12542件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

加西市議会 2025-06-13 06月13日-02号

といいますのも、都市計画区域決定に関しましては、将来の人口を見据えてそれに応じた面積を割り当てていくという、いわゆる人口フレーム方式によって都市計画決定のほうはなされるということがありますので、今人口減少期に入りまして、なかなか地方自治体の思いと、それと県・国の思いとは違うというような状況がございます。

三田市議会 2023-09-10 09月10日-03号

定例会における森市長所信表明で「全国的な少子高齢化による人口減少の波が本市にも押し寄せ、人口減少傾向が続いており、成熟の局面に入りました。」「2期目におきましても、これまで進めてまいりました成熟まちづくりに向けた取り組み方向性を一層明確化する」との表明がされたところです。北摂三田ニュータウン開発による急激な成長から二十数年。

三田市議会 2023-06-19 06月19日-03号

高度成長期に開発された郊外のニュータウンでは、少子高齢化による急激な人口減少空き家空き店舗増加が問題化しています。そのような中、本市のフラワータウンもまち開きして37年が経過、顕著にニュータウン特有の問題に直面する時代を迎えたと言えます。一方、ウッディタウンでは人口増加の要素がうかがえることから、新規商業施設学習塾の進出も見受けられます。 

三田市議会 2022-11-28 11月28日-01号

田 中 一 良             15番  北 本 節 代 16番  美 藤 和 広             17番  檜 田   充 18番  福 田 秀 章             19番  松 岡 信 生 20番  平 野 菅 子             21番  國 永 紀 子 22番  厚 地 弘 行      会議に欠席した議員(1名) 10番  大 西 雅 子      会議関係

加西市議会 2021-12-23 12月23日-04号

特に、この条例の中では「関係市民」や「関係人口という言葉が大きくクローズアップされ、重要な役割を担っておるわけでありますが、条例化することによって地域住民が特定の団体にコントロールされることはないか、住民生活に本当に役に立つのか、住民関係市民との対立はないのかといったような不安や、本来大事にしたかったお互いの関係は、実際には成り立たないのではないのかと考えるわけであります。 

加西市議会 2021-09-26 09月26日-04号

次に、議案第60号から議案67号までの各特別会計及び企業関係決算案件8件についてであります。決算案件審査に際しましては、議会の持つ監視機能重要性を認識しつつ、平成30年度予算議会の議決に従って適正に執行されたかどうか、またその効果はどうであったか、さらにはその審査結果を新年度予算に反映すべき見地から慎重に審査を重ねました。

三田市議会 2021-08-23 08月23日-01号

次に、地方自治法第243条の3第2項の規定による三田地域振興株式会社の2018年度事業報告書について、関係書類の提出がありました。 よって、これが写しを配付しておきましたので、ご了承願います。 次に、今期定例会市長から提出されました議案の件名並びに地方自治法第121条の規定により説明のため出席を求めた者の職氏名でありますが、お手元に配付いたしておりますとおりでありますので、ご了承願います。 

加東市議会 2021-06-18 06月18日-02号

ただ、同じように、人口というのはずっと減っていきますよね。人口が減ってるということは、そういう人口減少に向けた対策というのもある程度どこかでか置いた上での整備というのが必要じゃないですか、先を見越した。

三田市議会 2020-12-13 12月13日-03号

また、人口減少では平成27年からの4年間で、狭間が丘5丁目が281人の減少、武庫が丘5丁目が185人の減少富士が丘3丁目が113人の減少で、富士が丘6丁目では66人の減少です。   このように、高齢化人口減少が続いています。調査したところ、フラワータウンでは各丁目ごとに10戸程度空き家らしきものがありました。空き家増加高齢化人口減少を物語っていると思います。   

三田市議会 2020-12-12 12月12日-02号

その中で、人口減少のぐあいが中程度パターン合計特殊出生率が緩やかに上昇するパターンでも、2050年では三田人口は10万1,743人で、2020年の推計人口と比較しても87%となっています。特に、農村部地区においては70%台へと落ち込んでいます。更に、最も厳しい社人研の数字になると、60%台にまで農村地区では落ち込みます。

加西市議会 2020-12-11 12月11日-03号

しかしながら、そういうことによって人口もふえ、若年層の女性の方もふえ、人口もふえ、単学級になることはもっと先になり、あるいは1クラス化がもっと先になっておればよかったんですが、ここはもう私の本当に反省すべきところですが、残念ながら8年頑張ってきましたが、そうなってないというのはもう誰もが認めざるを得ない現実でありまして、そういう現実を受けて私としては、小中学校のあり方について今回の選挙で市民の皆さんに

加西市議会 2020-12-02 12月02日-01号

また、本年4月から11月の人口動態につきましては、自然増減では出生が163名、死亡が363名で、200名の減。社会増減では転入が913名、転出が931名で、18名の減。その他の要因も合わせて213名の減となっております。 いつもここで申し上げておるところでございますが、この12月議会でも活発な議論が市民にとって、また議会や行政にとっても有意義かつ発展的なものとなることを期待しております。 

加東市議会 2020-09-19 09月19日-02号

加東市の人口は、令和元年、ことしの7月末現在で4万182人、そのうち外国人の方は1,454人、市の全世帯数は1万6,813世帯、そのうち外国人世帯は1,264世帯であります。人口で約3.6%、世帯数では7.5%が外国人世帯であります。実に加東市の人口の100人中4人近くの方が外国人という状況であります。 ちなみに、合併当時、平成18年3月末の外国人人口は312人、世帯数は176世帯でありました。