ツイート シェア
  1. 日立市議会 2018-12-19
    平成30年第4回定例会〔上程議案等〕 開催日:2018-12-19


    取得元: 日立市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-20
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                                          議案第71号             平成30年度  日立市一般会計補正予算(第3号)  平成30年度 日立市の一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,208,913千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出そ  れぞれ75,938,903千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。  (継続費の補正) 第2条 継続費の変更は、「第2表 継続費補正」による。  (繰越明許費) 第3条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第  3表 繰越明許費」による。  (債務負担行為の補正) 第4条 債務負担行為の追加は、「第4表 債務負担行為補正」による。  (地方債の補正) 第5条 地方債の追加、変更は、「第5表 地方債補正」による。
          平成30年12月6日提出                                日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                            (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │14. 国 庫 支 出 金 │            │  10,614,549│    32,556│  10,647,105│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 国 庫 負 担 金 │   7,668,031│    54,562│   7,722,593│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 国 庫 補 助 金 │   2,909,160│   △ 22,006│   2,887,154│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │15. 県  支  出  金│            │   3,979,353│    45,990│   4,025,343│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 県  負  担  金│   2,665,511│    48,368│   2,713,879│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 県  補  助  金│    951,713│   △ 2,378│    949,335│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │16. 財  産  収  入│            │    255,344│    62,329│    317,673│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 財産売払収入    │    50,000│    62,329│    112,329│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │17. 寄   附   金 │            │    711,455│     3,977│    715,432│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 寄   附   金 │    711,455│     3,977│    715,432│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │18. 繰   入   金 │            │   6,343,788│    336,956│   6,680,744│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 基 金 繰 入 金 │   6,343,788│    336,956│   6,680,744│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │20. 諸   収   入 │            │   1,715,875│    55,205│   1,771,080│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 4. 雑        入│   1,559,069│    55,205│   1,614,274│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │21. 市        債│            │   8,428,800│    671,900│   9,100,700│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 市        債│   8,428,800│    671,900│   9,100,700│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┤ │       歳  入  合  計        │  74,729,990│   1,208,913│  75,938,903│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                            (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 1. 議   会   費 │            │    436,685│     1,015│    437,700│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 議   会   費 │    436,685│     1,015│    437,700│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 2. 総   務   費 │            │  11,009,661│    258,273│  11,267,934│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 総 務 管 理 費 │   9,539,167│    308,620│   9,847,787│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 徴   税   費 │    880,003│   △ 21,010│    858,993│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 3. 戸籍住民基本台帳費 │    384,770│   △ 26,914│    357,856│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 5. 統 計 調 査 費 │    31,337│     1,337│    32,674│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 6. 監 査 委 員 費 │    81,361│   △ 3,760│    77,601│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 3. 民   生   費 │            │  25,750,829│    24,312│  25,775,141│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 社 会 福 祉 費 │   9,915,493│    194,054│  10,109,547│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 老 人 福 祉 費 │   3,148,778│   △ 31,807│   3,116,971│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 3. 児 童 福 祉 費 │   8,448,017│  △ 146,220│   8,301,797│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 4. 生 活 保 護 費 │   4,148,323│     8,285│   4,156,608│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 4. 衛   生   費 │            │   4,504,704│   △ 3,131│   4,501,573│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 保 健 衛 生 費 │   2,309,556│   △ 2,884│   2,306,672│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 清   掃   費 │   2,159,929│    △ 247│   2,159,682│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 5. 労   働   費 │            │    32,155│     2,207│    34,362│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 労  働  諸  費│    32,155│     2,207│    34,362│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 6. 農林水産業費    │            │    306,533│   △ 15,484│    291,049│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 農   業   費 │    238,741│   △ 13,355│    225,386│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 林   業   費 │     2,888│    △ 250│     2,638│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 3. 水  産  業  費│    64,904│   △ 1,879│    63,025│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 7. 商   工   費 │            │   2,833,636│    82,936│   2,916,572│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 商   工   費 │   2,833,636│    82,936│   2,916,572│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 8. 土   木   費 │            │  11,788,996│   △ 42,654│  11,746,342│
    │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 土 木 管 理 費 │    720,947│     1,412│    722,359│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 道 路 橋 梁 費 │   2,896,015│   △ 11,523│   2,884,492│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 3. 河   川   費 │    451,548│   △ 21,062│    430,486│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 5. 都 市 計 画 費 │   4,259,144│    64,479│   4,323,623│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 6. 下  水  道  費│   1,265,265│   △ 60,875│   1,204,390│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 7. 住   宅   費 │    925,350│   △ 15,085│    910,265│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 9. 消   防   費 │            │   3,901,394│    △ 713│   3,900,681│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 消   防   費 │   3,901,394│    △ 713│   3,900,681│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │10. 教   育   費 │            │   7,872,699│    901,061│   8,773,760│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 教 育 総 務 費 │   1,000,000│   △ 6,055│    993,945│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 小  学  校  費│   1,409,492│    561,394│   1,970,886│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 3. 中  学  校  費│    571,087│    312,675│    883,762│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 4. 幼  稚  園  費│    825,805│   △ 5,879│    819,926│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 5. 社 会 教 育 費 │    915,717│    13,983│    929,700│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 6. 保 健 体 育 費 │   3,150,598│    24,943│   3,175,541│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │12. 公   債   費 │            │   5,964,051│     1,091│   5,965,142│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 公   債   費 │   5,964,051│     1,091│   5,965,142│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┤ │       歳  出  合  計        │  74,729,990│   1,208,913│  75,938,903│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 第2表 継続費補正  変 更                                                     (単位 千円) ┌───────┬───────┬─────────┬───────────────┬───────────────┐ │       │       │         │     補 正 前     │     補 正 後     │ │   款   │   項   │  事 業 名  ├─────┬───┬─────┼─────┬───┬─────┤ │       │       │         │ 総 額 │年 度│ 年割額 │ 総 額 │年 度│ 年割額 │ ├───────┼───────┼─────────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │       │       │         │     │平 成│  35,634│     │平 成│  31,860│ │       │       │         │     │30年度│     │     │30年度│     │ │       │       │         │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │ 2.総務費  │ 2.徴税費  │固定資産評価業務委│ 112,0000│平 成│  40,996│  100,440│平 成│  36,990│ │       │       │託        │     │31年度│     │     │31年度│     │ │       │       │         │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │       │       │         │     │平 成│  35,370│     │平 成│  31,590│ │       │       │         │     │32年度│     │     │32年度│     │ └───────┴───────┴─────────┴─────┴───┴─────┴─────┴───┴─────┘ 第3表 繰越明許費                                               (単位 千円) ┌─────────┬─────────┬──────────────────────┬────────┐ │    款    │    項    │       事  業  名        │  金  額  │ ├─────────┼─────────┼──────────────────────┼────────┤ │ 4.衛  生  費│ 1.保健衛生費  │合葬式墓地整備事業             │     89,230│ ├─────────┼─────────┼──────────────────────┼────────┤ │ 7.商  工  費│ 1.商  工  費│かみね動物園施設整備事業          │     30,500│ │         │         ├──────────────────────┼────────┤ │         │         │奥日立きららの里魅力づくり事業       │     19,200│ ├─────────┼─────────┼──────────────────────┼────────┤ │ 8.土  木  費│ 5.都市計画費  │大甕駅周辺地区整備事業           │     437,280│ │         │         ├──────────────────────┼────────┤ │         │         │かみね公園施設整備事業           │     60,600│ ├─────────┼─────────┼──────────────────────┼────────┤ │10.教  育  費│ 2.小 学 校 費│小学校空調設備整備事業           │     350,200│ │         │         ├──────────────────────┼────────┤ │         │         │久慈小学校校舎・屋内運動場改築事業     │     29,760│ │         ├─────────┼──────────────────────┼────────┤ │         │ 3.中 学 校 費│中学校施設整備事業             │     13,800│ │         │         ├──────────────────────┼────────┤ │         │         │中学校空調設備整備事業           │     185,300│ └─────────┴─────────┴──────────────────────┴────────┘ 第4表 債務負担行為補正  追 加                                          (単位 千円) ┌───────────────────────────┬────────┬─────────┐ │         事       項         │ 期    間 │  限 度 額  │ ├───────────────────────────┼────────┼─────────┤ │日立市民会館どん帳更新事業              │平成31年度まで │      31,000│ └───────────────────────────┴────────┴─────────┘ 第5表 地方債補正  追 加                                        (単位 千円) ┌──────────────┬─────┬───────┬───────┬───────┐ │    起債の目的     │ 限度額 │ 起債の方法 │  利 率  │ 償還の方法 │ ├──────────────┼─────┼───────┼───────┼───────┤ │かみね動物園施設整備事業費 │  27,400│       │5.0%以内  │据置期間満  │ │              │     │       │(ただし、利 │了後30年以  │ ├──────────────┼─────┤       │率見直し方  │内に償還す  │ │かみね公園施設整備事業費  │  54,500│       │式で借り入  │る。ただし、 │ │              │     │       │れる政府資  │市財政の都  │
