ツイート シェア
  1. 日立市議会 2015-03-20
    平成27年第1回定例会〔上程議案等〕 開催日: 2015-03-20


    取得元: 日立市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-10
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                                           議案第1号                平成27年度  日立市一般会計予算  平成27年度 日立市の一般会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ69,760,000千円と定める。 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。  (継 続 費) 第2条 地方自治法第212条第1項の規定による継続費の経費の総額及び年割額は、「第2表 継続費」によ  る。  (債務負担行為) 第3条 地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、  「第3表 債務負担行為」による。  (地 方 債) 第4条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方  法、利率及び償還の方法は、「第4表 地方債」による。  (一時借入金) 第5条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、8,000,000千円と定め
     る。  (歳出予算の流用) 第6条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができ  る場合は、各項に計上した給料、職員手当等及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一  款内でのこれらの経費の各項の間の流用と定める。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.市           税 │                    │  27,064,297│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.市       民       税 │  12,124,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.固   定   資   産   税 │  11,264,312│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.軽   自   動   車   税 │    319,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.市   た   ば   こ   税 │   1,309,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │5.鉱       産       税 │     1,985│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │6.入       湯       税 │    34,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │7.都   市   計   画   税 │   2,012,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.地  方  譲  与  税 │                    │    510,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.地 方 揮 発 油 譲 与 税   │    145,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.自 動 車 重 量 譲 与 税   │    330,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.特 別 と ん 譲 与 税     │    35,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.利 子 割 交 付 金   │                    │    60,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.利  子  割  交  付  金  │    60,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │4.配 当 割 交 付 金   │                    │    50,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.配  当  割  交  付  金  │    50,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │5.株式等譲渡所得割交付金   │                    │    21,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.株式等譲渡所得割交付金       │    21,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │6.地方消費税交付金      │                    │   2,300,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.地 方 消 費 税 交 付 金   │   2,300,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │7.ゴルフ場利用税交付金    │                    │    12,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.ゴルフ場利用税交付金        │    12,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │8.自動車取得税交付金     │                    │    60,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.自 動 車 取 得 税 交 付 金 │    60,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │9.地 方 特 例 交 付 金 │                    │    86,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.地 方 特 例 交 付 金     │    86,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │10.地  方  交  付  税 │                    │   7,493,918│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.地   方   交   付   税 │   7,493,918│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │11.交通安全対策特別交付金   │                    │    41,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.交通安全対策特別交付金       │    41,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │12.分担金及び負担金      │                    │    373,829│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.負       担       金 │    373,829│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │13.使用料及び手数料      │                    │   2,788,203│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.使       用       料 │   2,229,327│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.手       数       料 │    558,876│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │14.国  庫  支  出  金 │                    │  11,069,792│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.国   庫   負   担   金 │   6,920,871│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.国   庫   補   助   金 │   4,110,350│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.委       託       金 │    38,571│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │15.県   支   出   金 │                    │   3,813,773│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.県    負    担    金  │   2,282,019│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.県    補    助    金  │   1,141,079│ │                ├────────────────────┼───────┤
    │                │3.委       託       金 │    390,675│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │16.財   産   収   入 │                    │    257,214│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.財  産  運  用  収  入  │    197,222│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.財  産  売  払  収  入  │    59,992│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │17.寄     附     金 │                    │    12,100│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.寄       附       金 │    12,100│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │18.繰     入     金 │                    │   4,985,106│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.基   金   繰   入   金 │   4,985,106│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │19.繰     越     金 │                    │    300,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.繰       越       金 │    300,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │20.諸     収     入 │                    │   1,905,568│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.延滞金加算金及び過料        │    10,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.市   預   金   利   子 │     1,740│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.貸 付 金 元 利 収 入     │    471,295│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.雑               入 │   1,422,533│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │21.市           債 │                    │   6,556,200│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.市               債 │   6,556,200│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     入     合     計         │  69,760,000│ └─────────────────────────────────────┴───────┘  歳 出                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.議     会     費 │                    │    489,073│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.議       会       費 │    489,073│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.総     務     費 │                    │  10,579,024│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.総   務   管   理   費 │   9,089,257│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.徴       税       費 │    802,402│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.戸 籍 住 民 基 本 台 帳 費 │    374,470│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.選       挙       費 │    117,747│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │5.統   計   調   査   費 │    114,174│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │6.監   査   委   員   費 │    80,974│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.民     生     費 │                    │  22,644,185│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.社   会   福   祉   費 │   8,627,885│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.老   人   福   祉   費 │   2,759,370│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.児   童   福   祉   費 │   7,203,911│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.生   活   保   護   費 │   3,968,479│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │5.女 性 活 動 推 進 費     │    84,540│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │4.衛     生     費 │                    │   4,218,254│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.保   健   衛   生   費 │   1,991,335│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.清       掃       費 │   2,195,058│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.環 境 保 全 対 策 費     │    31,861│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │5.労     働     費 │                    │     5,892│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.労    働    諸    費  │     5,892│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │6.農 林 水 産 業 費   │                    │    552,484│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.農       業       費 │    338,262│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.林       業       費 │    21,781│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.水    産    業    費  │    192,441│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │7.商     工     費 │                    │   2,400,464│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.商       工       費 │   2,400,464│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │8.土     木     費 │                    │   9,873,507│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.土   木   管   理   費 │    646,768│ │                ├────────────────────┼───────┤
    │                │2.道   路   橋   梁   費 │   3,036,071│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.河       川       費 │    318,608│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.港       湾       費 │    264,216│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │5.都   市   計   画   費 │   2,514,387│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │6.下    水    道    費  │   1,689,599│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │7.住       宅       費 │    764,605│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │8.交 通 安 全 対 策 費     │    639,253│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │9.消     防     費 │                    │   3,510,686│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.消       防       費 │   3,510,686│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │10.教     育     費 │                    │   9,267,338│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.教   育   総   務   費 │    980,733│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.小    学    校    費  │   1,572,249│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.中    学    校    費  │    828,354│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.幼    稚    園    費  │    744,214│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │5.社   会   教   育   費 │    910,025│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │6.保   健   体   育   費 │   4,231,763│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │11.災  害  復  旧  費 │                    │    155,485│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.災   害   対   策   費 │    155,485│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │12.公     債     費 │                    │   5,813,608│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.公       債       費 │   5,813,608│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │13.予     備     費 │                    │    250,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.予       備       費 │    250,000│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     出     合     計         │  69,760,000│ └─────────────────────────────────────┴───────┘ 第2表 継続費                                         (単位 千円) ┌──────┬───────┬────────────┬─────┬─────┬─────┐ │  款   │   項   │   事 業 名    │ 総 額 │ 年 度 │ 年割額 │ ├──────┼───────┼────────────┼─────┼─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成27年度│  34,785│ │      │       │            │     ├─────┼─────┤ │ 2.総務費 │ 1.徴税費  │固定資産評価業務委託  │  104,760│平成28年度│  34,752│ │      │       │            │     ├─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成29年度│  35,223│ ├──────┼───────┼────────────┼─────┼─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成27年度│  163,987│ │      │       │            │     ├─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成28年度│ 1,429,917│ │ 8.土木費 │ 5.都市計画費│大甕駅周辺地区整備事業 │ 3,594,088├─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成29年度│ 1,965,184│ │      │       │            │     ├─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成30年度│  35,000│ ├──────┼───────┼────────────┼─────┼─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成27年度│  532,385│ │ 9.消防費 │ 1.消防費  │多賀消防署庁舎整備事業 │  762,000├─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成28年度│  229,615│ ├──────┼───────┼────────────┼─────┼─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成27年度│  468,800│ │      │ 2.小学校費 │諏訪小学校校舎改築事業 │ 1,178,500├─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成28年度│  709,700│ │10.教育費 ├───────┼────────────┼─────┼─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成27年度│  113,252│ │      │ 6.保健体育費│運動公園施設整備事業  │  586,000├─────┼─────┤ │      │       │            │     │平成28年度│  472,748│ └──────┴───────┴────────────┴─────┴─────┴─────┘ 第3表 債務負担行為                                         (単位 千円) ┌───────────────────────────────┬───────┬─────┐ │         事           項         │  期  間 │ 限度額 │ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │茨城県信用保証協会が平成27年度に産業集積促進融資制度に基づき│平成43年度まで│  96,000│ │保証した債務に対する損失補償                 │       │     │ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │OA機器賃借料                        │平成32年度まで│  83,600│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │例規集データベース業務委託                  │平成32年度まで│  15,300│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │自動体外式除細動器賃借料                   │平成32年度まで│   1,400│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │学校給食共同調理場用地取得事業                │平成31年度まで│  113,500│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │日立市土地開発公社が平成27年度に金融機関から借入れる学校給食│平成31年度まで│  102,600│ │共同調理場用地取得事業資金に対する債務保証          │       │     │ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │道路新設改良用地取得事業                   │平成30年度まで│  62,500│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤
    │日立市土地開発公社が平成27年度に金融機関から借入れる道路新設│平成30年度まで│  60,300│ │改良用地取得事業資金に対する債務保証             │       │     │ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │機械警備業務委託                       │平成29年度まで│   1,800│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │本庁舎等清掃業務委託                     │平成28年度まで│  60,900│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │構内電話交換業務委託                     │平成28年度まで│  10,800│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │本庁舎巡回及び夜間管理業務委託                │平成28年度まで│  19,800│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │計量器定期検査業務委託                    │平成28年度まで│   5,700│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │道路等清掃・環境整備委託                   │平成28年度まで│  30,800│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │地域清掃土砂等回収業務委託                  │平成28年度まで│   2,700│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │都市公園等ごみ収集委託                    │平成28年度まで│   1,700│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │かみね公園便所清掃委託                    │平成28年度まで│   3,800│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │市営住宅給水施設維持管理等委託                │平成28年度まで│   1,100│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │諏訪小学校仮設校舎及び仮設渡り廊下賃借料           │平成28年度まで│  48,000│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │久慈小学校校舎・屋内運動場改築基本・実施設計業務委託     │平成28年度まで│  83,000│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │池の川総合公園駐車場用地取得事業               │平成28年度まで│  277,000│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │日立市土地開発公社が平成27年度に金融機関から借入れる池の川総│平成28年度まで│  273,500│ │合公園駐車場用地取得事業資金に対する債務保証         │       │     │ └───────────────────────────────┴───────┴─────┘ 第4表 地方債                                            (単位 千円) ┌──────────────────────┬─────┬─────┬──────┬──────┐ │      起 債 の 目 的       │限 度 額│起債の方法│ 利 率  │償還の方法 │ ├──────────────────────┼─────┼─────┼──────┼──────┤ │新庁舎建設事業費              │  355,600│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │新庁舎建設事業費(合併特例事業債)     │  555,300│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │交流センター耐震補強事業費         │   5,900│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │防災体制整備事業費             │   7,500│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │すえひろ老人の家解体事業費(合併特例事業債)│  14,200│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │おおくぼ保育園園舎改築事業費        │  13,000│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │県北東部地区広域営農団地農道整備事業負担金 │  11,600│     │      │      │ │(合併特例事業債)             │     │     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │中山間地域総合整備事業負担金        │  26,800│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │道路再生事業費               │  87,000│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │5.0%以内 │据置期間満 │ │道路新設改良事業費             │  58,000│     │(ただし、利│了後30年以 │ ├──────────────────────┼─────┤     │率見直し方 │内に償還す │ │大甕水木連絡道路整備事業費         │  96,100│     │式で借り入 │る。ただし、│ ├──────────────────────┼─────┤     │れる政府資 │市財政の都 │ │中所沢川尻線改築事業費           │  36,600│     │金及び地方 │合により、据│ ├──────────────────────┼─────┤証書借入又│公共団体金 │置期間及び │ │市道7473号線改築事業費         │  18,500│は証券発行│融機構資金 │償還期間を │ ├──────────────────────┼─────┤     │について、利│短縮し、もし│ │市道9号線改築事業費            │  22,800│     │率見直しを │くは繰上償 │ ├──────────────────────┼─────┤     │行った後に │還又は低利 │ │鮎川町地内道路新設事業費          │  16,900│     │おいては、当│に借換えす │ ├──────────────────────┼─────┤     │該見直し後 │ることがで │ │市道3509号線改築事業費         │  23,200│     │の利率)  │きる。   │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │橋梁長寿命化事業費             │  33,700│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │橋梁新設改良事業費             │  29,500│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │田尻川調整池整備事業費           │  66,600│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │港湾修築事業負担金             │  114,300│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │新交通導入事業費              │  626,300│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │大甕駅周辺地区整備事業費          │  69,100│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │多賀地区整備事業費             │  106,200│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │歩道整備事業費               │  124,600│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │通学路対策事業費              │  16,200│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │消防施設整備事業費             │  24,000│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │消防施設整備事業費(合併特例事業債)    │  505,700│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │特別支援学校非構造部材耐震化事業費     │   9,900│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │小学校非構造部材耐震化事業費        │  128,600│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │諏訪小学校校舎改築事業費          │  103,100│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │中学校非構造部材耐震化事業費        │  225,700│     │      │      │
    ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │運動公園施設整備事業費           │  43,300│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │運動公園施設整備事業費(合併特例事業債)  │  52,800│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │スポーツ広場等施設整備事業費        │   4,800│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │運動公園新中央体育館建設事業費(合併特例事業│  917,800│     │      │      │ │債)                    │     │     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │災害援護資金貸付金             │   5,000│     │      │      │ ├──────────────────────┼─────┤     │      │      │ │臨時財政対策債               │ 2,000,000│     │      │      │ └──────────────────────┴─────┴─────┴──────┴──────┘ 2                                           議案第2号            平成27年度  日立市国民健康保険事業特別会計予算  平成27年度 日立市の国民健康保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 事業勘定の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ18,548,040千円と定める。 2 事業勘定の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。  (債務負担行為) 第2条 地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、  「第2表 債務負担行為」による。  (歳出予算の流用) 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができ  る場合は、次のとおりと定める。 (1) 保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項   の間の流用。 (2) 各項に計上した給料、職員手当等及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内で   のこれらの経費の各項の間の流用。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.国 民 健 康 保 険 料 │                    │   3,422,580│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.国 民 健 康 保 険 料     │   3,422,580│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.国  庫  支  出  金 │                    │   3,793,513│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.国   庫   負   担   金 │   2,893,513│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.国   庫   補   助   金 │    900,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.療養給付費交付金      │                    │    722,746│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.療 養 給 付 費 交 付 金   │    722,746│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │4.前期高齢者交付金      │                    │   4,159,132│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.前 期 高 齢 者 交 付 金   │   4,159,132│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │5.県   支   出   金 │                    │    867,597│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.県    負    担    金  │    102,018│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.県    補    助    金  │    765,579│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │6.共 同 事 業 交 付 金 │                    │   4,096,958│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.共 同 事 業 交 付 金     │   4,096,958│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │7.財   産   収   入 │                    │      33│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.財  産  運  用  収  入  │      33│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │8.繰     入     金 │                    │   1,465,031│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │   1,246,142│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.基   金   繰   入   金 │    218,889│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │9.諸     収     入 │                    │    20,450│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.延滞金加算金及び過料        │     4,030│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.雑               入 │    16,420│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     入     合     計         │  18,548,040│ └─────────────────────────────────────┴───────┘  歳 出                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.総     務     費 │                    │    268,100│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.総   務   管   理   費 │    132,678│ │                ├────────────────────┼───────┤
    │                │2.徴       収       費 │    82,981│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.運  営  協  議  会  費  │      425│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.特 別 対 策 事 業 費     │    52,016│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.保  険  給  付  費 │                    │  10,742,939│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.療    養    諸    費  │   9,646,133│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.高   額   療   養   費 │    999,244│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.移       送       費 │      20│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.出  産  育  児  諸  費  │    84,042│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │5.葬    祭    諸    費  │    13,500│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.後期高齢者支援金等     │                    │   2,304,017│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.後 期 高 齢 者 支 援 金 等 │   2,304,017│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │4.前期高齢者納付金等     │                    │     3,432│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.前 期 高 齢 者 納 付 金 等 │     3,432│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │5.老 人 保 健 拠 出 金 │                    │      200│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.老 人 保 健 拠 出 金     │      200│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │6.介  護  納  付  金 │                    │    989,812│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.介   護   納   付   金 │    989,812│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │7.共 同 事 業 拠 出 金 │                    │   4,096,968│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.共 同 事 業 拠 出 金     │   4,096,968│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │8.保  健  事  業  費 │                    │    117,539│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.特定健康診査等事業費        │    61,885│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.保   健   事   業   費 │    55,654│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │9.基  金  積  立  金 │                    │      33│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.基   金   積   立   金 │      33│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │10.諸   支   出   金 │                    │    15,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.償還金及び還付加算金        │    15,000│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │11.予     備     費 │                    │    10,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.予       備       費 │    10,000│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     出     合     計         │  18,548,040│ └─────────────────────────────────────┴───────┘ 第2表 債務負担行為                                         (単位 千円) ┌───────────────────────────────┬───────┬─────┐ │         事           項         │  期  間 │ 限度額 │ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │特定保健指導(積極的支援)委託                │平成28年度まで│    600│ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │特定保健指導(動機づけ支援)委託               │平成28年度まで│    100│ └───────────────────────────────┴───────┴─────┘ 3                                           議案第3号             平成27年度  日立市簡易水道事業特別会計予算  平成27年度 日立市の簡易水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ480,512千円と定める。 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。  (地 方 債) 第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方  法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.分担金及び負担金      │                    │      129│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.負       担       金 │      129│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.使用料及び手数料      │                    │    37,522│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.使       用       料 │    37,494│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.手       数       料 │      28│
    ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.国  庫  支  出  金 │                    │    104,169│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.国   庫   補   助   金 │    104,169│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │4.繰     入     金 │                    │    100,044│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │    100,044│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │5.繰     越     金 │                    │       1│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.繰       越       金 │       1│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │6.諸     収     入 │                    │      447│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.雑               入 │      447│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │7.市           債 │                    │    238,200│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.市               債 │    238,200│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     入     合     計         │    480,512│ └─────────────────────────────────────┴───────┘  歳 出                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.簡 易 水 道 管 理 費 │                    │    84,372│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.簡 易 水 道 管 理 費     │    84,372│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.施 設 整 備 事 業 費 │                    │    368,057│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.施 設 整 備 事 業 費     │    368,057│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.公     債     費 │                    │    28,083│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.公       債       費 │    28,083│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     出     合     計         │    480,512│ └─────────────────────────────────────┴───────┘ 第2表 地方債                                            (単位 千円) ┌──────────────────────┬─────┬─────┬──────┬──────┐ │      起 債 の 目 的       │限 度 額│起債の方法│ 利 率  │償還の方法 │ ├──────────────────────┼─────┼─────┼──────┼──────┤ │                      │     │     │5.0%以内 │据置期間満 │ │                      │     │     │(ただし、利│了後30年以 │ │                      │     │     │率見直し方 │内に償還す │ │                      │     │     │式で借り入 │る。ただし、│ │                      │     │     │れる政府資 │市財政の都 │ │                      │     │     │金及び地方 │合により、据│ │簡易水道等施設整備事業費          │  238,200│証書借入又│公共団体金 │置期間及び │ │                      │     │は証券発行│融機構資金 │償還期間を │ │                      │     │     │について、利│短縮し、もし│ │                      │     │     │率見直しを │くは繰上償 │ │                      │     │     │行った後に │還又は低利 │ │                      │     │     │おいては、当│に借換えす │ │                      │     │     │該見直し後 │ることがで │ │                      │     │     │の利率)  │きる。   │ └──────────────────────┴─────┴─────┴──────┴──────┘ 4                                           議案第4号           平成27年度  日立市公設地方卸売市場事業特別会計予算  平成27年度 日立市の公設地方卸売市場事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ236,139千円と定める。 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.使用料及び手数料      │                    │    24,833│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.使       用       料 │    24,830│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.手       数       料 │       3│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.財   産   収   入 │                    │       4│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.財  産  運  用  収  入  │       4│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.繰     入     金 │                    │    192,941│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │    192,941│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │4.繰     越     金 │                    │       1│ │                ├────────────────────┼───────┤
    │                │1.繰       越       金 │       1│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │5.諸     収     入 │                    │    18,360│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.雑               入 │    18,360│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     入     合     計         │    236,139│ └─────────────────────────────────────┴───────┘  歳 出                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.総     務     費 │                    │    233,139│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.総   務   管   理   費 │    233,139│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.予     備     費 │                    │     3,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.予       備       費 │     3,000│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     出     合     計         │    236,139│ └─────────────────────────────────────┴───────┘ 5                                           議案第5号             平成27年度  日立市介護保険事業特別会計予算  平成27年度 日立市の介護保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 事業勘定の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ14,355,762千円と定める。 2 事業勘定の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。  (歳出予算の流用) 第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができ  る場合は、次のとおりと定める。 (1) 保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項   の間の流用。 (2) 各項に計上した給料、職員手当等及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内で   のこれらの経費の各項の間の流用。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.保     険     料 │                    │   3,310,638│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.介   護   保   険   料 │   3,310,638│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.分担金及び負担金      │                    │     1,642│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.負       担       金 │     1,642│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.国  庫  支  出  金 │                    │   3,030,826│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.国   庫   負   担   金 │   2,403,951│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.国   庫   補   助   金 │    626,875│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │4.支 払 基 金 交 付 金 │                    │   3,822,092│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.支 払 基 金 交 付 金     │   3,822,092│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │5.県   支   出   金 │                    │   2,012,707│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.県    負    担    金  │   1,939,168│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.県    補    助    金  │    73,539│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │6.財   産   収   入 │                    │      302│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.財  産  運  用  収  入  │      302│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │7.繰     入     金 │                    │   2,177,150│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │   2,177,150│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │8.諸     収     入 │                    │      405│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.延滞金加算金及び過料        │       1│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.雑               入 │      404│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     入     合     計         │  14,355,762│ └─────────────────────────────────────┴───────┘  歳 出                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.総     務     費 │                    │    398,569│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.総   務   管   理   費 │    235,357│
    │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.徴       収       費 │    27,383│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.介 護 認 定 審 査 会 費   │    132,885│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.趣   旨   普   及   費 │     2,944│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.保  険  給  付  費 │                    │  13,366,953│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.介 護 サ ー ビ ス 等 諸 費 │  11,911,606│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.介護予防サービス等諸費       │    529,987│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.そ  の  他  の  諸  費  │    13,972│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.高額介護サービス等費        │    250,928│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │5.高額医療合算介護サービス等費    │    37,590│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │6.市 町 村 特 別 給 付 費   │     3,500│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │7.特定入所者介護サービス等費     │    619,370│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.地 域 支 援 事 業 費 │                    │    481,946│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.介護予防・生活支援サービス事業費  │    245,228│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.一 般 介 護 予 防 事 業 費 │    42,918│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.包括的支援事業・任意事業費     │    193,288│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │4.そ  の  他  の  諸  費  │      512│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │4.保 健 福 祉 事 業 費 │                    │      748│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.保 健 福 祉 事 業 費     │      748│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │5.基  金  積  立  金 │                    │    96,469│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.基   金   積   立   金 │    96,469│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │6.諸   支   出   金 │                    │     3,077│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.償還金及び還付加算金        │     3,077│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │7.予     備     費 │                    │     8,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.予       備       費 │     8,000│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     出     合     計         │  14,355,762│ └─────────────────────────────────────┴───────┘ 6                                           議案第6号            平成27年度  日立市介護サービス事業特別会計予算  平成27年度 日立市の介護サービス事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ644,899千円と定める。 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。  (債務負担行為) 第2条 地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、  「第2表 債務負担行為」による。  (歳出予算の流用) 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができ  る場合は、各項に計上した給料、職員手当等及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一  款内でのこれらの経費の各項の間の流用と定める。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.サ ー ビ ス 収 入   │                    │    536,957│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.介 護 給 付 費 収 入     │    444,764│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.介護予防・日常生活支援総合事業費収入│     4,453│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.自   己   負   担   金 │    87,740│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.繰     入     金 │                    │    107,837│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │    107,837│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.諸     収     入 │                    │      105│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.雑               入 │      105│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     入     合     計         │    644,899│ └─────────────────────────────────────┴───────┘  歳 出                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐
