ツイート シェア
  1. 日立市議会 2019-03-22
    平成31年第1回定例会〔上程議案等〕 開催日:2019-03-22


    取得元: 日立市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-24
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                                        議案第1号             平成31年度  日立市一般会計予算  平成31年度 日立市の一般会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ71,738,000千円と定める。 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。  (継 続 費) 第2条 地方自治法第212条第1項の規定による継続費の経費の総額及び年割額は、「第2表 継続費」  による。  (債務負担行為) 第3条 地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額  は、「第3表 債務負担行為」による。  (地 方 債) 第4条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債  の方法、利率及び償還の方法は、「第4表 地方債」による。  (一時借入金) 第5条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、8,000,000千円と定  める。
     (歳出予算の流用) 第6条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することが  できる場合は、各項に計上した給料、職員手当等及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合におけ  る同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用と定める。       平成31年3月6日提出                                日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │         項          │  金  額   │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.市           税 │                    │    26,824,369│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.市       民       税 │    11,991,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.固   定   資   産   税 │    11,379,687│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.軽   自   動   車   税 │      409,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.市   た   ば   こ   税 │      984,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │5.鉱       産       税 │        682│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │6.入       湯       税 │      35,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │7.都   市   計   画   税 │     2,025,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.地  方  譲  与  税 │                    │      534,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.地 方 揮 発 油 譲 与 税   │      142,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.自 動 車 重 量 譲 与 税   │      340,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.特 別 と ん 譲 与 税     │      40,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.森 林 環 境 譲 与 税     │      12,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │3.利 子 割 交 付 金   │                    │      30,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.利  子  割  交  付  金  │      30,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │4.配 当 割 交 付 金   │                    │      50,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.配  当  割  交  付  金  │      50,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │5.株式等譲渡所得割交付金   │                    │      21,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.株式等譲渡所得割交付金       │      21,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │6.地方消費税交付金      │                    │     3,400,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.地 方 消 費 税 交 付 金   │     3,400,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │7.ゴルフ場利用税交付金    │                    │      12,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.ゴルフ場利用税交付金        │      12,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │8.自動車取得税交付金     │                    │      30,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.自 動 車 取 得 税 交 付 金 │      30,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │9.環境性能割交付金      │                    │      20,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.環 境 性 能 割 交 付 金   │      20,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │10.地 方 特 例 交 付 金 │                    │      92,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.地 方 特 例 交 付 金     │      92,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │11.地  方  交  付  税 │                    │     5,000,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.地   方   交   付   税 │     5,000,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │12.交通安全対策特別交付金   │                    │      27,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.交通安全対策特別交付金       │      27,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │13.分担金及び負担金      │                    │      374,756│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.負     担     金     │      374,756│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │14.使用料及び手数料      │                    │     2,681,289│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.使     用     料     │     2,141,345│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.手     数     料     │      539,944│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │15.国  庫  支  出  金 │                    │    10,171,310│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.国   庫   負   担   金 │     7,761,026│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.国   庫   補   助   金 │     2,374,177│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.委       託       金 │      36,107│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤
    │16.県   支   出   金 │                    │     4,159,755│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.県    負    担    金  │     2,726,681│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.県    補    助    金  │     1,037,165│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.委       託       金 │      395,909│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │17.財   産   収   入 │                    │      358,342│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.財  産  運  用  収  入  │      308,342│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.財  産  売  払  収  入  │      50,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │18.寄     附     金 │                    │      700,100│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.寄       附       金 │      700,100│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │19.繰     入     金 │                    │     8,273,920│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.基   金   繰   入   金 │     8,273,920│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │20.繰     越     金 │                    │      300,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.繰       越       金 │      300,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │21.諸     収     入 │                    │     1,609,859│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.延滞金加算金及び過料        │      10,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.市   預   金   利   子 │        453│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.貸 付 金 元 利 収 入     │      87,299│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.雑               入 │     1,512,107│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │22.市           債 │                    │     7,068,300│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.市               債 │     7,068,300│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     入     合     計         │    71,738,000│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │         項          │  金  額   │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.議     会     費 │                    │      444,166│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │                │1.議       会       費 │      444,166│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.総     務     費 │                    │     8,750,025│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │                │1.総   務   管   理   費 │     7,156,927│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.徴       税       費 │      940,453│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.戸籍住民基本台帳費         │      346,670│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.選       挙       費 │      197,855│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │5.統   計   調   査   費 │      34,240│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │6.監   査   委   員   費 │      73,880│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │3.民     生     費 │                    │    25,946,087│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.社   会   福   祉   費 │     9,838,053│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.老   人   福   祉   費 │     3,263,825│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.児   童   福   祉   費 │     8,533,228│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.生   活   保   護   費 │     4,229,433│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │5.女 性 活 動 推 進 費     │      81,548│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │4.衛     生     費 │                    │     4,667,795│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.保   健   衛   生   費 │     2,431,821│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.清       掃       費 │     2,200,502│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.環 境 保 全 対 策 費     │      35,472│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │5.労     働     費 │                    │      43,532│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.労    働    諸    費  │      43,532│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │6.農 林 水 産 業 費   │                    │      255,389│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.農       業       費 │      190,506│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.林       業       費 │      19,119│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.水    産    業    費  │      45,764│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │7.商     工     費 │                    │     3,529,830│ │                ├────────────────────┼─────────┤
    │                │1.商       工       費 │     3,529,830│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │8.土     木     費 │                    │     7,979,896│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.土   木   管   理   費 │      590,529│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.道   路   橋   梁   費 │     2,729,355│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.河       川       費 │      343,867│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.港       湾       費 │      88,315│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │5.都   市   計   画   費 │     1,222,443│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │6.下    水    道    費  │     1,024,693│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │7.住       宅       費 │     1,640,169│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │8.交 通 安 全 対 策 費     │      340,535│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │9.消     防     費 │                    │     4,317,925│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.消       防       費 │     4,317,925│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │10.教     育     費 │                    │     9,262,946│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.教   育   総   務   費 │     1,040,692│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.小    学    校    費  │     3,170,947│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.中    学    校    費  │      957,486│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.幼    稚    園    費  │      892,767│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │5.社   会   教   育   費 │     1,014,360│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │6.保   健   体   育   費 │     2,186,694│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │11.災  害  復  旧  費 │                    │      70,910│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.災   害   対   策   費 │      70,910│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │12.公     債     費 │                    │     6,219,499│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.公       債       費 │     6,219,499│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │13.予     備     費 │                    │      250,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.予       備       費 │      250,000│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     出     合     計         │    71,738,000│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘ 第2表 継続費                                           (単位 千円) ┌──────┬───────┬──────────────┬─────┬─────┬─────┐ │  款   │   項   │   事 業 名      │ 総 額 │ 年 度 │ 年割額 │ ├──────┼───────┼──────────────┼─────┼─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成31年度│  66,020│ │ 3.民生費 │3.児童福祉費 │児童クラブ室整備事業    │  165,044├─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成32年度│  99,024│ ├──────┼───────┼──────────────┼─────┼─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成31年度│  157,280│ │ 7.商工費 │1.商工費   │ニホンザル舎整備事業    │  243,085├─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成32年度│  85,805│ ├──────┼───────┼──────────────┼─────┼─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成31年度│  546,414│ │ 8.土木費 │7.住宅費   │滑川団地建替事業      │ 1,371,491├─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成32年度│  825,077│ ├──────┼───────┼──────────────┼─────┼─────┼─────┤ │10. 教育費 │2.小学校費  │久慈小学校屋内運動場改築事 │     │平成31年度│  264,956│ │      │       │業             │  817,228├─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成32年度│  552,272│ │      │       ├──────────────┼─────┼─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成31年度│  872,724│ │      │       │              │     ├─────┼─────┤ │      │       │日高小学校校舎改築事業   │ 2,375,261│平成32年度│ 1,386,469│ │      │       │              │     ├─────┼─────┤ │      │       │              │     │平成33年度│  116,068│ └──────┴───────┴──────────────┴─────┴─────┴─────┘ 第3表 債務負担行為                                           (単位 千円) ┌───────────────────────────────┬───────┬───────┐ │         事           項         │ 期  間  │  限度額  │ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │情報システム使用料                      │平成36年度まで│    33,300│ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │道路新設改良用地取得事業                   │平成34年度まで│     3,700│ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │日立市土地開発公社が平成30年度に金融機関から借入れる道路新設│平成34年度まで│    81,400│ │改良用地取得事業資金に対する債務保証             │       │       │ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │平沢中学校仮設校舎及び仮設渡り廊下賃借料           │平成33年度まで│    24,100│ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │河原子中学校仮設校舎及び仮設渡り廊下賃借料          │平成33年度まで│    125,700│ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │坂本中学校仮設校舎及び仮設渡り廊下賃借料           │平成33年度まで│    23,000│ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │市議会だより作成委託                     │平成32年度まで│     1,700│
    ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │萬春園再整備用地取得事業                   │平成32年度まで│    262,500│ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │日立市土地開発公社が平成30年度に金融機関から借入れる萬春園再│平成32年度まで│    256,200│ │整備用地取得事業資金に対する債務保証             │       │       │ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │計量器定期検査業務委託                    │平成32年度まで│     6,300│ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │豊浦小学校仮設校舎及び仮設渡り廊下賃借料           │平成32年度まで│    10,600│ └───────────────────────────────┴───────┴───────┘ 第4表 地方債                                           (単位 千円) ┌─────────────────────┬─────┬─────┬──────┬──────┐ │        起債の目的        │ 限度額 │起債の方法│ 利 率  │償還の方法 │ ├─────────────────────┼─────┼─────┼──────┼──────┤ │新庁舎環境整備事業費           │  135,000│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │庁舎等整備事業費             │  11,000│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │交流センター施設整備事業費        │  138,000│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │防災体制整備事業費            │  122,000│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │(仮称)はなやま認定こども園園舎建設事業費│  60,700│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │みやた認定こども園新園舎建設事業費    │  34,200│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │生活環境施設整備事業費          │  22,200│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │県北東部地区広域営農団地農道整備事業負担金│   4,000│     │      │      │ │(合併特例事業責)            │     │     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │金融支援対策事業費            │  192,000│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │道路再生事業費              │  24,700│     │5.0%以内 │据置期間満 │ ├─────────────────────┼─────┤     │(ただし、利│了後30年以 │ │道路舗装整備事業費            │  89,100│     │率見直し方 │内に償還す │ ├─────────────────────┼─────┤     │式で借り入 │る。ただし、│ │道路新設改良事業費            │  244,200│     │れる政府資 │市財政の都 │ ├─────────────────────┼─────┤     │金及び地方 │合により、据│ │中所沢川尻線改築事業費          │  41,800│証書借入又│公共団体金 │置期間及び │ ├─────────────────────┼─────┤は証券発行│融機構資金 │償還期間を │ │市道9号線改築事業費           │  67,800│     │について、利│短縮し、もし│ ├─────────────────────┼─────┤     │率見直しを │くは繰上償 │ │鮎川町地内道路新設事業費         │  83,400│     │行った後に │還又は低利 │ ├─────────────────────┼─────┤     │おいては、当│に借換えす │ │市道3509号線改築事業費        │  101,200│     │該見直し後 │ることがで │ ├─────────────────────┼─────┤     │の利率)  │きる。   │ │国道6号大和田拡幅取付道路新設事業費   │  17,700│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │金沢町地内道路整備事業費         │  11,900│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │鮎川・城南道路整備事業費         │  41,400│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │橋梁長寿命化事業費            │  66,600│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │河川・排水路改修事業費          │  76,300│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │田尻川調整池整備事業費          │  15,600│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │港湾修築事業負担金            │  69,100│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │大甕駅周辺地区整備事業費         │  61,900│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │久慈浜地区まちづくり事業費        │  28,100│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │公営住宅計画修繕事業費          │  68,800│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │滑川団地建替事業費            │  509,000│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │歩道整備事業費              │  33,900│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │駅周辺バリアフリー事業費         │   3,900│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │歩道橋維持管理事業費           │  14,100│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │消防施設整備事業費            │  160,100│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │消防施設整備事業費(合併特例事業債)   │  932,300│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │小学校施設整備事業費           │  181,600│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │久慈小学校屋内運動場改築事業費      │  187,400│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │豊浦小学校校舎改築事業費         │  582,900│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │日高小学校校舎改築事業費         │  518,100│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │中学校施設整備事業費           │   7,700│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │青少年施設整備事業費           │  25,800│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │運動公園施設整備事業費          │  24,300│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │スポーツ広場等施設整備事業費       │  56,000│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │災害援護資金貸付金            │   2,500│     │      │      │ ├─────────────────────┼─────┤     │      │      │ │臨時財政対策債              │ 2,000,000│     │      │      │
    └─────────────────────┴─────┴─────┴──────┴──────┘ 2                                        議案第2号             平成31年度  日立市国民健康保険事業特別会計予算  平成31年度 日立市の国民健康保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 事業勘定の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ15,161,501千円と定める。 2 事業勘定の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。  (債務負担行為) 第2条 地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、  「第2表 債務負担行為」による。  (歳出予算の流用) 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができ  る場合は、次のとおりと定める。 (1) 保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項   の間の流用。 (2) 各項に計上した給料、職員手当等及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内で   のこれらの経費の各項の間の流用。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │        項           │  金  額   │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.国 民 健 康 保 険 料 │                    │     3,171,579│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.国 民 健 康 保 険 料     │     3,171,579│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.県   支   出   金 │                    │    10,689,206│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.県    補    助    金  │    10,689,206│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │3.財   産   収   入 │                    │         1│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.財  産  運  用  収 入   │         1│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │4.繰     入     金 │                    │     1,280,368│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │     1,280,368│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │5.諸     収     入 │                    │      20,347│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.延滞金加算金及び過料        │       4,030│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.雑               入 │      16,317│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     入     合     計         │    15,161,501│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │         項          │  金  額   │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.総     務     費 │                    │      257,108│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.総   務   管   理   費 │      145,317│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.徴       収       費 │      72,458│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.運  営  協  議  会  費  │        419│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.特 別 対 策 事 業 費     │      38,914│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.保  険  給  付  費 │                    │    10,527,693│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.療    養    諸    費  │     9,114,433│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.高   額   療   養   費 │     1,355,859│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.移       送       費 │        200│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.出  産  育  児  諸  費  │      43,701│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │5.葬    祭    諸    費  │      13,500│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │3.国民健康保険事業費納付金  │                    │     4,080,625│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.医 療 給 付 費 納 付 金   │     2,835,987│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.後期高齢者支援金等納付金      │      909,038│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.介   護   納   付   金 │      335,600│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │4.共 同 事 業 拠 出 金 │                    │        10│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.共 同 事 業 拠 出 金     │        10│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │5.保  健  事  業  費 │                    │      160,065│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.特定健康診査等事業費        │      81,885│ │                ├────────────────────┼─────────┤
    │                │2.保   健   事   業   費 │      78,180│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │6.基  金  積  立  金 │                    │      71,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.基   金   積   立   金 │      71,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │7.諸   支   出   金 │                    │      15,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.償還金及び還付加算金        │      15,000│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │8.予     備     費 │                    │      50,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.予       備       費 │      50,000│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     出     合     計         │    15,161,501│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘ 第2表 債務負担行為                                           (単位 千円) ┌───────────────────────────────┬───────┬───────┐ │         事           項         │ 期  間  │  限度額  │ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │特定保健指導(積極的支援)委託                │平成32年度まで│      500│ ├───────────────────────────────┼───────┼───────┤ │特定保健指導(動機づけ支援)委託               │平成32年度まで│      200│ └───────────────────────────────┴───────┴───────┘ 3                                        議案第3号             平成31年度  日立市介護保険事業特別会計予算  平成31年度 日立市の介護保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 事業勘定の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ16,114,732千円と定める。 2 事業勘定の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。  (歳出予算の流用) 第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができ  る場合は、次のとおりと定める。 (1) 保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項   の間の流用。 (2) 各項に計上した給料、職員手当等及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内で   のこれらの経費の各項の間の流用。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │          項         │  金  額   │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.保     険     料 │                    │     3,319,322│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.介   護   保   険   料 │     3,319,322│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.分担金及び負担金      │                    │       1,080│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.負       担       金 │       1,080│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │3.国  庫  支  出  金 │                    │     3,628,649│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.国   庫   負   担   金 │     2,708,769│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.国   庫   補   助   金 │      919,880│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │4.支 払 基 金 交 付 金 │                    │     4,182,590│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.支 払 基 金 交 付 金     │     4,182,590│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │5.県   支   出   金 │                    │     2,268,916│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.県    負    担    金  │     2,140,798│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.県    補    助    金  │      128,118│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │6.財   産   収   入 │                    │       1,918│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.財  産  運  用  収  入  │       1,918│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │7.繰     入     金 │                    │     2,711,875│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │     2,402,692│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.基   金   繰   入   金 │      309,183│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │8.諸     収     入 │                    │        312│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.延滞金加算金及び過料        │         1│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.雑                入│        311│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     入     合     計         │    16,114,732│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐
    │      款         │         項          │  金  額   │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.総     務     費 │                    │      307,694│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.総   務   管   理   費 │      151,959│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.徴       収       費 │      27,028│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.介 護 認 定 審 査 会 費   │      127,610│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.趣   旨   普   及   費 │       1,097│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.保  険  給  付  費 │                    │    14,924,712│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.介 護 サ ー ビ ス 等 諸 費 │    13,704,810│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.介護予防サービス等諸費       │      243,392│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.そ  の  他  の  諸  費  │      12,210│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.高額介護サービス等費        │      429,324│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │5.高額医療合算介護サービス等費    │      50,230│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │6.市 町 村 特 別 給 付 費   │       1,760│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │7.特定入所者介護サービス等費     │      482,986│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │3.地 域 支 援 事 業 費 │                    │      866,351│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.介護予防・生活支援サービス事業費  │      527,283│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.一 般 介 護 予 防 事 業 費 │      41,329│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.包括的支援事業・任意事業費     │      295,912│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │4.そ  の  他  の  諸  費  │       1,827│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │4.保 健 福 祉 事 業 費 │                    │        765│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.保 健 福 祉 事 業 費     │        765│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │5.基  金  積  立  金 │                    │       1,988│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.基   金   積   立   金 │       1,988│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │6.諸   支   出   金 │                    │       5,222│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.償還金及び還付加算金        │       5,222│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │7.予     備     費 │                    │       8,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.予       備       費 │       8,000│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     出     合     計         │    16,114,732│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘ 4                                        議案第4号            平成31年度  日立市介護サービス事業特別会計予算  平成31年度 日立市の介護サービス事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ625,881千円と定める。 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。  (歳出予算の流用) 第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができ  る場合は、各項に計上した給料、職員手当等及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一  款内でのこれらの経費の各項の間の流用と定める。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │         項          │  金  額   │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.サ ー ビ ス 収 入   │                    │      419,918│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.介 護 給 付 費 収 入     │      344,653│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.介護予防・日常生活支援総合事業費収入│       3,278│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.自   己   負   担   金 │      71,987│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.繰     入     金 │                    │      205,904│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │      205,904│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │3.諸     収     入 │                    │        59│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.雑                入│        59│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     入     合     計         │      625,881│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘
     歳 出                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │         項          │    金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.サ ー ビ ス 事 業 費 │                    │      625,881│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.居 宅 サ ー ビ ス 事 業 費 │      251,584│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.施設介護サービス事業費       │      371,840│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.介護予防・日常生活支援総合事業費  │       2,457│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     出     合     計         │      625,881│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘ 5                                        議案第5号           平成31年度  日立市戸別合併処理浄化槽事業特別会計予算   平成31年度 日立市の戸別合併処理浄化槽事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ23,761千円と定める。 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │         項          │    金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.繰     入     金 │                    │      15,323│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │      15,323│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.諸     収     入 │                    │       8,438│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.雑                入│       8,438│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     入     合     計         │      23,761│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │         項          │    金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.浄 化 槽 管 理 費   │                    │      15,790│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.浄  化  槽  管  理  費  │      15,790│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.公     債     費 │                    │       7,971│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.公       債       費 │       7,971│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     出     合     計         │      23,761│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘ 6                                        議案第6号            平成31年度  日立市後期高齢者医療事業特別会計予算  平成31年度 日立市の後期高齢者医療事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,946,074千円と定める。 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │         項          │    金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.後期高齢者医療保険料    │                    │     2,507,678│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.後期高齢者医療保険料        │     2,507,678│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.広 域 連 合 交 付 金 │                    │      10,710│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.広 域 連 合 交 付 金     │      10,710│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │3.繰     入     金 │                    │      421,375│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │      421,375│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │4.諸     収     入 │                    │       6,311│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.雑                入│        11│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.延滞金加算金及び過料        │        300│
    │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │3.償還金及び還付加算金        │       6,000│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     入     合     計         │     2,946,074│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬─────────┐ │       款        │         項          │    金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │1.総     務     費 │                    │       23755│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.総   務   管   理   費 │       7,794│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │2.徴       収       費 │      15,961│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │2.後期高齢者医療広域連合納付金│                    │     2,897,862│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.後期高齢者医療広域連合納付金    │     2,897,862│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │3.保  健  事  業  費 │                    │      18,457│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.保   健   事   業   費 │      18,457│ ├────────────────┼────────────────────┼─────────┤ │4.諸   支   出   金 │                    │       6,000│ │                ├────────────────────┼─────────┤ │                │1.償還金及び還付加算金        │       6,000│ ├────────────────┴────────────────────┼─────────┤ │         歳     出     合     計         │     2,946,074│ └─────────────────────────────────────┴─────────┘ 7                                        議案第7号                平成31年度 日立市水道事業会計予算  (総  則) 第1条 平成31年度水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。  (業務の予定量) 第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。     (1)給 水 件 数                  85,900件     (2)年間総給水量                 20,074,000立方メートル     (3)一日平均給水量                  54,847立方メートル     (4)主要な建設改良事業       ア 水源及び配水施設整備事業      事業費   811,283千円       イ 配水管整備事業           事業費   644,082千円  (収益的収入及び支出) 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。                      収     入       第1款 水道事業収益               3,728,124千円        第1項 営 業 収 益             3,257,203千円        第2項 営業外収益                470,921千円                      支     出       第1款 水道事業費用               3,500,430千円        第1項 営 業 費 用             3,176,892千円        第2項 営業外費用                303,538千円        第3項 予  備  費              20,000千円  (資本的収入及び支出) 第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める(資本的収入額が資本的支出額に対し不足す  る額1,613,097千円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額110,765千円、過年度分損益勘定  留保資金924,782千円、当年度分損益勘定留保資金537,847千円及び建設改良積立金39,703千円で補填するも  のとする。)。                      収     入       第1款 水道事業資本的収入             956,639千円        第1項 企  業  債              799,800千円        第2項 負  担  金              50,148千円        第3項 国県補助金                94,923千円        第4項 一般会計補助金              11,768千円                      支     出       第1款 水道事業資本的支出            2,569,736千円        第1項 建設改良費               1,474,661千円        第2項 企業債償還金              1,095,075千円  (継続費) 第5条 継続費の総額及び年割額は、次のとおりと定める。 ┌───────┬────────┬──────┬────────┬───────┬──────┐ │   款   │   項    │事 業 名 │  総 額   │  年 度  │ 年割額  │ ├───────┼────────┼──────┼────────┼───────┼──────┤ │       │        │      │        │ 平成31年度 │ 110,000千円│ │1.水道事業  │        │十王浄水場 │        ├───────┼──────┤ │  資本的支出 │1. 建設改良費 │監視制御装置│  449,735千円 │ 平成32年度 │ 230,010千円│ │       │        │更新事業  │        ├───────┼──────┤ │       │        │      │        │ 平成33年度 │ 109,725千円│ └───────┴────────┴──────┴────────┴───────┴──────┘  (債務負担行為) 第6条 債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額は、次のとおりと定める。 ┌──────────────────────┬─────────┬──────────────┐ │      事        項      │  期   間  │   限  度  額    │ ├──────────────────────┼─────────┼──────────────┤ │ 電子計算業務委託(上下水道料金システム) │ 平成35年度まで │       1,400千円   │ ├──────────────────────┼─────────┼──────────────┤ │ 水 質 検 査 業 務 委 託      │ 平成32年度まで │       7,100千円   │
    ├──────────────────────┼─────────┼──────────────┤ │ 待  機  業  務  委  託     │ 平成32年度まで │      19,000千円   │ └──────────────────────┴─────────┴──────────────┘  (企 業 債) 第7条 起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、次のとおりと定める。 ┌─────────┬────────┬───────┬─────┬──────────────┐ │  起債の目的  │  限度額   │ 起債の方法 │ 利 率 │    償還の方法     │ ├─────────┼────────┼───────┼─────┼──────────────┤ │送水管更新事業費 │  209,600千円 │       │     │ 据置期間満了後40年以内に償│ ├─────────┼────────┤       │     │還する。          │ │配水管整備事業費 │  318,300千円 │ 証書借入  │ 5.0%  │ ただし、企業財政の都合によ│ ├─────────┼────────┤  又は   │   以内│り、据置期間及び償還期限を短│ │浄水施設整備事業費│  271,900千円 │ 証券発行  │     │縮し、もしくは繰上償還又は低│ ├─────────┼────────┤       │     │利に借換えすることができる。│ │    計    │  799,800千円 │       │     │              │ └─────────┴────────┴───────┴─────┴──────────────┘  (一時借入金) 第8条 一時借入金の限度額は、1,000,000千円と定める。  (予定支出の各項の経費の金額の流用) 第9条 予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。       第1項 営 業 費 用       第2項 営業外費用  (議会の議決を経なければ流用することのできない経費) 第10条 次に掲げる経費については、その経費の金額を、それ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外  の経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。       (1)職員給与費           710,457千円       (2)交  際  費           370千円  (他会計からの補助金) 第11条 一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は、17,672千円である。  (たな卸資産購入限度額) 第12条 たな卸資産の購入限度額は、61,917千円と定める。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 8                                        議案第8号               平成31年度 日立市下水道事業会計予算  (総  則) 第1条 平成31年度下水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。  (業務の予定量) 第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。     (1)水洗化戸数                    85,036戸     (2)年間処理水量                 21,130,000立方メートル     (3)一日平均処理水量                 55,000立方メートル     (4)主要な建設改良事業       ア 中央処理区改良事業         事業費   785,950千円       イ 流域下水道建設事業         事業費   187,524千円       ウ 雨水対策事業            事業費    52,483千円  (収益的収入及び支出) 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。                      収     入       第1款 下水道事業収益              4,095,834千円        第1項 営 業 収 益             2,812,803千円        第2項 営業外収益               1,283,031千円                      支     出       第1款 下水道事業費用              3,742,733千円        第1項 営 業 費 用             3,406,674千円        第2項 営業外費用                316,059千円        第3項 予  備  費               20,000千円  (資本的収入及び支出) 第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する  額1,221,165千円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額36,178千円及び当年度分損益勘定留保  資金1,184,987千円で補填するものとする。)。                      収     入       第1款 下水道事業資本的収入           1,149,707千円        第1項 企  業  債              393,000千円        第2項 国県補助金                408,639千円        第3項 負  担  金              170,466千円        第4項 一般会計補助金              177,602千円                      支     出       第1款 下水道事業資本的支出           2,370,872千円        第1項 中央処理区改良費             785,950千円        第2項 流域下水道建設費             187,524千円        第3項 雨水対策費                 52,483千円        第4項 調  査  費               37,169千円        第5項 企業債償還金              1,307,746千円  (債務負担行為) 第5条 債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額は、次のとおりと定める。 ┌─────────────────────┬──────────┬──────────────┐ │      事        項     │  期   間   │   限  度  額    │ ├─────────────────────┼──────────┼──────────────┤ │ 池の川処理場清掃業務委託        │ 平成32年度まで │       4,600千円   │