    ├──────────────┼─────┤       │金及び地方  │合により、据 │ │小学校空調設備整備事業費  │  387,400│ 証書借入又 │公共団体金  │置期間及び  │ │              │     │ は証券発行 │融機構資金  │償還期間を  │ ├──────────────┼─────┤       │について、利 │短縮し、もし │ │中学校施設整備事業費    │  12,200│       │率見直しを  │くは繰上償  │ │              │     │       │行った後に  │還又は低利  │ ├──────────────┼─────┤       │おいては、当 │に借換えす  │ │中学校空調設備整備事業費  │  212,600│       │該見直し後  │ることがで  │ │              │     │       │の利率)   │きる。    │ └──────────────┴─────┴───────┴───────┴───────┘  変 更                                        (単位 千円) ┌──────────────────┬────────────┬────────────┐ │      起債の目的       │   補正前限度額   │   補正後限度額   │ ├──────────────────┼────────────┼────────────┤ │防災体制整備事業費         │         104,000│         98,700│ ├──────────────────┼────────────┼────────────┤ │道路再生事業費           │         49,500│         32,600│ └──────────────────┴────────────┴────────────┘ 2                                          議案第72号         平成30年度  日立市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)  平成30年度 日立市の国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ430,214千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それ  ぞれ16,671,921千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。       平成30年12月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                             (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 4. 繰   入   金 │            │   1,347,280│   △ 46,143│   1,301,137│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 一般会計繰入金   │   1,347,280│   △ 46,143│   1,301,137│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 6. 繰   越   金 │            │       0│    476,357│    476,357│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 繰   越   金 │       0│    476,357│    476,357│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┤ │       歳  入  合  計        │  16,241,707│    430,214│  16,671,921│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                             (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 1. 総   務   費 │            │    246,581│   △ 7,354│    239,227│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 総 務 管 理 費 │    128,412│   △ 1,909│    126,503│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 徴   収   費 │    76,178│   △ 5,445│    70,733│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 6. 基 金 積 立 金 │            │      34│    169,448│    169,482│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 基 金 積 立 金 │      34│    169,448│    169,482│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 7. 諸  支  出  金│            │    15,000│    268,120│    283,120│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 償還金及び還付加算金│    15,000│    268,120│    283,120│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┤ │       歳  出  合  計        │  16,241,707│    430,214│  16,671,921│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 3                                          議案第73号          平成30年度  日立市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)  平成30年度 日立市の介護保険事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ880千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ  16,171,749千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。       平成30年12月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                             (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 3. 国 庫 支 出 金 │            │   3,442,184│     1,721│   3,443,905│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 国 庫 補 助 金 │    826,938│     1,721│    828,659│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 5. 県  支  出  金│            │   2,199,489│      260│   2,199,749│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤
    │            │ 2. 県  補  助  金│    119,781│      260│    120,041│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 7. 繰   入   金 │            │   2,571,079│   △ 1,101│   2,569,978│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 一般会計繰入金   │   2,275,357│   △ 1,413│   2,273,944│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 基 金 繰 入 金 │    295,722│      312│    296,034│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┤ │       歳  入  合  計        │  16,170,869│      880│  16,171,749│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                                (単位 千円) ┌────────────┬───────────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款      │       項       │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├────────────┼───────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 1. 総   務   費 │               │    313,981│   △ 1,673│    312,308│ │            ├───────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 総 務 管 理 費    │    154,791│   △ 1,297│    153,494│ │            ├───────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 徴   収   費    │    27,672│    △ 376│    27,296│ ├────────────┼───────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 3. 地域支援事業費   │               │    814,719│     1,353│    816,072│ │            ├───────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 3. 包括的支援事業・任意事業費│    268,171│     1,353│    269,524│ ├────────────┼───────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 6. 諸  支  出  金│               │    143,693│     1,200│    144,893│ │            ├───────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 2. 介護保険災害臨時特例支出金│       0│     1,200│     1,200│ ├────────────┴───────────────┼───────┼───────┼───────┤ │        歳  出  合  計          │  16,170,869│      880│  16,171,749│ └────────────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 4                                           議案第74号         平成30年度  日立市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)  平成30年度 日立市の介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ520千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ  635,122千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。       平成30年12月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                             (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 2. 繰   入   金 │            │    185,263│      444│    185,707│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 一般会計繰入金   │    185,263│      444│    185,707│ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 4. 繰   越   金 │            │       0│      76│      76│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 繰   越   金 │       0│      76│      76│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┤ │       歳  入  合  計        │    634,602│      520│    635,122│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                             (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 1. サービス事業費   │            │    634,602│      520│    635,122│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤ │            │ 1. 居宅サービス事業費 │    260,280│      520│    260,800│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┤ │       歳  出  合  計        │    634,602│      520│    635,122│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 5                                         議案第75号         平成30年度  日立市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)  平成30年度 日立市の後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ9,324千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞ  れ2,805,851千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。       平成30年12月 6 日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                             (単位 千円) ┌────────────┬────────────┬───────┬───────┬───────┐ │     款      │     項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├────────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 5. 繰   越   金 │            │       0│     9,324│     9,324│ │            ├────────────┼───────┼───────┼───────┤
    │            │ 1. 繰   越   金 │       0│     9,324│     9,324│ ├────────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┤ │       歳  入  合  計        │   2,796,527│     9,324│   2,805,851│ └─────────────────────────┴───────┴───────┴───────┘  歳 出                                                     (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────┬───────┬───────┬───────┐ │       款        │       項        │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├────────────────┼────────────────┼───────┼───────┼───────┤ │ 2. 後期高齢者医療広域連合納付金│                │   2,754,067│     9,324│   2,763,391│ │                ├────────────────┼───────┼───────┼───────┤ │                │ 1. 後期高齢者医療広域連合納付金│   2,754,067│     9,324│   2,763,391│ ├────────────────┴────────────────┼───────┼───────┼───────┤ │           歳  出  合  計            │   2,796,527│     9,324│   2,805,851│ └─────────────────────────────────┴───────┴───────┴───────┘ 6                                          議案第76号            平成30年度 日立市水道事業会計補正予算(第1号) 第1条 平成30年度日立市水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 第2条 平成30年度日立市水道事業会計予算(以下「予算」という。)第2条に定めた(4)主要な建設  改良事業の事業費「1,115,068千円」を「1,114,106千円」に、「1,015,928千円」を「1,006,216千円」にそ  れぞれ改める。 第3条 予算第3条に定めた収益的支出の予定額を次のとおり補正する。                    支        出       (科    目)    (既決予定額)   (補正予定額)   (  計  )  第1款 水道事業費用       3,323,532千円    13,660千円    3,337,192千円   第1項 営  業  費  用  3,019,587千円    14,772千円    3,034,359千円   第2項 営 業 外 費 用    283,945千円   △ 1,112千円     282,833千円 第4条 予算第4条本文括弧書を(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額 1,817,443千円は、当年  度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額 136,809千円、過年度分損益勘定留保資金 409,565千円、当  年度分損益勘定留保資金 861,069千円及び建設改良積立金 410,000千円で補填するものとする。)に改め、  資本的支出の予定額を次のとおり補正する。                    支        出       (科    目)    (既決予定額)   (補正予定額)   (  計  )  第1款 水道事業資本的支出    3,264,406千円   △ 10,674千円    3,253,732千円   第1項 建 設 改 良 費   2,156,361千円   △ 10,674千円    2,145,687千円 第5条 予算第5条に定めた債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額について、次のとおり  改める。 ┌────────────┬────────────────┬────────────────┐ │            │     補 正 前      │     補 正 後      │ │  事      項  ├────────┬───────┼────────┬───────┤ │            │  期 間   │  限度額  │  期 間   │  限度額  │ ├────────────┼────────┼───────┼────────┼───────┤ │電子計算業務委託    │平成35年度まで │ 16,700千円 │平成35年度まで │ 17,000千円 │ │(土木積算システム)  │        │       │        │       │ └────────────┴────────┴───────┴────────┴───────┘ 第6条 予算第9条に定めた(1)職員給与費「721,806千円」を「710,309千円」に改める。       平成30年12月6日提出                                  日立市長  小 川 春 樹 7                                         議案第77号            平成30年度 日立市下水道事業会計補正予算(第1号) 第1条 平成30年度日立市下水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 第2条 平成30年度日立市下水道事業会計予算(以下「予算」という。)第2条に定めた(4)主要な建設  改良事業の事業費「1,097,318千円」を「1,105,401千円」に、「10,895千円」を「10,929千円」にそれぞれ改  める。 第3条 予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。                    収        入       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 下水道事業収益      4,132,947千円       △ 12千円    4,132,935千円   第1項 営  業  収  益  2,831,867千円       △ 12千円    2,831,855千円                    支        出  第1款 下水道事業費用      3,756,633千円       7,900千円    3,764,533千円   第1項 営  業  費  用  3,401,130千円       10,208千円    3,411,338千円   第2項 営 業 外 費 用    335,503千円      △ 2,308千円     333,195千円 第4条 予算第4条本文括弧書を(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額 1,313,052千円は、当年度  分消費税及び地方消費税資本的収支調整額 40,112千円、過年度分損益勘定留保資金 76,892千円及び当年度  分損益勘定留保資金1,196,048千円で補填するものとする。)に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のと  おり補正する。                    収        入       (科    目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )  第1款 下水道事業資本的収入   1,462,784千円      △ 60,863千円    1,401,921千円   第3項 負   担   金    172,841千円         34千円     172,875千円   第4項 一般会計補助金      177,014千円      △ 60,897千円     116,117千円                    支        出  第1款 下水道事業資本的支出   2,706,856千円        8,117千円    2,714,973千円   第1項 中央処理区改良費    1,097,318千円        8,083千円    1,105,401千円   第3項 雨 水 対 策 費     10,895千円         34千円     10,929千円