    │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.サ ー ビ ス 事 業 費 │                    │    644,899│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.居 宅 サ ー ビ ス 事 業 費 │    273,125│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.施設介護サービス事業費       │    369,316│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.介護予防・日常生活支援総合事業費  │     2,458│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     出     合     計         │    644,899│ └─────────────────────────────────────┴───────┘ 第2表 債務負担行為                                         (単位 千円) ┌───────────────────────────────┬───────┬─────┐ │         事           項         │  期 間  │ 限度額 │ ├───────────────────────────────┼───────┼─────┤ │十王デイサービスセンター清掃委託               │平成28年度まで│    500│ └───────────────────────────────┴───────┴─────┘ 7                                           議案第7号          平成27年度  日立市戸別合併処理浄化槽事業特別会計予算  平成27年度 日立市の戸別合併処理浄化槽事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ22,674千円と定める。 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.繰     入     金 │                    │    14,046│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │    14,046│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.諸     収     入 │                    │     8,628│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.雑               入 │     8,628│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     入     合     計         │    22,674│ └─────────────────────────────────────┴───────┘  歳 出                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.浄 化 槽 管 理 費   │                    │    15,273│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.浄  化  槽  管  理  費  │    15,273│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.公     債     費 │                    │     7,401│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.公       債       費 │     7,401│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     出     合     計         │    22,674│ └─────────────────────────────────────┴───────┘ 8                                           議案第8号           平成27年度  日立市後期高齢者医療事業特別会計予算  平成27年度 日立市の後期高齢者医療事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算) 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,436,907千円と定める。 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。       平成27年3月4日提出                                日立市長  吉 成   明 第1表 歳入歳出予算  歳 入                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.後期高齢者医療保険料    │                    │   2,045,542│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.後期高齢者医療保険料        │   2,045,542│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.広 域 連 合 交 付 金 │                    │    12,240│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.広 域 連 合 交 付 金     │    12,240│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.繰     入     金 │                    │    372,803│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.一 般 会 計 繰 入 金     │    372,803│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │4.諸     収     入 │                    │     6,322│ │                ├────────────────────┼───────┤
    │                │1.雑               入 │      22│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.延滞金加算金及び過料        │      300│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │3.償還金及び還付加算金        │     6,000│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     入     合     計         │   2,436,907│ └─────────────────────────────────────┴───────┘  歳 出                                         (単位 千円) ┌────────────────┬────────────────────┬───────┐ │       款        │         項          │  金 額  │ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │1.総     務     費 │                    │    23,485│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.総   務   管   理   費 │     7,040│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │2.徴       収       費 │    16,445│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │2.後期高齢者医療広域連合納付金│                    │   2,395,114│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.後期高齢者医療広域連合納付金    │   2,395,114│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │3.保  健  事  業  費 │                    │    12,308│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.保   健   事   業   費 │    12,308│ ├────────────────┼────────────────────┼───────┤ │4.諸   支   出   金 │                    │     6,000│ │                ├────────────────────┼───────┤ │                │1.償還金及び還付加算金        │     6,000│ ├────────────────┴────────────────────┼───────┤ │         歳     出     合     計         │   2,436,907│ └─────────────────────────────────────┴───────┘ 9                                           議案第9号               平成27年度  日立市水道事業会計予算  (総  則) 第1条 平成27年度水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。  (業務の予定量) 第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。     (1)給  水  件  数               84,300件     (2)年 間 総 給 水 量            21,511,000立方メートル     (3)一日平均給水量                  58,773立方メートル     (4)主要な建設改良事業       ア 水源及び配水施設整備事業      事業費   954,226千円       イ 配水管整備事業           事業費   903,326千円  (収益的収入及び支出) 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。                      収     入       第1款 水 道 事 業 収 益          4,181,446千円        第1項 営  業  収  益          3,353,686千円        第2項 営 業 外 収 益            827,760千円                      支     出       第1款 水 道 事 業 費 用          3,675,188千円        第1項 営  業  費  用          2,926,105千円        第2項 営 業 外 費 用            729,083千円        第3項 予   備   費            20,000千円  (資本的収入及び支出) 第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める(資本的収入額が資本的支出額に対し不足す  る額1,513,983千円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額131,232千円、過年度分損益勘定  留保資金186,020千円、当年度分損益勘定留保資金696,731千円及び建設改良積立金500,000千円で補填する  ものとする。)。                      収     入       第1款 水道事業資本的収入            1,497,691千円        第1項 企   業   債           1,441,300千円        第2項 負   担   金            56,391千円                      支     出       第1款 水道事業資本的支出            3,011,674千円        第1項 建 設 改 良 費           1,890,237千円        第2項 企 業 債 償 還 金         1,121,437千円  (債務負担行為) 第5条 債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額は、次のとおりと定める。 ┌─────────────────────┬─────────┬─────────────┐ │      事       項      │  期   間  │    限 度 額    │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │森山浄水場保安管理業務委託        │ 平成28年度まで │      11,400千円  │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │十王浄水場保安管理業務委託        │ 平成28年度まで │      12,500千円  │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │森山浄水場管理棟清掃業務委託       │ 平成28年度まで │       1,300千円  │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │水質モニター保守点検業務委託       │ 平成28年度まで │       4,400千円  │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │水 質 検 査 業 務 委 託      │ 平成28年度まで │       8,100千円  │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │待  機  業  務  委  託     │ 平成28年度まで │      18,200千円  │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │企 業 局 庁 舎 清 掃 業 務 委 託│ 平成28年度まで │       1,400千円  │
    ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │地図情報システム保守点検業務委託     │ 平成28年度まで │        400千円  │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │企業局庁舎機械警備業務委託        │ 平成28年度まで │        200千円  │ └─────────────────────┴─────────┴─────────────┘  (企 業 債) 第6条 起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、次のとおりと定める。 ┌──────────┬───────┬─────┬─────┬──────────────┐ │  起債の目的   │  限度額  │起債の方法│ 利 率 │    償還の方法     │ ├──────────┼───────┼─────┼─────┼──────────────┤ │送水管更新事業費  │  646,300千円│     │     │ 据置期間満了後40年以内に償│ ├──────────┼───────┤証書借入 │ 5.0%  │還する。          │ │配水管整備事業費  │  795,000千円│又  は │   以内│ ただし、企業財政の都合によ│ ├──────────┼───────┤証券発行 │     │り、据置期間及び償還期限を短│ │    計     │ 1,441,300千円│     │     │縮し、もしくは繰上償還又は低│ │          │       │     │     │利に借換えすることができる。│ └──────────┴───────┴─────┴─────┴──────────────┘  (一時借入金) 第7条 一時借入金の限度額は、1,000,000千円と定める。  (予定支出の各項の経費の金額の流用) 第8条 予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。        第1項 営  業  費  用        第2項 営 業 外 費 用  (議会の議決を経なければ流用することのできない経費) 第9条 次に掲げる経費については、その経費の金額を、それ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の  経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。       (1)職 員 給 与 費       714,742千円       (2)交   際   費         370千円  (たな卸資産購入限度額) 第10条 たな卸資産の購入限度額は、36,895千円と定める。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成  明 10                                          議案第10号              平成27年度  日立市下水道事業会計予算  (総  則) 第1条 平成27年度下水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。  (業務の予定量) 第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。     (1)水 洗 化 戸 数               82,480戸     (2)年 間 処 理 水 量           21,182,000立方メートル     (3)一日平均処理水量                57,874立方メートル     (4)主要な建設改良事業       ア 中央処理区改良事業       事業費   1,055,266千円       イ 流域下水道建設事業       事業費    87,008千円       ウ 雨 水 対 策 事 業     事業費    279,478千円  (収益的収入及び支出) 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。                      収     入       第1款 下水道事業収益             4,232,361千円        第1項 営  業  収  益         2,974,017千円        第2項 営 業 外 収 益          1,258,344千円                      支     出       第1款 下水道事業費用             4,035,408千円        第1項 営  業  費  用         3,602,814千円        第2項 営 業 外 費 用           412,594千円        第3項 予   備   費           20,000千円  (資本的収入及び支出) 第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する  額1,056,091千円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額36,189千円及び当年度分損益勘定留  保資金1,019,902千円で補填するものとする。)。                      収     入       第1款 下水道事業資本的収入           1,832,728千円        第1項 企   業   債            608,500千円        第2項 国 県 補 助 金            580,745千円        第3項 負   担   金            191,720千円        第4項 一般会計補助金              451,763千円                      支     出       第1款 下水道事業資本的支出           2,888,819千円        第1項 中央処理区改良費            1,055,266千円        第2項 流域下水道建設費             87,008千円        第3項 雨 水 対 策 費            279,478千円        第4項 企 業 債 償 還 金         1,467,067千円  (債務負担行為) 第5条 債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額は、次のとおりと定める。 ┌─────────────────────┬─────────┬─────────────┐ │      事       項      │  期   間  │    限 度 額    │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │池の川処理場維持管理業務委託       │ 平成28年度まで │      104,800千円  │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │池の川処理場清掃業務委託         │ 平成28年度まで │       5,100千円  │
    ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │中央監視制御装置保守点検業務委託     │ 平成28年度まで │       1,900千円  │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │各ポンプ場維持管理業務委託        │ 平成28年度まで │      22,200千円  │ ├─────────────────────┼─────────┼─────────────┤ │地図情報システム保守点検業務委託     │ 平成28年度まで │        400千円  │ └─────────────────────┴─────────┴─────────────┘  (企 業 債) 第6条 起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、次のとおりと定める。 ┌────────────┬───────┬─────┬─────┬──────────────┐ │   起債の目的    │  限度額  │起債の方法│ 利 率 │    償還の方法     │ ├────────────┼───────┼─────┼─────┼──────────────┤ │公共下水道建設事業費  │  581,200千円│     │     │ 据置期間満了後40年以内に償│ ├────────────┼───────┤     │     │還する。          │ │流域下水道建設負担金  │  15,200千円│証書借入 │ 5.0%  │ ただし、企業財政の都合によ│ ├────────────┼───────┤又  は │   以内│り、据置期間及び償還期限を短│ │広域汚泥焼却炉建設負担金│  12,100千円│証券発行 │     │縮し、もしくは繰上償還又は低│ ├────────────┼───────┤     │     │利に借換えすることができる。│ │     計      │  608,500千円│     │     │              │ └────────────┴───────┴─────┴─────┴──────────────┘  (一時借入金) 第7条 一時借入金の限度額は、2,000,000千円と定める。  (予定支出の各項の経費の金額の流用) 第8条 予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。        第1項 営  業  費  用        第2項 営 業 外 費 用  (議会の議決を経なければ流用することのできない経費) 第9条 次に掲げる経費については、その経費の金額を、それ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の  経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。        (1)職 員 給 与 費       223,143千円        (2)交   際   費         80千円  (他会計からの補助金) 第10条 一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は、451,763千円である。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 11                                          議案第11号            平成26年度  日立市一般会計補正予算(第5号)  平成26年度 日立市の一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,348,478千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出そ  れぞれ67,705,589千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。  (継続費の補正) 第2条 継続費の変更は、「第2表 継続費補正」による。  (繰越明許費の補正) 第3条 繰越明許費の追加は、「第3表 繰越明許費補正」による。  (地方債の補正) 第4条 地方債の変更、廃止は、「第4表 地方債補正」による。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                         (単位 千円) ┌──────────┬───────────┬───────┬───────┬──────┐ │    款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 1. 市     税 │           │  27,432,596│    460,000│ 27,892,596│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.市   民   税 │  11,924,000│    460,000│ 12,384,000│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │10. 地方交付税   │           │   5,000,000│    975,503│  5,975,503│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.地 方 交 付 税 │   5,000,000│    975,503│  5,975,503│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │12. 分担金及び負担金│           │    697,505│     △843│   696,662│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.負   担   金 │    697,505│     △843│   696,662│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │13. 使用料及び手数料│           │   2,576,469│    12,408│  2,588,877│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.使   用   料 │   2,019,550│    14,767│  2,034,317│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │2.手   数   料 │    556,919│    △2,359│   554,560│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │14. 国庫支出金   │           │  11,261,882│    66,002│ 11,327,884│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.国 庫 負 担 金 │   6,708,614│    18,538│  6,727,152│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │2.国 庫 補 助 金 │   4,515,779│    47,464│  4,563,243│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │15. 県 支 出 金 │           │   4,088,104│    102,575│  4,190,679│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.県  負  担  金│   2,010,734│    48,960│  2,059,694│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │2.県  補  助  金│   1,582,593│    53,615│  1,636,208│
    ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │16. 財 産 収 入 │           │    274,489│    10,858│   285,347│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.財産運用収入    │    201,139│     △178│   200,961│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │2.財産売払収入    │    73,350│    11,036│   84,386│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │17. 寄  附  金 │           │    28,250│     1,779│   30,029│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.寄   附   金 │    28,250│     1,779│   30,029│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │18. 繰  入  金 │           │   2,552,435│   △617,089│  1,935,346│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.基 金 繰 入 金 │   2,552,435│   △617,089│  1,935,346│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │20. 諸  収  入 │           │   1,325,586│    △4,715│  1,320,871│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │4.雑       入 │    858,062│    △4,715│   853,347│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │21. 市     債 │           │   5,031,500│    342,000│  5,373,500│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.市       債 │   5,031,500│    342,000│  5,373,500│ ├──────────┴───────────┼───────┼───────┼──────┤ │      歳  入  合  計      │  66,357,111│   1,348,478│ 67,705,589│ └──────────────────────┴───────┴───────┴──────┘  歳 出                                         (単位 千円) ┌──────────┬───────────┬───────┬───────┬──────┐ │    款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 2. 総  務  費 │           │   7,505,948│    869,652│  8,375,600│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.総 務 管 理 費 │   6,118,844│    869,652│  6,988,496│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 3. 民  生  費 │           │  22,787,961│   △98,127│ 22,689,834│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.社 会 福 祉 費 │   8,662,635│   △164,570│  8,498,065│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │2.老 人 福 祉 費 │   2,740,459│    24,000│  2,764,459│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │3.児 童 福 祉 費 │   7,402,575│    42,443│  7,445,018│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 4. 衛  生  費 │           │   4,504,547│    105,919│  4,610,466│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.保 健 衛 生 費 │   2,246,824│    124,588│  2,371,412│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │2.清   掃   費 │   2,219,005│   △18,669│  2,200,336│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 5. 労  働  費 │           │     3,184│     5,000│    8,184│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.労  働  諸  費│     3,184│     5,000│    8,184│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 6. 農林水産業費  │           │    691,332│   △20,997│   670,335│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.農   業   費 │    399,680│   △20,997│   378,683│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 7. 商  工  費 │           │   3,171,609│    161,886│  3,333,495│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.商   工   費 │   3,171,609│    161,886│  3,333,495│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 8. 土  木  費 │           │   9,542,501│   △145,455│  9,397,046│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │2.道 路 橋 梁 費 │   3,602,302│   △97,670│  3,504,632│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │4.港   湾   費 │    258,278│     5,000│   263,278│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │5.都 市 計 画 費 │   2,092,667│    △1,654│  2,091,013│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │6.下  水  道  費│   1,542,894│   △49,678│  1,493,216│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │8.交通安全対策費   │    352,942│    △1,453│   351,489│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 9. 消  防  費 │           │   3,241,024│    80,913│  3,321,937│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.消   防   費 │   3,241,024│    80,913│  3,321,937│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │10. 教  育  費 │           │   7,626,602│    575,006│  8,201,608│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.教 育 総 務 費 │    919,130│     5,006│   924,136│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │6.保 健 体 育 費 │   3,481,311│    570,000│  4,051,311│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │11. 災害復旧費   │           │    176,638│   △36,960│   139,678│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.災 害 対 策 費 │    176,638│   △36,960│   139,678│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │12. 公  債  費 │           │   6,389,728│   △148,359│  6,241,369│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.公   債   費 │   6,389,728│   △148,359│  6,241,369│ ├──────────┴───────────┼───────┼───────┼──────┤ │      歳  出  合  計      │  66,357,111│   1,348,478│ 67,705,589│ └──────────────────────┴───────┴───────┴──────┘ 第2表 継続費補正  変 更                                             (単位 千円) ┌─────┬────┬──────┬───────────────┬───────────────┐ │     │    │      │     補 正 前     │     補 正 後     │ │  款  │ 項  │ 事業名  ├─────┬───┬─────┼─────┬───┬─────┤
    │     │    │      │ 総 額 │年 度│ 年割額 │ 総 額 │年 度│ 年割額 │ ├─────┼────┼──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  51,424│     │平 成│  51,424│ │     │    │      │     │20年度│     │     │20年度│     │ │     │    │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  50,013│     │平 成│  50,013│ │     │    │      │     │21年度│     │     │21年度│     │ │     │    │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  49,343│     │平 成│  49,343│ │     │    │      │     │22年度│     │     │22年度│     │ │     │    │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  47,892│     │平 成│  47,892│ │     │1.土 木│地籍調査委託│     │23年度│     │     │23年度│     │ │     │ 管理費│(7次)事業│  432,803├───┼─────┤  431,321├───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  96,963│     │平 成│  96,963│ │     │    │      │     │24年度│     │     │24年度│     │ │ 8.土木費 │    │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  62,664│     │平 成│  62,664│ │     │    │      │     │25年度│     │     │25年度│     │ │     │    │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  63,872│     │平 成│  63,872│ │     │    │      │     │26年度│     │     │26年度│     │ │     │    │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  10,632│     │平 成│   9,150│ │     │    │      │     │27年度│     │     │27年度│     │ │     ├────┼──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  188,160│     │平 成│  188,160│ │     │    │      │     │26年度│     │     │26年度│     │ │     │    │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │5.都 市│新交通導入事│ 1,822,820│平 成│  805,264│ 1,940,188│平 成│  887,276│ │     │ 計画費│業     │     │27年度│     │     │27年度│     │ │     │    │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  829,396│     │平 成│  864,752│ │     │    │      │     │28年度│     │     │28年度│     │ ├─────┼────┼──────┼─────┼───┼─────┼─────┼───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│  566,000│     │平 成│  566,000│ │     │    │      │     │25年度│     │     │25年度│     │ │     │    │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │    │運動公園新中│     │平 成│ 2,179,075│     │平 成│ 2,749,075│ │     │    │央体育館(池│     │26年度│     │     │26年度│     │ │10.教育費 │6.保 健│の川さくらア│ 5,280,000├───┼─────┤ 5,280,000├───┼─────┤ │     │ 体育費│リーナ)建設│     │平 成│ 2,527,669│     │平 成│ 1,957,669│ │     │    │事業    │     │27年度│     │     │27年度│     │ │     │    │      │     ├───┼─────┤     ├───┼─────┤ │     │    │      │     │平 成│   7,256│     │平 成│   7,256│ │     │    │      │     │28年度│     │     │28年度│     │ └─────┴────┴──────┴─────┴───┴─────┴─────┴───┴─────┘ 第3表 繰越明許費補正  追 加                                         (単位 千円) ┌────────┬────────┬─────────────────────┬─────┐ │   款    │   項    │      事   業   名      │ 金 額 │ ├────────┼────────┼─────────────────────┼─────┤ │ 2. 総 務 費 │1.総務管理費  │特定課題検討事業             │   9,883│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │総合戦略策定事業             │  14,394│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │定住促進事業               │  42,100│ ├────────┼────────┼─────────────────────┼─────┤ │ 3. 民 生 費 │2.老人福祉費  │老人福祉施設等の民間施設整備費補助事業  │  20,000│ │        ├────────┼─────────────────────┼─────┤ │        │3.児童福祉費  │(仮称)ひたち子どもセンター開設事業   │   6,000│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │認定こども園整備費助成事業        │  85,116│ ├────────┼────────┼─────────────────────┼─────┤ │ 4. 衛 生 費 │1.保健衛生費  │地域医療体制確保事業           │  87,000│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │十王霊園施設整備事業           │  20,920│ ├────────┼────────┼─────────────────────┼─────┤ │ 5. 労 働 費 │1.労 働 諸 費│雇用安定対策事業             │   5,000│ ├────────┼────────┼─────────────────────┼─────┤ │ 6. 農林水産業費│1.農  業  費│中里・たかはら地区定住促進対策事業    │   3,159│ ├────────┼────────┼─────────────────────┼─────┤ │ 7. 商 工 費 │1.商  工  費│中小企業支援対策事業           │   2,330│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │緊急消費喚起事業             │  213,950│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │本社機能移転等促進事業          │   1,000│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │動物園活性化事業             │   2,020│ ├────────┼────────┼─────────────────────┼─────┤ │ 8. 土 木 費 │1.土木管理費  │住宅・建築物耐震改修促進事業       │  11,100│ │        ├────────┼─────────────────────┼─────┤ │        │2.道路橋梁費  │(仮称)中丸アクセス道路新設事業     │  25,038│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │久慈茂宮線改良事業            │  296,814│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │市道4965号線改良事業         │  55,682│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │観音前下新旗線新設事業          │  24,633│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │市道10043号線改良事業        │  71,656│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │市道3225号線改良事業         │  35,527│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │旭町地内避難路整備事業          │  73,879│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │会瀬町地内避難通路整備事業        │  17,167│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤
    │        │        │大甕水木連絡道路整備事業         │  396,942│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │中所沢川尻線(市道640号線)改築事業  │   5,400│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │金沢諏訪線(市道4820号線)改築事業  │   5,542│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │市道9号線改築事業            │  179,556│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │市道7175号線改築事業         │  84,276│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │鮎川町地内道路新設事業          │  20,700│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │橋梁長寿命化事業             │  50,000│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │大新橋架換事業              │   5,200│ │        ├────────┼─────────────────────┼─────┤ │        │3.河  川  費│田尻川調整池整備事業           │  65,752│ │        ├────────┼─────────────────────┼─────┤ │        │5.都市計画費  │新交通導入事業              │  373,298│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │大甕駅南北こ線橋整備事業         │    930│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │大甕駅周辺地区整備事業          │  588,183│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │小木津山自然公園拡張整備事業       │  25,000│ │        ├────────┼─────────────────────┼─────┤ │        │8.交通安全対策費│市道10005号線歩道整備事業      │  13,406│ ├────────┼────────┼─────────────────────┼─────┤ │ 9. 消 防 費 │1.消  防  費│住宅用火災警報器設置促進事業       │  46,434│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │消防水利整備事業             │  35,721│ ├────────┼────────┼─────────────────────┼─────┤ │10. 教 育 費 │1.教育総務費  │学力向上事業               │   2,705│ │        │        ├─────────────────────┼─────┤ │        │        │国際理解教育推進事業           │   2,301│ │        ├────────┼─────────────────────┼─────┤ │        │5.社会教育費  │多賀図書館耐震補強事業          │  95,960│ └────────┴────────┴─────────────────────┴─────┘ 第4表 地方債補正  変 更                                         (単位 千円) ┌─────────────────────────┬─────────┬─────────┐ │        起 債 の 目 的        │ 補正前限度額  │ 補正後限度額  │ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │県北東部地区広域営農団地農道整備事業負担金(合併 │      18,900│      13,600│ │特例事業債)                   │         │         │ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │中山間地域総合整備事業負担金           │      28,700│      10,600│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │道路新設改良事業費                │      208,000│      194,300│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │大甕水木連絡道路整備事業費            │      158,100│      177,500│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │中所沢川尻線改築事業費              │      28,200│      22,500│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │金沢諏訪線改築事業費(合併特例事業債)      │      25,200│       2,500│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │橋梁長寿命化事業費                │      34,300│      36,600│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │新交通導入事業費                 │      216,400│      249,100│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │大甕駅周辺地区整備事業費             │      328,500│      332,700│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │通学路対策事業費                 │      16,000│      14,400│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │消防施設整備事業費                │      28,100│      38,800│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │多賀図書館耐震補強事業費             │      122,200│      108,700│ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │運動公園新中央体育館建設事業費(合併特例事業債) │     1,035,000│     1,429,500│ └─────────────────────────┴─────────┴─────────┘  廃 止                                         (単位 千円) ┌─────────────────────────┬─────────┬─────────┐ │        起 債 の 目 的        │ 補正前限度額  │ 補正後限度額  │ ├─────────────────────────┼─────────┼─────────┤ │港湾修築事業負担金                │      41,200│         0│ └─────────────────────────┴─────────┴─────────┘ 12                                          議案第12号        平成26年度  日立市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)  平成26年度 日立市の国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ244千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ  16,895,399千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第  1表 歳入歳出予算補正」による。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                         (単位 千円) ┌──────────┬───────────┬───────┬───────┬──────┐
    │    款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 2. 国庫支出金   │           │   3,850,656│     2,523│  3,853,179│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │2.国 庫 補 助 金 │    900,000│     2,523│   902,523│ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │ 8. 繰  入  金 │           │   1,483,751│    △2,279│  1,481,472│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.一般会計繰入金   │   1,369,220│    74,367│  1,443,587│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │2.基 金 繰 入 金 │    114,531│   △76,646│   37,885│ ├──────────┴───────────┼───────┼───────┼──────┤ │      歳  入  合  計      │  16,895,155│      244│ 16,895,399│ └──────────────────────┴───────┴───────┴──────┘  歳 出                                         (単位 千円) ┌──────────┬───────────┬───────┬───────┬──────┐ │    款     │     項     │ 補正前の額 │ 補 正 額 │  計   │ ├──────────┼───────────┼───────┼───────┼──────┤ │10. 諸 支 出 金 │           │    120,726│      244│   120,970│ │          ├───────────┼───────┼───────┼──────┤ │          │1.償還金及び還付加算金│    120,726│      244│   120,970│ ├──────────┴───────────┼───────┼───────┼──────┤ │      歳  出  合  計      │  16,895,155│      244│ 16,895,399│ └──────────────────────┴───────┴───────┴──────┘ 13                                          議案第13号       平成26年度  日立市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算(第3号)  平成26年度 日立市の公設地方卸売市場事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。  (繰越明許費) 第1条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第  1表 繰越明許費」による。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 第1表 繰越明許費                                         (単位 千円) ┌────────┬────────┬─────────────────────┬─────┐ │   款    │   項    │      事   業   名      │ 金 額 │ ├────────┼────────┼─────────────────────┼─────┤ │ 1. 総 務 費 │1.総務管理費  │市場施設集約化事業            │  12,744│ └────────┴────────┴─────────────────────┴─────┘ 14                                          議案第14号            平成26年度 日立市水道事業会計補正予算(第2号) 第1条 平成26年度日立市水道事業会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。 第2条 平成26年度日立市水道事業会計予算(以下「予算」という。)第2条に定めた(4)主要な建設  改良事業の事業費「1,181,184千円」を「962,701千円」に、「898,873千円」を「847,687千円」にそれぞれ  改める。 第3条 予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。                     収        入       (科    目)     (既決予定額)   (補正予定額)   (  計  )  第1款 水 道 事 業 収 益    4,206,807千円    △45,578千円    4,161,229千円   第1項 営  業  収  益    3,393,474千円    △46,292千円    3,347,182千円   第2項 営 業 外 収 益      813,333千円       714千円     814,047千円                     支        出  第1款 水 道 事 業 費 用    3,722,013千円     20,331千円    3,742,344千円   第1項 営  業  費  用    2,998,322千円    △27,844千円    2,970,478千円   第2項 営 業 外 費 用      671,046千円     48,175千円     719,221千円 第4条 予算第4条本文括弧書を(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1,650,368千円は、当年度  分消費税及び地方消費税資本的収支調整額96,532千円、過年度分損益勘定留保資金585,958千円及び当年度  分損益勘定留保資金967,878千円で補填するものとする。)に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のと  おり補正する。                     収        入       (科    目)     (既決予定額)   (補正予定額)   (  計  )  第1款 水道事業資本的収入      1,548,832千円    △249,104千円    1,299,728千円   第1項 企   業   債     1,462,100千円    △314,400千円    1,147,700千円   第2項 負   担   金      86,732千円     65,296千円     152,028千円                     支        出  第1款 水道事業資本的支出      3,222,287千円    △272,191千円    2,950,096千円   第1項 建 設 改 良 費     2,090,949千円    △272,191千円    1,818,758千円 第5条 予算第6条に定めた起債の限度額「770,300千円」を「555,900千円」に、「691,800千円」を  「591,800千円」に、「1,462,100千円」を「1,147,700千円」にそれぞれ改める。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成  明 15                                          議案第15号           平成26年度 日立市下水道事業会計補正予算(第3号) 第1条 平成26年度日立市下水道事業会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。 第2条 平成26年度日立市下水道事業会計予算(以下「予算」という。)第3条に定めた収益的収入及び
     支出の予定額を次のとおり補正する。                     収        入       (科    目)     (既決予定額)   (補正予定額)   (  計  )  第1款 下水道事業収益        4,234,665千円     △2,963千円    4,231,702千円   第1項 営  業  収  益    2,993,785千円      △580千円    2,993,205千円   第2項 営 業 外 収 益     1,240,880千円     △2,383千円    1,238,497千円                     支        出  第1款 下水道事業費用        4,097,056千円    △36,855千円    4,060,201千円   第1項 営  業  費  用    3,611,224千円    △25,065千円    3,586,159千円   第2項 営 業 外 費 用      459,812千円    △11,790千円     448,022千円 第3条 予算第4条本文括弧書を(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1,152,122千円は、当年度  分消費税及び地方消費税資本的収支調整額29,302千円、過年度分損益勘定留保資金119,577千円及び当年度  分損益勘定留保資金1,003,243千円で補填するものとする。)に改め、資本的収入の予定額を次のとおり補  正する。                     収        入       (科    目)     (既決予定額)   (補正予定額)   (  計  )  第1款 下水道事業資本的収入     1,121,076千円    △30,867千円    1,090,209千円   第3項 負   担   金      194,889千円      4,738千円     199,627千円   第4項 一般会計補助金        321,638千円    △35,605千円     286,033千円 第4条 予算第10条に定めた一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は、「321,638千円」を「286,033  千円」に改める。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成  明 16                                          議案第16号          平成26年度 日立市工業用水道事業会計補正予算(第3号) 第1条 平成26年度日立市工業用水道事業会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。 第2条 平成26年度日立市工業用水道事業会計予算(以下「予算」という。)第3条に定めた収益的収入  及び支出の予定額を次のとおり補正する。                     収        入       (科    目)     (既決予定額)   (補正予定額)   (  計  )  第1款 工業用水道事業収益       351,879千円     △1,808千円     350,071千円   第2項 営 業 外 収 益      351,879千円     △1,808千円     350,071千円                     支        出  第1款 工業用水道事業費用       351,837千円     △1,777千円     350,060千円   第3項 特  別  損  失     146,924千円     △1,777千円     145,147千円 第3条 予算第4条本文括弧書を(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額4,290千円は、当年度分消  費税及び地方消費税資本的収支調整額11千円及び過年度分損益勘定留保資金4,279千円で補填するものとす  る。)に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。                     収        入       (科    目)     (既決予定額)   (補正予定額)   (  計  )  第1款 工業用水道事業資本的収入     2,387千円       44千円      2,431千円   第1項 固定資産売却代金        2,387千円       44千円      2,431千円                     支        出  第1款 工業用水道事業資本的支出     7,138千円      △417千円      6,721千円   第1項 建 設 改 良 費        576千円      △417千円       159千円 第4条 予算第7条に定めた一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は、「200,505千円」を「198,697千  円」に改める。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 17                                          議案第17号    日立市一般職の任期付職員の採用に関する条例の制定について  日立市一般職の任期付職員の採用に関する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律の規定に基づき、一般職の職員の任期を定めた採 用に関し必要な事項を定めるため、本条例を制定するものであります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市一般職の任期付職員の採用に関する条例  (趣旨) 第1条 この条例は、地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律(平成14年法律第48号。  以下「法」という。)第4条、第6条第2項及び第7条第2項の規定に基づき、職員の任期を定めた採用  に関し必要な事項を定めるものとする。  (職員の任期を定めた採用) 第2条 任命権者は、職員を次の各号に掲げる業務のいずれかに期間を限って従事させることが公務の能率  的運営を確保するために必要である場合には、職員を任期を定めて採用することができる。 (1) 一定の期間内に終了することが見込まれる業務 (2) 一定の期間内に限り業務量の増加が見込まれる業務 2 任命権者は、法律により任期を定めて任用される職員以外の職員を前項各号に掲げる業務のいずれかに  係る職に任用する場合において、職員を当該業務以外の業務に期間を限って従事させることが公務の能率  的運営を確保するために必要であるときは、職員を任期を定めて採用することができる。  (任期の特例) 第3条 法第6条第2項に規定する条例で定める場合は、次に掲げる場合とする。 (1) 前条第1項各号に掲げる業務の期間が3年を超えることが明らかな場合 (2) 前条第1項第1号に掲げる業務の終了の時期が当初の見込みを超えて更に一定の期間延期された場合