    ├─────────────────────┼──────────┼──────────────┤ │ 中央監視制御装置保守点検業務委託    │ 平成32年度まで │       2,000千円   │ ├─────────────────────┼──────────┼──────────────┤ │ 各ポンプ場維持管理業務委託       │ 平成32年度まで │      22,600千円   │ └─────────────────────┴──────────┴──────────────┘  (企 業 債) 第6条 起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、次のとおりと定める。 ┌────────────┬────────┬─────┬────┬──────────────┐ │   起債の目的    │  限度額   │起債の方法│利 率 │    償還の方法     │ ├────────────┼────────┼─────┼────┼──────────────┤ │公共下水道建設事業費  │  346,400千円 │     │    │ 据置期間満了後40年以内に │ ├────────────┼────────┤     │    │償還する。         │ │流域下水道建設負担金  │  33,600千円 │証書借入 │ 5.0% │ ただし、企業財政の都合によ│ ├────────────┼────────┤又   は│  以内│り、据置期間及び償還期限を短│ │広域汚泥焼却炉建設負担金│  13,000千円 │証券発行 │    │縮し、もしくは繰上償還又は低│ ├────────────┼────────┤     │    │利に借換えすることができる。│ │     計      │  393,000千円 │     │    │              │ └────────────┴────────┴─────┴────┴──────────────┘  (一時借入金) 第7条 一時借入金の限度額は、2,000,000千円と定める。  (予定支出の各項の経費の金額の流用) 第8条 予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。        第1項 営 業 費 用        第2項 営業外費用  (議会の議決を経なければ流用することのできない経費) 第9条 次に掲げる経費については、その経費の金額を、それ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の  経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。        (1)職員給与費          198,244千円        (2)交 際 費             80千円  (他会計からの補助金) 第10条 一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は、177,602千円である。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 9                                        議案第9号             平成30年度  日立市一般会計補正予算(第5号)  平成30年度 日立市の一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ733,280千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出そ  れぞれ75,646,012千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。  (継続費の補正) 第2条 継続費の追加、変更は、「第2表 継続費補正」による。  (繰越明許費の補正) 第3条 繰越明許費の追加、変更は、「第3表 繰越明許費補正」による。  (債務負担行為の補正) 第4条 債務負担行為の追加は、「第4表 債務負担行為補正」による。  (地方債の補正) 第5条 地方債の追加、変更は、「第5表 地方債補正」による。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │1.市        税│           │  26,652,231│    100,000│  26,752,231│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.固 定 資 産 税 │  11,093,306│    100,000│  11,193,306│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │6.地方消費税交付金  │           │   3,000,000│    200,000│   3,200,000│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.地方消費税交付金  │   3,000,000│    200,000│   3,200,000│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │10.地 方 交 付 税 │           │   5,000,000│   1,441,685│   6,441,685│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.地 方 交 付 税 │   5,000,000│   1,441,685│   6,441,685│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │14.国 庫 支 出 金 │           │   1,647,105│   △82,066│  10,565,039│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.国 庫 負 担 金 │   7,722,593│    75,616│   7,798,209│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.国 庫 補 助 金 │   2,887,154│   △162,890│   2,724,264│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │3.委   託   金 │    37,358│     5,208│    42,566│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │15.県 支 出 金   │           │   4,025,343│   △48,860│   3,976,483│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.県  負  担  金│   2,713,879│    21,712│   2,735,591│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.県  補  助  金│    949,335│   △70,691│    878,644│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │3.委   託   金 │    362,129│      119│    362,248│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │16.財 産 収 入   │           │    317,673│    △2,883│    314,790│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
    │           │1.財産運用収入    │    205,344│    △2,883│    202,461│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │17.寄   附   金 │           │   1,115,432│     1,030│   1,116,462│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.寄   附   金 │   1,115,432│     1,030│   1,116,462│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │18.繰   入   金 │           │   6,721,133│  △1,712,361│   5,008,772│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.基 金 繰 入 金 │   6,721,133│  △1,712,361│   5,008,772│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │20.諸   収   入 │           │   1,771,080│    194,956│   1,966,036│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │3.貸付金元利収入   │    146,390│    164,985│    311,375│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │4.雑        入│   1,614,274│    29,971│   1,644,245│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │21.市       債 │           │   9,100,700│   △824,781│   8,275,919│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.市        債│   9,100,700│   △824,781│   8,275,919│ ├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  入  合  計       │  76,379,292│  △ 733,280│  75,646,012│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │1.議   会   費 │           │    437,700│     △765│    436,935│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.議   会   費 │    437,700│     △765│    436,935│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │2.総   務   費 │           │  11,572,240│    252,304│  11,824,544│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.総 務 管 理 費 │  10,114,254│    252,304│  10,366,558│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │3.民   生   費 │           │  25,777,691│   △45,533│  25,732,158│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.社 会 福 祉 費 │  10,109,547│   △86,249│  10,023,298│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.老 人 福 祉 費 │   3,119,521│   △11,716│   3,107,805│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │3.児 童 福 祉 費 │   8,301,797│    53,269│   8,355,066│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │4.生 活 保 護 費 │   4,156,608│     △837│   4,155,771│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │4.衛   生   費 │           │   4,501,573│   △18,946│   4,482,627│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.保 健 衛 生 費 │   2,306,672│    △4,035│   2,302,637│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.清   掃   費 │   2,159,682│   △14,911│   2,144,771│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │6.農林水産業費    │           │    291,049│   △15,746│    275,303│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.農   業   費 │    255,386│    △9,916│    215,470│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │3.水  産  業  費│    63,025│    △5,830│    57,195│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │7.商   工   費 │           │   3,050,105│    △7,662│   3,042,443│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.商   工   費 │   3,050,105│    △7,662│   3,042,443│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │8.土   木   費 │           │  11,746,342│   △718,939│  11,027,403│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.道 路 橋 梁 費 │   2,884,492│   △555,409│   2,329,083│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │3.河   川   費 │    430,486│   △76,799│    353,687│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │4.港   湾   費 │    919,382│    △9,138│    910,244│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │5.都 市 計 画 費 │   4,323,623│    18,530│   4,342,153│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │6.下  水  道  費│   1,204,390│   △64,814│   1,139,576│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │7.住   宅   費 │    910,265│   △11,919│    898,346│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │8.交通安全対策費   │    351,345│   △19,390│    331,955│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │9.消   防   費 │           │   3,900,681│     3,100│   3,903,781│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.消   防   費 │   3,900,681│     3,100│   3,903,781│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │10.教   育   費 │           │   8,773,760│   △99,798│   8,673,962│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.小  学  校  費│   1,970,886│   △23,325│   1,947,561│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │3.中  学  校  費│    883,762│   △11,224│    872,538│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │4.幼  稚  園  費│    819,926│   △13,711│    806,215│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │6.保 健 体 育 費 │   3,175,541│   △51,538│   3,124,003│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │11.災 害 復 旧 費 │           │    78,647│   △37,118│    41,529│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.災 害 対 策 費 │    78,647│   △37,118│    41,529│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │12.公   債   費 │           │   5,965,142│   △44,177│   5,920,965│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.公   債   費 │   5,965,142│   △44,177│   5,920,965│ ├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤
    │      歳  出  合  計       │  76,379,292│   △733,280│  75,646,012│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 第2表 継続費補正  変 更                                              (単位 千円) ┌─────┬─────┬──────┬───────────────┬───────────────┐ │     │     │      │     補 正 前     │     補 正 後     │ │  款  │  項  │ 事業名  ├─────┬───┬─────┼─────┬───┬─────┤ │     │     │      │ 総 額 │年 度│ 年割額 │ 総 額 │年 度│ 年割額 │ ├─────┼─────┼──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  28,000│     │平 成│  28,000│ │     │     │      │     │26年度│     │     │26年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│ 2,107,822│     │平 成│ 2,107,822│ │     │     │      │     │27年度│     │     │27年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│ 8,308,497│     │平 成│ 8,308,497│ │     │     │新庁舎建設事│     │28年度│     │     │28年度│     │ │     │     │業     │12,989,629├───┼─────┤12,762,685├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  728,276│     │平 成│  728,276│ │     │     │      │     │29年度│     │     │29年度│     │ │     │1.総 務 │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │2.総務費 │ 管理費 │      │     │平 成│ 1,590,761│     │平 成│ 1,590,090│ │     │     │      │     │30年度│     │     │30年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  226,273│     │平 成│     0│ │     │     │      │     │31年度│     │     │31年度│     │ │     │     ├──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  15,000│     │平 成│  15,000│ │     │     │      │     │28年度│     │     │28年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │数沢川改修事│  304,600│平 成│  106,000│  304,571│平 成│  106,000│ │     │     │業     │     │29年度│     │     │29年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  183,600│     │平 成│  183,571│ │     │     │      │     │30年度│     │     │30年度│     │ ├─────┼─────┼──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  149,400│     │平 成│  149,400│ │     │     │はちゅウるい│     │29年度│     │     │29年度│     │ │7.商工費 │1.商工費 │館整備事業 │  339,000├───┼─────┤  336,291├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  189,600│     │平 成│  186.891│ │     │     │      │     │30年度│     │     │30年度│     │ ├─────┼─────┼──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │     │日立港区第3 │     │平 成│  250,000│     │平 成│  250,000│ │8.土木費 │4.港湾費 │ふ頭地区整備│  959,000│24年度│     │     │24年度│     │ │     │     │事業    │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  380,000│     │平 成│  380,000│ │     │     │      │     │25年度│     │     │25年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  200,000│     │平 成│  200,000│ │     │     │      │     │26年度│     │     │26年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  23,000│     │平 成│  23,000│ │     │     │      │     │27年度│     │     │27年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│     │     │平 成│     │ │     │     │      │     │28年度│     │     │28年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  33,000│     │平 成│  33,000│ │     │     │      │     │29年度│     │     │29年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  73.000│     │平 成│  55,462│ │     │     │      │     │30年度│     │     │30年度│     │ │     ├─────┼──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  80,576│     │平 成│  80,576│ │     │     │      │     │27年度│     │     │27年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  908,464│     │平 成│  908,464│ │     │5.都 市 │大甕駅周辺地│     │28年度│     │     │28年度│     │ │     │ 計画費 │区整備事業 │ 3,559,088├───┼─────┤ 3,289,518├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  812,400│     │平 成│  812,400│ │     │     │      │     │29年度│     │     │29年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│ 1,757,648│     │平 成│ 1,488,078│ │     │     │      │     │30年度│     │     │30年度│     │ ├─────┼─────┼──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  716,800│     │平 成│  716,800│ │     │     │      │     │28年度│     │     │28年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │久慈小学校校│     │平 成│ 1,041,228│ 1,825,520│平 成│ 1,041,228│ │     │     │舎改築事業 │ 1,830,000│29年度│     │     │29年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  71,972│     │平 成│  67,492│ │     │     │      │     │30年度│     │     │30年度│     │ │     │     ├──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │2.小学校費│      │     │平 成│  621,715│     │平 成│  621,715│ │     │     │      │     │29年度│     │     │29年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  328,585│     │平 成│  315,065│ │     │     │豊浦小学校校│     │30年度│     │     │30年度│     │ │10.教育費 │     │舎改築事業 │ 1,956,000├───┼─────┤ 1,942,480├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│ 1,001,700│     │平 成│ 1,001,700│ │     │     │      │     │31年度│     │     │31年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│   4,000│     │平 成│   4,000│ │     │     │      │     │32年度│     │     │32年度│     │ │     ├─────┼──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  727,700│     │平 成│  727,700│ │     │     │      │     │28年度│     │     │28年度│     │
