ツイート シェア
  1. 日立市議会 2019-09-25
    令和元年第3回定例会〔上程議案等〕 開催日:2019-09-25


    取得元: 日立市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-12-18
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                                         議案第52号             令和元年度  日立市一般会計補正予算(第2号)  令和元年度 日立市の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ177,558千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それ  ぞれ76,622,347千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。  (債務負担行為の補正) 第2条 債務負担行為の追加、変更は、「第2表 債務負担行為補正」による。  (地方債の補正) 第3条 地方債の変更は、「第3表 地方債補正」による。       令和元年9月5日提出                                日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入
                                               (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬──────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │14. 使用料及び手数料  │            │   2,630,824│      14│  2,630,838│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 使   用   料 │   2,090,880│      14│  2,090,894│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │15. 国 庫 支 出 金 │            │  10,370,121│    14,443│ 10,384,564│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 2. 国 庫 補 助 金 │   2,415,000│    14,443│  2,429,443│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │16. 県  支  出  金│            │   4,359,886│    20,666│  4,380,552│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 2. 県  補  助  金│   1,236,515│    20,666│  1,257,181│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │18. 寄   附   金 │            │    700,462│      300│   700,762│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 寄   附   金 │    700,462│      300│   700,762│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │19. 繰   入   金 │            │   8,376,496│  △2,940,166│  5,436,330│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 基 金 繰 入 金 │   8,376,496│  △2,940,166│  5,436,330│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │20. 繰   越   金 │            │    300,000│   3,063,761│  3,363,761│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 繰   越   金 │    300,000│   3,063,761│  3,363,761│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │21. 諸   収   入 │            │   1,631,651│      540│  1,632,191│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 4. 雑       入 │   1,533,899│      540│  1,534,439│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │22. 市       債 │            │   7,156,900│    18,000│  7,174,900│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 市       債 │   7,156,900│    18,000│  7,174,900│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼──────┤ │       歳  入  合  計        │  72,444,789│    177,558│ 72,622,347│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴──────┘  歳 出                                            (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬──────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 2. 総   務   費 │            │   8,940,010│    24,996│  8,965,006│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 総 務 管 理 費 │   7,346,912│    24,903│  7,371,815│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 3. 戸籍住民基本台帳費 │    346,670│      93│   346,763│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 3. 民   生   費 │            │  26,256,777│    25,965│ 26,282,742│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 2. 老 人 福 祉 費 │   3,436,285│     1,735│  3,438,020│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 3. 児 童 福 祉 費 │   8,657,400│    18,070│  8,675,470│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 4. 生 活 保 護 費 │   4,229,433│     6,160│  4,235,593│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 4. 衛   生   費 │            │   4,684,397│      15│  4,684,412│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 保 健 衛 生 費 │   2,448,246│      15│  2,448,261│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 7. 商   工   費 │            │   3,545,872│    68,342│  3,614,214│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 商   工   費 │   3,545,872│    68,342│  3,614,214│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 8. 土   木   費 │            │   7,979,896│    54,989│  8,034,885│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 土 木 管 理 費 │    590,529│      12│   590,541│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 5. 都 市 計 画 費 │   1,222,433│    14,608│  1,237,041│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 6. 下  水  道  費│   1,024,693│    38,000│  1,062,693│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 7. 住   宅   費 │   1,640,169│     2,369│  1,642,538│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 9. 消   防   費 │            │   4,317,925│     3,251│  4,321,176│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 消   防   費 │   4,317,925│     3,251│  4,321,176│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼──────┤ │       歳  出  合  計        │  72,444,789│    177,558│ 72,622,347│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴──────┘ 第2表 債務負担行為補正  追 加                                          (単位 千円) ┌───────────────────────────┬─────────┬───────┐ │         事       項         │ 期    間  │ 限 度 額 │ ├───────────────────────────┼─────────┼───────┤ │戸籍情報システム電算委託               │ 令和5年度まで │      500│ ├───────────────────────────┼─────────┼───────┤ │コンビニエンスストア証明書等交付システム電算委託   │ 令和5年度まで │      300│ ├───────────────────────────┼─────────┼───────┤ │火葬場予約システム電算委託              │ 令和5年度まで │      100│ ├───────────────────────────┼─────────┼───────┤ │消防・救急無線デジタル化構築及びシステム保守点検業務等│ 令和4年度まで │     1,800│ │委託                         │         │       │ ├───────────────────────────┼─────────┼───────┤ │学校給食共同調理場調理等業務委託           │ 令和3年度まで │    10,700│ ├───────────────────────────┼─────────┼───────┤
    │例規集データベース業務委託              │ 令和2年度まで │      100│ ├───────────────────────────┼─────────┼───────┤ │鳩が丘障害者福祉施設共同生活援助施設管理委託     │ 令和2年度まで │    36,700│ ├───────────────────────────┼─────────┼───────┤ │福祉バス購入事業                   │ 令和2年度まで │    33,900│ ├───────────────────────────┼─────────┼───────┤ │たかはら自然体験交流施設管理委託           │ 令和2年度まで │    14,100│ ├───────────────────────────┼─────────┼───────┤ │自転車駐車場管理委託                 │ 令和2年度まで │     7,900│ └───────────────────────────┴─────────┴───────┘  変 更                                         (単位 千円) ┌─────────────────┬─────────────┬─────────────┐ │                 │   補  正  前   │   補  正  後   │ │    事       項    ├───────┬─────┼───────┬─────┤ │                 │  期 間  │ 限度額 │  期 間  │ 限度額 │ ├─────────────────┼───────┼─────┼───────┼─────┤ │情報システム使用料        │令和6年度まで│  33,300│令和6年度まで│  34,500│ └─────────────────┴───────┴─────┴───────┴─────┘ 第3表 地方債補正  変 更                                         (単位 千円) ┌───────────────────────┬──────────┬──────────┐ │       起 債 の 目 的       │  補正前限度額  │  補正後限度額  │ ├───────────────────────┼──────────┼──────────┤ │河川・排水路改修事業費            │       76,300│       94,300│ └───────────────────────┴──────────┴──────────┘ 2                                         議案第53号         令和元年度  日立市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)  令和元年度 日立市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ10,139千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それ  ぞれ15,171,640千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。       令和元年9月5日提出                                日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                            (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬──────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 6. 繰   越   金 │            │       0│    10,139│   10,139│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 繰   越   金 │       0│    10,139│   10,139│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼──────┤ │       歳  入  合  計        │  15,161,501│    10,139│ 15,171,640│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴──────┘  歳 出                                            (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬──────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 6. 基 金 積 立 金 │            │    71,000│    10,139│   81,139│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 基 金 積 立 金 │    71,000│    10,139│   81,139│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼──────┤ │       歳  出  合  計        │  15,161,501│    10,139│ 15,171,640│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴──────┘ 3                                         議案第54号          令和元年度  日立市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)  令和元年度 日立市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ196,068千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それ  ぞれ16,310,800千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。       令和元年9月5日提出                                日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                            (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬──────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 9. 繰   越   金 │            │       0│    196,068│   196,068│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 繰   越   金 │       0│    196,068│   196,068│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼──────┤ │       歳  入  合  計        │  16,114,732│    196,068│ 16,310,800│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴──────┘  歳 出                                            (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬──────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 5. 基 金 積 立 金 │            │     1,988│    106,751│   108,739│
    │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 基 金 積 立 金 │     1,988│    106,751│   108,739│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 6.諸  支  出  金 │            │     5,222│    89,317│   94,539│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 償還金及び還付加算金│     5,222│    89,317│   94,539│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼──────┤ │       歳  出  合  計        │  16,114,732│    196,068│ 16,310,800│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴──────┘ 4                                         議案第55号         令和元年度  日立市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)  令和元年度 日立市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,204千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞ  れ2,952,278千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。       令和元年9月5日提出                                日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                            (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬──────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 5. 繰   越   金 │            │       0│     6,204│    6,204│ │            ├────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 繰   越   金 │       0│     6,204│    6,204│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼──────┤ │       歳  入  合  計        │   2,946,074│     6,204│  2,952,278│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴──────┘  歳 出                                                    (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────┬───────┬───────┬──────┐ │       款        │       項        │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├────────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 2. 後期高齢者医療広域連合納付金│                │   2,897,862│     6,204│  2,904,066│ │                ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │                │ 1. 後期高齢者医療広域連合納付金│   2,897,862│     6,204│  2,904,066│ ├────────────────┴────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │           歳  出  合  計            │   2,946,074│     6,204│  2,952,278│ └─────────────────────────────────┴───────┴───────┴──────┘ 5                                         議案第56号             令和元年度 日立市水道事業会計補正予算(第2号) 第1条 令和元年度日立市水道事業会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。 第2条 令和元年度日立市水道事業会計予算(以下「予算」という。)第2条に定めた(4)主要な建設改良  事業の事業費「644,082千円」を「657,909千円」に改める。 第3条 予算第3条に定めた収益的支出の予定額を次のとおり補正する。                     支        出       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 水 道 事 業 費 用   3,483,485千円       △631千円     3,482,854千円   第2項 営 業 外 費 用     286,593千円       △631千円      285,962千円 第4条 予算第4条本文括弧書を(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1,636,982千円は、当年度  分消費税及び地方消費税資本的収支調整額111,396千円、過年度分損益勘定留保資金924,782千円、当年度  分損益勘定留保資金561,101千円及び建設改良積立金39,703千円で補填するものとする。)に改め、資本的  収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。                     収        入       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 水道事業資本的収入      956,639千円       6,887千円      963,526千円   第2項 負   担   金     50,148千円       6,887千円      57,035千円                    支        出       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 水道事業資本的支出     2,586,681千円      13,827千円     2,600,508千円   第1項 建 設 改 良 費    1,491,606千円      13,827千円     1,505,433千円                      令和元年9月5日提出                                日立市長  小 川 春 樹 6                                         議案第57号            令和元年度 日立市下水道事業会計補正予算(第1号) 第1条 令和元年度日立市下水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 第2条 令和元年度日立市下水道事業会計予算(以下「予算」という。)第2条に定めた(4)主要な建設改良  事業の事業費「785,950千円」を「1,058,366千円」に、「187,524千円」を「230,413千円」に、「52,483千円」  を「197,175千円」にそれぞれ改める。 第3条 予算第3条に定めた収益的支出の予定額を次のとおり補正する。                     支         出       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 下水道事業費用       3,742,733千円     △18,180千円     3,724,553千円   第2項 営 業 外 費 用     316,059千円     △18,180千円      297,879千円 第4条 予算第4条本文括弧書を(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1,239,345千円は、当年度