      その他やむを得ない事情により、同条の規定により任期を定めて採用された職員(次条において「任期   付職員」という。)の任期を延長することが必要な場合で同条の規定により任期を定めて採用した趣旨   に反しない場合  (任期の更新) 第4条 任命権者は、任期付職員の任期が3年(前条各号のいずれかに該当する場合にあっては、5年。以  下この条において同じ。)に満たない場合にあっては、あらかじめ当該任期付職員の同意を得て、採用し  た日から3年を超えない範囲内において、その任期を更新することができる。  (委任) 第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、市規則で定める。    附 則  この条例は、平成27年4月1日から施行する。 18                                          議案第18号    日立市職員の配偶者同行休業に関する条例の制定について  日立市職員の配偶者同行休業に関する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  地方公務員法の規定に基づき、職員の配偶者同行休業に関し必要な事項を定めるため、本条例を制定する ものであります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市職員の配偶者同行休業に関する条例  (趣旨) 第1条 この条例は、地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第26条の6第1  項(同条第4項において準用する場合を含む。第4条において同じ。)、第2項及び第6項から第8項ま  で並びに同条第11項において準用する法第26条の5第6項の規定に基づき、職員の配偶者同行休業に  関し必要な事項を定めるものとする。  (配偶者同行休業の承認) 第2条 任命権者は、職員が申請した場合において、公務の運営に支障がないと認めるときは、当該申請を  した職員の勤務成績その他の事情を考慮した上で、次条に規定する期間を超えない範囲内において法第  26条の6第1項の規定により配偶者同行休業の承認をすることができる。  (配偶者同行休業の期間) 第3条 法第26条の6第1項の条例で定める期間は、3年とする。  (配偶者同行休業の対象となる配偶者が外国に滞在する事由) 第4条 法第26条の6第1項の条例で定める事由は、次に掲げる事由(6月以上にわたり継続することが  見込まれるものに限る。第7条第1号において「配偶者外国滞在事由」という。)とする。 (1) 外国での勤務 (2) 事業を経営することその他の個人が業として行う活動であって外国において行うもの (3) 学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する大学に相当する外国の大学(これに準ずる教育施   設を含む。)であって外国に所在するものにおける修学(前2号に該当するものを除く。) (4) 前3号に掲げるもののほか、これらに準ずる事由として任命権者が認めるもの  (配偶者同行休業の承認の申請) 第5条 配偶者同行休業の承認の申請は、配偶者同行休業をしようとする期間の初日及び末日並びに当該申  請をした職員の配偶者(法第26条の6第1項に規定する配偶者をいう。以下同じ。)が当該期間中外国  に住所又は居所を定めて滞在する事由を明らかにしてしなければならない。 2 任命権者は、配偶者同行休業の承認の申請をした職員に対して、当該申請について確認するため必要が  あると認める書類の提出を求めることができる。  (配偶者同行休業の期間の延長) 第6条 配偶者同行休業をしている職員は、当該配偶者同行休業を開始した日から引き続き配偶者同行休業  をしようとする期間が第3条に規定する期間を超えない範囲内において、延長をしようとする期間の末日  を明らかにして、任命権者に対し、配偶者同行休業の期間の延長を申請することができる。 2 前条第2項の規定は、配偶者同行休業の期間の延長の申請について準用する。 3 第2条の規定は、配偶者同行休業の期間の延長の承認について準用する。  (配偶者同行休業の承認の取消事由) 第7条 法第26条の6第6項の条例で定める事由は、次に掲げる事由とする。 (1) 配偶者が外国に滞在しないこととなり、又は配偶者が外国に滞在する事由が配偶者外国滞在事由に該   当しないこととなったこと。 (2) 配偶者同行休業をしている職員が、日立市職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年条例第4   号)第14条の規定による特別休暇(女子職員が出産する予定である場合又は女子職員が出産した場合   を事由とするものに限る。)を取得することとなったこと。 (3) 任命権者が、配偶者同行休業をしている職員について、地方公務員の育児休業等に関する法律(平成   3年法律第110号)第2条第1項の規定による育児休業を承認することとなったこと。  (届出) 第8条 配偶者同行休業をしている職員は、次に掲げる場合には、遅滞なくその旨を任命権者に届け出なけ  ればならない。 (1) 配偶者が死亡した場合 (2) 配偶者が職員の配偶者でなくなった場合 (3) 配偶者と生活を共にしなくなった場合 (4) 前条第1号又は第2号に掲げる事由に該当することとなった場合 2 第5条第2項の規定は、前項の規定による届出について準用する。  (配偶者同行休業に伴う任期付採用及び臨時的任用) 第9条 任命権者は、第2条又は第6条第1項の規定による申請があった場合において、当該申請に係る期  間(以下この項及び次項において「申請期間」という。)について職員の配置換えその他の方法によって  当該申請をした職員の業務を処理することが困難であると認めるときは、当該業務を処理するため、法第  26条の6第7項の規定により次の各号に掲げる任用のいずれかを行うことができる。この場合において、  第2号に掲げる任用は、申請期間について1年を超えて行うことができない。 (1) 申請期間を任用の期間(以下この条において「任期」という。)の限度として行う任期を定めた採用 (2) 申請期間を任期の限度として行う臨時的任用 2 任命権者は、法第26条の6第7項の規定により任期を定めて採用された職員の任期が申請期間に満た  ない場合にあっては、同条第8項の規定により当該申請期間の範囲内において、その任期を更新すること  ができる。 3 任命権者は、法第26条の6第7項の規定により任期を定めて採用された職員の任期を更新する場合に  は、あらかじめ当該職員の同意を得なければならない。  (職務復帰後における号給の調整) 第10条 配偶者同行休業をした職員が職務に復帰した場合において、部内の他の職員との権衡上必要があ  ると認められるときは、当該配偶者同行休業の期間を100分の50以下の換算率により換算して得た期  間を引き続き勤務したものとみなして、その職務に復帰した日及びその日後における最初の職員の昇給を  行う日として規則で定める日又はそのいずれかの日に、昇給の場合に準じてその者の号給を調整すること  ができる。 2 配偶者同行休業をした職員が職務に復帰した場合における号給の調整について、前項の規定による場合  には部内の他の職員との権衡を著しく失すると認められるときは、同項の規定にかかわらず、その者の号  給を調整することができる。  (委任) 第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、市規則で定める。    附 則
     (施行期日) 1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。  (日立市職員の育児休業等に関する条例の一部改正) 2 日立市職員の育児休業等に関する条例(平成4年条例第3号)の一部を次のように改正する。   第2条第1号中「育児休業法」を「地方公務員法(昭和25年法律第261号)第26条の6第7項又  は育児休業法」に改める。   第9条第1号中「育児休業法」を「地方公務員法第26条の6第7項又は育児休業法」に改める。  (日立市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正) 3 日立市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例(平成17年条例第1号)の一部を次のように改正  する。   第3条中第8号を第9号とし、第4号から第7号までを1号ずつ繰り下げ、第3号の次に次の1号を加  える。   (4) 職員の休業に関する状況  (日立市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正) 4 日立市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和41年条例第59号)の一部を次のように改  正する。   第17条の2の次に次の1条を加える。   (配偶者同行休業の承認を受けた職員の給与)  第17条の3 地方公務員法第26条の6第1項(同条第4項において準用する場合を含む。)の規定に   よる承認を受けた職員には、配偶者同行休業をしている期間については、給与を支給しない。 19                                          議案第19号    日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担に関する条例の制定について  日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担に関する条例を別紙のとおり制定するも のとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  子ども・子育て支援法の施行に伴い、特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担を定める ため、本条例を制定するものであります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担に関する条例  (趣旨) 第1条 この条例は、特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担に関し必要な事項を定める  ものとする。  (定義) 第2条 この条例において使用する用語は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」  という。)において使用する用語の例による。  (利用者負担額) 第3条 法第27条第3項第2号、第28条第2項第1号から第3号まで、第29条第3項第2号及び第30  条第2項第1号から第3号までの規定に基づき政令で定める額を限度として当該支給認定保護者の属する  世帯の所得の状況その他の事情を勘案して市が定める額(以下「利用者負担額」という。)は、当該各号  の政令で定める額を限度として規則で定める額とする。  (保育料の徴収) 第4条 市が設置する特定教育・保育施設が特定教育・保育、特別利用保育又は特別利用教育(以下この条  及び次条において「特定教育・保育等」という。)を提供したときは、当該特定教育・保育等を受けた子  どもの支給認定保護者から、保育料として利用者負担額を徴収する。 2 前項の場合において、当該特定教育・保育が法第28条第1項第1号の特定教育・保育であるときは、  前項の規定にかかわらず、当該特定教育・保育を受けた子どもの支給認定保護者から、保育料として法第  27条第3項第1号の内閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額(その額が現に当該特定教育・  保育に要した費用の額を超えるときは、現に当該特定教育・保育に要した費用の額)を徴収する。 3 月の途中において、入退園した場合、前2項の規定に基づき徴収する保育料の額は、日割計算により算  定した額とする。この場合において、その額に10円未満の端数が生じたときは、その端数金額を切り捨  てる。  (保育料の納付) 第5条 市が設置する特定教育・保育施設から特定教育・保育等を受けた子どもの支給認定保護者は、保育  料(前条第1項及び第2項の規定に基づき徴収する保育料をいう。第8条において同じ。)を毎月末日ま  でに納付しなければならない。  (時間外保育利用料) 第6条 市が設置する特定教育・保育施設が1月当たり平均200時間まで(1日当たり8時間までに限  る。)の保育必要量の認定を受けた子ども(以下この項において「保育短時間認定子ども」という。)に  提供する時間外保育の利用料(以下「時間外保育利用料」という。)の額は、第1号に掲げる額から第2  号に掲げる額を控除して得た額を限度として規則で定める額とする。 (1) 保育短時間認定子ども以外の保育認定子ども(法第59条第2号の保育認定子どもをいう。)に係る   利用者負担額 (2) 保育短時間認定子どもに係る利用者負担額 2 時間外保育利用料は、時間外保育を受けた保育短時間認定子どもの支給認定保護者から徴収する。 3 支給認定保護者は、時間外保育利用料を保育短時間認定子どもが時間外保育を受けた月の翌月末日まで  に納付しなければならない。  (一時預かり利用料) 第7条 市が設置する特定教育・保育施設が行う一時預かり事業の利用料(以下「一時預かり利用料」とい  う。)の額は、次の各号に掲げる子どもの区分に応じ、当該各号に定める額を限度として規則で定める額  とする。 (1) 当該施設に在籍する教育標準時間認定子ども(法第19条第1項第1号に掲げる小学校就学前子ども   に該当する支給認定子どもをいう。以下同じ。) 1日当たり500円 (2) 当該施設に在籍しない子ども 1時間当たり220円 2 一時預かり利用料は、一時預かり事業を利用した者から徴収する。 3 一時預かり事業を利用した者は、一時預かり利用料を一時預かり事業を利用した月の翌月末日までに納  付しなければならない。  (保育料等の減免) 第8条 市長及び教育委員会は、災害その他のやむを得ない理由により、保育料、時間外保育利用料又は一  時預かり利用料(以下「保育料等」という。)を支給認定保護者又は一時預かり事業を利用した者が負担  することが困難であると認めたときは、保育料等を減額し、又は免除することができる。  (保育料等の返還) 第9条 既に納付された保育料等は、返還しない。ただし、市長又は教育委員会が特別の理由があると認め  たときは、この限りでない。  (滞納に対する措置) 第10条 市長及び教育委員会は、教育標準時間認定子どもの支給認定保護者が保育料等の督促を受け、督  促に係る期限を経過した後においても正当な理由がなく滞納しているときは、当該子どもを除籍すること  ができる。  (委任) 第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長及び教育委員会が規則で定める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。
     (日立市立幼稚園授業料等条例の廃止) 2 日立市立幼稚園授業料等条例(昭和59年条例第5号)は、廃止する。  (幼稚園の授業料等に関する経過措置) 3 この条例の施行の日前に、廃止前の日立市立幼稚園授業料等条例の規定により徴収する幼稚園の授業料  等に関する取扱いについては、なお従前の例による。  (特定保育所に関する特例) 4 法附則第6条第4項の規定に基づき市長が徴収する額は、利用者負担額を限度として規則で定める額と  し、その徴収、納付、減免及び返還については、第4条第3項、第5条、第8条及び第9条の規定を準用  する。この場合において、第4条第3項中「前2項」とあるのは「法附則第6条第4項」と、第5条中  「前条第1項及び第2項の規定に基づき徴収する保育料」とあるのは「法附則第6条第4項の規定に基づ  き徴収する額」と読み替えるものとする。  (教育標準時間認定子どもに関する経過措置) 5 法附則第9条第1項第1号イ、第2号イ(1)、同号ロ(1)及び第3号イ(1)の規定に基づき政令  で定める額を限度として当該支給認定保護者の属する世帯の所得の状況その他の事情を勘案して市が定め  る額(以下「教育標準時間認定子どもに関する経過措置に係る利用者負担額」という。)は、これらの規  定による政令で定める額を限度として規則で定める額とし、当分の間、市が設置する特定教育・保育施設  が教育標準時間認定子どもに特定教育・保育又は特別利用保育を提供する場合にあっては、第4条第1項  中「、特別利用保育又は特別利用教育」とあるのは「又は特別利用保育」と、「利用者負担額」とあるの  は「教育標準時間認定子どもに関する経過措置に係る利用者負担額」と、同条第2項中「法第27条第3  項第1号の内閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額」とあるのは「法附則第9条第1項第2号  イ(1)の内閣総理大臣が定める基準により算定した額及び同号イ(2)の規定に基づき市が定める額の  合計額」とする。 20                                          議案第20号    子ども・子育て支援新制度の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について  子ども・子育て支援新制度の施行に伴う関係条例の整理に関する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  子ども・子育て支援新制度の施行に伴い、関係条例の規定を整理するため、本条例を制定するものであり ます。 ───────────────────────────────────────────────    子ども・子育て支援新制度の施行に伴う関係条例の整理に関する条例  (日立市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正) 第1条 日立市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年条例第24号)  の一部を次のように改正する。   別表補助機関の項中  「   ┌────────┬───────────┬────┬─────────┬─────┐   │管理医     │小中学校       │ 年額 │  111,000│  〃  │   │        ├───────────┼────┼─────────┼─────┤   │        │幼稚園        │ 年額 │   89,000│  〃  │   │        ├───────────┼────┼─────────┼─────┤   │        │特別支援学校     │ 年額 │  111,000│  〃  │   ├────────┼───────────┼────┼─────────┼─────┤ を   │学校医(学校歯科│小中学校       │ 年額 │  222,000│  〃  │   │医を含む。)  ├───────────┼────┼─────────┼─────┤   │        │幼稚園        │ 年額 │  178,000│  〃  │   │        ├───────────┼────┼─────────┼─────┤   │        │特別支援学校     │ 年額 │  222,000│  〃  │   └────────┴───────────┴────┴─────────┴─────┘                                              」  「   ┌────────┬───────────┬────┬─────────┬─────┐   │管理医     │小中学校       │ 年額 │  111,000│  〃  │   │        ├───────────┼────┼─────────┼─────┤   │        │幼稚園        │ 年額 │   89,000│  〃  │   │        ├───────────┼────┼─────────┼─────┤   │        │特別支援学校     │ 年額 │  111,000│  〃  │   │        ├───────────┼────┼─────────┼─────┤   │        │幼保連携型認定こども園│ 年額 │   89,000│  〃  │   ├────────┼───────────┼────┼─────────┼─────┤ に   │学校医(学校歯科│小中学校       │ 年額 │  222,000│  〃  │   │医を含む。)  ├───────────┼────┼─────────┼─────┤   │        │幼稚園        │ 年額 │  178,000│  〃  │   │        ├───────────┼────┼─────────┼─────┤   │        │特別支援学校     │ 年額 │  222,000│  〃  │   │        ├───────────┼────┼─────────┼─────┤   │        │幼保連携型認定こども園│ 年額 │  178,000│  〃  │   └────────┴───────────┴────┴─────────┴─────┘                                              」  改める。  (日立市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正) 第2条 日立市職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和41年条例第22号)の一部を次のように改正する。   別表第14項中「又は児童館」を「、幼保連携型認定こども園又は児童館」に改める。  (日立市立認定こども園の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第3条 日立市立認定こども園の設置及び管理に関する条例(平成25年条例第22号)の一部を次のよう  に改正する。   第2条中「就学前保育等推進法」を「認定こども園法」に、「第3条第3項の規定により茨城県知事の  認定を受けた幼保連携施設」を「第2条第7項に規定する幼保連携型認定こども園」に改める。   第3条(見出しを含む。)中「、構成する施設」を削り、同条の表中  「   ┌───────────┐   │  構成する施設   │   ├───────────┤   │ 日立市立宮田幼稚園 │  を削る。   ├───────────┤   │ 日立市みやた保育園 │   └───────────┘                」   第4条第1号を次のように改める。   (1) 認定こども園法第9条各号に掲げる目標の達成に向けた教育及び保育   第4条第2号を削り、同条第3号中「就学前保育等推進法第2条第6項」を「認定こども園法第2条第    12項」に改め、同号を同条第2号とし、同条第4号中「前3号」を「前2号」に改め、同号を同条    第3号とする。
      第5条各号を次のように改める。   (1) 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第20条第4項に規定する支給認定子ども(同    法第19条第1項第1号に掲げる小学校就学前子どもに該当する場合は、市内に居住し小学校就学の    始期に達するまでの期間が2年以内である者に限る。)   (2) その他小学校就学の始期に達するまでの者で市長が特に認定こども園において教育又は保育を受け    る必要があると認めたもの   第6条を削り、第7条を第6条とする。  (日立市保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第4条 日立市保育所の設置及び管理に関する条例(昭和44年条例第6号)の一部を次のように改正する。   第1条中「保育に欠ける」を「保育を必要とする」に改め、「。以下「法」という。」を削る。   第4条中「その保護者のいずれもが日立市保育所における保育の実施に関する条例(昭和62年条例第  4号)第2条」を「次の」に改め、同条に次の2号を加える。   (1) 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第20条第4項に規定する支給認定子ども(同    法第19条第1項第2号又は第3号に掲げる小学校就学前子どもに該当する者に限る。)   (2) その他市長が特に保育所において保育を受ける必要があると認めた者   別表中  「   ┌────────────────┬──────────────────────┐   │日立市おおせ保育園       │日立市会瀬町2丁目18番18号       │   ├────────────────┼──────────────────────┤ を   │日立市みやた保育園       │日立市本宮町2丁目10番22号       │   └────────────────┴──────────────────────┘                                            」  「   ┌────────────────┬──────────────────────┐   │日立市おおせ保育園       │日立市会瀬町2丁目18番18号       │ に   └────────────────┴──────────────────────┘                                            」  改める。  (日立市立学校設置条例の一部改正) 第5条 日立市立学校設置条例(昭和39年条例第23号)の一部を次のように改正する。   別表中  「   │日立市立高鈴幼稚園       │日立市高鈴町3丁目2番4号         │   ├────────────────┼──────────────────────┤ を   │日立市立宮田幼稚園       │日立市本宮町2丁目10番22号       │                                            」  「   │日立市立高鈴幼稚園       │日立市高鈴町3丁目2番4号         │ に                                            」  改める。  (日立市保育所における保育の実施に関する条例の廃止) 第6条 日立市保育所における保育の実施に関する条例(昭和62年条例第4号)は、廃止する。    附 則  この条例は、平成27年4月1日から施行する。 21                                          議案第21号    日立市職員の給与に関する条例及び日立市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部    を改正する条例の制定について  日立市職員の給与に関する条例及び日立市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する 条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  人事院勧告の内容を踏まえ、職員の給与を改定するため、本条例を制定するものであります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市職員の給与に関する条例及び日立市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部    を改正する条例  (日立市職員の給与に関する条例の一部改正) 第1条 日立市職員の給与に関する条例(昭和32年条例第15号)の一部を次のように改正する。   第11条の3第2項中「100分の18」を「100分の20」に改める。   第18条の2第1項中「年末年始の休日等」の次に「(次項において「週休日等」という。)」を加え、  同条第2項を次のように改める。  2 前項に規定する場合のほか、管理職員が災害への対処その他の臨時又は緊急の必要により週休日等以   外の日の午前0時から午前5時までの間であって正規の勤務時間以外の時間に勤務した場合は、当該職   員には、管理職員特別勤務手当を支給する。   第18条の2第3項中「前2項」を「前3項」に改め、同項を第4項とし、第2項の次に次の1項を加  える。  3 管理職員特別勤務手当の額は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める額とする。   (1) 第1項に規定する場合 同項の勤務1回につき、12,000円を超えない範囲内において市規則    で定める額とする。ただし、同項の規定による勤務に従事する時間等を考慮して市規則で定める勤務    にあっては、それぞれその額に100分の150を乗じて得た額とする。   (2) 前項に規定する場合 同項の勤務1回につき、6,000円を超えない範囲内において市規則で定    める額   附則第8項中「当分の間」を「平成30年3月31日までの間」に改める。   別表第1及び別表第2を次のように改める。 別表第1(第5条関係) ┌───┬────────────────────────────────────────────┐ │   │                 行 政 職 給 料 表                │ │職員の├────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┤ │区分 │職務の級│1  級│2  級│3  級│4  級│5  級│6  級│7  級│8  級│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │ 号給 │給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│ ├───┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │    │   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│ │   │   1 │ 137,600│ 187,700│ 223,900│ 258,300│ 285,000│ 315,800│ 360,100│ 405,800│ │   │   2 │ 138,700│ 189,500│ 225,500│ 260,400│ 287,200│ 318,000│ 362,700│ 408,200│ │   │   3 │ 139,900│ 191,300│ 227,100│ 262,300│ 289,500│ 320,300│ 365,200│ 410,700│ │   │   4 │ 141,000│ 193,100│ 228,700│ 264,400│ 291,700│ 322,500│ 367,800│ 413,100│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │   5 │ 142,100│ 194,700│ 230,300│ 266,300│ 293,700│ 324,800│ 369,900│ 415,000│ │   │   6 │ 143,200│ 196,500│ 232,000│ 268,300│ 296,000│ 326,800│ 372,400│ 417,300│ │   │   7 │ 144,300│ 198,300│ 233,600│ 270,400│ 298,300│ 329,000│ 374,800│ 419,400│ │   │   8 │ 145,400│ 200,100│ 235,200│ 272,500│ 300,600│ 331,200│ 377,300│ 421,600│
    │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │   9 │ 146,500│ 201,800│ 236,800│ 274,600│ 302,700│ 333,300│ 379,800│ 423,600│ │   │  10 │ 147,900│ 203,600│ 238,400│ 276,600│ 305,000│ 335,500│ 382,500│ 425,700│ │   │  11 │ 149,200│ 205,400│ 240,000│ 278,700│ 307,200│ 337,600│ 385,100│ 427,800│ │   │  12 │ 150,500│ 207,200│ 241,600│ 280,800│ 309,500│ 339,800│ 387,800│ 429,900│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  13 │ 151,800│ 208,600│ 243,200│ 282,800│ 311,700│ 341,800│ 390,200│ 431,600│ │   │  14 │ 153,300│ 210,400│ 244,700│ 284,900│ 313,800│ 343,800│ 392,500│ 433,400│ │   │  15 │ 154,800│ 212,100│ 246,200│ 286,900│ 316,000│ 345,900│ 394,700│ 435,400│ │   │  16 │ 156,400│ 213,900│ 247,700│ 289,000│ 318,100│ 347,900│ 397,100│ 437,400│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  17 │ 157,700│ 215,600│ 249,200│ 291,000│ 320,200│ 349,800│ 398,900│ 439,300│ │   │  18 │ 159,200│ 217,300│ 251,100│ 293,000│ 322,200│ 351,800│ 400,900│ 441,100│ │   │  19 │ 160,700│ 219,000│ 252,900│ 295,100│ 324,300│ 353,700│ 402,800│ 442,900│ │   │  20 │ 162,200│ 220,600│ 254,700│ 297,100│ 326,300│ 355,600│ 404,600│ 444,600│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  21 │ 163,600│ 222,200│ 256,400│ 299,200│ 328,300│ 357,600│ 406,500│ 446,400│ │   │  22 │ 166,300│ 223,900│ 258,300│ 301,300│ 330,400│ 359,500│ 408,300│ 447,900│ │   │  23 │ 168,900│ 225,600│ 260,200│ 303,300│ 332,400│ 361,500│ 410,100│ 449,300│ │   │  24 │ 171,500│ 227,200│ 261,900│ 305,400│ 334,500│ 363,400│ 412,000│ 450,800│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  25 │ 174,200│ 228,700│ 263,900│ 307,200│ 336,100│ 365,400│ 413,800│ 452,200│ │   │  26 │ 175,900│ 230,300│ 265,800│ 309,300│ 338,000│ 367,300│ 415,300│ 453,500│ │   │  27 │ 177,600│ 231,800│ 267,600│ 311,400│ 340,000│ 369,300│ 416,800│ 454,800│ │   │  28 │ 179,300│ 233,200│ 269,500│ 313,400│ 341,900│ 371,300│ 418,400│ 456,000│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  29 │ 180,800│ 234,600│ 271,200│ 315,400│ 343,600│ 372,800│ 420,000│ 457,000│ │   │  30 │ 182,600│ 235,800│ 273,100│ 317,400│ 345,500│ 374,600│ 421,300│ 457,700│ │   │  31 │ 184,400│ 237,000│ 275,000│ 319,500│ 347,400│ 376,400│ 422,600│ 458,500│ │   │  32 │ 186,100│ 238,300│ 276,800│ 321,600│ 349,200│ 378,000│ 423,800│ 459,200│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  33 │ 187,700│ 239,600│ 278,500│ 323,100│ 351,100│ 379,800│ 425,000│ 459,900│ │   │  34 │ 189,200│ 241,000│ 280,400│ 325,100│ 352,900│ 381,200│ 426,300│ 460,700│ │   │  35 │ 190,700│ 242,300│ 282,200│ 327,100│ 354,700│ 382,700│ 427,600│ 461,400│ │   │  36 │ 192,200│ 243,600│ 284,100│ 329,200│ 356,400│ 384,300│ 428,800│ 