83件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊岡市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第5日 3月 7日)

○教育長(嶋 公治) ご存じだと思いますけども、英語を得意としない教員もたくさん小学校にいますので、それをアシストするためにALTをJETプログラムではなくて独自のチョイスで配置しておりますし、それは教育効果も出てますし、先生たちも助かってると言ってくれてますし、コミュニケーション教育につきましても、専門家を配置して、そして、そこに学びながら教員の負担感を少なくするというような、市独自のことについてはそんなふうな

西宮市議会 2019-03-01 平成31年 3月(第17回)定例会-03月01日-05号

私は、1年前の30年3月議会において、ALTの充実を訴えるとともに、JETプログラムの活用に対する本市の考えを質問しましたが、当時は、JETプログラムのALTは、住居を初めとする生活面のサポートが必要であり、その労務管理のために担当指導主事以外に2名の職員を雇用している自治体もあるなど、負担が大きい点が課題であるとともに、ALTに対する研修制度の充実も大きな課題であるということから、活用していくにはまだ

香美町議会 2019-02-26 平成31年第110回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年02月26日

このような状況を踏まえ、子どもたちが外国語を使って多様な人々と目的に応じたコミュニケーションを図ることができるようにするため、児童・生徒の英語力の向上に当たって、平成30年9月からJETプログラムにより招聘する外国語指導助手を5名に増員し、積極的活用を図るとともに、小学校新学習指導要領の全面実施までの移行期間においても、教員の研修充実を図り、全面実施後の授業時数による取り組みを進めています。

小野市議会 2018-09-20 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日)

ALTの任用につきましては、現在、JETプログラムという、国の補助を得た一般財団法人自治体国際化協会の「語学指導を行う外国青年招致事業」を活用しているため、一定の語学指導力のあるALTの配備が可能となっています。  そして、任用したALTにつきましては、小野市の教育システムを十分に理解してもらい、育成するのも教育委員会の責務ととらえ、定期的にALTへの指導を行っています。  

伊丹市議会 2018-09-18 平成30年第5回定例会−09月18日-04号

政策目標3、にぎわいと活力にあふれるまちでは、JETプログラムを活用いたしまして、国際交流員を採用し、英語での情報発信を開始するとともに、訪日外国人観光客対象の体験プログラムを作成いたしました。  また、安全と環境の確保を前提とした伊丹空港の国際化など、さらなる有効活用を図る観点から、関係各方面へ働きかけを行いました。  

伊丹市議会 2018-09-14 平成30年第5回定例会−09月14日-03号

外国人英語指導助手(ALT)につきましては、語学指導等を行う外国青年招致事業(JETプログラム)を活用し、平成29年度から小学校専属の外国人英語指導助手(ALT)を導入して体制を整えてまいりました。平成29年度から2名、今年度から1名の計3名と、中学校との兼務ALT1名の4名で市内全17校の5、6年生の授業を中心に、1クラス当たり月2回程度の派遣を行っております。

伊丹市議会 2018-09-03 平成30年第5回定例会−09月03日-01号

グローバル化を見据えた英語教育の推進のため、語学指導等を行う外国青年招致事業、いわゆるJETプログラムを活用して外国人英語指導助手を2名増員し、小学校5、6年生の各クラスに月一、二回程度派遣することで英語のコミュニケーション能力の向上に努めました。  学校施設の整備につきましては、教育内容、方法等の多様化に対応した施設環境の整備や環境負荷の低減を図るため、体育館照明のLED化等を行いました。  

川西市議会 2018-03-08 平成30年  3月 一般会計予算審査特別委員会(3月8日)-03月08日−01号

◎教育推進部参事(伊豆崇) 成果についてでございますけれども、現在のところ、小・中学校合わせて4名ということで、ALTの配置をさせていただいているところでございますが、来年度につきましては、JETプログラムを使って8名の外国人の方、さらに直接雇用ということで1名、合計9名ということで、32年度から小学校においては新しい学習指導要領が実施される、それまでの間の移行期間においても、やはり段階的に外国語活動

