ツイート シェア
  1. 日立市議会 2019-06-27
    令和元年第2回定例会〔上程議案等〕 開催日:2019-06-27


    取得元: 日立市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-24
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                                        議案第38号             令和元年度  日立市一般会計補正予算(第1号)  令和元年度 日立市の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ706,789千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それ  ぞれ72,444,789千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。  (継続費の補正) 第2条 継続費の追加、変更は、「第2表 継続費補正」による。  (繰越明許費) 第3条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第  3表 繰越明許費」による。  (地方債の補正) 第4条 地方債の追加、変更は、「第4表 地方債補正」による。       令和元年6月12日提出
                                    日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                                (単位 千円) ┌────────────┬────────────────┬───────┬───────┬──────┐ │     款      │       項        │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │10. 地方特例交付金   │                │    92,000│    215,571│   307,571│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 2. 子ども・子育て支援臨時交付金│       0│    215,571│   215,571│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │13. 分担金及び負担金  │                │    374,756│   △70,589│   304,167│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 負   担   金     │    374,756│   △70,589│   304,167│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │14. 使用料及び手数料  │                │   2,681,289│   △50,465│  2,630,824│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 使   用   料     │   2,141,345│   △50,465│  2,090,880│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │15. 国 庫 支 出 金 │                │  10,171,310│    198,811│ 10,370,121│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 国 庫 負 担 金     │   7,761,026│    157,988│  7,919,014│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 2. 国 庫 補 助 金     │   2,374,177│    40,823│  2,415,000│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │16. 県  支  出  金│                │   4,159,755│    200,131│  4,359,886│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 県  負  担  金    │   2,726,681│      781│  2,727,462│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 2. 県  補  助  金    │   1,037,165│    199,350│  1,236,515│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │18. 寄   附   金 │                │    700,100│      362│   700,462│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 寄   附   金     │    700,100│      362│   700,462│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │19. 繰   入   金 │                │   8,273,920│    102,576│  8,376,496│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 基 金 繰 入 金     │   8,273,920│    102,576│  8,376,496│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │21. 諸   収   入 │                │   1,609,859│    21,792│  1,631,651│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 4. 雑       入     │   1,512,107│    21,792│  1,533,899│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │22. 市       債 │                │   7,068,300│    88,600│  7,156,900│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 市       債     │   7,068,300│    88,600│  7,156,900│ ├────────────┴────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │        歳  入  合  計           │  71,738,000│    706,789│ 72,444,789│ └─────────────────────────────┴───────┴───────┴──────┘  歳 出                                                (単位 千円) ┌────────────┬────────────────┬───────┬───────┬──────┐ │     款      │       項        │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 2. 総   務   費 │                │   8,750,025│    189,985│  8,940,010│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 総 務 管 理 費     │   7,156,927│    189,985│  7,346,912│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 3. 民   生   費 │                │  25,946,087│    310,690│ 26,256,777│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 社 会 福 祉 費     │   9,838,053│    14,058│  9,852,111│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 2. 老 人 福 祉 費     │   3,263,825│    172,460│  3,436,285│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 3. 児 童 福 祉 費     │   8,533,228│    124,172│  8,657,400│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 4. 衛   生   費 │                │   4,667,795│    16,602│  4,684,397│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 保 健 衛 生 費     │   2,431,821│    16,425│  2,448,246│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 3. 環境保全対策費       │    35,472│      177│   35,649│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 6. 農林水産業費    │                │    255,389│    17,710│   273,099│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 3. 水  産  業  費    │    45,764│    17,710│   63,474│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 7. 商   工   費 │                │   3,529,830│    16,042│  3,545,872│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 1. 商   工   費     │   3,529,830│    16,042│  3,545,872│ ├────────────┼────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │10. 教   育   費 │                │   9,262,946│    155,760│  9,418,706│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 2. 小  学  校  費    │   3,170,947│    38,159│  3,209,106│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 3. 中  学  校  費    │    957,486│    50,875│  1,008,361│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 4. 幼  稚  園  費    │    892,767│    43,157│   935,924│ │            ├────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │            │ 6. 保 健 体 育 費     │   2,186,694│    23,569│  2,210,263│ ├────────────┴────────────────┼───────┼───────┼──────┤ │        歳  出  合  計           │  71,738,000│    706,789│ 72,444,789│ └─────────────────────────────┴───────┴───────┴──────┘ 第2表 継続費補正  追 加                                                    (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────────┬─────┬─────┬─────┐ │     款      │      項     │   事 業 名   │ 総 額 │ 年 度 │ 年割額 │