462,000│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  37 │ 193,500│ 244,600│ 285,800│ 331,100│ 357,800│ 385,700│ 430,000│ 462,500│ │   │  38 │ 194,800│ 246,100│ 287,500│ 333,000│ 359,100│ 386,900│ 430,800│ 463,100│ │   │  39 │ 196,100│ 247,700│ 289,300│ 335,000│ 360,500│ 388,100│ 431,600│ 463,700│ │   │  40 │ 197,400│ 249,200│ 291,100│ 336,900│ 361,900│ 389,200│ 432,400│ 464,300│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  41 │ 198,700│ 250,600│ 292,800│ 338,800│ 363,200│ 390,300│ 433,000│ 464,800│ │   │  42 │ 200,000│ 252,000│ 294,500│ 340,700│ 364,100│ 391,500│ 433,700│ 465,300│ │   │  43 │ 201,300│ 253,400│ 296,200│ 342,500│ 365,200│ 392,700│ 434,400│ 465,700│ │   │  44 │ 202,600│ 254,800│ 297,800│ 344,400│ 366,300│ 393,800│ 435,100│ 466,000│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  45 │ 203,800│ 256,000│ 299,500│ 345,900│ 367,100│ 394,500│ 435,900│ 466,300│ │   │  46 │ 205,100│ 257,300│ 301,200│ 347,300│ 368,000│ 395,200│ 436,700│    │ │   │  47 │ 206,400│ 258,700│ 302,800│ 348,800│ 368,900│ 395,900│ 437,100│    │ │   │  48 │ 207,700│ 260,100│ 304,500│ 350,300│ 369,800│ 396,600│ 437,800│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  49 │ 208,800│ 261,400│ 305,700│ 351,900│ 370,700│ 397,200│ 438,300│    │ │   │  50 │ 209,900│ 262,500│ 307,200│ 352,700│ 371,500│ 397,800│ 438,700│    │ │   │  51 │ 211,000│ 263,800│ 308,800│ 353,900│ 372,300│ 398,300│ 439,100│    │ │   │  52 │ 212,100│ 265,100│ 310,400│ 354,900│ 373,100│ 398,700│ 439,500│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  53 │ 213,300│ 266,200│ 312,000│ 355,800│ 373,800│ 399,100│ 439,900│    │ │   │  54 │ 214,300│ 267,300│ 313,600│ 356,900│ 374,500│ 399,400│ 440,300│    │ │   │  55 │ 215,300│ 268,600│ 315,200│ 357,800│ 375,200│ 399,700│ 440,700│    │ │   │  56 │ 216,300│ 269,900│ 316,700│ 358,900│ 375,900│ 400,000│ 441,000│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  57 │ 217,100│ 271,000│ 318,200│ 359,800│ 376,400│ 400,300│ 441,300│    │ │   │  58 │ 218,100│ 272,000│ 319,400│ 360,500│ 377,000│ 400,600│ 441,700│    │ │   │  59 │ 219,000│ 273,100│ 320,600│ 361,200│ 377,600│ 400,900│ 442,000│    │ │   │  60 │ 220,000│ 274,200│ 321,800│ 361,900│ 378,300│ 401,200│ 442,300│    │ │再任用│    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │職員以│  61 │ 220,800│ 275,400│ 322,500│ 362,300│ 378,700│ 401,500│ 442,600│    │ │外の職│  62 │ 221,800│ 276,400│ 323,400│ 362,900│ 379,400│ 401,800│    │    │ │員  │  63 │ 222,800│ 277,300│ 324,200│ 363,600│ 380,000│ 402,100│    │    │ │   │  64 │ 223,800│ 278,300│ 325,000│ 364,300│ 380,600│ 402,400│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  65 │ 224,500│ 279,100│ 325,900│ 364,600│ 381,000│ 402,700│    │    │ │   │  66 │ 225,500│ 280,000│ 326,300│ 365,300│ 381,600│ 403,000│    │    │ │   │  67 │ 226,500│ 280,800│ 327,000│ 366,000│ 382,200│ 403,300│    │    │ │   │  68 │ 227,600│ 281,700│ 327,800│ 366,700│ 382,800│ 403,600│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  69 │ 228,400│ 282,700│ 328,600│ 367,000│ 383,200│ 403,800│    │    │ │   │  70 │ 229,200│ 283,500│ 329,300│ 367,600│ 383,700│ 404,100│    │    │ │   │  71 │ 230,000│ 284,300│ 330,000│ 368,300│ 384,200│ 404,400│    │    │ │   │  72 │ 230,800│ 285,100│ 330,700│ 368,900│ 384,800│ 404,700│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  73 │ 231,600│ 285,900│ 331,200│ 369,200│ 385,100│ 404,900│    │    │ │   │  74 │ 232,300│ 286,400│ 331,800│ 369,800│ 385,500│ 405,200│    │    │ │   │  75 │ 233,000│ 286,800│ 332,300│ 370,500│ 385,900│ 405,500│    │    │ │   │  76 │ 233,700│ 287,300│ 332,900│ 371,100│ 386,300│ 405,700│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  77 │ 234,400│ 287,400│ 333,200│ 371,500│ 386,600│ 405,900│    │    │ │   │  78 │ 235,200│ 287,800│ 333,700│ 372,000│ 386,900│ 406,200│    │    │ │   │  79 │ 236,000│ 288,000│ 334,100│ 372,600│ 387,200│ 406,500│    │    │ │   │  80 │ 236,800│ 288,400│ 334,600│ 373,100│ 387,500│ 406,700│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  81 │ 237,500│ 288,600│ 335,000│ 373,600│ 387,700│ 406,900│    │    │ │   │  82 │ 238,200│ 288,800│ 335,500│ 374,200│ 388,000│ 407,200│    │    │ │   │  83 │ 238,900│ 289,200│ 336,000│ 374,700│ 388,300│ 407,500│    │    │ │   │  84 │ 239,600│ 289,500│ 336,500│ 375,000│ 388,500│ 407,700│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  85 │ 240,300│ 289,800│ 336,800│ 375,400│ 388,700│ 407,900│    │    │ │   │  86 │ 241,000│ 290,100│ 337,200│ 375,900│ 389,000│    │    │    │ │   │  87 │ 241,700│ 290,400│ 337,700│ 376,300│ 389,300│    │    │    │ │   │  88 │ 242,400│ 290,800│ 338,100│ 376,700│ 389,500│    │    │    │
    │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  89 │ 243,100│ 291,100│ 338,400│ 377,100│ 389,700│    │    │    │ │   │  90 │ 243,600│ 291,500│ 338,800│ 377,600│ 390,000│    │    │    │ │   │  91 │ 244,100│ 291,800│ 339,300│ 378,000│ 390,300│    │    │    │ │   │  92 │ 244,600│ 292,200│ 339,700│ 378,400│ 390,500│    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  93 │ 244,900│ 292,300│ 339,900│ 378,700│ 390,700│    │    │    │ │   │  94 │    │ 292,500│ 340,300│ 379,000│    │    │    │    │ │   │  95 │    │ 292,900│ 340,800│ 379,300│    │    │    │    │ │   │  96 │    │ 293,300│ 341,200│ 379,500│    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  97 │    │ 293,500│ 341,300│ 379,700│    │    │    │    │ │   │  98 │    │ 293,800│ 341,800│ 380,000│    │    │    │    │ │   │  99 │    │ 294,200│ 342,200│ 380,300│    │    │    │    │ │   │  100 │    │ 294,600│ 342,500│ 380,500│    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  101 │    │ 294,800│ 342,800│ 380,700│    │    │    │    │ │   │  102 │    │ 295,100│ 343,200│    │    │    │    │    │ │   │  103 │    │ 295,500│ 343,600│    │    │    │    │    │ │   │  104 │    │ 295,800│ 344,000│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  105 │    │ 296,000│ 344,500│    │    │    │    │    │ │   │  106 │    │ 296,300│ 344,900│    │    │    │    │    │ │   │  107 │    │ 296,700│ 345,300│    │    │    │    │    │ │   │  108 │    │ 297,000│ 345,700│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  109 │    │ 297,200│ 346,200│    │    │    │    │    │ │   │  110 │    │ 297,600│ 346,600│    │    │    │    │    │ │   │  111 │    │ 298,000│ 346,900│    │    │    │    │    │ │   │  112 │    │ 298,300│ 347,200│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  113 │    │ 298,400│ 347,700│    │    │    │    │    │ │   │  114 │    │ 298,700│    │    │    │    │    │    │ │   │  115 │    │ 299,000│    │    │    │    │    │    │ │   │  116 │    │ 299,400│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  117 │    │ 299,600│    │    │    │    │    │    │ │   │  118 │    │ 299,800│    │    │    │    │    │    │ │   │  119 │    │ 300,100│    │    │    │    │    │    │ │   │  120 │    │ 300,400│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  121 │    │ 300,800│    │    │    │    │    │    │ │   │  122 │    │ 301,000│    │    │    │    │    │    │ │   │  123 │    │ 301,300│    │    │    │    │    │    │ │   │  124 │    │ 301,600│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  125 │    │ 301,900│    │    │    │    │    │    │ ├───┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │再任用│    │ 185,400│ 212,900│ 252,900│ 272,300│ 287,400│ 312,800│ 354,500│ 387,600│ │職員 │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ └───┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┘  備考 この表は、他の給料表の適用を受けない全ての職員に適用する。 別表第2(第5条関係) ┌───┬─────────────────────────────────────────────────┐ │   │                  消 防 職 給 料 表                    │ │職員の├────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┤ │区分 │職務の級│1  級│2  級│3  級│4  級│5  級│6  級│7  級│8  級│9  級│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │ 号給 │給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│ ├───┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │    │   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│ │   │   1 │ 160,300│ 175,900│ 202,500│ 242,300│ 287,600│ 315,000│ 343,800│ 360,100│ 405,800│ │   │   2 │ 162,000│ 177,700│ 204,500│ 244,100│ 289,900│ 317,200│ 346,000│ 362,700│ 408,200│ │   │   3 │ 163,800│ 179,500│ 206,500│ 245,900│ 292,100│ 319,500│ 348,300│ 365,200│ 410,700│ │   │   4 │ 165,500│ 181,300│ 208,500│ 247,700│ 294,400│ 321,700│ 350,500│ 367,800│ 413,100│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │   5 │ 167,000│ 183,200│ 210,500│ 249,400│ 296,300│ 324,000│ 352,600│ 369,900│ 415,000│ │   │   6 │ 168,900│ 185,500│ 212,500│ 251,200│ 298,600│ 326,200│ 354,700│ 372,400│ 417,300│ │   │   7 │ 170,700│ 187,800│ 214,500│ 252,800│ 300,900│ 328,500│ 356,900│ 374,800│ 419,400│ │   │   8 │ 172,600│ 190,100│ 216,400│ 254,500│ 303,100│ 330,800│ 359,100│ 377,300│ 421,600│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │   9 │ 174,300│ 192,300│ 218,500│ 256,000│ 305,200│ 332,700│ 361,000│ 379,800│ 423,600│ │   │  10 │ 176,000│ 194,900│ 220,300│ 257,600│ 307,400│ 335,000│ 363,200│ 382,500│ 425,700│ │   │  11 │ 177,700│ 197,400│ 222,100│ 259,000│ 309,700│ 337,200│ 365,300│ 385,100│ 427,800│ │   │  12 │ 179,400│ 199,900│ 223,900│ 260,500│ 311,900│ 339,500│ 367,500│ 387,800│ 429,900│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  13 │ 181,300│ 202,300│ 225,800│ 262,200│ 314,000│ 341,600│ 369,700│ 390,200│ 431,600│ │   │  14 │ 183,400│ 204,100│ 227,700│ 263,600│ 316,300│ 343,700│ 371,800│ 392,500│ 433,400│ │   │  15 │ 185,500│ 205,900│ 229,600│ 264,800│ 318,500│ 345,900│ 374,000│ 394,700│ 435,400│ │   │  16 │ 187,600│ 207,700│ 231,500│ 266,100│ 320,800│ 348,000│ 376,100│ 397,100│ 437,400│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  17 │ 189,800│ 209,600│ 233,100│ 267,300│ 322,700│ 350,200│ 377,900│ 398,900│ 439,300│ │   │  18 │ 192,200│ 211,500│ 234,900│ 268,900│ 325,000│ 352,200│ 379,900│ 400,900│ 441,100│ │   │  19 │ 194,600│ 213,400│ 236,700│ 270,400│ 327,100│ 354,300│ 381,900│ 402,800│ 442,900│ │   │  20 │ 197,000│ 215,200│ 238,500│ 271,900│ 329,400│ 356,400│ 383,900│ 404,600│ 444,600│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  21 │ 199,500│ 216,900│ 240,100│ 273,300│ 331,500│ 358,500│ 385,700│ 406,500│ 446,400│ │   │  22 │ 201,300│ 218,700│ 241,500│ 274,700│ 333,500│ 360,500│ 387,800│ 408,300│ 447,900│ │   │  23 │ 203,100│ 220,500│ 242,700│ 276,300│ 335,600│ 362,500│ 389,900│ 410,100│ 449,300│ │   │  24 │ 204,900│ 222,300│ 244,000│ 277,900│ 337,600│ 364,600│ 391,900│ 412,000│ 450,800│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  25 │ 206,800│ 224,000│ 245,300│ 279,100│ 339,600│ 366,500│ 393,600│ 413,800│ 452,200│ │   │  26 │ 208,600│ 225,700│ 246,700│ 281,200│ 341,700│ 368,500│ 395,600│ 415,300│ 453,500│ │   │  27 │ 210,400│ 227,400│ 248,100│ 283,300│ 343,700│ 370,600│ 397,700│ 416,800│ 454,800│ │   │  28 │ 212,100│ 229,100│ 249,300│ 285,400│ 345,700│ 372,600│ 399,800│ 418,400│ 456,000│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  29 │ 214,000│ 230,600│ 250,600│ 287,400│ 347,900│ 374,500│ 401,300│ 420,000│ 457,000│ │   │  30 │ 215,800│ 232,400│ 251,700│ 289,400│ 350,000│ 376,600│ 403,100│ 421,300│ 457,700│ │   │  31 │ 217,600│ 234,200│ 253,100│ 291,400│ 352,000│ 378,700│ 404,800│ 422,600│ 458,500│
    │   │  32 │ 219,400│ 236,000│ 254,200│ 293,300│ 354,100│ 380,700│ 406,500│ 423,800│ 459,200│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  33 │ 221,100│ 237,400│ 255,300│ 295,200│ 355,800│ 382,600│ 408,200│ 425,000│ 459,900│ │   │  34 │ 222,800│ 238,900│ 256,600│ 297,000│ 357,800│ 384,700│ 409,700│ 426,300│ 460,700│ │   │  35 │ 224,500│ 240,200│ 257,800│ 298,900│ 359,800│ 386,800│ 411,300│ 427,600│ 461,400│ │   │  36 │ 226,200│ 241,600│ 259,000│ 300,800│ 361,900│ 388,700│ 412,800│ 428,800│ 462,000│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  37 │ 227,700│ 242,900│ 260,100│ 302,600│ 363,800│ 390,400│ 414,100│ 430,000│ 462,500│ │   │  38 │ 229,500│ 244,200│ 261,300│ 304,500│ 365,900│ 391,900│ 415,600│ 430,800│ 463,100│ │   │  39 │ 231,300│ 245,500│ 262,500│ 306,400│ 367,900│ 393,200│ 417,100│ 431,600│ 463,700│ │   │  40 │ 233,100│ 246,700│ 263,600│ 308,200│ 369,900│ 394,600│ 418,600│ 432,400│ 464,300│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  41 │ 234,500│ 248,000│ 264,800│ 310,100│ 371,900│ 395,800│ 420,100│ 433,000│ 464,800│ │   │  42 │ 235,900│ 249,200│ 266,400│ 311,900│ 374,000│ 396,900│ 421,400│ 433,700│ 465,300│ │   │  43 │ 237,200│ 250,500│ 267,900│ 313,800│ 376,100│ 397,900│ 422,700│ 434,400│ 465,700│ │   │  44 │ 238,400│ 251,600│ 269,100│ 315,700│ 378,100│ 398,900│ 423,900│ 435,100│ 466,000│ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  45 │ 239,700│ 252,800│ 270,300│ 317,500│ 379,800│ 400,100│ 424,900│ 435,900│ 466,300│ │   │  46 │ 240,800│ 254,000│ 271,900│ 319,400│ 381,500│ 401,300│ 425,600│ 436,700│    │ │   │  47 │ 241,900│ 255,200│ 273,600│ 321,300│ 383,100│ 402,400│ 426,400│ 437,100│    │ │   │  48 │ 242,900│ 256,400│ 275,200│ 323,100│ 384,800│ 403,600│ 427,200│ 437,800│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  49 │ 243,900│ 257,500│ 277,000│ 324,700│ 386,200│ 404,900│ 427,700│ 438,300│    │ │   │  50 │ 245,000│ 258,700│ 278,700│ 326,300│ 387,200│ 405,700│ 428,100│ 438,700│    │ │   │  51 │ 246,300│ 259,900│ 280,400│ 327,900│ 388,200│ 406,500│ 428,500│ 439,100│    │ │   │  52 │ 247,400│ 261,100│ 282,000│ 329,600│ 389,200│ 407,200│ 428,800│ 439,500│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  53 │ 248,500│ 262,300│ 283,500│ 331,300│ 390,500│ 407,700│ 429,100│ 439,900│    │ │   │  54 │ 249,800│ 263,600│ 285,300│ 333,000│ 391,600│ 408,400│ 429,500│ 440,300│    │ │   │  55 │ 250,900│ 265,100│ 287,000│ 334,800│ 392,700│ 409,100│ 429,800│ 440,700│    │ │   │  56 │ 252,100│ 266,300│ 288,800│ 336,600│ 393,900│ 409,700│ 430,100│ 441,000│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  57 │ 253,300│ 267,400│ 290,400│ 337,800│ 395,200│ 410,400│ 430,400│ 441,300│    │ │   │  58 │ 254,300│ 269,100│ 292,100│ 339,500│ 396,000│ 410,800│ 430,700│ 441,700│    │ │   │  59 │ 255,300│ 270,700│ 293,900│ 341,200│ 396,800│ 411,400│ 431,000│ 442,000│    │ │   │  60 │ 256,400│ 272,300│ 295,700│ 342,800│ 397,500│ 412,000│ 431,300│ 442,300│    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  61 │ 257,500│ 273,900│ 297,200│ 344,400│ 398,000│ 412,400│ 431,600│ 442,600│    │ │   │  62 │ 258,700│ 275,500│ 299,000│ 346,100│ 398,700│ 413,000│ 431,900│    │    │ │   │  63 │ 259,900│ 277,100│ 300,800│ 347,800│ 399,400│ 413,500│ 432,200│    │    │ │   │  64 │ 260,900│ 278,700│ 302,500│ 349,500│ 400,100│ 414,000│ 432,500│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  65 │ 262,000│ 280,200│ 304,000│ 351,100│ 400,400│ 414,500│ 432,800│    │    │ │   │  66 │ 263,300│ 281,600│ 305,700│ 352,700│ 401,100│ 415,100│ 433,100│    │    │ │   │  67 │ 264,700│ 283,100│ 307,300│ 354,300│ 401,800│ 415,500│ 433,400│    │    │ │   │  68 │ 266,000│ 284,600│ 309,000│ 355,900│ 402,400│ 416,000│ 433,700│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  69 │ 267,200│ 286,200│ 310,600│ 357,100│ 402,800│ 416,400│ 433,900│    │    │ │   │  70 │ 268,600│ 287,700│ 312,000│ 358,500│ 403,300│ 416,700│ 434,200│    │    │ │   │  71 │ 270,000│ 289,300│ 313,500│ 359,800│ 403,900│ 417,000│ 434,500│    │    │ │再任用│  72 │ 271,400│ 290,900│ 315,000│ 361,200│ 404,400│ 417,300│ 434,800│    │    │ │職員以│    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │外の職│  73 │ 272,700│ 292,200│ 316,000│ 362,400│ 404,900│ 417,600│ 435,000│    │    │ │員  │  74 │ 274,100│ 293,600│ 317,600│ 363,600│ 405,300│ 417,900│ 435,300│    │    │ │   │  75 │ 275,500│ 295,100│ 319,200│ 364,900│ 405,800│ 418,200│ 435,600│    │    │ │   │  76 │ 276,800│ 296,600│ 320,900│ 366,200│ 406,300│ 418,500│ 435,900│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  77 │ 278,000│ 297,700│ 322,700│ 367,500│ 406,800│ 418,700│ 436,100│    │    │ │   │  78 │ 279,200│ 299,200│ 324,400│ 368,700│ 407,300│ 419,000│ 436,400│    │    │ │   │  79 │ 280,400│ 300,600│ 326,000│ 369,900│ 407,900│ 419,300│ 436,700│    │    │ │   │  80 │ 281,500│ 302,100│ 327,600│ 371,100│ 408,400│ 419,600│ 437,000│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  81 │ 282,800│ 303,600│ 329,300│ 372,300│ 408,800│ 419,800│ 437,200│    │    │ │   │  82 │ 284,000│ 305,000│ 331,000│ 373,500│ 409,400│ 420,100│ 437,500│    │    │ │   │  83 │ 285,300│ 306,300│ 332,600│ 374,600│ 409,900│ 420,400│ 437,800│    │    │ │   │  84 │ 286,600│ 307,700│ 334,300│ 375,800│ 410,100│ 420,600│ 438,100│    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  85 │ 287,800│ 308,900│ 335,700│ 376,900│ 410,400│ 420,800│ 438,300│    │    │ │   │  86 │ 289,000│ 310,400│ 337,200│ 377,500│ 410,900│ 421,100│    │    │    │ │   │  87 │ 290,200│ 311,800│ 338,700│ 378,000│ 411,200│ 421,400│    │    │    │ │   │  88 │ 291,400│ 313,300│ 340,200│ 378,600│ 411,500│ 421,600│    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  89 │ 292,500│ 314,800│ 341,500│ 379,200│ 411,800│ 421,800│    │    │    │ │   │  90 │ 293,700│ 316,300│ 342,700│ 379,800│ 412,200│ 422,100│    │    │    │ │   │  91 │ 294,800│ 317,700│ 344,000│ 380,400│ 412,600│ 422,400│    │    │    │ │   │  92 │ 296,000│ 319,200│ 345,300│ 381,000│ 413,000│ 422,600│    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  93 │ 296,800│ 320,500│ 346,700│ 381,300│ 413,300│ 422,800│    │    │    │ │   │  94 │ 298,100│ 321,800│ 348,200│ 381,800│ 413,600│    │    │    │    │ │   │  95 │ 299,300│ 323,200│ 349,700│ 382,400│ 413,900│    │    │    │    │ │   │  96 │ 300,600│ 324,500│ 351,200│ 382,900│ 414,100│    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  97 │ 301,700│ 325,700│ 352,500│ 383,300│ 414,300│    │    │    │    │ │   │  98 │ 302,900│ 327,000│ 353,700│ 383,700│ 414,600│    │    │    │    │ │   │  99 │ 304,100│ 328,300│ 354,800│ 384,300│ 414,900│    │    │    │    │ │   │  100 │ 305,300│ 329,600│ 356,000│ 384,800│ 415,100│    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  101 │ 306,500│ 331,000│ 357,100│ 385,200│ 415,300│    │    │    │    │ │   │  102 │ 307,500│ 331,900│ 358,200│ 385,700│    │    │    │    │    │ │   │  103 │ 308,600│ 333,100│ 359,300│ 386,300│    │    │    │    │    │ │   │  104 │ 309,600│ 334,300│ 360,500│ 386,800│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  105 │ 310,400│ 335,400│ 361,700│ 387,100│    │    │    │    │    │ │   │  106 │ 311,000│ 336,500│ 362,200│ 387,500│    │    │    │    │    │ │   │  107 │ 311,600│ 337,500│ 362,800│ 388,000│    │    │    │    │    │ │   │  108 │ 312,300│ 338,600│ 363,400│ 388,300│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  109 │ 312,800│ 339,800│ 364,000│ 388,600│    │    │    │    │    │ │   │  110 │ 313,300│ 340,800│ 364,500│ 389,100│    │    │    │    │    │ │   │  111 │ 313,900│ 341,800│ 365,000│ 389,600│    │    │    │    │    │
