課長          企画課長     渡 辺   尚 君            大 月 義 男 君  総務部長      飯 塚 誠 一 君   総務課長     飯 田 博 之 君  市民部長      杉 山 照 夫 君   財政課長     塚 田   篤 君  保健福祉部長兼福祉事務所長         会計管理者会計課長            折 原 嘉 行 君            塚 越   剛 君  経済部長      鈴 木 伸 一 君   農業委員会事務局長                                 坂 井 寿 夫 君           ───────────────────── 会 議 書 記  議会事務局長    飯 村 孝 夫 君   主幹       大 野 久美子 君  議会事務局長補佐兼議事係長         主事       草 間 直 哉 君            小 島 英 之 君           ─────────────────────                 午前10時01分 開会 ○議長(原部 司君) おはようございます。  前回に引き続き会議を開きます。           ─────────────────────  出席議員及び欠席議員の報告、開会宣告 ○議長(原部 司君) ただいまの出席議員は20人であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。  これより本日の会議を開きます。           ─────────────────────  議会に出席を求めた者の報告 ○議長(原部 司君) 地方自治法第121条の規定により、議長において出席を求めた者は、前回のとおりであります。  会議書記についても、前回のとおりであります。           ─────────────────────  議事日程の報告 ○議長(原部 司君) 本日の日程は、印刷物をもって配付の日程表のとおりであります。           ─────────────────────  【日程第1】 会議録署名議員の指名 ○議長(原部 司君) これより本日の日程に入ります。  日程第1 会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、議長において、   18番 平井 誠君   19番 山﨑洋明君  以上2人を指名いたします。           ─────────────────────  【日程第2】 議案第52号 ○議長(原部 司君) 日程第2 議案第52号 公の施設(ビアスパークしもつま)の指定管理者の指定について、以上1件を議題といたします。  この議案については、関係常任委員会において審査されておりますので、ご報告願います。経済建設委員長 山中祐子君、登壇願います。             〔経済建設委員長 山中祐子君登壇〕 ○経済建設委員長(山中祐子君) 皆様、おはようございます。  経済建設委員会に付託されました案件の審査経過並びに結果についてご報告申し上げます。  当委員会に付託されました案件は、議案1件及び請願1件であります。  審査につきましては、去る12月12日水曜日午後2時から、市役所本庁舎中会議室におきまして、全委員出席のもと、執行部より菊池市長を初め、鈴木経済部長、神郡建設部長、飯田総務課長、倉持商工観光課長、飯塚振興係長の出席を求め、また、議案第52号については、現地調査を行って慎重に審査をいたしました。以下、ご報告申し上げます。  初めに、議案第52号 公の施設(ビアスパークしもつま)の指定管理者の指定についてであります。  本案は、平成31年3月31日で指定管理者の指定期間が終了することに伴い、株式会社クリーン工房を指定管理者として指定するものであります。  審査の中で、議案の提出を資料なしの紙1枚で判断するようにとのことかとの質疑に対し、配慮が足りなかったことに対してはおわびを申し上げますとの答弁がありました。  また、株式会社クリーン工房を指定管理者として選定した理由はとの質疑に対し、運営方針、サービス向上等の施設運営計画や、蓄積した管理運営技術、専門的知識を活用することにより施設の設置目的を効率的かつ効果的に達成することができると判断し、休園中のふれあい体験農園の再開や本市の食と農と健康の提供を基本とした事業等の提案内容から、地域と連携した事業の推進など、適切に管理運営ができるものとして総合的に判断したとの答弁がありました。  また、株式会社ふれあい下妻が申請しなかった理由はとの質疑に対し、取締役会において協議した結果、指定管理料年間1,000万円では受けられないと判断したとの答弁がありました。  また、指定管理料を年間1,000万円とした基準はあるのかとの質疑に対し、指定管理者が行う30万円未満の修繕費の3年間の平均が年間約700万円、それに敷地内の除草作業に従事している従業員2名分の人件費を合わせて約1,000万円となることから、その金額を換算して、指定管理料として見込んだ額であるとの答弁がありました。  また、現在休園しているふれあい体験農園について、事業計画書の中では再開すると明記してあるが、具体的な計画はあるのかとの質疑に対し、ふれあい体験農園の利活用については、地元の若手農業団体と連携し、収穫体験等を含めて農園を再開する予定があるとの答弁がありました。  また、現在指定管理業務に携わっている従業員の継続雇用をすることについて、株式会社クリーン工房はどう考えているのかとの質疑に対し、執行部より、基本的には継続雇用であり、一人一人面接をして雇用条件等を確認していくとのことであるとの答弁がありました。  また、最終的に判断したのは市長であるが、この件についてどのように考えているかとの質疑に対し、この企業からは、ビアスパークしもつまに対する熱意が伝わってくる。