ツイート シェア
  1. 日立市議会 2019-09-25
    令和元年第3回定例会(第5日目) 本文 開催日:2019-09-25


    取得元: 日立市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-12-18
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                   午後 1時00分開議 ◯議長(茅根茂彦君) 御苦労さまでございます。  御報告いたします。  ただいま出席議員は27名であります。  これより本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、お手元に配布してあります議事日程第5号のとおりであります。  これより議事に入ります。   ───────────────────────────────────────────    日程第1 議案第85号について 2 ◯議長(茅根茂彦君) 日程第1 議案第85号についてを議題といたします。  ただいま議題といたしました議案の説明、質疑は既に終了しておりますので、討論に入りますが、討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。  なお、採決は電子採決システムにより行います。  お諮りいたします。日立市教育委員会委員として上村由美氏を任命することに同意する諸君は賛成ボタンを、反対の諸君は反対ボタンを押してください。  それでは、採決を開始いたします。                 〔賛成・反対ボタンにより表決〕
    3 ◯議長(茅根茂彦君) 押し忘れはございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 4 ◯議長(茅根茂彦君) なしと認め、これをもって採決を確定いたします。  賛成全員であります。よって、議案第85号は市長提案のとおり同意することに決しました。   ───────────────────────────────────────────    日程第2 議案第52号から議案第84号までについて 5 ◯議長(茅根茂彦君) 日程第2 議案第52号から議案第84号までについてを一括して議題といたします。  委員会に付託中のこれら一括議題に対する委員会での審査の経過及びその結果の報告を各委員長に求めます。  初めに、白石総務産業委員長に報告を求めます。 6                                       令和元年9月25日  日立市議会議長  茅 根 茂 彦 殿                               総務産業委員長  白 石   敦                 総務産業委員会議案審査報告書  本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報 告します。                        記 ┌──────┬───────────────────────┬─────┬─────────┐ │事件の番号 │      件        名       │議決の結果│ 摘     要 │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第52号│令和元年度日立市一般会計補正予算(第2号)中 │原案可決 │         │ │      │ 第1条(歳入歳出予算の補正)第1項     │     │         │ │      │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予算補正」の│     │         │ │      │ うち                    │     │         │ │      │  歳 入 全 款              │     │         │ │      │  歳 出 第2款 総務費の所管部分     │     │         │ │      │      第4款 衛生費          │     │         │ │      │      第7款 商工費          │     │         │ │      │      第9款 消防費の所管部分     │     │         │ │      │ 第3条(債務負担行為の補正)の所管部分   │     │         │ │      │ 第4条(地方債の補正)           │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第59号│日立市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の│原案可決 │         │ │      │一部を改正する条例の制定について       │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第60号│職員の分限に関する手続及び効果に関する条例等の│原案可決 │         │ │      │一部を改正する条例の制定について       │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第61号│日立市消防団条例の一部を改正する条例の制定につ│原案可決 │         │ │      │いて                     │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第63号│日立市印鑑条例の一部を改正する条例の制定につい│原案可決 │         │ │      │て                      │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第68号│日立市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の│原案可決 │         │ │      │一部を改正する条例の制定について       │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第75号│南部地区消防庁舎整備事業建築工事の請負契約の変│原案可決 │         │ │      │更について                  │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第76号│南部地区消防庁舎整備事業電気設備工事の請負契約│原案可決 │         │ │      │の変更について                │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第77号│南部地区消防庁舎整備事業機械設備工事の請負契約│原案可決 │         │ │      │の変更について                │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第82号│損害賠償の額を定めることについて       │原案可決 │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第83号│日立市屋内型子どもの遊び場指定管理者の指定に│原案可決 │         │ │      │ついて                    │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第84号│消費税及び地方消費税税率の引上げに伴う関係条│原案可決 │         │ │      │例の整理に関する条例の制定についての所管部分 │     │         │ └──────┴───────────────────────┴─────┴─────────┘ ◯総務産業委員長(白石 敦君) ◇登壇◇ 総務産業委員長の白石 敦です。  