    第5条 予算第5条に定めた債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額について、次のとおり改  める。 ┌────────────┬────────────────┬────────────────┐ │            │     補 正 前      │     補 正 後      │ │  事      項  ├────────┬───────┼────────┬───────┤ │            │  期 間   │  限度額  │  期 間   │  限度額  │ ├────────────┼────────┼───────┼────────┼───────┤ │電子計算業務委託    │平成35年度まで │ 13,200千円 │平成35年度まで │ 13,400千円 │ │(土木積算システム)  │        │       │        │       │ └────────────┴────────┴───────┴────────┴───────┘ 第6条 予算第9条に定めた(1)職員給与費「185,353千円」を「188,039千円」に改める。 第7条 予算第10条に定めた一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は、「177,014千円」を「116,117千  円」に改める。       平成30年12月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 8                                         議案第78号    日立市中小企業振興基本条例の制定について  日立市中小企業振興基本条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成30年12月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  中小企業の振興に関する基本理念、市の責務及び施策の基本となる事項等を定め、中小企業の持続的かつ健 全な発展を促進するため、本条例を制定するものであります。 ─────────────────────────────────────────────────    日立市中小企業振興基本条例  本市は、明治時代の銅山開発により、本格的な近代産業の幕が開き、これを契機に創業した企業の飛躍的な 発展とともに、人口増加及び産業集積が促進され、国内有数のものづくりのまちとしての歴史を築き上げてき た。  この時の流れは、地域の様々な産業に息づく不断の「ものづくり精神」を今に伝えるとともに、国内外から 多様な人材を呼び込む働くまちとして、独自の文化「ひたちらしさ」を育んできた。とりわけ、大煙突に象徴 される煙害問題など、幾多の困難に立ち向かい、これらを克服してきた先人たちの英知と歩みは、時代の変化 に対応した、市民と企業による協働の精神の礎であり、郷土に対する誇りや自信となって、今なお市民の心に 生き続けている。  しかしながら、変化を遂げる時代の潮流は、本市においても人口減少や少子高齢化、国際化の進展などを背 景とした急速な経済的社会的変化をもたらし、中小企業の経営に大きな影響を及ぼしている。  このような中、本市が持続的に発展していくためには、これまで地域経済を支えてきた中小企業の新たな挑 戦を、市民、企業及び行政が一体となり応援及び支援するとともに、共生及び協働を図りながら、中小企業の 振興に総合的に取り組まなければならない。  また、全ての産業分野における中小企業の挑戦は、一人一人が輝く社会の実現に貢献するとともに、より多 くの市民が本市の住みやすさを実感し、住みたいまち、住み続けたいまちとして選ばれる、新時代の産業都市 日立市へと進化するための希望となる。  ここに、一世紀を越えて培ってきた知恵と技術を次代につなげつつ、商業、工業、観光業、農業、林業、水 産業など様々な産業間の連携を促進し、豊かな地域資源を活用した新たな産業を創出するとともに、次代が求 める革新的な技術やサービスを生み出すことにより、地域経済の要である本市の中小企業の持続的かつ健全な 発展を促進するため、この条例を制定する。  (目的) 第1条 この条例は、本市における中小企業の果たす役割の重要性に鑑み、中小企業の振興に関し、基本理念  を定め、及び市の責務、中小企業者が努めるべき事項等を明らかにするとともに、市の施策の基本となる事  項を定めることにより、中小企業の振興を総合的に推進し、もって地域社会の活性化並びに市民生活の安定  及び向上に寄与することを目的とする。  (定義) 第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。 (1) 中小企業者 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項の中小企業者及び同条第5項   の小規模企業者並びに中小企業団体の組織に関する法律(昭和32年法律第185号)第3条第1項の中   小企業団体並びに商店街振興組合法(昭和37年法律第141号)第2条第1項の商店街振興組合及び商   店街振興組合連合会その他これらに類する団体であって、市内に事務所又は事業所を有するものをいう。 (2) 大企業者 中小企業者以外の事業者であって、市内に事務所又は事業所を有するものをいう。 (3) 関係団体 商工会議所等の経済団体、銀行等の金融機関、大学等の教育機関その他中小企業の振興に関   係する団体をいう。  (基本理念) 第3条 中小企業の振興は、次に掲げる基本理念に従って推進されなければならない。 (1) 中小企業者の創意工夫及び自主的な努力の下、新たな未来を開拓する挑戦を促すこと。 (2) 本市が培ってきた「ものづくり精神」、「ひたちらしさ」などの地域特性を十分にいかすとともに、豊   かな自然環境、歴史、文化など郷土に対する誇りや自信が醸成されること。 (3) 中小企業が地域社会の活性化並びに市民生活の安定及び向上に重要な役割を果たすという認識の下、本   市の周辺地域との共生を図りながら、市、中小企業者、大企業者、関係団体及び市民の相互の連携及び協   働が推進されること。 (4) 女性や青年を始めとする多様な人材が活躍できる社会の実現に寄与すること。  (市の責務) 第4条 市は、前条に定める基本理念にのっとり、本市の実情に応じた中小企業の振興に関する施策を総合的  かつ計画的に策定し、及び実施しなければならない。 2 市は、前項の施策を実施するに当たっては、国、茨城県、中小企業者、大企業者、関係団体及び市民と連  携し、及び協力して効果的に実施するよう努めるものとする。  (中小企業者の責務及び役割) 第5条 中小企業者は、経営基盤の強化、雇用機会の確保、人材の育成、労働環境の向上等を図るとともに、  中小企業の振興に関する施策及び関係団体が行う事業を積極的に活用し、自らの経営の持続的かつ健全な発  展に努めるものとする。 2 中小企業者は、地域社会の一員として、豊かで住みよいまちの実現に配慮するとともに、社会的責任を自  覚し、地域社会に貢献するよう努めるものとする。  (大企業者の役割) 第6条 大企業者は、その事業活動が地域社会に及ぼす影響を常に意識し、事業活動を行うに当たっては、中  小企業者との連携に努めるとともに、中小企業の振興に関する施策の推進及び中小企業の持続的かつ健全な  発展に協力するよう努めるものとする。 2 大企業者は、地域社会の一員として、中小企業者との共存共栄の下、社会的責任を自覚し、地域社会に貢  献するよう努めるものとする。  (関係団体の役割) 第7条 関係団体は、中小企業者の経営の改善及び向上のための支援に積極的に取り組むとともに、中小企業  の振興に関する施策の推進及び中小企業の持続的かつ健全な発展に協力するよう努めるものとする。  (市民の理解及び協力) 第8条 市民は、中小企業の振興が地域社会の活性化並びに市民生活の安定及び向上に寄与することを理解し、  中小企業の持続的かつ健全な発展に協力するよう努めるものとする。  (施策の基本方針)
    第9条 市は、中小企業の振興に関する施策を策定し、及び実施するに当たっては、次に掲げる事項を基本と  して、これを総合的かつ計画的に行わなければならない。 (1) 中小企業者の経営の革新及び創業の促進を図ること。 (2) 中小企業者の経営基盤の強化を図ること。 (3) 中小企業者の経済的社会的環境の変化への対応の円滑化を図ること。 (4) 中小企業者を支援するための体制の整備を図ること。 (5) 中小企業者の持続的かつ健全な発展及び事業の承継を図ること。 (6) 多様な主体による連携を図ること。 (7) 多様な人材が活躍できる環境の整備を図ること。  (意見の聴取) 第10条 市は、中小企業の振興に関する施策の推進に当たっては、中小企業の実態等を把握し、当該施策を  検証するため、中小企業者を始めとする関係者の意見を広く聴く機会を設けるものとする。  (委任) 第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。  (日立市中小企業等振興条例の廃止) 2 日立市中小企業等振興条例(昭和62年条例第2号)は、廃止する。  (経過措置) 3 この条例の施行の日前に前項の規定による廃止前の日立市中小企業等振興条例の規定によりなされた補助  金及び利子補給金の交付の申請に対する処分については、なお従前の例による。 9                                           議案第79号    日立市議会議員及び市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例    の制定について  日立市議会議員及び市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例を別紙のと おり制定するものとする。       平成30年12月6日提出                                  日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  公職選挙法の規定に基づき、市議会議員の選挙における選挙運動用ビラの作成の公費負担を行うため、本条 例を制定するものであります。 ─────────────────────────────────────────────────    日立市議会議員及び市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例  日立市議会議員及び市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例(平成6年条例第31号)の一部 を次のように改正する。  第2条中「(第2号に掲げる費用にあっては、市長の選挙に係るものに限る。)」を削る。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成31年3月1日から施行する。  (適用区分) 2 この条例による改正後の日立市議会議員及び市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の規定  は、この条例の施行の日以後その期日を告示される選挙から適用する。 10                                          議案第80号    日立市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について  日立市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成30年12月6日提出                                  日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  人事院勧告の内容を踏まえ、職員の給与等を改定するため、本条例を制定するものであります。 ─────────────────────────────────────────────────    日立市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例  (日立市職員の給与に関する条例の一部改正) 第1条 日立市職員の給与に関する条例(昭和32年条例第15号)の一部を次のように改正する。   第21条第2項第1号中「100分の90」を「、6月に支給する場合には100分の90、12月に  支給する場合には100分の95」に改め、同項第2号中「100分の42.5」を「、6月に支給する  場合には100分の42.5、12月に支給する場合には100分の47.5」に改める。   別表第1及び別表第2を次のように改める。 別表第1(第4条関係) ┌───┬────────────────────────────────────────────┐ │   │                 行 政 職 給 料 表                │ │職員の├────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┤ │区分 │職務の級│1  級│2  級│3  級│4  級│5  級│6  級│7  級│8  級│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │ 号給 │給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│ ├───┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │    │   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│ │   │   1 │ 144,100│ 194,000│ 230,000│ 263,000│ 288,900│ 319,200│ 362,900│ 408,100│ │   │   2 │ 145,200│ 195,800│ 231,600│ 264,900│ 291,100│ 321,400│ 365,500│ 410,500│ │   │   3 │ 146,400│ 197,600│ 233,100│ 266,700│ 293,400│ 323,700│ 367,900│ 413,000│ │   │   4 │ 147,500│ 199,400│ 234,700│ 268,800│ 295,500│ 325,900│ 370,500│ 415,400│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │   5 │ 148,600│ 200,900│ 236,100│ 270,500│ 297,400│ 328,100│ 372,400│ 417,300│ │   │   6 │ 149,700│ 202,700│ 237,800│ 272,400│ 299,700│ 330,100│ 374,900│ 419,600│ │   │   7 │ 150,800│ 204,500│ 239,300│ 274,300│ 302,000│ 332,300│ 377,200│ 421,700│ │   │   8 │ 151,900│ 206,300│ 240,900│ 276,400│ 304,200│ 334,500│ 379,700│ 423,900│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │   9 │ 153,000│ 207,900│ 242,100│ 278,400│ 306,100│ 336,400│ 382,100│ 425,900│ │   │  10 │ 154,400│ 209,700│ 243,600│ 280,400│ 308,400│ 338,600│ 384,800│ 428,000│ │   │  11 │ 155,700│ 211,500│ 245,200│ 282,500│ 310,600│ 340,600│ 387,400│ 430,100│ │   │  12 │ 157,000│ 213,300│ 246,600│ 284,500│ 312,900│ 342,800│ 390,100│ 432,200│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  13 │ 158,300│ 214,700│ 248,100│ 286,500│ 315,000│ 344,600│ 392,500│ 433,900│ │   │  14 │ 159,800│ 216,500│ 249,600│ 288,600│ 317,100│ 346,600│ 394,800│ 435,700│ │   │  15 │ 161,300│ 218,200│ 250,900│ 290,600│ 319,300│ 348,600│ 397,000│ 437,700│ │   │  16 │ 162,900│ 220,000│ 252,300│ 292,600│ 321,400│ 350,600│ 399,400│ 439,700│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │
    │   │  17 │ 164,200│ 221,700│ 253,800│ 294,400│ 323,300│ 352,300│ 401,200│ 441,600│ │   │  18 │ 165,700│ 223,400│ 255,400│ 296,400│ 325,300│ 354,300│ 403,200│ 443,400│ │   │  19 │ 167,200│ 225,000│ 257,100│ 298,500│ 327,300│ 356,100│ 405,100│ 445,200│ │   │  20 │ 168,700│ 226,600│ 258,900│ 300,500│ 329,300│ 358,000│ 406,900│ 446,900│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  21 │ 170,100│ 228,000│ 260,500│ 302,400│ 331,000│ 359,900│ 408,800│ 448,700│ │   │  22 │ 172,800│ 229,700│ 262,300│ 304,500│ 333,100│ 361,800│ 410,600│ 450,200│ │   │  23 │ 175,400│ 231,300│ 264,000│ 306,500│ 335,100│ 363,800│ 412,400│ 451,600│ │   │  24 │ 178,000│ 232,900│ 265,700│ 308,600│ 337,200│ 365,700│ 414,300│ 453,100│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  25 │ 180,700│ 234,000│ 267,600│ 310,300│ 338,600│ 367,700│ 416,100│ 454,500│ │   │  26 │ 182,400│ 235,500│ 269,500│ 312,400│ 340,500│ 369,600│ 417,600│ 455,800│ │   │  27 │ 184,000│ 236,900│ 271,300│ 314,400│ 342,400│ 371,600│ 419,100│ 457,100│ │   │  28 │ 185,700│ 238,200│ 273,100│ 316,400│ 344,300│ 373,600│ 420,700│ 458,300│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  29 │ 187,200│ 239,500│ 274,800│ 318,100│ 345,900│ 375,100│ 422,300│ 459,300│ │   │  30 │ 188,900│ 240,700│ 276,700│ 320,100│ 347,800│ 376,900│ 423,600│ 460,000│ │   │  31 │ 190,700│ 241,700│ 278,600│ 322,200│ 349,700│ 378,700│ 424,900│ 460,800│ │   │  32 │ 192,400│ 242,900│ 280,300│ 324,300│ 351,500│ 380,300│ 426,100│ 461,500│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  33 │ 194,000│ 244,200│ 281,800│ 325,500│ 353,400│ 382,100│ 427,300│ 462,200│ │   │  34 │ 195,400│ 245,300│ 283,700│ 327,500│ 355,200│ 383,500│ 428,600│ 463,000│ │   │  35 │ 196,900│ 246,500│ 285,500│ 329,400│ 357,000│ 385,000│ 429,900│ 463,700│ │   │  36 │ 198,400│ 247,800│ 287,400│ 331,500│ 358,700│ 386,600│ 431,100│ 464,300│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  37 │ 199,700│ 248,700│ 289,000│ 333,400│ 360,100│ 388,000│ 432,300│ 464,800│ │   │  38 │ 201,000│ 250,100│ 290,700│ 335,300│ 361,400│ 389,200│ 433,100│ 465,400│ │   │  39 │ 202,200│ 251,500│ 292,500│ 337,300│ 362,800│ 390,400│ 433,900│ 466,000│ │   │  40 │ 203,500│ 