    ├────────────┼────────────┼───────────┼─────┼─────┼─────┤ │ 2.総   務   費 │ 1.総 務 管 理 費 │ひたちの科学を軸とした│     │令和元年度│  187,400│ │            │            │           │ 1,154,150├─────┼─────┤ │            │            │まちの賑わい創出事業 │     │令和2年度│  966,750│ └────────────┴────────────┴───────────┴─────┴─────┴─────┘  変 更                                                   (単位 千円) ┌─────┬───────┬─────────┬───────────────┬───────────────┐ │     │       │         │     補 正 前     │     補 正 後     │ │  款  │   項   │   事業名   ├─────┬───┬─────┼─────┬───┬─────┤ │     │       │         │ 総 額 │年 度│ 年割額 │ 総 額 │年 度│ 年割額 │ ├─────┼───────┼─────────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │       │         │     │平 成│  621,715│     │平 成│  621,715│ │     │       │         │     │29年度│     │     │29年度│     │ │     │       │         │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │       │         │     │平 成│  315,065│     │平 成│  315,065│ │     │       │         │     │30年度│     │     │30年度│     │ │10. 教育費│ 2. 小学校費 │豊浦小学校校   │ 1,942,480├───┼─────┤ 1,967,300├───┼─────┤ │     │       │舎改築事業    │     │令 和│ 1,001,700│     │令 和│ 1,026,520│ │     │       │         │     │元年度│     │     │元年度│     │ │     │       │         │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │       │         │     │令 和│   4,000│     │令 和│   4,000│ │     │       │         │     │2年度│     │     │2年度│     │ └─────┴───────┴─────────┴─────┴───┴─────┴─────┴───┴─────┘ 第3表 繰越明許費                                             (単位 千円) ┌─────────┬─────────┬─────────────────────┬───────┐ │    款    │    項    │      事   業   名      │  金 額  │ ├─────────┼─────────┼─────────────────────┼───────┤ │ 3. 民生費    │ 2. 老人福祉費  │老人福祉施設等の民間施設整備費補助事業  │    105,260│ └─────────┴─────────┴─────────────────────┴───────┘ 第4表 地方債補正  追 加                                             (単位 千円) ┌───────────────┬─────┬───────┬─────────┬─────────┐ │     起債の目的     │ 限度額 │ 起債の方法 │   利 率   │  償還の方法  │ ├───────────────┼─────┼───────┼─────────┼─────────┤ │               │     │       │5.0%以内(ただ │据置期間満了後30 │ │               │     │       │し、利率見直し方 │年以内に償還する。│ │               │     │       │式で借り入れる政 │ただし、市財政の │ │ひたちの科学を軸としたまちの賑│     │ 証書借入又 │府資金及び地方公 │都合により、据置 │ │わい創出事業費        │  84,300│ は証券発行 │共団体金融機構資 │期間及び償還期間 │ │               │     │       │金について、利率 │を短縮し、もしく │ │               │     │       │見直しを行った後 │は繰上償還又は低 │ │               │     │       │においては、当該 │利に借換えするこ │ │               │     │       │見直し後の利率) │とができる。   │ └───────────────┴─────┴───────┴─────────┴─────────┘  変 更                                                   (単位 千円) ┌─────────────────────┬────────────────┬────────────────┐ │      起 債 の 目 的      │     補正前限度額     │     補正後限度額     │ ├─────────────────────┼────────────────┼────────────────┤ │豊浦小学校校舎改築事業費         │             582,900│             587,200│ └─────────────────────┴────────────────┴────────────────┘ 2                                          議案第39号            令和元年度 日立市水道事業会計補正予算(第1号) 第1条 令和元年度日立市水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 第2条 令和元年度日立市水道事業会計予算(以下「予算」という。)第2条に定めた(4)主要な建設改良  事業の事業費「811,283千円」を「828,228千円」に改める。 第3条 予算第3条に定めた収益的支出の予定額を次のとおり補正する。                    支        出       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 水 道 事 業 費 用   3,500,430千円     △16,945千円     3,483,485千円   第2項 営 業 外 費 用     303,538千円     △16,945千円      286,593千円 第4条 予算第4条本文括弧書を(資本収入額が資本的支出額に対し不足する額1,630,042千円は、当年度  分消費税及び地方消費税資本的収支調整額110,765千円、過年度分損益勘定留保資金924,782千円、当年度  分損益勘定留保資金554,792千円及び建設改良積立金39,703千円で補填するものとする。)に改め、資本的  支出の予定額を次のとおり補正する。                    支        出       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 水道事業資本的支出     2,569,736千円      16,945千円     2,586,681千円   第1項 建 設 改 良 費    1,474,661千円      16,945千円     1,491,606千円                      令和元年6月12日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 3                          議案第40号    市長等の給料の特例に関する条例の制定について  市長等の給料の特例に関する条例を別紙のとおり制定するものとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹
    ─────────────────────────────────  (提案説明)  市長等の給料月額を減額するため、本条例を制定するものであります。    市長等の給料の特例に関する条例  (市長の給料の特例) 第1条 市長の給料月額は、令和元年7月1日から令和5年4月30日  までの間(以下「特例期間」という。)において、日立市特別職の職  員で常勤のものの給与に関する条例昭和32年条例第16号。以下  「常勤特別職給与条例」という。)第3条の規定にかかわらず、常勤  特別職給与条例別表に定める額から当該額に100分の7を乗じて得  た額を減じた額とする。  (副市長の給料の特例) 第2条 副市長の給料月額は、特例期間において、常勤特別職給与条例  第3条の規定にかかわらず、常勤特別職給与条例別表に定める額から  当該額に100分の4を乗じて得た額を減じた額とする。  (教育長、常勤の監査委員及び公営企業管理者の給料の特例) 第3条 教育長、常勤の監査委員及び公営企業管理者の給料月額は、特  例期間において、常勤特別職給与条例第3条の規定にかかわらず、常  勤特別職給与条例別表に定める額から当該額に100分の2を乗じて  得た額を減じた額とする。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、令和元年7月1日から施行する。  (失効) 2 この条例は、令和5年4月30日限り、その効力を失う。 4                          議案第41号    日立市屋内型子どもの遊び場の設置及び管理に関する条例    の制定について  日立市屋内型子どもの遊び場の設置及び管理に関する条例を別紙のと おり制定するものとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  新たに日立市屋内型子どもの遊び場を設置するため、本条例を制定す るものであります。    日立市屋内型子どもの遊び場の設置及び管理に関する条例目的) 第1条 この条例は、子どもが遊び、子ども及びその保護者が交流する  施設として屋内型の子どもの遊び場を設置し、子育て環境の充実を図  りながら、まちのにぎわいづくりに寄与することを目的とする。  (名称及び位置) 第2条 屋内型の子どもの遊び場の名称及び位置は、次のとおりとする。  ┌──────────────┬──────────────┐  │      名称      │      位置      │  ├──────────────┼──────────────┤  │日立市屋内型子どもの遊び場 │日立市幸町1丁目16番1号 │  └──────────────┴──────────────┘  (子どもの遊び場施設) 第3条 日立市屋内型子どもの遊び場(以下「子どもの遊び場」とい  う。)に次の施設を置く。 (1) あそび・まなびエリア (2) 子育てサポートエリア  (事業) 第4条 子どもの遊び場は、次に掲げる事業を行うものとする。 (1) 児童(12歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある者   をいう。以下同じ。)を対象とする遊びの場の提供に関すること。 (2) 児童及びその保護者が集い、交流する場の提供に関すること。 (3) 子育てに関する情報の提供に関すること。 (4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事業  (開館時間及び休館日等) 第5条 子どもの遊び場の開館時間及び休館日並びにあそび・まなびエ  リアの使用時間は、市長が規則で定める。  (使用できる者の範囲) 第6条 子どもの遊び場使用できる者は、次のとおりとする。 (1) 児童及びその保護者その他当該児童に同伴する者(次項において   「保護者等」という。) (2) 市長が特に必要があると認めた者 2 児童があそび・まなびエリアを使用するときは、保護者等が同伴し  なければならない。  (指定管理者による管理) 第7条 次に掲げる子どもの遊び場の管理に関する業務は、市長が指定  するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。 (1) 第4条に規定する事業の実施に関すること。 (2) 子どもの遊び場使用許可に関すること。 (3) 子どもの遊び場使用料の徴収、減額及び免除に関すること。 (4) 子どもの遊び場施設及び設備の維持管理に関すること。 (5) その他市長が定める業務  (指定管理者の指定) 第8条 市長は、指定管理者を指定しようとするときは、特別の事情が
     あると認める場合を除き、公募するものとする。 2 指定管理者の指定を受けようとするものは、事業計画書その他規則  で定める書類を市長に提出しなければならない。 3 市長は、前項の規定により提出された書類を審査し、かつ、実績等  を考慮して、子どもの遊び場の設置の目的を最も効果的に達成するこ  とができると認めたものを指定管理者として指定する。  (使用許可) 第9条 子どもの遊び場使用しようとする者は、あらかじめ指定管理  者の許可を受けなければならない。 2 指定管理者は、前項の許可をする場合には、子どもの遊び場の管理  上必要な条件を付することができる。  (使用許可制限) 第10条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、子ど  もの遊び場使用許可してはならない。 (1) 公安、公益を害し、又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。 (2) 子どもの遊び場施設設備、備品等を汚損し、又は破損するお   それがあるとき。 (3) その他子どもの遊び場の管理上支障があるとき。  (使用料) 第11条 あそび・まなびエリアを使用しようとする者は、第9条の許  可を受ける際に別表に定める使用料を納付しなければならない。 2 指定管理者は、規則で定める特別の理由があると認めたときは、前  項の使用料を減額し、又は免除することができる。  (使用料の返還) 第12条 既納の使用料は、返還しない。ただし、市長が相当の理由が  あると認めたときは、その全部又は一部を返還することができる。  (使用許可取消し等) 第13条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、子ど  もの遊び場使用者に対し、必要な指導若しくは制限をし、又は使用  の許可を取り消すことができる。 (1) 使用者が、この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。 (2) 使用者が、使用許可条件に違反したとき。 (3) その他子どもの遊び場の管理上支障があるとき。  (損害賠償等) 第14条 指定管理者又は使用者が、子どもの遊び場施設設備、備  品等を汚損し、破損し、又は滅失したときは、速やかに原状に回復し、  又はその損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得な  い理由があると認めたときは、この限りでない。  (販売行為等の禁止) 第15条 子どもの遊び場においては、物品の販売その他これに類する  行為をしてはならない。ただし、市長の許可を受けたときは、この限  りでない。  (委任) 第16条 この条例施行に関し必要な事項は、市長が規則で定める。    附 則  この条例は、令和元年10月1日から施行する。ただし、第8条の規 定は、公布の日から施行する。 別表(第11条関係)  ┌──────────────┬──────────────┐  │      区分      │     使用料      │  ├────────┬─────┼──────────────┤  │児童      │1人1回 │          100円│  ├────────┼─────┼──────────────┤  │児童以外の者  │1人1回 │          200円│  └────────┴─────┴──────────────┘  備考   1 1回の使用区分は、市長が規則で定める。   2 使用時間が使用区分の時間に満たない場合の使用料は、時間割    計算を行わない。 5                          議案第42号    日立市特別職職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に    関する条例の一部を改正する条例の制定について  日立市特別職職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例 の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  国会議員選挙等の執行経費の基準に関する法律の改正に伴い、選挙 長等の報酬の額を改めるため、本条例を制定するものであります。    日立市特別職職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に    関する条例の一部を改正する条例  日立市特別職職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例昭和31年条例第24号)の一部を次のように改正する。  別表補助機関の項中 「  ┌──────────┬──────┬───────┬───┐  │期日前投票所の投票管│日額    │ 11,100│ 〃 │  │理者        │      │       │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │投票所の投票管理者 │日額    │12,600円│ 〃 │  │          │      │以内の額で市長│   │  │          │      │が定める。  │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │開票管理者     │開票管理1回│ 10,600│ 〃 │  │          │につき   │       │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤
     │選挙長       │日額(選挙会│ 10,600│ 〃 │  │          │事務にあって│       │   │  │          │は、1回につ│       │   │  │          │き)    │       │   │を  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │期日前投票所の投票立│日額    │9,500円以│ 〃 │  │会人        │      │内の額で市長が│   │  │          │      │定める。   │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │投票所の投票立会人 │日額    │10,700円│ 〃 │  │          │      │以内の額で市長│   │  │          │      │が定める。  │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │開票立会人     │開票立会1回│  8,800│ 〃 │  │          │につき   │       │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │選挙立会人     │選挙立会1回│  8,800│ 〃 │  │          │につき   │       │   │  └──────────┴──────┴───────┴───┘                                」 「  ┌──────────┬──────┬───────┬───┐  │期日前投票所の投票管│日額    │11,300円│ 〃 │  │理者        │      │以内の額で市長│   │  │          │      │が定める。  │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │投票所の投票管理者 │日額    │12,800円│ 〃 │  │          │      │以内の額で市長│   │  │          │      │が定める。  │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │開票管理者     │開票管理1回│ 10,800│ 〃 │  │          │につき   │       │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │選挙長       │日額(選挙会│ 10,800│ 〃 │  │          │事務にあって│       │   │  │          │は、1回につ│       │   │  │          │き)    │       │   │に  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │期日前投票所の投票立│日額    │9,600円以│ 〃 │  │会人        │      │内の額で市長が│   │  │          │      │定める。   │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │投票所の投票立会人 │日額    │10,900円│ 〃 │  │          │      │以内の額で市長│   │  │          │      │が定める。  │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │開票立会人     │開票立会1回│  8,900│ 〃 │  │          │につき   │       │   │  ├──────────┼──────┼───────┼───┤  │選挙立会人     │選挙立会1回│  8,900│ 〃 │  │          │につき   │       │   │  └──────────┴──────┴───────┴───┘                                」 改める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、公布の日から施行する。  (適用区分) 2 この条例による改正後の日立市特別職職員で非常勤のものの報酬  及び費用弁償に関する条例の規定は、この条例施行の日以後その期  日を公示され又は告示される選挙から適用する。 6                          議案第43号    日立市職員退職年金条例の一部を改正する条例の制定につ    いて  日立市職員退職年金条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定す るものとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  平成30年度における旧地方公務員等共済組合法による退職年金等の 給料年額改定率の改定に関する政令等の改正に伴い、通算退職年金の額 の算定に係る規定を改めるため、本条例を制定するものであります。    日立市職員退職年金条例の一部を改正する条例  日立市職員退職年金条例昭和37年条例第1号)の一部を次のよう に改正する。  第28条第2項第2号中「1.256」を「1.257」に改め、 「0.999を乗じて得た額に」を削る。    附 則  この条例は、公布の日から施行し、改正後の日立市職員退職年金条例 の規定は、平成31年4月1日から適用する。 7                          議案第44号    日立市霊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する    条例の制定について  日立市霊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙 のとおり制定するものとする。
          令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  日立鞍掛山霊園に設ける合葬式墓地の管理に関し必要な事項を定める ため、本条例を制定するものであります。    日立市霊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する    条例  日立市霊園の設置及び管理に関する条例平成7年条例第21号)の 一部を次のように改正する。  題名の次に次の目次及び章名を付する。 目次  第1章 総則(第1条─第4条)  第2章 墓所(第5条─第17条)  第3章 合葬式墓地(第18条─第32条)  第4章 雑則(第33条─第35条)  附則    第1章 総則  第2条中第3号を第4号とし、第2号の次に次の1号を加える。 (3) 合葬式墓地 一つの墳墓に多数の焼骨を合同して埋蔵する施設を   いう。  第4条中「霊園には」を「霊園に」に改め、同条に次の1項を加える。 2 日立鞍掛山霊園に、前項に掲げる施設のほか、合葬式墓地を設ける  ものとする。  第4条の次に次の章名を付する。    第2章 墓所  第6条中「使用許可証」を「墓所使用許可証」に改める。  第7条の見出し中「墓所」を削る。  第9条第1項中「使用者」を「墓所使用者」に改める。  第11条第2項中「使用者」を「墓所使用者」に改め、同条第3項中 「使用許可証」を「墓所使用許可証」に改める。  第12条第1項中「使用者」を「墓所使用者」に、「使用許可証」を 「墓所使用許可証」に改める。  第13条各号及び第16条中「使用者」を「墓所使用者」に改める。  第17条の見出し中「墓所の」を削り、同条中「使用者」を「墓所使 用者」に改める。  第18条を次のように改める。  (手数料) 第18条 次に掲げる者は、日立市手数料条例昭和46年条例第5  号)に定めるところにより手数料を納付しなければならない。 (1) 第6条第2項の規定により墓所使用許可証の再交付を受ける者 (2) 第11条第3項又は第12条第2項の規定により墓所使用許可証   の書換えを受ける者 (3) 第20条第2項の規定により合葬式墓地使用許可証の再交付を受   ける者 (4) 第27条第3項又は前条の規定により読み替えて準用する第12   条第2項の規定により合葬式墓地使用許可証の書換えを受ける者  第20条を第35条とし、第19条を第34条とし、第18条を第 33条とし、第17条の次に次の1章及び章名を加える。    第3章 合葬式墓地  (合葬式墓地の施設) 第18条 合葬式墓地に、参拝所、納骨室、合葬室及び記名板を置く。  (使用許可) 第19条 合葬式墓地(参拝所を除く。以下同じ。)を使用しようとす  る者は、市長の許可を受けなければならない。 2 市長は、前項の許可をする場合には、霊園の管理上必要な条件を付  することができる。  (許可証の交付) 第20条 市長は、前条第1項の規定による許可を受けた者に対し、合  葬式墓地使用許可証を交付する。 2 合葬式墓地使用許可証を紛失し、又は汚損した者は、市長に再交付  を申請することができる。  (使用者の資格) 第21条 納骨室又は合葬室(以下「納骨室等」という。)を使用しよ  うとする者は、本市に引き続き1年以上住所を有するものであって、  かつ、第5条の許可を受けていないもののうち、次の各号のいずれか  に該当するものでなければならない。 (1) 規則で定める親族関係にあった者の焼骨を所持している者 (2) 満65歳以上の者であって、焼骨を所持していないもの(自己又   は規則で定める親族関係にある者の焼骨の埋蔵を目的として使用し   ようとする者に限る。) 2 前項の規定にかかわらず、墓所使用者(合葬式墓地の使用を理由と  して第16条の規定による届出をする者に限る。)は、納骨室等の使  用許可の申請をすることができる。 3 記名板を使用しようとする者は、納骨室等の使用許可を受けた者又  は納骨室等の使用許可の申請をしようとする者でなければならない。  (使用者の公募) 第22条 市長は、規則で定めるところにより、合葬式墓地を使用しよ  うとする者を公募するものとする。ただし、市長が特別の事由がある  と認めるときは、この限りでない。  (使用料) 第23条 合葬式墓地を使用しようとする者は、第19条の許可を受け  る際に、別表第3に定める使用料を納付しなければならない。 2 市長は、特に必要があると認めるときは、前項の使用料を減額する  ことができる。  (使用許可期間) 第24条 合葬式墓地の使用許可期間は、次の各号に掲げる施設の区  分に応じ、当該各号に定める期間とする。