御報告いたします。  本委員会に付託されました議案は、予算関係議案1件、条例関係議案6件、契約関係議案3件、その他の議案2件の計12件であります。9月18日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしました。その結果は、お手元の報告書のとおりでありますが、以下、審査の概要について申し上げます。  初めに、議案第52号、令和元年度一般会計補正予算の所管部分についてであります。今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1億7,700万円余の追加を行うものであります。  まず、歳入の主な内容について申し上げます。国庫支出金では、生活保護法の改正に伴い、レセプトデータを用いて生活保護受給者の健康課題を分析するため及び生活保護システムを改修するための経費に対する補助として、生活困窮者就労準備支援事業費等補助500万円余を計上するほか、常陸多賀駅周辺地区整備計画の策定経費に対する補助として、官民連携による地域活性化のための基盤整備推進支援調査費補助800万円余を計上するなどであります。  また、県支出金では、在宅医療サービスの取組拡充のため、訪問看護事業所が在宅診療等で使用する自動車購入に対する補助の財源として、茨城型地域包括ケアシステム推進基盤整備事業費補助100万円余を計上するほか、教育振興事業に対する寄附金の受入れや今回の補正による財源を整理するため、財政調整基金繰入金及び市債償還基金繰入金をそれぞれ減額するなどであります。  次に、所管する歳出の主な内容について申し上げます。昭和56年以前の旧耐震基準建設された南部支所及び西部支所庁舎の耐震診断を実施するため、庁舎等運営経費1,200万円余を増額するほか、11月4日に実施予定の原子力災害を想定した広域避難訓練に必要な経費として、原子力安全対策事業費150万円余の増額、さらには、さびによる腐食が著しく、ほかに利用することが困難な旧公設地方卸売市場の水産棟及び守衛所を解体撤去し、樹木伐採などを含め市場内の整備を進めるため、市場施設管理経費6,700万円余を増額するなどであります。  審査の中で委員からは、街なかマイクロクリエイションオフィス「ひたちたが」への入居者支援補助を増額する創業支援事業費について、「これはとてもよい取組なので、日立駅周辺の空き店舗等の活用も考えながら事業を進めてほしい。」との意見や、「日立創業支援ネットワークと連携して、既存の産業も結び付けた若手起業家の育成を進めるとともに、雇用の創出にもつながるような取組を展開してほしい。」との意見などが出されました。採決の結果は、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第59号、日立市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、盗難及び放置自転車の未然防止策として、防犯カメラ等を備えた管理型の自転車駐車場を新たに大甕駅前に設置するため、本条例を制定するものであります。採決の結果、賛成多数をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第60号、職員の分限に関する手続及び効果に関する条例等の一部を改正する条例の制定について及び議案第61号、日立市消防団条例の一部を改正する条例の制定については、いずれも成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための改正であります。  議案第60号は、地方公務員法の改正に伴い、条項番号等を整理するため、また、議案第61号については、消防団員欠格条項から「成年被後見人又は被保佐人」を削除するために、それぞれの条例を制定するものであり、採決の結果、いずれの議案も全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第63号、日立市印鑑条例の一部を改正する条例の制定については、住民票に旧氏の記載がある場合、印鑑登録原票に登録する事項に当該旧氏を加えるなどのため、本条例を制定するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第68号、日立市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、日立市消防本部南部消防署の新設に伴い、多賀消防署の管轄区域を改める等のため、本条例を制定するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、契約関係議案、すなわち、議案第75号、南部地区消防庁舎整備事業建築工事の請負契約の変更について、議案第76号、南部地区消防庁舎整備事業電気設備工事の請負契約の変更について及び議案第77号、南部地区消防庁舎整備事業機械設備工事の請負契約の変更について、以上3件の議案は、南部地区消防庁舎整備事業に係る各種工事の請負契約の変更についてであります。内容は、水防倉庫兼放水訓練棟の計画位置の変更に伴い、それぞれの工事において契約金額等を変更するものであり、採決の結果、いずれの議案も全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第82号、損害賠償の額を定めることについては、個人情報の漏えいによる損害賠償の額を定めるものであります。審査の中で委員からは、「今後は、このようなことが二度と起きないよう、再発防止に万全を期されたい。」との意見が出されました。採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第83号、日立市屋内型子どもの遊び場指定管理者の指定については、本年10月1日から令和7年3月31日までの5年6箇月を指定期間として、施設の管理者に特定非営利活動法人子ども大学常陸を指定するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第84号、消費税及び地方消費税税率の引上げに伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての所管部分は、消費税及び地方消費税税率の引上げに伴い、関係条例に規定する使用料の額等を改めるため、本条例を制定するものであり、採決の結果、賛成多数をもって原案を可決すべきものと決しました。  