    │     │     │学校給食共同│     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │6.保健体育│調理場建設事│ 1,934,000│平 成│  530,297│ 1,925,284│平 成│  530,297│ │     │ 費   │業     │     │29年度│     │     │29年度│     │ │     │     │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │     │      │     │平 成│  676,003│     │平 成│  667,287│ │     │     │      │     │30年度│     │     │30年度│     │ └─────┴─────┴──────┴─────┴───┴─────┴─────┴───┴─────┘ 第3表 繰越明許費補正  追 加                                           (単位 千円) ┌─────────┬────────┬──────────────────────┬─────┐ │    款    │   項    │       事  業  名        │ 金 額 │ ├─────────┼────────┼──────────────────────┼─────┤ │         │1.社会福祉費  │プレミアム付商品券事業           │  11,735│ │3.民  生  費 ├────────┼──────────────────────┼─────┤ │         │3.児童福祉費  │私立保育園整備費助成事業          │  111,644│ ├─────────┼────────┼──────────────────────┼─────┤ │4.衛  生  費 │2.清  掃  費│旧滑川処理場解体除却事業          │  45,096│ ├─────────┼────────┼──────────────────────┼─────┤ │         │        │日立駅前再活性化事業            │  100,000│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │7.商  工  費 │1.商  工  費│久慈サンピア日立施設整備事業        │   4,380│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │久慈サンピア日立スポーツセンター施設整備事業│   1,980│ ├─────────┼────────┼──────────────────────┼─────┤ │         │2.道路橋梁費  │市道3号線改良事業             │  49,912│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │市道6369号線改良事業          │  105,905│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │市道36号線改良事業            │  74,187│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │市道2587号線改良事業          │  19,000│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │市道46号線改良事業            │  37,148│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │8.土  木  費 │        │大甕水木連絡道路整備事業          │  147,351│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │中所沢川尻線(市道640号線)改築事業   │   2,708│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │市道9号線改築事業             │  34,111│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │鮎川町地内道路新設事業           │  48,279│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │金沢町地内道路整備事業           │  46,114│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │橋梁長寿命化事業              │  87,560│ │         ├────────┼──────────────────────┼─────┤ │         │        │河川・排水路改修事業            │  17,700│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │3.河  川  費│田尻川河口防災対策事業           │  38,814│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │水木町地内(市道6004号線)冠水対策事業 │  47,000│ │         ├────────┼──────────────────────┼─────┤ │         │        │幹線道路整備検討事業            │   2,989│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │5.都市計画費  │新交通導入事業               │  18,470│ │         │        ├──────────────────────┼─────┤ │         │        │久慈浜地区まちづくり事業          │   8,885│ │         ├────────┼──────────────────────┼─────┤ │         │        │市道7539号線歩道整備事         │  20,974│ │         │8.交通安全対策費├──────────────────────┼─────┤ │         │        │歩道橋改修事業               │  21,737│ ├─────────┼────────┼──────────────────────┼─────┤ │10.教  育  費 │6.保健体育費  │運動公園施設整備事業            │  113,705│ └─────────┴────────┴──────────────────────┴─────┘  変 更                                           (単位 千円) ┌─────────┬───────┬───────────────┬──────┬──────┐ │    款    │   項   │    事  業  名    │補正前の金額│補正後の金額│ ├─────────┼───────┼───────────────┼──────┼──────┤ │8.土  木  費 │5.都市計画費 │大甕駅周辺地区整備事業    │   437,280│  1,298,381│ └─────────┴───────┴───────────────┴──────┴──────┘ 第4 表 債務負担行為補正  追 加                                           (単位 千円) ┌──────────────────────────┬─────────┬──────────┐ │        事       項         │  期   間  │  限 度 額   │ ├──────────────────────────┼─────────┼──────────┤ │女性のヘルスケア地域医療学寄附研究部門事業     │ 平成35年度まで │       160,000│ └──────────────────────────┴─────────┴──────────┘ 第5表 地方債補正  変 更                                           (単位 千円) ┌─────────────────────────┬──────────┬──────────┐ │      起 債 の 目 的          │  補正前限度額  │  補正後限度額  │ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │新庁舎建設事業費(合併特例事業債)        │      1,227,400│      1,227,300│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │(仮称)はなやま認定こども園園舎建設事業費    │       46,000│       40,500│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │道路新設改良事業費                │       368,800│       303,700│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │大甕水木連絡道路整備事業費            │       48,800│       78,100│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │中所沢川尻線改築事業費              │       39,100│        1,100│
    ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │鮎川町地内道路新設事業費             │       98,200│       21,600│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │市道3509号線改築事業費            │       89,300│        5,000│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │金沢町地内道路整備事業費             │       45,400│       24,700│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │水木町地内冠水対策事業費             │       25,100│       41,400│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │大甕駅周辺地区整備事業費             │      1,099,900│      1,201,400│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │滑川団地建替事業費                │       29,200│       20,600│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │歩道整備事業費                  │       28,100│       23,100│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │小学校空調設備整備事業費             │       387,400│       300,800│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │豊浦小学校校舎改築事業費             │       154,500│       149,300│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │中学校空調設備整備事業費             │       212,600│       169,800│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │学校給食共同調理場建設事業費(合併特例事業債)  │       690,600│       679,500│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │運動公園施設整備事業費              │       100,500│       61,300│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │臨時財政対策債                  │      2,700,000│      2,472,619│ └─────────────────────────┴──────────┴──────────┘  廃 止                                           (単位 千円) ┌─────────────────────────┬──────────┬──────────┐ │      起 債 の 目 的          │  補正前限度額  │  補正後限度額  │ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │金融支援対策事業費                │       80,000│          0│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │国道6号大和田拡幅取付道路新設事業費       │       13,100│          0│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │田尻川調整池整備事業費              │       37,600│          0│ ├─────────────────────────┼──────────┼──────────┤ │港湾修築事業負担金                │       125,000│          0│ └─────────────────────────┴──────────┴──────────┘ 10                                        議案第10号         平成30年度  日立市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)  平成30年度 日立市の国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ118,121千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それ  ぞれ16,790,042千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │2.県 支 出 金   │           │  11,485,726│    117,581│  11,603,307│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.県 補 助 金   │  11,485,726│    117,581│  11,603,307│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │4.繰  入  金   │           │   1,301,137│      540│   1,301,677│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.一般会計繰入金   │   1,301,137│      540│   1,301,677│ ├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  入  合  計       │  16,671,921│    118,121│  16,790,042│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │1.総  務  費   │           │    239,227│      540│    239,767│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.総 務 管 理 費 │    239,227│      540│    239,767│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │6.基 金 積 立 金 │           │    169,482│    117,581│    287,063│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.基 金 積 立 金 │    169,482│    117,581│    287,063│ ├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  出  合  計       │  16,671,921│    118,121│  16,790,042│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 11                                        議案第11号          平成30年度  日立市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)  平成30年度 日立市の介護保険事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ22,288千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それ  ぞれ16,194,037千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。       平成31年3月6日提出
                                    日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │3.国 庫 支 出 金 │           │   3,443,905│    22,288│   3,466,193│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.国 庫 補 助 金 │    828,659│    22,288│    850,947│ ├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  入  合  計       │  16,171,749│    22,288│  16,194,037│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │1.基 金 積 立 金 │           │    441,219│    22,288│    463,507│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.基 金 積 立 金 │    441,219│    22,288│    463,507│ ├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  出  合  計       │  16,171,749│    22,288│  16,194,037│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 12                                        議案第12号            平成30年度  日立市水道事業会計補正予算(第2号) 第1条 平成30年度日立市水道事業会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。 第2条 平成30年度日立市水道事業会計予算(以下「予算」という。)第2条に定めた(4)主要な建設改  良事業の事業費「1,114,106千円」を「978,878千円」に、「1,006,216千円」を「984,327千円」にそれぞれ  改める。 第3条 予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。                    収        入       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 水道事業収益       3,777,610千円     △17,037千円     3,760,573千円   第1項 営  業  収  益  3,298,167千円     △14,657千円     3,283,510千円   第2項 営 業 外 収 益    479,443千円      △2,380千円      477,063千円                    支        出  第1款 水道事業費用       3,337,192千円      15,558千円     3,352,750千円   第1項 営  業  費  用  3,034,359千円     △22,731千円     3,011,628千円   第2項 営 業 外 費 用    282,833千円      38,289千円      321,122千円 第4条 予算第4条本文括弧書を(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1,736,303千円は、当年度  分消費税及び地方消費税資本的収支調整額127,554千円、過年度分損益勘定留保資金409,565千円、当年度  分損益勘定留保資金133,231千円、減債積立金397,154円及び建設改良積立金668,799千円で補填するものと  する。)に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。                    収        入       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 水道事業資本的収入    1,436,289千円     △75,977千円     1,360,312千円   第1項 企  業  債     1,247,000千円     △46,400千円     1,200,600千円   第2項 負  担  金       50,565千円      △1,857千円       48,708千円   第3項 国県補助金        128,427千円     △27,720千円      100,707千円                    支        出  第1款 水道事業資本的支出    3,253,732千円     △157,117千円     3,096,615千円   第1項 建設改良費       2,145,687千円     △157,117千円     1,988,570千円 第5条 予算第6条に定めた起債の限度額「300,600千円」を「276,400千円」に、「816,000千円」を  「802,200千円」に、「130,400千円」を「122,000千円」に、「1,247,000千円」を「1,200,600千円」にそ  れぞれ改める。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 13                                        議案第13号           平成30年度  日立市下水道事業会計補正予算(第2号) 第1条 平成30年度日立市下水道事業会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。 第2条 平成30年度日立市下水道事業会計予算(以下「予算」という。)第2条に定めた(4)主要な建設改  良事業の事業費「1,105,401千円」を「974,885千円」に、「197,369千円」を「156,095千円」にそれぞれ改め  る。 第3条 予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。                    収        入       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 下水道事業収益      4,132,935千円       3,273千円     4,136,208千円   第2項 営 業 外 収 益   1,301,080千円       3,273千円     1,304,353千円                    支        出  第1款 下水道事業費用      3,764,533千円     △23,704千円     3,788,237千円   第1項 営  業  費  用  3,411,338千円       5,096千円     3,416,434千円   第2項 営 業 外 費 用    333,195千円      18,608千円      351,803千円 第4条 予算第4条本文括弧書を(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1,299,831千円は、当年度  分消費税及び地方消費税資本的収支調整額19,989千円、過年度分損益勘定留保資金76,892千円及び当年度  分損益勘定留保資金1,202,950千円で補填するものとする。)に改め、資本的収入及び支出の予定額を次の
     とおり補正する。                    収        入       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 下水道事業資本的収入   1,401,921千円     △162,889千円     1,239,032千円   第1項 企   業   債    508,100千円     △75,800千円      432,300千円   第2項 国 県 補 助 金    527,499千円     △78,976千円      448,523千円   第3項 負   担   金    172,875千円       △786千円      172,089千円   第4項 一般会計補助金      116,117千円      △6,943千円      109,174千円   第5項 一般会計長期借入金     77,330千円       △384千円       76,946千円                    支        出  第1款 下水道事業資本的支出   2,714,973千円     △176,110千円     2,538,863千円   第1項 中央処理区改良費    1,105,401千円     △130,516千円      974,885千円   第2項 流域下水道建設費     197,369千円     △41,274千円      156,095千円   第4項 調  査  費       45,900千円      △4,320千円       41,580千円 第5条 予算第6条に定めた起債の限度額「472,700千円」を「407,200千円」に、「34,700千円」を「24,400  千円」に、「508,100千円」を「432,300千円」に改める。 第6条 予算第10条に定めた一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は、「116,117千円」を「109,174  千円」に改める。       平成31年3月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 14                           議案第14号    日立市産業団地整備事業基金の設置及び管理に関する条例    の制定について  日立市産業団地整備事業基金の設置及び管理に関する条例を別紙のと おり制定するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  新たに日立市産業団地整備事業基金を設置するため、本条例を制定す るものであります。    日立市産業団地整備事業基金の設置及び管理に関する条例  (設置) 第1条 産業団地(工業団地その他の産業の振興に資する施設の用に供  するための一団の土地をいう。第6条において同じ。)の整備を促進  し、産業の振興及び地域経済の活性化に資するため、日立市産業団地  整備事業基金(以下「基金」という。)を設置する。  (積立て) 第2条 基金に積み立てる額は、日立市一般会計予算で定める額とする。  (管理) 第3条 基金に属する現金は、金融機関への預金その他確実かつ有利な  方法により保管しなければならない。 2 基金に属する現金は、必要に応じ最も確実かつ有利な有価証券に代  えることができる。  (運用益金の処理) 第4条 基金の運用から生ずる収益は、日立市一般会計歳入歳出予算に  計上し、基金に編入するものとする。  (繰替運用) 第5条 市長は、財政上必要があると認めるときは、確実な繰戻しの方  法、期間及び利率を定めて、基金に属する現金を歳計現金に繰り替え  て運用することができる。  (処分) 第6条 基金は、産業団地の整備に関する事業に必要な財源に充てる場  合に限り、その一部又は全部を処分することができる。  (委任) 第7条 この条例に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、  市長が規則で定める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。  (日立市工業団地関連公共施設整備事業基金の設置及び管理等に関す  る条例の廃止) 2 日立市工業団地関連公共施設整備事業基金の設置及び管理等に関す  る条例(昭和63年条例第4号)は、廃止する。 15                           議案第15号    日立市森林環境譲与税基金の設置及び管理に関する条例の    制定について  日立市森林環境譲与税基金の設置及び管理に関する条例を別紙のとお り制定するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  新たに日立市森林環境譲与税基金を設置するため、本条例を制定する ものであります。
       日立市森林環境譲与税基金の設置及び管理に関する条例  (設置) 第1条 森林の整備及びその促進に関する施策を推進するため、日立市  森林環境譲与税基金(以下「基金」という。)を設置する。  (積立て) 第2条 基金に積み立てる額は、日立市一般会計予算で定める額とする。  (管理) 第3条 基金に属する現金は、金融機関への預金その他確実かつ有利な  方法により保管しなければならない。 2 基金に属する現金は、必要に応じ最も確実かつ有利な有価証券に代  えることができる。  (運用益金の処理) 第4条 基金の運用から生ずる収益は、日立市一般会計歳入歳出予算に  計上し、基金に編入するものとする。  (繰替運用) 第5条 市長は、財政上必要があると認めるときは、確実な繰戻しの方  法、期間及び利率を定めて、基金に属する現金を歳計現金に繰り替え  て運用することができる。  (処分) 第6条 基金は、次の各号のいずれかに該当する場合に限り、その一部  又は全部を処分することができる。 (1) 森林の整備に関する施策に要する費用に充てる場合 (2) 森林の整備を担うべき人材の育成及び確保、森林の有する公益的   機能に関する普及啓発、木材の利用の促進その他の森林の整備の促   進に関する施策に要する費用に充てる場合  (委任) 第7条 この条例に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、  市長が規則で定める。    附 則  この条例は、平成31年4月1日から施行する。 16                          議案第16号    日立市ペット霊園の設置の許可等に関する条例の制定につ    いて  日立市ペット霊園の設置の許可等に関する条例を別紙のとおり制定す るものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  ペット霊園の設置の許可等に関し必要な事項を定め、生活環境の保全 及び公衆衛生の向上を図るため、本条例を制定するものであります。    日立市ペット霊園の設置の許可等に関する条例  (目的) 第1条 この条例は、ペット霊園の設置及び管理並びに移動火葬車によ  る火葬に関し必要な事項を定めることにより、生活環境の保全及び公  衆衛生の向上を図ることを目的とする。  (定義) 第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号  に定めるところによる。 (1) ペット 犬、猫その他の愛玩することを目的として飼養される動   物(化製場等に関する法律(昭和23年法律第140号)第1条第   1項に規定する獣畜を除く。)をいう。 (2) 墳墓 ペットの焼骨を埋蔵する施設をいう。 (3) 納骨堂 ペットの焼骨を収蔵する施設をいう。 (4) 火葬施設 ペットの死体の火葬を行う設備(以下「火葬設備」と   いう。)を有する施設をいう。 (5) ペット霊園 墳墓、納骨堂若しくは火葬施設を有する施設又はこ   れらを併せ有する施設をいう。ただし、専ら自己の利用に供する目   的で設置するものを除く。 (6) ペット霊園設置者 第4条第1項の許可を受けた者をいう。 (7) 移動火葬車 火葬設備を有する自動車(道路交通法(昭和35年   法律第105号)第2条第1項第9号に規定する自動車をいう。)   をいう。 (8) 移動火葬車使用者 第18条第1項の許可を受けた者をいう。 (9) 近隣住民等 ペット霊園の敷地の境界から200メートル以内の   距離にある土地及び建物の所有者、管理者及び占有者並びに市長が   第7条の説明会の対象とする必要があると認める者をいう。 (10) 住宅等 住宅並びに学校その他の教育施設福祉施設、医療施設、   物品販売業を営む店舗及び飲食店並びにこれらに類するものとして   規則で定める施設をいう。  (ペット霊園設置者等の責務) 第3条 ペット霊園設置者(ペット霊園の管理を受託した者を含む。第  14条において同じ。)は、ペット霊園の設置及び管理に当たっては、  地域の生活環境の保全に配慮するとともに、近隣住民等との良好な関  係を保つよう努めなければならない。 2 移動火葬車使用者は、移動火葬車を使用してペットの死体の火葬を  行うに当たっては、地域の生活環境の保全に配慮するよう努めなけれ  ばならない。  (ペット霊園の設置の許可等) 第4条 ペット霊園を設置しようとする者は、あらかじめ市長の許可を  受けなければならない。当該許可を受けたペット霊園の区域の変更  (縮小を除く。以下「区域変更」という。)又は当該ペット霊園の区  域内において新たな墳墓、納骨堂若しくは火葬施設の設置(増設を含  む。以下「墳墓等の新増設」という。)をしようとする場合も、同様  とする。 2 市長は、前項の許可に、生活環境の保全及び公衆衛生の向上のため  必要な限度において、条件を付することができる。  (ペット霊園の設置等の協議) 第5条 前条第1項の許可を受けようとする者(以下「ペット霊園申請
