1361件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

篠山市議会 2019-06-20 令和元年第120回水無月会議( 6月20日)

モニタリングの流れは、掲示板サイト「2ちゃんねる・5ちゃんねる」「爆サイ」などで、「丹波篠山市 部落」「丹波篠山市 同和」「丹波篠山市 在日」などの特定ワードで検索します。その結果、丹波篠山市、市民で被害者を特定できる差別書き込みについては確認を行って、該当する差別書き込みがあれば、プロバイダーに削除要請するとともに、関係機関と連携することで問題解決に取り組んでいきます。

西脇市議会 2019-05-16 令和元年総務産業常任委員会( 5月16日)

それで、簡単にモニタリングの内容なんですけれども、対象としているのは県内の在住外国人に関する差別的な書き込み、それから、2つ目で、県内の部落差別などの同和問題に関する悪質な書き込みというのを県においてはこういう形で限定してモニタリングしておりまして、市においても同じような形でモニタリングをしているところです。  

西脇市議会 2019-05-13 令和元年議員協議会( 5月13日)

一時期役員会でざっと部落のね、やっぱりどこにもあるから役員で受けとこうやということで、市行政のほうも区長会通じて呼びかけがあったときにはふえたことがあるんです。今、少なくなっているんではないかと思います。 ○林議長   四、五十回あってもね、年間2回ぐらいやわね、二十何人でやっとたら。 ○東野議員   そうです、そうです。 ○林議長   行ってのが。

赤穂市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日 3月27日)

1965年、同和対策審議会が指摘した「差別と貧困の悪循環」は大きく改善され、特別対策終了から17年がたとうとする今日、「社会問題としての部落問題」は、基本的に解決したといえる到達点にあるというべきです。  2016年の国会で、「部落差別解消推進法」が成立。かつて行政が主体性を失って、「窓口一本化」と不公正・乱脈な同和行政が横行した時代へ逆戻りする内容です。  

伊丹市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会−03月25日-09号

次に、人権推進費では、部落差別に関する相談件数が減少していることや啓発事業終了時期に対する見解が問われました。  次に、障害福祉総務費では、訪問型歩行・生活訓練事業の事業費が昨年と同額なのに計画値を減としている理由や予算計上のあり方、再訓練の可否問われたのを初め、手話言語啓発事業の講座の内容や取り組み状況がただされたほか、障害者虐待防止について、人員体制や通報状況とその対応が問われました。  

伊丹市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会−03月04日-04号

8点目、部落差別解消推進法について。  2017年3月議会で、2016年12月に施行された部落差別解消推進法によって、求められている部落差別を解消するための相談体制の充実や教育及び啓発、部落差別の実態に係る調査について、どのように取り組んでいこうとしているのかを質問しました。2年が経過し、伊丹市として、この間3つのことについてどのように取り組んできたのかをお尋ねします。  

宝塚市議会 2019-02-15 平成31年第 1回定例会−02月15日-01号

人権・同和では、第3次宝塚市人権教育及び人権啓発基本方針に基づき、インターネット上で多く見られる差別事案に対処するため、モニタリング制度の充実を図り、部落差別の解消を初め、人権が尊重される社会づくりを進めます。  また、性的マイノリティの人権尊重については、宝塚市男女共同参画推進条例の一部を改正して性的マイノリティへの差別の禁止規定を盛り込み、取り組みを進めます。  

加東市議会 2019-01-01 平成31年 1月 第 83回臨時会

◎生涯学習課長(芹生和也君) その部分、部分を今回はもう直すわけではなくて、実際にはとにかく剥離しそうな場所というのはもう全部落とします。先ほども申し上げましたように、大丈夫な部分と同じ面をあわせます。その上からネットのようなもので全体を押さえつけて落ちないように、落下しないようにするというのが剥離防止工法と言われるものでございます。 ○議長(小紫泰良君) 大畑君。

たつの市議会 2018-12-20 平成30年第5回たつの市議会定例会(第4日12月20日)

4月には、中学生学校給食の無料化を開始、本庁舎及び御津総合支所等複合施設建設の設計業務を開始、8月に、西播磨初の「たつの市空き家相談センター」をオープン、9月にたつの市民病院の地方独立行政法人化を決定、10月に福島県広野町と「童謡の里づくりのまち」交流協定を締結、11月に、たつの市部落差別の解消の推進に関する条例に基づくたつの市部落差別解消推進審議会を設置など、新たな事業に取り組みながら、第2次たつの