以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対しまして、各位の御賛成をお願い申し上げます。 7 ◯議長(茅根茂彦君) 次に、吉田教育福祉委員長に報告を求めます。 8                                       令和元年9月25日  日立市議会議長  茅 根 茂 彦 殿                               教育福祉委員長  吉 田 修 一                 教育福祉委員会議案審査報告書  本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報 告します。                        記 ┌──────┬───────────────────────┬─────┬─────────┐
    事件の番号 │      件        名       │議決の結果│ 摘     要 │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第52号│令和元年度日立市一般会計補正予算(第2号)中 │原案可決 │         │ │      │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予算補正」の│     │         │ │      │ うち                    │     │         │ │      │  歳 出 第3款 民生費          │     │         │ │      │      第8款 土木費の所管部分     │     │         │ │      │ 第2条(債務負担行為の補正)の所管部分   │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第53号│令和元年度日立市国民健康保険事業特別会計補正予│原案可決 │         │ │      │算(第1号)                 │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第54号│令和元年度日立市介護保険事業特別会計補正予算 │原案可決 │         │ │      │(第1号)                  │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第55号│令和元年度日立市後期高齢者医療事業特別会計補正│原案可決 │         │ │      │予算(第1号)                │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第58号│日立市障害者共同生活援助施設の設置及び管理に関│原案可決 │         │ │      │する条例の制定について            │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第64号│日立市特定教育保育施設及び特定地域保育事業│原案可決 │         │ │      │の運営に関する基準を定める条例等の一部を改正す│     │         │ │      │る条例の制定について             │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第67号│日立市スポーツ広場の設置及び管理に関する条例の│原案可決 │         │ │      │一部を改正する条例の制定について       │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第69号│滑川団地建替事業建築(3工区)工事の請負契約の│原案可決 │         │ │      │締結について                 │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第70号│滑川団地建替事業建築(4工区)工事の請負契約の│原案可決 │         │ │      │締結について                 │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第71号│日高小学校校舎改築事業建築工事の請負契約締結│原案可決 │         │ │      │について                   │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第72号│日高小学校校舎改築事業電気設備工事の請負契約の│原案可決 │         │ │      │締結について                 │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第73号│日高小学校校舎改築事業機械設備工事の請負契約の│原案可決 │         │ │      │締結について                 │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第74号│小学校校舎・屋内運動場改築事業屋内運動場建築工│原案可決 │         │ │      │事の請負契約締結について          │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第84号│消費税及び地方消費税税率の引上げに伴う関係条│原案可決 │         │ │      │例の整理に関する条例の制定についての所管部分 │     │         │ └──────┴───────────────────────┴─────┴─────────┘ ◯教育福祉委員長(吉田修一君) ◇登壇◇ 教育福祉委員長の吉田修一です。  御報告いたします。  本委員会に付託されました議案は、予算関係議案4件、条例関係議案4件、契約関係議案6件の計14件であります。去る9月18日に委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その結果はお手元の報告書のとおりでありますが、以下、審査の概要を申し上げます。  初めに、議案第52号、令和元年度一般会計補正予算の所管部分についてであります。  補正の主な内容は、本年10月からの消費税地方消費税税率引上げに伴い限度額を追加する学校給食共同調理場調理等業務委託を始め、鳩が丘さくら福祉センターの敷地内に設置する障害者グループホームの管理委託や、福祉バスの更新に係る債務負担行為の追加のほか、訪問看護事業者が行う在宅診療などで使用する訪問用自動車の購入に対する補助、生活保護受給者の健康維持増進及び医療費適正化を目的として、医療扶助のレセプトデータを基に健康課題の分析や支援対象者の抽出を行うための経費の計上などであります。  