運営者 Bitlet 姉妹サービス
15719件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月19日-05号 また、交通渋滞については、配送ルートのシミュレーションを行った結果、混雑が予想される国道250号をルートから外すことにより問題はないと考えているが、交通事故があった場合等の迂回ルートについては今後検討を重ねていきたい、とのことでありました。   もっと読む
2018-12-18 上郡町議会 平成30年第4回定例会(第4日12月18日) ここ最近、町内ではセクハラ事件の問題がやっと一般の町民の耳に知れ渡って、徐々に話が沸いてきているような気がするんですけど、町長は、職員を守らなければいけないというのも職務の中に1つあります。 もっと読む
2018-12-18 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第4号12月18日) 日産の代表取締役会長だったカルロス・ゴーン氏が逮捕された事件でも、莫大な報酬が支払われる一方、労働者の切り捨てが平然と行われ、企業のあり方が問題視されています。非正規雇用が広がる背景には、消費税があります。  人間が生活するための消費に税をかける消費税は、人間が生きること自体に課税し、支払いが免除されることはありません。 もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) ○(太田久雄都市整備部長)  都市計画道路の見直しに対する市民への対応についてお答えをさせていただきます。  道路の見直しに関しましては、長期未着手となっていることによる建築制限が問題となっており、全国的に見直していこうという流れの中で、客観的な評価項目による検証や地域固有の要素を踏まえた検証を行い、見直しを進めております。 もっと読む
2018-12-11 加古川市議会 平成30年建設経済常任委員会(12月11日) 最後に、少子高齢化、人口減少による税収の減少、道路・橋・上下水道などの老朽化した社会インフラの大規模更新時期が迫ってきています。この日本国全体の大きな流れは、加古川市においても避けることはできません。したがって、社会は賢くコンパクト化・最適化していくことにより市民の幸福度を維持、最大化する必要があります。何かを手放さなくては新しい試みに挑戦することはできません。 もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) 3つ目は、個別の都市計画の決定・変更の指針として、上位計画に即した計画的な都市づくりを進めていくため、用途地域や都市計画道路など個別の都市計画の決定・変更の指針となること。  以上でございます。 ○(福本 巧議長)  14番 木戸議員。 もっと読む
2018-12-10 姫路市議会 平成30年12月10日総務委員会−12月10日-01号 ◎答   いかに生産性を上げるのかというのが重要であり、業務の必要性やプロセスの問題など、もっと効率よく仕事を行うように伝えたいと思っているが、まずは所属長が職員とコミュニケーションをとって、所属長の思いを担当者に伝えることが大切だと考える。所属長の的確な指示のもとで効率よく業務を行ってもらいたいというのが総務局の強い思いである。   もっと読む
2018-12-10 姫路市議会 平成30年12月10日建設委員会−12月10日-01号 議案説明 ・議案第140号 契約の締結について(松原排水路3号新設(その2)工事請負契約の締結) 質疑・質問           10時31分 ◆問   議案第140号について、工事の位置図や平面図を見ると、施工箇所の南側では道路の西側に排水路を設置する一方、途中からは道路の東側に排水路を設置するようになっているが、どのような理由によるものなのか。 もっと読む
2018-12-07 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月 7日) 国保の構造的な問題を解決するためには公費を投入するしかありません。住民を守る防波堤となるのか、自治体の役割も問われています。  厚生労働省は、「都道府県化」実施後も「一般会計の繰入は自治体の判断でできる」、また、「生活困窮者への自治体独自の軽減は問題ない」と答弁しています。  国保の運営主体である赤穂市と兵庫県が住民の立場で国保税の値下げ・抑制の努力をするかどうかが問われています。   もっと読む
2018-12-07 姫路市議会 平成30年12月7日厚生委員会−12月07日-01号 飾磨橋東公民館に関連した問題は今回初めて出てきたものではなく、これまでの姫路市の地域コミュニティのあり方として、必ずしも小学校区に縛られていない面もあったということである。 もっと読む