ビアスパークしもつまを立て直すことを大いに期待しております。また、経営基盤が安定している企業であり、数多くの指定管理を請け負い、ノウハウを有していることから、今までの赤字経営を解消できると確信して、株式会社クリーン工房に任せたいとの答弁がありました。  種々検討した結果、全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、請願受理番号第1号 主要農作物種子法の復活等をもとめる請願でありますが、さらに慎重に審査を行うため、継続審査の申出書を議長に提出した次第であります。  以上で当委員会に付託されました案件の審査経過並びに結果について報告を終わります。よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(原部 司君) 以上で山中祐子経済建設委員長の報告を終わります。  経済建設委員長に対する質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(原部 司君) 質疑なしと認めます。  以上で常任委員長の報告及び質疑を終わります。  これより討論、採決に入ります。  議案第52号 公の施設(ビアスパークしもつま)の指定管理者の指定について、本件については討論の通告がありますので、発言を許します。12番 須藤豊次君、登壇願います。                〔12番 須藤豊次君登壇〕 ○12番(須藤豊次君) 改めまして、おはようございます。  私は、議案第52号 公の施設(ビアスパークしもつま)の指定管理者の指定について、反対の立場で討論をいたします。議案に反対する討論は初めてかと思います。  議案第52号については、議案書配付時に企業名と住所の記載しかなく、議会開催日に議員控室に会社案内などの資料が置かれただけで、議案説明でも詳細説明はありませんでした。委員長報告の中で、委員会には申しわけないとありましたが、私ども、ほかの議員には何ら話はございません。  指定管理者公募の募集要項には、管理運営を行うに当たっての条件が明示されております。4つありますが、1つは、従業員の雇用について、本市に居住する住民に配慮すること。2つ目が、現在の従業員については、継続雇用することに配慮すること。3つ目は、仕入れについては、可能な限り市内業者とすること。4つ目は、業務を第三者に委託する場合は、可能な限り市内の業者から選定すること。条件は明示してありますが、いずれも配慮するや可能な限りとあり、これでは今後も現在の従業員や取引先が継続されるとは思いません。  また、指定管理業務仕様書には、水害で被災した農産物直売所や農園管理運営について記載はありますが、企業からの提出の事業計画には、どのような計画かわかりません。12日に行われました経済建設委員会の会議録を読みましたが、株式会社ふれあい下妻の取締役会を開いて株式会社クリーン工房を承認したと報告があったようでありますが、株式会社ふれあい下妻は、下妻市から来年3月末で指定管理を打ち切られる会社です。その会社が次の指定管理者を承認する。考えてみてください。そして、株式会社ふれあい下妻には、ビアスパークにふれあい下妻の資産があります。一般会計を入れて購入した資産もあります。厨房や冷蔵庫やレジや車両等、公共財がどのようになるのかわからない状況です。  1月にビアスパークの従業員の面接があるやに聞いておりますが、今、社員はどういう思いで過ごしているでしょうか。今回の従業員の対象は、ビアスパークの従業員です。しかし、株式会社ふれあい下妻の従業員です。道の駅の従業員と同じです。たまたまビアスパークに配属になっていた人だけが対象と思います。市長は経済建設委員会の答弁で、今回の民間企業は単年度の利益が4億円もあり、例えば1億円の赤字を出したとしても、吸収できます。この企業の内容はものすごくいいですと言っています。また、委員会の中で不安材料はありますかと聞かれ、人の面、雇用面が不安であると言っています。株式会社ふれあい下妻の社長なら、少なくても自分の会社の従業員の継続雇用について、指定管理者の決定前に半年や1年くらいの継続をしてもらうよう相手にお願いし、不安を解消して臨むべきではないでしょうか。  以上のようなことから、私の総合判断で、議案第52号の反対討論といたします。 ○議長(原部 司君) 次に、6番 程塚裕行君、登壇願います。                〔6番 程塚裕行君登壇〕 ○6番(程塚裕行君) 私は、議案第52号 公の施設(ビアスパークしもつま)の指定管理者の指定について、賛成の立場で討論いたします。  本案は、ビアスパークしもつまの指定管理者をさいたま市の株式会社クリーン工房とし、指定期間を平成31年4月1日から平成36年3月31日までとするものです。主な目的は、市民を初めとする利用者へのさらなるサービスの向上を図り、施設への集客を図ること、指定管理料をこれまでの年額6,000万円から1,000万円とし、市の財政負担の軽減を図ることなどです。今回の指定管理者として指定するクリーン工房は、さいたま市桜環境センター、加須市健康ふれあいセンター、熊谷市健康スポーツセンターなど関東圏や関西の20の施設に係る指定管理業務及びPFI事業、国立病院渋川医療センター、東京赤十字血液センター、西東京市保谷庁舎などの総合ビルメンテナンス事業、関東財務局さいたま新都心合同庁舎、神戸大学医学部附属病院などの清掃事業などの展開をしております。さらに宿泊施設の維持管理実績としては、ウエスティンホテル東京、東京プリンスホテルパークタワーなどの実績も豊富にあります。平成29年度の売上額は95億円、自己資本比率は約65%であり、財務体質は極めて良好です。