     分消費税及び地方消費税資本的収支調整額54,358千円及び当年度分損益勘定留保資金1,184,987千円で補填  するものとする。)に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。                     収         入       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 下水道事業資本的収入    1,149,707千円      441,817千円     1,591,524千円   第1項 企   業   債     393,000千円      179,700千円      572,700千円   第2項 国 県 補 助 金     408,639千円      224,117千円      632,756千円   第3項 負   担   金     170,466千円      26,552千円      197,018千円   第4項 一般会計補助金       177,602千円      11,448千円      189,050千円                    支        出       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 下水道事業資本的支出    2,370,872千円      459,997千円     2,830,869千円   第1項 中央処理区改良費      785,950千円      272,416千円     1,058,366千円   第2項 流域下水道建設費      187,524千円      42,889千円      230,413千円   第3項 雨 水 対 策 費     52,483千円      144,692千円      197,175千円 第5条 予算第6条に定めた起債の限度額「346,400千円」を「526,100千円」に、「393,000千円」を  「572,700千円」に改める。 第6条 予算第10条に定めた一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は、「177,602千円」を「189,050  千円」に改める。                      令和元年9月5日提出                                日立市長  小 川 春 樹 7                          議案第58号    日立市障害者共同生活援助施設の設置及び管理に関する条    例の制定について  日立市障害者共同生活援助施設の設置及び管理に関する条例を別紙の とおり制定するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  新たに日立市障害者共同生活援助施設を設置するため、本条例を制定 するものであります。    日立市障害者共同生活援助施設の設置及び管理に関する条    例  (目的) 第1条 この条例は、障害者とその家族が、身近な地域で安心して日常  生活を送ることができるよう、共同生活を営むべき住居において日常  生活上の援助を行うための施設を設置し、もって障害者の福祉の増進  を図ることを目的とする。  (名称及び位置) 第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。  ┌──────────────┬──────────────┐  │      名称      │      位置      │  ├──────────────┼──────────────┤  │日立市障害者共同生活援助施設│日立市助川町5丁目11番1号│  └──────────────┴──────────────┘  (事業) 第3条 施設は、次に掲げる事業を行うものとする。 (1) 入居者の日常生活上の援助 (2) 緊急時の保護 (3) その他市長が必要と認める事業  (利用者) 第4条 施設を利用できる者は、次の各号のいずれかに該当する者とす  る。 (1) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律   (平成17年法律第123号)の規定による共同生活援助に係る訓   練等給付費又は特例訓練等給付費の支給に係る者 (2) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の   規定による短期入所に係る介護給付費又は特例介護給付費の支給に   係る者 (3) その他市長が必要と認めた者 2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する者は、施  設を利用することができない。 (1) 伝染性疾患のある者 (2) その他市長が不適当と認めた者  (指定管理者による管理) 第5条 次に掲げる施設の管理に関する業務は、市長が指定するもの  (以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。 (1) 第3条に規定する事業の実施に関すること。 (2) 施設の建物及び設備の維持管理に関すること。 (3) その他市長が定める業務  (指定管理者の指定) 第6条 市長は、指定管理者を指定しようとするときは、特別の事情が  あると認める場合を除き、公募するものとする。 2 指定管理者の指定を受けようとするものは、事業計画書その他規則  で定める書類を市長に提出しなければならない。 3 市長は、前項の規定により提出された書類を審査し、かつ、実績等  を考慮して、施設の設置の目的を最も効果的に達成することができる  と認めたものを指定管理者として指定する。  (委任) 第7条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、市長が規則で定め
     る。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。ただし、第6条の規  定は、公布の日から施行する。  (日立市障害者福祉サービス利用料条例の一部改正) 2 日立市障害者福祉サービス利用料条例(平成15年条例第1号)の  一部を次のように改正する。   第2条に次の1項を加える。  2 前項の規定にかかわらず、日立市障害者共同生活援助施設におけ   る共同生活援助の利用料の額は、前項第6号に規定する額及び家賃   として市長が別に定める額の合算額とする。 8                          議案第59号    日立市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を    改正する条例の制定について  日立市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条 例を別紙のとおり制定するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  新たに大甕駅前自転車駐車場を設置するため、本条例を制定するもの であります。    日立市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を    改正する条例  日立市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例(平成4年条例第 28号)の一部を次のように改正する。  第2条の表に次のように加える。  ┌──────────────┬──────────────┐  │大甕駅前自転車駐車場    │日立市大みか町2丁目23番 │  └──────────────┴──────────────┘  別表中「自転車駐車場使用料」を「1 常陸多賀駅前自転車駐車場及 び日立駅前自転車駐車場使用料」に改め、同表備考の前に次のように加 える。  2 大甕駅前自転車駐車場使用料                           (単位 円)  ┌─────┬────────────────┬───────┐  │     │      定期使用      │一時使用(1日│  │ 区分  ├──┬──────┬──────┤       │  │     │期間│  一般  │  学生  │1回につき) │  ├─────┼──┼──────┼──────┼───────┤  │自転車  │1月│ 1,280│   900│    100│  │     │  │      │      │       │  │     │3月│ 3,200│ 2,240│       │  │     │  │      │      │       │  │     │6月│ 6,400│ 4,480│       │  ├─────┼──┼──────┴──────┼───────┤  │原動機付自│1月│        1,920│    210│  │     │  │             │       │  │転車   │3月│        4,800│       │  │     │  │             │       │  │     │6月│        9,600│       │  ├─────┼──┼─────────────┼───────┤  │自動二輪車│1月│        1,980│    340│  └─────┴──┴─────────────┴───────┘    附 則  (施行期日) 1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。  (準備行為) 2 指定管理者が改正後の日立市自転車駐車場の設置及び管理に関する  条例(以下この項において「改正後の条例」という。)第6条の規定  による自転車駐車場(大甕駅前自転車駐車場に限る。)の管理を行う  ための準備行為は、改正後の条例の施行前においても行うことができ  る。 9                          議案第60号    職員の分限に関する手続及び効果に関する条例等の一部を    改正する条例の制定について  職員の分限に関する手続及び効果に関する条例等の一部を改正する条 例を別紙のとおり制定するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係 法律の整備に関する法律の施行に伴い、関係規定を改めるため、本条例 を制定するものであります。
       職員の分限に関する手続及び効果に関する条例等の一部を    改正する条例  (職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正) 第1条 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例(昭和26年条  例第22号)の一部を次のように改正する。   第5条第1項中「第16条第2号」を「第16条第1号」に改める。  (日立市職員の給与に関する条例の一部改正) 第2条 日立市職員の給与に関する条例(昭和32年条例第15号)の  一部を次のように改正する。   第20条第1項中「、若しくは法第16条第1号に該当して法第  28条第4項の規定により失職し」を削り、同条第4項中「、若しく  は失職し」を削る。   第20条の2第2号中「(法第16条第1号に該当して失職した職  員を除く。)」を削る。   第21条第1項中「、若しくは法第16条第1号に該当して同法第  28条第4項の規定により失職し」を削り、同条第2項第1号中「、  若しくは失職し」を削る。   第24条第7項中「、若しくは法第16条第1号に該当して法第  28条第4項の規定により失職し」を削る。  (日立市職員の旅費に関する条例の一部改正) 第3条 日立市職員の旅費に関する条例(昭和27年条例第33号)の  一部を次のように改正する。   第3条第3項中「第16条第2号から第5号まで」を「第16条第  1号から第4号まで」に改める。    附 則  この条例は、令和元年12月14日から施行する。 10                          議案第61号    日立市消防団条例の一部を改正する条例の制定について  日立市消防団条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するもの とする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化を図るため、本条例 を制定するものであります。    日立市消防団条例の一部を改正する条例  日立市消防団条例(昭和43年条例第27号)の一部を次のように改 正する。  第4条中「もの」を「者」に改め、同条第1号を削り、同条第2号中 「禁固」を「禁錮」に改め、同号を同条第1号とし、同条第3号中「免 職」を「懲戒免職」に改め、同号を同条第2号とする。  第5条第2項第1号中「前条各号(第3号を除く。)のいずれか」を 「前条第1号」に改める。    附 則  この条例は、令和元年12月14日から施行する。 11                          議案第62号    日立市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の    一部を改正する条例の制定について  日立市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の一部を改正 する条例を別紙のとおり制定するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化を図るため、本条例 を制定するものであります。    日立市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の    一部を改正する条例  日立市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例(平成16年 条例第21号)の一部を次のように改正する。  第7条第6号アを次のように改める。   ア 心身の故障によりその業務を適切に行うことができない者とし    て規則で定めるもの  第7条第6号中セをソとし、同号サからスまでの規定中「コ」を 「サ」に改め、同号中スをセとし、キからシまでをクからスまでとし、 同号カ中「オ」を「カ」とし、同号中カをキとし、イからオまでをウか らカまでとし、アの次に次のように加える。   イ 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者  第18条第1項第1号中「キ」を「ク」に改める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、令和元年12月14日から施行する。  (経過措置) 2 この条例の施行の日前に、この条例による改正前の日立市土砂等に
     よる土地の埋立て等の規制に関する条例(次項において「改正前の条  例」という。)の規定に基づき行われた処分その他の行為については、  なお従前の例による。 3 この条例の施行の日前に改正前の条例第6条第1項の規定によりな  された許可の申請であって、この条例の施行の際、許可又は不許可の  処分がなされていないものに対する許可又は不許可の処分については、  なお従前の例による。 12                          議案第63号    日立市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について  日立市印鑑条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものと する。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  印鑑登録原票に登録する事項に旧氏を加える等のため、本条例を制定 するものであります。    日立市印鑑条例の一部を改正する条例  日立市印鑑条例(平成11年条例第23号)の一部を次のように改正 する。  第2条第1項中「本市の」を「本市が備える」に改める。  第5条第2項第3号を次のように改める。 (3) 氏名(氏に変更があった者に係る住民票に旧氏(住民基本台帳法   施行令(昭和42年政令第292号。以下「令」という。)第30   条の13に規定する旧氏をいう。以下同じ。)の記載(法第6条第   3項の規定により磁気ディスク(これに準ずる方法により一定の事   項を確実に記録しておくことができる物を含む。以下同じ。)をも   って調製する住民票にあっては、記録。以下同じ。)がされている   場合にあっては氏名及び当該旧氏、外国人住民(法第30条の45   に規定する外国人住民をいう。以下同じ。)に係る住民票に通称   (令第30条の16第1項に規定する通称をいう。以下同じ。)の   記載がされている場合にあっては氏名及び当該通称)  第5条第2項第6号中「記録」を「記載が」に改め、同条第3項中 「(これに準ずる方法により一定の事項を確実に記録しておくことがで きる物を含む。以下同じ。)」を削る。  第6条第2項第1号中「氏、名」及び「又は氏名」の次に「、旧氏」 を加え、同項第2号中「氏名」の次に「、旧氏」を加え、同条第3項中 「記録」を「記載が」に改める。  第12条第1項第5号中「氏又は」を「氏(氏に変更があった者にあ っては、住民票に記載がされている旧氏を含む。)又は」に改める。  第15条第1号中「氏名(」を「氏名(氏に変更があった者に係る住 民票に旧氏の記載がされている場合にあっては氏名及び当該旧氏、」に、 「が記録」を「の記載が」に、「、氏名及び」を「氏名及び当該」に改 め、同条第4号中「記録」を「記載が」に改める。    附 則  この条例は、令和元年11月5日から施行する。 13                          議案第64号    日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営    に関する基準を定める条例等の一部を改正する条例の制定    について  日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基 準を定める条例等の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものと する。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  子ども・子育て支援法等の改正に伴い、関係規定を改めるため、本条 例を制定するものであります。    日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営    に関する基準を定める条例等の一部を改正する条例  (日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する  基準を定める条例の一部改正) 第1条 日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関  する基準を定める条例(平成26年条例第21号)の一部を次のよう  に改正する。   第37条第1項中「小規模保育事業A型をいう」を「小規模保育事  業A型をいう。第42条第3項第1号において同じ」に、「同条」を  「同条例第27条」に、「小規模保育事業B型をいう」を「小規模保  育事業B型をいう。第42条第3項第1号において同じ」に改める。   第42条第1項中「この項」を「この項から第5項まで」に改め、  同項第2号中「をいう」を「をいう。以下この条において同じ」に改  め、同条第4項を同条第9項とし、同条第3項中「を行う者であって、  第37条第2項の規定により定める利用定員が20人以上のもの」を  「(第37条第2項の規定により定める利用定員が20人以上のもの  に限る。次項において「保育所型事業所内保育事業」という。)を行  う者」に改め、同項を同条第7項とし、同項の次に次の1項を加える。
     8 保育所型事業所内保育事業を行う者のうち、児童福祉法第6条の   3第12項第2号に規定する事業を行うものであって、市長が適当   と認めるもの(附則第7項において「特例保育所型事業所内保育事   業者」という。)については、第1項本文の規定にかかわらず、連   携施設を確保しないことができる。   第42条中第2項を第6項とし、第1項の次に次の4項を加える。  2 市長は、特定地域型保育事業者による代替保育の提供に係る連携   施設の確保が著しく困難であると認める場合であって、次の各号に   掲げる要件の全てを満たすと認めるときは、前項第2号の規定を適   用しないこととすることができる。   (1) 特定地域型保育事業者と前項第2号に掲げる事項に係る連携協    力を行う者との間でそれぞれの役割の分担及び責任の所在が明確    化されていること。   (2) 前項第2号に掲げる事項に係る連携協力を行う者の本来の業務    の遂行に支障が生じないようにするための措置が講じられている    こと。  3 前項の場合において、特定地域型保育事業者は、次の各号に掲げ   る場合の区分に応じ、当該各号に定める者を第1項第2号に掲げる   事項に係る連携協力を行う者として適切に確保しなければならない。   (1) 当該特定地域型保育事業者が特定地域型保育事業を行う場所又    は事業所(次号において「事業実施場所」という。)以外の場所    又は事業所において代替保育が提供される場合 小規模保育事業    A型若しくは小規模保育事業B型又は事業所内保育事業を行う者    (次号において「小規模保育事業A型事業者等」という。)   (2) 事業実施場所において代替保育が提供される場合 事業の規模    等を勘案して小規模保育事業A型事業者等と同等の能力を有する    と市長が認める者  4 市長は、特定地域型保育事業者による第1項第3号に掲げる事項   に係る連携施設の確保が著しく困難であると認めるときは、同号の   規定を適用しないこととすることができる。  5 前項の場合において、特定地域型保育事業者は、児童福祉法第   59条第1項に規定する施設のうち、次に掲げるもの(入所定員が   20人以上のものに限る。)であって、市長が適当と認めるものを   第1項第3号に掲げる事項に係る連携協力を行う者として適切に確   保しなければならない。   (1) 法第59条の2第1項の規定による助成を受けている者の設置    する施設(児童福祉法第6条の3第12項に規定する業務を目的    とするものに限る。)   (2) 児童福祉法第6条の3第12項又は第39条第1項に規定する    業務を目的とする施設であって、同法第6条の3第9項第1号に    規定する保育を必要とする乳児・幼児の保育を行うことに要する    費用に係る地方公共団体の補助を受けているもの   附則第7項中「特定地域型保育事業者」の次に「(特例保育所型事  業所内保育事業者を除く。)」を加え、「5年」を「10年」に改め  る。 第2条 日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関  する基準を定める条例の一部を次のように改正する。   第2条中「及び児童福祉法(昭和22年法律第164号)」を「、  児童福祉法(昭和22年法律第164号)及び子ども・子育て支援法  施行令(平成26年政令第213号。以下「令」という。)」に改め  る。   第3条第1項中「適切な内容」を「適切であり、かつ、子どもの保  護者の経済的負担の軽減について適切に配慮された内容」に改める。   第5条第1項中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護  者」に、「利用者負担」を「第13条の規定により支払を受ける費用  に関する事項」に改める。   第6条第1項中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護  者」に改め、同条第2項中「支給認定子ども」を「教育・保育給付認  定子ども」に改め、同条第3項中「支給認定子ども」を「教育・保育  給付認定子ども」に、「支給認定に」を「教育・保育給付認定に」に  改め、同条第4項中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護  者」に改め、同条第5項中「支給認定子ども」を「教育・保育給付認  定子ども」に改める。   第7条第2項中「支給認定子ども」を「教育・保育給付認定子ど  も」に改める。   第8条中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護者」に、  「支給認定の」を「教育・保育給付認定の」に、「支給認定子ども」  を「教育・保育給付認定子ども」に改める。   第9条の見出し及び同条第1項中「支給認定」を「教育・保育給付  認定」に改め、同条第2項中「支給認定の」を「教育・保育給付認定  の」に、「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護者」に改め  る。   第10条及び第11条中「支給認定子ども」を「教育・保育給付認  定子ども」に改める。   第13条第1項中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護  者(満3歳未満保育認定子どもに係る教育・保育給付認定保護者に限  る。)」に、「法第27条第3項第2号に掲げる額(特定教育・保育  施設が特別利用保育を提供する場合にあっては法第28条第2項第2  号に規定する市町村が定める額とし、特別利用教育を提供する場合に  あっては同項第3号に規定する市町村が定める額とする。)」を「満  3歳未満保育認定子どもに係る教育・保育給付認定保護者についての  法第27条第3項第2号に掲げる額」に改め、同条第2項中「支給認  定保護者」を「教育・保育給付認定保護者」に改め、「(その額が現  に当該特定教育・保育に要した費用の額を超えるときは、当該現に特  定教育・保育に要した費用の額)をいい、当該特定教育・保育施設が  特別利用保育を提供する場合にあっては法第28条第2項第2号に規  定する内閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額(その額が  現に当該特別利用保育に要した費用の額を超えるときは、当該現に特  別利用保育に要した費用の額)を、特別利用教育を提供する場合にあ  っては同項第3号に規定する内閣総理大臣が定める基準により算定し  た費用の額(その額が現に当該特別利用教育に要した費用の額を超え  るときは、当該現に特別利用教育に要した費用の額)」を削り、同条  第3項中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護者」に改め、  同条第4項中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護者」に  改め、同項第3号中「に要する費用(法第19条第1項第3号に掲げ  る小学校就学前子どもに対する食事の提供に要する費用を除き、同項  第2号に掲げる小学校就学前子どもについては主食の提供に係る費用  に限る。)」を「(次に掲げるものを除く。)に要する費用」に改め、  同号に次のように加える。    ア 次の(ア)又は(イ)に掲げる満3歳以上教育・保育給付認定子ど