今回の審査の中で、鳩が丘さくら福祉センター敷地内障害者グループホームの管理委託に係る債務負担行為の追加について、委員からは、「令和2年度からの施設の指定管理に係る人件費及び運営経費などを計上したとの説明であったが、今般、福祉施設全般において人材不足が慢性化している状況に加え、当施設による重度障害者の受入れも視野に、専門的な知識・資格を有する職員も求められている。施設利用者にきめ細かいサービスを提供できるように、必要となる人材の確保には万全を期してほしい。」との意見が出されました。  採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第53号、令和元年度国民健康保険事業特別会計補正予算については、前年度の決算で生じた繰越金を国民健康保険事業財政調整基金へ積み立てるものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第54号、令和元年度介護保険事業特別会計補正予算については、前年度の決算で生じた繰越金から前年度の給付費等の精算により超過交付となった国・県負担金、補助金等の償還金を差し引き、残額を介護保険給付費準備基金へ積み立てるものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第55号、令和元年度後期高齢者医療事業特別会計補正予算については、出納整理期間中に納入された前年度保険料を茨城県後期高齢者医療広域連合への保険料納付金として計上するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第58号、日立市障害者共同生活援助施設の設置及び管理に関する条例の制定については、鳩が丘さくら福祉センター敷地内における障害者グループホームの設置及び管理について、必要な事項を定めるものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第64号、日立市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例等の一部を改正する条例の制定については、本年10月からの幼児教育保育の無償化に伴い、認定こども園幼稚園及び保育園における給食の食材費について、施設ごとに実費で徴収することなどの関係規定を改めるものであり、採決の結果、賛成多数をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第67号、日立市スポーツ広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、本年9月に竣工した十王スポーツ広場剣道場の空調設備の使用料を定めるものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第69号、滑川団地建替事業建築(3工区)工事の請負契約締結について及び議案第70号、滑川団地建替事業建築(4工区)工事の請負契約締結について、以上2件の議案は、令和2年9月30日を完成の期限として、3工区については秋山・白土・益三特定建設工事共同企業体、4工区については岡部・多賀土木・茨城日鉱特定建設工事共同企業体とそれぞれ契約するものであり、採決の結果、いずれも全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第71号、日高小学校校舎改築事業建築工事の請負契約締結について、議案第72号、日高小学校校舎改築事業電気設備工事の請負契約締結について及び議案第73号、日高小学校校舎改築事業機械設備工事の請負契約締結について、以上3件の議案は、令和2年12月25日を完成の期限として、建築工事についてはりんかい日産・三秀・久下谷特定建設工事共同企業体、電気設備工事についてはイガラシ・戸祭・日立綜合防災特定建設工事共同企業体、機械設備工事については藤・日立管工・三ツ和特定建設工事共同企業体とそれぞれ契約するものであります。なお、審査の中で委員からは、「近年、各地において想定を超えた自然災害が多発していることから、不測の事態も十分に考慮した事業の適切な進捗管理と、児童、教職員及び事業者などの安全管理には万全を期してほしい。」との意見が出されました。採決の結果、いずれも全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第74号、久慈小学校校舎・屋内運動場改築事業屋内運動場建築工事の請負契約締結については、令和2年8月31日を完成の期限として、岡部・日立土木・久下谷特定建設工事共同企業体と契約するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第84号、消費税及び地方消費税税率の引上げに伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての所管部分については、消費税及び地方消費税税率の引上げに伴い、関係条例に規定する使用料の額等を改めるものであり、採決の結果、賛成多数をもって原案を可決すべきものと決しました。  以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対し、各位の御賛成をお願いいたします。 9 ◯議長(茅根茂彦君) 次に、三代環境建設委員長に報告を求めます。 10                                       令和元年9月25日  日立市議会議長  茅 根 茂 彦 殿                               環境建設委員長  三 代 勝 也                 環境建設委員会議案審査報告書  本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報 告します。                        記 ┌──────┬───────────────────────┬─────┬─────────┐ │事件の番号 │      件        名       │議決の結果│ 摘     要 │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第52号│令和元年度日立市一般会計補正予算(第2号)中 │原案可決 │         │ │      │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予算補正」の│     │         │ │      │ うち                    │     │         │ │      │  歳 出 第2款 総務費の所管部分     │     │         │ │      │      第8款 土木費の所管部分     │     │         │ │      │      第9款 消防費の所管部分     │     │         │ │      │ 第2条(債務負担行為の補正)の所管部分   │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第56号│令和元年度日立市水道事業会計補正予算(第2号)│原案可決 │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第57号│令和元年度日立市下水道事業会計補正予算(第  │原案可決 │         │ │      │1号)                    │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第62号│日立市土砂等による土地埋立て等の規制に関する│原案可決 │         │ │      │条例の一部を改正する条例の制定について    │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第65号│日立市建築基準条例の一部を改正する条例の制定に│原案可決 │         │ │      │ついて                    │     │         │
    ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第66号│日立市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制│原案可決 │         │ │      │定について                  │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第79号│平成30年度日立市水道事業会計未処分利益剰余金│原案可決 │         │ │      │の処分について                │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第80号│平成30年度日立市下水道事業会計未処分利益剰余│原案可決 │         │ │      │金の処分について               │     │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第81号│土地の買入れについて             │原案可決 │         │ ├──────┼───────────────────────┼─────┼─────────┤ │議案第84号│消費税及び地方消費税税率の引上げに伴う関係条│原案可決 │         │ │      │例の整理に関する条例の制定についての所管部分 │     │         │ └──────┴───────────────────────┴─────┴─────────┘ ◯環境建設委員長(三代勝也君) ◇登壇◇ 環境建設委員長の三代勝也です。  御報告いたします。  本委員会に付託されました議案は10件であります。9月18日に委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その結果はお手元の報告書のとおりでありますが、以下、審査の概要を申し上げます。  初めに、議案第52号、令和元年度日立市一般会計補正予算の所管部分についてであります。  補正の主な内容は、旧耐震基準建築された日高交流センター及び豊浦交流センター等の耐震診断業務委託を行うための交流センター運営経費880万円余を計上するほか、今年7月1日に本市の宝である桜を次世代に引き継いでいく体制を強化するために新設された、さくら課の時間外勤務手当を計上した職員人件費、また、市有施設に係る桜の樹勢点検及び桜の日常管理保護マニュアルを作成するための桜の保護育成事業費1,350万円余を計上するなどであります。  審査の中で委員からは、桜の日常管理については、より効率的に桜の管理・保護ができるよう、管理の区分を初期の段階で明確にしておくことが必要ではないかとの意見や、市内には桜を管理している企業も多くあり、その管理方法について、市が作成した保護マニュアルを配布・周知することによって、一緒に取り組んでいただけるよう働き掛けてほしいなど、活発な意見が出されました。  採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第56号、令和元年度日立市水道事業会計補正予算及び議案第57号、令和元年度日立市下水道事業会計補正予算企業局所管の議案2件についてであります。内容は、茨城県施行する十王川における河川改修工事に伴い、支障となる配水管や消火栓移設を行う配水管布設費を増額するものや、国庫補助金の採択に伴い、管渠内テレビカメラ調査及び池の川処理場設備改築工事を行う中央処理区改良費を増額するものなどであり、採決の結果、それぞれ全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第62号、日立市土砂等による土地埋立て等の規制に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。内容は、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化を図るため、土砂等により土地埋立て等を行おうとする者の欠格条項を整理するなどにより本条例を制定するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第65号、日立市建築基準条例の一部を改正する条例の制定についてであります。内容は、建築基準法施行令の改正に伴い、引用条項を改めるため、本条例を制定するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第66号、日立市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定についてであります。内容は、本年10月1日に施行される水道法の改正に伴い、指定給水装置工事事業者の資質の維持向上を図ることを目的として、指定給水装置工事事業者の指定更新申請手数料を定めるため、本条例を制定するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第79号、平成30年度日立市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について及び議案第80号、平成30年度日立市下水道事業会計未処分利益剰余金の処分についてであります。内容は、平成30年度に生じた未処分利益剰余金を処分するに当たり、地方公営企業法第32条第2項の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。採決の結果、それぞれ全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第81号、土地の買入れについてであります。