伊丹市議会 2018-03-05 平成30年第2回定例会-03月05日-04号

さらに29年度は鏡開きや、なぎなた、茶道の体験を提供する体験メニューの開発を行い、昨年8月からはJETプログラムによる国際交流員を採用し、本市の魅力を外国人目線で発信するSNSの運用を開始いたしました。平成30年度は国際交流員の目線で、さらに本市の魅力を深掘りして魅力発信、観光ガイドの検討などを進めてまいりたいと考えてございますので、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

西宮市議会 2018-02-28 平成30年 3月(第12回)定例会-02月28日-02号

次に、他市のALTの取り組みを見ると、神戸市などは、文部科学省、外務省、総務省による外国青年招致のための共同事業で、外国青年を地方自治体に国際交流や語学指導のために招致・あっせんすることを目的とする外国青年招致事業――JETプログラム――から100名以上のALTを配置しています。  そこで質問いたします。  

川西市議会 2017-12-06 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月06日−04号

JETプログラムを取り入れてALTの導入を考えたらどうなるのかについて試算してほしいということを、さきの平成28年度決算委員会の席上で要望させていただき、結果試算していただきました。  (4)市費での必要経費について。  ①従来の方法で、全授業にALTと地域人材指導者を配置したとしての必要経費について。  ②JETプログラムを活用した場合の必要経費について。  

川西市議会 2017-10-04 平成29年 10月 一般会計決算審査特別委員会(10月4日)-10月04日−04号

これから何人要るかわからない状態の想定をしますが、片や国の補助がたくさんつけられるJETプログラムという英語指導の派遣の方法があります。国の補助を受けながらのJETプログラムは川西市として一旦考えながらも採用されていないのかもしれません。でも、他市は出てきています。その辺では、お金の問題はやっぱり余りあれやけれども大事なことかなと。

姫路市議会 2017-09-25 平成29年9月25日一般会計決算審査特別委員会−09月25日-01号

◆問   国際交流のJETプログラムとCIRについて、どのような取り組みをしているのか。 ◎答   CIRは、英語を生かした情報発信、本市から海外に文書を送付する際のチェック、イベントへの参加、市内保育所で交流を深める活動などを行っている。今後はMICEやシティプロモーションについても情報発信する機会を設けていきたい。  

伊丹市議会 2017-09-20 平成29年第4回定例会−09月20日-04号

外国人英語指導助手(ALT)については、これまで中学校、高等学校へ派遣している5名に加え、今年度9月からJETプログラム利用した外国人英語指導助手(ALT)を2名増員して、小学校においても、ネーティブスピーカーと接する時間を増加しております。この2人を小学校に派遣することにより、これまで、1クラス当たり年間2回程度だった派遣回数を、月1から2回程度まで増加させることができています。  

播磨町議会 2017-09-19 平成29年度決算特別委員会(第3日 9月19日)

自治体国際化協会、いわゆるJETプログラムにより2名を両中学校に配置しております。1節報酬は、外国人英語指導助手2名の報酬です。  成果報告書の訂正をここでお願いいたします。345ページになります。  3、活動指標の①1週間当たりの授業時数の播磨南中学校の29年度は13時間となっておりますが、20時間に訂正をお願いいたします。申しわけございません。  それでは、事項別明細書に戻ります。  

伊丹市議会 2017-06-19 平成29年第3回定例会−06月19日-06号

また、外国人英語指導助手(ALT)の積極的な活用促進のために、JETプログラム(語学指導等を行う外国青年招致事業)に対する地方財政措置が講じられており、伊丹市としましても、今年度9月から本制度を活用し、小学校における外国人英語指導助手として2名の増員配置にかかる予算を上程しているところでございます。  

伊丹市議会 2017-06-15 平成29年第3回定例会−06月15日-04号

また、生きた英語を学ぶ機会の充実を図るため、JETプログラムを活用して外国人英語指導助手ALTを2名増員する予定です。さらに、外国語教育の指導の充実に係る支援拡充については、県に対し、これまでどおり要求をしているところでございます。  次に、部活動指導員の活用についての御質問でございます。