        ものうち、その教育・保育給付認定保護者及び当該教育・保育     給付認定保護者と同一の世帯に属する者に係る市町村民税所得     割合算額がそれぞれ(ア)又は(イ)に定める金額未満であるものに     対する副食の提供    (ア) 法第19条第1項第1号に掲げる小学校就学前子どもに該      当する教育・保育給付認定子ども 77,101円    (イ) 法第19条第1項第2号に掲げる小学校就学前子どもに該      当する教育・保育給付認定子ども(特定満3歳以上保育認定      子どもを除く。イ(イ)において同じ。) 57,700      円(令第4条第2項第6号に規定する特定教育・保育給付認      定保護者にあっては、77,101円)    イ 次の(ア)又は(イ)に掲げる満3歳以上教育・保育給付認定子ど     ものうち、負担額算定基準子ども又は小学校第3学年修了前子     ども(小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小     学部の第1学年から第3学年までに在籍する子どもをいう。以     下イにおいて同じ。)が同一の世帯に3人以上いる場合にそれ     ぞれ(ア)又は(イ)に定める者に該当するものに対する副食の提供     (アに該当するものを除く。)    (ア) 法第19条第1項第1号に掲げる小学校就学前子どもに該      当する教育・保育給付認定子ども 負担額算定基準子ども又      は小学校第3学年修了前子ども(そのうち最年長者及び2番      目の年長者である者を除く。)である者    (イ) 法第19条第1項第2号に掲げる小学校就学前子どもに該      当する教育・保育給付認定子ども 負担額算定基準子ども      (そのうち最年長者及び2番目の年長者である者を除く。)      である者    ウ 満3歳未満保育認定子どもに対する食事の提供   第13条第4項第5号並びに第5項及び第6項中「支給認定保護  者」を「教育・保育給付認定保護者」に改める。   第14条第1項中「法第28条第1項に規定する特例施設型給付費  を含む。以下この項及び第19条において同じ」を「法第27条第1  項の施設型給付費をいう。以下同じ」に、「支給認定保護者」を「教  育・保育給付認定保護者」に改め、同条第2項中「支給認定保護者」  を「教育・保育給付認定保護者」に改める。   第16条第2項中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護  者」に改める。   第17条中「支給認定子どもの」を「教育・保育給付認定子ども  の」に、「支給認定子ども又はその保護者」を「当該教育・保育給付  認定子ども又は当該教育・保育給付認定子どもに係る教育・保育給付  認定保護者」に改める。   第18条中「支給認定子どもに」を「教育・保育給付認定子ども  に」に、「支給認定子どもの保護者」を「教育・保育給付認定子ども  に係る教育・保育給付認定保護者」に改める。   第19条の見出し中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保  護者」に改め、同条中「支給認定子どもの保護者」を「教育・保育給  付認定子どもに係る教育・保育給付認定保護者」に改める。   第20条第5号中「支給認定保護者から受領する利用者負担その他  の」を「第13条の規定により教育・保育給付認定保護者から支払を  受ける」に改める。   第21条第1項及び第2項中「支給認定子ども」を「教育・保育給  付認定子ども」に改める。   第24条(見出しを含む。)、第25条及び第26条中「支給認定  子ども」を「教育・保育給付認定子ども」に改める。   第27条第1項及び第2項中「支給認定子ども」を「教育・保育給  付認定子ども」に改め、同条第3項中「支給認定子どもに」を「教  育・保育給付認定子どもに」に、「支給認定子どもの保護者」を「教  育・保育給付認定子どもに係る教育・保育給付認定保護者」に改める。   第28条第1項中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護  者」に改める。   第30条第1項中「支給認定保護者その他の支給認定子ども」を  「教育・保育給付認定保護者その他の教育・保育給付認定子ども」に、  「支給認定保護者等」を「教育・保育給付認定保護者等」に改め、同  条第3項及び第4項中「支給認定保護者等」を「教育・保育給付認定  保護者等」に改める。   第32条第2項及び第4項中「支給認定子ども」を「教育・保育給  付認定子ども」に改める。   第34条第2項中「支給認定子ども」を「教育・保育給付認定子ど  も」に改め、同項第2号中「に規定する提供した特定教育・保育に係  る必要な事項」を「の規定による特定教育・保育の提供」に改め、同  項第3号中「に規定する」を「の規定による」に改める。   第35条第1項及び第2項中「支給認定子ども」を「教育・保育給  付認定子ども」に改め、同条第3項中「を含む」を「を、施設型給付  費には特例施設型給付費(法第28条第1項の特例施設型給付費をい  う。次条第3項において同じ。)を、それぞれ含む」に、「支給認定  子ども」を「教育・保育給付認定子ども」に、「とする」を「と、第  13条第2項中「法第27条第3項第1号に掲げる額」とあるのは  「法第28条第2項第2号の内閣総理大臣が定める基準により算定し  た費用の額」と、同条第4項第3号イ(ア)中「教育・保育給付認定子  ども」とあるのは「教育・保育給付認定子ども(特別利用保育を受け  る者を除く。)」と、同号イ(イ)中「教育・保育給付認定子ども」と  あるのは「教育・保育給付認定子ども(特別利用保育を受ける者を含  む。)」とする」に改める。   第36条第1項及び第2項中「支給認定子ども」を「教育・保育給  付認定子ども」に改め、同条第3項中「を含む」を「を、施設型給付  費には特例施設型給付費を、それぞれ含む」に、「支給認定子ども」  を「教育・保育給付認定子ども」に、「同項第1号」を「同項第1号  又は第2号」に、「第13条第4項第3号中「除き、同項第2号に掲  げる小学校就学前子どもについては主食の提供に係る費用に限  る。)」とあるのは「除く。)」とする」を「第13条第2項中「法  第27条第3項第1号に掲げる額」とあるのは「法第28条第2項第  3号の内閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額」と、同条  第4項第3号イ(ア)中「教育・保育給付認定子ども」とあるのは「教  育・保育給付認定子ども(特別利用教育を受ける者を含む。)」と、  同号イ(イ)中「教育・保育給付認定子ども」とあるのは「教育・保育  給付認定子ども(特別利用教育を受ける者を除く。)」とする」に改  める。   第37条第1項中「のうち、家庭的保育事業にあってはその」を  「(事業所内保育事業を除く。)の」に、「の数を」を「の数は、家  庭的保育事業にあっては」に改め、「その利用定員の数を」を削り、  「第6項」を「第4項」に改める。
      第38条第1項中「利用者負担」を「第43条の規定により支払を  受ける費用に関する事項」に改める。   第39条第1項中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護  者」に改め、同条第2項中「同号に掲げる小学校就学前子どもに該  当する支給認定子ども」を「満3歳未満保育認定子ども(特定満3  歳以上保育認定子どもを除く。以下この章において同じ。)」に、  「支給認定に」を「教育・保育給付認定に」に、「支給認定子ども  が」を「満3歳未満保育認定子どもが」に改め、同条第3項中「支  給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護者」に改め、同条第4  項中「支給認定子ども」を「満3歳未満保育認定子ども」に改める。   第40条第2項中「法第19条第1項第3号に掲げる小学校就学前  子どもに該当する支給認定子ども」を「満3歳未満保育認定子ども」  に改める。   第41条中「支給認定子ども」を「満3歳未満保育認定子ども」に  改める。   第42条第1項第1号中「支給認定子ども」を「満3歳未満保育認  定子ども」に改め、同項第3号中「支給認定子ども」を「満3歳未満  保育認定子ども」に、「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保  護者」に改め、同条第8項中「第7項」を「第5項」に改め、同条第  9項中「支給認定子ども」を「満3歳未満保育認定子ども」に改める。   第43条第1項中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護  者」に改め、「(当該特定地域型保育事業者が特別利用地域型保育を  提供する場合にあっては法第30条第2項第2号に規定する市町村が  定める額とし、特定利用地域型保育を提供する場合にあっては同項第  3号に規定する市町村が定める額とする。)」を削り、同条第2項中  「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護者」に改め、「(そ  の額が現に当該特定地域型保育に要した費用の額を超えるときは、当  該現に特定地域型保育に要した費用の額)をいい、当該特定地域型保  育事業者が特別利用地域型保育を提供する場合にあっては法第30条  第2項第2号に規定する内閣総理大臣が定める基準により算定した費  用の額(その額が現に当該特別利用地域型保育に要した費用の額を超  えるときは、当該現に特別利用地域型保育に要した費用の額)を、特  定利用地域型保育を提供する場合にあっては同項第3号に規定する内  閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額(その額が現に当該  特定利用地域型保育に要した費用の額を超えるときは、当該現に特定  利用地域型保育に要した費用の額)」を削り、同条第3項から第6項  までの規定中「支給認定保護者」を「教育・保育給付認定保護者」に  改める。   第46条第5号中「支給認定保護者から受領する利用者負担その他  の」を「第43条の規定により教育・保育給付認定保護者から支払を  受ける」に改める。   第47条第1項及び第2項中「支給認定子ども」を「満3歳未満保  育認定子ども」に改める。   第49条第2項中「支給認定子ども」を「満3歳未満保育認定子ど  も」に改め、同項第2号中「に規定する提供した特定地域型保育に係  る必要な事項」を「の規定による特定地域型保育の提供」に改め、同  項第3号中「に規定する」を「の規定による」に改める。   第50条中「特定地域型保育事業」を「特定地域型保育事業者、特  定地域型保育事業所及び特定地域型保育」に、「第14条第1項」を  「第11条中「教育・保育給付認定子どもについて」とあるのは「教  育・保育給付認定子ども(満3歳未満保育認定子どもに限り、特定満  3歳以上保育認定子どもを除く。以下この節において同じ。)につい  て」と、第12条の見出し中「教育・保育」とあるのは「地域型保  育」と、第14条の見出し中「施設型給付費」とあるのは「地域型保  育給付費」と、同条第1項」に、「第28条第1項に規定する特例施  設型給付費を含む。以下この項及び第19条において同じ。)」を  「第27条第1項の施設型給付費をいう。以下」に、「第30条第1  項に規定する特例地域型保育給付費を含む。以下この項及び第50条  において準用する第19条において同じ。)」を「第29条第1項の  地域型保育給付費をいう。以下この項及び第19条において」と、  「施設型給付費の」とあるのは「地域型保育給付費の」と、同条第2  項中「特定教育・保育を」とあるのは「特定地域型保育を」と、第  19条中「施設型給付費」とあるのは「地域型保育給付費」に改める。   第51条第1項中「支給認定子ども」を「教育・保育給付認定子ど  も」に改め、同条第2項中「支給認定子ども及び」を「教育・保育給  付認定子ども及び」に、「同項第3号に掲げる小学校就学前子どもに  該当する支給認定子ども」を「満3歳未満保育認定子ども」に、「支  給認定子どもを」を「教育・保育給付認定子どもを」に改め、同条第  3項中「特別利用地域型保育を含むものとして、本章(第39条第2  項及び第40条第2項を除く。)の規定を適用する」を「特別利用地  域型保育を、地域型保育給付費には特例地域型保育給付費(法第30  条第1項の特例地域型保育給付費をいう。次条第3項において同  じ。)を、それぞれ含むものとして、本章(第40条第2項を除き、  前条において準用する第8条から第14条まで(第10条及び第13  条を除く。)、第17条から第19条まで及び第23条から第33条  までを含む。次条第3項において同じ。)の規定を適用する。この場  合において、第39条第2項中「利用の申込みに係る法第19条第1  項第3号に掲げる小学校就学前子ども」とあるのは「利用の申込みに  係る法第19条第1項第1号に掲げる小学校就学前子ども」と、「満  3歳未満保育認定子ども(特定満3歳以上保育認定子どもを除く。以  下この章において同じ。)」とあるのは「法第19条第1項第1号又  は第3号に掲げる小学校就学前子どもに該当する教育・保育給付認定  子ども(第52条第1項の規定により特定利用地域型保育を提供する  場合にあっては、当該特定利用地域型保育の対象となる法第19条第  1項第2号に掲げる小学校就学前子どもに該当する教育・保育給付認  定子どもを含む。)」と、「教育・保育給付認定に基づき、保育の必  要の程度及び家族等の状況を勘案し、保育を受ける必要性が高いと認  められる満3歳未満保育認定子どもが優先的に利用できるよう、」と  あるのは「抽選、申込みを受けた順序により決定する方法、当該特定  地域型保育事業者の保育に関する理念、基本方針等に基づく選考その  他公正な方法により」と、第43条第1項中「教育・保育給付認定保  護者」とあるのは「教育・保育給付認定保護者(特別利用地域型保育  の対象となる法第19条第1項第1号に掲げる小学校就学前子どもに  該当する教育・保育給付認定子どもに係る教育・保育給付認定保護者  を除く。)」と、同条第2項中「法第29条第3項第1号に掲げる  額」とあるのは「法第30条第2項第2号の内閣総理大臣が定める基  準により算定した費用の額」と、同条第3項中「前2項」とあるのは  「前項」と、同条第4項中「前3項」とあるのは「前2項」と、「掲  げる費用」とあるのは「掲げる費用及び食事の提供(第13条第4項  第3号ア又はイに掲げるものを除く。)に要する費用」と、同条第5
     項中「前各項」とあるのは「前3項」とする」に改める。   第52条第1項及び第2項中「支給認定子ども」を「教育・保育給  付認定子ども」に改め、同条第3項中「特定利用地域型保育を含むも  のとして、本章の規定を適用する」を「特定利用地域型保育を、地域  型保育給付費には特例地域型保育給付費を、それぞれ含むものとして、  本章の規定を適用する。この場合において、第43条第1項中「教  育・保育給付認定保護者」とあるのは「教育・保育給付認定保護者  (特定利用地域型保育の対象となる法第19条第1項第2号に掲げる  小学校就学前子どもに該当する教育・保育給付認定子ども(特定満3  歳以上保育認定子どもに限る。)に係る教育・保育給付認定保護者に  限る。)」と、同条第2項中「法第29条第3項第1号に掲げる額」  とあるのは「法第30条第2項第3号の内閣総理大臣が定める基準に  より算定した費用の額」と、同条第4項中「掲げる費用」とあるのは  「掲げる費用及び食事の提供(特定利用地域型保育の対象となる特定  満3歳以上保育認定子どもに対するもの及び満3歳以上保育認定子ど  も(令第4条第1項第2号に規定する満3歳以上保育認定子どもをい  う。)に係る第13条第4項第3号ア又はイに掲げるものを除く。)  に要する費用」とする」に改める。   附則第2項中「(法第27条第3項第2号に掲げる額(特定教育・  保育施設が」とあるのは「(当該特定教育・保育施設が」と、「額と  し」とあるのは「額をいい」と、「定める額とする。)をいう。)」  とあるのは「定める額をいう。)」を「教育・保育給付認定保護者  (満3歳未満保育認定子ども」とあるのは「教育・保育給付認定保護  者(満3歳未満保育認定子ども(特定保育所(法附則第6条第1項に  規定する特定保育所をいう。次項において同じ。)から特定教育・保  育(保育に限る。第19条において同じ。)を受ける者を除く。以下  この項において同じ。)」に、「(法第27条第3項第1号に掲げる  額」とあるのは「(法附則第6条第3項の規定により読み替えられた  法第28条第2項第1号に規定する内閣総理大臣が定める基準により  算定した費用の額」を「当該特定教育・保育」とあるのは「当該特定  教育・保育(特定保育所における特定教育・保育(保育に限る。)を  除く。)」に改める。   附則第4項及び第5項を削り、附則第6項を附則第4項とし、附則  第7項を附則第5項とする。  (日立市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例  の一部改正) 第3条 日立市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める  条例(平成26年条例第22号)の一部を次のように改正する。   第6条第2項中「適用しない」を「適用しないこととする」に改め、  同条に次の2項を加える。  4 市長は、家庭的保育事業者等による第1項第3号に掲げる事項に   係る連携施設の確保が著しく困難であると認めるときは、同号の規   定を適用しないこととすることができる。  5 前項の場合において、家庭的保育事業者等は、法第59条第1項   に規定する施設のうち、次に掲げるもの(入所定員が20人以上の   ものに限る。)であって、市長が適当と認めるものを第1項第3号   に掲げる事項に係る連携協力を行う者として適切に確保しなければ   ならない。   (1) 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第59条の    2第1項の規定による助成を受けている者の設置する施設(法第    6条の3第12項に規定する業務を目的とするものに限る。)   (2) 法第6条の3第12項又は第39条第1項に規定する業務を目    的とする施設であって、法第6条の3第9項第1号に規定する保    育を必要とする乳児・幼児の保育を行うことに要する費用に係る    地方公共団体の補助を受けているもの   第16条第2項第3号中「。附則第3項において同じ」を削る。   第23条第2項第2号中「第34条の20第1項第4号」を「第  34条の20第1項第3号」に改める。   第37条第2号中「(平成24年法律第65号)」を削る。   第45条に次の1項を加える。  2 保育所型事業所内保育事業を行う者のうち、法第6条の3第12   項第2号に規定する事業を行うものであって、市長が適当と認める   もの(附則第4項において「特例保育所型事業所内保育事業者」と   いう。)については、第6条第1項本文の規定にかかわらず、連携   施設の確保をしないことができる。   附則第3項中「(第22条に規定する家庭的保育事業を行う場所に  おいて実施されるものに限る。)」を削る。   附則第4項中「家庭的保育事業者等」の次に「(特例保育所型事業  所内保育事業者を除く。)」を加え、「5年」を「10年」に改める。  (日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担に  関する条例の一部改正) 第4条 日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負  担に関する条例(平成27年条例第3号)の一部を次のように改正す  る。   第3条から第6条までの規定中「支給認定保護者」を「教育・保育  給付認定保護者」に改める。   第7条第1項第1号中「支給認定子ども」を「教育・保育給付認定  子ども」に改める。   第8条及び第10条並びに附則第5項中「支給認定保護者」を「教  育・保育給付認定保護者」に改める。  (日立市保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第5条 日立市保育所の設置及び管理に関する条例(昭和44年条例第  6号)の一部を次のように改正する。   第4条第1号中「支給認定子ども」を「教育・保育給付認定子ど  も」に改める。  (日立市立認定こども園の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第6条 日立市立認定こども園の設置及び管理に関する条例(平成25  年条例第22号)の一部を次のように改正する。   第5条第1号中「支給認定子ども」を「教育・保育給付認定子ど  も」に改める。    附 則  この条例は、令和元年10月1日から施行する。ただし、第1条及び 第3条の規定は、公布の日から施行する。 14                          議案第65号    日立市建築基準条例の一部を改正する条例の制定について  日立市建築基準条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するも のとする。
          令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  建築基準法施行令の改正に伴い、引用条項を改めるため、本条例を制 定するものであります。    日立市建築基準条例の一部を改正する条例  日立市建築基準条例(平成12年条例第10号)の一部を次のように 改正する。  第28条中「令第129条の2の3第1項第1号ロに掲げる基準」を 「一時間準耐火基準」に改める。  第29条第1号中「第112条第13項第1号」を「第112条第 18項第1号」に改める。  第47条第1項及び第3項中「第112条第13項第2号」を「第 112条第18項第2号」に改める。  第48条第1項中「第112条第13項第1号」を「第112条第 18項第1号」に改める。  第49条中「第112条第13項第1号」を「第112条第18項第 1号」に、「第112条第9項」を「第112条第10項」に改める。  第50条第1項第1号中「第112条第13項第2号」を「第112 条第18項第2号」に改める。  第52条の2中「第112条第14項」を「第112条第19項」に、 「同条第15項」を「同条第20項」に改める。    附 則  この条例は、公布の日から施行する。 15                          議案第66号    日立市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定につ    いて  日立市水道事業給水条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定す るものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  水道法の改正に伴い、指定給水装置工事事業者の指定更新申請手数料 を定めるため、本条例を制定するものであります。    日立市水道事業給水条例の一部を改正する条例  日立市水道事業給水条例(昭和36年条例第9号)の一部を次のよう に改正する。  第9条第1項中「昭和32年法律第177号」の次に「。以下「法」 という。」を加える。  第11条第1項中「第5条」を「第6条」に改める。  別表第3に次のように加える。  ┌──────────┬─────────┬─────────┐  │指定給水装置工事事業│1件につき    │  10,000円│  │          │         │         │  │者指定更新申請手数料│         │         │  └──────────┴─────────┴─────────┘    附 則  この条例は、令和元年10月1日から施行する。 16                          議案第67号    日立市スポーツ広場の設置及び管理に関する条例の一部を    改正する条例の制定について  日立市スポーツ広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条 例を別紙のとおり制定するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  十王スポーツ広場柔剣道場の空調設備使用料を定めるため、本条例を 制定するものであります。    日立市スポーツ広場の設置及び管理に関する条例の一部を    改正する条例  日立市スポーツ広場の設置及び管理に関する条例(平成5年条例第2 号)の一部を次のように改正する。  別表第7項の表会議室・和室(専用使用時は除く。)の項の次に次の
    ように加える。  ┌──────────────────┬───┬───────┐  │空調設備(十王スポーツ広場に限る。)│1時間│    220│  │ ┌────────────────┼───┼───────┤  │ │小・中学生           │1時間│    110│  └─┴────────────────┴───┴───────┘    附 則  この条例は、令和元年10月1日から施行する。 17                          議案第68号    日立市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を    改正する条例の制定について  日立市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する条 例を別紙のとおり制定するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  新たに日立市消防本部南部消防署を設置する等のため、本条例を制定 するものであります。    日立市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を    改正する条例  日立市消防本部及び消防署の設置等に関する条例(昭和39年条例第 21号)の一部を次のように改正する。  別表日立市消防本部多賀消防署の項中「、水木町、森山町、みかの原 町」を削り、同表日立市消防本部臨港消防署の項を次のように改める。  ┌────┬──────┬──────────────────┐  │日立市消│日立市大みか│水木町、森山町、みかの原町、大みか │  │防本部南│町6丁目20│町、久慈町、みなと町、大和田町、石名│  │部消防署│番5号   │坂町、茂宮町、南高野町、下土木内町、│  │    │      │留町、神田町、茨城港日立港区の港湾区│  │    │      │域                 │  └────┴──────┴──────────────────┘    附 則  この条例は、令和2年4月1日から施行する。 18                          議案第69号    滑川団地建替事業建築(3工区)工事の請負契約の締結に    ついて  滑川団地建替事業建築(3工区)工事について、下記のとおり工事請 負契約を締結するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 1 工事の名称  滑川団地建替事業建築(3工区)工事 2 工事の場所  日立市滑川本町1丁目地内 3 工事の概要  新築工事           7号棟            壁式鉄筋コンクリート造 3階建            延床面積 1,253.10m2           8号棟            壁式鉄筋コンクリート造 3階建            延床面積 1,253.10m2 4 契約金額   金534,600,000円 5 契約の相手方 秋山・白土・益三特定建設工事共同企業体            代表者 株式会社秋山工務店                 代表取締役  秋 山 光 伯            構成員 株式会社白土工務店                 代表取締役  白 土 仙一郎            構成員 益三建設株式会社                 代表取締役  益 子   朋 6 完成の期限  令和2年9月30日 7 契約の方法  一般競争入札 ────────────────────────────────  (提案説明)  滑川団地建替事業建築(3工区)工事の請負契約を締結するに当たり、 予定価格が150,000千円以上であるため、議会の議決に付すべき 契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき議会の 議決を求めるものであります。 19                          議案第70号    滑川団地建替事業建築(4工区)工事の請負契約の締結に    ついて  滑川団地建替事業建築(4工区)工事について、下記のとおり工事請
    負契約を締結するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 1 工事の名称  滑川団地建替事業建築(4工区)工事 2 工事の場所  日立市滑川本町1丁目地内 3 工事の概要  新築工事           9号棟            壁式鉄筋コンクリート造 3階建            延床面積 1,253.10m2           10号棟            壁式鉄筋コンクリート造 3階建            延床面積 1,253.10m2 4 契約金額   金530,200,000円 5 契約の相手方 岡部・多賀土木・茨城日鉱特定建設工事共同企業          体           代表者 株式会社岡部工務店                代表取締役    岡 部 英 明           構成員 多賀土木株式会社                代表取締役社長  松 山 昭 彦           構成員 茨城日鉱建設株式会社                代表取締役    松 田 直 樹 6 完成の期限  令和2年9月30日 7 契約の方法  一般競争入札 ────────────────────────────────  (提案説明)  滑川団地建替事業建築(4工区)工事の請負契約を締結するに当たり、 予定価格が150,000千円以上であるため、議会の議決に付すべき 契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき議会の 議決を求めるものであります。 20                          議案第71号    日高小学校校舎改築事業建築工事の請負契約の締結につい    て  日高小学校校舎改築事業建築工事について、下記のとおり工事請負契 約を締結するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 1 工事の名称  日高小学校校舎改築事業建築工事 2 工事の場所  日立市日高町2丁目地内 3 工事の概要  新築工事           鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造) 3階建           延床面積 6,176.74m2 4 契約金額   金1,562,000,000円 5 契約の相手方 りんかい日産・三秀・久下谷特定建設工事共同企          業体           代表者 りんかい日産建設株式会社日立営業所                所   長  高 瀬 孝 二           構成員 三秀建設工業株式会社                代表取締役  片 寄 秀 夫           構成員 久下谷建設株式会社                代表取締役  久下谷 正 男 6 完成の期限  令和2年12月25日 7 契約の方法  一般競争入札 ────────────────────────────────  (提案説明)  日高小学校校舎改築事業建築工事の請負契約を締結するに当たり、予 定価格が150,000千円以上であるため、議会の議決に付すべき契 約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき議会の議 決を求めるものであります。 21                          議案第72号    日高小学校校舎改築事業電気設備工事の請負契約の締結に    ついて  日高小学校校舎改築事業電気設備工事について、下記のとおり工事請 負契約を締結するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹
                   記 1 工事の名称  日高小学校校舎改築事業電気設備工事 2 工事の場所  日立市日高町2丁目地内 3 工事の概要  電気設備工事 一式 4 契約金額   金227,700,000円 5 契約の相手方 イガラシ・戸祭・日立綜合防災特定建設工事共同          企業体           代表者 イガラシ綜業株式会社                代表取締役  五十嵐 則 夫           構成員 有限会社戸祭電気商会                代表取締役  戸 祭   満           構成員 日立綜合防災株式会社日立営業所                所   長  根 本   久 6 完成の期限  令和2年12月25日 7 契約の方法  一般競争入札 ────────────────────────────────  (提案説明)  日高小学校校舎改築事業電気設備工事の請負契約を締結するに当たり、 予定価格が150,000千円以上であるため、議会の議決に付すべき 契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき議会の 議決を求めるものであります。 22                          議案第73号    日高小学校校舎改築事業機械設備工事の請負契約の締結に    ついて  日高小学校校舎改築事業機械設備工事について、下記のとおり工事請 負契約を締結するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 1 工事の名称  日高小学校校舎改築事業機械設備工事 2 工事の場所  日立市日高町2丁目地内 3 工事の概要  機械設備工事 一式 4 契約金額   金280,698,000円 5 契約の相手方 藤・日立管工・三ツ和特定建設工事共同企業体           代表者 株式会社藤設備                代表取締役  斉 藤 敏 男           構成員 株式会社日立管工所                代表取締役  長谷川 英 司           構成員 株式会社三ツ和水道工業所                代表取締役  菊 地 智 浩 6 完成の期限  令和2年12月25日 7 契約の方法  一般競争入札 ────────────────────────────────  (提案説明)  日高小学校校舎改築事業機械設備工事の請負契約を締結するに当たり、 予定価格が150,000千円以上であるため、議会の議決に付すべき 契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき議会の 議決を求めるものであります。 23                          議案第74号    久慈小学校校舎・屋内運動場改築事業屋内運動場建築工事    の請負契約の締結について  久慈小学校校舎・屋内運動場改築事業屋内運動場建築工事について、 下記のとおり工事請負契約を締結するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 1 工事の名称  久慈小学校校舎・屋内運動場改築事業屋内運動場          建築工事 2 工事の場所  日立市久慈町1丁目地内 3 工事の概要  新築工事
              鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造) 平家建           延床面積 1,299.58m2 4 契約金額   金532,400,000円 5 契約の相手方 岡部・日立土木・久下谷特定建設工事共同企業体           代表者 株式会社岡部工務店                代表取締役  岡 部 英 明           構成員 日立土木株式会社                代表取締役  沢 畑 正 剛           構成員 久下谷建設株式会社                代表取締役  久下谷 正 男 6 完成の期限  令和2年8月31日 7 契約の方法  一般競争入札 ────────────────────────────────  (提案説明)  久慈小学校校舎・屋内運動場改築事業屋内運動場建築工事の請負契約 を締結するに当たり、予定価格が150,000千円以上であるため、 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条 の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。 24                          議案第75号    南部地区消防庁舎整備事業建築工事の請負契約の変更につ    いて  平成30年9月28日議会の議決を得た南部地区消防庁舎整備事業建 築工事について、下記のとおり工事の概要及び契約金額を変更するもの とする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 1 工事の概要  新築工事           庁舎棟            鉄筋コンクリート造 3階建            延床面積 2,822.04m2           給油所            鉄骨造 平家建            延床面積 21.00m2           駐輪場            鉄骨造 平家建            延床面積 20.47m2          外構工事 一式 2 契約金額   金1,050,148,800円 ────────────────────────────────  (提案説明)  水防倉庫兼放水訓練棟の計画位置を変更するため、工事の概要及び契 約金額を変更するものであります。 25                          議案第76号    南部地区消防庁舎整備事業電気設備工事の請負契約の変更    について  平成30年9月28日議会の議決を得た南部地区消防庁舎整備事業電 気設備工事について、下記のとおり契約金額を変更するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 1 契約金額   金234,424,800円 ────────────────────────────────  (提案説明)  水防倉庫兼放水訓練棟の計画位置の変更に伴い、契約金額を変更する ものであります。 26                          議案第77号    南部地区消防庁舎整備事業機械設備工事の請負契約の変更    について  平成30年9月28日議会の議決を得た南部地区消防庁舎整備事業機 械設備工事について、下記のとおり契約金額を変更するものとする。
          令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 1 契約金額   金170,674,600円 ────────────────────────────────  (提案説明)  水防倉庫兼放水訓練棟の計画位置の変更に伴い、契約金額を変更する ものであります。 27                          議案第78号    平成30年度決算の認定について  平成30年度下記一般会計及び特別会計歳入歳出決算について、別冊 のとおり監査委員の意見を付けて、認定に付するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 平成30年度日立市一般会計 平成30年度日立市国民健康保険事業特別会計 平成30年度日立市介護保険事業特別会計 平成30年度日立市介護サービス事業特別会計 平成30年度日立市戸別合併処理浄化槽事業特別会計 平成30年度日立市後期高齢者医療事業特別会計 平成30年度日立市水道事業会計 平成30年度日立市下水道事業会計 28                          議案第79号    平成30年度日立市水道事業会計未処分利益剰余金の処分    について  平成30年度日立市水道事業会計未処分利益剰余金について、下記の とおり処分するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 未処分利益剰余金処分額       1,380,483,704円   減債積立金          203,448,147円   建設改良積立金        135,632,098円   資本金          1,041,403,459円  (提案説明)  未処分利益剰余金を処分するに当たり、地方公営企業法第32条第2 項の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。 29                          議案第80号    平成30年度日立市下水道事業会計未処分利益剰余金の処    分について  平成30年度日立市下水道事業会計未処分利益剰余金について、下記 のとおり処分するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 未処分利益剰余金処分額         404,666,309円   資本金             404,666,309円  (提案説明)  未処分利益剰余金を処分するに当たり、地方公営企業法第32条第2 項の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。 30                          議案第81号    土地の買入れについて  下記のとおり土地を買い入れるものとする。       令和元年9月5日提出
                    日立市長  小 川 春 樹                記 1 土地の所在地、地目、地積  ┌────────────────┬─────┬───────┐  │     土地の所在地     │ 地 目 │  地 積  │  ├────────────────┼─────┼───────┤  │                │     │      m2│  │日立市鮎川町3丁目  134番 3 │ 宅地  │  4,946.96 │  │                │     │       │  │    〃      136番   │  〃  │   182.18 │  ├────────────────┴─────┼───────┤  │       計  (2筆)        │  5,129.14 │  └──────────────────────┴───────┘ 2 買入れ予定価格 金104,146,738円 3 買入れの相手方 □□□□            □□□□ □□□□ 4 買入れの方法  随意契約 ────────────────────────────────  (提案説明)  鮎川町地内道路新設事業用地を買い入れるに当たり、議会の議決に付 すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき 議会の議決を求めるものであります。 31                          議案第82号    損害賠償の額を定めることについて  損害賠償の額を別紙のとおり定めるものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  個人情報の漏えいによる損害賠償の額を定めるため、議会の議決を求 めるものであります。    損害賠償の額を定めることについて  平成31年4月23日午前11時頃、市職員が、DV等支援措置対象 者の住所を当該支援措置に係る加害者に漏えいし、当該支援措置対象者 に転居を余儀なくさせたので、これによる損害に対する賠償の額を下記 のとおり定める。                記  損害賠償額  金1,673,640円 32                          議案第83号    日立市屋内型子どもの遊び場の指定管理者の指定について  下記のとおり日立市屋内型子どもの遊び場の指定管理者を指定するも のとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 1 施設の名称  日立市屋内型子どもの遊び場 2 指定管理者  特定非営利活動法人子ども大学常陸 3 指定の期間  令和元年10月1日から令和7年3月31日まで ────────────────────────────────  (提案説明)  日立市屋内型子どもの遊び場の指定管理者を指定するに当たり、地方 自治法第244条の2第6項の規定に基づき議会の議決を求めるもので あります。 33                          議案第84号    消費税及び地方消費税の税率の引上げに伴う関係条例の整    理に関する条例の制定について
     消費税及び地方消費税の税率の引上げに伴う関係条例の整理に関する 条例を別紙のとおり制定するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  消費税及び地方消費税の税率の引上げに伴い、関係条例に規定する使 用料の額等を改めるため、本条例を制定するものであります。    消費税及び地方消費税の税率の引上げに伴う関係条例の整    理に関する条例 目次  第1章 総務部関係(第1条・第2条)  第2章 財政部関係(第3条)  第3章 生活環境部関係(第4条─第15条)  第4章 保健福祉部関係(第16条・第17条)  第5章 都市建設部関係(第18条─第21条)  第6章 産業経済部関係(第22条─第31条)  第7章 企業局関係(第32条・第33条)  第8章 消防本部関係(第34条)  第9章 教育委員会関係(第35条─第40条)  附則    第1章 総務部関係  (日立市駐車場設置及び管理等に関する条例の一部改正) 第1条 日立市駐車場設置及び管理等に関する条例(昭和47年条例第  37号)の一部を次のように改正する。   別表第3項の表中「7,560円」を「7,700円」に、  「5,400円」を「5,500円」に改める。  (日立市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第2条 日立市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例(平成4年条  例第28号)の一部を次のように改正する。   別表自転車の項中「2,100」を「2,140」に、  「1,680」を「1,710」に、「1,340」を  「1,370」に、「5,250」を「5,350」に、  「4,200」を「4,280」に、「3,360」を  「3,420」に、「10,500」を「10,700」に、  「8,400」を「8,560」に、「6,720」を  「6,840」に、「1,470」を「1,500」に、  「1,180」を「1,200」に、「940」を「960」に、  「3,680」を「3,750」に、「2,940」を  「3,000」に、「2,350」を「2,390」に、  「7,350」を「7,490」に、「5,880」を  「5,990」に、「4,700」を「4,780」に改め、同表原  動機付自転車の項中「3,150」を「3,210」に、  「7,880」を「8,030」に、「15,760」を  「16,060」に改め、同表自動二輪車の項中「3,240」を  「3,300」に、「330」を「340」に改める。    第2章 財政部関係  (日立市行政財産使用料条例の一部改正) 第3条 日立市行政財産使用料条例(昭和42年条例第2号)の一部を  次のように改正する。        「108    「110   別表第1中 ───  を  ─── に改める。         100」    100」   別表第2備考4中「100分の108」を「100分の110」  に改める。    第3章 生活環境部関係  (日立市市民会館設置及び管理等に関する条例の一部改正) 第4条 日立市市民会館設置及び管理等に関する条例(昭和40年条例  第25号)の一部を次のように改正する。   別表第1号の表中「9,720」を「9,900」に、  「15,120」を「15,400」に、「21,600」を  「22,000」に、「10,800」を「11,000」に、  「28,080」を「28,600」に、「3,240」を  「3,300」に、「5,400」を「5,500」に、  「8,640」を「8,800」に、「4,320」を  「4,400」に、「3,670」を「3,740」に、  「5,180」を「5,280」に、「5,830」を  「5,940」に、「330」を「340」に、「430」を  「440」に、「650」を「660」に、「550」を「560」  に、「760」を「780」に、「1,080」を「1,100」に、  「2,380」を「2,420」に、「4,750」を  「4,840」に、「1,510」を「1,540」に、  「2,160」を「2,200」に、「2,810」を  「2,860」に、「980」を「1,000」に、「1,300」  を「1,320」に、「1,840」を「1,880」に、  「1,940」を「1,980」に、「2,590」を  「2,640」に、「3,020」を「3,080」に改め、同表第  2号の表中「6,170」を「6,290」に、「8,430」を  「8,590」に、「9,260」を「9,430」に、  「12,650」を「12,890」に、「2,260」を  「2,300」に、「3,600」を「3,670」に、「410」  を「420」に、「620」を「630」に、「720」を  「730」に、「510」を「520」に、「1,540」を  「1,570」に、「2,470」を「2,510」に、  「2,880」を「2,930」に、「1,850」を  「1,890」に、「2,980」を「3,040」に、  「3,500」を「3,560」に、「820」を「840」に、  「1,340」を「1,360」に、「4,830」を  「4,920」に、「6,480」を「6,600」に、  「2,370」を「2,410」に、「3,240」を
     「3,300」に改める。  (日立市吉田正音楽記念館の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第5条 日立市吉田正音楽記念館の設置及び管理に関する条例(平成  15年条例第33号)の一部を次のように改正する。   別表第1中「820円」を「840円」に、「410円」を  「420円」に、「1,320円」を「1,340円」に、「660  円」を「670円」に改める。   別表第2中「5,140円」を「5,240円」に、「2,570  円」を「2,620円」に改める。  (日立市角記念市民ギャラリーの設置及び管理に関する条例の一部改  正) 第6条 日立市角記念市民ギャラリーの設置及び管理に関する条例(平  成22年条例第19号)の一部を次のように改正する。   別表中「5,140円」を「5,240円」に、「7,710円」  を「7,860円」に、「10,290円」を「10,480円」に  改める。  (日立市駐車場設置及び管理等に関する条例の一部改正) 第7条 日立市駐車場設置及び管理等に関する条例の一部を次のように  改正する。   別表第2項の表中「1,080円」を「1,100円」に改め、同  表第3項の表中「10,800円」を「11,000円」に改める。  (日立シビックセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正) 第8条 日立シビックセンターの設置及び管理に関する条例(平成2年  条例第19号)の一部を次のように改正する。   別表第1中「520」を「530」に、「470」を「480」に  改める。   別表第2中「10,500」を「10,680」に、  「5,250」を「5,340」に改める。   別表第3中「15,740」を「16,020」に、  「7,870」を「8,010」に、「20,960」を  「21,360」に、「10,480」を「10,680」に、  「6,300」を「6,420」に、「3,150」を  「3,210」に、「1,680」を「1,720」に、「840」  を「860」に、「2,940」を「3,000」に、  「1,470」を「1,500」に、「1,900」を  「1,920」に、「950」を「960」に、「1,460」を  「1,480」に、「730」を「740」に、「2,500」を  「2,560」に、「1,250」を「1,280」に、「630」         「       「          ┌───┐   ┌───┐          │420│   │430│ を「640」に、 ├───┤ を ├───┤ に改める。          │420│   │430│          └───┘   └───┘               」       」   別表第4中「6,300」を「6,420」に、「3,150」を  「3,210」に、「8,400」を「8,540」に、  「4,200」を「4,270」に、「1,050」を  「1,060」に、「520」を「530」に、「840」を        「       「         ┌───┐   ┌───┐         │420│   │430│ 「860」に、 ├───┤ を ├───┤ に改める。         │320│   │320│         └───┘   └───┘              」       」   別表第5中「3,150」を「3,200」に、「1,570」を  「1,600」に、「1,680」を「1,720」に、「840」  を「860」に、「2,100」を「2,140」に、  「1,050」を「1,070」に、「2,500」を  「2,560」に、「1,250」を「1,280」に、「630」  を「640」に、「2,740」を「2,780」に、  「1,370」を「1,390」に、「7,540」を  「7,680」に、「3,770」を「3,840」に、  「2,940」を「3,000」に、「1,470」を  「1,500」に、「420」を「430」に、「5,460」を  「5,560」に、「2,730」を「2,780」に、  「6,700」を「6,840」に、「3,350」を  「3,420」に改める。   別表第6中「15,120」を「15,400」に、  「7,560」を「7,700」に、「2,540」を  「2,580」に、「1,270」を「1,290」に改める。   別表第7中「62,920」を「64,080」に、  「5,250」を「5,340」に、「4,400」を  「4,480」に、「370」を「380」に改める。   別表第8中「17,400」を「17,720」に、  「8,700」を「8,860」に改める。  (日立市自然の村設置及び管理に関する条例の一部改正) 第9条 日立市自然の村設置及び管理に関する条例(昭和51年条例第  33号)の一部を次のように改正する。   別表中「430円」を「440円」に、「110円」を「120  円」に改める。  (日立市青少年の家の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第10条 日立市青少年の家の設置及び管理に関する条例(昭和60年  条例第5号)の一部を次のように改正する。   別表第1項の表中「650円」を「660円」に、「330円」を  「340円」に、「110円」を「120円」に改め、同表第2項の  表中「330円」を「340円」に、「430円」を「440円」に、  「480円」を「490円」に、「650円」を「660円」に、  「980円」を「1,000円」に、「1,300円」を  「1,320円」に改め、同表第3項の表中「640円」を「650  円」に、「960円」を「970円」に、「2,240円」を  「2,280円」に、「3,360円」を「3,400円」に改める。  (日立市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正) 第11条 日立市廃棄物の処理及び清掃に関する条例(昭和47年条例  第22号)の一部を次のように改正する。   第12条第1項第2号ア中「400円」を「410円」に、  「380円」を「390円」に改め、同号エ中「430円」を  「440円」に改め、同号オ中「510円」を「520円」に改める。   別表中「620円」を「630円」に、「1,240円」を
     「1,260円」に改める。  (日立市戸別合併処理浄化槽の維持管理に関する条例の一部改正) 第12条 日立市戸別合併処理浄化槽の維持管理に関する条例(平成  15年条例第24号)の一部を次のように改正する。   第8条第1項中「100分の108」を「100分の110」に改  める。  (日立市葬祭場設置及び管理に関する条例の一部改正) 第13条 日立市葬祭場設置及び管理に関する条例(昭和52年条例第  3号)の一部を次のように改正する。   別表中「16,200」を「16,500」に、「4,320」を  「4,400」に、「9,620」を「9,800」に、  「3,460」を「3,520」に、「3,240」を  「3,300」に、「1,730」を「1,760」に、  「1,630」を「1,660」に、「1,300」を  「1,320」に、「1,080」を「1,100」に改める。  (日立市霊園の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第14条 日立市霊園の設置及び管理に関する条例(平成7年条例第  21号)の一部を次のように改正する。   別表第2第1項の表中「18,870円」を「19,220円」に、  「1,570円」を「1,600円」に、「14,150円」を  「14,420円」に、「1,150円」を「1,170円」に、  「9,430円」を「9,610円」に、「730円」を「740  円」に、「7,860円」を「8,000円」に、「630円」を  「640円」に、「6,530円」を「6,650円」に、「520  円」を「530円」に改め、同表第2項の表中「4,110円」を  「4,190円」に、「870円」を「890円」に、「3,190  円」を「3,250円」に改め、同表第3項の表中「5,140円」  を「5,240円」に、「870円」を「890円」に、  「4,110円」を「4,190円」に改め、同表第4項の表中  「6,170円」を「6,290円」に、「510円」を「520  円」に、「4,630円」を「4,710円」に、「3,090円」  を「3,140円」に改める。  (日立市東平霊園使用条例の一部改正) 第15条 日立市東平霊園使用条例(昭和33年条例第14号)の一部  を次のように改正する。   第11条第1項中「1,030円」を「1,050円」に改める。   別表中「770円」を「790円」に、「670円」を「680  円」に、「510円」を「520円」に改める。    第4章 保健福祉部関係  (日立市保健センターの設置及び管理に関する条例の一部改正) 第16条 日立市保健センターの設置及び管理に関する条例(平成12  年条例第1号)の一部を次のように改正する。   別表中「600」を「610」に、「300」を「310」に、  「900」を「920」に、「450」を「460」に、  「1,200」を「1,220」に、「2,100」を  「2,140」に、「1,050」を「1,070」に、  「3,150」を「3,210」に、「1,570」を  「1,610」に、「4,200」を「4,280」に改める。  (日立市十王総合健康福祉センターの設置及び管理に関する条例の一  部改正) 第17条 日立市十王総合健康福祉センターの設置及び管理に関する条  例(平成16年条例第36号)の一部を次のように改正する。   別表第2中  「   ┌──────┬──────┬──────┬───────┬──────┐   │13,890│18,510│23,130│ 55,530│ 6,180│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │17,360│23,140│28,910│ 69,410│ 7,730│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │ 4,630│ 6,170│ 7,710│ 18,510│ 2,060│ を   └──────┴──────┴──────┴───────┴──────┴──   ┌──────┬──────┬──────┬───────┬──────┬──   │ 5,790│ 7,710│ 9,640│ 23,140│ 2,580│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │13,890│18,510│23,130│ 55,530│ 6,180│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │17,360│23,140│28,910│ 69,410│ 7,730│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │16,670│22,210│27,760│ 66,640│ 7,420│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │20,840│27,760│34,700│ 83,300│ 9,280│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │20,000│26,650│33,310│ 79,960│ 8,900│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │25,000│33,310│41,640│ 99,950│11,130│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │24,000│31,980│39,970│ 95,950│10,680│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │30,000│39,980│49,960│119,940│13,350│   └──────┴──────┴──────┴───────┴──────┘                                        」  「   ┌──────┬──────┬──────┬───────┬──────┐   │14,130│18,870│23,580│ 56,580│ 6,300│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │17,660│23,590│29,480│ 70,730│ 7,880│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │ 4,710│ 6,290│ 7,860│ 18,860│ 2,100│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │ 5,890│ 7,860│ 9,830│ 23,580│ 2,630│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │14,130│18,870│23,580│ 56,580│ 6,300│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │17,660│23,590│29,480│ 70,730│ 7,880│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤ に   │16,960│22,640│28,300│ 67,900│ 7,560│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │21,200│28,300│35,380│ 84,880│ 9,450│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │20,350│27,170│33,960│ 81,480│ 9,070│
      ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │25,440│33,960│42,450│101,850│11,340│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │24,420│32,600│40,750│ 97,770│10,880│   ├──────┼──────┼──────┼───────┼──────┤   │30,530│40,750│50,940│122,220│13,600│   └──────┴──────┴──────┴───────┴──────┘                                        」  改める。   別表第3中「1,030」を「1,050」に、「1,230」を  「1,260」に改める。   別表第4中「5,140円」を「5,240円」に改める。    第5章 都市建設部関係  (日立市都市公園条例の一部改正) 第18条 日立市都市公園条例(昭和32年条例第3号)の一部を次の  ように改正する。   別表第2第3項の表備考2中「100分の108」を「100分の  110」に改め、同表第4項の表中「1,300」を「1,320」  に、「3,290」を「3,350」に、「5,400」を  「5,500」に、「17,830」を「18,160」に改め、同  項の表備考1中「100分の108」を「100分の110」に改め  る。  (日立市法定外公共物管理条例の一部改正) 第19条 日立市法定外公共物管理条例(平成13年条例第27号)の  一部を次のように改正する。   第9条第3項中「100分の108」を「100分の110」に改  める。  (日立市道路占用料条例の一部改正) 第20条 日立市道路占用料条例(昭和59年条例第4号)の一部を次  のように改正する。   第3条第2項中「100分の108」を「100分の110」に改  める。  (日立市準用河川占用料条例の一部改正) 第21条 日立市準用河川占用料条例(平成11年条例第27号)の一  部を次のように改正する。   第2条第3項中「100分の108」を「100分の110」に改  める。    第6章 産業経済部関係  (日立地区産業支援センターの設置及び管理に関する条例の一部改  正) 第22条 日立地区産業支援センターの設置及び管理に関する条例(平  成10年条例第26号)の一部を次のように改正する。   別表第1中「4,530」を「4,610」に、「1,130」を  「1,150」に、「930」を「940」に、「230」を  「240」に、「1,850」を「1,890」に、「460」を  「470」に、「660」を「670」に改める。   別表第2中「5,550」を「5,660」に、「3,510」を  「3,580」に、「2,040」を「2,080」に改める。   別表第3中「820」を「840」に改める。   別表第4中「2,570円」を「2,620円」に改める。  (奥日立きららの里の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第23条 奥日立きららの里の設置及び管理に関する条例(平成5年条  例第25号)の一部を次のように改正する。   別表第2中「3,150円」を「3,210円」に、  「12,580円」を「12,810円」に、「2,100円」を  「2,140円」に、「3,670円」を「3,740円」に、  「14,680円」を「14,950円」に、「2,620円」を  「2,670円」に、「6,290円」を「6,410円」に、  「25,170円」を「25,640円」に、「5,500円」を  「5,600円」に、「22,020円」を「22,430円」に、  「520円」を「530円」に、「1,050円」を「1,070  円」に、「1,570円」を「1,600円」に、「8,390円」  を「8,550円」に、「1,250円」を「1,280円」に、  「730円」を「740円」に、「1,350円」を「1,380  円」に、「2,700円」を「2,750円」に改める。  (日立市鵜来来の湯十王の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第24条 日立市鵜来来の湯十王の設置及び管理に関する条例(平成  16年条例第39号)の一部を次のように改正する。   別表中「820」を「830」に、「8,200」を  「8,300」に、「1,020」を「1,040」に、「510」  を「520」に、「5,100」を「5,200」に、「410」を  「420」に改める。  (久慈サンピア日立の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第25条 久慈サンピア日立の設置及び管理に関する条例(平成21年  条例第27号)の一部を次のように改正する。   別表第1中「7,160」を「7,290」に、「4,770」を  「4,860」に、「9,750」を「9,930」に、  「6,500」を「6,620」に、「6,540」を  「6,660」に、「4,360」を「4,440」に、  「8,270」を「8,420」に、「5,510」を  「5,610」に、「6,050」を「6,160」に、  「4,030」を「4,110」に、「5,180」を  「5,280」に、「3,450」を「3,520」に、  「4,690」を「4,780」に、「3,130」を  「3,190」に、「13,580」を「13,830」に、  「9,050」を「9,220」に、「8,760」を  「8,930」に、「5,840」を「5,950」に、  「6,790」を「6,910」に、「4,530」を  「4,610」に、「5,800」を「5,910」に、  「3,870」を「3,940」に、「16,660」を  「16,970」に、「11,110」を「11,310」に、  「10,610」を「10,810」に、「7,070」を  「7,210」に、「9,260」を「9,430」に、  「6,170」を「6,290」に、「7,780」を  「7,920」に、「7,040」を「7,170」に、  「4,110」を「4,190」に、「2,880」を  「2,930」に、「3,010」を「3,060」に改める。   別表第2中「1,950」を「1,990」に、「5,850」を  「5,970」に、「4,010」を「4,090」に、  「12,030」を「12,270」に、「6,380」を
     「6,500」に、「19,140」を「19,500」に、  「13,060」を「13,300」に、「39,180」を  「39,900」に、「27,050」を「27,550」に、  「81,150」を「82,650」に、「3,290」を  「3,350」に、「9,870」を「10,050」に、  「1,850」を「1,890」に、「5,550」を  「5,670」に、「3,090」を「3,140」に、  「9,260」を「9,420」に、「6,070」を  「6,180」に、「18,210」を「18,540」に、  「12,340」を「12,570」に、「37,020」を  「37,710」に改める。   別表第3中「510」を「520」に改める。  (久慈サンピア日立スポーツセンターの設置及び管理に関する条例の  一部改正) 第26条 久慈サンピア日立スポーツセンターの設置及び管理に関する  条例(平成21年条例第28号)の一部を次のように改正する。   別表第2項の表中「1,730」を「1,760」に、  「2,600」を「2,640」に、「860」を「880」に、  「1,290」を「1,320」に、「430」を「440」に、  「650」を「660」に改め、同表第3項の表中「640」を  「650」に、「960」を「980」に改め、同表第4項の表中  「1,080」を「1,100」に、「540」を「550」に、  「160」を「170」に改める。  (日立市市民プール設置及び管理等に関する条例の一部改正) 第27条 日立市市民プール設置及び管理等に関する条例(昭和41年  条例第26号)の一部を次のように改正する。   別表第2第1号の表中「510円」を「520円」に、「150  円」を「160円」に、「5,100円」を「5,200円」に、  「1,500円」を「1,600円」に改め、同表第3号の表中  「4,320円」を「4,400円」に、「30,240円」を  「30,800円」に、「3,240円」を「3,300円」に、  「6,480円」を「6,600円」に、「45,360円」を  「46,200円」に、「5,400円」を「5,500円」に改め  る。  (日立市ホリゾンかみねの設置及び管理に関する条例の一部改正) 第28条 日立市ホリゾンかみねの設置及び管理に関する条例(昭和  60年条例第28号)の一部を次のように改正する。   別表第1項の表中「2,380」を「2,420」に、  「3,890」を「3,960」に、「4,970」を  「5,060」に、「1,410」を「1,440」に、  「2,270」を「2,320」に、「2,920」を  「2,980」に、「1,190」を「1,220」に、  「1,940」を「1,980」に、「2,490」を  「2,540」に、「1,630」を「1,660」に、  「2,710」を「2,760」に、「3,460」を  「3,520」に、「4,650」を「4,740」に、  「7,670」を「7,820」に、「9,940」を  「10,120」に改め、同表第2項の表中「410」を「420」  に、「150」を「160」に改める。  (日立市たかはら自然体験交流施設の設置及び管理に関する条例の一  部改正) 第29条 日立市たかはら自然体験交流施設の設置及び管理に関する条  例(平成21年条例第1号)の一部を次のように改正する。   別表第1項の表中「3,700円」を「3,770円」に、  「1,850円」を「1,890円」に改め、同表備考2中  「1,300円」を「1,320円」に改め、同表第2項の表中  「620円」を「630円」に、「820円」を「840円」に、  「1,030円」を「1,050円」に、「770円」を「790  円」に、「1,130円」を「1,150円」に、「100円」を  「110円」に、「150円」を「160円」に改める。  (日立駅情報交流プラザの設置及び管理に関する条例の一部改正) 第30条 日立駅情報交流プラザの設置及び管理に関する条例(平成  23年条例第17号)の一部を次のように改正する。   別表第1項の表中「1,020円」を「1,040円」に、  「510円」を「520円」に改め、同表第2項の表中「820円」  を「840円」に、「410円」を「420円」に改める。  (日立市都市公園条例の一部改正) 第31条 日立市都市公園条例の一部を次のように改正する。   別表第2第2項の表中「6,500」を「6,620」に改め、同  表第5項第1号アの表中「510」を「520」に、「1,220」  を「1,250」に、「410」を「420」に、「460」を  「470」に改める。    第7章 企業局関係  (日立市水道事業給水条例の一部改正) 第32条 日立市水道事業給水条例(昭和36年条例第9号)の一部を  次のように改正する。   第26条中「100分の108」を「100分の110」に改める。   別表第2中「29,160円」を「29,700円」に、  「64,800円」を「66,000円」に、「108,000円」  を「110,000円」に、「172,800円」を  「176,000円」に、「307,800円」を「313,500  円」に、「475,200円」を「484,000円」に、  「1,080,000円」を「1,100,000円」に、  「1,922,400円」を「1,958,000円」に、  「4,320,000円」を「4,400,000円」に、  「7,668,000円」を「7,810,000円」に改める。  (日立市下水道条例の一部改正) 第33条 日立市下水道条例(昭和47年条例第35号)の一部を次の  ように改正する。   第12条中「100分の108」を「100分の110」に改める。    第8章 消防本部関係  (日立市手数料条例の一部改正) 第34条 日立市手数料条例(昭和46年条例第5号)の一部を次のよ  うに改正する。   別表4危険物規制関係の表第2項第2号中「1,580,000」  を「1,590,000」に、「1,940,000」を  「1,950,000」に、「2,260,000」を  「2,270,000」に改め、同表第10項第1号中  「4,320」を「4,400」に改め、同項第2号中  「4,320」を「4,400」に、「6,480」を
     「6,600」に改める。    第9章 教育委員会関係  (日立市教育プラザの設置及び管理に関する条例の一部改正) 第35条 日立市教育プラザの設置及び管理に関する条例(平成9年条  例第49号)の一部を次のように改正する。   別表中「4,220」を「4,300」に、「5,050」を  「5,140」に、「6,320」を「6,430」に、  「1,350」を「1,370」に、「1,630」を  「1,660」に、「2,020」を「2,050」に、  「1,420」を「1,450」に、「1,700」を  「1,730」に、「2,120」を「2,160」に、「640」  を「650」に、「760」を「780」に、「950」を  「960」に改める。  (日立市都市公園条例の一部改正) 第36条 日立市都市公園条例の一部を次のように改正する。   別表第2第5項第2号を次のように改める。   (2) 市民運動公園    ア 野球場使用料                               (単位 円)    ┌────────────────────┬─────┬─────┐    │         区分         │ 市内  │ 市外  │    ├─────────┬───────┬──┼─────┼─────┤    │アマチュアスポーツ│専用使用   │1回│3,960│5,940│    │         │ ┌─────┼──┼─────┼─────┤    │         │ │小・中学生│1回│1,980│2,970│    ├─────────┼─┴─────┼──┼─────┴─────┤    │アマチュアスポーツ│専用使用   │1回│     11,000│    │         │       │  │           │    │以外の営利宣伝を目│ ┌─────┼──┼───────────┤    │         │ │小・中学生│1回│      5,500│    │的としない催物  │ │     │  │           │    ├─────────┼─┴─────┼──┼───────────┤    │営利宣伝を目的と │       │  │           │    │         │専用使用   │1回│     55,000│    │する催物     │       │  │           │    └─────────┴───────┴──┴───────────┘    イ 陸上競技場使用料                               (単位 円)    ┌────────────────────┬─────┬─────┐    │         区分         │ 市内  │ 市外  │    ├───────┬────────┬───┼─────┼─────┤    │アマチュアスポ│専用使用    │ 1回│3,960│5,940│    │       │  ┌─────┼───┼─────┼─────┤    │ーツ     │  │小・中学生│ 1回│1,980│2,970│    │       ├──┼─────┼───┼─────┼─────┤    │       │個人│大人   │ 1日│  230│  350│    │       │  ├─────┼───┼─────┼─────┤    │       │使用│高校生  │ 1日│  120│  180│    │       │  ├─────┼───┼─────┼─────┤    │       │  │小・中学生│ 1日│   40│   60│    │       ├──┴─────┼───┼─────┼─────┤    │       │会員使用    │1年間│4,400│6,600│    │       │  ┌─────┼───┼─────┼─────┤    │       │  │小・中学生│1年間│2,200│3,300│    └───────┴──┴─────┴───┴───────────┘    ┌───────┬────────┬───┬───────────┐    │アマチュアスポ│        │   │           │    │       │専用使用    │ 1回│     11,000│    │ーツ以外の営利│        │   │           │    │       │  ┌─────┼───┼───────────┤    │宣伝を目的とし│  │     │   │           │    │       │  │小・中学生│ 1回│      5,500│    │ない催物   │  │     │   │           │    ├───────┼──┴─────┼───┼───────────┤    │営利宣伝を目的│専用使用    │ 1回│     55,000│    │とする催物  │        │   │           │    └───────┴────────┴───┴───────────┘    ウ 総合体育館使用料                                  (単位 円)    ┌──┬────────────────────┬─────┬─────┐    │施設│         区分         │ 市内  │ 市外  │    ├──┼────┬───────────┬───┼─────┼─────┤    │メイ│営利宣伝│専用使用(全面)   │ 1回│5,350│8,030│    │  │    │    ┌──────┼───┼─────┼─────┤    │ンア│を目的と│    │小・中学生 │ 1回│2,680│4,020│    │  │    ├────┴──────┼───┼─────┼─────┤    │リー│しない催│専用使用(3分の   │ 1回│1,780│2,680│    │  │    │    ┌──────┼───┼─────┼─────┤    │ナ │物   │1面) │小・中学生 │ 1回│  890│1,340│    │  │    ├────┴──────┼───┼─────┼─────┤    │  │    │専用使用(12分   │ 1回│  450│  670│    │  │    │    ┌──────┼───┼─────┼─────┤    │  │    │の1面)│小・中学生 │ 1回│  220│  330│    │  ├────┼────┴──────┼───┼─────┴─────┤    │  │営利宣伝│           │   │           │    │  │    │           │   │           │    │  │を目的と│専用使用(全面)   │ 1回│     74,900│    │  │    │           │   │           │    │  │する催物│           │   │           │    ├──┼────┼───────────┼───┼─────┬─────┤    │サブ│営利宣伝│専用使用(全面)   │ 1回│1,780│2,670│    │  │    │    ┌──────┼───┼─────┼─────┤    │アリ│を目的と│    │小・中学生 │ 1回│  890│1,340│    │  │    ├────┴──────┼───┼─────┼─────┤    │ーナ│しない催│専用使用(4分の   │ 1回│  450│  670│    │  │    │    ┌──────┼───┼─────┼─────┤    │  │物   │1面) │小・中学生 │ 1回│  220│  330│    │  ├────┼────┴──────┼───┼─────┴─────┤    │  │営利宣伝│           │   │           │    │  │    │           │   │           │
       │  │を目的と│専用使用(全面)   │ 1回│     24,920│    │  │    │           │   │           │    │  │する催物│           │   │           │    ├──┼────┼───────────┼───┼─────┬─────┤    │武道│営利宣伝│専用使用(全面)   │ 1回│1,080│1,620│    │  │    │    ┌──────┼───┼─────┼─────┤    │場 │を目的と│    │小・中学生 │ 1回│  540│  810│    │  │    ├────┴──────┼───┼─────┼─────┤    │  │しない催│専用使用(2分の   │ 1回│  540│  810│    │  │    │    ┌──────┼───┼─────┼─────┤    │  │物   │1面) │小・中学生 │ 1回│  270│  410│    │  ├────┼────┴──────┼───┼─────┴─────┤    │  │営利宣伝│専用使用(全面)   │ 1回│     15,120│    │  │    ├───────────┼───┼───────────┤    │  │を目的と│専用使用(2分の   │   │           │    │  │    │           │ 1回│      7,560│    │  │する催物│1面)        │   │           │    ├──┼────┼───────────┼───┼─────┬─────┤    │弓道│営利宣伝│           │   │     │     │    │  │    │専用使用       │ 1回│1,120│1,680│    │場 │を目的と│           │   │     │     │    │  │    │    ┌──────┼───┼─────┼─────┤    │  │しない催│    │      │   │     │     │    │  │    │    │小・中学生 │ 1回│  560│  840│    │  │物   │    │      │   │     │     │    │  ├────┼────┴──────┼───┼─────┴─────┤    │  │営利宣伝│           │   │           │    │  │    │           │   │           │    │  │を目的と│専用使用       │ 1回│     15,680│    │  │    │           │   │           │    │  │する催物│           │   │           │    ├──┴────┼─┬─────────┼───┼─────┬─────┤    │メインアリ  │個│大人       │ 1日│  310│  470│    │ーナ、サブ  │ ├─────────┼───┼─────┼─────┤    │アリーナ、  │人│高校生      │ 1日│  160│  240│    │武道場、弓  │ ├─────────┼───┼─────┼─────┤    │道場、ラン  │使│小・中学生    │ 1日│   90│  140│    │ニングコー  │ ├───┬─────┼───┼─────┼─────┤    │ス      │用│回数 │大人   │ 1日│1,220│1,830│    │       │ │   ├─────┼───┼─────┼─────┤    │       │ │券( │高校生  │ 1日│  610│  920│    │       │ │   ├─────┼───┼─────┼─────┤    │       │ │5枚)│小・中学生│ 1日│  370│  560│    ├───────┤ ├───┴─────┼───┼─────┼─────┤    │トレーニン  │ │大人       │2時間│  450│  680│    │       │ ├─────────┼───┼─────┼─────┤    │グルーム   │ │高校生      │2時間│  230│  340│    │       │ ├───┬─────┼───┼─────┼─────┤    │       │ │会員 │大人   │ 1月│3,600│5,440│    │       │ │   ├─────┼───┼─────┼─────┤    │       │ │使用 │高校生  │ 1月│1,800│2,720│    └───────┴─┴───┴─────┴───┴─────┴─────┘    エ テニスコート使用料                                  (単位 円)    ┌───────────────────────┬─────┬─────┐    │          区分           │ 市内  │ 市外  │    ├──────────────────┬────┼─────┼─────┤    │1面                │ 1回 │  650│  980│    │   ┌──────────────┼────┼─────┼─────┤    │   │小・中学生         │ 1回 │  330│  490│    └───┴──────────────┴────┴───────────┘    オ 附属施設使用料                             (単位 円)    ┌───┬──────────────┬─────┬─────┐    │施設名│      区分      │ 市内  │ 市外  │    ├───┼──────────┬───┼─────┼─────┤    │野球場│会議室(専用使用時は│2時間│  440│  660│    │   │    ┌─────┼───┼─────┼─────┤    │   │除く。)│小・中学生│2時間│  220│  330│    ├───┼────┴─────┼───┼─────┼─────┤    │陸上競│会議室(専用使用時は│2時間│  440│  660│    │   │    ┌─────┼───┼─────┼─────┤    │技場 │除く。)│小・中学生│2時間│  220│  330│    ├───┼────┴─────┼───┼─────┼─────┤    │総合体│会議室(専用使用時は│2時間│  440│  660│    │   │    ┌─────┼───┼─────┼─────┤    │育館 │除く。)│小・中学生│2時間│  220│  330│    │   ├────┴─────┼───┼─────┼─────┤    │   │研修室       │2時間│  440│  660│    │   │    ┌─────┼───┼─────┼─────┤    │   │    │小・中学生│2時間│  220│  330│    │   ├────┴─────┼───┼─────┼─────┤    │   │控室(2室)    │2時間│  660│  990│    │   │    ┌─────┼───┼─────┼─────┤    │   │    │小・中学生│2時間│  330│  500│    └───┴────┴─────┴───┴─────┴─────┘    カ 附属設備使用料                             (単位 円)    ┌────────────┬────────┬────────┐    │     区分     │   市内   │   市外   │    ├────────────┼────────┴────────┤    │附属設備        │1時間当たり3,300円以内で規則│    │            │で定める額            │    └────────────┴─────────────────┘     備考     1 この表において、施設の使用区分は、次のとおりとする。       1回 午前9時から2時間までごと       1日 午前9時から日没まで(総合体育館の個人使用にあ         っては、午前9時から午後9時まで)     2 連続して8時間以上使用する場合の野球場、陸上競技場及