    (1) 納骨室 使用許可を受けた日から20年 (2) 合葬室及び記名板 永年  (焼骨の埋蔵等) 第25条 納骨室等には、使用許可に係る焼骨(分骨を除く。)に限り、  埋蔵することができる。 2 焼骨の埋蔵は、次に掲げる方法により行うものとする。 (1) 納骨室に埋蔵し、前条第1号に規定する期間の経過後、合葬室に   埋蔵する方法 (2) 納骨室に埋蔵せず、合葬室に埋蔵する方法 3 納骨室に埋蔵する焼骨の容器は、規則で定める基準に適合するもの  でなければならない。 4 納骨室等に埋蔵した焼骨は、返還しない。ただし、市長が特に必要  があると認めるときは、この限りでない。  (使用制限) 第26条 第19条の許可を受けた者(以下「合葬式墓地使用者」とい  う。)及びその関係者は、市長が特に必要があると認める場合を除き、  納骨室等に立ち入ることができない。 2 記名板の使用許可を受けた者は、焼骨が納骨室等に埋蔵された後で  なければ、記名板を使用することができない。  (使用権の承継) 第27条 合葬式墓地を使用する権利(以下「合葬式墓地の使用権」と  いう。)は、承継することができない。ただし、市長が特に必要があ  ると認めるときは、この限りでない。 2 前項ただし書の規定により合葬式墓地の使用権を承継しようとする  者は、市長に届け出なければならない。 3 前項の届出をした者は、合葬式墓地使用許可証の書換えを受けなけ  ればならない。  (使用許可取消し) 第28条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、合葬式墓地  の使用許可を取り消すことができる。 (1) 合葬式墓地使用者が合葬式墓地の使用権を譲渡し、又は転貸した   とき。 (2) 合葬式墓地使用者がこの条例若しくはこの条例に基づく規則に違   反し、又は市長の指示に従わないとき。  (使用の中止) 第29条 合葬式墓地使用者は、合葬式墓地を使用しなくなるときは、  あらかじめ市長に届け出なければならない。  (焼骨の引取り) 第30条 第28条の規定により合葬式墓地の使用許可を取り消された  者又は前条の規定による届出をした者であって、納骨室等に焼骨を埋  蔵しているものは、市長が指定する期日までに当該焼骨を引き取らな  ければならない。  (埋蔵施設等の変更) 第31条 市長は、前条の規定による焼骨の引取りがされないとき又は  合葬式墓地の管理上必要があると認めるときは、納骨室に埋蔵されて  いる焼骨を納骨室の他の場所又は合葬室に埋蔵することができる。  (準用) 第32条 第10条及び第12条の規定は、合葬式墓地について準用す  る。この場合において、同条中「墓所」とあるのは、「合葬式墓地」  と読み替えるものとする。    第4章 雑則  別表第2の次に次の1表を加える。 別表第3(第23条関係)  ┌───────────────┬──────────────┐  │      区分       │     使用料      │  ├────────┬──────┼──────────────┤  │納骨室     │1体用納骨壇│      110,000円│  │        ├──────┼──────────────┤  │        │2体用納骨壇│      220,000円│  ├────────┼──────┼──────────────┤  │合葬室     │  1体  │       50,000円│  ├────────┼──────┼──────────────┤  │記名板     │  1体  │       10,000円│  └────────┴──────┴──────────────┘   備考 納骨室の使用料は、合葬室の使用料を含む。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、市長が規則で定める日から施行する。  (準備行為) 2 この条例施行するために必要な準備行為は、この条例施行前に  おいても行うことができる。  (日立市手数料条例の一部改正) 3 日立市手数料条例昭和46年条例第5号)の一部を次のように改  正する。   別表5その他の表第2項中「又は墓所」を「、墓所又は合葬式墓  地」に改める。 8                          議案第45号    日立市建築基準条例及び日立市手数料条例の一部を改正す    る条例の制定について  日立市建築基準条例及び日立市手数料条例の一部を改正する条例を別 紙のとおり制定するものとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  建築基準法等の改正に伴い、関係規定を改めるため、本条例を制定す るものであります。    日立市建築基準条例及び日立市手数料条例の一部を改正す
       る条例  (日立市建築基準条例の一部改正) 第1条 日立市建築基準条例平成12年条例第10号)の一部を次の  ように改正する。   目次中「第59条」を「第60条」に、「第60条・第61条」を  「第61条・第62条」に改める。   第13条中「特別支援学校、」を削る。   第29条第1号中「第112条第14項第1号」を「第112条第  13項第1号」に改める。   第35条、第36条、第37条第1項、第38条第1項、第39条  第1項、第40条(見出しを含む。)及び第44条中「興行場等」を  「劇場等」に改める。   第47条第1項中「興行場等」を「劇場等」に、「第112条第  14項第2号」を「第112条第13項第2号」に改め、同条第3項  中「興行場等」を「劇場等」に、「第112条第14項第2号」を  「第112条第13項第2号」に改める。   第48条第1項中「第112条第14項第1号」を「第112条第  13項第1号」に改め、同条第2項中「興行場等」を「劇場等」に改  める。   第49条中「興行場等」を「劇場等」に、「第112条第14項第  1号」を「第112条第13項第1号」に改める。   第50条の見出し及び同条第1項中「興行場等」を「劇場等」に改  め、同項第1号中「第112条第14項第2号」を「第112条第  13項第2号」に改める。   第51条第3項第1号中「興行場等」を「劇場等」に改める。   第52条の2中「第112条第15項」を「第112条第14項」  に、「同条第16項」を「同条第15項」に改める。   第52条の3第1項中「興行場等」を「劇場等」に改める。   第56条の見出し中「及び日影時間」を「等」に改め、同条中「掲  げる区域」の次に「(港湾法昭和25年法律第218号)第39条  第1項の規定により指定された分区の区域を除く。)」を加え、同条  に次の1項を加える。  2 法第56条の2第1項の規定により法別表第4(は)欄2の項及   び3の項に掲げる平均地盤面からの高さのうちから指定するものは、   4メートルとする。   第61条を第62条とし、第60条を第61条とし、第59条の次  に次の1条を加える。   (建築物の用途を変更して一時的に他の用途の建築物として使用す   る場合の制限の緩和)  第60条 法第87条の3第5項に規定する興行場等又は同条第6項   に規定する特別興行場等について市長が安全上支障がないと認めて   許可する場合においては、この条例の規定は、適用しない。  (日立市手数料条例の一部改正) 第2条 日立市手数料条例昭和46年条例第5号)の一部を次のよう  に改正する。   別表2建築確認関係の表第15項を次のように改める。  │15 用途地域における建築許可申請│  │         │  │ 手数料             │  │         │  │ (1) 利害関係者の意見の聴取及び建│1件│  120,000│  │  築審査会の同意の取得を要しない│  │         │  │  場合             │  │         │  │ (2) 利害関係者の意見の聴取を要 │1件│  140,000│  │  し、建築審査会の同意の取得を要│  │         │  │  しない場合          │  │         │  │ (3) 利害関係者の意見の聴取及び建│1件│  180,000│  │  築審査会の同意の取得を要する場│  │         │  │  合              │  │         │   別表2建築確認関係の表第17項中「延べ面積」を「容積率」に改  め、同表中第52項を第55項とし、第48項から第51項までを3  項ずつ繰り下げ、第47項を第48項とし、同項の次に次の2項を加  える。  │49 建築物の興行場等への用途変更│1件│  120,000│  │ に係る許可申請手数料      │  │         │  │50 1年を超える建築物の特別興行│1件│  160,000│  │ 場等への用途変更に係る許可申請手│  │         │  │ 数料              │  │         │   別表2建築確認関係の表中第46項を第47項とし、第45項を第  46項とし、同表第44項中「延べ面積の敷地面積に対する割合、建  築面積の敷地面積に対する割合」を「容積率、建蔽率」に改め、同項  を同表第45項とし、同表中第43項を第44項とし、同表第42項  中「延べ面積の敷地面積に対する割合」を「容積率」に改め、同項を  同表第43項とし、同表第41項中「延べ面積の敷地面積に対する割  合」を「容積率」に改め、同項を同表第42項とし、同表中第40項  を第41項とし、同表第39項中「延べ面積の敷地面積に対する割  合」を「容積率」に改め、同項を同表第40項とし、同表第38項中  「延べ面積の敷地面積に対する割合」を「容積率」に改め、同項を同  表第39項とし、同表中第37項を第38項とし、第34項から第  36項までを1項ずつ繰り下げ、同表第33項中「延べ面積」を「容  積率」に改め、同項を同表第34項とし、同表第32項中「建築面積  の敷地面積に対する割合」を「建蔽率」に改め、同項を同表第33項  とし、同表第31項中「延べ面積の敷地面積に対する割合」を「容積  率」に改め、同項を同表第32項とし、同表中第30項を第31項と  し、同表第29項中「(集落地区計画を除く。)」を削り、「延べ面  積の敷地面積に対する割合」を「容積率」に改め、同項を同表第30  項とし、同表第28項中「高さの」を「高さに関する制限の適用除外  に係る」に改め、同項を同表第29項とし、同表第27項中「延べ面  積の敷地面積に対する割合、建築物建築面積の敷地面積に対する割  合又は建築物の」を「容積率、建蔽率又は」に改め、同項を同表第  28項とし、同表第26項中「延べ面積の敷地面積に対する割合」を  「容積率」に改め、同項を同表第27項とし、同表中第25項を第  26項とし、同表第24項中「延べ面積の敷地面積に対する割合、建  築面積の敷地面積に対する割合」を「容積率、建蔽率」に改め、同項  を同表第25項とし、同表第23項中「設ける」の次に「建築物の高  さに関する制限の適用除外に係る」を加え、同項を同表第24項とし、  同表中第22項を第23項とし、第19項から第21項までを1項ず  つ繰り下げ、同表第18項中「建築面積の敷地面積に対する割合」を  「建蔽率」に改め、同項を同表第19項とし、同表第17項の次に次  の1項を加える。  │18 建築物の建蔽率の特例許可申請│1件│   33,000│  │ 手数料             │  │         │
      別表2建築確認関係の表(注)3、(注)8及び(注)10中「第  87条の2」を「第87条の4」に改める。    附 則  この条例は、公布の日から施行する。 9                          議案第46号    日立市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について  日立市火災予防条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するも のとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  住宅防災機器の設置及び維持に関する条例の制定に関する基準を定 める省令の改正に伴い、住宅防災警報器等の設置の免除に係る規定を 改める等のため、本条例を制定するものであります。    日立市火災予防条例の一部を改正する条例  日立市火災予防条例昭和48年条例第38号)の一部を次のように 改正する。  第16条第1項中「日本工業規格」を「日本産業規格」に改める。  第29条の5第1号中「作動時間が60秒以内」を「種別が1種」に 改め、同条中第6号を第7号とし、第5号の次に次の1号を加える。 (6) 第29条の3第1項各号又は前条第1項に掲げる住宅の部分に特   定小規模施設自動火災報知設備を特定小規模施設における必要と   される防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する省令   (平成20年総務省令第156号)第3条第2項及び第3項に定め   る技術上の基準に従い、又は当該技術上の基準の例により設置した   とき。    附 則  この条例は、公布の日から施行する。ただし、第16条第1項の改正 規定は、令和元年7月1日から施行する。 10                          議案第47号    本庁舎北・西側ひさし建設工事請負契約締結について  本庁舎北・西側ひさし建設工事について、下記のとおり工事請負契約締結するものとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹                   記 1 工事の名称  本庁舎北・西側ひさし建設工事 2 工事の場所  日立市助川町1丁目地内 3 工事の概要  北側ひさし建設工事           鉄骨造           整備面積 182m2          西側ひさし建設工事           鉄骨造           整備面積 613m2          電気設備工事 一式 4 契約金額   金179,300,000円 5 契約の相手方 株式会社竹中工務店東関東支店           支店長  鈴 木 裕 史 6 完成の期限  令和2年3月31日 7 契約の方法  随意契約 ─────────────────────────────────  (提案説明)  本庁舎北・西側ひさし建設工事請負契約締結するに当たり、予定 価格が150,000千円以上であるため、議会議決に付すべき契約 及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき議会議決 を求めるものであります。 11                          議案第48号    市道路線の廃止及び認定について  市道路線を別紙調書のとおり廃止及び認定するものとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹
    ─────────────────────────────────  (提案説明)  河原子町3丁目地内の道路改良に伴い、市道路線の廃止及び認定をす るため、道路法の規定に基づき議会議決を求めるものであります。  日立市河原子町3丁目地内                 市 道 路 線 廃 止 調 書 ┏━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┓ ┃     │     起       点     │重 要 │    │    │    ┃ ┃路線番号 │                   │    │幅 員 │延 長 │備 考 ┃ ┃     │     終       点     │経過地 │    │    │    ┃ ┠─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┨ ┃     │河原子町3丁目24番2地先から      │    │  3.5m│   m│    ┃ ┃ 5526号 │                   │    │  ~ │    │    ┃ ┃     │河原子町3丁目257番地先まで      │    │ 38.9 │ 474.2 │    ┃ ┠─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┨ ┃     │河原子町3丁目25番2地先から      │    │  2.0 │    │    ┃ ┃ 5527号 │                   │    │  ~ │ 423.5 │    ┃ ┃     │河原子町3丁目6番地先まで       │    │  8.3 │    │    ┃ ┗━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┛                 市 道 路 線 認 定 調 書 ┏━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┓ ┃     │     起       点     │重 要 │    │    │    ┃ ┃路線番号 │                   │    │幅 員 │延 長 │備 考 ┃ ┃     │     終       点     │経過地 │    │    │    ┃ ┠─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┨ ┃     │河原子町3丁目19番地先から      │    │  3.5m│   m│    ┃ ┃ 5526号 │                   │    │  ~ │    │    ┃ ┃     │河原子町3丁目257番地先まで      │    │ 43.9 │ 518.7 │    ┃ ┠─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┨ ┃     │河原子町3丁目24番1地先から      │    │  2.0 │    │    ┃ ┃ 5527号 │                   │    │  ~ │ 381.2 │    ┃ ┃     │河原子町3丁目6番地先まで       │    │  8.3 │    │    ┃ ┗━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┛ 12                          議案第49号    日立市副市長選任の同意を求めることについて   日立市副市長に下記の者を選任したいので、地方自治法第162条の  規定に基づき議会同意を求めるものとする。       令和元年6月17日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 氏  名  梶 山 隆 範 生年月日  昭和□□年□□月□□日 住  所  日立市□□町□丁目□□番□□号 ───────────────────────────────── (提案説明)  副市長梶山隆範氏は、令和元年6月30日をもって任期満了となるが、 同氏は副市長として適任であるので再選したいため、議会同意を求め るものであります。 13                          議案第50号    日立市教育委員会委員任命の同意を求めることについて  日立市教育委員会委員に下記の者を任命したいので、地方教育行政組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定に基づき議会同意を求 めるものとする。       令和元年6月17日提出                 日立市長  小 川 春 樹                記 氏  名  朝 日 華 子 生年月日  昭和□□年□□月□□日 住  所  日立市□□町□丁目□□番□□号 ───────────────────────────────── (提案説明)  教育委員会委員朝日華子氏は、令和元年6月30日をもって任期満了 となるが、同氏は教育委員会委員として適任であるので再任したいため、 議会同意を求めるものであります。 14                          議案第51号    日立市固定資産評価審査委員会委員選任の同意を求めるこ    とについて  日立市固定資産評価審査委員会委員に下記の者を選任したいので、地 方税法第423条第3項の規定に基づき議会同意を求めるものとする。       令和元年6月17日提出
                    日立市長  小 川 春 樹                    記 ┌───────┬───────────┬────────────────┐ │   氏名  │   生年月日    │       住所       │ ├───────┼───────────┼────────────────┤ │北 見 喜 隆│昭和□□年□□月□□日│日立市□□町□丁目□□番□□号 │ ├───────┼───────────┼────────────────┤ │泉     有│昭和□□年□□月□□日│日立市□□町□丁目□□番□□号 │ ├───────┼───────────┼────────────────┤ │藤   英 雄│昭和□□年□□月□□日│日立市□□町□丁目□□番□□号 │ └───────┴───────────┴────────────────┘  (提案説明)  固定資産評価審査委員会委員北見喜隆氏、泉有氏及び藤英雄氏は、令 和元年7月2日をもって任期満了となるが、固定資産評価審査委員会委 員として適任であるので再選したいため、議会同意を求めるものであ ります。 15                                         報告第6号    平成30年度日立市継続費繰越しについて  平成30年度日立市継続費繰越しについて、地方自治法施行令第145条第1項の規定に基づき、別紙の とおり報告するものとする。       令和元年6月12日提出                                日立市長  小 川 春 樹 ───────────────────────────────────────────────              平成30年度 日立市継続費繰越計算書 1 一般会計                                                                                                                  (単位 円) ┏━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃         │       │          │        │     平成30年度継続費予算現額     │       │       │       │          左 の 財 源 内 訳          ┃ ┃         │       │          │        ├───────┬───────┬───────┤ 支出済額  │       │  翌年度  ├───────┬───────────────────────┨ ┃    款    │   項   │ 事  業  名  │ 継続費の総額 │       │ 前年度逓次 │       │  及 び  │  残 額  │  逓 次  │       │        特 定 財 源        ┃ ┃         │       │          │        │ 予算計上額 │       │   計   │ 支出見込額 │       │  繰越額  │  繰越金  ├───────┬───────┬───────┨ ┃         │       │          │        │       │ 繰 越 額 │       │       │       │       │       │ 国県支出金 │  地方債  │  その他  ┃ ┠─────────┼───────┼──────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │1.社会福祉費 │鳩が丘障害者福祉施設│  1,065,293,000│  685,156,000│  18,078,400│  703,234,400│  702,076,800│   1,157,600│   1,157,600│       │       │       │   1,157,600┃ ┃         │       │再整備事業     │        │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       ┃ ┃3.民生費     ├───────┼──────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │3.児童福祉費 │(仮称)はなやま認定│   562,900,000│  232,506,000│       │  232,506,000│  226,042,320│   6,463,680│   6,463,680│   6,263,680│       │    200,000│       ┃ ┃         │       │こども園園舎建設事業│        │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       ┃ ┠─────────┼───────┼──────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃9.消防費     │1.消防費   │南部地区消防庁舎整備│  1,638,100,000│  656,700,000│       │  656,700,000│  614,676,000│  42,024,000│  42,024,000│   2,124,000│       │  39,900,000│       ┃ ┃         │       │事業        │        │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       ┃ ┠─────────┼───────┼──────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃10.教育費     │2.小学校費  │豊浦小学校校舎改築事│  1,942,480,000│  315,065,000│  621,715,000│  936,780,000│  715,659,680│  221,120,320│  221,120,320│  38,676,320│  100,344,000│  82,100,000│       ┃ ┃         │       │業         │        │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       ┃ ┠─────────┴───────┴──────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃             計              │  5,208,773,000│ 1,889,427,000│  639,793,400│ 2,529,220,400│ 2,258,454,800│  270,765,600│  270,765,600│  47,064,000│  100,344,000│  122,200,000│   1,157,600┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛ 16                                         報告第7号    平成30年度日立市繰越明許費繰越しについて  平成30年度日立市繰越明許費繰越しについて、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、別 紙のとおり報告するものとする。       令和元年6月12日提出                                日立市長  小 川 春 樹 ───────────────────────────────────────────────              平成30年度 日立市繰越明許費繰越計算書 1 一般会計                                                                                                   (単位 円) ┏━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃         │          │                      │        │        │           左  の  財  源  内  訳            ┃ ┃         │          │                      │        │        ├───────┬───────────────────────┬───────┨ ┃    款    │    項     │     事    業    名      │  金  額  │ 翌年度繰越額 │ 既 収 入 │     未 収 入 特 定 財 源     │       ┃ ┃         │          │                      │        │        │       ├───────┬───────┬───────┤ 一般財源  ┃ ┃         │          │                      │        │        │ 特定財源  │ 国県支出金 │  地方債  │  その他  │       ┃ ┠─────────┼──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │1.社会福祉費    │プレミアム付商品券事業           │   11,735,000│   11,735,000│       │  11,735,000│       │       │       ┃ ┃3.