     予定者」という。)は、当該ペット霊園の設置、区域変更又は墳墓等  の新増設に係る計画について、規則で定めるところにより、あらかじ  め市長に協議しなければならない。 2 市長は、前項の規定による協議があったときは、ペット霊園申請予  定者に対し、必要な指導又は助言を行うことができる。  (標識の掲示) 第6条 ペット霊園申請予定者は、ペット霊園の設置、区域変更又は墳  墓等の新増設を計画する土地の見やすい場所に、規則で定めるところ  により、ペット霊園申請予定者の氏名又は名称その他の規則で定める  事項を記載した標識を掲示しなければならない。 2 ペット霊園申請予定者は、前項の規定により標識を掲示しようとす  るときは、規則で定めるところにより、あらかじめその旨を市長に届  け出なければならない。  (説明会の開催等) 第7条 ペット霊園申請予定者は、規則で定めるところにより、近隣住  民等に対し、ペット霊園の設置、区域変更又は墳墓等の新増設に係る  計画について、説明会を開催しなければならない。 2 ペット霊園申請予定者は、前項の計画について、近隣住民等からの  意見の申出があったときは、当該申出をした者と協議しなければなら  ない。 3 ペット霊園申請予定者は、第1項の規定により説明会を開催したと  き及び前項の規定により協議したときは、速やかにその結果を市長に  報告しなければならない。  (協議の終了の通知) 第8条 市長は、ペット霊園申請予定者が前3条に規定する手続を執り、  かつ、これらの内容が適当であると認めるときは、規則で定めるとこ  ろにより、ペット霊園申請予定者に第5条第1項の規定による協議の  終了を通知するものとする。  (ペット霊園の設置等の許可の申請) 第9条 ペット霊園申請予定者は、規則で定めるところにより、市長に  申請しなければならない。 2 ペット霊園申請予定者は、前条の規定による通知を受けた後でなけ  れば、前項の規定による申請をすることができない。  (ペット霊園の設置場所の基準) 第10条 ペット霊園の設置場所は、次に掲げる基準に適合するもので  なければならない。ただし、市長が特別の事由があると認めたときは、  この限りでない。 (1) ペット霊園申請予定者が所有する土地で、所有権以外の権利が存   しないものであること。 (2) 住宅等の敷地の境界から100メートル以上の距離にあること。  (ペット霊園の構造設備の基準) 第11条 ペット霊園の構造設備は、次に掲げる基準に適合するもので  なければならない。 (1) ペット霊園の周囲に塀等を設けること。 (2) ペット霊園の区域内に給水設備及びごみ置場を設け、かつ、雨水   等が滞留しないようにすること。 (3) 納骨堂は、換気設備及び照明設備を設け、かつ、納骨堂の出入口   又は納骨設備に施錠装置を設けること。 (4) 火葬施設は、建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第   9号の2に規定する耐火建築物とすること。 (5) 火葬設備は、安定して燃焼することができる十分な容積の主燃焼   室及び再燃焼室を設け、かつ、これらにおいて発生するガスの温度   が摂氏800度以上の状態でペットの死体の火葬を行うことができ   るものであること。 (6) 前各号に定めるもののほか、規則で定める基準に適合すること。  (工事着手の届出) 第12条 ペット霊園設置者は、第4条第1項の許可に係る工事に着手  しようとするときは、規則で定めるところにより、あらかじめその旨  を市長に届け出なければならない。  (工事完了の届出等) 第13条 ペット霊園設置者は、前条の工事が完了したときは、規則で  定めるところにより、その旨を市長に届け出なければならない。 2 市長は、前項の規定による届出があったときは、速やかに当該届出  に係る工事が第11条各号に掲げる基準に適合しているかどうかにつ  いて検査し、その検査の結果当該工事が当該基準に適合していると認  めたときは、検査済証を交付するものとする。 3 ペット霊園設置者は、前項の検査済証の交付を受けた後でなければ、  ペット霊園(第4条第1項後段の許可に係る工事にあっては、当該許  可に係る部分)を使用してはならない。  (ペット霊園の維持管理) 第14条 ペット霊園設置者は、第11条各号に掲げる基準及び次に掲  げる基準に従い、ペット霊園の維持管理を行わなければならない。 (1) ペット霊園及びその周辺の清潔を保つこと。 (2) ペット霊園の施設が破損したときは、速やかに修理すること。 (3) ペット霊園の使用により生ずるばい煙、汚水、廃棄物等を適正に   処理すること。 (4) 墳墓にあっては、ペットの死体を埋葬しないこと。 (5) 火葬施設にあっては、火葬設備を使用する前に再燃焼室を予熱す   ること。  (ペット霊園設置者の地位の承継) 第15条 ペット霊園設置者からペット霊園を譲り受けた者は、当該ペ  ット霊園設置者の地位を承継する。 2 ペット霊園設置者について相続、合併又は分割(当該ペット霊園設  置者が有するペット霊園を承継させるものに限る。)があったときは、  相続人(相続人が2人以上ある場合において、その全員の同意により  当該ペット霊園設置者の地位を承継すべき相続人を選定したときは、  その者)、合併後存続する法人、合併により設立された法人又は分割  により当該ペット霊園を承継した法人は、当該ペット霊園設置者の地  位を承継する。 3 前2項の規定によりペット霊園設置者の地位を承継した者は、規則  で定めるところにより、遅滞なくその旨を市長に届け出なければなら  ない。  (ペット霊園の申請事項の変更の届出) 第16条 ペット霊園設置者は、第9条の規定により申請した事項(区  域変更又は墳墓等の新増設に係るものを除く。)に変更があったとき  は、規則で定めるところにより、速やかに市長に届け出なければなら  ない。  (ペット霊園の廃止の届出) 第17条 ペット霊園設置者は、ペット霊園を廃止しようとするときは、  規則で定めるところにより、あらかじめ市長に届け出なければならな
     い。 2 ペット霊園設置者は、前項の規定による届出をするときは、あらか  じめ利用者にペット霊園を廃止する旨を説明するとともに、当該ペッ  ト霊園に埋蔵又は収蔵されているペットの焼骨を他のペット霊園に移  す等適切な措置を執るよう努めなければならない。  (移動火葬車の使用の許可) 第18条 市の区域内において移動火葬車を使用してペットの死体の火  葬を行おうとする者は、あらかじめ当該移動火葬車ごとに市長の許可  を受けなければならない。当該許可を受けた移動火葬車の火葬設備を  更新しようとする場合も、同様とする。 2 市長は、前項の許可に、生活環境の保全及び公衆衛生の向上のため  必要な限度において、条件を付することができる。  (移動火葬車の使用の許可の申請) 第19条 前条第1項の許可を受けようとする者は、規則で定めるとこ  ろにより、市長に申請しなければならない。  (移動火葬車の構造設備の基準) 第20条 移動火葬車の構造設備は、第11条第5号及び第6号に掲げ  る基準に適合するものでなければならない。  (移動火葬車使用者の遵守事項) 第21条 移動火葬車使用者は、ペットの死体の火葬を行うときは、次  に掲げる事項を遵守しなければならない。 (1) 住宅等(火葬を依頼した者の住宅を除く。)から100メートル   以上の距離にある場所とすること。 (2) 事前に火葬を行う土地の所有者の同意を得ること。 (3) 公園その他の公共施設の敷地内において火葬を行わないこと。 (4) 移動火葬車に従業者を待機させ、当該移動火葬車を適正に管理す   ること。 (5) 移動火葬車の見やすい場所に規則で定める標章を掲示すること。  (移動火葬車の維持管理) 第22条 移動火葬車使用者は、第11条第5号及び第6号に掲げる基  準並びに次に掲げる基準に従い、移動火葬車の維持管理を行わなけれ  ばならない。 (1) 移動火葬車の清潔を保つこと。 (2) 移動火葬車が破損したときは、速やかに修理すること。 (3) 移動火葬車の使用により生ずるばい煙、汚水、廃棄物等を適正に   処理すること。 (4) 火葬設備を使用する前に再燃焼室を予熱すること。  (移動火葬車使用者の地位の承継) 第23条 移動火葬車使用者から移動火葬車を譲り受けた者は、当該移  動火葬車使用者の地位を承継する。 2 移動火葬車使用者について相続、合併又は分割(当該移動火葬車使  用者が有する移動火葬車を承継させるものに限る。)があったときは、  相続人(相続人が2人以上ある場合において、その全員の同意により  当該移動火葬車使用者の地位を承継すべき相続人を選定したときは、  その者)、合併後存続する法人、合併により設立された法人又は分割  により当該移動火葬車を承継した法人は、当該移動火葬車使用者の地  位を承継する。 3 前2項の規定により移動火葬車使用者の地位を承継した者は、規則  で定めるところにより、遅滞なくその旨を市長に届け出なければなら  ない。  (移動火葬車の申請事項の変更の届出) 第24条 移動火葬車使用者は、第19条の規定により申請した事項  (火葬設備の更新に係るものを除く。)に変更があったときは、規則  で定めるところにより、速やかに市長に届け出なければならない。  (移動火葬車の廃止の届出) 第25条 移動火葬車使用者は、移動火葬車を廃止したときは、規則で  定めるところにより、遅滞なく市長に届け出なければならない。  (報告の徴収及び立入検査) 第26条 市長は、この条例の施行に必要な限度において、ペット霊園  設置者又は移動火葬車使用者(以下「ペット霊園設置者等」とい  う。)に対し、ペット霊園の設置及び管理の状況又は移動火葬車の設  備及び使用の状況について報告若しくは資料の提出を求め、又はその  職員に、ペット霊園若しくは移動火葬車又はペット霊園設置者等の事  務所に立ち入らせ、帳簿書類その他の物件を検査させることができる。 2 前項の規定により立入検査を行う職員は、その身分を示す証明書を  携帯し、関係者の請求があったときは、これを提示しなければならな  い。 3 第1項の規定による立入検査の権限は、犯罪捜査のために認められ  たものと解釈してはならない。  (改善勧告) 第27条 市長は、ペット霊園設置者等が第14条又は第22条の規定  に違反していると認めるときは、当該ペット霊園設置者等に対し、期  限を定めて、当該違反を是正するため必要な措置を執るべきことを勧  告することができる。 2 市長は、移動火葬車使用者が第21条の規定に違反していると認め  るときは、当該移動火葬車使用者に対し、当該違反を是正するため必  要な措置を執るべきことを勧告することができる。  (改善命令) 第28条 市長は、前条第1項の規定による勧告を受けた者が、正当な  理由がなくその勧告に従わないときは、当該勧告を受けた者に対し、  期限を定めて、その勧告に従うよう命ずることができる。 2 市長は、前条第2項の規定による勧告を受けた者が、正当な理由が  なくその勧告に従わないときは、当該勧告を受けた者に対し、その勧  告に従うよう命ずることができる。  (許可の取消し) 第29条 市長は、ペット霊園設置者等が次の各号のいずれかに該当す  るときは、第4条第1項又は第18条第1項の許可を取り消すことが  できる。 (1) 偽りその他不正の手段により第4条第1項又は第18条第1項の   許可を受けたとき。 (2) 第4条第1項又は第18条第1項の許可に付した条件に違反した   とき。 (3) 前条の規定による命令に違反したとき。  (使用禁止命令) 第30条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、ペット霊  園又は移動火葬車の使用の禁止を命ずることができる。 (1) 第4条第1項の許可を受けないで、ペット霊園の設置、区域変更   又は墳墓等の新増設をした者 (2) 第13条第2項の検査済証の交付を受けないで、ペット霊園を使   用した者
    (3) 第18条第1項の許可を受けないで、移動火葬車を使用してペッ   トの死体の火葬を行った者 (4) 前条の規定により第4条第1項又は第18条第1項の許可を取り   消された者  (公表) 第31条 市長は、第28条又は前条の規定による命令を受けた者が当  該命令に従わないときは、その旨を公表することができる。 2 市長は、前項の規定による公表をしようとするときは、当該命令を  受けた者にその旨を通知するものとする。  (委任) 第32条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が規則で定める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。  (経過措置) 2 この条例の施行の際、現にペット霊園を設置している者又はペット  霊園の設置、区域変更若しくは墳墓等の新増設に係る工事を行ってい  る者(以下「既存ペット霊園設置者」という。)は、当該ペット霊園  (以下「既存ペット霊園」という。)について、第4条第1項の許可  を受けたものとみなす。 3 前項の規定により第4条第1項の許可を受けたものとみなされる既  存ペット霊園設置者は、この条例の施行の日(以下「施行日」とい  う。)から3月以内に、既存ペット霊園の設置者、設置場所及び構造  設備について明らかにする書類を市長に提出しなければならない。 4 前項の規定により第4条第1項の許可を受けたものとみなされる既  存ペット霊園については、第10条及び第11条の規定は、適用しな  い。ただし、施行日以後に新たに区域変更又は墳墓等の新増設を行う  ための申請があったときは、当該申請に係る部分に限り、これらの規  定(第10条第2号を除く。)を適用するものとする。 17                          議案第17号    日立市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する    条例の制定について  日立市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例を別紙 のとおり制定するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  災害弔慰金の支給等に関する法律等の改正に伴い、災害援護資金の貸 付けに係る規定を改めるため、本条例を制定するものであります。    日立市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する    条例  日立市災害弔慰金の支給等に関する条例(昭和54年条例第2号)の 一部を次のように改正する。  第11条第2項中「又は半年賦償還」を「、半年賦償還又は月賦償 還」に改め、同条第4項中「、保証人」を削り、「災害弔慰金の支給等 に関する法律施行令(昭和48年政令第374号)」を「令」に、「第 12条」を「第11条」に改め、同項を同条第6項とし、同条第3項中 「災害援護資金は」の次に「、保証人を立てる場合は、無利子とし、保 証人を立てない場合は」を加え、「年3パーセント」を「年1.5 パーセント」に改め、同項を同条第4項とし、同項の次に次の1項を加 える。 5 第3項の保証人は、災害援護資金の貸付けを受けた者と連帯して債  務を負担するものとし、その保証債務は、災害弔慰金の支給等に関す  る法律施行令(昭和48年政令第374号。次項において「令」とい  う。)第9条の違約金を包含するものとする。  第11条第2項の次に次の1項を加える。 3 災害援護資金の貸付けを受けようとする者は、保証人を立てること  ができる。  附則第4項中「災害援護資金の貸付けに係る」を「日立市災害弔慰金 の支給等に関する条例の一部を改正する条例(平成31年条例 第  号)附則第2項によりなお従前の例によることとされた災害援護 資金の貸付けに係る同条例による改正前の日立市災害弔慰金の支給等に 関する条例(次項において「改正前の条例」という。)」に改める。  附則第5項中「第11条第4項」を「改正前の条例第11条第4項」 に、「平成23年特別令」を「災害弔慰金の支給等に関する法律施行令 の一部を改正する政令(平成31年政令第16号)による改正前の平成 23年特別令」に改める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。  (適用区分) 2 この条例による改正後の第11条第3項から第6項までの規定は、  この条例の施行の日以後に生じた災害により被害を受けた世帯の世帯  主に対する災害援護資金の貸付けについて適用し、同日前に生じた災  害により被害を受けた世帯の世帯主に対する災害援護資金の貸付けに  ついては、なお従前の例による。 18                          議案第18号    日立市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について  日立市都市公園条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するも のとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹
    ─────────────────────────────────  (提案説明)  市民運動公園の相撲場を廃止するため、本条例を制定するものであり ます。    日立市都市公園条例の一部を改正する条例  日立市都市公園条例(昭和32年条例第3号)の一部を次のように改 正する。  別表第1中「、相撲場」を削る。  別表第2第5項第2号中エを削り、オをエとし、カをオとし、キをカ とする。    附 則  この条例は、平成31年4月1日から施行する。 19                          議案第19号    日立市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正す    る条例の制定について  日立市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別 紙のとおり制定するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  市営住宅の用途廃止に伴い、管理戸数を整理するため、本条例を制定 するものであります。    日立市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正す    る条例  日立市営住宅の設置及び管理に関する条例(平成9年条例第51号) の一部を次のように改正する。  別表1公営住宅の表中 「  ┌────────┬─────────┬─────┬─────┐  │上相田団地   │相田町1丁目   │簡平   │   81│  │        │         │     │     │  │        │         │簡二   │    6│ を  │        │         │     │     │  │        │         │中耐   │  116│  └────────┴─────────┴─────┴─────┘                                  」 「  ┌────────┬─────────┬─────┬─────┐  │上相田団地   │相田町1丁目   │簡平   │   81│  │        │         │     │     │ に、  │        │         │中耐   │  116│  └────────┴─────────┴─────┴─────┘                                  」 「  ┌────────┬─────────┬─────┬─────┐  │田中団地    │滑川本町2丁目  │簡平   │  127│  │        │         │     │     │ を  │        │         │簡二   │   20│  └────────┴─────────┴─────┴─────┘                                  」 「  ┌────────┬─────────┬─────┬─────┐  │田中団地    │滑川本町2丁目  │簡平   │   86│  │        │         │     │     │ に、  │        │         │簡二   │   20│  └────────┴─────────┴─────┴─────┘                                  」 「  ┌────────────────────────┬─────┐  │           計            │3,983│ を  └────────────────────────┴─────┘                                  」 「  ┌────────────────────────┬─────┐  │           計            │3,936│ に  └────────────────────────┴─────┘                                  」 改める。    附 則  この条例は、平成31年4月1日から施行する。 20                          議案第20号    日立市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例    の制定について  日立市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例を別紙のと おり制定するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹
    ─────────────────────────────────  (提案説明)  茨城県の医療福祉費支給制度の改正に伴い、医療福祉費支給の対象と なる心身障害者の範囲を改めるため、本条例を制定するものであります。    日立市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例  日立市医療福祉費支給に関する条例(昭和51年条例第45号)の一 部を次のように改正する。  第2条第5号ウ中「第9条第5項」を「第9条第6項」に改め、同号 に次のように加える。   ク 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第    123号)第45条第2項の規定に基づき精神障害者保健福祉手    帳の交付を受けた者で、その障害の程度が精神保健及び精神障害    者福祉に関する法律施行令(昭和25年政令第155号)第6条    第3項の1級に該当するもの    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。  (適用区分) 2 この条例による改正後の日立市医療福祉費支給に関する条例の規定  は、この条例の施行の日以後に行われる診療に係る医療福祉費の支給  について適用し、同日前に行われた診療に係る医療福祉費の支給につ  いては、なお従前の例による。 21                          議案第21号    日立市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につ    いて  日立市国民健康保険条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定す るものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  国民健康保険法施行令の改正に伴い、賦課限度額を引き上げる等のた め、本条例を制定するものであります。    日立市国民健康保険条例の一部を改正する条例  日立市国民健康保険条例(昭和34年条例第7号)の一部を次のよう に改正する。  第17条中「58万円」を「61万円」に改める。   第21条第1項中「58万円」を「61万円」に改め、同項第3号中 「50万円」を「51万円」に改め、同条第3項及び第4項中「58万 円」を「61万円」に改める。     附 則   (施行期日) 1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。   (適用区分) 2 この条例による改正後の日立市国民健康保険条例の規定は、平成  31年度以後の年度分の保険料について適用し、平成30年度分まで  の保険料については、なお従前の例による。 22                          議案第22号    日立市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について  日立市介護保険条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するも のとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  第1号被保険者の保険料率の軽減に係る規定を改めるため、本条例を 制定するものであります。    日立市介護保険条例の一部を改正する条例  日立市介護保険条例(平成12年条例第15号)の一部を次のように 改正する。  第10条第2項中「所得の少ない」を「前項第1号に掲げる」に、 「前項第1号に該当する者の平成30年度から平成32年度までの各年 度」を「平成31年度及び平成32年度」に、「26,700円」を 「22,200円」に改め、同条に次の2項を加える。 3 第1項第2号に掲げる第1号被保険者についての保険料の減額賦課  に係る平成31年度及び平成32年度における保険料率は、同号の規  定にかかわらず、37,100円とする。 4 第1項第3号に掲げる第1号被保険者についての保険料の減額賦課  に係る平成31年度及び平成32年度における保険料率は、同号の規  定にかかわらず、43,000円とする。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。  (適用区分) 2 この条例による改正後の第10条の規定は、平成31年度分以後の  年度分の保険料について適用し、平成30年度分までの保険料につい  ては、なお従前の例による。 23                          議案第23号