         び総合体育館の専用使用料並びにテニスコートの使用料の額      は、規定使用料から1回の使用料の2分の1に相当する額を      減じた額とする。     3 使用時間が2区分以上にわたるときの使用料の額は、これ      らの合算額とする。     4 市内の高等学校以下の学校等が使用する場合の専用使用料、      テニスコート使用料及び附属施設使用料の額は、小・中学生      の市内の使用料の額とする。     5 専ら競技会等の準備のために使用する場合の野球場、陸上      競技場及び総合体育館の専用使用料並びにテニスコート使用      料の額は、規定使用料の2分の1の額とする。     6 野球場、陸上競技場及び総合体育館で入場料等を徴収する      場合の専用使用料の額は、規定使用料の2倍の額とする。     7 総合体育館弓道場の専用使用は、競技会等で指定管理者が      認めた場合とする。     8 午前9時から午後5時まで以外の時間に使用する場合の野      球場、陸上競技場及び総合体育館の専用使用料並びにテニス      コート使用料の額は、1時間(1時間に満たない端数は、こ      れを1時間とする。)につき、1回の使用料の2分の1の額      とする。     9 使用時間が使用区分の時間に満たない場合の使用料は、時      間割計算を行わない。     10 使用する予定の使用区分の時間を超えて使用する場合の      野球場、陸上競技場、総合体育館及びテニスコートの使用料      の額は、超過時間1時間(1時間に満たない端数は、これを      1時間とする。)につき、1回の使用料の2分の1の額とす      る。     11 使用料の額に1円未満の端数が生じたときは、その端数      金額を切り捨てる。  (日立市市民広場等の設置及び管理条例の一部改正) 第37条 日立市市民広場等の設置及び管理条例(昭和39年条例第  49号)の一部を次のように改正する。   別表中  「   ┌────────┬───────┬──────┬──────┐   │専用使用(全面)│早朝     │ 2,160│ 3,240│ を   │        │ ┌─────┼──────┼──────┤   │        │ │1回   │ 2,020│ 3,030│   └────────┴─┴─────┴──────┴──────┘                                   」  「   ┌────────┬───────┬──────┬──────┐   │専用使用(全面)│早朝     │ 2,200│ 3,300│   │        │ ┌─────┼──────┼──────┤   │        │ │小・中学生│ 1,100│ 1,650│   │        ├─┴─────┼──────┼──────┤   │        │1回     │ 2,050│ 3,080│   │        │ ┌─────┼──────┼──────┤   │        │ │小・中学生│ 1,030│ 1,540│   ├────────┼─┴─────┼──────┼──────┤ に   │専用使用(2分 │早朝     │ 1,100│ 1,650│   │        │ ┌─────┼──────┼──────┤   │の1面)    │ │小・中学生│   550│   830│   │        ├─┴─────┼──────┼──────┤   │        │1回     │ 1,030│ 1,540│   │        │ ┌─────┼──────┼──────┤   │        │ │小・中学生│   520│   770│   └────────┴─┴─────┴──────┴──────┘                                   」  改め、備考4を削り、同表備考5中「規定使用料の2分の1」を  「小・中学生の市内の使用料」に改め、同表中備考5を備考4とし、  備考6を削り、備考7を備考5とし、備考8から備考11までを備考  6から備考9までとする。  (日立市立学校施設開放使用料条例の一部改正) 第38条 日立市立学校施設開放使用料条例(昭和57年条例第3号)  の一部を次のように改正する。   別表中「2,160円」を「2,200円」に改める。  (日立市武道館設置及び管理等に関する条例の一部改正) 第39条 日立市武道館設置及び管理等に関する条例(昭和42年条例  第37号)の一部を次のように改正する。   別表第1項の表中  「   ┌──────────────┬───┬──────┬──────┐   │専用使用(全面)      │1回 │   860│ 1,290│   ├────┬─────────┼───┼──────┼──────┤   │個人使用│大人       │1日 │   100│   150│ を   │    ├─────────┼───┼──────┼──────┤   │    │小人(小・中学生)│1日 │    40│    60│   └────┴─────────┴───┴──────┴──────┘                                     」  「   ┌──────────┬───────┬──────┬──────┐   │専用使用(全面)  │1回     │   880│ 1,320│   │          │ ┌─────┼──────┼──────┤   │          │ │小・中学生│   440│   660│   ├──────────┼─┴─────┼──────┼──────┤   │専用使用(2分の1 │1回     │   440│   660│   │          │ ┌─────┼──────┼──────┤   │面)        │ │小・中学生│   220│   330│ に   ├────┬─────┼─┴─────┼──────┼──────┤   │個人使用│大人   │1日     │   100│   150│   │    ├─────┼───────┼──────┼──────┤   │    │高校生  │1日     │    50│    80│   │    ├─────┼───────┼──────┼──────┤   │    │小・中学生│1日     │    40│    60│   └────┴─────┴───────┴──────┴──────┘                                     」  改め、同表第2項の表中  「   ┌──────────┬───────┬──────┬──────┐
      │専用使用(全面)  │1回     │   430│   650│   ├────┬─────┼───────┼──────┼──────┤   │個人使用│大人   │1日     │   100│   150│   │    ├─────┼───────┼──────┼──────┤ を   │    │小人(小・│       │      │      │   │    │     │1日     │    40│    60│   │    │中学生) │       │      │      │   └────┴─────┴───────┴──────┴──────┘                                     」  「   ┌──────────┬───────┬──────┬──────┐   │専用使用(全面)  │1回     │   440│   660│   │          │ ┌─────┼──────┼──────┤   │          │ │小・中学生│   220│   330│   ├────┬─────┼─┴─────┼──────┼──────┤   │個人使用│大人   │1日     │   100│   150│ に   │    ├─────┼───────┼──────┼──────┤   │    │高校生  │1日     │    50│    80│   │    ├─────┼───────┼──────┼──────┤   │    │小・中学生│1日     │    40│    60│   └────┴─────┴───────┴──────┴──────┘                                     」  改め、同表第3項の表中  「   ┌──────────┬──────────┬──────────┐   │1回        │     1,080│     1,620│   ├──────────┼──────────┼──────────┤ を   │2時間       │       430│       650│   └──────────┴──────────┴──────────┘                                     」  「   ┌──────────┬──────────┬──────────┐   │1回        │     1,100│     1,650│   │ ┌────────┼──────────┼──────────┤   │ │小・中学生   │       550│       830│   ├─┴────────┼──────────┼──────────┤ に   │2時間       │       440│       660│   │ ┌────────┼──────────┼──────────┤   │ │小・中学生   │       220│       330│   └─┴────────┴──────────┴──────────┘                                     」  改め、同表備考5を削り、同表備考6中「規定使用料の2分の1」を  「小・中学生の市内の使用料」に改め、同表中備考6を備考5とし、  備考7を削り、備考8を備考6とし、備考9から備考12までを備考  7から備考10までとする。  (日立市スポーツ広場の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第40条 日立市スポーツ広場の設置及び管理に関する条例(平成5年  条例第2号)の一部を次のように改正する。   別表第1項から第6項までの表を次のように改める。   1 折笠スポーツ広場使用料                               (単位 円)   ┌────┬──────────────┬──────┬──────┐   │施設名 │      区分      │  市内  │  市外  │   ├────┼─────┬────────┼──────┼──────┤   │自由広場│専用使用 │早朝      │ 3,260│ 4,890│   │    │     │  ┌─────┼──────┼──────┤   │    │(全面) │  │小・中学生│ 1,630│ 2,450│   │    │     ├──┴─────┼──────┼──────┤   │    │     │1回      │ 3,060│ 4,590│   │    │     │  ┌─────┼──────┼──────┤   │    │     │  │小・中学生│ 1,530│ 2,300│   │    ├─────┼──┴─────┼──────┼──────┤   │    │専用使用 │早朝      │ 1,630│ 2,450│   │    │     │  ┌─────┼──────┼──────┤   │    │(2分の │  │小・中学生│   820│ 1,220│   │    │     ├──┴─────┼──────┼──────┤   │    │1面)  │1回      │ 1,530│ 2,300│   │    │     │  ┌─────┼──────┼──────┤   │    │     │  │小・中学生│   770│ 1,150│   ├────┼─────┼──┴─────┼──────┼──────┤   │テニスコ│1面   │早朝      │   660│   990│   │    │     │  ┌─────┼──────┼──────┤   │ート  │     │  │小・中学生│   330│   500│   │    │     ├──┴─────┼──────┼──────┤   │    │     │1回      │   650│   980│   │    │     │  ┌─────┼──────┼──────┤   │    │     │  │小・中学生│   330│   490│   └────┴─────┴──┴─────┴──────┴──────┘   2 諏訪スポーツ広場使用料                               (単位 円)   ┌────┬────────────────┬─────┬─────┐   │施設名 │       区分       │ 市内  │ 市外  │   ├────┼────┬───────────┼─────┼─────┤   │自由広場│専用使用│早朝         │2,200│3,300│   │    │    │    ┌──────┼─────┼─────┤   │    │(全面)│    │小・中学生 │1,100│1,650│   │    │    ├────┴──────┼─────┼─────┤   │    │    │1回         │2,050│3,080│   │    │    │    ┌──────┼─────┼─────┤   │    │    │    │小・中学生 │1,030│1,540│   │    ├────┼────┴──────┼─────┼─────┤   │    │専用使用│早朝         │1,100│1,650│   │    │    │    ┌──────┼─────┼─────┤   │    │(2分の│    │小・中学生 │  550│  830│   │    │    ├────┴──────┼─────┼─────┤   │    │1面) │1回         │1,030│1,540│   │    │    │    ┌──────┼─────┼─────┤   │    │    │    │小・中学生 │  510│  770│   ├────┼────┼────┴──────┼─────┼─────┤   │テニスコ│1面  │早朝         │  660│  990│
      │    │    │    ┌──────┼─────┼─────┤   │ート  │    │    │小・中学生 │  330│  500│   │    │    ├────┴──────┼─────┼─────┤   │    │    │1回         │  650│  980│   │    │    │    ┌──────┼─────┼─────┤   │    │    │    │小・中学生 │  330│  490│   ├────┼────┼────┴──────┼─────┴─────┤   │ターゲッ│専用使用│早朝         │      6,290│   │    │    │    ┌──────┼───────────┤   │トバード│    │    │小・中学生 │      3,150│   │    │    ├────┴──────┼───────────┤   │ゴルフコ│    │1回         │      3,140│   │    │    │    ┌──────┼───────────┤   │ース  │    │    │小・中学生 │      1,570│   │    ├────┼────┴──────┼───────────┤   │    │個人使用│早朝         │        160│   │    │    │    ┌──────┼───────────┤   │    │    │    │小・中学生 │         80│   │    │    ├────┴──────┼───────────┤   │    │    │1日         │        310│   │    │    │    ┌──────┼───────────┤   │    │    │    │小・中学生 │        160│   │    │    ├────┼──────┼───────────┤   │    │    │回数券 │早朝    │        640│   │    │    │    │┌─────┼───────────┤   │    │    │(5枚)││小・中学生│        320│   │    │    │    ├┴─────┼───────────┤   │    │    │    │1日    │      1,240│   │    │    │    │┌─────┼───────────┤   │    │    │    ││小・中学生│        620│   │    ├────┼────┴┴─────┼───────────┤   │    │会員使用│1年間        │      3,670│   │    │    │    ┌──────┼───────────┤   │    │    │    │小・中学生 │      1,840│   └────┴────┴────┴──────┴───────────┘   3 十王スポーツ広場使用料                               (単位 円)   ┌────┬────────────────┬─────┬─────┐   │施設名 │       区分       │ 市内  │ 市外  │   ├────┼────────┬───────┼─────┼─────┤   │自由広場│専用使用(全  │1回     │2,050│3,080│   │    │        │ ┌─────┼─────┼─────┤   │    │面)      │ │小・中学生│1,030│1,540│   │    ├────────┼─┴─────┼─────┼─────┤   │    │専用使用(2分 │1回     │1,030│1,540│   │    │        │ ┌─────┼─────┼─────┤   │    │の1面)    │ │小・中学生│  510│  770│   ├────┼────────┼─┴─────┼─────┼─────┤   │体育館 │専用使用(全  │1回     │  880│1,320│   │    │        │ ┌─────┼─────┼─────┤   │    │面)      │ │小・中学生│  440│  660│   │    ├────────┼─┴─────┼─────┼─────┤   │    │専用使用(2分 │1回     │  440│  660│   │    │        │ ┌─────┼─────┼─────┤   │    │の1面)    │ │小・中学生│  220│  330│   │    ├──┬─────┼─┴─────┼─────┼─────┤   │    │個人│大人   │1日     │  100│  150│   │    │  ├─────┼───────┼─────┼─────┤   │    │使用│高校生  │1日     │   50│   80│   │    │  ├─────┼───────┼─────┼─────┤   │    │  │小・中学生│1日     │   40│   60│   ├────┼──┴─────┼───────┼─────┼─────┤   │柔剣道場│専用使用    │1回     │  440│  660│   │    │        │ ┌─────┼─────┼─────┤   │    │        │ │小・中学生│  220│  330│   │    ├──┬─────┼─┴─────┼─────┼─────┤   │    │個人│大人   │1日     │  100│  150│   │    │  ├─────┼───────┼─────┼─────┤   │    │使用│高校生  │1日     │   50│   80│   │    │  ├─────┼───────┼─────┼─────┤   │    │  │小・中学生│1日     │   40│   60│   ├────┼──┴─────┼───────┼─────┼─────┤   │テニスコ│1面      │1回     │  650│  980│   │    │        │ ┌─────┼─────┼─────┤   │ート  │        │ │小・中学生│  330│  490│   └────┴────────┴─┴─────┴─────┴─────┘   4 河原子北浜スポーツ広場使用料                               (単位 円)   ┌────┬────────────────┬───────────┐   │施設名 │       区分       │    使用料    │   ├────┼───┬────────────┼───────────┤   │ターゲッ│専用使│早朝          │     12,570│   │    │   │     ┌──────┼───────────┤   │トバード│用  │     │小・中学生 │      6,290│   │    │   ├─────┴──────┼───────────┤   │ゴルフコ│   │1回          │      6,290│   │    │   │     ┌──────┼───────────┤   │ース  │   │     │小・中学生 │      3,150│   │    ├───┼─────┴──────┼───────────┤   │    │個人使│早朝          │        310│   │    │   │     ┌──────┼───────────┤   │    │用  │     │小・中学生 │        160│   │    │   ├─────┴──────┼───────────┤   │    │   │1日          │        630│   │    │   │     ┌──────┼───────────┤   │    │   │     │小・中学生 │        320│   │    │   ├─────┼──────┼───────────┤   │    │   │回数券  │早朝    │      1,240│   │    │   │     │┌─────┼───────────┤   │    │   │(5枚) ││小・中学生│        620│