丹波市議会 2018-12-19 平成30年総務文教常任委員会(12月19日)

それから、委託の先を地元でしないとというふうな部分でございますが、一応、現時点でお願いしている部分、断られたということで、当面の間はシルバーでというふうに考えておりますけれども、委員申し上げられましたとおり、地元には自治振興会もありますし、ほかの集落もいろいろとありますし、ここは徳尾3部落といいまして、徳尾、大杉、谷上の、3集落の、そういった団体もあるようでございますので、また、ここからお願いする先

たつの市議会 2018-12-14 平成30年第5回たつの市議会定例会(第3日12月14日)

もう一つは、今、部落差別解消推進に関する条例を作りましたですね。あの中に実態調査をします言うて明言しています。実態調査の中にこのことも加味した、このことも把握できるような実態調査にならないかなと私自身は期待をしているんです。そっちのほうにそういうものを盛り込めるもの、もともとが識字学級だとか、そういうものがスタートの話です。これは同業者のほうでやってた事業です。

丹波市議会 2018-12-13 平成30年第99回定例会(第4日12月13日)

このため、県におきましては、ヘイトスピーチ及び部落差別等の同和問題についてのモニタリング事業を、ことし7月から実施をしております。また、独自にモニタリング事業を実施をしている市町や、今後実施を予定されている市町があるなど、モニタリング事業は広まりつつある現状でございます。  

稲美町議会 2018-12-13 平成30年第252回定例会(第2号12月13日)

③ 部落差別の具体的事例をお尋ねしたところ、研修会での感想文を読み上げ、部落差別の具体的事例との認識を示しました。教育委員会は感想文を吟味して差別の具体的事例として積み上げているのか。部落差別の具体的事例の認識を含めてお示しください。  以上、一般質問といたします。 ○議長(赤松愛一郎)  松田典浩教育政策部長。

播磨町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会 (第3日12月12日)

特に在留外国人差別や部落差別等の同和問題に対するインターネット上の差別的な書き込みが後を絶たないことから、兵庫県ではことし7月から書き込みをモニタリング、監視するため、インターネットモニタリング事業を開始しております。  

西宮市議会 2018-12-10 平成30年12月(第16回)定例会-12月10日-04号

インターネット上の掲示板などに、人権問題の解決に取り組む団体・関係機関や社会においてさまざまな形で厳しいに立場に置かれている人々を誹謗中傷するような書き込みや、部落差別を助長する具体的な地名や人物名の書き込みなどは、重大な人権侵害でもあり、許されるものではありません。  尼崎市では、2010年度にインターネットによる差別書き込みモニタリング事業を開始しました。

豊岡市議会 2018-12-10 平成30年第5回定例会(第2日12月10日)

中でも部落差別をあおる書き込みが最も多いと言われています。  その代表例紹介いたします。示現舎と名乗る2人の男が首謀者で、別名鳥取ループと呼ばれている連中がいます。昭和40年代から50年代にかけて「部落地名総鑑」という書籍が闇でつくられ、また、アンダーグラウンド、闇で売買されていたことが発覚して大問題となりました。

篠山市議会 2018-12-04 平成30年第118回定例会(第1号12月 4日)

部落問題は、社会問題としての性格はなくなっているのです。住民が人権について「おくれた意識」を持っているかのように、「人権学習」や「住民学習」を、押しつけることはやめるべきです。また、研究会や集会の参加者への補助は、実質、特定の運動団体への補助となっています。市人権・同和教育研究協議会への助成など、見直す必要があります。  国は、医療や介護など、さらなる社会保障制度の改悪、負担増を提言しています。

伊丹市議会 2018-10-09 平成30年第5回定例会−10月09日-09号

人権啓発事業については、平成28年12月にスタートした部落差別解消推進法の趣旨を踏まえ、引き続き部落差別の解消に取り組むとともに、あらゆる差別について、インターネットやSNSが普及し、差別やヘイト発言が匿名で安易に拡散される現代社会の状況を踏まえながら、差別の解消と人権意識の向上に市でも取り組んでいくことを求めます。