       日立市学校給食共同調理場設置及び管理等に関する条例の    一部を改正する条例の制定について  日立市学校給食共同調理場設置及び管理等に関する条例の一部を改正 する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  新たに日立市北部学校給食共同調理場を設置する等のため、本条例を 制定するものであります。    日立市学校給食共同調理場設置及び管理等に関する条例の    一部を改正する条例  日立市学校給食共同調理場設置及び管理等に関する条例(昭和41年 条例第7号)の一部を次のように改正する。  第2条の表中 「  ┌─────────┬────────────────────┐  │日立市十王学校給食│日立市十王町伊師本郷1185番地1   │  │         │                    │  │共同調理場    │                    │  ├─────────┼────────────────────┤ を  │日立市宮田学校給食│日立市本宮町2丁目10番24号     │  │         │                    │  │共同調理場    │                    │  └─────────┴────────────────────┘                                  」 「  ┌─────────┬────────────────────┐  │日立市北部学校給食│日立市砂沢町758番地27       │  │         │                    │ に  │共同調理場    │                    │  └─────────┴────────────────────┘                                  」 改める。    附 則  この条例は、平成31年4月1日から施行する。 24                          議案第24号    日立市廃棄物の処理及び清掃に関する条例等の一部を改正    する条例の制定について  日立市廃棄物の処理及び清掃に関する条例等の一部を改正する条例を 別紙のとおり制定するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  学校教育法等の改正に伴い、関係規定を改めるため、本条例を制定す るものであります。    日立市廃棄物の処理及び清掃に関する条例等の一部を改正    する条例  (日立市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正) 第1条 日立市廃棄物の処理及び清掃に関する条例(昭和47年条例第  22号)の一部を次のように改正する。   第24条第6号中「短期大学」の次に「(同法による専門職大学の  前期課程を含む。次号において同じ。)」を、「卒業した後」の次に  「(同法による専門職大学の前期課程にあっては、修了した後)」を  加え、同条第7号中「卒業した後」の次に「(同法による専門職大学  の前期課程にあっては、修了した後)」を加える。  (日立市水道布設工事監督者及び水道技術管理者の資格に関する基準  等を定める条例の一部改正) 第2条 日立市水道布設工事監督者及び水道技術管理者の資格に関する  基準等を定める条例(平成24年条例第38号)の一部を次のように  改正する。   第3条第3号中「短期大学」の次に「(同法による専門職大学の前  期課程を含む。)」を、「卒業した後」の次に「(同法による専門職  大学の前期課程にあっては、修了した後)」を加え、同条第8号中  「又は水道環境」を削る。   第4条第2号中「卒業した後」の次に「(学校教育法による専門職  大学の前期課程にあっては、修了した後)」を、「同条第3号に規定  する学校を卒業した者」の次に「(同法による専門職大学の前期課程  にあっては、修了した者。以下同じ。)」を加え、同条第4号中「卒  業した後」の次に「(学校教育法による専門職大学の前期課程にあっ  ては、修了した後)」を加える。  (日立市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定め  る条例の一部改正) 第3条 日立市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を  定める条例(平成26年条例第23号)の一部を次のように改正する。   第10条第3項第5号中「卒業した者」の次に「(当該学科又は当  該課程を修めて同法の規定による専門職大学の前期課程を修了した者  を含む。)」を加える。    附 則
     (施行期日) 1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。  (経過措置) 2 この条例の施行前に行われた技術士法(昭和58年法律第25号)  第4条第1項の規定による第2次試験のうち上下水道部門に係るもの  に合格した者であって、選択科目として水道環境を選択したものは、  第2条の規定による改正後の日立市水道布設工事監督者及び水道技術  管理者の資格に関する基準等を定める条例第3条第8号の規定の適用  については、同法第4条第1項の規定による第2次試験のうち上下水  道部門に係るものに合格した者であって、選択科目として上水道及び  工業用水道を選択したものとみなす。 25                          議案第25号    日立市東日本大震災復興交付金基金の設置及び管理に関す    る条例を廃止する条例の制定について  日立市東日本大震災復興交付金基金の設置及び管理に関する条例を廃 止する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────  (提案説明)  日立市東日本大震災復興交付金基金を廃止するため、本条例を制定す るものであります。    日立市東日本大震災復興交付金基金の設置及び管理に関す    る条例を廃止する条例  日立市東日本大震災復興交付金基金の設置及び管理に関する条例(平 成24年条例第26号)は、廃止する。    附 則  この条例は、平成31年4月1日から施行する。 26                          議案第26号    大甕駅自由通路整備工事の委託契約の変更について  平成27年6月26日議会の議決を得た大甕駅自由通路整備工事につ いて、下記のとおり契約金額を変更するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹                 記 1 契 約 金 額  金1,297,663,309円 ─────────────────────────────────  (提案説明)  工事費の精算に伴い、契約金額を変更するものであります。 27                          議案第27号    大甕駅東口広場施設整備工事の委託契約の変更について  平成30年6月20日議会の議決を得た大甕駅東口広場施設整備工事 について、下記のとおり契約金額を変更するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹                 記 1 契 約 金 額  金152,960,244円 ─────────────────────────────────  (提案説明)  工事費の精算に伴い、契約金額を変更するものであります。 28                          議案第28号    土地の買入れについて  下記のとおり土地を買い入れるものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹                 記 1 土地の所在地、地目、地積  ┌───────────────────┬───────┬─────────┐  │    土 地 の 所 在 地    │  地 目  │   地 積   │  ├───────────────────┼───────┼─────────┤  │                   │       │        m2│  │日立市大和田町字落見    1138番  │   田   │    595    │  │     〃        1139番  │   〃   │   1,094    │  │     〃        1149番  │   〃   │   1,199    │  │     〃        1154番  │   〃   │   1,328    │  │     〃        1158番  │   〃   │    555    │  ├───────────────────┴───────┼─────────┤  │        計   (5筆)           │   4,771    │  └───────────────────────────┴─────────┘
    2 買入れ予定価格  金38,537,710円 3 買入れの相手方  日立市□□町□□番地の□□             □ □ □ □  外4人 4 買入れの方法   随意契約 ─────────────────────────────────  (提案説明)  産業団地整備事業用地を買い入れるに当たり、議会の議決に付すべき 契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき議会の 議決を求めるものであります。 29                          議案第29号    専決処分について(平成30年度日立市一般会計補正予算    (第4号))  平成30年度日立市一般会計補正予算(第4号)について、特に緊急 を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであったの で、地方自治法第179条第1項の規定に基づき別紙のとおり専決処分 したから、同条第3項の規定に基づきこれを報告し、承認を求めるもの とする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹            専 決 処 分 書  地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定に基 づき特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明ら かであると認め、別紙のとおり専決処分する。       平成31年1月17日                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │17.寄   附   金 │           │    715,432│    400,000│   1,115,432│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.寄   附   金 │    715,432│    400,000│   1,115,432│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │18.繰   入   金 │           │   6,680,744│    40,389│   6,721,133│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.基 金 繰 入 金 │   6,680,744│    40,389│   6,721,133│ ├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  入  合  計       │  75,938,903│    440,389│  76,379,292│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │2.総   務   費 │           │  11,267,934│    304,306│  11,572,240│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.総 務 管 理 費 │   9,847,787│    266,467│  10,114,254│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.徴   税   費 │    858,993│    37,839│    896,832│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │3.民   生   費 │           │  25,775,141│     2,550│  25,777,691│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.老 人 福 祉 費 │   3,116,971│     2,550│   3,119,521│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │7.商   工   費 │           │   2,916,572│    133,533│   3,050,105│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.商   工   費 │   2,916,572│    133,533│   3,050,105│ ├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  出  合  計       │  75,938,903│    440,389│  76,379,292│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 30                          議案第30号    専決処分について(平成30年度日立市後期高齢者医療事    業特別会計補正予算(第2号))  平成30年度日立市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号) について、特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないこと が明らかであったので、地方自治法第179条第1項の規定に基づき別 紙のとおり専決処分したから、同条第3項の規定に基づきこれを報告し、 承認を求めるものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹            専 決 処 分 書
     地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定に基 づき特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明ら かであると認め、別紙のとおり専決処分する。       平成31年1月17日                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │3.繰   入   金 │           │    400,121│     2,550│    402,671│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.一般会計繰入金   │    400,121│     2,550│    402,671│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  入  合  計       │   2,805,851│     2,550│   2,808,401│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │3.健 康 事 業 費 │           │    14,357│     2,550│    16,907│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.保 健 事 業 費 │    14,357│     2,550│    16,907│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  出  合  計       │   2,805,851│     2,550│   2,808,401│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 31                          議案第31号    日立市農業委員会委員任命の同意を求めることについて  日立市農業委員会委員に下記の者を任命したいので、農業委員会等に 関する法律第8条第1項の規定に基づき議会の同意を求めるものとする。       平成31年3月11日提出                 日立市長  小 川 春 樹                     記 ┌────────┬────────────┬─────────────────┐ │  氏  名  │   生 年 月 日  │      住    所     │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │澤 畠 英 治 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□丁目□□番□□号  │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │井 上 隆 郎 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□□番地       │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │川 崎 善 司 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□□番地       │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │木名瀬 俊 郎 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□□番地       │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │小 野 義 美 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□□番地の□□    │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │柏   達 生 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□□番地の□□    │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │石 川 敏 明 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□丁目□□番□□号  │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │鈴 木 昭 治 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□□番地       │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │鈴 木   暢 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□丁目□□番□□号  │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │志 賀 国 広 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□□番地       │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │鈴 木 政 昭 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□□番地       │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │樫 村 健 司 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□□番地       │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │與 澤 広 司 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□□番地□□     │ ├────────┼────────────┼─────────────────┤ │割 貝 伸太郎 │昭和□□年□□月□□日 │日立市□□町□丁目□□番□□号  │ └────────┴────────────┴─────────────────┘ ────────────────────────────────  (提案説明)  農業委員会委員澤畠英治氏ほか11名は、平成31年3月31日をも って任期満了となるが、農業委員会委員として適任であるので再任し、 與澤広司氏及び割貝伸太郎氏を新たに任命したいため、議会の同意を求 めるものであります。 32                                  議案第32号         平成30年度  日立市一般会計補正予算(第6号)  平成30年度 日立市の一般会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ536,475千円を追加し、歳入歳出予算の  総額を歳入歳出それぞれ76,182,487千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出  予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。  (地方債の補正)
    第2条 地方債の追加は、「第2表 地方債補正」による。                   平成31年3月13日提出                           日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │14.国 庫 支 出 金 │           │  10,565,039│    586,475│  11,151,514│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │2.国 庫 補 助 金 │   2,724,264│    586,475│   3,310,739│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │18.繰   入   金 │           │   5,008,772│   △100,000│   4,908,772│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.基 金 繰 入 金 │   5,008,772│   △100,000│   4,908,772│ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │21.市       債 │           │   8,275,919│    50,000│   8,325,919│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.市       債 │   8,275,919│    50,000│   8,325,919│ ├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  入  合  計       │  75,646,012│    536,475│  76,182,487│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                           (単位 千円) ┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤ │2.総   務   費 │           │  11,824,544│    536,475│  12,361,019│ │           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤ │           │1.総 務 管 理 費 │  10,366,558│    536,475│  10,903,033│ ├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤ │      歳  出  合  計       │  75,646,012│    536,475│  76,182,487│ └───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 第2表 地方債補正  追 加                                           (単位 千円) ┌─────────────────────┬─────┬─────┬──────┬──────┐ │        起債の目的        │ 限度額 │起債の方法│ 利  率 │償還の方法 │ ├─────────────────────┼─────┼─────┼──────┼──────┤ │                     │     │     │5.0%以内 │据置期間満 │ │                     │     │     │(ただし、利│了後30年以 │ │                     │     │     │率見直し方 │内に償還す │ │                     │     │     │式で借り入 │る。ただし、│ │                     │     │     │れる政府資 │市財政の都 │ │                     │     │     │金及び地方 │合により、据│ │日立駅前再活性化事業費          │  50,000│証書借入又│公共団体金 │置期間及び │ │                     │     │は証券発行│融機構資金 │償還期間を │ │                     │     │     │について、利│短縮し、もし│ │                     │     │     │率見直しを │くは繰上償 │ │                     │     │     │行った後に │還又は低利 │ │                     │     │     │おいては、当│に借換えす │ │                     │     │     │該見直し後 │ることがで │ │                     │     │     │の利率)  │きる。   │ └─────────────────────┴─────┴─────┴──────┴──────┘ 33                          議案第33号    日立シビックセンター科学館整備基金の設置及び管理に関    する条例の制定について  日立シビックセンター科学館整備基金の設置及び管理に関する条例を 別紙のとおり制定するものとする。       平成31年3月13日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ────────────────────────────────  (提案説明)  新たに日立シビックセンター科学館整備基金を設置するため、本条例 を制定するものであります。    日立シビックセンター科学館整備基金の設置及び管理に関    する条例  (設置) 第1条 地域再生法(平成17年法律第24号)第5条第15項の認定  を受けた地域再生計画に記載された事業を実施するため、日立シビッ  クセンター科学館整備基金(以下「基金」という。)を設置する。  (積立て) 第2条 基金に積み立てる額は、日立市一般会計予算で定める額とする。  (管理) 第3条 基金に属する現金は、金融機関への預金により保管しなければ  ならない。  (運用益金の処理) 第4条 基金の運用から生ずる収益は、日立市一般会計歳入歳出予算に
     計上し、基金に編入するものとする。  (処分) 第5条 基金は、日立シビックセンター科学館の整備に必要な財源に充  てる場合に限り、その一部又は全部を処分することができる。  (委任) 第6条 この条例に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、  市長が規則で定める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、公布の日から施行する。  (失効) 2 この条例は、平成33年3月31日限り、その効力を失う。 34                            報告第1号    専決処分について(損害賠償の額を定めることについて)  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法第180条第1項の 規定に基づき別紙のとおり専決処分したから、同条第2項の規定に基づ きこれを報告するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹            専 決 処 分 書  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法(昭和22年法律第 67号)第180条第1項の規定に基づき、下記のとおり専決処分する。       平成31年1月17日                 日立市長  小 川 春 樹                記    損害賠償の額を定めることについて  平成30年8月8日午後2時45分頃、日立市田尻町2丁目41番地 先県道10号路上において、市有車が高萩市□□□□番地□□□□氏の 運転する自動車に追突し、物損を与え、同氏を負傷させたので、この損 害に対する賠償の額を下記のとおり定める。                記  損害賠償額  金862,400円 35                            報告第2号    専決処分について(損害賠償の額を定めることについて)  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法第180条第1項の 規定に基づき別紙のとおり専決処分したから、同条第2項の規定に基づ きこれを報告するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹            専 決 処 分 書  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法(昭和22年法律第 67号)第180条第1項の規定に基づき、下記のとおり専決処分する。       平成31年2月19日                 日立市長  小 川 春 樹                記    損害賠償の額を定めることについて  平成31年1月8日午前10時20分頃、日立市高鈴町4丁目2番地 先市道2516号路上において、草刈り機による除草作業中に小石を跳 ね上げ、千葉県□□市□□□□番地□□□□氏所有の自動車に物損を与 えたので、この損害に対する賠償の額を下記のとおり定める。                記  損害賠償額  金52,088円 36                            報告第3号    公益財団法人日立市公園協会に係る平成31年度の経営状    況に関する説明書提出について  公益財団法人日立市公園協会に係る平成31年度の経営状況に関する 説明書を地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき別冊のとおり 提出するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ──────────────────────────────── (別冊 略) 37                            報告第4号    公益財団法人日立市民科学文化財団に係る平成31年度の    経営状況に関する説明書提出について  公益財団法人日立市民科学文化財団に係る平成31年度の経営状況に 関する説明書を地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき別冊の