    │   │  112 │ 314,500│ 342,700│ 365,500│ 390,100│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  113 │ 315,300│ 343,600│ 365,900│ 390,400│    │    │    │    │    │ │   │  114 │ 316,000│ 344,500│ 366,300│ 390,900│    │    │    │    │    │ │   │  115 │ 316,700│ 345,500│ 366,900│ 391,400│    │    │    │    │    │ │   │  116 │ 317,400│ 346,500│ 367,400│ 391,900│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  117 │ 318,000│ 347,500│ 367,800│ 392,200│    │    │    │    │    │ │   │  118 │ 318,800│ 348,000│ 368,300│ 392,700│    │    │    │    │    │ │   │  119 │ 319,500│ 348,600│ 368,900│ 393,200│    │    │    │    │    │ │   │  120 │ 320,300│ 349,200│ 369,400│ 393,700│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  121 │ 320,900│ 349,500│ 369,500│ 394,100│    │    │    │    │    │ │   │  122 │ 321,200│ 349,900│ 370,100│ 394,600│    │    │    │    │    │ │   │  123 │ 321,700│ 350,400│ 370,600│ 395,000│    │    │    │    │    │ │   │  124 │ 322,200│ 350,800│ 371,000│ 395,500│    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  125 │ 322,500│ 351,200│ 371,500│ 395,900│    │    │    │    │    │ │   │  126 │    │ 351,600│ 372,000│    │    │    │    │    │    │ │   │  127 │    │ 352,100│ 372,500│    │    │    │    │    │    │ │   │  128 │    │ 352,500│ 373,000│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  129 │    │ 352,900│ 373,300│    │    │    │    │    │    │ │   │  130 │    │ 353,300│ 373,800│    │    │    │    │    │    │ │   │  131 │    │ 353,700│ 374,300│    │    │    │    │    │    │ │   │  132 │    │ 354,100│ 374,800│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  133 │    │ 354,300│ 375,100│    │    │    │    │    │    │ │   │  134 │    │ 354,800│ 375,600│    │    │    │    │    │    │ │   │  135 │    │ 355,200│ 376,000│    │    │    │    │    │    │ │   │  136 │    │ 355,500│ 376,400│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  137 │    │ 355,800│ 376,700│    │    │    │    │    │    │ │   │  138 │    │ 356,200│ 377,200│    │    │    │    │    │    │ │   │  139 │    │ 356,700│ 377,700│    │    │    │    │    │    │ │   │  140 │    │ 357,200│ 378,200│    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  141 │    │ 357,500│ 378,500│    │    │    │    │    │    │ │   │  142 │    │ 358,000│    │    │    │    │    │    │    │ │   │  143 │    │ 358,500│    │    │    │    │    │    │    │ │   │  144 │    │ 359,000│    │    │    │    │    │    │    │ │   │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ │   │  145 │    │ 359,300│    │    │    │    │    │    │    │ ├───┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │再任用│    │ 238,900│ 250,600│ 254,800│ 286,200│ 302,700│ 316,800│ 340,400│ 354,500│ 387,600│ │職員 │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │ └───┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┘  備考 この表は、消防職員で市長の定める職員に適用する。  (日立市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正) 第2条 日立市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和41年条例第59号)の一部を次のよう  に改正する。   第11条第1項中「年末年始の休日等」の次に「(次項において「週休日等」という。)」を加え、同  項の次に次の1項を加える。  2 前項に規定する場合のほか、第4条の規定に基づく管理者が指定する職を占める職員が災害への対処   その他の臨時又は緊急の必要により週休日等以外の日の午前0時から午前5時までの間であって正規の   勤務時間以外の時間に勤務した場合は、当該職員には、管理職員特別勤務手当を支給する。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。  (給料の切替えに伴う経過措置) 2 平成27年4月1日(以下「切替日」という。)の前日から引き続き同一の給料表の適用を受ける職員  で、その者の受ける給料月額が同日において受けていた給料月額に達しないこととなるもの(市規則で定  める職員を除く。)には、平成30年3月31日までの間、給料月額のほか、その差額に相当する額(日  立市職員の給与に関する条例(以下「給与条例」という。)附則第8項の表の給料表欄に掲げる給料表の  適用を受ける職員(再任用職員を除く。)のうち、その職務の級が同項の表の職務の級欄に掲げる職務の  級以上である者(以下この項において「特定職員」という。)にあっては、55歳に達した日後における  最初の4月1日(特定職員以外の者が55歳に達した日後における最初の4月1日後に特定職員となった  場合にあっては、特定職員となった日)以後、当該額に100分の98.5を乗じて得た額)を給料とし  て支給する。 3 切替日の前日から引き続き給料表の適用を受ける職員(前項に規定する職員を除く。)について、同項  の規定による給料を支給される職員との権衡上必要があると認められるときは、当該職員には、市規則の  定めるところにより、同項の規定に準じて、給料を支給する。 4 切替日以降に新たに給料表の適用を受けることとなった職員について、任用の事情等を考慮して前2項  の規定による給料を支給される職員との権衡上必要があると認められるときは、当該職員には、市規則の  定めるところにより、前2項の規定に準じて、給料を支給する。 5 前3項の規定による給料を支給される職員に関する給与条例第20条第5項(給与条例第21条第4項  において準用する場合及び日立市職員の育児休業等に関する条例(平成4年条例第3号。次項において  「育児休業条例」という。)第16条の規定により読み替えて適用する場合を含む。以下この場合におい  て同じ。)の規定の適用については、給与条例第20条第5項中「給料の月額」とあるのは、「給料月額  と日立市職員の給与に関する条例及び日立市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正す  る条例(平成27年条例第  号)附則第2項から第4項までの規定による給料の額との合計額」とする。  (平成28年3月31日までの間における昇給に関する特例) 6 平成28年3月31日までの間における給与条例第6条第5項(育児休業条例第16条及び第18条の  規定により読み替えて適用する場合を含む。)の規定の適用については、同項中「4号給」とあるのは  「3号給」と、「3号給」とあるのは「2号給」とする。  (規則への委任) 7 第2項から前項までに定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、市長が規則で定める。 22                                          議案第22号    日立市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について  日立市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────
     (提案説明)  市営住宅の用途廃止に伴い、管理戸数を整理する等のため、本条例を制定するものであります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例  日立市営住宅の設置及び管理に関する条例(平成9年条例第51号)の一部を次のように改正する。  第6条第2項中「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律(平成6 年法律第30号)」を「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配 偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)」に改め、「附則第4条第1項に規定する支援給 付」の次に「及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律の一部を改 正する法律(平成25年法律第106号)附則第2条第1項又は第2項の規定によりなお従前の例によるこ ととされた支援給付」を加える。  別表1公営住宅の表中 「  ┌────────────┬─────────────┬────┬────────┐  │上相田団地       │相田町1丁目       │簡平  │      81│  │            │             │簡二  │      10│ を  │            │             │中耐  │     116│  └────────────┴─────────────┴────┴────────┘                                            」 「  ┌────────────┬─────────────┬────┬────────┐  │上相田団地       │相田町1丁目       │簡平  │      81│  │            │             │簡二  │       6│ に、  │            │             │中耐  │     116│  └────────────┴─────────────┴────┴────────┘                                            」 「  ┌────────────┬─────────────┬────┬────────┐  │上の代団地       │田尻町2丁目       │簡平  │      80│ を  │            │             │中耐  │     100│  └────────────┴─────────────┴────┴────────┘                                            」 「  ┌────────────┬─────────────┬────┬────────┐  │上の代団地       │田尻町2丁目       │簡平  │      50│ に、  │            │             │中耐  │     100│  └────────────┴─────────────┴────┴────────┘                                            」 「  ┌────────────┬─────────────┬────┬────────┐  │小峰団地        │金沢町4丁目       │簡平  │      28│  ├────────────┼─────────────┼────┼────────┤ を  │磯坪団地        │東金沢町2丁目      │簡平  │       6│  │            │             │中耐  │      84│  └────────────┴─────────────┴────┴────────┘                                            」 「  ┌────────────┬─────────────┬────┬────────┐  │磯坪団地        │東金沢町2丁目      │中耐  │      84│ に、  └────────────┴─────────────┴────┴────────┘                                            」 「  ┌───────────────────────────────┬────────┐  │               計               │   4,114│ を  └───────────────────────────────┴────────┘                                            」 「  ┌───────────────────────────────┬────────┐  │               計               │   4,046│ に  └───────────────────────────────┴────────┘                                            」 改める。    附 則  この条例は、公布の日から施行する。ただし、別表1公営住宅の表の改正規定は、平成27年4月1日から 施行する。 23                                          議案第23号    日立市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について  日立市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  医療福祉費の支給範囲を拡大するため、本条例を制定するものであります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例  日立市医療福祉費支給に関する条例(昭和51年条例第45号)の一部を次のように改正する。  第4条第1項中「妊娠」を「、妊娠」に改め、「限り、対象者が小児であり、12歳に達する日以後の最 初の4月1日から15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者の場合にあっては入院による 治療が必要となる疾病又は負傷に」を削る。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成27年10月1日から施行する。  (適用区分) 2 この条例による改正後の日立市医療福祉費支給に関する条例の規定は、この条例の施行の日以後に行わ  れる診療に係る医療福祉費の支給について適用し、同日前に行われた診療に係る医療福祉費の支給につい  ては、なお従前の例による。 24                                          議案第24号    日立市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について  日立市介護保険条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出
                                    日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  介護保険法施行令等の改正に伴い、第1号被保険者の保険料率を改める等のため、本条例を制定するもの であります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市介護保険条例の一部を改正する条例  日立市介護保険条例(平成12年条例第15号)の一部を次のように改正する。  第9条第1項中「第8条の2第9項」を「第8条の2第7項」に、「又は同条第10項」を「又は同条第 8項」に改め、同条中第3項を第4項とし、第2項の次に次の1項を加える。 3 第1号被保険者であって介護保険法施行令(平成10年政令第412号。以下「政令」という。)で定  めるところにより算定した所得の額が政令で定める額以上である居宅要介護被保険者等が受ける緊急短期  入所サービス費について前項の規定を適用する場合においては、同項中「100分の90」とあるのは  「100分の80」とする。  第9条の2中第3項を第4項とし、第2項の次に次の1項を加える。 3 第1号被保険者であって政令で定めるところにより算定した所得の額が政令で定める額以上である要介護  被保険者が受ける在宅復帰支援サービス費について前項の規定を適用する場合においては、同項中「100  分の90」とあるのは「100分の80」とする。  第9条の4中「第115条の48」を「第115条の49」に改める。  第10条中「平成24年度から平成26年度まで」を「平成27年度から平成29年度まで」に改め、同 条第1号中「介護保険法施行令(平成10年政令第412号。以下「政令」という。)」を「政令」に、 「25,800円」を「29,700円」に改め、同条第2号中「25,800円」を「42,100円」 に改め、同条第3号中「38,700円」を「44,500円」に改め、同条第4号中「51,600円」 を「53,400円」に改め、同条第5号中「64,500円」を「59,400円」に改め、同条第6号 中「77,400円」を「71,200円」に改め、同条に次の3号を加える。 (7) 政令第38条第1項第7号に掲げる者 77,200円 (8) 政令第38条第1項第8号に掲げる者 89,100円 (9) 政令第38条第1項第9号に掲げる者 100,900円  第10条に次の1項を加える。 2 所得の少ない第1号被保険者についての保険料の減額賦課に係る前項第1号に該当する者の平成27年  度から平成29年度までの各年度における保険料率は、同号の規定にかかわらず、26,700円とする。  第12条第3項中「及びハ」を「若しくはニ」に、「又は第5号ロ」を「、第5号ロ、第6号ロ、第7号 ロ又は第8号ロ」に、「第5号まで」を「第8号まで」に改める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。ただし、第9条中第3項を第4項とし、第2項の次に  1項を加える改正規定及び第9条の2中第3項を第4項とし、第2項の次に1項を加える改正規定は、平  成27年8月1日から施行する。  (適用区分) 2 この条例による改正後の日立市介護保険条例(以下「新条例」という。)第9条第3項及び第9条の2  第3項の規定は、平成27年8月1日以後に行われる緊急短期入所サービスに係る緊急短期入所サービス  費の支給及び在宅復帰支援サービスに係る在宅復帰支援サービス費の支給について適用し、同日前に行わ  れた緊急短期入所サービスに係る緊急短期入所サービス費の支給及び在宅復帰支援サービスに係る在宅復  帰支援サービス費の支給については、なお従前の例による。 3 新条例第10条の規定は、平成27年度分以後の年度分の保険料について適用し、平成26年度分まで  の保険料については、なお従前の例による。 25                                          議案第25号    日立市介護サービス利用料条例等の一部を改正する条例の制定について  日立市介護サービス利用料条例等の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  介護保険法の規定に基づく介護予防・日常生活支援総合事業の実施に伴い、関係規定を改める等のため、 本条例を制定するものであります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市介護サービス利用料条例等の一部を改正する条例  (日立市介護サービス利用料条例の一部改正) 第1条 日立市介護サービス利用料条例(平成12年条例第20号)の一部を次のように改正する。   第1条中「及び指定介護予防支援」を「、指定介護予防支援及び介護予防・日常生活支援総合事業」に  改める。   第2条第2号中「第42条の2第2項第1号」を「第42条の2第2項第2号」に改め、同条第4号中  「第53条第2項第1号及び第2号」を「第53条第2項第2号」に改め、同条に次の1号を加える。   (7) 介護予防・日常生活支援総合事業 法第115条の45の3第2項に規定する厚生労働省令で定め    るところにより算定した額   第3条第1号中「及び法第58条第4項」を「、法第58条第4項及び法第115条の45の3第3項」  に改める。  (日立市介護サービス事業特別会計条例の一部改正) 第2条 日立市介護サービス事業特別会計条例(平成12年条例第21号)の一部を次のように改正する。   第1条中「及び指定介護予防支援の事業」を「、指定介護予防支援の事業及び介護予防・日常生活支援  総合事業」に改める。  (日立市デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正) 第3条 日立市デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例(平成6年条例第18号)の一部を次の  ように改正する。   第4条第1項第2号中「若しくは特例居宅介護サービス費」を「又は特例居宅介護サービス費」に改め、  「又は介護予防通所介護に係る介護予防サービス費若しくは特例介護予防サービス費」を削り、同項中第  6号を第7号とし、同項第5号中「第8条の2第15項」を「第8条の2第13項」に改め、同号を同項  第6号とし、同項第4号中「又は介護予防(介護保険法第8条の2第7項に規定する介護予防通所介護に  限る。)」を削り、同号を同項第5号とし、同項第3号の次に次の1号を加える。   (4) 介護保険法の規定による第1号通所事業に係る第1号事業支給費の支給に係る者  (日立市指定地域密着型サービスの事業の運営に関する基準等を定める条例の一部改正) 第4条 日立市指定地域密着型サービスの事業の運営に関する基準等を定める条例(平成24年条例第32  号)の一部を次のように改正する。   第5条中「指定複合型サービス」を「指定看護小規模多機能型居宅介護」に改める。  (日立市指定介護予防支援の事業の運営に関する基準等を定める条例の一部改正) 第5条 日立市指定介護予防支援の事業の運営に関する基準等を定める条例(平成26年条例第27号)の  一部を次のように改正する。   第31条第2項第1号中「第33条第13号」を「第33条第14号」に改め、同項第2号エ中「第  33条第14号」を「第33条第15号」に改め、同号オ中「第33条第15号」を「第33条第16号」  に改める。   第33条第9号中「第16号」を「第17号」に改め、同条中第26号を第27号とし、第18号から  第25号までを1号ずつ繰り下げ、同条第17号中「第12号」を「第13号」に、「第13号」を「第  14号」に改め、同号を同条第18号とし、同条中第16号を第17号とし、同条第15号イ中「指定介  護予防通所介護事業所(指定介護予防サービス等基準第97条第1項に規定する指定介護予防通所介護事  業所をいう。)又は」を削り、同号を同条第16号とし、同条中第14号を第15号とし、同条第13号
     中「第15号」を「第16号」に改め、同号を同条第14号とし、同条第12号中「介護予防訪問介護計  画(指定介護予防サービス等の事業の人員、設備及び運営並びに指定介護予防サービス等に係る介護予防  のための効果的な支援の方法に関する基準(平成18年厚生労働省令第35号。以下この号及び第15号  において「指定介護予防サービス等基準」という。)第39条第2号に規定する介護予防訪問介護計画を  いう。)」を「介護予防訪問看護計画書」に改め、同号を同条第13号とし、同条第11号の次に次の1  号を加える。  (12) 担当職員は、介護予防サービス計画に位置付けた指定介護予防サービス事業者等に対して、介護予    防訪問看護計画書(指定介護予防サービス等の事業の人員、設備及び運営並びに指定介護予防サービ    ス等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準(平成18年厚生労働省令第35号。    以下この号、次号及び第16号において「指定介護予防サービス等基準」という。)第76条第2号    に規定する介護予防訪問看護計画書をいう。次号において同じ。)等指定介護予防サービス等基準に    おいて位置付けられている計画の提出を求めること。   第33条に次の1号を加える。  (28) 指定介護予防支援事業者は、法第115条の48第4項の規定に基づき、同条第1項に規定する会    議から、同条第2項の検討を行うための資料又は情報の提供、意見の開陳その他必要な協力の求めが    あった場合は、これに協力するよう努めること。  (日立市特別養護老人ホーム設置及び管理に関する条例の一部改正) 第6条 日立市特別養護老人ホーム設置及び管理に関する条例(昭和49年条例第60号)の一部を次のよ  うに改正する。   第5条第2項第3号中「第8条の2第9項」を「第8条の2第7項」に改める。  (日立市短期入所施設の設置及び管理に関する条例の一部改正) 第7条 日立市短期入所施設の設置及び管理に関する条例(平成11年条例第20号)の一部を次のように  改正する。   第4条第1項第3号中「第8条の2第9項」を「第8条の2第7項」に改める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。ただし、第5条の規定は、公布の日から施行する。  (利用料に関する経過措置) 2 第1条の規定による改正後の日立市介護サービス利用料条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施  行日」という。)以後に行われるサービスに係る利用料の額について適用し、同日前に行われたサービス  に係る利用料の額については、なお従前の例による。 3 施行日の前日において要支援認定を受けていた被保険者その他の厚生労働省令で定める者に係る利用料  の額については、当該要支援認定の有効期間の末日その他の厚生労働省令で定める日までの間、第1条の  規定による改正前の日立市介護サービス利用料条例第2条第4号の規定を適用することができる。  (デイサービスセンターの利用者に関する経過措置) 4 施行日の前日において要支援認定を受けていた被保険者その他の厚生労働省令で定める者であって、介  護予防通所介護に係る介護予防サービス費又は特例介護予防サービス費の支給に係る者については、第3  条の規定による改正後の日立市デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例第4条の規定にかかわ  らず、デイサービスセンターを利用することができる。 26                                          議案第26号    日立市計量検査所条例の一部を改正する条例の制定について  日立市計量検査所条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  計量器の法定外検査及び検査設備の貸出しに関する業務の廃止に伴い、関係規定を改めるため、本条例を 制定するものであります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市計量検査所条例の一部を改正する条例  日立市計量検査所条例(平成11年条例第26号)の一部を次のように改正する。  第4条第1項中「検査所の実用基準分銅及び検査用具(以下「検査設備」という。)を使用して行う」を 削る。  第5条第1項中「別表第1」を「別表」に改める。  第6条から第8条までを削る。  第9条(見出しを含む。)中「又は使用料」を削り、同条を第6条とする。  第10条及び第11条を削り、第12条を第7条とする。  別表第2を削り、別表第1第1項第3号を削り、同表を別表とする。    附 則  この条例は、平成27年4月1日から施行する。 27                                          議案第27号    日立市建築基準条例及び日立市手数料条例の一部を改正する条例の制定について  日立市建築基準条例及び日立市手数料条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  建築基準法等の改正に伴い、規制の緩和を図る等のため、本条例を制定するものであります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市建築基準条例及び日立市手数料条例の一部を改正する条例  (日立市建築基準条例の一部改正) 第1条 日立市建築基準条例(平成12年条例第10号)の一部を次のように改正する。   第3条の2中「指定する道路」を「指定する道」に改める。   第10条中「準耐火建築物」の次に「並びに法第27条第1項の規定に適合する建築物」を加える。   第11条ただし書中「又は準耐火建築物」を「若しくは準耐火建築物又は法第27条第1項の規定に適  合する建築物」に改める。   第14条中「主要構造物」を「主要構造部」に改める。   第16条の表中「令第115条の2の2第1項に掲げる基準に適合する準耐火建築物」を「法第27条  第1項の規定に適合する建築物であって規則で定めるもの」に改める。   第17条、第19条第1項及び第20条中「準耐火建築物」の次に「並びに法第27条第1項の規定に  適合する建築物」を加える。   第28条中「令第115条の2の2第1項第1号」を「令第129条の2の3第1項第1号ロ」に改め  る。   第46条第1項第2号ただし書中「横列の客席数」の次に「の合計」を加える。   第49条中「準耐火構造」を「耐火構造」に、「防火構造」を「準耐火構造」に改める。   第50条第1項第1号中「耐火建築物」の次に「又は法第27条第1項の規定に適合する建築物」を加  える。  (日立市手数料条例の一部改正) 第2条 日立市手数料条例(昭和46年条例第5号)の一部を次のように改正する。   別表2建築確認関係の表第1項を次のように改める。
    │1 建築物確認申請手数料               │      │          │ │ (1) 建築物の床面積の合計が30平方メートル以内のも │1件    │     8,000│ │  の                        │      │          │ │                           │      │          │ │ (2) 建築物の床面積の合計が30平方メートルを超え  │1件    │    15,000│ │  100平方メートル以内のもの           │      │          │ │                           │      │          │ │ (3) 建築物の床面積の合計が100平方メートルを超え │1件    │    23,000│ │  200平方メートル以内のもの           │      │          │ │                           │      │          │ │ (4) 建築物の床面積の合計が200平方メートルを超え │1件    │    40,000│ │  500平方メートル以内のもの           │      │          │ │                           │      │          │ │ (5) 建築物の床面積の合計が500平方メートルを超え │1件    │    72,000│ │  1,000平方メートル以内のもの         │      │          │ │                           │      │          │ │ (6) 建築物の床面積の合計が1,000平方メートルを │1件    │   105,000│ │  超え2,000平方メートル以内のもの       │      │          │ │                           │      │          │ │ (7) 建築物の床面積の合計が2,000平方メートルを │1件    │   212,000│ │  超え10,000平方メートル以内のもの      │      │          │ │                           │      │          │ │ (8) 建築物の床面積の合計が10,000平方メートル │1件    │   348,000│ │  を超え50,000平方メートル以内のもの     │      │          │ │                           │      │          │ │ (9) 建築物の床面積の合計が50,000平方メートル │1件    │   605,000│ │  を超えるもの                   │      │          │   別表2建築確認関係の表第8項中「仮使用承認申請手数料」を「仮使用認定申請手数料」に改め、同表  中第49項を第50項とし、第43項から第48項までを1項ずつ繰り下げ、第42項の次に次の1項を  加える。 │43 既存の建築物に対する制限の緩和を受ける移転の認 │1件    │    27,000│ │  定申請手数料                   │      │          │   別表2(注)5中「第18条第14項」を「第18条第16項」に、同表(注)7中「第18条第17  項」を「第18条第19項」に、同表(注)8及び(注)9中「第18条第14項」を「第18条第16  項」に改め、同表(注)に次のように加える。    10 検査済証の交付を受ける前における建築物等の仮使用認定申請には、建築基準法第18条第24     項第1号又は第2号(同法第87条の2又は第88条第1項若しくは第2項を準用する場合を含     む。)に規定する建築主が国等の場合における仮使用認定通知を含むものとする。    附 則  この条例は、平成27年6月1日から施行する。 28                                          議案第28号    地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理    に関する条例の制定について  地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条 例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴い、関係条例の規定を整理するため、本条例を制定 するものであります。 ───────────────────────────────────────────────    地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理    に関する条例  (日立市教育委員会の教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部改正) 第1条 日立市教育委員会の教育長の給与及び勤務時間等に関する条例(昭和39年条例第56号)の一部  を次のように改正する。   題名を次のように改める。     日立市教育委員会の教育長の勤務時間等に関する条例   第1条中「教育公務員特例法(昭和24年法律第1号)第16条第2項」を「地方教育行政の組織及び  運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第11条第5項」に、「給料その他の給与及び旅費並び  に勤務時間等」を「勤務時間その他の勤務条件及び職務に専念する義務の特例」に改める。   第2条から第5条までを削り、第6条を第2条とし、同条の次に次の1条を加える。   (職務に専念する義務の免除)  第3条 教育長の職務に専念する義務の免除については、職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和   26年条例第8号)第2条の規定を準用する。この場合において、同条中「任命権者」とあるのは、   「教育委員会」と読み替えるものとする。  (日立市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部改正) 第2条 日立市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例(昭和32年条例第16号)の一部を次のよ  うに改正する。   第1条中第4号を第5号とし、第3号を第4号とし、第2号の次に次の1号を加える。   (3) 教育長   別表副市長の項の次に次のように加える。   ┌──────────┬───────────┐   │教育長       │   755,000円│   └──────────┴───────────┘  (日立市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例及び日立市教育委員会の教育長の給与及び勤務時  間等に関する条例の特例に関する条例の一部改正) 第3条 日立市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例及び日立市教育委員会の教育長の給与及び勤  務時間等に関する条例の特例に関する条例(平成23年条例第14号)の一部を次のように改正する。   題名を次のように改める。     日立市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の特例に関する条例   第2条を削り、第1条中「、副市長、常勤の監査委員」を「、副市長、教育長、常勤の監査委員」に改  め、「(次条において「特例期間」という。)」を削り、「額とし、常勤の監査委員」を「額とし、教育  長、常勤の監査委員」に改め、同条の見出し及び条名を削る。  (日立市職員の旅費に関する条例の一部改正) 第4条 日立市職員の旅費に関する条例(昭和27年条例第33号)の一部を次のように改正する。   第2条第1号、別表第1及び別表第2の表中「、副市長」の次に「、教育長」を加える。  (日立市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正) 第5条 日立市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年条例第24号)