252,900│ 294,300│ 339,200│ 364,200│ 391,500│ 434,700│ 466,600│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  41 │ 204,800│ 254,300│ 295,800│ 341,100│ 365,500│ 392,600│ 435,300│ 467,100│ │   │  42 │ 206,100│ 255,700│ 297,500│ 343,000│ 366,400│ 393,800│ 436,000│ 467,600│ │   │  43 │ 207,400│ 257,100│ 299,000│ 344,800│ 367,500│ 395,000│ 436,700│ 468,000│ │   │  44 │ 208,700│ 258,400│ 300,600│ 346,700│ 368,600│ 396,100│ 437,400│ 468,300│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  45 │ 209,800│ 259,600│ 302,200│ 348,200│ 369,400│ 396,800│ 438,200│ 468,600│ │   │  46 │ 211,100│ 260,900│ 303,900│ 349,600│ 370,300│ 397,500│ 439,000│    │ │   │  47 │ 212,400│ 262,300│ 305,500│ 351,100│ 371,200│ 398,200│ 439,400│    │ │   │  48 │ 213,700│ 263,600│ 307,200│ 352,600│ 372,100│ 398,900│ 440,100│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  49 │ 214,800│ 264,700│ 308,100│ 354,200│ 373,000│ 399,500│ 440,600│    │ │   │  50 │ 215,900│ 265,800│ 309,600│ 355,000│ 373,800│ 400,100│ 441,000│    │ │   │  51 │ 216,900│ 267,100│ 311,100│ 356,200│ 374,600│ 400,600│ 441,400│    │ │   │  52 │ 218,000│ 268,400│ 312,700│ 357,200│ 375,400│ 401,000│ 441,800│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  53 │ 219,100│ 269,400│ 314,300│ 358,100│ 376,100│ 401,400│ 442,200│    │ │   │  54 │ 220,100│ 270,500│ 315,900│ 359,200│ 376,800│ 401,700│ 442,600│    │ │   │  55 │ 221,000│ 271,800│ 317,500│ 360,100│ 377,500│ 402,000│ 443,000│    │ │   │  56 │ 222,000│ 273,100│ 319,000│ 361,200│ 378,200│ 402,300│ 443,300│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  57 │ 222,400│ 274,000│ 320,500│ 362,100│ 378,700│ 402,600│ 443,600│    │ │   │  58 │ 223,300│ 275,000│ 321,700│ 362,800│ 379,300│ 402,900│ 444,000│    │ │   │  59 │ 224,100│ 275,900│ 322,900│ 363,500│ 379,900│ 403,200│ 444,300│    │ │   │  60 │ 224,900│ 277,000│ 324,100│ 364,200│ 380,600│ 403,500│ 444,600│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  61 │ 225,600│ 278,100│ 324,800│ 364,600│ 381,000│ 403,800│ 444,900│    │ │   │  62 │ 226,600│ 279,100│ 325,700│ 365,200│ 381,700│ 404,100│    │    │ │再任用│  63 │ 227,400│ 280,000│ 326,500│ 365,900│ 382,300│ 404,400│    │    │ │職員以│  64 │ 228,300│ 281,000│ 327,300│ 366,600│ 382,900│ 404,700│    │    │ │外の職│    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │員  │  65 │ 229,000│ 281,500│ 328,200│ 366,900│ 383,300│ 405,000│    │    │ │   │  66 │ 229,800│ 282,400│ 328,600│ 367,600│ 383,900│ 405,300│    │    │ │   │  67 │ 230,700│ 283,100│ 329,300│ 368,300│ 384,500│ 405,600│    │    │ │   │  68 │ 231,700│ 284,000│ 330,100│ 369,000│ 385,100│ 405,900│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  69 │ 232,400│ 285,000│ 330,900│ 369,300│ 385,500│ 406,100│    │    │ │   │  70 │ 233,100│ 285,800│ 331,600│ 369,900│ 386,000│ 406,400│    │    │ │   │  71 │ 233,700│ 286,600│ 332,300│ 370,600│ 386,500│ 406,700│    │    │ │   │  72 │ 234,500│ 287,400│ 333,000│ 371,200│ 387,100│ 407,000│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  73 │ 235,300│ 288,200│ 333,500│ 371,500│ 387,400│ 407,200│    │    │ │   │  74 │ 236,000│ 288,700│ 334,100│ 372,100│ 387,800│ 407,500│    │    │ │   │  75 │ 236,700│ 289,100│ 334,600│ 372,800│ 388,200│ 407,800│    │    │ │   │  76 │ 237,300│ 289,600│ 335,200│ 373,400│ 388,600│ 408,000│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  77 │ 238,000│ 289,800│ 335,500│ 373,800│ 388,900│ 408,200│    │    │ │   │  78 │ 238,800│ 290,100│ 336,000│ 374,300│ 389,200│ 408,500│    │    │ │   │  79 │ 239,600│ 290,300│ 336,400│ 374,900│ 389,500│ 408,800│    │    │ │   │  80 │ 240,300│ 290,700│ 336,900│ 375,400│ 389,800│ 409,000│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  81 │ 240,800│ 290,900│ 337,300│ 375,900│ 390,000│ 409,200│    │    │ │   │  82 │ 241,500│ 291,100│ 337,800│ 376,500│ 390,300│ 409,500│    │    │ │   │  83 │ 242,200│ 291,500│ 338,300│ 377,000│ 390,600│ 409,800│    │    │ │   │  84 │ 242,900│ 291,800│ 338,800│ 377,300│ 390,800│ 410,000│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  85 │ 243,500│ 292,100│ 339,100│ 377,700│ 391,000│ 410,200│    │    │ │   │  86 │ 244,200│ 292,400│ 339,500│ 378,200│ 391,300│    │    │    │ │   │  87 │ 244,900│ 292,700│ 340,000│ 378,600│ 391,600│    │    │    │ │   │  88 │ 245,600│ 293,100│ 340,400│ 379,000│ 391,800│    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  89 │ 246,100│ 293,400│ 340,700│ 379,400│ 392,000│    │    │    │ │   │  90 │ 246,600│ 293,800│ 341,100│ 379,900│ 392,300│    │    │    │ │   │  91 │ 246,900│ 294,100│ 341,600│ 380,300│ 392,600│    │    │    │ │   │  92 │ 247,300│ 294,500│ 342,000│ 380,700│ 392,800│    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  93 │ 247,600│ 294,700│ 342,200│ 381,000│ 393,000│    │    │    │ │   │  94 │    │ 294,900│ 342,600│ 381,500│    │    │    │    │ │   │  95 │    │ 295,200│ 343,100│ 381,900│    │    │    │    │ │   │  96 │    │ 295,600│ 343,500│ 382,300│    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │
    │   │  97 │    │ 295,800│ 343,700│ 382,600│    │    │    │    │ │   │  98 │    │ 296,100│ 344,100│ 383,100│    │    │    │    │ │   │  99 │    │ 296,500│ 344,500│ 383,500│    │    │    │    │ │   │  100 │    │ 296,900│ 344,800│ 383,900│    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  101 │    │ 297,100│ 345,100│ 384,200│    │    │    │    │ │   │  102 │    │ 297,400│ 345,500│    │    │    │    │    │ │   │  103 │    │ 297,800│ 345,900│    │    │    │    │    │ │   │  104 │    │ 298,100│ 346,300│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  105 │    │ 298,300│ 346,800│    │    │    │    │    │ │   │  106 │    │ 298,600│ 347,200│    │    │    │    │    │ │   │  107 │    │ 299,000│ 347,600│    │    │    │    │    │ │   │  108 │    │ 299,300│ 348,000│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  109 │    │ 299,500│ 348,500│    │    │    │    │    │ │   │  110 │    │ 299,900│ 348,900│    │    │    │    │    │ │   │  111 │    │ 300,300│ 349,200│    │    │    │    │    │ │   │  112 │    │ 300,600│ 349,500│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  113 │    │ 300,800│ 350,000│    │    │    │    │    │ │   │  114 │    │ 301,000│    │    │    │    │    │    │ │   │  115 │    │ 301,300│    │    │    │    │    │    │ │   │  116 │    │ 301,700│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  117 │    │ 301,900│    │    │    │    │    │    │ │   │  118 │    │ 302,100│    │    │    │    │    │    │ │   │  119 │    │ 302,400│    │    │    │    │    │    │ │   │  120 │    │ 302,700│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  121 │    │ 303,100│    │    │    │    │    │    │ │   │  122 │    │ 303,300│    │    │    │    │    │    │ │   │  123 │    │ 303,600│    │    │    │    │    │    │ │   │  124 │    │ 303,900│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  125 │    │ 304,200│    │    │    │    │    │    │ ├───┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │再任用│    │ 187,700│ 215,200│ 255,200│ 274,600│ 289,700│ 315,100│ 356,800│ 389,900│ │職員 │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ └───┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┘  備考 この表は、他の給料表の適用を受けない全ての職員に適用する。 別表第2(第4条関係) ┌───┬─────────────────────────────────────────────────┐ │   │                  消 防 職 給 料 表                    │ │職員の├────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┤ │区分 │職務の級│1  級│2  級│3  級│4  級│5  級│6  級│7  級│8  級│9  級│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │ 号給 │給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│ ├───┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │    │   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│ │   │   1 │ 167,700│ 183,500│ 209,900│ 249,600│ 292,900│ 319,300│ 347,600│ 362,900│ 408,100│ │   │   2 │ 169,400│ 185,200│ 211,900│ 251,400│ 294,900│ 321,500│ 349,800│ 365,500│ 410,500│ │   │   3 │ 171,200│ 187,000│ 213,900│ 253,200│ 297,000│ 323,800│ 352,100│ 367,900│ 413,000│ │   │   4 │ 172,900│ 188,800│ 215,900│ 255,000│ 299,300│ 325,900│ 354,300│ 370,500│ 415,400│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │   5 │ 174,400│ 190,700│ 217,900│ 256,700│ 301,000│ 328,100│ 356,300│ 372,400│ 417,300│ │   │   6 │ 176,300│ 193,000│ 219,700│ 258,500│ 303,200│ 330,300│ 358,400│ 374,900│ 419,600│ │   │   7 │ 178,100│ 195,300│ 221,700│ 260,100│ 305,300│ 332,600│ 360,600│ 377,200│ 421,700│ │   │   8 │ 180,000│ 197,600│ 223,600│ 261,800│ 307,500│ 334,800│ 362,800│ 379,700│ 423,900│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │   9 │ 181,700│ 199,800│ 225,700│ 263,100│ 309,400│ 336,500│ 364,500│ 382,100│ 425,900│ │   │  10 │ 183,400│ 202,400│ 227,500│ 264,700│ 311,600│ 338,800│ 366,700│ 384,800│ 428,000│ │   │  11 │ 185,100│ 204,900│ 229,300│ 266,000│ 313,900│ 341,000│ 368,700│ 387,400│ 430,100│ │   │  12 │ 186,800│ 207,400│ 231,100│ 267,300│ 316,000│ 343,300│ 370,900│ 390,100│ 432,200│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  13 │ 188,700│ 209,700│ 232,900│ 268,700│ 318,100│ 345,300│ 372,700│ 392,500│ 433,900│ │   │  14 │ 190,800│ 211,500│ 234,800│ 270,100│ 320,400│ 347,400│ 374,800│ 394,800│ 435,700│ │   │  15 │ 192,900│ 213,300│ 236,700│ 271,200│ 322,600│ 349,600│ 376,800│ 397,000│ 437,700│ │   │  16 │ 195,000│ 215,100│ 238,600│ 272,500│ 324,800│ 351,700│ 378,900│ 399,400│ 439,700│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  17 │ 197,200│ 217,000│ 240,100│ 273,300│ 326,500│ 353,700│ 380,500│ 401,200│ 441,600│ │   │  18 │ 199,600│ 218,700│ 241,900│ 274,700│ 328,800│ 355,700│ 382,500│ 403,200│ 443,400│ │   │  19 │ 202,000│ 220,600│ 243,700│ 276,100│ 330,900│ 357,700│ 384,400│ 405,100│ 445,200│ │   │  20 │ 204,400│ 222,400│ 245,500│ 277,500│ 333,200│ 359,800│ 386,400│ 406,900│ 446,900│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  21 │ 206,900│ 224,100│ 247,100│ 278,800│ 335,100│ 361,500│ 388,100│ 408,800│ 448,700│ │   │  22 │ 208,700│ 225,900│ 248,500│ 280,200│ 337,100│ 363,500│ 390,200│ 410,600│ 450,200│ │   │  23 │ 210,400│ 227,700│ 249,700│ 281,500│ 339,200│ 365,300│ 392,300│ 412,400│ 451,600│ │   │  24 │ 212,200│ 229,500│ 251,000│ 283,000│ 341,200│ 367,400│ 394,300│ 414,300│ 453,100│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  25 │ 214,100│ 231,100│ 252,300│ 284,200│ 343,100│ 369,100│ 396,000│ 416,100│ 454,500│ │   │  26 │ 215,800│ 232,800│ 253,500│ 286,000│ 345,200│ 371,100│ 398,000│ 417,600│ 455,800│ │   │  27 │ 217,600│ 234,500│ 254,800│ 288,000│ 347,100│ 373,100│ 400,100│ 419,100│ 457,100│ │   │  28 │ 219,300│ 236,200│ 256,000│ 290,000│ 349,100│ 375,100│ 402,200│ 420,700│ 458,300│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  29 │ 221,200│ 237,400│ 257,100│ 291,900│ 350,900│ 376,900│ 403,700│ 422,300│ 459,300│ │   │  30 │ 223,000│ 239,200│ 258,200│ 293,900│ 353,000│ 379,000│ 405,500│ 423,600│ 460,000│ │   │  31 │ 224,800│ 241,000│ 259,500│ 295,700│ 354,800│ 381,100│ 407,200│ 424,900│ 460,800│ │   │  32 │ 226,600│ 242,800│ 260,600│ 297,600│ 356,900│ 383,100│ 408,900│ 426,100│ 461,500│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  33 │ 228,200│ 244,200│ 261,100│ 299,300│ 358,300│ 385,000│ 410,600│ 427,300│ 462,200│ │   │  34 │ 229,900│ 245,700│ 262,300│ 301,100│ 360,300│ 387,100│ 412,100│ 428,600│ 463,000│ │   │  35 │ 231,600│ 247,000│ 263,400│ 303,000│ 362,200│ 389,200│ 413,700│ 429,900│ 463,700│ │   │  36 │ 233,300│ 248,400│ 264,600│ 304,800│ 364,300│ 391,100│ 415,200│ 431,100│ 464,300│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  37 │ 234,500│ 249,700│ 265,500│ 306,600│ 366,200│ 392,800│ 416,500│ 432,300│ 464,800│ │   │  38 │ 236,300│ 251,000│ 266,700│ 308,500│ 368,300│ 394,300│ 418,000│ 433,100│ 465,400│ │   │  39 │ 238,100│ 252,200│ 267,700│ 310,400│ 370,300│ 395,600│ 419,500│ 433,900│ 466,000│ │   │  40 │ 239,900│ 253,400│ 268,700│ 312,100│ 372,300│ 397,000│ 421,000│ 434,700│ 466,600│