内容は、鮎川町地内道路新設事業用地を買い入れるに当たり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、議会の議決を求めるものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  次に、議案第84号、消費税及び地方消費税税率の引上げに伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての所管部分であります。消費税及び地方消費税税率の引上げに伴い、関係条例に規定する使用料の額等を改めるため、本条例を制定するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対し、各位の御賛成をお願いいたします。 11 ◯議長(茅根茂彦君) 次に、白石決算審査特別委員長に報告を求めます。 12                                       令和元年9月25日  日立市議会議長  茅 根 茂 彦 殿                             決算審査特別委員長  白 石   敦               決算審査特別委員会議案継続審査申出書  本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により申 し出します。                        記 ┌──────┬─────────────────────┬─────┬───────────┐ │事件の番号 │     件        名      │議決の結果│  摘     要  │ ├──────┼─────────────────────┼─────┼───────────┤ │議案第78号│平成30年度決算の認定について      │継続審査 │広範多岐にわたり会期中│ │      │                     │     │に議了し得ないので、次│ │      │                     │     │期定例会までに審査を終│ │      │                     │     │了し、報告したい。  │ └──────┴─────────────────────┴─────┴───────────┘ ◯決算審査特別委員長(白石 敦君) ◇登壇◇ 決算審査特別委員長の白石 敦です。  御報告いたします。  本委員会に付託されました議案は、議案第78号、平成30年度決算の認定についてであります。審査に当たり、予算の執行状況等を精査するため、既に各位に配布されております決算審査資料の提出を求めるとともに、去る9月17日には、監査委員から決算審査意見書について説明を受けました。当決算の内容は、一般会計を始め、国民健康保険事業、介護保険事業などの特別会計のほか、水道及び下水道事業会計など、広範多岐にわたることから、会期中に議了し得ないため、お手元の申出書のとおり、全会一致をもって継続審査することに決まりました。  なお、議会閉会中に審査を行い、次期定例会において報告することにいたしましたので、申し添えます。  以上で報告を終わりにしますが、本委員会の決定に対しまして各位の御賛成をお願いいたします。 13 ◯議長(茅根茂彦君) 以上で各委員長からの報告は終わりました。  直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 14 ◯議長(茅根茂彦君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。  次に、討論であります。討論の通告がありましたので、発言を許します。  反対討論の千葉議員に発言を許します。 15 ◯2番(千葉達夫君) ◇登壇◇ 日本共産党の千葉達夫です。  付託された議案のうち、議案第59号、日立市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第64号、日立市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例等の一部を改正する条例の制定について、議案第84号、消費税及び地方消費税税率の引上げに伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、以上3件の議案に反対します。  以下、要旨を述べ、討論とします。  まず、議案第59号は、大甕駅前に自転車駐車場を新設する議案です。管理者を置くことで安全性が向上されますが、有料化によって学生などの市民の負担が増えるので、現行のまま無料にすべきと考え、議案に反対します。  次に、議案第64号です。議案第64号は、保育所の給食費を保護者負担とし、3歳以上児の副食費を新たに園で実費徴収する内容であるため、反対します。  理由は以下3点です。1点目。そもそも給食費を実費徴収とし、保育料に含めないようにするという公定価格の改定は、子ども・子育て支援法に照らし、違法であると考えるため、反対します。同法27条3項1号によると、保育所の公定価格は、保育所の「保育に通常要する費用の額を勘案して内閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額」とあるとおり、保育に通常要する費用の額が保育料となります。そして、保育時間は通常、お昼をまたいだ夕方までの8時間なので、園で給食を実施しないわけにはいきません。よって、給食は通常保育に必要なものであり、副食費を含む給食費は保育に通常要する費用です。ですので、給食費を勘案しない保育所の公定価格は違法と考えます。  2点目。給食費が実費徴収化されると、市町村が私立保育所に支払う委託費は給食費を除いた金額になりますが、公定価格の額をそのまま委託費の額とする法的制約がないため、反対します。子ども・子育て支援法附則6条1項は、委託費の支払について、「特定教育保育に通常要する費用の額を勘案して内閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額に相当する額を当該特定保育所委託費として支払うものとする」とあります。市町村が算定して支払う額について、法には「相当する額」とうたわれており、必ずしも公定価格に基づいた委託費の額にしなければならないという法的制約はありません。よって、公定価格どおり、委託費の給食費分の減額につながってしまう給食費の実費徴収化に反対します。  3点目は、子供たちへの影響です。貧困と格差が広がり、シングルマザーで仕事を掛け持ちして生活しているという人が増える中、小学校では給食費の滞納が問題になっています。子供にとっては、「自分の家は給食費を払っていないのに自分は食べてよいのだろうか」、ほかの子からは、「あの子は給食費を払っていないのに給食を食べていいのか」と、家庭経済問題が子供たちに影響を及ぼし、楽しく安心して過ごせるはずの給食の時間がつらい時間になってしまうという子が生まれてしまいます。給食の時間がつらいと感じる子を、小学校だけではなく、今度は保育園にまで広げてしまうため、反対します。  なお、日立市は、市独自の取組として、ゼロ歳児から2歳児クラスの第2子の保育料も無償化とし、これは近隣市町村に先駆けた子育て世帯の支援策です。このように、市独自の支援策を講じる必要があるということは、そもそも国の保育無償化は完全無償化とは言えず、一部無償化であり、無償化のためには自治体の取組が不可欠ということです。