     の一部を次のように改正する。   別表執行機関の項中  「   ┌─────┬────┬───┬───────┬──────────┐   │教育委員会│委員長 │月額 │      円│日立市職員の旅費に関│   │の委員  │    │   │ 85,000│する条例別表第1の特│   │     │    │   │       │別職相当額     │ を   │     ├────┼───┼───────┼──────────┤   │     │委員  │月額 │ 75,000│〃         │   └─────┴────┴───┴───────┴──────────┘                                      」  「   ┌──────────┬───┬───────┬──────────┐   │教育委員会の委員  │月額 │      円│日立市職員の旅費に関│   │          │   │ 75,000│する条例(昭和27年│ に   │          │   │       │条例第33号)別表第│   │          │   │       │1の特別職相当額  │   └──────────┴───┴───────┴──────────┘                                      」  改める。  (日立市奨学金貸付条例の一部改正) 第6条 日立市奨学金貸付条例(昭和39年条例第58号)の一部を次のように改正する。   第6条中「規則で定めるところによる申請書を教育委員長に提出」を「規則で定めるところにより教育委  員会に申請」に改める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。  (適用区分) 2 この条例の施行の際現に在職する教育長(地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法  律(平成26年法律第76号。以下この項において「改正法」という。)による改正前の地方教育行政の組  織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第16条第1項の教育長をいう。)が改正法附則第  2条第1項の規定により引き続き教育長として在職する間(以下「在職特例期間」という。)にあっては、  第1条の規定による改正後の日立市教育委員会の教育長の勤務時間等に関する条例第3条の規定は、適用し  ない。  (経過措置) 3 この条例の施行の際現に在職する教育長の在職特例期間においては、第1条の規定による改正後の日立市  教育委員会の教育長の勤務時間等に関する条例の規定、第2条の規定による改正後の日立市特別職の職員で  常勤のものの給与に関する条例の規定及び第3条の規定による改正後の日立市特別職の職員で常勤のものの  給与に関する条例の特例に関する条例の規定にかかわらず、教育長の給与の支給については、なお従前の例  による。 4 この条例の施行の際現に在職する教育長の在職特例期間においては、第4条の規定による改正後の日立市  職員の旅費に関する条例の規定にかかわらず、教育長の旅費の支給については、なお従前の例による。 5 この条例の施行の際現に在職する教育長の在職特例期間においては、第5条の規定による改正後の日立市  特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の規定にかかわらず、教育委員会の委員の報  酬及び費用弁償については、なお従前の例による。 29                                          議案第29号    日立市新庁舎整備事業第1期本体工事の請負契約の締結について  日立市新庁舎整備事業第1期本体工事について、下記のとおり工事請負契約を締結するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明                        記 1 工 事 の 名 称  日立市新庁舎整備事業第1期本体工事 2 工 事 の 場 所  日立市助川町1丁目地内 3 工 事 の 概 要  建築主体工事               鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)               地下1階地上7階建               延床面積 24,910.95m2               電気設備工事 一式               機械設備工事 一式               外構工事 一式 4 契 約 金 額    金10,249,200,000円 5 契約の相手方     竹中・鈴縫・秋山・岡部特定建設工事共同企業体               代表者 株式会社竹中工務店東関東支店                    支  店  長  岡 崎 俊 樹               構成員 鈴縫工業株式会社                    代表取締役    鈴 木 一 良               構成員 株式会社秋山工務店                    代表取締役    秋 山 光 伯               構成員 株式会社岡部工務店                    代表取締役    岡 部 英 明 6 完 成 の 期 限  平成29年4月28日 7 契 約 の 方 法  一般競争入札 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  日立市新庁舎整備事業第1期本体工事の請負契約を締結するに当たり、予定価格が150,000千円以 上であるため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき議会 の議決を求めるものであります。 ─────────────────────────────────────────────── 30                                          議案第30号    (国)大甕北こ線橋桁製作工事の請負契約の締結について  (国)大甕北こ線橋桁製作工事について、下記のとおり工事請負契約を締結するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明                         記 1 工 事 の 名 称  (国)大甕北こ線橋桁製作工事 2 工 事 の 場 所  日立市森山町1丁目・5丁目地内 3 工 事 の 概 要  鋼桁工場製作工               単純鋼床版箱桁
                  桁長 61.3m 桁幅 15.7m 4 契 約 金 額    金220,849,200円 5 契約の相手方     宮地エンジニアリング株式会社               代表取締役社長  青 田 重 利 6 完 成 の 期 限  平成28年3月31日 7 契 約 の 方 法  指名競争入札 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  (国)大甕北こ線橋桁製作工事の請負契約を締結するに当たり、予定価格が150,000千円以上である ため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき議会の議決を求 めるものであります。 ─────────────────────────────────────────────── 31                                          議案第31号    日立市市民会館の指定管理者の指定について  別紙のとおり日立市市民会館の指定管理者を指定するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  日立市市民会館の指定管理者を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき議会 の議決を求めるものであります。 ─────────────────────────────────────────────── ┌─────────────┬──────────────────┬────────────┐ │    施設の名称    │      指定管理者       │   指定の期間    │ ├─────────────┼──────────────────┼────────────┤ │日立市日立市民会館    │公益財団法人日立市民科学文化財団  │平成27年4月1日から  │ │             │                  │平成28年3月31日まで  │ ├─────────────┼──────────────────┼────────────┤ │日立市多賀市民会館    │公益財団法人日立市民科学文化財団  │平成27年4月1日から  │ │             │                  │平成28年3月31日まで  │ └─────────────┴──────────────────┴────────────┘ 32                                          議案第32号    人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて  人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき人権擁護委員候補者として下記の者を推薦したいので、議会の 意見を求めるものとする。       平成27年3月9日提出                                 日立市長  吉 成   明                        記 氏  名  齋 藤 一 世 生年月日  昭和□□年□□月□□日 住  所  日立市□□町□丁目□□番□□号 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  人権擁護委員齋藤一世氏は、平成27年6月30日をもって任期満了となるが、引き続き人権擁護委員とし て推薦したいため、議会の意見を求めるものであります。 ─────────────────────────────────────────────── 33                                          議案第33号    日立市議会基本条例の制定について  日立市議会基本条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月20日提出                           提出者 日立市議会議員  薄 井 五 月                           賛成者 日立市議会議員  樫 村 英 紀                                  同     中 川 雅 子                                  同     吉 田 修 一                                  同     岡 部 光 雄                                  同     青 木 俊 一                                  同     助 川 吉 洋                                  同     伊 藤 智 毅 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  二元代表制の下での意思決定機関として、議会の機能を最大限に発揮した活動を行い、もって市民福祉の 向上及び市政の発展に寄与するため、本条例を制定するものであります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市議会基本条例 目次  前文  第1章 総則(第1条・第2条)  第2章 議会の活動原則等(第3条-第6条)  第3章 議員の活動原則等(第7条-第9条)  第4章 市民と議会の関係(第10条-第12条)  第5章 議会と市長等との関係(第13条・第14条)  第6章 議会機能の強化(第15条-第17条)  第7章 議会事務局等(第18条・第19条)  第8章 議員の身分及び待遇(第20条・第21条)  第9章 見直し手続(第22条)  附則  地方分権の進展に伴い、二元代表制の一翼を担う地方議会の果たすべき役割及び責務の重要性はますます 大きなものとなってきている。  日立市議会(以下「議会」という。)においては、これまで地域住民の代表機関として、市の意思決定や 執行機関の事務に対する監視を行うとともに、執行機関が進める行財政改革に先駆けて自らも改革を実施し てきた。  加えて、このような時代の背景を踏まえつつ、市民に対してより分かりやすい議会運営を実現するため、
    平成24年度からは「議会の公開」、「議会への住民参加」といった視点に立ち、日立市議会議員(以下 「議員」という。)相互間の積極的な議論を経て、議会の活性化に取り組んできた。  今後、これまで積み重ねてきた取組を継続し、不断の検証を行うとともに、議会及び議員の活動原則、市 民と議会との関係、市長その他の執行機関(以下「市長等」という。)との関係などを明らかにし、変動す る時代の要請に即応できる公正かつ透明性のある市民に開かれた議会を目指すことを決意し、議会の運営及 び活動の基本となる事項を定めた、議会の最高規範としての条例をここに制定する。    第1章 総則  (目的) 第1条 この条例は、議会及び議員の活動原則、市民と議会との関係、市長等との関係その他議会の基本的  事項を定め、二元代表制の下での意思決定機関として、議会の機能を最大限に発揮した活動を行い、もっ  て市民福祉の向上及び市政の発展に寄与することを目的とする。  (最高規範性) 第2条 この条例は、議会における最高規範であって、議会に関する他の条例等を制定し、又は改廃すると  きは、この条例に定める事項との整合を図らなければならない。    第2章 議会の活動原則等  (議会の活動原則) 第3条 議会は、次に掲げる原則に基づき活動するものとする。 (1) 公正性、透明性及び信頼性を確保し、市民に開かれた議会運営に努めること。 (2) 市民の意見を的確に把握し、それらを市政に反映させるため、議会での協議を重ね、政策立案及び政   策提言を積極的に行うこと。 (3) 議決の結果等について、市民に対して積極的に情報を提供するとともに、説明責任を果たすこと。 (4) 市長等の市政運営状況を監視し、及び評価すること。 (5) 議員間、市長等との自由かっ達な討議を中心とした議会運営に努めること。 (6) 議会運営に関する条例、規則、規程、要綱及び先例・申し合わせ事項については、不断に見直しを行   うこと。 (7) 市民に分かりやすい言葉、表現を用いた議会運営に努めること。  (定例会の回数、会期等) 第4条 定例会の回数については、日立市議会定例会に関する条例(昭和31年条例第18号)の定めると  ころによる。 2 定例会の会期及び運営等については、日立市議会定例会規則(昭和28年規則第1号)及び日立市議会  会議規則(昭和42年議会規則第1号)の定めるところによる。  (委員会) 第5条 委員会(日立市議会委員会条例(昭和31年条例第17号。以下「委員会条例」という。)に規定  する常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会をいう。以下同じ。)は、市政の課題に迅速かつ的確に  対応するため、閉会中においても所管事務の調査を行うなど、委員会の専門性と特性をいかし、その機能  を発揮するよう努めるものとする。 2 委員会での審査に当たっては、委員間討議を重視し、市民に対して分かりやすい議論に努めるとともに、  必要に応じて審査経過等の十分な説明を行うものとする。 3 委員会での審査経過と審査結果は、委員長及び副委員長が責任を持って取りまとめ、委員長は委員長報  告の質疑に対して責任を持って答弁を行うものとする。  (災害時の対応) 第6条 議会は、市民の生命又は生活に直接影響を及ぼす災害等が発生した場合は、市民及び地域の状況を  的確に把握し、市長等に速やかに必要な要請を行うものとする。 2 前項の災害等が発生した場合における議会の対応については、別に定める。    第3章 議員の活動原則等  (議員の活動原則) 第7条 議員は、次に掲げる原則に基づき活動するものとする。 (1) 議会が言論の場であること及び合議制の機関であることを認識し、議員間の自由な討議を重んじるこ   と。 (2) 市政の課題全般について、市民の意見を的確に把握するとともに、自らの資質を高める不断の研さん   及び市政等に関する調査研究を行い、政策提言に努めること。 (3) 一部の団体及び地域の代表にとどまらず、市民全体の福祉の向上を目指して活動すること。 (4) 議会活動について、市民に対して説明責任を果たすこと。 (5) 議会活動を最優先するよう努めること。  (会派) 第8条 議員は、議会活動を行うに当たり、会派を結成することができるものとする。 2 会派は、政策を中心とした同一の理念を共有する議員で構成し、活動するものとする。 3 会派は、議会運営、政策立案等に関し、必要に応じて会派間で調整を行い、合意形成に努めるものとす  る。  (議員の政治倫理) 第9条 議員は、市民の代表者としての倫理を常に自覚し、良心及び責任を持ってその責務を果たすととも  に、品位の保持に努め、自己の地位に基づく影響力を不正に行使することによって、市民の疑惑を招くこ  とのないよう行動しなければならない。 2 議員の政治倫理に関し必要な事項は、別に定める。    第4章 市民と議会の関係  (市民参加及び市民との連携) 第10条 議会は、議会活動に関して有する情報を積極的に公表し、透明性を高めるとともに、説明責任を  十分に果たすよう努めるものとする。 2 議会は、広聴活動及び市民との意見交換を通じて得た意見を、政策提案につなげるよう努めるものとす  る。 3 議会は、請願・陳情の審査、参考人からの意見聴取、公聴会の開催等により、市民の意見を適切に市政  運営に反映させるよう努めるものとする。 4 議会は、議会だより、議会ホームページ等の多様な手段を活用し、多くの市民が議会及び市政に関心を  持つよう広報に努めるものとする。  (会議等の公開) 第11条 議会は、本会議及び委員会については原則として公開するものとし、その他の会議についても公  開に努めるものとする。 2 議会は、議会が開催する議員研修会等についても必要に応じて公開するものとする。  (議会報告会) 第12条 議会は、市民への報告と市民との意見交換の場として、議会報告会を行うものとする。 2 前項の議会報告会に関し必要な事項は、別に定める。    第5章 議会と市長等との関係  (市長等との関係) 第13条 議会は、議会審議において、市長等との緊張関係の保持に努めなければならない。 2 議員が市長等に対して一般質問を行うときは、一問一答方式その他の効果的な方式を選択し、市政の課  題に関する論点及び争点を明らかにしなければならない。 3 本会議及び委員会に出席した市長等は、議員から質問を受けたときは、その論点を整理するため議長及  び当該委員会の委員長の許可を得て、当該議員に対し反問することができるものとする。 4 前項の反問に関し必要な事項は、別に定める。  (政策形成過程の説明要求) 第14条 議会は、市長が提案する重要な計画、政策、事業等(以下「政策等」という。)について、議会  審議における論点情報を整理し、その政策等の水準を高めることに資するため、市長に対し、次に掲げる  事項に関し説明を求めるものとする。 (1) 政策等を必要とする背景 (2) 提案に至るまでの経緯 (3) 市民参加の実施の有無及びその内容 (4) 他の地方公共団体の類似する政策等との比較検討 (5) 総合計画における根拠又は位置付け (6) 政策等の実施に係る財源措置 (7) 将来にわたる政策等の費用及び効果
       第6章 議会機能の強化  (自由討議による合意形成) 第15条 議会は、合議制の機関であることを認識し、議案等の審議又は審査をするに当たっては、合意形  成に向けた自由討議を通じて議員相互間の議論を尽くすよう努め、意思決定するものとする。  (議決事件の追加) 第16条 議会は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第2項の規定に基づく議会が議決すべ  き事件の追加を積極的に検討するものとする。 2 前項の議会が議決すべき事件は、別に条例で定める。  (議員研修の充実) 第17条 議会は、議員の政策形成能力及び政策立案能力の向上を図るため、議員研修の充実に努めるもの  とする。    第7章 議会事務局等  (議会事務局の充実) 第18条 議会は、政策形成機能を高め、議会活動を円滑かつ効率的に行うため、議会事務局の調査、法務  その他必要な機能の充実に努めるものとする。  (議会図書室の充実) 第19条 議会は、議員の調査研究等に資するため、議会図書室を適正に管理運営するとともに、その機能  の充実に努めるものとする。    第8章 議員の身分及び待遇  (議員定数) 第20条 議員定数については、日立市議会議員定数条例(平成13年条例第16号。以下「定数条例」と  いう。)の定めるところによる。 2 議員定数の改正に当たっては、他市との比較だけでなく、市政の現状及び課題並びに将来の展望を考慮  するとともに、市民の意見を参考とし、検討するものとする。 3 定数条例の改正に関する議案は、市民の直接請求(以下「直接請求」という。)による場合及び市長が  提出する場合を除き、明確な改正理由を付して議員が提出するものとする。  (議員報酬等) 第21条 議員報酬については、日立市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例(昭和31年条  例第23号。以下「議員報酬条例」という。)の定めるところによる。 2 議員報酬の改正に当たっては、行財政改革の視点、市政の現状及び課題並びに将来の展望を考慮した上  で、検討するものとする。 3 政務活動費については、日立市議会政務活動費の交付に関する条例(平成13年条例第4号。以下「政  務活動費条例」という。)の定めるところによる。 4 議員報酬条例及び政務活動費条例の改正に関する議案は、直接請求による場合及び市長が提出する場合  を除き、明確な改正理由を付して議員が提出するものとする。    第9章 見直し手続  (見直し手続) 第22条 議会は、この条例の目的が達成されているかを委員会条例に規定する議会運営委員会で検証し、  必要に応じてこの条例の見直しを行うものとする。    附 則  この条例は、平成27年4月1日から施行する。 34                                          議案第34号    日立市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について  日立市議会委員会条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。       平成27年3月20日提出                           提出者 日立市議会議員  薄 井 五 月                           賛成者 日立市議会議員  樫 村 英 紀                                  同     中 川 雅 子                                  同     吉 田 修 一                                  同     岡 部 光 雄                                  同     青 木 俊 一                                  同     助 川 吉 洋                                  同     伊 藤 智 毅 ───────────────────────────────────────────────  (提案説明)  地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴い、関係規定を改めるため、本条例を制定するもの であります。 ───────────────────────────────────────────────    日立市議会委員会条例の一部を改正する条例  日立市議会委員会条例(昭和31年条例第17号)の一部を次のように改正する。  第20条中「教育委員会の委員長」を「教育委員会の教育長」に改める。    附 則  (施行期日) 1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。  (経過措置) 2 この条例の施行の際現に在職する教育長(地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する  法律(平成26年法律第76号。以下「改正法」という。)による改正前の地方教育行政の組織及び運営  に関する法律(昭和31年法律第162号)第16条第1項の教育長をいう。)が改正法附則第2条第1  項の規定により引き続き教育長として在職する間にあっては、この条例による改正後の日立市議会委員会  条例の規定にかかわらず、出席説明の要求については、なお従前の例による。 35                                           報告第1号    専決処分について(訴えの提起について)  訴えの提起について、地方自治法第180条第1項の規定に基づき別紙のとおり専決処分したから、同条 第2項の規定に基づきこれを報告するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────                    専 決 処 分 書  訴えの提起について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定に基づき、下記の とおり専決処分する。       平成27年1月8日                                 日立市長  吉 成   明                        記    訴えの提起について  下記の者について、市営住宅の滞納家賃の納付及び明渡しを求める訴えを提起するものとする。
                           記 ┌────┬────────────────────────────┬───────────┐ │団地名 │          住      所          │   氏   名   │ ├────┼────────────────────────────┼───────────┤ │田尻浜 │日立市□□町□丁目□□番□□□□□□号         │  □ □ □ □  │ ├────┼────────────────────────────┼───────────┤ │御殿山 │日立市□□町□丁目□□番□□□□□□号         │  □ □ □ □  │ ├────┼────────────────────────────┼───────────┤ │南高野 │日立市□□町□丁目□□番□□□□□□号         │  □ □ □ □  │ ├────┼────────────────────────────┼───────────┤ │南高野 │日立市□□町□丁目□□番□□□□□□号         │  □ □ □ □  │ └────┴────────────────────────────┴───────────┘ 36                                           報告第2号    公益財団法人日立市公園協会に係る平成27年度の経営状況に関する説明書提出について  公益財団法人日立市公園協会に係る平成27年度の経営状況に関する説明書を地方自治法第243条の3 第2項の規定に基づき別冊のとおり提出するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (別冊 略) 37                                           報告第3号    公益財団法人日立市科学文化情報財団に係る平成27年度の経営状況に関する説明書提出に    ついて  公益財団法人日立市科学文化情報財団に係る平成27年度の経営状況に関する説明書を地方自治法第 243条の3第2項の規定に基づき別冊のとおり提出するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (別冊 略) 38                                           報告第4号    公益財団法人日立地区産業支援センターに係る平成27年度の経営状況に関する説明書提出に    ついて  公益財団法人日立地区産業支援センターに係る平成27年度の経営状況に関する説明書を地方自治法第 243条の3第2項の規定に基づき別冊のとおり提出するものとする。       平成27年3月4日提出                                 日立市長  吉 成   明 ───────────────────────────────────────────────  (別冊 略) 39                所 管 事 務 調 査 一 覧 表                              (平成27年第1回日立市議会定例会) ○ 総務産業委員会 (1) 秘書に関すること。 (2) 政策の総合的な企画に関すること。 (3) 政策に係る調査に関すること。 (4) 広聴及び広報に関すること。 (5) 市の行政一般に関すること。 (6) 職員の人事、研修及び厚生に関すること。 (7) 交通安全に関すること。 (8) 防犯及び防災に関すること。 (9) 工事の検査に関すること。 (10) 戸籍及び住民基本台帳に関すること。 (11) 予算その他財務に関すること。 (12) 市税の賦課徴収に関すること。 (13) 公有財産に関すること。 (14) 契約に関すること。 (15) 産業の振興に関すること。 (16) 商業及び工業に関すること。 (17) 観光に関すること。 (18) 農業、林業及び水産業に関すること。 (19) 生鮮食料品等の流通に関すること。 (20) 計量に関すること。 (21) 会計課に関すること。 (22) 消防本部及び消防団に関すること。 (23) 当該委員会の所管事務に係る行財政改革に関すること。 ○ 教育福祉委員会 (1) 社会福祉に関すること。 (2) 保健衛生に関すること。 (3) 国民健康保険に関すること。 (4) 後期高齢者医療に関すること。 (5) 介護保険に関すること。 (6) 国民年金に関すること。 (7) 公営住宅に関すること。 (8) 教育委員会に関すること。 (9) 当該委員会の所管事務に係る行財政改革に関すること。 ○ 環境建設委員会 (1) 市民の組織化及び市民活動に関すること。 (2) 文化及び交流に関すること。 (3) 消費生活その他市民生活に関すること。 (4) 環境保全に関すること。
    (5) 気象に関すること。 (6) 環境衛生に関すること。 (7) 都市計画に関すること。 (8) 道路及び河川に関すること。 (9) 建築に関すること。 (10) 地籍調査に関すること。 (11) 土木に関すること。 (12) 上水道事業に関すること。 (13) 下水道事業に関すること。 (14) 工業用水道事業に関すること。 (15) 当該委員会の所管事務に係る行財政改革に関すること。 ○ 議会運営委員会 (1) 議会の運営に関すること。 (2) 議会の会議規則、委員会条例等に関すること。 (3) 議長の諮問に関すること。 (4) 次期定例会等の会期及び議事日程等に関すること。 (5) 議会の活性化に関すること。 ○ 幹線道路整備促進特別委員会 (1) 国道6号日立バイパスの整備促進に関すること。 (2) 国道6号日立バイパス以南の国道245号及び田尻町以北の国道6号の整備促進に関すること。 (3) 国道6号大和田拡幅の整備促進に関すること。 (4) 山側道路の建設事業に関すること。 (5) 県道日立笠間線の整備促進に関すること。 (6) 県道日立常陸太田線の整備促進に関すること。 (7) 鮎川停車場線の整備促進に関すること。 (8) 県道日立いわき線の整備促進に関すること。 (9) 県道十王里美線及び十王北通り線の整備促進に関すること。 ○ 新庁舎建設特別委員会 (1) 新庁舎建設に関すること。                                   平成27年3月20日提出 40                                       平成27年3月4日  日立市議会議長  飛 田 謙 一  殿                                    日立市教育委員会                                    委員長 森 嶋 鎭一郎    平成26年第4回日立市議会定例会において採択された請願等の処理の経過について(報告) ┌──┬────┬─────────┬──────────────┬─────────────┐ │番号│受理番号│  件   名  │  処理の経過及び回答   │  請願者等住所氏名   │ ├──┼────┼─────────┼──────────────┼─────────────┤ │ 1│ 10 │私学の保護者負担軽│ 市内の私立高等学校及び中学│日立市大みか町6-11-1│ │  │    │減と教育条件改善の│校に在籍する生徒の授業料の補│茨城キリスト教学園    │ │  │    │ための陳情    │助については、市の財政状況等│ 理事長 細 川 知 正 │ │  │    │         │を考慮すると難しい状況です。│          外1人│ │  │    │         │ 私立高等学校振興補助金につ│             │ │  │    │         │いては、平成27年度も引き続│             │ │  │    │         │き補助を行う予定です。   │             │ └──┴────┴─────────┴──────────────┴─────────────┘ 41                                       平成27年3月4日  日立市議会議長  飛 田 謙 一  殿                                  日立市長  吉 成   明    平成26年第4回市議会定例会における委員長報告(附帯意見又は要望事項)の処理方針につい    て(報告) ┌───────────────────────┬───────────────────────┐ │  附 帯 意 見 又 は 要 望 事 項  │   処    理    方    針    │ ├───────────────────────┼───────────────────────┤ │〔教育福祉委員会〕              │                       │ │1 議案第91号日立市児童館設置条例の一部を改│                       │ │ 正する条例の制定について及び議案第92号日立│                       │ │ 市老人いこいの家設置及び管理等に関する条例の│                       │ │ 一部を改正する条例の制定について中     │                       │ │  すえひろ児童館及びすえひろ老人の家の廃止に│ すえひろ児童館及びすえひろ老人の家の廃止に伴│ │ 伴う利用者への配慮について、これまで両施設が│う利用者への配慮については、これまで両施設が核│ │ 担ってきた機能を施設や事業の両面から十分に担│となり担ってきた機能・役割を踏まえ、両施設の廃│ │ 保し、施設廃止後も絶え間なくサービスの提供を│止後も途切れることなくサービスを提供していく。│ │ 行われたい。          (要望事項)│                       │ └───────────────────────┴───────────────────────┘ Copyright © Hitachi City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...