836件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2019-08-23 令和 元年 8月23日議会運営委員会-08月23日-01号

もちろんクロスする部分が全くないわけではないんですけれども、そういう視座で言うと、専門性というと、やっぱりそれは弁護士会計士や、そして、これからどうしてもICTの分野がふえていきますので、そういった専門家も要るでしょうし、そういった意味では知見を必要とする部分というのはやっぱりふえていくだろう、それに対して議会というのは、そのまま相変わらず進化せずにやっていっていると。  

西宮市議会 2019-08-09 令和 元年 8月 9日議会運営委員会−08月09日-01号

それで言うと、ええのかどうかは別にして、例えばICT化でも、物すごく進めるべきやという意見と、いや無理やという意見も、まさにいろいろ混在しているし、議会としてどんなことをもっと発信して、体感ツアーとかああいうことをやってますけど、どうしても絶対量としてはなかなか、全市民に行き渡るのに何百年もかかるような数しかやっぱりできないわけですよね。

西宮市議会 2019-07-23 令和 元年 7月23日総務常任委員会-07月23日-01号

例えば、具体的にはICTを活用するんだったら、その見返りとして職員の数を減らすべきだ――例えばですよ。こんなふうなものを意見として述べればいいというふうに僕は理解して今は終わっているんですよ。こういう理解でいいのかどうなのかというのを確認だけしておきたいんですけど。 ○篠原正寛 委員長   基本的にはそういうことだと思ってます。

西宮市議会 2019-07-02 令和 元年 7月 2日総務常任委員会−07月02日-01号

また、新たな行政課題に適切に対応するためには、ICTや民間活力を活用しつつ、効率的・効果的な行政経営と、行政地域の多様な主体との協働の取り組みなども重要であり、こうしたことを踏まえて目指す姿を「市民と共に新たな価値を生み出す市役所改革」と定めております。  次に、5ページをごらんください。  先ほど市長からも御説明がございましたが、「(2)改革実行の3つの視点」でございます。

明石市議会 2019-06-28 令和元年第1回定例会 6月議会 (第5日 6月28日)

事務作業が負担であれば、先日の一般質問において公明党の先輩議員質問されていた統合型校務支援システムを導入するなど、ICTを駆使すればよいのではないでしょうか。また、事務処理能力や、より効率的な教材研究、またはその時間確保ができるような研修を行うことが、より問題解決につながるものと考えます。  

西宮市議会 2019-06-27 令和 元年 6月(第 1回)定例会-06月27日-05号

近未来、AI・ICT化が進み、なくなっていく職業が出てくると言われています。また、その仕事がたとえなくならないとしても、AIの導入により、やり方やスタイルの大幅な変更を余儀なくされる仕事が出てきます。  一例を挙げるなら電車の運転手さん。これは、今でも先頭車両に乗り込んでじっと見ている子がいるほど、昔から多くの子供の憧れの職業です。

赤穂市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3日 6月26日)

○番外健康福祉部長(西田佳代君) 実現可能性といいますよりも、むしろ現在のところ実施できない要因ということになってしまいますけれども、他市の実施形態からいきますと、健康無関心層の取り込みとして効果がありますのは、豪華なポイント交換がインセンティブであったりとか、ICTを活用するとモチベーションが上がるということはわかっております。

西宮市議会 2019-06-26 令和 元年 6月(第 1回)定例会-06月26日-04号

本市が昨年度から実施している業務プロセス分析は、本市における各業務のプロセスと業務を担う正規職員、嘱託職員、臨時職員等の種別など、現状を把握し、業務プロセスの簡略化やICTの活用、民間委託などによる省力化、業務の担い手の最適化などを図ることを目的としたもので、複数自治体間のプロセスやコストの比較までは予定しておりません。

西宮市議会 2019-06-25 令和 元年 6月(第 1回)定例会−06月25日-03号

さきに述べましたように、本市においてICT環境整備が徐々に進められていますが、まだまだ道半ばであると思います。単に機器を導入するだけでなく、ICT環境を最大限に活用する方法を考える必要があります。  つくば市では、「21世紀型スキルを育むICT教育でみんなが住みたくなるまち」というテーマを掲げて、非常に進んだICT教育を実施しています。