      │    │   │     ├┴─────┼───────────┤   │    │   │     │1日    │      2,520│   │    │   │     │┌─────┼───────────┤   │    │   │     ││小・中学生│      1,260│   │    ├───┼─────┴┴─────┼───────────┤   │    │会員使│1年間         │      7,330│   │    │   │     ┌──────┼───────────┤   │    │用  │     │小・中学生 │      3,670│   └────┴───┴─────┴──────┴───────────┘   5 ターゲットバードゴルフコース共通会員使用料                               (単位 円)   ┌────────────────────────┬────────┐   │           区分           │  使用料   │   ├──────────┬────┬────────┼────────┤   │諏訪・河原子北浜スポ│会員使用│1年間     │  10,480│   │          │    │ ┌──────┼────────┤   │ーツ広場共通会員  │    │ │小・中学生 │   5,240│   └──────────┴────┴─┴──────┴────────┘   6 中里スポーツ広場使用料                               (単位 円)   ┌───┬─────────────────┬─────┬─────┐   │施設名│       区分        │ 市内  │ 市外  │   ├───┼────────┬────────┼─────┼─────┤   │自由広│専用使用(全面)│早朝      │2,200│3,300│   │   │        │ ┌──────┼─────┼─────┤   │場  │        │ │小・中学生 │1,100│1,650│   │   │        ├─┴──────┼─────┼─────┤   │   │        │1回      │2,050│3,080│   │   │        │ ┌──────┼─────┼─────┤   │   │        │ │小・中学生 │1,030│1,540│   │   ├────────┼─┴──────┼─────┼─────┤   │   │専用使用(2分の│早朝      │1,100│1,650│   │   │        │ ┌──────┼─────┼─────┤   │   │1面)     │ │小・中学生 │  550│  830│   │   │        ├─┴──────┼─────┼─────┤   │   │        │1回      │1,030│1,540│   │   │        │ ┌──────┼─────┼─────┤   │   │        │ │小・中学生 │  510│  770│   │   ├────────┼─┴──────┼─────┼─────┤   │   │専用使用(4分の│早朝      │  550│  830│   │   │        │ ┌──────┼─────┼─────┤   │   │1面)     │ │小・中学生 │  280│  410│   │   │        ├─┴──────┼─────┼─────┤   │   │        │1回      │  510│  770│   │   │        │ ┌──────┼─────┼─────┤   │   │        │ │小・中学生 │  260│  390│   └───┴────────┴─┴──────┴─────┴─────┘   別表第7項の表中  「   ┌──────────────┬────────┬───────┐   │自由広場照明設備(全灯)  │2時間     │  2,160│ を   └──────────────┴────────┴───────┘                                    」  「   ┌──────────────┬────────┬───────┐   │自由広場照明設備(全灯)  │2時間     │  2,200│   │              │ ┌──────┼───────┤   │              │ │小・中学生 │  1,100│   ├──────────────┼─┴──────┼───────┤ に、   │自由広場照明設備(半灯)  │2時間     │  1,100│   │              │ ┌──────┼───────┤   │              │ │小・中学生 │    550│   └──────────────┴─┴──────┴───────┘                                    」  「   ┌───────────┬───────────────────┐   │2時間        │                320│   ├───────────┼─────────┬─────────┤   │1回         │    1,080│    1,620│ を   ├───────────┼─────────┼─────────┤   │2時間        │      430│      650│   └───────────┴─────────┴─────────┘                                    」  「   ┌───────────┬───────────────────┐   │2時間        │                330│   │  ┌────────┼───────────────────┤   │  │小・中学生   │                170│   ├──┴────────┼─────────┬─────────┤   │1回         │    1,100│    1,650│ に   │  ┌────────┼─────────┼─────────┤   │  │小・中学生   │      550│      830│   ├──┴────────┼─────────┼─────────┤   │2時間        │      440│      660│   │  ┌────────┼─────────┼─────────┤   │  │小・中学生   │      220│      330│   └──┴────────┴─────────┴─────────┘                                    」  改め、別表中備考5及び備考6を削り、同表備考7中「規定使用料の  2分の1」を「小・中学生の市内の使用料」に改め、同表中備考7を  備考5とし、備考8及び備考9を削り、備考10を備考6とし、備考  11から備考16までを備考7から備考12までとする。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。  (使用料等に関する経過措置) 2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前に使用、占用、  行為、利用又は管理の許可を受けた者に係る使用料、占用料又は利用  料金については、なお従前の例による。  (日立市駐車場設置及び管理等に関する条例の一部改正に伴う経過措
     置) 3 施行日前に入車した宿泊駐車又は施行日前に定期駐車券の発行を受  けた定期駐車に係る駐車料金については、なお従前の例による。  (日立市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正に伴う経過措  置) 4 第11条の規定による改正後の日立市廃棄物の処理及び清掃に関す  る条例第12条第1項第2号中人頭割手数料の規定は、令和元年10  月分以後の人頭割手数料について適用し、同月分前の人頭割手数料に  ついては、なお従前の例による。  (日立市戸別合併処理浄化槽の維持管理に関する条例の一部改正に伴  う経過措置) 5 第12条の規定による改正後の日立市戸別合併処理浄化槽の維持管  理に関する条例第8条第1項の規定は、令和元年10月分以後の使用  料金について適用し、同月分前の使用料金については、なお従前の例  による。  (日立市霊園の設置及び管理に関する条例及び日立市東平霊園使用条  例の一部改正に伴う経過措置) 6 施行日前に納付すべき管理料又は施行日前に一時使用の許可を受け  た者に係る一時使用料については、なお従前の例による。  (日立市水道事業給水条例の一部改正に伴う経過措置) 7 施行日前から継続して水道水を供給し、かつ、施行日から令和元年  10月31日までの間に料金の支払を受ける権利が確定する料金(施  行日以後初めて料金の支払を受ける権利が確定する日が令和元年10  月31日後である水道水の供給にあっては、当該確定した料金のうち、  施行日以後初めて支払を受ける権利が確定する料金を前回確定日(そ  の直前の料金の支払を受ける権利が確定した日をいう。以下同じ。)  から施行日以後初めて料金の支払を受ける権利が確定する日までの期  間の月数で除し、これに前回確定日から令和元年10月31日までの  期間の月数を乗じて計算した金額をいう。)については、なお従前の  例による。 8 前項の月数は、暦に従って計算し、1月に満たない端数を生じたと  きは、これを1月とする。  (日立市下水道条例の一部改正に伴う経過措置) 9 施行日前から継続して公共下水道を使用させ、かつ、施行日から令  和元年10月31日までの間に使用料の支払を受ける権利が確定する  使用料(施行日以後初めて使用料の支払を受ける権利が確定する日が  令和元年10月31日後である公共下水道の使用にあっては、当該確  定した使用料のうち、施行日以後初めて支払を受ける権利が確定する  使用料を前回確定日(その直前の使用料の支払を受ける権利が確定し  た日をいう。以下同じ。)から施行日以後初めて使用料の支払を受け  る権利が確定する日までの期間の月数で除し、これに前回確定日から  令和元年10月31日までの期間の月数を乗じて計算した金額をい  う。)については、なお従前の例による。 10 前項の月数は、暦に従って計算し、1月に満たない端数を生じた  ときは、これを1月とする。 34                          議案第85号    日立市教育委員会委員任命の同意を求めることについて  日立市教育委員会委員に下記の者を任命したいので、地方教育行政の 組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定に基づき議会の同意を求 めるものとする。       令和元年9月10日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 氏  名  上 村 由 美 生年月日  昭和□□年□□月□□日 住  所  日立市□□町□丁目□□番□□号 ──────────────────────────────── (提案説明)  教育委員会委員上村由美氏は、令和元年9月30日をもって任期満了 となるが、同氏は教育委員会委員として適任であるので再任したいため、 議会の同意を求めるものであります。 35                          議案第86号    教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政    府予算に係る意見書の提出について  上記について、別紙のとおり地方自治法第99条の規定により関係機 関に意見書を提出するものとする。       令和元年9月25日提出                 日立市議会教育福祉委員会                 委員長  吉 田 修 一 ────────────────────────────────  (提案説明)  地方自治体が計画的に教育行政を進めることができるようにするため、 関係機関に対し意見書を提出するものであります。  (参 考) 意見書提出先  衆議院議長参議院議長内閣総理大臣、財務大臣、総務大臣、文部 科学大臣    教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政    府予算に係る意見書  学校現場では、解決すべき課題が山積しており、子供たちの豊かな学 びを実現するための教材研究や授業準備の時間を十分に確保することが 困難な状況となっている。特に小学校においては、新学習指導要領の移 行期間中であり、外国語教育実施のため授業時数の調整など対応に苦慮 している。豊かな学びの実現のためには教職員定数改善などの施策が最 重要課題である。また、教職員の定数改善を行うことにより、教職員の
    働き方改革も進み、教職員が余裕を持って学校教育に当たれるようにな り、教育の質を高められる。  義務教育費国庫負担制度については、「三位一体改革」の中で国庫負 担率が2分の1から3分の1に引き下げられている。幾つかの自治体に おいては、厳しい財政状況の中、独自財源による定数措置が行われてい るが、地方自治体の財政を圧迫している。国の施策として財源保障をし、 子供たちが全国のどこに住んでいても、一定水準の教育を受けられるこ とが憲法上の要請であり、豊かな子供の学びを保障するための条件整備 は不可欠である。  よって、国会及び政府においては、地方教育行政の実情を十分に認識 され、地方自治体が計画的に教育行政を進めることができるようにする ため、下記事項について措置を講じられるよう強く要望する。                記 1 計画的な教職員定数改善により少人数学級を推進すること。 2 教育の機会均等と水準の維持向上を図るため、義務教育費国庫負担  制度を堅持すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。       令和元年9月  日                       日 立 市 議 会 36                                         報告第13号    平成30年度日立市一般会計継続費精算について  平成30年度日立市一般会計継続費精算について、地方自治法施行令第145条第2項の規定に基づき、別 紙のとおり報告するものとする。       令和元年9月5日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 ───────────────────────────────────────────────────              平成30年度 日立市一般会計継続費精算報告書                                                                                                                                              (単位 円) ┏━┯━┯━━━━━┯━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃ │ │     │ │                  全 体 計 画                   │                  実     績                   │                  比     較                   ┃ ┃ │ │     │ ├────────┬───────────────────────────────────┼────────┬───────────────────────────────────┼────────┬───────────────────────────────────┨ ┃ │ │     │ │        │              左の財源内訳               │        │              左の財源内訳               │        │              左の財源内訳               ┃ ┃ │ │     │年│        ├──────────────────────────┬────────┤        ├──────────────────────────┬────────┤        ├──────────────────────────┬────────┨ ┃款│項│ 事業名 │度│        │           特定財源           │        │        │           特定財源           │        │  年割額と  │           特定財源           │        ┃ ┃ │ │     │ │  年割額   ├────────┬────────┬────────┤        │  支出済額  ├────────┬────────┬────────┤        │  支出済額  ├────────┬────────┬────────┤        ┃ ┃ │ │     │ │        │  国 県   │        │        │  一般財源  │        │  国 県   │        │        │  一般財源  │  の  差  │  国 県   │        │        │  一般財源  ┃ ┃ │ │     │ │        │        │  地方債   │  その他   │        │        │        │  地方債   │  その他   │        │        │        │  地方債   │  その他   │        ┃ ┃ │ │     │ │        │  支出金   │        │        │        │        │  支出金   │        │        │        │        │  支出金   │        │        │        ┃ ┠─┼─┼─────┼─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │26│   28,000,000│        │   27,700,000│        │     300,000│        │        │        │        │        │   28,000,000│        │   27,700,000│        │     300,000┃ ┃ │ │     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │27│  2,107,822,000│        │  1,509,300,000│   576,086,000│   22,436,000│  2,135,822,000│        │  1,537,000,000│   576,086,000│   22,736,000│  △28,000,000│        │  △27,700,000│        │    △300,000┃ ┃ │ │     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │新庁舎建設│28│  8,308,497,000│        │  4,561,300,000│  2,308,109,000│  1,439,088,000│  8,299,370,000│        │  4,558,500,000│  2,308,109,000│  1,432,761,000│    9,127,000│        │    2,800,000│        │    6,327,000┃ ┃ │ │事業   ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │1│     │29│   728,276,000│        │   656,100,000│        │   72,176,000│   737,402,600│        │   658,900,000│        │   78,502,600│   △9,126,600│        │   △2,800,000│        │   △6,326,600┃ ┃2│.│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃.│総│     │30│  1,590,090,000│        │  1,282,000,000│        │   308,090,000│  1,590,089,400│        │  1,282,000,000│        │   308,089,400│       600│        │        │        │       600┃ ┃総│務│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃務│管│     │計│ 12,762,685,000│        │  8,036,400,000│  2,884,195,000│  1,842,090,000│ 12,762,684,000│        │  8,036,400,000│  2,884,195,000│  1,842,089,000│      1,000│        │        │        │      1,000┃ ┃費│理├─────┼─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │費│     │28│   15,000,000│        │   14,200,000│        │     800,000│    1,468,800│        │    1,390,000│        │     78,800│   13,531,200│        │   12,810,000│        │     721,200┃ ┃ │ │     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │数沢川改修│29│   106,000,000│        │   100,700,000│        │    5,300,000│   119,531,200│        │   113,510,000│        │    6,021,200│  △13,531,200│        │  △12,810,000│        │    △721,200┃ ┃ │ │事業   ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │30│   183,571,000│        │   174,300,000│        │    9,271,000│   183,570,800│        │   174,300,000│        │    9,270,800│       200│        │        │        │       200┃ ┃ │ │     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │計│   304,571,000│        │   289,200,000│        │   15,371,000│   304,570,800│        │   289,200,000│        │   15,370,800│       200│        │        │        │       200┃ ┠─┼─┼─────┼─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │3│     │28│   194,680,000│        │   54,900,000│   115,380,000│   24,400,000│   191,474,840│        │   54,300,000│   115,150,000│   22,024,840│    3,205,160│        │     600,000│     230,000│    2,375,160┃ ┃3│.│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃.│児│おおくぼ保│29│   289,680,000│        │   82,300,000│   173,120,000│   34,260,000│   274,620,640│        │   81,500,000│   172,680,000│   20,440,640│   15,059,360│        │     800,000│     440,000│   13,819,360┃ ┃民│童│育園園舎改├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃生│福│築事業  │30│   35,640,000│        │        │        │   35,640,000│   52,483,800│        │        │        │   52,483,800│  △16,843,800│        │        │        │  △16,843,800┃ ┃費│祉│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │費│     │計│   520,000,000│        │   137,200,000│   288,500,000│   94,300,000│   518,579,280│        │   135,800,000│   287,830,000│   94,949,280│    1,420,720│        │    1,400,000│     670,000│    △649,280┃ ┠─┼─┼─────┼─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃7│7│     │29│   149,400,000│        │        │        │   149,400,000│   128,631,600│        │        │        │   128,631,600│   20,768,400│        │        │        │   20,768,400┃ ┃.│.│はちゅウる├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃商│商│い館整備事│30│   186,891,000│        │        │        │   186,891,000│   207,658,800│        │        │        │   207,658,800│  △20,767,800│        │        │        │  △20,767,800┃ ┃工│工│業    ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃費│費│     │計│   336,291,000│        │        │        │   336,291,000│   336,290,400│        │        │        │   336,290,400│       600│        │        │        │       600┃ ┠─┼─┼─────┼─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │24│   250,000,000│        │        │        │   250,000,000│   121,584,000│        │        │        │   121,584,000│   128,416,000│        │        │        │   128,416,000┃ ┃ │ │     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │25│   380,000,000│        │        │        │   380,000,000│   471,879,500│        │        │        │   471,879,500│  △91,879,500│        │        │        │  △91,879,500┃ ┃ │ │     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │26│   200,000,000│        │        │        │   200,000,000│   216,917,400│        │        │        │   216,917,400│  △16,917,400│        │        │        │  △16,917,400┃ ┃8│4│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃.│.│日立港区第│27│   23,000,000│        │        │        │   23,000,000│   10,255,800│        │        │        │   10,255,800│   12,744,200│        │        │        │   12,744,200┃ ┃土│港│3ふ頭地区├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃木│湾│整備事業 │28│        │        │        │        │        │   14,839,200│        │        │        │   14,839,200│  △14,839,200│        │        │        │  △14,839,200┃ ┃費│費│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │29│   33,000,000│        │        │        │   33,000,000│    6,200,000│        │        │        │    6,200,000│   26,800,000│        │        │        │   26,800,000┃ ┃ │ │     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │30│   55,462,000│        │        │        │   55,462,000│   99,786,000│        │        │        │   99,786,000│  △44,324,000│        │        │        │  △44,324,000┃ ┃ │ │     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │計│   941,462,000│        │        │        │   941,462,000│   941,461,900│        │        │        │   941,461,900│       100│        │        │        │       100┃ ┠─┼─┼─────┼─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │27│   17,712,000│    8,850,000│        │    8,862,000│        │     918,000│        │        │     918,000│        │   16,794,000│    8,850,000│        │    7,944,000│        ┃ ┃ │ │     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │ひたちBR│28│    9,720,000│    4,860,000│        │        │    4,860,000│   18,711,000│    9,814,500│        │    7,938,000│     958,500│   △8,991,000│   △4,954,500│        │   △7,938,000│    3,901,500┃ ┃ │ │T運行管理├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │システム構│29│   168,588,000│   84,290,000│        │        │   84,298,000│   166,320,000│   83,160,000│        │        │   83,160,000│    2,268,000│    1,130,000│        │        │    1,138,000┃ ┃ │ │築事業  ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │5│     │30│   49,940,000│   24,970,000│        │        │   24,970,000│   60,010,200│   30,005,100│        │        │   30,005,100│  △10,070,200│   △5,035,100│        │        │   △5,035,100┃ ┃8│.│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨
    ┃.│都│     │計│   245,960,000│   122,970,000│        │    8,862,000│   114,128,000│   245,959,200│   122,979,600│        │    8,856,000│   114,123,600│       800│     △9,600│        │      6,000│      4,400┃ ┃土│市├─────┼─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃木│計│     │27│   80,576,000│   40,380,000│     900,000│        │   39,296,000│   80,576,000│   40,396,000│     900,000│        │   39,280,000│        │    △16,000│        │        │     16,000┃ ┃費│画│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │費│     │28│   908,464,000│   470,970,000│   150,600,000│        │   286,894,000│   870,847,834│   452,140,209│   150,400,000│        │   268,307,625│   37,616,166│   18,829,791│     200,000│        │   18,586,375┃ ┃ │ │大甕駅周辺├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │地区整備事│29│   812,400,000│   421,300,000│   136,100,000│        │   255,000,000│   532,413,530│   271,947,844│   75,700,000│        │   184,765,686│   279,986,470│   149,352,156│   60,400,000│        │   70,234,314┃ ┃ │ │業    ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │30│  1,488,078,000│   776,950,000│   296,200,000│        │   414,928,000│  1,805,679,201│   945,157,394│   356,600,000│        │   503,921,807│  △317,601,201│  △168,207,394│  △60,400,000│        │  △88,993,807┃ ┃ │ │     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │ │     │計│  3,289,518,000│  1,709,600,000│   583,800,000│        │   996,118,000│  3,289,516,565│  1,709,641,447│   583,600,000│        │   996,275,118│      1,435│    △41,447│     200,000│        │    △157,118┃ ┠─┼─┼─────┼─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │2│     │28│   716,800,000│   237,096,000│   193,900,000│        │   285,804,000│        │        │        │        │        │   716,800,000│   237,096,000│   193,900,000│        │   285,804,000┃ ┃ │.│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │小│久慈小学校│29│  1,041,228,000│   334,716,000│   253,300,000│        │   453,212,000│   704,615,000│   239,558,000│   190,100,000│        │   274,957,000│   336,613,000│   95,158,000│   63,200,000│        │   178,255,000┃ ┃ │学│校舎改築事├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │校│業    │30│   67,492,000│    7,690,000│    5,700,000│        │   54,102,000│  1,115,047,941│   292,832,000│   236,200,000│        │   586,015,941│ △1,047,555,941│  △285,142,000│  △230,500,000│        │  △531,913,941┃ ┃10│費│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃.│ │     │計│  1,825,520,000│   579,502,000│   452,900,000│        │   793,118,000│  1,819,662,941│   532,390,000│   426,300,000│        │   860,972,941│    5,857,059│   47,112,000│   26,600,000│        │  △67,854,941┃ ┃教├─┼─────┼─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃育│6│     │28│   727,700,000│   95,494,000│   610,000,000│        │   22,206,000│        │        │        │        │        │   727,700,000│   95,494,000│   610,000,000│        │   22,206,000┃ ┃費│.│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │保│学校給食共│29│   530,297,000│   177,364,000│   312,100,000│        │   40,833,000│   721,306,000│   96,449,000│   602,900,000│        │   21,957,000│  △191,009,000│   80,915,000│  △290,800,000│        │   18,876,000┃ ┃ │健│同調理場建├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │体│設事業  │30│   667,287,000│        │   633,900,000│        │   33,387,000│  1,197,584,000│   179,138,000│   946,000,000│        │   72,446,000│  △530,297,000│  △179,138,000│  △312,100,000│        │  △39,059,000┃ ┃ │育│     ├─┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┨ ┃ │費│     │計│  1,925,284,000│   272,858,000│  1,556,000,000│        │   96,426,000│  1,918,890,000│   275,587,000│  1,548,900,000│        │   94,403,000│    6,394,000│   △2,729,000│    7,100,000│        │    2,023,000┃ ┗━┷━┷━━━━━┷━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛ 37                          報告第14号    平成30年度日立市基金運用状況について  平成30年度下記基金運用状況を地方自治法第241条第5項の規定 に基づき、別冊のとおり監査委員の意見を付けて報告するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 平成30年度日立市高額療養費貸付基金 平成30年度日立市奨学金貸付基金 38                          報告第15号    平成30年度健全化判断比率について  平成30年度決算に基づく下記健全化判断比率を地方公共団体の財政 の健全化に関する法律第3条第1項の規定に基づき、別冊のとおり監査 委員の意見を付けて報告するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記                               (単位 %) ┌────────┬────────┬────────┬────────┐ │ 実質赤字比率 │連結実質赤字比率│実質公債費比率 │ 将来負担比率 │ ├────────┼────────┼────────┼────────┤ │     -  │     -  │  △1.1  │     -  │ │        │        │        │        │ │(11.50) │(16.50) │ (25.0) │(350.0) │ └────────┴────────┴────────┴────────┘  備考   1 実質赤字比率及び連結実質赤字比率については、赤字額がないた    め、「-」を記載した。   2 将来負担比率については、算出されないため、「-」を記載した。   3 国の定める早期健全化基準を括弧内に記載した。 39                          報告第16号    平成30年度資金不足比率について  平成30年度決算に基づく下記資金不足比率を地方公共団体の財政の 健全化に関する法律第22条第1項の規定に基づき、別冊のとおり監査 委員の意見を付けて報告するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記                               (単位 %) ┌────────────────┬──────────────────┐ │    特別会計の名称     │      資金不足比率      │ ├────────────────┼──────────────────┤ │戸別合併処理浄化槽事業特別会計 │       -  (20.0)  │ ├────────────────┼──────────────────┤ │水道事業会計          │       -  (20.0)  │ ├────────────────┼──────────────────┤ │下水道事業会計         │       -  (20.0)  │ └────────────────┴──────────────────┘  備考
      1 資金不足比率については、不足額がないため、「-」を記載した。   2 国の定める経営健全化基準を括弧内に記載した。 40                          報告第17号    専決処分について(損害賠償の額を定めることについて)  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法第180条第1項の 規定に基づき別紙のとおり専決処分したから、同条第2項の規定に基づ きこれを報告するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹            専 決 処 分 書  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法(昭和22年法律第 67号)第180条第1項の規定に基づき、下記のとおり専決処分する。       令和元年7月11日                 日立市長  小 川 春 樹                記    損害賠償の額を定めることについて  平成30年11月12日午後7時45分頃、日立市水木町1丁目4番 地先市道6395号路上において、路面に段差が生じていたため、日立 市□□町□丁目□□番□□号□□□□氏の運転する自動車が走行した際、 車両前方下部がこれに接触し、当該自動車に物損を与えたので、この損 害に対する賠償の額を下記のとおり定める。                記  損害賠償額  金92,313円 41                          報告第18号    専決処分について(損害賠償の額を定めることについて)  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法第180条第1項の 規定に基づき別紙のとおり専決処分したから、同条第2項の規定に基づ きこれを報告するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹            専 決 処 分 書  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法(昭和22年法律第 67号)第180条第1項の規定に基づき、下記のとおり専決処分する。       令和元年7月11日                 日立市長  小 川 春 樹                記    損害賠償の額を定めることについて  平成30年12月5日午前9時5分頃、日立市日高町4丁目13番地 先市道1565号路上において、市有車が日立市□□町□丁目□□番□ □号□□□□氏の運転する自動二輪車に接触し、物損を与え、同氏を負 傷させたので、この損害に対する賠償の額を下記のとおり定める。                記  損害賠償額  金897,058円 42                          報告第19号    公益財団法人日立市公園協会に係る平成30年度の経営状    況に関する説明書(決算に関する書類)提出について  公益財団法人日立市公園協会に係る平成30年度の経営状況に関する 説明書(決算に関する書類)を地方自治法第243条の3第2項の規定 に基づき、別冊のとおり提出するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 43                          報告第20号    日立市土地開発公社に係る平成30年度の経営状況に関す    る説明書(決算に関する書類)提出について  日立市土地開発公社に係る平成30年度の経営状況に関する説明書
    (決算に関する書類)を地方自治法第243条の3第2項の規定に基づ き、別冊のとおり提出するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 44                          報告第21号    公益財団法人日立市民科学文化財団に係る平成30年度の    経営状況に関する説明書(決算に関する書類)提出につい    て  公益財団法人日立市民科学文化財団に係る平成30年度の経営状況に 関する説明書(決算に関する書類)を地方自治法第243条の3第2項 の規定に基づき、別冊のとおり提出するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 45                          報告第22号    公益財団法人日立地区産業支援センターに係る平成30年    度の経営状況に関する説明書(決算に関する書類)提出に    ついて  公益財団法人日立地区産業支援センターに係る平成30年度の経営状 況に関する説明書(決算に関する書類)を地方自治法第243条の3第 2項の規定に基づき、別冊のとおり提出するものとする。       令和元年9月5日提出                 日立市長  小 川 春 樹 46                 議 員 の 派 遣 一 覧 表  日立市議会会議規則第158条の規定に基づき、下記のとおり議員を派遣する。 ┌──────────┬──────────┬──────┬────────┬───────┐ │   名  称   │  派遣の目的   │派遣の場所 │ 派遣の期間  │ 派遣議員名 │ ├──────────┼──────────┼──────┼────────┼───────┤ │第14回全国市議会議│全国の市議会に共通す│高知県高知市│令和元年10月 │青 木 俊 一│ │長会研究フォーラムin│る政策課題等について│      │29日から10月│伊 藤 健 也│ │高知        │の情報や意見の交換を│      │31日まで   │吉 田 修 一│ │          │行い、議会機能の充実│      │        │       │ │          │に資するための研修を│      │        │       │ │          │行う。       │      │        │       │ ├──────────┼──────────┼──────┼────────┼───────┤ │茨城県市議会議長会令│議員の資質向上を図る│茨城県水戸市│令和元年11月 │石 井 仁 志│ │和元年度第1回議員研│ため、市議会に共通す│      │18日から11月│粕 谷   圭│ │修会        │る事項について研修を│      │19日まで   │篠 田 砂江子│ │          │行う。       │      │        │照 山 晃 央│ └──────────┴──────────┴──────┴────────┴───────┘ ※ 上記派遣内容について、議会閉会中に変更が生じた場合は、議長において許可することとする。                                    令和元年9月25日提出 47         令和元年第3回日立市議会定例会請願(陳情)文書表                                     令和元年9月17日 ┌───────────┬────┬──────────────────────────┐ │ 付 託 委 員 会 │受理番号│        件        名        │ ├───────────┼────┼──────────────────────────┤ │           │    │教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政│ │  教育福祉委員会  │  5 │                          │ │           │    │府予算に係る意見書採択を求める請願         │ └───────────┴────┴──────────────────────────┘ ┌────────────┬────────────────────────────────┐ │            │                                │ │ 受 理 番 号  5 │                                │ │            │ 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政府予算  │ ├────────────┤                                │ │            │に係る意見書採択を求める請願                  │ │ 教育福祉委員会    │                                │ │            │                                │ ├────────────┼────────────────────────────────┤ │            │ 請願主旨                           │ │提出者         │ 学校現場では、解決すべき課題が山積しており、子どもたちのゆた │ │ 水戸市笠原町978-46  │かな学びを実現するための教材研究や授業準備の時間を十分に確保す │ │ 茨城教育会館2F   │ることが困難な状況となっています。               │ │            │ 特に小学校においては、新学習指導要領の移行期間中であり、外国 │ │ 茨城県教職員組合   │語教育実施のため授業時数の調整など対応に苦慮しています。ゆたか │ │ 執行委員長 杉山 繁 │な学びの実現のためには教職員定数改善などの施策が最重要課題で  │ │        外489人 │す。また、教職員の定数改善を行うことにより、教職員の働き方改革 │ ├────────────┤もすすみます。教職員が余裕をもって学校教育にあたれるようになり、│ │            │教育の質を高められます。                    │ │紹介議員        │ 義務教育費国庫負担制度については、小泉政権下の「三位一体改革」│ │  佐 藤 三 夫   │の中で国庫負担率が2分の1から3分の1に引き下げられました。厳 │ │  青 木 俊 一   │しい財政状況の中、独自財源による定数措置が行われていますが、地 │ │  舘 野 清 道   │方自治体の財政を圧迫しています。国の施策として定数改善にむけた │ │  伊 藤 智 毅   │財源保障をし、子どもたちが全国のどこに住んでいても、一定水準の │ │            │教育を受けられることが憲法上の要請です。ゆたかな子どもの学びを │ │            │保障するための条件整備は不可欠です。              │ │            │ こうした観点から、2020年度政府予算編成において本請願事項 │ │            │が実現されるよう、地方自治法第99条の規定にもとづき国の関係機 │ │            │関への意見書提出を請願いたします。               │ │            │                                │ │            │ 請願事項                           │ │            │ 1 計画的な教職員定数改善により少人数学級を推進すること。  │ │            │ 2 教育の機会均等と水準の維持向上をはかるため、義務教育費  │ │            │  国庫負担制度を堅持すること。                │ │            │                                │ │            │ 意見書提出先                         │ │            │ 衆議院議長参議院議長内閣総理大臣、財務大臣、総務大臣、  │ │            │ 文部科学大臣                         │
    │            │                                │ │            │                                │ │            │                                │ │            │                                │ │            │                                │ │            │                                │ ├────────────┤                                │ │受理          │                                │ │ 令和元年8月29日  │                                │ └────────────┴────────────────────────────────┘ 48                                     令和元年9月5日  日立市議会議長  茅 根 茂 彦  殿                                日立市長  小 川 春 樹    令和元年第2回市議会定例会における委員長報告(附帯意見又は要望事項)の処理方針につ    いて(報告) ┌───────────────────────┬───────────────────────┐ │  附 帯 意 見 又 は 要 望 事 項  │   処    理    方    針    │ ├───────────────────────┼───────────────────────┤ │〔総務産業委員会〕              │                       │ │1 議案第38号令和元年度日立市一般会計補正 │                       │ │ 予算(第1号)中              │                       │ │  商店街活性化に向けた更なる取組について、関│ 商店街活性化に向けた更なる取組については、関│ │ 係部署との連携を図りながら、空き家を積極的に│係部署と連携し、空き店舗のほか、空き家を活用し│ │ 活用するとともに、様々な広報媒体を利用して、│た出店を支援するとともに、出店した店舗の情報に│ │ 出店した店舗の情報を広く市民に提供するなど、│ついて様々な広報媒体を活用し情報発信に努める │ │ 商店街の活性化に向けた事業を推進されたい。 │など、商店街の活性化を推進していく。     │ │                 (要望事項)│                       │ │                       │                       │ │〔環境建設委員会〕              │                       │ │1 議案第38号令和元年度日立市一般会計補正 │                       │ │ 予算(第1号)中              │                       │ │  日立シビックセンター科学館の整備について、│ 日立シビックセンター科学館の整備については、│ │ 実施期間中における科学館利用者の動線の確保 │日立シビックセンター全館の利用に支障を来すこ │ │ など、来館者の安全確保を最優先にするととも │とがないよう、指定管理者と連携し、分かりやすい│ │ に、事業に遅れが生じることがないよう円滑な推│動線を確保すること等の対策を講じるとともに、工│ │ 進に努められたい。       (要望事項)│程管理を綿密に行うことにより、円滑な事業の推進│ │                       │に努めていく。                │ │                       │                       │ └───────────────────────┴───────────────────────┘ Copyright © Hitachi City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...