給食費の無償化又は減額への取組が幾つかの自治体で行われております。市独自の支援で、子供たちが楽しく安心して食べられる給食の実現を目指すべきです。  次に、議案第84号についてです。議案第84号は、消費税増税に伴う施設等の使用料の値上げを行うものです。  そもそも税は、所得や富の偏りを是正し、格差の拡大を緩和させ、応能負担原則に基づき、累進課税であるべきです。しかし、消費税は逆累進課税です。現に、使用料の値上げは、所得の多い人、少ない人といった区別なく一律の値上げであり、所得の低い人ほど負担が重くなる改定となっています。  さらに、10月からの増税を行ってはならないという状況として、台風15号の影響があります。農林水産省は19日、台風15号による農林水産関係の被害総額は316億円に上り停電の影響で被害額は更に拡大する可能性があると発表しました。茨城県では20日、県内農林水産業の推計被害額が44億円に上ると発表しました。被災地は消費税増税には耐えられない状況です。そのさなか、消費税増税を追認する内容となる改定に反対します。  以上で要旨を述べ、討論とします。 16 ◯議長(茅根茂彦君) 以上で討論を終結いたします。  直ちに採決いたします。  なお、採決は電子採決システムにより行います。  採決方法についてお諮りいたします。今回は、反対討論のありました議案を一括して、次に、予算関係議案、続いて条例関係議案、契約関係議案及びその他の議案、以上、五つに分けて採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 17 ◯議長(茅根茂彦君) 御異議なしと認めます。よって、五つに分けて採決いたします。  お諮りいたします。初めに、反対討論のありました議案、すなわち、議案第59号、議案第64号及び議案第84号の3件に対する各委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君は賛成ボタンを、反対の諸君は反対ボタンを押してください。  それでは、採決を開始します。                 〔賛成・反対ボタンにより表決〕 18 ◯議長(茅根茂彦君) 押し忘れはございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 19 ◯議長(茅根茂彦君) なしと認め、これをもって採決を確定いたします。  賛成多数であります。よって、これら3件の議案は、各委員長の報告のとおり原案可決と決しました。  続いてお諮りいたします。予算関係議案、すなわち、議案第52号から議案第57号までの6件に対する各委員長の報告は原案可決であります。各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君は賛成ボタンを、反対の諸君は反対ボタンを押してください。
     それでは、採決を開始いたします。                 〔賛成・反対ボタンにより表決〕 20 ◯議長(茅根茂彦君) 押し忘れはございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 21 ◯議長(茅根茂彦君) なしと認め、これをもって採決を確定いたします。  賛成全員であります。よって、これら6件の議案は、各委員長の報告のとおり原案可決と決しました。  続いてお諮りいたします。契約関係議案、すなわち、議案第58号、議案第60号から議案第63号まで及び議案第65号から議案第68号までの9件に対する各委員長の報告は原案可決であります。各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君は賛成ボタンを、反対の諸君は反対ボタンを押してください。  それでは、採決を開始いたします。                 〔賛成・反対ボタンにより表決〕 22 ◯議長(茅根茂彦君) 押し忘れはございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 23 ◯議長(茅根茂彦君) なしと認め、これをもって採決を確定いたします。  賛成全員であります。よって、これら9件の議案は、各委員長の報告のとおり原案可決と決しました。  続いてお諮りいたします。契約関係議案、すなわち、議案第69号から議案第77号までの9件に対する各委員長の報告は原案可決であります。各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君は賛成ボタンを、反対の諸君は反対ボタンを押してください。  それでは、採決を開始いたします。                 〔賛成・反対ボタンにより表決〕 24 ◯議長(茅根茂彦君) 押し忘れはございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 25 ◯議長(茅根茂彦君) なしと認め、これをもって採決を確定いたします。  賛成全員であります。よって、これら9件の議案は、各委員長の報告のとおり原案可決と決しました。  続いてお諮りいたします。その他の議案、すなわち、議案第78号から議案第83号までの6件に対する各委員長の報告は原案可決及び継続審査であります。各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君は賛成ボタンを、反対の諸君は反対ボタンを押してください。  それでは、採決を開始いたします。                 〔賛成・反対ボタンにより表決〕 26 ◯議長(茅根茂彦君) 押し忘れはございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 27 ◯議長(茅根茂彦君) なしと認め、これをもって採決を確定いたします。  賛成全員であります。よって、これら6件の議案は、各委員長の報告のとおり原案可決及び継続審査と決しました。   ───────────────────────────────────────────    日程第3 請願等について 28 ◯議長(茅根茂彦君) 日程第3 請願等についてを議題といたします。  委員会に付託中のこれら請願等に対する委員会での審査の経過及びその結果の報告を吉田教育福祉委員長に求めます。 29                                       令和元年9月25日  日立市議会議長  茅 根 茂 彦 殿                               教育福祉委員長  吉 田 修 一               教育福祉委員会請願(陳情)審査報告書  本委員会に付託された請願(陳情)は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第134条の 規定により報告します。                        