民生費     ├──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │3.児童福祉費    │私立保育園整備費助成事業          │   111,644,000│   111,644,000│       │  99,239,000│       │       │  12,405,000┃ ┠─────────┼──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │1.保健衛生費    │合葬式墓地整備事業             │   89,230,000│   89,224,400│       │       │       │  89,224,400│       ┃ ┃4.衛生費     ├──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │2.清掃費      │旧滑川処理場解体除却事業          │   45,096,000│   45,094,000│       │       │       │       │  45,094,000┃ ┠─────────┼──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │日立駅前再活性化事業            │   100,000,000│   100,000,000│       │  50,000,000│  50,000,000│       │       ┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │かみね動物園施設整備事業          │   30,500,000│   28,966,400│       │       │  26,000,000│       │   2,966,400┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃7.商工費     │1.商工費      │奥日立きららの里魅力づくり事業       │   19,200,000│   11,307,600│       │       │       │       │  11,307,600┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │久慈サンピア日立施設整備事業        │    4,380,000│    4,348,563│       │       │       │       │   4,348,563┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │久慈サンピア日立スポーツセンター施設整備事業│    1,980,000│    1,868,237│       │       │       │       │   1,868,237┃ ┠─────────┼──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │市道3号線改良事業             │   49,912,000│   49,133,434│       │  22,423,280│  20,100,000│       │   6,610,154┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │市道6369号線改良事業          │   105,905,000│   105,867,363│       │  55,715,087│  41,000,000│       │   9,152,276┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │市道36号線改良事業            │   74,187,000│   73,261,745│       │  26,784,000│  24,100,000│       │  22,377,745┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │市道2587号線改良事業          │   19,000,000│   19,000,000│       │  10,021,000│   7,300,000│       │   1,679,000┃
    ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │市道46号線改良事業            │   37,148,000│   29,489,898│       │   5,769,100│   5,100,000│       │  18,620,798┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │2.道路橋梁費    │大甕水木連絡道路整備事業          │   147,351,000│   93,527,170│       │  50,941,539│  32,000,000│       │  10,585,631┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │中所沢川尻線(市道640号線)改築事業   │    2,708,000│    2,708,000│       │   1,254,000│   1,100,000│       │    354,000┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │市道9号線改築事業             │   34,111,000│   18,880,514│       │  10,057,300│   8,200,000│       │    623,214┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │鮎川町地内道路新設事業           │   48,279,000│   48,269,234│       │  24,000,000│  21,600,000│       │   2,669,234┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │金沢町地内道路整備事業           │   46,114,000│   46,109,626│       │  23,000,000│  20,700,000│       │   2,409,626┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃8.土木費     │          │橋梁長寿命化事業              │   87,560,000│   87,558,606│       │  43,883,620│  32,300,000│       │  11,374,986┃ ┃         ├──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │河川・排水路改修事業            │   17,700,000│   17,700,000│       │       │       │       │  17,700,000┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │3.河川費      │田尻川河口防災対策事業           │   38,814,000│   38,394,513│       │       │       │       │  38,394,513┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │水木町地内(市道6004号線)冠水対策事業 │   47,000,000│   47,000,000│       │  22,500,000│  22,500,000│       │   2,000,000┃ ┃         ├──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │幹線道路整備検討事業            │    2,989,000│    2,989,000│       │       │       │       │   2,989,000┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │新交通導入事業               │   18,470,000│   18,470,000│       │       │       │       │  18,470,000┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │5.都市計画費    │大甕駅周辺地区整備事業           │  1,298,381,000│  1,276,638,148│       │  274,390,917│  852,100,000│       │  150,147,231┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │久慈浜地区まちづくり事業          │    8,885,000│    8,885,000│       │       │   8,800,000│       │    85,000┃ ┃         │          ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │かみね公園施設整備事業           │   60,600,000│   57,489,600│       │       │  51,600,000│       │   5,889,600┃ ┃         ├──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │市道7539号線歩道整備事業        │   20,974,000│   20,950,890│       │   9,667,130│   7,100,000│       │   4,183,760┃ ┃         │8.交通安全対策費  ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │横断歩道橋改修事業             │   21,737,000│   21,737,000│       │  11,900,000│       │       │   9,837,000┃ ┠─────────┼──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │小学校空調設備整備事業           │   350,200,000│   286,493,000│       │  83,107,000│  164,400,000│       │  38,986,000┃ ┃         │2.小学校費     ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │久慈小学校校舎・屋内運動場改築事業     │   29,760,000│   29,520,400│       │       │       │       │  29,520,400┃ ┃         ├──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃10.教育費     │          │中学校施設整備事業             │   13,800,000│   13,628,400│       │       │  12,200,000│       │   1,428,400┃ ┃         │3.中学校費     ├──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │          │中学校空調設備整備事業           │   185,300,000│   174,045,040│       │  52,204,000│  103,300,000│       │  18,541,040┃ ┃         ├──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃         │6.保健体育費    │運動公園施設整備事業            │   113,705,000│   113,704,053│       │  32,448,000│  29,200,000│       │  52,056,053┃ ┠─────────┴──────────┴──────────────────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┨ ┃                    計                      │  3,294,355,000│  3,105,638,834│       │  921,039,973│ 1,540,700,000│  89,224,400│  554,674,461┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛ 17                                         報告第8号    平成30年度日立市事故繰越しについて  平成30年度日立市事故繰越しについて、地方自治法施行令第150条第3項の規定に基づき、別紙のとお り報告するものとする。       