姫路市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会−06月25日-04号

高度成長からバブルを経て、その破綻やリーマンショック、阪神・淡路大震災など大規模災害の多発、人口増の時代から少子高齢化人口減少の時代へ、OAからICTへの高度情報化の進展。プラスの変化もマイナスの変化も多くありました。  その中で、我が姫路市も大きく発展、変革を遂げてきたのは皆様もご存知のとおりであります。

稲美町議会 2019-06-19 令和元年第254回定例会(第3号 6月19日)

今後の教育ではICTによる論理的な思考や情報処理能力が求められ、視覚的に理解でき、学力の定着が効果的となる大型モニターを普通教室に設置することにより、生徒の学力の定着、先生の負担軽減に大きく貢献するものと思われます。  播磨町では、平成21年度から大型モニターが全普通教室、特別教室に設置してあります。  

豊岡市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第4日 6月19日)

具体的には、保育の質の向上により働きがいを高めることを目指したスキルアップ研修や、働きやすさを高めるための保育士の負担軽減策として、帳票類の整理、保育補助の配置、ICT化の推進などの施策に取り組んでいます。  モデル園での効果を確認できた施策については、市内全園で実施できるよう、周知していく予定としております。  

西宮市議会 2019-06-18 令和 元年 6月(第 1回)定例会−06月18日-目次

           38    (1)学校に行けない児童生徒について      ア 不登校児童生徒及び保護者への情報発信の必要性      イ フリースクール不登校支援団体との情報交換について      ウ 高校生の不登校の現状把握と情報提供について     4         脇  田  のりかず         65           42    (1)行政経営改革計画について    (2)公立小・中学校ICT

稲美町議会 2019-06-18 令和元年第254回定例会(第2号 6月18日)

これまで機械の大型化、パイプライン化等によって省力化が図られてきましたが、現在国では、ロボット技術ICT等の先端技術を活用したスマート農業の実現に向けた研究が進められておりますので、関係機関と連携を図り研究してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(赤松愛一郎)  8番、藤本 惠議員

明石市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会 6月議会 (第4日 6月18日)

それを受けまして、国のほうも平成30年度の文教の関係の地方財政措置ということで、教育ICT化に向けた環境整備5カ年計画ということで、校務情報化に関する地方財政措置を予定すると言うてるわけなんですが、ただこの条件といたしましては、まず都道府県単位でやるということで、やはりそういった開発については人材も必要でございますので、そういった共同化ということで、まずは都道府県単位でやっていただきたいと。

豊岡市議会 2019-06-17 令和元年第1回定例会(第2日 6月17日)

そこに例えばAIであるとか、ICTであるとか、そういったものをうまく導入することによって、職員の減につなげることができるのであれば、それはそれでやらなければいけないだろうというふうに思っているところです。人員に関してはそういったようなことです。  それから、職員に関していいますと、観光に関連していいますと、観光に従事している職員数は恐らく1%か2%です。

姫路市議会 2019-06-14 令和元年6月14日総務委員会-06月14日-01号

この計画自体、ICTやAI、IoTなどの最先端技術を活用して、前向きに行政を展開していこうということであり、市民サービスの向上を目指す計画でもあるため理解してもらいたい。 ◆問   「明らかな不当要求の概要」の資料で、「書類の郵送請求に対する職員の不備」に対して市民が怒ったとあるが、その不備の状況を説明してもらいたい。

伊丹市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会−06月10日-04号

私からは、1点目、ICTの積極的な活用で市民サービス向上を目指す、2点目に愛され続ける市営バスを目指して、3点目に必要な支援、配慮が受けられる取り組みを広げよう、以上について、当局の見解をお伺いしたいと思います。  まず、1点目、ICTの積極的な活用で市民サービス向上を目指して、こちらについてお伺いしたいと思います。