記 ┌──┬─────────────┬────────────┬─────┬────┬─────┐ │受理│  件      名   │  請願(陳情)者の   │紹介議員 │審査結果│ 摘 要 │ │番号│             │  住 所 氏 名   │氏  名 │    │     │ ├──┼─────────────┼────────────┼─────┼────┼─────┤ │ 5│教職員定数改善と義務教育費│水戸市原町978-46   │佐藤 三夫│採  択│(参考)  │ │  │国庫負担制度堅持のための政│茨城教育会館2F    │青木 俊一│    │意見書の議│ │  │府予算に係る意見書採択を求│茨城県職員組合    │舘野 清道│    │案を別に提│ │  │める請願         │ 執行委員長 杉山  繁│伊藤 智毅│    │出する。 │ │  │             │         外489人│     │    │     │ └──┴─────────────┴────────────┴─────┴────┴─────┘ ◯教育福祉委員長(吉田修一君) ◇登壇◇ 教育福祉委員長の吉田修一です。  御報告いたします。  本委員会で審査いたしました請願等は、今回付託されたもの1件であります。  受理番号5、教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政府予算に係る意見書採択を求める請願につきましては、慎重に審査した結果、願意妥当なものと認め、全会一致をもって採択すべきものと決しました。  なお、この請願本会議において採択と決しましたときは、意見書案を別途提案いたしますので、よろしくお願いいたします。  以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対し、各位の御賛成をお願いいたします。 30 ◯議長(茅根茂彦君) 教育福祉委員長からの報告は終わりました。  直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 31 ◯議長(茅根茂彦君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。  直ちに採決いたします。  なお、採決は電子採決システムにより行います。  お諮りいたします。委員会審査で採択となりました受理番号5、教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政府予算に係る意見書採択を求める請願について、教育福祉委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君は賛成ボタンを、反対の諸君は反対ボタンを押してください。  それでは、採決を開始いたします。                 〔賛成・反対ボタンにより表決〕 32 ◯議長(茅根茂彦君) 押し忘れはございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 33 ◯議長(茅根茂彦君) なしと認め、これをもって採決を確定いたします。  賛成全員であります。よって、受理番号5の請願は、委員長の報告のとおり採択と決しました。  ここで、議案配布のため暫時休憩いたします。                   午後 1時47分休憩             ──────────────────────                   午後 1時48分再開
    34 ◯議長(茅根茂彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。   ───────────────────────────────────────────    日程第4 議案第86号について 35 ◯議長(茅根茂彦君) 日程第4 議案第86号についてを議題といたします。  議案第86号について、提案者の吉田教育福祉委員長から説明を求めます。 36 ◯教育福祉委員長(吉田修一君) ◇登壇◇ 教育福祉委員長の吉田修一です。  お手元の第5分冊、1ページ、議案第86号、教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政府予算に係る意見書の提出について御説明いたします。  地方自治体が計画的に教育行政を進めることができるようにするため、教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政府予算に係る意見書を関係機関に対し提出するものであります。  意見書は、2ページから3ページに記載されているとおりであります。  なお、提出先は、衆議院議長参議院議長内閣総理大臣財務大臣総務大臣文部科学大臣であります。  以上で説明を終わりますが、各位の御賛成をお願いいたします。 37 ◯議長(茅根茂彦君) 以上で提案者からの説明は終わりました。  ただいまの説明に対し、質疑はございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 38 ◯議長(茅根茂彦君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。  次に、討論であります。討論はございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 39 ◯議長(茅根茂彦君) ないようですので、以上で討論を終結いたします。  直ちに採決いたします。  なお、採決は電子採決システムにより行います。  お諮りいたします。議案第86号、教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政府予算に係る意見書の提出について、原案のとおり決することに賛成する諸君は賛成ボタンを、反対の諸君は反対ボタンを押してください。  それでは、採決を開始します。                 〔賛成・反対ボタンにより表決〕 40 ◯議長(茅根茂彦君) 押し忘れはございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 41 ◯議長(茅根茂彦君) なしと認め、これをもって採決を確定いたします。  賛成全員であります。よって、議案第86号は原案可決と決しました。   ───────────────────────────────────────────    日程第5 議員の派遣について 42 ◯議長(茅根茂彦君) 日程第5 議員の派遣についてを議題といたします。  お諮りいたします。会議規則第158条の規定に基づき、お手元に配布してあります議員の派遣一覧表のとおり議員を派遣いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 43 ◯議長(茅根茂彦君) 御異議なしと認めます。よって、一覧表のとおり議員を派遣することに決しました。  以上で、今期定例会に付議されました案件全部が終了いたしました。  これをもちまして、令和元年第3回日立市議会定例会閉会いたします。                   午後 1時53分閉会    地方自治法第123条第2項の規定により署名する。  議 長  副議長  5 番  6 番 Copyright © Hitachi City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...