2018-12-07 姫路市議会 平成30年12月7日経済観光委員会−12月07日-01号 それとも、いろいろな問題はあるが移転しなければいけないという意見が多いのか。 ◎答   開設者から見て経営状況が厳し過ぎるのではないかと思われる場内事業者も数社いるが、経営状況が厳しい場内事業者も新市場で頑張りたいという強い意欲を持っている。  新市場に移転する意向を示しているのは、新市場で事業を継続して頑張っていきたいという場内事業者だと思っている。   もっと読む
2018-12-06 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第3号12月 6日) AYA世代のがんは、これまでに述べた就労の問題だけでなく、恋愛、結婚、出産など、人生で重要なイベントが集中しています。これらの問題に対して十分な対策はとられていない現状です。この世代のがんの問題を解決につなげるには、まずは市民への啓発が必要です。AYA世代のがんに対する啓発についてのご見解と今後の取り組みについてお答えください。  以上で、大項目2の最初の質問を終わります。 もっと読む
2018-12-05 上郡町議会 平成30年第4回定例会(第2日12月 5日) 質問の大きな1番目は、プラスチックごみの分別の徹底と産廃最終処分場問題についてです。一瞬、プラスチックごみの分別の徹底と産廃最終処分場問題はかけ離れた質問でないかとびっくりされたかもしれません。しかし、共通した課題があるのです。どちらも私たち一人一人の健康にかかわる問題につながっているのです。  最近、プラスチックごみが世界中の海に広がり、死んだ鯨のお腹から大量のプラスチックごみが出てきたこと。 もっと読む
2018-12-05 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第2号12月 5日) この中の1番で目的として「児童生徒の問題行動の背景にある環境要因に焦点を当て、関係機関につなぐことで問題解決を図る」と定められていますが、そもそもスクールソーシャルワーカーの業務や活動内容としましたら、私自身の解釈では2本立てになっています。問題は、ワーカーさんは問題解決を代行する人ではないわけです。 もっと読む
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 まず、大手前通りを歩行者天国にしてはどうかについてでございますが、議員お示しのとおり、大手前通りにおきましては、歩行者天国に類似する道路使用方法として、毎年、姫路お城まつりや世界遺産姫路城マラソンの際に車両通行どめを伴う道路使用が行われております。一方、この大手前通りは1日に約8,000台の通過車両がある幹線道路でございます。 もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 また、中心市街地や住宅地等から離れた郊外地域や農山村地域などにおいて、小、中、高校生などが通学する道路の防犯灯設置は、安全性確保の面で必要性が高いと考えております。   もっと読む
2018-12-04 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第1号12月 4日) 先ほどおっしゃったように、地球温暖化で沈みゆく国ということで知られた国ですが、本市がごみ減量化を初め、いろいろな環境施策に取り組んでおりますので、そういった施策を推進していく上で、ツバルの国の誘致をすることが本市全体で、市民も含めて環境問題を考える機会となると考えております。   もっと読む
2018-12-04 上郡町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月 4日) 検査実施機関は、兵庫県県土整備部土木局道路街路課及び道路企画課でございまして、検査対象として、町道上郡川筋線においては、用地買収及び道路改良工事、中島橋においては、橋梁補修設計業務及び橋梁維持工事でございます。検査結果といたしまして、指摘事項はございませんでした。  3の事業(行事)でございますが、本年9月16日、上郡中学校におきまして、上郡中学校体育大会が開催されました。 もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 まず、1点目の基本計画の具現化についてでございますが、現在、市の北部地域には、各地域事務所を初め北部農林事務所や北部道路事務所、北部美化事務所といった出先機関を置き、地域に密着した行政サービスを実施しております。   もっと読む
2018-11-29 宝塚市議会 平成30年11月29日産業建設常任委員会−11月29日-01号 いわゆる記念館からの見せ方、記念館との問題なので。それと今のキャラクター、施設内というのは、恐らくこれは広い意味での施設内なので、公園部分というか緑地部分も含めてと思うんですけれども、その辺どういうふうに考えられているのか。 ○たぶち 委員長  福永部長。 もっと読む