令和元年6月12日提出                                日立市長  小 川 春 樹 ───────────────────────────────────────────────              平成30年度 日立市事故繰越し繰越計算書 1 一般会計                                                                                                                (単位 円) ┏━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓ ┃      │       │       │       │      左の内訳     │       │       │        左   の   財   源   内   訳          │            ┃ ┃      │       │       │ 支出負担  ├───────┬───────┤ 支出負担  │  翌年度  ├───────┬───────────────────────┬───────┤            ┃ ┃  款   │   項   │ 事 業 名 │  行為額  │  支出   │  支 出  │  行為   │  繰越額  │  既収入  │     未 収 入 特 定 財 源     │       │    説  明    ┃ ┃      │       │       │       │  済額   │  未済額  │  予定額  │       │ 特定財源  ├───────┬───────┬───────┤ 一般財源  │            ┃ ┃      │       │       │       │       │       │       │       │       │ 国県支出金 │ 地 方 債 │ そ の 他 │       │            ┃ ┠──────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼────────────┨ ┃      │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │ 運動公園野球場スコ  ┃ ┃      │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │アボード改修工事に使  ┃ ┃      │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │用する資材の一部が、  ┃ ┃10.教育費  │6.保健体育費 │運動公園施設 │  79,090,867│  24,205,720│  54,885,147│       │  54,885,147│       │  25,210,000│  25,200,000│       │   4,475,147│東京オリンピックなど  ┃ ┃      │       │整備事業   │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │により全国的に需要が  ┃ ┃      │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │増加したことから、そ  ┃ ┃      │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │の調達に不測の日数を  ┃ ┃      │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │要したため。      ┃ ┠──────┴───────┴───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼────────────┨ ┃                      │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │            ┃ ┃          計           │  79,090,867│  24,205,720│  54,885,147│       │  54,885,147│       │  25,210,000│  25,200,000│       │   4,475,147│            ┃ ┃                      │       │       │       │       │       │       │       │       │       │       │            ┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛ 18                                         報告第9号    平成30年度日立市水道事業会計及び下水道事業会計予算繰越しについて  平成30年度日立市水道事業会計及び下水道事業会計予算繰越しについて、地方公営企業法第26条第3 項の規定に基づき、別紙のとおり報告するものとする。       令和元年6月12日提出                                日立市長  小 川 春 樹 ───────────────────────────────────────────────              平成30年度 日立市水道事業会計予算繰越計算書 地方公営企業法第26条第1項の規定による建設改良費の繰越額                                                                                                                  (単位 円) ┏━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓ ┃      │      │       │        │        │        │           左  の  財  源  内  訳            │       │翌年度繰越額に│            ┃ ┃  款   │  項   │ 事 業 名 │ 予算計上額  │  支払義務  │ 翌 年 度  ├───────┬───────┬───────┬───────┬───────┤ 不 用 額 │係る繰越を要す│   説    明   ┃ ┃      │      │       │        │  発 生 額 │ 繰 越 額  │  企業債  │ 県補助金  │ 一般会計  │ 工事負担金 │ 建設改良  │       │るたな卸資産の│            ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │  負担金  │       │  積立金  │       │購入限度額  │            ┃
    ┠──────┼──────┼───────┼────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼────────────┨ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │ 第10送水管更新工事 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │において、試験掘調査の ┃ ┃      │      │水源及び配水 │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │結果、送水管埋設を計画 ┃ ┃      │      │施設事業   │   975,863,080│   846,537,553│   119,242,000│  97,600,000│  18,066,000│       │       │   3,576,000│  10,083,527│       │していた位置にガス管が ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │横断し支障となり、ガス ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │事業者との協議調整に不 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │測の日数を要したため。 ┃ ┃      │      ├───────┼────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼────────────┨ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │ 配水管更新工事におい ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │て、国道6号の占用に係 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │る国土交通省との協議調 ┃ ┃1.水道事業資│1.建設改良費│       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │整に不測の日数を要した ┃ ┃ 本的支出 │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │箇所があったほか、同時 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │施工を予定した第10送 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │水管更新工事が繰り越さ ┃ ┃      │      │配水管布設事 │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │れたため。       ┃ ┃      │      │業      │   984,410,772│   734,432,796│   209,964,420│  187,500,000│       │   1,490,400│       │  20,974,020│  40,013,556│       │ 配水管新設工事におい ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │て、同時施工を予定した ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │第10送水管更新工事が ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │繰り越されたため。   ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │ 配水管移設工事におい ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │て、競合する県施工の道 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │路改良舗装工事等との工 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │程調整に不測の日数を要 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │したため。       ┃ ┠──────┴──────┴───────┼────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼────────────┨ ┃         計           │  1,960,273,852│  1,580,970,349│   329,206,420│  285,100,000│  18,066,000│   1,490,400│       │  24,550,020│  50,097,083│       │            ┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛              平成30年度 日立市下水道事業会計予算繰越計算書 地方公営企業法第26条第1項の規定による建設改良費の繰越額                                                                                                                  (単位 円) ┏━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓ ┃      │      │       │        │        │        │           左  の  財  源  内  訳            │       │翌年度繰越額に│            ┃ ┃  款   │  項   │ 事 業 名 │ 予算計上額  │  支払義務  │ 翌 年 度  ├───────┬───────┬───────┬───────┬───────┤ 不 用 額 │係る繰越を要す│   説    明   ┃ ┃      │      │       │        │  発 生 額 │ 繰 越 額  │  企業債  │ 国庫補助金 │ 一般会計  │ 繰越工事  │ 損益勘定  │       │るたな卸資産の│            ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │  負担金  │ 資  金  │ 留保資金  │       │購入限度額  │            ┃ ┠──────┼──────┼───────┼────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼────────────┨ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │ 田沢中継ポンプ場のポ ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │ンプ長寿命化工事におい ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │て、防災減災、国土強 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │靭化のための3か年緊急 ┃ ┃      │      │中央処理区改 │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │対策目的とした平成3 ┃ ┃      │      │良事業    │   974,120,000│   954,821,215│    9,504,000│   4,000,000│   4,000,000│       │       │   1,504,000│   9,794,785│       │0年度2月の国の補正予 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │算による補助金を財源と ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │したことから、年度内工 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │期の確保ができなかった ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │ため。         ┃ ┃      │1.中央処理区├───────┼────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼────────────┨ ┃      │改良費   │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │ 県が施工する那珂久慈 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │ブロック広域汚泥処理事 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │業の中央監視制御設備改 ┃ ┃1.下水道事業│      │広域汚泥焼却 │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │築詳細設計業務委託にお ┃ ┃資本的支出 │      │炉建設負担金 │     765,000│        │     765,000│    700,000│       │       │       │    65,000│       │       │いて、既設システムの調 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │査及び改築対象機器の再 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │検討に不測の日数を要し ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │たことで、事業が繰り越 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │されたため。      ┃ ┃      ├──────┼───────┼────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼────────────┨ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │ 県が施工する那珂久慈 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │流域下水道事業の汚泥脱 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │水機機械設備改築工事等 ┃ ┃      │2.流域下水道│流域下水道建 │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │において、関連する設備 ┃ ┃      │建設費   │設負担金   │   24,936,000│   10,523,000│   14,413,000│  14,300,000│       │       │    113,000│       │       │       │の故障による緊急修繕工 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │事等及び関係機関との協 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │議等に不測の日数を要し ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │たことで、事業が繰り越 ┃ ┃      │      │       │        │        │        │       │       │       │       │       │       │       │されたため。      ┃ ┠──────┴──────┴───────┼────────┼────────┼────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼────────────┨ ┃         計           │   999,821,000│   965,344,215│   24,682,000│  19,000,000│   4,000,000│       │    113,000│   1,569,000│   9,794,785│       │            ┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛ 19                          報告第10号    専決処分について(損害賠償の額を定めることについて)  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法第180条第1項の 規定に基づき別紙のとおり専決処分したから、同条第2項の規定に基づ きこれを報告するものとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹            専 決 処 分 書  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法昭和22年法律第 67号)第180条第1項の規定に基づき、下記のとおり専決処分する。       平成31年3月29日                 日立市長  小 川 春 樹                記
       損害賠償の額を定めることについて  平成30年10月19日午後2時頃、日立市□□町□丁目□□番□□ 号□□□□氏所有の家屋において、調査をしていた職員が棚板を落下さ せ、家具に物損を与えたので、この損害に対する賠償の額を下記のとお り定める。                記  損害賠償額  金21,600円 20                          報告第11号    専決処分について(損害賠償の額を定めることについて)  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法第180条第1項の 規定に基づき別紙のとおり専決処分したから、同条第2項の規定に基づ きこれを報告するものとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹            専 決 処 分 書  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法昭和22年法律第 67号)第180条第1項の規定に基づき、下記のとおり専決処分する。       平成31年4月24日                 日立市長  小 川 春 樹                記    損害賠償の額を定めることについて  平成31年3月26日午後0時43分頃、日立市中成沢町4丁目11 番地先市道24号路上において、市有車が日立市□□町□丁目□□番□ □号□□□□氏の運転する自動車に接触し、物損を与えたので、この損 害に対する賠償の額を下記のとおり定める。                記  損害賠償額  金212,490円 21                          報告第12号    日立市土地開発公社に係る令和元年度の経営状況に関する    説明書提出について  日立市土地開発公社に係る令和元年度の経営状況に関する説明書を地 方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、別冊のとおり提出する ものとする。       令和元年6月12日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ──────────────────────────────── (別冊 略) 22                                      令和元年6月12日  日立市議会議長  茅 根 茂 彦  殿                                   日立市長  小 川 春 樹    平成31年第1回日立市議会定例会において採択された請願等の処理の経過について(報告) ┏━━━━┯━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃ 番号 │受理番号│  件   名  │   処理の経過及び回答   │   請願者等住所氏名   ┃ ┠────┼────┼─────────┼───────────────┼──────────────┨ ┃  1 │  2 │ 日立市における児│ 学校におけるフッ化物洗口の │日立市東多賀町5-6-15 ┃ ┃    │    │童・生徒のむし歯予│集団的実施については、児童生 │一般社団法人 日立歯科医師会┃ ┃    │    │防の推進のため学校│徒の健康を守る上で有効である │ 会長 間宮 高弘     ┃ ┃    │    │でのフッ化物洗口の│と捉えており、保護者の理解を │              ┃ ┃    │    │集団的実施を推奨す│得ることや学校での実施体制等 │              ┃ ┃    │    │ることに関する陳情│について検討してまいります。 │              ┃ ┃    │    │         │ 当面は、教職員保護者が集 │              ┃ ┃    │    │         │まる機会に歯科医師会に講演を │              ┃ ┃    │    │         │していただくなど、広く口腔衛 │              ┃ ┃    │    │         │生の啓発を通じて、フッ化物洗 │              ┃ ┃    │    │         │口の効果安全性などについて │              ┃ ┃    │    │         │周知を図ってまいります。   │              ┃ ┗━━━━┷━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛ 23                                      令和元年6月12日  日立市議会議長  茅 根 茂 彦  殿                                   日立市長  小 川 春 樹    平成31年第1回市議会定例会における委員長報告(附帯意見又は要望事項)の処理方針につい    て(報告) ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃  附 帯 意 見 又 は 要 望 事 項  │   処    理    方    針    ┃ ┠───────────────────────┼───────────────────────┨ ┃〔総務産業委員会〕              │                       ┃ ┃1 議案第1号平成31年度日立市一般会計予算中│                       ┃ ┃ (1) 防災体制の更なる強化に向けた対応につい │ 防災体制の更なる強化に向けた対応については、┃ ┃  て、市からの防災情報の重要性を十分認識した│防災無線の受信困難世帯に対し、戸別受信機の設置┃ ┃  上で、防災無線の受信困難世帯を解消するた │位置、使用方法及び受信状況の確認を、市報、ホー┃ ┃  め、関係各課が連携し、ケーブルテレビの回線│ムページ等で呼び掛けるとともに、なお受信が困難┃ ┃  を活用するなど、受信環境の整備にスピード感│な場合には、ケーブルテレビの回線を活用するなど┃ ┃  を持って取り組まれたい。   (要望事項)│により、引き続き、受信環境の整備に取り組んでい┃ ┃                       │く。                     ┃ ┃                       │                       ┃ ┃ (2) さくらや松などの樹木について、松くい虫防│ さくらや松などの樹木については、関係各課と綿┃
    ┃  除対策を始め、市のシンボルであるさくらのテ│密な連携と情報共有を図りながら、市民、関係団 ┃ ┃  ングス病枝の切除や施肥などに関し、関係各課│体、企業等の協力を得て、さくらのテングス病枝の┃ ┃  が綿密に連携しながら、適正な管理に努められ│早期発見や切除、施肥等による保護育成に取り組┃ ┃  たい。            (要望事項)│むとともに、森林環境譲与税を活用した松くい虫防┃ ┃                       │除対策に取り組むなど、適正な管理に努めていく。┃ ┃                       │                       ┃ ┃〔環境建設委員会〕              │                       ┃ ┃1 議案第1号平成31年度日立市一般会計予算中│                       ┃ ┃ (1) 定住や住み替え促進に向けた各種施策につい│ 定住や住み替え促進に向けた各種施策について ┃ ┃  て、将来のまちの姿を見据えながら、積極的な│は、市報、ホームページ等のほか、様々な機会を捉┃ ┃  情報提供や事業手法を検討するとともに、有機│えて積極的な広報を行うとともに、空き家利活用促┃ ┃  的に連携させながら力強く推進されたい。  │進助成事業と住宅取得助成事業の内容をまとめたP┃ ┃                 (要望事項)│Rチラシを茨城県宅地建物取引業協会等と連携して┃ ┃                       │配布するなど、市外への情報発信を行いながら、各┃ ┃                       │事業を有機的に連携させ、効果的な推進に努めてい┃ ┃                       │く。                     ┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ Copyright © Hitachi City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...