    │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  41 │ 241,300│ 254,500│ 269,900│ 313,800│ 374,300│ 398,200│ 422,500│ 435,300│ 467,100│ │   │  42 │ 242,700│ 255,700│ 271,200│ 315,600│ 376,400│ 399,300│ 423,800│ 436,000│ 467,600│ │   │  43 │ 244,000│ 256,800│ 272,500│ 317,500│ 378,500│ 400,300│ 425,100│ 436,700│ 468,000│ │   │  44 │ 245,200│ 257,900│ 273,700│ 319,400│ 380,500│ 401,300│ 426,300│ 437,400│ 468,300│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  45 │ 246,500│ 258,600│ 274,800│ 321,100│ 382,200│ 402,500│ 427,300│ 438,200│ 468,600│ │   │  46 │ 247,600│ 259,700│ 276,300│ 323,000│ 383,900│ 403,700│ 428,000│ 439,000│    │ │   │  47 │ 248,600│ 260,800│ 277,800│ 324,900│ 385,500│ 404,800│ 428,800│ 439,400│    │ │   │  48 │ 249,500│ 262,000│ 279,300│ 326,700│ 387,200│ 406,000│ 429,600│ 440,100│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  49 │ 250,300│ 262,900│ 281,100│ 328,100│ 388,600│ 407,300│ 430,100│ 440,600│    │ │   │  50 │ 251,400│ 264,100│ 282,800│ 329,700│ 389,600│ 408,100│ 430,500│ 441,000│    │ │   │  51 │ 252,600│ 265,100│ 284,500│ 331,100│ 390,600│ 408,900│ 430,900│ 441,400│    │ │   │  52 │ 253,700│ 266,200│ 286,000│ 332,800│ 391,600│ 409,600│ 431,200│ 441,800│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  53 │ 254,300│ 267,400│ 287,500│ 334,300│ 392,900│ 410,100│ 431,500│ 442,200│    │ │   │  54 │ 255,500│ 268,300│ 289,300│ 336,000│ 394,000│ 410,800│ 431,900│ 442,600│    │ │   │  55 │ 256,400│ 269,700│ 291,000│ 337,600│ 395,100│ 411,500│ 432,200│ 443,000│    │ │   │  56 │ 257,600│ 270,900│ 292,700│ 339,400│ 396,300│ 412,100│ 432,500│ 443,300│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  57 │ 258,600│ 271,900│ 294,100│ 340,300│ 397,600│ 412,800│ 432,800│ 443,600│    │ │   │  58 │ 259,600│ 273,500│ 295,800│ 342,000│ 398,400│ 413,200│ 433,100│ 444,000│    │ │   │  59 │ 260,400│ 274,900│ 297,600│ 343,600│ 399,200│ 413,800│ 433,400│ 444,300│    │ │   │  60 │ 261,400│ 276,400│ 299,400│ 345,200│ 399,900│ 414,400│ 433,700│ 444,600│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  61 │ 262,500│ 278,000│ 300,800│ 346,800│ 400,400│ 414,800│ 434,000│ 444,900│    │ │   │  62 │ 263,400│ 279,600│ 302,600│ 348,500│ 401,100│ 415,400│ 434,300│    │    │ │   │  63 │ 264,500│ 281,200│ 304,400│ 350,200│ 401,800│ 415,900│ 434,600│    │    │ │   │  64 │ 265,400│ 282,700│ 306,100│ 351,900│ 402,500│ 416,400│ 434,900│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  65 │ 266,500│ 284,100│ 307,400│ 353,500│ 402,800│ 416,900│ 435,200│    │    │ │   │  66 │ 267,700│ 285,500│ 309,100│ 355,100│ 403,500│ 417,500│ 435,500│    │    │ │   │  67 │ 268,900│ 287,000│ 310,500│ 356,700│ 404,200│ 417,900│ 435,800│    │    │ │   │  68 │ 270,000│ 288,400│ 312,200│ 358,300│ 404,800│ 418,400│ 436,100│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │再任用│  69 │ 271,200│ 289,900│ 313,600│ 359,500│ 405,200│ 418,800│ 436,300│    │    │ │職員以│  70 │ 272,600│ 291,400│ 315,000│ 360,900│ 405,700│ 419,100│ 436,600│    │    │ │外の職│  71 │ 274,000│ 293,000│ 316,300│ 362,200│ 406,300│ 419,400│ 436,900│    │    │ │員  │  72 │ 275,300│ 294,600│ 317,800│ 363,600│ 406,800│ 419,700│ 437,200│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  73 │ 276,500│ 295,800│ 318,500│ 364,800│ 407,300│ 420,000│ 437,400│    │    │ │   │  74 │ 277,900│ 297,200│ 320,100│ 366,000│ 407,700│ 420,300│ 437,700│    │    │ │   │  75 │ 279,300│ 298,700│ 321,600│ 367,300│ 408,200│ 420,600│ 438,000│    │    │ │   │  76 │ 280,500│ 300,200│ 323,300│ 368,600│ 408,700│ 420,900│ 438,300│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  77 │ 281,600│ 301,100│ 325,100│ 369,900│ 409,200│ 421,100│ 438,500│    │    │ │   │  78 │ 282,800│ 302,600│ 326,800│ 371,100│ 409,700│ 421,400│ 438,800│    │    │ │   │  79 │ 284,000│ 303,800│ 328,400│ 372,300│ 410,300│ 421,700│ 439,100│    │    │ │   │  80 │ 285,000│ 305,300│ 330,000│ 373,500│ 410,800│ 422,000│ 439,400│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  81 │ 286,100│ 306,600│ 331,700│ 374,700│ 411,200│ 422,200│ 439,600│    │    │ │   │  82 │ 287,300│ 308,000│ 333,400│ 375,900│ 411,800│ 422,500│ 439,900│    │    │ │   │  83 │ 288,600│ 309,100│ 335,000│ 377,000│ 412,300│ 422,800│ 440,200│    │    │ │   │  84 │ 289,900│ 310,500│ 336,700│ 378,200│ 412,500│ 423,000│ 440,500│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  85 │ 291,000│ 311,400│ 338,100│ 379,300│ 412,800│ 423,200│ 440,700│    │    │ │   │  86 │ 292,200│ 312,900│ 339,600│ 379,900│ 413,300│ 423,500│    │    │    │ │   │  87 │ 293,100│ 314,200│ 341,100│ 380,400│ 413,600│ 423,800│    │    │    │ │   │  88 │ 294,300│ 315,700│ 342,600│ 381,000│ 413,900│ 424,000│    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  89 │ 295,300│ 317,200│ 343,900│ 381,600│ 414,200│ 424,200│    │    │    │ │   │  90 │ 296,500│ 318,700│ 345,100│ 382,200│ 414,600│ 424,500│    │    │    │ │   │  91 │ 297,600│ 320,100│ 346,400│ 382,800│ 415,000│ 424,800│    │    │    │ │   │  92 │ 298,800│ 321,600│ 347,700│ 383,400│ 415,400│ 425,000│    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  93 │ 299,300│ 322,900│ 349,100│ 383,700│ 415,700│ 425,200│    │    │    │ │   │  94 │ 300,600│ 324,200│ 350,600│ 384,200│ 416,100│    │    │    │    │ │   │  95 │ 301,700│ 325,600│ 352,100│ 384,800│ 416,500│    │    │    │    │ │   │  96 │ 303,000│ 326,900│ 353,600│ 385,300│ 416,900│    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  97 │ 304,100│ 328,100│ 354,900│ 385,700│ 417,200│    │    │    │    │ │   │  98 │ 305,300│ 329,400│ 356,100│ 386,100│ 417,600│    │    │    │    │ │   │  99 │ 306,500│ 330,700│ 357,200│ 386,700│ 418,000│    │    │    │    │ │   │  100 │ 307,700│ 332,000│ 358,400│ 387,200│ 418,400│    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  101 │ 308,900│ 333,400│ 359,500│ 387,600│ 418,700│    │    │    │    │ │   │  102 │ 309,900│ 334,300│ 360,600│ 388,100│    │    │    │    │    │ │   │  103 │ 311,000│ 335,400│ 361,700│ 388,700│    │    │    │    │    │ │   │  104 │ 312,000│ 336,600│ 362,900│ 389,200│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  105 │ 312,800│ 337,700│ 364,100│ 389,500│    │    │    │    │    │ │   │  106 │ 313,400│ 338,800│ 364,600│ 389,900│    │    │    │    │    │ │   │  107 │ 314,000│ 339,800│ 365,200│ 390,400│    │    │    │    │    │ │   │  108 │ 314,700│ 340,900│ 365,800│ 390,700│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  109 │ 315,200│ 342,100│ 366,400│ 391,000│    │    │    │    │    │ │   │  110 │ 315,700│ 343,100│ 366,900│ 391,500│    │    │    │    │    │ │   │  111 │ 316,200│ 344,100│ 367,400│ 392,000│    │    │    │    │    │ │   │  112 │ 316,800│ 345,000│ 367,900│ 392,500│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  113 │ 317,600│ 345,900│ 368,300│ 392,800│    │    │    │    │    │ │   │  114 │ 318,300│ 346,800│ 368,700│ 393,300│    │    │    │    │    │ │   │  115 │ 319,000│ 347,800│ 369,300│ 393,800│    │    │    │    │    │ │   │  116 │ 319,700│ 348,800│ 369,800│ 394,300│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  117 │ 320,300│ 349,800│ 370,200│ 394,600│    │    │    │    │    │ │   │  118 │ 321,100│ 350,300│ 370,700│ 395,100│    │    │    │    │    │ │   │  119 │ 321,800│ 350,900│ 371,300│ 395,600│    │    │    │    │    │ │   │  120 │ 322,600│ 351,500│ 371,800│ 396,100│    │    │    │    │    │
    │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  121 │ 323,200│ 351,800│ 372,000│ 396,500│    │    │    │    │    │ │   │  122 │ 323,500│ 352,200│ 372,500│ 397,000│    │    │    │    │    │ │   │  123 │ 324,000│ 352,700│ 373,000│ 397,400│    │    │    │    │    │ │   │  124 │ 324,500│ 353,100│ 373,400│ 397,900│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  125 │ 324,800│ 353,500│ 373,900│ 398,300│    │    │    │    │    │ │   │  126 │    │ 353,900│ 374,400│    │    │    │    │    │    │ │   │  127 │    │ 354,400│ 374,900│    │    │    │    │    │    │ │   │  128 │    │ 354,800│ 375,400│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  129 │    │ 355,200│ 375,700│    │    │    │    │    │    │ │   │  130 │    │ 355,600│ 376,200│    │    │    │    │    │    │ │   │  131 │    │ 356,000│ 376,700│    │    │    │    │    │    │ │   │  132 │    │ 356,400│ 377,200│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  133 │    │ 356,600│ 377,500│    │    │    │    │    │    │ │   │  134 │    │ 357,100│ 378,000│    │    │    │    │    │    │ │   │  135 │    │ 357,500│ 378,400│    │    │    │    │    │    │ │   │  136 │    │ 357,800│ 378,800│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  137 │    │ 358,100│ 379,100│    │    │    │    │    │    │ │   │  138 │    │ 358,500│ 379,600│    │    │    │    │    │    │ │   │  139 │    │ 359,000│ 380,100│    │    │    │    │    │    │ │   │  140 │    │ 359,500│ 380,600│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  141 │    │ 359,800│ 380,900│    │    │    │    │    │    │ │   │  142 │    │ 360,300│    │    │    │    │    │    │    │ │   │  143 │    │ 360,800│    │    │    │    │    │    │    │ │   │  144 │    │ 361,300│    │    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  145 │    │ 361,600│    │    │    │    │    │    │    │ ├───┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │再任用│    │ 241,500│ 253,200│ 257,300│ 288,600│ 305,100│ 319,200│ 342,800│ 356,800│ 389,900│ │職員 │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ └───┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┘  備考 この表は、消防職員で市長の定める職員に適用する。 第2条 日立市職員の給与に関する条例の一部を次のように改正する。   