また、道の駅うつのみや・ろまんちっく村を運営する株式会社ファーマーズフォレストは、クリーン工房を含む3社の出資による企業です。  事業計画書に基づくクリーン工房の提案は、地域に愛され、全ての市民に親しまれる施設の実現を目指し、にぎわいと活気を目指すことを運営の理念とし、利用者への安心・安全、快適なサービスの提供、まちづくりへの貢献を使命と考え、利益の追求のみではなく、地域の還元を生み出すことを中心に行動するものとしています。  クリーン工房の実績、提案された運営方針から、より有効に管理運営ができるものと考えます。ビアスパークしもつまの再建のため、長年にわたる赤字体質を改善し、施設の有効活用を推進するには、株式会社クリーン工房を指定管理者とするべきです。今後の本施設の大いなる発展を期待し、賛成討論といたします。 ○議長(原部 司君) 次に、18番 平井 誠君、登壇願います。                〔18番 平井 誠君登壇〕 ○18番(平井 誠君) 議案第52号 公の施設(ビアスパークしもつま)の指定管理者の指定について、私は反対いたします。  これまで第三セクターの株式会社ふれあい下妻が公の施設の道の駅しもつまとビアスパークしもつまの2カ所の指定管理者でしたが、当議案では、株式会社クリーン工房がビアスパークしもつまの指定管理者となります。このことは、株式会社ふれあい下妻にとっても下妻市民にとっても重大な変更となるわけですが、これまで当局からの市議会や関係者への事前説明は不十分だったと思います。  さらに、ビアスパークしもつまで働いてきた従業員、つまり株式会社ふれあい下妻の従業員の今後について、仕事の確保や退職後の補償など不明な点や確約されていない点が多いです。  以上の理由により、私は議案第52号には反対いたします。  以上です。 ○議長(原部 司君) ほかに討論はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。  採決いたします。  議案第52号について、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。                  〔賛成者起立〕 ○議長(原部 司君) 起立多数であります。よって、議案第52号は、原案のとおり可決されました。           ─────────────────────  【日程第3】 議案第53号ないし議案第55号 ○議長(原部 司君) 日程第3 議案第53号 平成30年度下妻市一般会計補正予算(第3号)についてないし議案第55号 平成30年度下妻市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、以上3件を一括議題といたします。  この際、お諮りいたします。議案第53号ないし議案第55号、以上3件に関する委員長報告は、下妻市議会会議規則第39条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告は、省略することに決しました。  これより討論、採決に入ります。  議案第53号 平成30年度下妻市一般会計補正予算(第3号)についてないし議案第55号 平成30年度下妻市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、以上3件については、討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。 ○18番(平井 誠君) 議長、私は退席します。 ○議長(原部 司君) はい、許します。  暫時休憩いたします。                 午前10時24分 休憩           ─────────────────────                 午前10時24分 再開 ○議長(原部 司君) それでは、引き続き会議を開きます。  議案第53号ないし議案第55号について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、議案第53号ないし議案第55号は、原案のとおり可決されました。           ─────────────────────  【日程第4】 議案第56号 ○議長(原部 司君) 日程第4 議案第56号 下妻市教育委員会委員の任命についてを議題といたします。  これより討論、採決に入ります。  本件については、討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。  議案第56号について、これに同意することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、議案第56号は、これに同意することに決しました。           ─────────────────────  【日程第5】 決議第2号 ○議長(原部 司君) 日程第5 決議第2号 下妻市新庁舎の建設に関する決議(案)についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。12番 須藤豊次君、登壇願います。                〔12番 須藤豊次君登壇〕 ○12番(須藤豊次君)             下妻市新庁舎の建設に関する決議(案) 会議規則第14条第2項の規定により、下妻市新庁舎の建設に関する決議(案)を別紙のとおり提出いたします。  平成30年12月20日提出                        提出者 庁舎等建設に関する調査特別委員会                            委員長 須 藤 豊 次  下妻市議会議長  原 部   司 殿  案文の朗読をもって説明にかえさせていただきます。             