    とおり提出するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ──────────────────────────────── (別冊 略) 38                            報告第5号    公益財団法人日立地区産業支援センターに係る平成31年    度の経営状況に関する説明書提出について  公益財団法人日立地区産業支援センターに係る平成31年度の経営状 況に関する説明書を地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき別 冊のとおり提出するものとする。       平成31年3月6日提出                 日立市長  小 川 春 樹 ──────────────────────────────── (別冊 略) 39                所管事務調査一覧表                        (平成31年第1回日立市議会定例会) ○ 総務産業委員会 (1) 秘書に関すること。 (2) 政策の総合的な企画に関すること。 (3) 政策に係る調査に関すること。 (4) 広聴及び広報に関すること。 (5) 市の行政一般に関すること。 (6) 職員の人事、研修及び厚生に関すること。 (7) 交通安全に関すること。 (8) 防犯及び防災に関すること。 (9) 戸籍及び住民基本台帳に関すること。 (10) 予算その他財務に関すること。 (11) 市税の賦課徴収に関すること。 (12) 公有財産に関すること。 (13) 契約に関すること。 (14) 産業の振興に関すること。 (15) 商業及び工業に関すること。 (16) 観光に関すること。 (17) 農業、林業及び水産業に関すること。 (18) 計量に関すること。 (19) 会計課に関すること。 (20) 消防本部及び消防団に関すること。 (21) 新庁舎建設に関すること。 (22) 当該委員会の所管事務に係る行財政改革に関すること。 ○ 教育福祉委員会 (1) 社会福祉に関すること。 (2) 保健衛生に関すること。 (3) 国民健康保険に関すること。 (4) 後期高齢者医療に関すること。 (5) 介護保険に関すること。 (6) 国民年金に関すること。 (7) 公営住宅に関すること。 (8) 教育委員会に関すること。 (9) 当該委員会の所管事務に係る行財政改革に関すること。 ○ 環境建設委員会 (1) 市民の組織化及び市民活動に関すること。 (2) 文化及び交流に関すること。 (3) 消費生活その他市民生活に関すること。 (4) 環境保全に関すること。 (5) 気象に関すること。 (6) 環境衛生に関すること。 (7) 都市計画に関すること。 (8) 道路及び河川に関すること。 (9) 建築に関すること。 (10) 土木に関すること。 (11) 上水道事業に関すること。 (12) 下水道事業に関すること。 (13) 当該委員会の所管事務に係る行財政改革に関すること。 ○ 議会運営委員会 (1) 議会の運営に関すること。 (2) 議会の会議規則、委員会条例等に関すること。 (3) 議長の諮問に関すること。 (4) 次期定例会等の会期及び議事日程等に関すること。 (5) 議会の活性化に関すること。 ○ 幹線道路整備促進特別委員会 (1) 国道6号日立バイパスの整備促進に関すること。 (2) 国道6号日立バイパス以南の国道245号及び田尻町以北の国道6号の整備促進に関すること。 (3) 国道6号大和田拡幅の整備促進に関すること。 (4) 山側道路の建設事業に関すること。 (5) 県道日立笠間線の整備促進に関すること。 (6) 市道6750号線の整備促進に関すること。 (7) 県道日立常陸太田線の整備促進に関すること。 (8) 鮎川停車場線の整備促進に関すること。 (9) 県道日立いわき線の整備促進に関すること。 (10) 県道十王里美線及び十王北通り線の整備促進に関すること。                                      平成31年3月22日提出 40              平成31年第1回日立市議会定例会請願(陳情)文書表                                         平成31年3月13日 ┌───────────┬─────┬──────────────────────────────┐
    │ 付 託 委 員 会 │受理番号 │          件        名          │ ├───────────┼─────┼──────────────────────────────┤ │           │     │                              │ │ 総務産業委員会   │  3  │消費税増税10%引き上げ中止を求める意見書提出の陳情    │ │           │     │                              │ ├───────────┼─────┼──────────────────────────────┤ │           │     │                              │ │           │  1  │後期高齢者の医療費自己負担2割への引き上げに反対する請願  │ │           │     │                              │ │ 教育福祉委員会   ├─────┼──────────────────────────────┤ │           │     │日立市における児童・生徒のむし歯予防の推進のため学校での  │ │           │  2  │                              │ │           │     │フッ化物洗口の集団的実施を推奨することに関する陳情     │ └───────────┴─────┴──────────────────────────────┘ ┌────────────┬───────────────────────────────────┐ │            │                                   │ │ 受 理 番 号  3 │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┤ 消費税増税10%引き上げ中止を求める意見書提出の陳情        │ │            │                                   │ │ 総務産業委員会    │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┼───────────────────────────────────┤ │            │ 私たちのくらしや地域経済はいま、大変深刻な状況です。増税と、年   │ │提出者         │金カット・医療・介護など社会保障費負担増、そして賃金低下、物価上   │ │ 水戸市見川5-127-281  │昇の三重苦のもとで、「これ以上節約するところがない」と悲鳴が上    │ │            │がっています。                            │ │ 茨城県商工団体連合会 │ 物議をかもしている統計データですが、厚労省が発表した全労働者の   │ │ 会長 松澤 博    │実質賃金は、平成29年度まで7年連続減少しています。個人消費も前   │ │            │年同月比3.9%減で、4年連続減少しています。             │ │            │ また、日銀事務局によれば全国で35%の世帯が無預金とのことで    │ ├────────────┤す。全国の生活保護受給者は平成29年度で164万世帯214万人。   │ │            │茨城県は平成30年9月段階で22,173世帯27,834人の方々が   │ │            │受給しています。くらしは苦しくなる一方です。私たちの可処分所得に   │ │            │は消費税がほとんど課税されます。消費税は生活費課税です。       │ │            │ ところが政府は、今年、平成31年10月の消費税率10%への引き   │ │            │上げを、あくまで行う姿勢を崩していません。税率10%への引き上げ   │ │            │で一人当たり年間2万1,500円、1世帯当たり(4人家族)8万     │ │            │6,000円の増税という試算も出ています。このような状況で消費税を   │ │            │引き上げれば、税率が5%から8%になったときの大不況が再来するこ   │ │            │とは明らかです。                           │ │            │ 加えて税率引上げと同時に実施を狙う軽減税率には、重大な問題があ   │ │            │ります。飲食料品と週2回以上発行の新聞代は税率8%に据え置かれま   │ │            │すが、運送費や加工費、広告宣伝費など10%の分の値段は値上がりし   │ │            │ます。また8%と10%の線引きは単純ではありません。そして、2023 │ │            │年に導入されるインボイス(適格請求書)制度は、地域経済を担う中小   │ │            │業者にとって大きな負担となり、免税業者が商取引から排除されるとい   │ │            │う重大な問題があります。そもそも消費税は、所得の少ない人ほど負担   │ │            │が重く、貧困と格差を拡大する根本的な欠陥を持つ税制です。       │ │            │ 日本国憲法は応能負担原則に則った税制の確立を要請しています。    │ │            │ 今必要なことは消費税増税ではなく、税金の集め方、使い方を見直    │ │            │し、大企業や富裕層を優遇する不公平税制をただすべきです。軍事費や   │ │            │不要不急の大型公共工事への歳出を減らし、暮らしや社会保障、地域経   │ │            │済振興優先に税金を使い、内需主導で家計をあたためる経済政策をとる   │ │            │べきです。私たちは、住民の暮らし、地域経済、地方自治体に深刻な打   │ ├────────────┤撃を与える消費税増税を中止することを強く求めます。          │ │受理          │ 以上の趣旨から下記事項について国会及び関係行政庁に対して意見書   │ │ 平成31年3月6日  │を提出してくださるよう陳情いたします。                │ └────────────┴───────────────────────────────────┘ ┌────────────┬───────────────────────────────────┐ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┤                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┼───────────────────────────────────┤ │            │                                   │ │            │                記                  │ │            │                                   │ │            │ 平成31年10月の消費税率10%への引き上げ中止を求める意見書   │ │            │を政府に送付していただくこと。                    │ │            │                                   │ │            │ 意見書提出先                            │ │            │ 内閣総理大臣、財務大臣、総務大臣                  │ ├────────────┤                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │
    │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┤                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ └────────────┴───────────────────────────────────┘ ┌────────────┬───────────────────────────────────┐ │            │                                   │ │ 受 理 番 号  1 │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┤ 後期高齢者の医療費自己負担2割への引き上げに反対する請願      │ │            │                                   │ │ 教育福祉委員会    │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┼───────────────────────────────────┤ │            │ 日頃から、地域住民のいのちと暮らしを守るためのご奮闘に心から敬   │ │提出者         │意を表します。                            │ │ 水戸市白梅4-1-30   │ 経済財政諮問会議や財務省の財政制度審議会で「世代間の負担の公平   │ │ 信和総業ビル2A   │性」を図るとして、後期高齢者医療の窓口負担を1割から2割にする負   │ │            │担増が審議されています。すでに70歳から74歳の医療費自己負担は   │ │茨城県社会保障推進協議会│2014年度の改定で「新たに70歳に到達する人においては2割とす   │ │代表委員 瀧澤 利行  │る」として引き上げられております。また現役並み所得の人は70歳以   │ │        外1人 │上でも3割負担となっています。                    │ ├────────────┤ 高齢者は、戦後の経済発展の支え手となり、今日の日本をつくりあげ   │ │            │てきました。しかし後期高齢者医療制度という年齢で差別する制度が施   │ │紹介議員        │行され、今年10月からは低所得者への「軽減措置」も廃止されようと   │ │  小 林 真美子   │しています。一方、公的年金は減らされ収入が生活保護基準以下を下回   │ │            │る世帯は3割に迫っています。保険料は上がり続け生活苦は限界を超え   │ │            │ています。高齢になっても働き続けなければなりません。         │ │            │ 以上の趣旨から以下の項目について、地方自治法第99条の規定に基   │ │            │づき、政府関係機関に意見書を提出下さるよう請願いたします。      │ │            │                                   │ │            │ 請願事項                              │ │            │ 1 75歳以上の医療費の窓口負担の2割への引き上げをしないでく   │ │            │  ださい。                             │ │            │                                   │ │            │                            以 上    │ │            │                                   │ │            │ 意見書提出先                            │ │            │ 内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣                │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┤                                   │ │受理          │                                   │ │ 平成31年2月21日 │                                   │ └────────────┴───────────────────────────────────┘ ┌────────────┬───────────────────────────────────┐ │            │                                   │ │ 受 理 番 号  2 │                                   │ │            │ 日立市における児童・生徒のむし歯予防の推進のため学校でのフッ    │ ├────────────┤ 化物洗口の集団的実施を推奨することに関する陳情           │ │            │                                   │ │ 教育福祉委員会    │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┼───────────────────────────────────┤ │            │1 陳情の主旨                            │ │提出者         │(1)日立市においては、市民の健康づくりの行動計画である「ひたち   │ │ 日立市東多賀町5-6-15 │健康づくりプラン21(第2次)【計画期間は平成25年度から平成35  │ │            │年度】」が平成25年3月に改定され、「歯と口腔の健康」分野の取り   │ │ 一般社団法人     │組み方針の中で「むし歯予防対策としてフッ化物の有効活用の推進」が   │ │ 日立歯科医師会    │示されています。                           │ │ 会長 間宮 高弘   │(2)さらに、平成25年3月には議員提案により「日立市歯と口腔の   │ │            │健康づくり8020・6424推進条例」が制定・施行され、市が市民   │ ├────────────┤の生涯にわたる歯と口腔の健康づくりを推進するために実施する各種施   │ │            │策が位置付けられています。                      │ │            │(3)その具体的な施策の一つとして「幼児期及び学齢期におけるフッ   │ │            │化物応用等を始めとするむし歯及び歯肉炎予防対策の推進」が明記され   │ │            │ており、その具体策として、市内全小中学校での児童・生徒のむし歯予   │ │            │防の推進のため学校でのフッ化物洗口の集団的実施を推奨します。     │ │            │                                   │ │            │2 陳情の理由                            │ │            │ 口腔の健康は、質の高い生活を営む上で重要な役割を果たすことが指   │ │            │摘され、口腔の健康状態が全身に及ぼす影響についての研究も進められ   │ │            │てきており、その中で、むし歯予防に対してフッ化物を応用することの   │ │            │有効性が実証されています。                      │ │            │ このような中、日立市では、幼児期からのむし歯予防が重要であると   │ │            │の認識から、1歳6か月児健康診査及び2歳児歯科健康診査において、   │ │            │平成27年度から希望者に対するフッ化物歯面塗布を無料で実施すると   │ │            │ともに、かかりつけ歯科医での定期健診の際に、フッ化物歯面塗布を受   │ │            │けることを勧奨しています。                      │ │            │ 日立市が平成29年度に実施した3歳児健康診査時におけるむし歯罹   │ │            │患率は15.3%と平成27年度と比較すると6.6ポイント減少してお   │ │            │り、フッ化物歯面塗布の効果が表れてきているものと考えています。ま   │ │            │た、1人平均のむし歯本数を示す12歳児DMF指数は県内でもトップ   │ │            │クラスの低さとなっていますが、生涯にわたる歯と口腔の健康づくりを   │ │            │進めるためには、更なる取組が必要になります。             │ │            │ 全国的な動向を見ると、フッ化物の応用として、むし歯予防により効   │ │            │果的なフッ化物洗口の普及が進み、小中学校などにおいて実施する学校   │ ├────────────┤が増加する傾向になっており、佐賀県(82.1%)、秋田県(69.3%)、│ │受理          │新潟県(65.7%)では高い実施率になっていますが、日立市では取組   │ │ 平成31年2月22日 │                                   │ └────────────┴───────────────────────────────────┘
    ┌────────────┬───────────────────────────────────┐ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┤                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┼───────────────────────────────────┤ │            │が遅れています。                           │ │            │ さらに、学校歯科医として定期的に歯科健診を行っていますが、むし   │ │            │歯が多く又は重症化しても治療を受けない、受けられない児童、生徒が   │ │            │いることは、健康格差が今後さらに拡大していくのではないかと、大き   │ │            │な問題として捉えています。                      │ │            │ このような状況を踏まえ、一生使う永久歯のむし歯を予防するため    │ │            │に、永久歯の生えはじめる小学校低学年から永久歯列が完成する中学生   │ │            │までの期間での歯と口腔の健康が大変重要となることから、むし歯予防   │ ├────────────┤への有効性が実証されているフッ化物洗口を、市内全小中学校におい    │ │            │て、児童・生徒に対して集団で実施することを求めるものです。      │ │            │                                   │ │            │                             以 上   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ ├────────────┤                                   │ │            │                                   │ │            │                                   │ └────────────┴───────────────────────────────────┘ 41                                        平成31年3月6日  日立市議会議長  岡 部 光 雄  殿                                     日立市教育委員会                                     教育長 中 山 俊 惠    平成30年第4回日立市議会定例会において採択された請願等の処理の経過について(報告) ┌──┬────┬─────────┬───────────────┬─────────────┐ │番号│受理番号│  件   名  │   処理の経過及び回答   │  請願者等住所氏名   │ ├──┼────┼─────────┼───────────────┼─────────────┤ │ 1│ 4  │私学の保護者負担軽│ 市内の私立高等学校及び中学 │日立市大みか町6-11-1│ │  │    │減と教育条件改善の│校に在籍する生徒の授業料の補 │茨城キリスト教学園    │ │  │    │ための陳情    │助については、市の財政状況等 │ 理事長 細 川 知 正 │ │  │    │         │を考慮すると難しい状況です。 │          外1人│ │  │    │         │ 私立高等学校振興補助金につ │             │ │  │    │         │いては、平成31年度も引き続 │             │ │  │    │         │き補助を行う予定です。    │             │ └──┴────┴─────────┴───────────────┴─────────────┘ 42                                         平成31年3月6日  日立市議会議長  岡 部 光 雄  殿                                   日立市長  小 川 春 樹    平成30年第4回市議会定例会における委員長報告(附帯意見又は要望事項)の処理方針につい    て(報告) ┌───────────────────────┬───────────────────────┐ │  附 帯 意 見 又 は 要 望 事 項  │    処    理    方    針   │ ├───────────────────────┼───────────────────────┤ │〔総務産業委員会〕              │                       │ │1 議案第82号土地の買入れについて中    │                       │ │  新たな産業団地の整備について、交渉中の地権│ 新たな産業団地の整備については、当初の計画ど│ │ 者に対し、事業の趣旨を理解していただけるよう│おり地権者全員の同意を得て進められるよう、交渉│ │ 引き続き丁寧な交渉に努め、当初の計画どおり地│中の地権者の意向を踏まえた良好な代替地の提案に│ │ 権者全員の同意を得て整備されたい。     │努めるとともに、事業に対する理解及び協力がいた│ │                 (要望事項)│だけるよう、引き続き丁寧な交渉に努めていく。 │ │                       │                       │ │〔教育福祉委員会〕              │                       │ │2 議案第71号平成30年度日立市一般会計補正│                       │ │ 予算(第3号)中              │                       │ │  市立小中学校の普通教室等へのエアコンの設置│ 市立小中学校の普通教室等へのエアコンの設置に│ │ について、来年の夏には児童生徒に安全で快適な│ついては、子どもたちに安全で快適な学習環境を提│ │ 学習環境を提供できるよう、業者等と緊密に連携│供するため、本年6月までに確実に完了できるよ │ │ を図りながら、安全かつ効率的な事業推進に万全│う、業者等と緊密に連携しながら事業を進めるとと│ │ を期し、早期の事業完了に努められたい。   │もに、円滑で確実な事業の進捗を図るため、適正な│ │                 (要望事項)│施工管理及び工事期間中の安全管理に万全を期して│ │                       │いく。                    │ │                       │                       │ │3 議案第88号日立市営住宅の指定管理者の指定│                       │ │ について中                 │                       │ │  指定管理者による市営住宅の管理運営につい │ 指定管理者による市営住宅の管理運営について │ │ て、入居者の安心・安全な生活を維持するととも│は、入居者の安心・安全な生活が維持できるよう、│ │ に、サービスの向上に向けて、指定管理者との緊│引き続き、入居者の立場に立ったきめ細やかなサー│ │ 密な連携を図りながら、指定管理者制度のメリッ│ビスの提供に努めるとともに、24時間365日対│ │ トを最大限にいかせるよう努められたい。   │応が可能なコールセンターの設置や建築士等の専門│
    │                 (要望事項)│職員の配置による適切な維持管理など、更なるサー│ │                       │ビスの向上に向けて、指定管理者と緊密な連携を │ │                       │図っていく。                 │ │                       │                       │ │                       │                       │ └───────────────────────┴───────────────────────┘ Copyright © Hitachi City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...