第20条第2項中「次表に掲げる支給月の区分に応ずる割合及び期間率(小数点以下第3位まで算出し、  第3位を切り上げ、第2位でとめた数値)」を「100分の130を乗じて得た額に、基準日前6月以内  の在職月数を6で除して得た数(小数点以下2位未満は、切り上げるものとする。)」に改め、同項の表  を削り、同条第3項中「同項の表中「100分の122.5」とあるのは「100分の65」と、「100  分の137.5」とあるのは「100分の80」を「同項中「100分の130」とあるのは、「100  分の72.5」に改める。   第21条第2項第1号中「、6月に支給する場合には100分の90、12月に支給する場合には100  分の95」を「100分の92.5」に改め、同項第2号中「、6月に支給する場合には100分の42.5、  12月に支給する場合には100分の47.5」を「100分の45」に改める。  (日立市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正) 第3条 日立市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例(昭和31年条例第23号)の一部を次  のように改正する。   第5条第2項中「100分の172.5」を「100分の177.5」に改める。 第4条 日立市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を次のように改正する。   第5条第2項中「100分の122.5」とあるのは「100分の157.5」と、「100分の137.5」  とあるのは「100分の177.5」を「100分の130」とあるのは、「100分の167.5」に改  める。  (日立市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部改正) 第5条 日立市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例(昭和32年条例第16号)の一部を次のよ  うに改正する。   第4条中「100分の172.5」を「100分の177.5」に改める。 第6条 日立市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を次のように改正する。   第4条中「100分の122.5」とあるのは「100分の157.5」と、「100分の137.5」と  あるのは「100分の177.5」を「100分の130」とあるのは、「100分の167.5」に改め  る。    附 則  (施行期日等) 1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、第2条、第4条及び第6条の規定は、平成31年4月1  日から施行する。 2 第1条の規定による改正後の日立市職員の給与に関する条例(次項において「改正後の給与条例」とい  う。)、第3条の規定による改正後の日立市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例(附則第  4項において「改正後の議員報酬等条例」という。)及び第5条の規定による改正後の日立市特別職の職  員で常勤のものの給与に関する条例(附則第4項において「改正後の常勤特別職給与条例」という。)の  規定は、平成30年4月1日から適用する。  (給与等の内払) 3 改正後の給与条例の規定を適用する場合においては、第1条の規定による改正前の日立市職員の給与に  関する条例の規定に基づいて支給された給与は、改正後の給与条例の規定による給与の内払とみなす。 4 改正後の議員報酬等条例及び改正後の常勤特別職給与条例の規定を適用する場合においては、第3条の  規定による改正前の日立市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例又は第5条の規定による改  正前の日立市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の規定に基づいて支給された期末手当は、そ  れぞれ改正後の議員報酬等条例又は改正後の常勤特別職給与条例の規定による期末手当の内払とみなす。  (平成31年4月1日における号給の調整) 5 平成31年4月1日において38歳に満たない職員のうち、平成28年1月1日において日立市職員の  給与に関する条例第6条第4項の規定により昇給した職員(同日における昇給の号給数の決定の状況を考  慮して市規則で定める職員を除く。以下この項において「昇給抑制職員」という。)その他昇給抑制職員  との権衡上必要があると認められるものとして市規則で定める職員の平成31年4月1日における号給は、  この項の規定の適用がないものとした場合に同日に受けることとなる号給の1号給上位の号給とする。  (育児短時間勤務をしている職員等に関する読替え) 6 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号。次項及び附則第8項において「育児  休業法」という。)第10条第1項に規定する育児短時間勤務をしている職員に対する前項の規定の適用  については、同項中「とする」とあるのは、「とするものとし、その者の給料月額は、当該号給に応じた  額に、日立市職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年条例第4号)第2条第2項の規定により定  められたその者の勤務時間を同条第1項に規定する勤務時間で除して得た数を乗じて得た額とする」とす  る。 7 前項の規定は、育児休業法第17条の規定による勤務をしている職員について準用する。 8 育児休業法第18条第1項の規定により任期を定めて採用された短時間勤務職員に対する附則第5項の  規定の適用については、同項中「とする」とあるのは、「とするものとし、その者の給料月額は、当該号  給に応じた額に、日立市職員の勤務時間、休暇等に関する条例第2条第4項の規定により定められたその  者の勤務時間を同条第1項に規定する勤務時間で除して得た数を乗じて得た額とする」とする。  (規則への委任) 9 附則第2項から前項までに定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、市長が規則で定め
     る。 11                                          議案第81号    日立市駐車場設置及び管理等に関する条例の一部を改正する条例の制定について  日立市駐車場設置及び管理等に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成30年12月 6 日提出                                  日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  日立市幸町駐車場を廃止するため、本条例を制定するものであります。 ─────────────────────────────────────────────────    日立市駐車場設置及び管理等に関する条例の一部を改正する条例  日立市駐車場設置及び管理等に関する条例(昭和47年条例第37号)の一部を次のように改正する。  第2条の表中 「  ┌─────────────┬─────────────┐  │日立市幸町駐車場     │日立市幸町3丁目1番   │ を  └─────────────┴─────────────┘                               」 削る。  別表3定期駐車の表中 「  ┌─────────────┬─────────────┐  │日立市幸町駐車場     │7,560円       │ を  └─────────────┴─────────────┘                               」 削る。    附 則  この条例は、平成31年4月1日から施行する。 12                                         議案第82号    土地の買入れについて  下記のとおり土地を買い入れるものとする。       平成30年12月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹                        記 1 土地の所在地、地目、地積  ┌────────────────────────┬─────────┬────────────┐  │      土 地 の 所 在 地       │   地 目   │    地 積     │  ├────────────────────────┼─────────┼────────────┤  │                        │         │           m2│  │日立市大和田町字落見       1140番    │    田    │           770│  │       〃         1141番    │    〃    │          1,520│  │       〃         1142番    │    〃    │          1,176│  │       〃         1143番 1   │    〃    │           880│  │       〃         1144番 1   │    〃    │           496│  │       〃         1145番    │    〃    │          1,213│  │       〃         1146番    │    〃    │          1,051│  │       〃         1147番    │    〃    │          1,566│  │       〃         1148番    │    〃    │          1,550│  │       〃         1150番    │    〃    │           942│  │       〃         1151番    │    〃    │          1,071│  │       〃         1152番    │    〃    │           829│  │       〃         1153番    │    〃    │          1,679│  │       〃         1155番    │    〃    │           793│  │       〃         1156番 1   │    〃    │           515│  │       〃         1156番 2   │    〃    │           353│  │       〃         1157番    │    〃    │           433│  │       〃         1160番    │    〃    │           647│  │       〃         1163番    │    〃    │          1,477│  │       〃         1164番    │    〃    │           856│  │日立市大和田町字シムカ      1165番    │    〃    │           323│  │       〃         1166番    │    畑    │           238│  │日立市大和田町字上落見      1167番    │    田    │           462│  │日立市大和田町字シムカ      1168番    │    〃    │           955│  │       〃         1169番    │    〃    │           664│  │       〃         1170番    │    畑    │           257│  │       〃         1171番    │    田    │           899│  │       〃         1172番    │    畑    │           277│  │       〃         1173番    │    田    │           36│  │       〃         1193番    │    〃    │          1,358│  │       〃         1194番    │    〃    │           991│  │       〃         1195番    │    畑    │           69│  │       〃         1196番    │    田    │           806│  │       〃         1197番    │    〃    │          1,004│  │       〃         1198番    │    〃    │          1,338│  │       〃         1200番    │    〃    │          2,396│  │       〃         1220番    │    〃    │          3,345│  ├────────────────────────┴─────────┼────────────┤  │            計  (37筆)              │         35,235│  └──────────────────────────────────┴────────────┘ 2 買入れ予定価格  金288,234,570円 3 買入れの相手方  日立市□□町□丁目□□番□□号             □ □   □  外26人 4 買入れの方法   随意契約 ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  産業団地整備事業用地を買い入れるに当たり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する 条例第3条の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。 ───────────────────────────────────────────────── 13                                         議案第83号    市道路線の認定について
     市道路線を別紙調書のとおり認定するものとする。       平成30年12月6日提出                                日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  下記理由により市道路線の認定をするため、道路法の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。                        記 1 田尻町2丁目地内の道路寄附受入れに伴う市道路線の認定 2 大沼町2丁目地内の開発行為に伴う市道路線の認定 ─────────────────────────────────────────────────                 市 道 路 線 認 定 調 書 1 日立市田尻町2丁目地内 ┌─────┬───────────────────┬────┬────┬────┬────┐ │     │     起       点     │重 要 │    │    │    │ │路線番号 │                   │    │幅 員 │延 長 │備 考 │ │     │     終       点     │経過地 │    │    │    │ ├─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┤ │     │田尻町2丁目192番9地先から      │    │  4.0m│   m│    │ │  1775号│                   │    │  ~ │ 42.1 │    │ │     │田尻町2丁目192番3地先まで      │    │  5.8 │    │    │ └─────┴───────────────────┴────┴────┴────┴────┘ 2 日立市大沼町2丁目地内 ┌─────┬───────────────────┬────┬────┬────┬────┐ │     │     起       点     │重 要 │    │    │    │ │路線番号 │                   │    │幅 員 │延 長 │備 考 │ │     │     終       点     │経過地 │    │    │    │ ├─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┤ │     │大沼町2丁目46番1地先から       │    │  5.0m│   m│    │ │  6751号│                   │    │  ~ │ 78.9 │    │ │     │大沼町2丁目44番1地先まで       │    │  9.5 │    │    │ └─────┴───────────────────┴────┴────┴────┴────┘ 14                                          議案第84号    市道路線の廃止について  市道路線を別紙調書のとおり廃止するものとする。       平成30年12月6日提出                                  日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  下記理由により市道路線の廃止をするため、道路法の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。                        記 1 多賀町4丁目地内の公用廃止に伴う市道路線の廃止 2 東多賀町2丁目地内の公用廃止に伴う市道路線の廃止 ─────────────────────────────────────────────────                 市 道 路 線 廃 止 調 書 1 日立市多賀町4丁目地内 ┌─────┬───────────────────┬────┬────┬────┬────┐ │     │     起       点     │重 要 │    │    │    │ │路線番号 │                   │    │幅 員 │延 長 │備 考 │ │     │     終       点     │経過地 │    │    │    │ ├─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┤ │     │多賀町4丁目90番地先から       │    │   m│   m│    │ │  5017号│                   │    │  0.9 │ 59.2 │    │ │     │多賀町4丁目87番地先まで       │    │    │    │    │ └─────┴───────────────────┴────┴────┴────┴────┘ 2 日立市東多賀町2丁目地内 ┌─────┬───────────────────┬────┬────┬────┬────┐ │     │     起       点     │重 要 │    │    │    │ │路線番号 │                   │    │幅 員 │延 長 │備 考 │ │     │     終       点     │経過地 │    │    │    │ ├─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┤ │     │東多賀町2丁目420番地先から      │    │  0.9m│   m│    │ │  5438号│                   │    │  ~ │ 40.4 │    │ │     │東多賀町2丁目418番1地先まで     │    │  1.3 │    │    │ └─────┴───────────────────┴────┴────┴────┴────┘ 15                                         議案第85号    市道路線の廃止及び認定について  市道路線を別紙調書のとおり廃止及び認定するものとする。       平成30年12月6日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  下記理由により市道路線の廃止及び認定をするため、道路法の規定に基づき議会の議決を求めるものであ ります。                        記 1 中成沢町2丁目地内の道路改良に伴う市道路線の廃止及び認定 2 石名坂町1丁目地内の道路改良に伴う市道路線の廃止及び認定 ───────────────────────────────────────────────── 1 日立市中成沢町2丁目地内                 市 道 路 線 廃 止 調 書 ┌─────┬───────────────────┬────┬────┬────┬────┐ │     │     起       点     │重 要 │    │    │    │