下妻市新庁舎の建設に関する決議(案)  本市の新庁舎建設については、現在、市当局において庁舎建設推進本部会議、有識者等による下妻市庁舎建設検討市民会議で議論されている。  また、本市議会においても同時並行的に庁舎等建設に関する調査特別委員会を設置し、新庁舎建設について調査・研究を行っているところである。  そのような中、第7回庁舎等建設に関する調査特別委員会では、委員から、「誰もがわかりやすく、利用し易い庁舎、市の費用負担が少なく機能的な庁舎、環境に優しい庁舎、ライフサイクルコストのかからない庁舎」等、新庁舎整備についての意見があり、それらの意見について協議した結果、以下のとおり決定した。  以上のことを踏まえ、下妻市は下記の事項を今後の新庁舎建設に反映させること。                     記 1 財政負担の少ないコンパクトでシンプルな庁舎とすること。 1 市民誰もが便利に利用しやすいようバリアフリー化を含めたユニバーサルデザインを考慮した庁舎とすること。 1 省エネルギー化や環境に配慮し、維持管理コストの低減が図られる経済性に優れた庁舎とすること。  以上、ここに決議する。  平成30年12月20日                                       下妻市議会  以上であります。 ○議長(原部 司君) 以上で提案理由の説明を終わります。  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。  続いて討論、採決を行います。討論はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。
     採決いたします。  決議第2号について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、決議第2号は、原案のとおり可決されました。           ─────────────────────  【日程第6】 砂沼西部周辺開発に関する調査の件 ○議長(原部 司君) 日程第6 砂沼西部周辺開発に関する調査の件を議題といたします。  この際、お諮りいたします。本件については、お手元配付の要旨により、議長を除く議員全員を委員とする砂沼西部周辺開発に関する調査特別委員会を設置し、これに付託の上、調査することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、ただいまのとおり決しました。  さらにお諮りいたします。調査期間につきましては、調査が終了するまでといたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、調査期間につきましては、調査が終了するまでとすることに決しました。           ─────────────────────  【日程第7】 議員派遣の件 ○議長(原部 司君) 日程第7 議員派遣の件を議題といたします。  茨城県市議会議長会平成30年度第2回議員研修会に、お手元に配付をいたしました文書のとおり議員を派遣いたしたいと思います。  お諮りいたします。茨城県市議会議長会平成30年度第2回議員研修会に議員を派遣することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、茨城県市議会議長会平成30年度第2回議員研修会に議員を派遣することに決しました。           ─────────────────────  【日程第8】 閉会中の継続審査の申出の件 ○議長(原部 司君) 日程第8 閉会中の継続審査の申出の件を議題といたします。  請願受理番号第1号 主要農作物種子法の復活等をもとめる請願、以上1件については、経済建設委員長から、下妻市議会会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。  お諮りいたします。経済建設委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、請願受理番号第1号は、経済建設委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。           ─────────────────────  【日程第9】 閉会中の所管事務調査の申出の件 ○議長(原部 司君) 日程第9 閉会中の所管事務調査の申出の件を議題といたします。  議会運営委員長及び各常任委員長から、下妻市議会会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の所管事務調査の申し出がありました。  お諮りいたします。議会運営委員長及び各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の所管事務調査に付することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員長及び各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の所管事務調査に付することに決しました。  以上で今期定例会の日程は全部終了いたしました。           ─────────────────────  閉会宣告 ○議長(原部 司君) これにて平成30年第4回下妻市議会定例会を閉会いたします。  長期間にわたり大変お疲れさまでした。                 午前10時34分 閉会           ─────────────────────   会議録署名人    下妻市議会 議  長   原 部   司          署名議員   平 井   誠          同      山 﨑 洋 明...