    │路線番号 │                   │    │幅 員 │延 長 │備 考 │ │     │     終       点     │経過地 │    │    │    │ ├─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┤ │     │中成沢町2丁目316番1地先から     │    │  5.0m│   m│    │ │  3370号│                   │    │  ~ │ 50.0 │    │ │     │中成沢町2丁目96番1地先まで      │    │  7.7 │    │    │ └─────┴───────────────────┴────┴────┴────┴────┘                 市 道 路 線 認 定 調 書 ┌─────┬───────────────────┬────┬────┬────┬────┐ │     │     起       点     │重 要 │    │    │    │ │路線番号 │                   │    │幅 員 │延 長 │備 考 │ │     │     終       点     │経過地 │    │    │    │ ├─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┤ │     │中成沢町2丁目316番1地先から     │    │  5.0m│   m│    │ │  3370号│                   │    │  ~ │ 121.0 │    │ │     │中成沢町2丁目93番1地先まで      │    │ 12.0 │    │    │ └─────┴───────────────────┴────┴────┴────┴────┘ 2 日立市石名坂町1丁目地内                 市 道 路 線 廃 止 調 書 ┌─────┬───────────────────┬────┬────┬────┬────┐ │     │     起       点     │重 要 │    │    │    │ │路線番号 │                   │    │幅 員 │延 長 │備 考 │ │     │     終       点     │経過地 │    │    │    │ ├─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┤ │     │石名坂町1丁目635番4地先から     │    │   m│   m│    │ │  7392号│                   │    │  1.8 │ 125.7 │    │ │     │石名坂町1丁目3187番4地先まで     │    │    │    │    │ └─────┴───────────────────┴────┴────┴────┴────┘                 市 道 路 線 認 定 調 書 ┌─────┬───────────────────┬────┬────┬────┬────┐ │     │     起       点     │重 要 │    │    │    │ │路線番号 │                   │    │幅 員 │延 長 │備 考 │ │     │     終       点     │経過地 │    │    │    │ ├─────┼───────────────────┼────┼────┼────┼────┤ │     │石名坂町1丁目635番3地先から     │    │  5.2m│   m│    │ │  7392号│                   │    │  ~ │ 167.4 │    │ │     │石名坂町1丁目3187番4地先まで     │    │ 10.9 │    │    │ └─────┴───────────────────┴────┴────┴────┴────┘ 16                                           議案第86号    公有水面埋立てにより新たに生じた土地の確認について  茨城港日立港区内の公有水面埋立てに伴い、日立市の区域内に新たに生じた下記の土地を、地方自治法第9 条の5第1項の規定により確認するものとする。       平成30年12月 6 日提出                                  日立市長  小 川 春 樹                        記 1 埋立てによって生じた土地の場所   日立市久慈町1丁目5630番76及びみなと町5773番13の地先公有水面埋立地 2 埋立てによって生じた土地の面積   77,486.06平方メートル ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  茨城港日立港区内の公有水面埋立てにより新たに生じた土地を確認するため、議会の議決を求めるものであ ります。 ───────────────────────────────────────────────── 17                                           議案第87号    町の区域の変更について  地方自治法第260条第1項の規定に基づき、町の区域を別紙調書のとおり変更するものとする。       平成30年12月 6 日提出                                  日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  茨城港日立港区内の公有水面埋立てにより新たに生じた土地をみなと町に編入するため、議会の議決を求 めるものであります。 ─────────────────────────────────────────────────                     変 更 調 書 ┌────────────────────────────────┬─────────────┐ │        新たに生じたことを確認した土地         │ 左の土地を編入する区域 │ ├────────────────────────────────┼─────────────┤ │久慈町1丁目5630番76及びみなと町5773番13の地先公有水│             │ │面埋立地                            │みなと町         │ │ 77,486.06平方メートル                │             │ └────────────────────────────────┴─────────────┘ 18                                         議案第88号    日立市営住宅の指定管理者の指定について  別紙のとおり日立市営住宅の指定管理者を指定するものとする。       平成30年12月 6 日提出                                 日立市長  小 川 春 樹
    ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  日立市営住宅の指定管理者を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき議会の議 決を求めるものであります。 ───────────────────────────────────────────────── ┌──────────────┬──────────────────┬────────────┐ │    施設の名称     │      指定管理者       │   指定の期間    │ ├──────────────┼──────────────────┼────────────┤ │(公営住宅)        │一般財団法人茨城県住宅管理センター │平成31年4月1日から  │ │天神前団地、上相田団地、  │                  │平成36年3月31日まで  │ │渡志団地、田尻浜団地、   │                  │            │ │上の代団地、小木津団地、  │                  │            │ │田中団地、オボ内団地、   │                  │            │ │滑川団地、神峰団地、    │                  │            │ │大平団地、原前団地、    │                  │            │ │諏訪台団地、桐木田団地、  │                  │            │ │高松台団地、前塚団地、   │                  │            │ │御殿山団地、城南団地、   │                  │            │ │山田団地、池の川団地、   │                  │            │ │表田団地、戸崎団地、    │                  │            │ │南江団地、沢目団地、    │                  │            │ │戸沢団地、森下団地、    │                  │            │ │磯坪団地、道師内団地、   │                  │            │ │弥平台団地、金畑団地、   │                  │            │ │南高野団地、是也団地、   │                  │            │ │十王台団地         │                  │            │ │(改良住宅)        │                  │            │ │神峰団地、大平団地、    │                  │            │ │御殿山団地、城南団地    │                  │            │ └──────────────┴──────────────────┴────────────┘ 19                                           議案第89号    日立市母子療育ホームの指定管理者の指定について  下記のとおり日立市母子療育ホームの指定管理者を指定するものとする。       平成30年12月6日提出                                  日立市長  小 川 春 樹                      記 1 施設の名称  日立市母子療育ホーム 2 指定管理者  特定非営利活動法人日立太陽の家 3 指定の期間  平成31年4月1日から平成36年3月31日まで ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  日立市母子療育ホームの指定管理者を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づ き議会の議決を求めるものであります。 ───────────────────────────────────────────────── 20                                           議案第90号    日立市太陽の家の指定管理者の指定について  下記のとおり日立市太陽の家の指定管理者を指定するものとする。       平成30年12月6日提出                                  日立市長  小 川 春 樹                      記 1 施設の名称  日立市太陽の家 2 指定管理者  特定非営利活動法人日立太陽の家 3 指定の期間  平成31年4月1日から平成36年3月31日まで ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  日立市太陽の家の指定管理者を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき議会 の議決を求めるものであります。 ───────────────────────────────────────────────── 21                                           議案第91号    日立市ひまわり学園の指定管理者の指定について  下記のとおり日立市ひまわり学園の指定管理者を指定するものとする。       平成30年12月6日提出                                  日立市長  小 川 春 樹                      記 1 施設の名称  日立市ひまわり学園 2 指定管理者  特定非営利活動法人日立太陽の家 3 指定の期間  平成31年4月1日から平成36年3月31日まで ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  日立市ひまわり学園の指定管理者を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき 議会の議決を求めるものであります。 ───────────────────────────────────────────────── 22                                           議案第92号    日立市しいの木学園の指定管理者の指定について  下記のとおり日立市しいの木学園の指定管理者を指定するものとする。       平成30年12月6日提出                                  日立市長  小 川 春 樹                      記 1 施設の名称  日立市しいの木学園 2 指定管理者  特定非営利活動法人日立太陽の家 3 指定の期間  平成31年4月1日から平成36年3月31日まで ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  日立市しいの木学園の指定管理者を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき
    議会の議決を求めるものであります。 ───────────────────────────────────────────────── 23                                           議案第93号    人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて  人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき人権擁護委員候補者として下記の者を推薦したいので、議会の 意見を求めるものとする。       平成30年12月10日提出                                 日立市長  小 川 春 樹                        記 氏  名  鈴 木    登 生年月日  昭和□□年□□月□□日 住  所  日立市□□町□□番地 ─────────────────────────────────────────────────  (提案説明)  人権擁護委員鈴木登氏は、平成31年3月31日をもって任期満了となるが、引き続き人権擁護委員として 推薦したいため、議会の意見を求めるものであります。 ───────────────────────────────────────────────── 24                                         選挙第1号    茨城北農業共済事務組合議会議員の補欠選挙について  当選人       平成30年12月  日選挙                                    日 立 市 議 会 ─────────────────────────────────────────────────  (参考)  茨城北農業共済事務組合規約抜粋  (議会の組織及び議員の選挙) 第5条 組合の議会(以下「組合議会」という。)の議員(以下「組合議員」という。)の定数は、22人と  し、関係市町村の定数は、次のとおりとする。  日立市2人 常陸太田市5人 高萩市1人 北茨城市2人 ひたちなか市2人 常陸大宮市4人 那珂市3  人 東海村1人 大子町2人 2 前項の組合議員は、関係市町村の議会(以下「市町村議会」という。)において、議員のなかから選挙す  る。 3 組合議員に欠員を生じたときは、欠員を生じた市町村において、補欠選挙を行わなければならない。  (組合議員の任期) 第6条 組合議員の任期は、関係市町村議会の議員としての任期による。 25                                          報告第22号    専決処分について(損害賠償の額を定めることについて)  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法第180条第1項の規定に基づき別紙のとおり専決処分 したから、同条第2項の規定に基づきこれを報告するものとする。       平成30年12月 6 日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────────────────────                    専 決 処 分 書  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定に 基づき、下記のとおり専決処分する。       平成30年10月17日                                 日立市長  小 川 春 樹                        記    損害賠償の額を定めることについて  平成30年8月11日午後11時頃、日立市久慈町4丁目1182番3地先市道7957号路上において、 路面が陥没していたため、日立市□□町□□番地□□□□氏の運転する自動車が走行した際、右側後輪がこ れに落輪し、当該自動車に物損を与えたので、この損害に対する賠償の額を下記のとおり定める。                        記  損害賠償額  金8,000円 26                                          報告第23号    専決処分について(損害賠償の額を定めることについて)  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法第180条第1項の規定に基づき別紙のとおり専決処分 したから、同条第2項の規定に基づきこれを報告するものとする。       平成30年12月 6 日提出                                 日立市長  小 川 春 樹 ─────────────────────────────────────────────────                    専 決 処 分 書  損害賠償の額を定めることについて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定に 基づき、下記のとおり専決処分する。       平成30年11月20日                                 日立市長  小 川 春 樹                        記    損害賠償の額を定めることについて  平成30年7月28日午後5時30分頃、日立市幸町1丁目8番地先市道3100号路上において、日立 市□□町□丁目□□番□□号□□□□所有の自動車が走行した際、樹木の枝が落下し、当該自動車に物損を 与えたので、この損害に対する賠償の額を下記のとおり定める。                        記
     損害賠償額  金90,752円 27                       議員の派遣一覧表  日立市議会会議規則第158条の規定に基づき、下記のとおり議員を派遣する。 ┌───────────┬───────────┬───────┬──────────┬───────┐ │   名  称    │   派遣の目的   │ 派遣の場所 │  派遣の期間   │ 派遣議員名 │ ├───────────┼───────────┼───────┼──────────┼───────┤ │茨城県市議会議長会平成│議員の資質向上を図るた│茨城県土浦市 │平成31年2月1日 │石 井 仁 志│ │30年度第2回議員研修│め、市議会に共通する事│       │          │添 田 絹 代│ │会          │項について研修を行う。│       │          │塚 田 明 人│ │           │           │       │          │瀬 谷 幸 伸│ └───────────┴───────────┴───────┴──────────┴───────┘ ※ 上記派遣内容について、議会閉会中に変更が生じた場合は、議長において許可することとする。                                   平成30年12月19日提出 28            平成30年第4回日立市議会定例会請願(陳情)文書表                                     平成30年12月12日 ┌───────────┬────┬────────────────────────────┐ │ 付 託 委 員 会 │受理番号│         件        名         │ ├───────────┼────┼────────────────────────────┤ │           │    │議会として、「医師養成定員を減らす政府方針の見直しを求め│ │           │  3 │                            │ │           │    │る意見書」を国に提出することを求める陳情        │ │教育福祉委員会    ├────┼────────────────────────────┤ │           │    │                            │ │           │  4 │私学の保護者負担軽減と教育条件改善のための陳情     │ │           │    │                            │ └───────────┴────┴────────────────────────────┘ ┌──────────────┬──────────────────────────────────┐ │              │                                  │ │  受 理 番 号  3  │                                  │ │              │  議会として、「医師養成定員を減らす政府方針の見直しを求める意  │ ├──────────────┤ 見書」を国に提出することを求める陳情               │ │              │                                  │ │   教育福祉委員会    │                                  │ │              │                                  │ ├──────────────┼──────────────────────────────────┤ │              │【陳情趣旨】                            │ │提出者           │ 貴議会として、地域住民のいのちと健康を守る立場から、また、茨城  │ │ 水戸市城南3-9-20     │県の医師確保に力を入れる方針にも沿い、以下の内容を「医師養成定員  │ │              │を減らす政府方針の見直しを求める意見書」として国に対して上げてい  │ │ 茨城県医療労働組合連合会 │ただきますよう陳情するものです。                  │ │ 執行委員長 松崎 みどり │                                  │ │              │               記                  │ │              │                                  │ ├──────────────┤ 2022年度以降の医師養成定員減という方針を見直し、医療現場と  │ │              │地域の実態を踏まえ、医師数をOECD平均以上の水準に増やすこと。  │ │              │                                  │ │              │                             以 上  │ │              │                                  │ │              │【陳情理由】                            │ │              │ OECD(経済協力開発機構)加盟国の人口1,000人当りの医師数  │ │              │が平均3.3人であるのに対し、日本は2.4人、35か国中30位であ  │ │              │り、医療に従事している医師の総数308,105人(2016年)は、  │ │              │OECD平均と比べて11万5,000人も少なく、日本の絶対的な医師  │ │              │の不足が浮き彫りとなっています(OECD、2016年調査)。    │ │              │ 総務省「就業構造基本調査」によれば、週労働時間が60時間を超える │ │              │医師の割合は、41.8%と職種別で最も高く(雇用者全体では14%)、 │ │              │特に、救急や産科では、週の平均労働時間が80~90時間を超えてい  │ │              │ます。夜間の救急対応のための当直を含む32時間連続勤務が強いら   │ │              │れ、医師の過労死や過労自死が後を絶たず、いのちを守る現場で、医師  │ │              │のいのちが脅かされています。また、全国医師ユニオンが2017年に  │ │              │おこなった勤務医労働実態調査(有効回答1,803名)によれば、月の  │ │              │休みが1日も取れていない医師が10.2%存在し、「労働条件で改善し  │ │              │たいこと」の問いに「完全休日を増やす」が50.0%で1位、さらに   │ │              │「改善に有効な方法」の問いに対して「医師数の増員」が63.7%と圧  │ │              │倒的な1位となり、医師数の絶対的な不足の解消を勤務医自身が最も必  │ │              │要と求めている実態が明らかとなりました。              │ │              │ また、東京医科大学で女性の不当差別入試が発覚しましたが、前理事  │ ├──────────────┤長が述べた「女性医師は、男性医師に劣る」や、「女性は年齢を重ねる  │ │受理            │と医師としてのアクティビティ(活動性)が下がる」などの発言は「女  │ │  平成30年11月13日 │性は長時間勤務できないという意味でいわれていた」と調査委員会が説明 │ ├──────────────┼──────────────────────────────────┤ │              │                                  │ │              │                                  │ │              │                                  │ ├──────────────┤                                  │ │              │                                  │ │              │                                  │ │              │                                  │ ├──────────────┼──────────────────────────────────┤ │              │しました。過労死や過労自死をももたらす、医師の異常な長時間労働を  │ │              │なくし、男性医師も女性医師も差別や偏見なく人間らしい働き方を実現す │ │              │るためにも、医師の大幅増員こそ求められます。            │ │              │ ところが、厚生労働省「医療従事者の需給に関する検討会・医師需給  │ │              │分科会」は、「第3次中間とりまとめ」(2018.5.31)におい   │ │              │て、遅くとも2033年頃には医師の需給が均衡するとして、2022  │ │              │年度以降の医学部定員の減員に向け、医師養成数の方針等を見直してい  │ │              │くべきとの方針を示し、これを受けて政府は、「骨太方針2018」で  │ ├──────────────┤2022年度以降の医学部定員減について検討することを打ち出しまし  │ │              │た。                                │ │              │ しかし、厚労省が定員減の根拠とする医師需給推計は、医師の労働時  │ │              │間を最大週80時間とするケースも含まれ、医療需要の見込みは、入院  │ │              │ベッドを減らすという地域医療構想に連動しています。医療需要を少な  │ │              │く見積もり、長時間労働ありきを前提に割り出された推計を根拠とする  │ │              │定員減の方針は、長時間労働解消の議論に真っ向から対立するもので   │ │              │す。救急・産科・小児科などの医師不足で、医師数の抑制を転換して増  │ │              │加を実現してきた現在の医師養成数の水準を引き下げれば、再び地域医  │
    │              │療崩壊の危機を招きかねません。                   │ │              │ ご存知のように、茨城県の医師数(人口10万人対)は平成14年以  │ │              │降連続で全国ワースト2位が続いており、大井川知事は「茨城県医師不  │ │              │足緊急対策行動宣言」(2018年2月23日)を発出して、県民一丸  │ │              │となって医師確保対策に取り組むことを呼びかけています。医師の養成  │ │              │定員が減少しては、茨城県への医師の誘致も厳しさを増す課題となりま  │ │              │す。日本の医療崩壊を防ぎ、地域住民が安心して暮らせる救急医療や地  │ │              │域包括ケア体制の充実のため、医師の増員を引き続き求めていくもので  │ │              │す。                                │ │              │ 以上をふまえ、陳情趣旨のとおり、要請いたします。         │ │              │                                  │ │              │ 意見書送付先                           │ │              │ 内閣総理大臣、厚生労働大臣、財務大臣、文部科学大臣、総務大臣   │ │              │                                  │ │              │                                  │ ├──────────────┤                                  │ │              │                                  │ │              │                                  │ └──────────────┴──────────────────────────────────┘ ┌──────────────┬──────────────────────────────────┐ │              │                                  │ │  受 理 番 号  4  │                                  │ │              │                                  │ ├──────────────┤  私学の保護者負担軽減と教育条件改善のための陳情         │ │              │                                  │ │   教育福祉委員会    │                                  │ │              │                                  │ ├──────────────┼──────────────────────────────────┤ │              │1 陳情趣旨                            │ │提出者           │ (1) 保護者負担軽減のために、日立市内の私立高等学校及び中学校に  │ │ 日立市大みか町6-11-1   │  在籍する生徒に対し、授業料の補助をしてください。        │ │              │ (2) 私学教育の充実と公私格差是正のため、私立高等学校振興補助金  │ │ 茨城キリスト教学園    │  を増額してください。                      │ │  理事長 細川 知正   │                                  │ │         外1人   │2 陳情の理由                           │ │              │  県民の教育に対し、茨城の私学が果たしている役割はきわめて大き  │ ├──────────────┤ く、公立学校とともに学校教育の重要なる責務を担っております。し  │ │              │ かしながら、私学の経営基盤は誠に弱体であります。平成26年度か  │ │              │ らの就学支援金制度に所得制限が導入されたことで、授業料を全額負  │ │              │ 担する世帯が出てきました。今なお私学の生徒と保護者は高い学費負  │ │              │ 担、公私間格差を強いられています。これにより、私学の入学者が減  │ │              │ 少し、学校経営や教育活動に混乱が生じるのではないかと懸念されま  │ │              │ す。憲法や教育基本法を引用するまでもなく、学校に公私の区別はあ  │ │              │ ろうとも、学校教育に公私ゆえの差別があってはなりません。すべて  │ │              │ の国民は等しく教育を受ける権利があります。幸い、日立市には昭和  │ │              │ 53年より私立高等学校振興補助金を交付していただいております   │ │              │ が、これは市が私学に深い理解と関心を示された結果と感謝いたして  │ │              │ おります。                            │ │              │  私たちは本県を代表する日立市に、公私の格差をなくし、教育の機  │ │              │ 会均等のために、さらに努力されますよう強く要望し、陳情いたしま  │ │              │ す。                               │ │              │                                  │ │              │                             以 上  │ │              │                                  │ │              │                                  │ │              │                                  │ │              │                                  │ │              │                                  │ │              │                                  │ │              │                                  │ ├──────────────┤                                  │ │受理            │                                  │ │  平成30年12月6日  │                                  │ └──────────────┴──────────────────────────────────┘ 29                                       平成30年12月6日  日立市議会議長  岡 部 光 雄  殿                                    日立市長  小 川 春 樹    平成30年第3回市議会定例会における委員長報告(附帯意見又は要望事項)の処理方針につい    て(報告) ┌────────────────────────┬────────────────────────┐ │  附 帯 意 見 又 は 要 望 事 項   │    処    理    方    針    │ ├────────────────────────┼────────────────────────┤ │〔総務産業委員会〕               │                        │ │1 議案第51号平成30年度日立市一般会計補正 │                        │ │ 予算(第2号)中               │                        │ │  防犯灯のLED化の推進について、実地調査を │ 防犯灯のLED化の推進については、設置場所や │ │ 早急に実施して管理状況の把握に努めるととも  │設置数などの実態を把握するため平成31年度に実 │ │ に、全灯LED化の目標が計画どおりに達成でき │施する市内全域の設置状況調査の結果を基に、LE │ │ るよう、予算措置においても積極的な姿勢を示さ │D化未対応の町内会等に対し、防犯灯設置費補助の │ │ れたい。             (要望事項)│申請を行うよう働き掛けるとともに、適切な予算措 │ │                        │置を図りながら、計画目標を達成できるよう努めて │ │                        │いく。                     │ │                        │                        │ │〔決算審査特別委員会〕             │                        │ │2 議案第65号平成29年度決算の認定について │                        │ │ 中                      │                        │ │ (1) 財政運営について、人口が減少する中、特色 │ 財政運営については、人口の減少などにより、税 │ │  ある施策の具現化に向けた積極的な予算措置を │収が減少傾向となる中であっても、本市の特色ある │ │  講じながらも、今後の行政需要を慎重に見極め │施策を効果的に実現していくため、時機を逃すこと │ │  て財政負担の平準化を図るなど、引き続き、持 │のない予算編成を行うとともに、今後も行政需要や │ │  続可能で健全な財政運営に努められたい。   │財政状況を慎重に見極めながら、財政負担の平準化 │ │                 (要望事項) │を図るなど、引き続き、持続可能で健全な財政運営 │ │                        │に努めていく。                 │ │                        │                        │ │ (2) シティプロモーションについて、年齢層や家 │ シティプロモーションについては、子育て中の家 │ │  族構成といったターゲットをこれまで以上に明 │庭を始めとした子育て世代などへの市の子育て事業 │
    │  確にし、「シティプロモーション戦略」に基づ │や教育関連情報のPR、シビックプライドを醸成す │ │  く様々な事業を効果的に展開されたい。    │るための市民参加イベントの実施、SNSやプロ  │ │                 (要望事項) │モーション用サイトを活用した市の魅力情報の発信 │ │                        │による市のイメージ向上など、「シティプロモー  │ │                        │ション戦略」に基づき、ターゲットを明確にした効 │ │                        │果的な事業展開に努めていく。          │ │                        │                        │ │ (3) 防災力の強化に向けた取組について、市民一 │ 防災力の強化に向けた取組については、今年度配 │ │  人一人の防災意識を高めるため、多くの市民が │布した洪水・土砂災害ハザードマップを活用しなが │ │  参加するよう自主防災訓練の内容を検証すると │ら、地域性を考慮した避難行動となるよう検証を進 │ │  ともに、消防や警察などの関係機関との連携を │めるとともに、地域住民と警察などの関係機関との │ │  より一層深めながら、自主防災組織に対する支 │連携などを深めながら、防災に対する意識高揚を図 │ │  援策を講じられたい。     (要望事項) │り、自主防災組織が実施する防災訓練の充実に向  │ │                        │け、引き続き、コミュニティ等と協議を行ってい  │ │                        │く。                      │ │                        │                        │ │ (4) 若者交流イベントについて、若者に出会い・ │ 若者交流イベントについては、青少年イベント企 │ │  交流の場を提供するとともに、青少年の自主的 │画部などの団体と連携し、若者が出会い、交流でき │ │  な活動に対して積極的な支援策を講じながら、 │る場の確保に努めるとともに、青少年の自主的な活 │ │  事業内容等の検証を踏まえた一層効果的な事業 │動やイベント企画などを積極的に支援していく。  │ │  の展開を目指すことにより、まちのにぎわいや │ また、事業ごとに支援の在り方等を検証し、若者 │ │  定住につながる取組の活性化を図られたい。  │の出会いの場とまちのにぎわいを創出するととも  │ │                 (要望事項) │に、定住につなげていくことができるよう、更に効 │ │                        │果的な事業展開を図っていく。          │ │                        │                        │ │ (5) 地域における見守り体制について、更なる増 │ 地域における見守り体制については、今後も増加 │ │  加が予測される要援護者を見守るチームの体制 │が予測される要援護者の多様なニーズに適切に対応 │ │  を拡充するとともに、高齢者等が住み慣れた地 │できるよう、見守りチームの体制拡充を図るととも │ │  域で安心して生活を送ることができるよう、地 │に、援助を必要とする方々を速やかに把握し、的確 │ │  域コミュニティ、民生委員、地域包括支援セン │な支援ができるよう、関係機関と連携して、よりき │ │  ターなどと連携し、援助を必要とする方々に的 │め細やかな仕組みの構築に努めていく。      │ │  確に支援を行うことができる、よりきめ細やか │                        │ │  な仕組みを構築されたい。   (要望事項) │                        │ │                        │                        │ │ (6) 交通ネットワークの構築について、利用者拡 │ 交通ネットワークの構築については、地域住民、 │ │  大に向けた路線バスのパートナーシップ事業の │民間事業所等と連携して路線バスのパートナーシッ │ │  更なる拡充に積極的に取り組むとともに、高齢 │プ事業の更なる拡充に努めるとともに、ひたちBR │ │  化の進行に対応できるよう、公共交通不存在地 │T第II期区間の本格運行に合わせたバス路線の再編 │ │  区における交通手段の確保、既存バス路線やひ │を始め、公共交通不存在地区における地域住民主体 │ │  たちBRTへの乗合タクシーの接続の可能性の │の乗合タクシー事業への支援や、路線バスを補完す │ │  検討等、バスネットワークの再編を含めた市内 │る新たな地域公共交通の導入検討など、様々な公共 │ │  全域を網羅したネットワークの構築に早急に取 │交通の利便性及び持続性を高めながら、市内全域を │ │  り組まれたい。        (要望事項) │網羅する公共交通ネットワークの構築に取り組んで │ │                        │いく。                     │ │                        │                        │ │ (7) 観光PRについて、四季を通して本市の観光 │ 観光PRについては、庁内関係課や日立市観光物 │ │  資源のPRを積極的かつ効果的に行うため、庁 │産協会等とより一層の情報共有と緊密な連携を図る │ │  内関係課との情報共有及び日立市観光物産協会 │とともに、本市が有する多様な観光資源やイベント │ │  などの関係機関とのより緊密な連携を図るとと │を、四季を通して積極的かつ効果的にPRする仕組 │ │  もに、交流人口の拡大に向けて、市内外に広く │みを構築し、本市の魅力を幅広く発信しながら、交 │ │  PRする仕組みの構築に取り組まれたい。   │流人口の拡大に向けて取り組んでいく。      │ │                 (要望事項) │                        │ │                        │                        │ │ (8) 支援を必要とする児童生徒への支援体制につ │ 支援を必要とする児童生徒への支援体制について │ │  いて、適切な環境で教育を受けることができる │は、子どもたちを始め保護者や教職員の声に耳を傾 │ │  よう、児童生徒、保護者、学校現場の声を聞く │け、学校現場の実態を把握しながら、一人一人に寄 │ │  など早い段階における実態把握に努め、就学前 │り添った支援の確保に努めるとともに、関係機関と │ │  からの切れ目のない積極的な支援と体制づくり │連携を図りながら就学時前からの相談支援に当たる │ │  のより一層の強化を図られたい。(要望事項) │など、引き続き、切れ目のない支援体制の強化に努 │ │                        │めていく。                   │ │                        │                        │ │                        │                        │ │                        │                        │ │                        │                        │ │                        │                        │ └────────────────────────┴────────────────────────┘ Copyright © Hitachi City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...