1441件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

洲本市議会 2021-03-22 令和 3年第2回定例会(第5日 3月22日)

報告第2号、専決第1号 損害賠償額の決定及び和解については、本年2月、洲本市池内において、相手方の車両農道から市道池田線に進入しようと道路の側溝に設置されていたグレーチング上を通過した際、当該グレーチングが跳ね上がり、同車両右側燃料タンクを損傷した道路管理の瑕疵に起因する事故について、3月12日付で、損害賠償の額を11万0,964円と定め、和解したものでございます。  

豊岡市議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第5日 3月12日)

今の例えば内水対策というのは、特に内水ポンプ操作につきましては、いやいや、もう床下までは、そこまできっちり対応できる能力、時間、操作ということがあるわけですけども、問題は全部例えば新田、六方周辺開発地、それから下陰、中陰、福田等、やっぱり既存道路、つまり避難路そのもの農道に少し生活道路市道にしたものですから、当然宅地は全て1メートル強かさ上げがしてございます。

豊岡市議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第4日 3月11日)

小規模集落における課題は、農道維持水路清掃農地管理などの活動に参加する人材や会計などの事務処理を担う人材が圧倒的に不足していることをヒアリングなどで聞いているとこです。加えて、中山間地域小規模集落においては、平地に比べて生産条件が不利であるのに、少人数で多くの農地管理する必要があることも課題として上げられています。  

洲本市議会 2021-03-09 令和 3年第2回定例会(第3日 3月 9日)

次に、市道大野千草線宇原猪鼻線でございますが、広域農道オニオンロード外環状線を結ぶ幹線道路で、全体延長1,670メートル、幅員10メートル、2車線片側歩道計画整備を進めております。上田原大池に近い区間の延長600メートルにつきましては、用地取得をほぼ完了しており、現在は工事に着手しているところです。

豊岡市議会 2021-02-26 令和 3年第1回定例会(第1日 2月26日)

さらに、広域基幹農道の安全・安心な交通を確保するため、蓼川大橋五条大橋等農道橋の耐震化事業とともに、長寿命化のための補修事業を実施します。  農業ビジョンの推進についてです。  2020年3月に策定した農業ビジョンでは、持続可能で、幸せを感じる社会の実現に貢献する農業の在り方である豊岡グッドローカル農業を目指し、6つの主要手段とそれに連なる23の取組を示しています。  

洲本市議会 2021-02-25 令和 3年第2回定例会(第1日 2月25日)

第95款市債は、し尿処理場汚泥再生処理センター改修事業農道整備事業に伴う市債発行が増額したことに加え、借換時期到来に伴う借換債が大きく増額したことにより、前年度比55.0%増の36億4,429万8,000円を計上しております。  次に、歳出の主なものについて、順次御説明申し上げます。  6ページ及び7ページを御覧願います。  

市川町議会 2020-12-22 令和 2年第8回定例会(第3日12月22日)

条例は、南小畑東川辺地区ほ場整備事業により造成し農道認定されていた道路について、ほ場整備事業前に町道認定されていた路線及び通勤通学などの生活道路として使用されている農道22路線を市川町町道路線に認定、並びに農道路線については既存町道起点終点変更により認定変更するもの及び近平公民館への進入路として新設された路線について、地元要望により認定するものです。  

小野市議会 2020-12-18 令和 2年第425回定例会(第3日12月18日)

次に、ため池堤体管理についてですが、これにつきましては、農道水路と同様に地域の大切な財産でありますので、地域で適切に管理していただきたいと考えております。  市では、これらの維持管理活動を支援するため、多面的機能支払交付金事業を実施しております。この事業には、市内55組織が取り組まれており、草刈り作業などの活動経費施設の軽微な補修費等に活用され、ため池農道水路管理をしておられます。  

宝塚市議会 2020-12-09 令和 2年第 6回定例会−12月09日-04号

西谷地域では歩道がきちっと整備されていないので、農道を通ったりとか人目の少ないところが通学路になっているために、この時期になっていれば夕暮れが早く動物に、イノシシや鹿、夏にはマムシなどに遭遇するということで、本当に地域の方々は不安を感じておられますので、この解決していくためにも、また通学子どもたちのことについても本当に真剣に考えていっていただきたいんですけれども、その辺はどのようにお考えですか。

市川町議会 2020-12-01 令和 2年第8回定例会(第1日12月 1日)

条例は、南小畑東川辺地区ほ場整備事業により造成し、農道認定されていた道路について、ほ場整備事業前に町道認定されていた路線及び通勤通学などの生活道路として使用されているため町道認定するもの並びに既存町道起点終点変更により認定変更するものです。また、近平公民館への進入路として新設された路線について、地元要望により町道として認定したい。

川西市議会 2020-11-30 12月03日-03号

久代地域はもともと田畑が多いところに住宅が開発され、農道等を利用、整備してきた経緯もあり、狭隘道路が多くあります。車の交通量がふえ、高齢者は歩行時に車とすれ違うこともできない道があり、でこぼこと段差の道路も少なくありません。高齢化が進む中で、いつまでも健康維持し、安心して地域に住み続け、出歩くためには、道路改善バリアフリー化等安全確保が必要であるため、以下お伺いします。 

明石市議会 2020-10-07 令和 2年生活文化分科会(10月 7日)

農業用施設等整備事業債は、農地ため池農道等の災害復旧市内ため池整備に係る市債でございます。水産業債として、公共事業等債漁港管理事業として地震・津波対策及び漁港安全対策のための施設整備に係る市債でございます。  その下の5目 商工債のうち次のページ、説明欄項目めに記載の勤労福祉会館施設設備事業債につきましては、消火栓ポンプユニット更新に係る市債でございます。  

明石市議会 2020-10-06 令和 2年総務分科会(10月 6日)

指定寄附事業全体につきましては、13の財産区で、地元自治会自治会館修繕備品購入などへの寄附を35件、農道整備事業などの市の事業に対する寄附について1件行っております。  次に262ページ、263ページをお願いいたします。  262ページ、3段目の18款 西二見財産区の歳入の説明欄3行目の土地売払収入は、道路に接していない財産区の土地隣接土地所有者に売却したものでございます。

篠山市議会 2020-09-16 令和 2年第121回長月会議( 9月16日)

その間も丹波篠山市と自治会地域の方との協議は継続していますが、地域の皆さんからは、「臭くて御飯が食べられない」「洗濯物が干せない」「24時間の換気扇の騒音で寝られない」「監視カメラによる近隣住民へのプライバシーの侵害」「夜間の照明」「農道通行妨害」「犬にかまれた」「鶏ふんの投棄」等の苦情がたくさん寄せられています。  

小野市議会 2020-09-15 令和 2年第423回定例会(第3日 9月15日)

自治会における高齢化人口減少により、各自治会で通常行っている共同作業での農道通学路管理といった草刈り作業負担が増している状況があります。以前、自治会共同で行う草刈り作業において、危険性特殊性があれば、多面的機能支払交付金による専門業者への委託は可能という答弁がございましたが、今後を考えると、やはり通常管理で使用できる、効率化省力化といった対策が必要になってきていると考えます。  

稲美町議会 2020-09-09 令和 2年第259回定例会(第2号 9月 9日)

町は事故防止策として、路肩カラー舗装や三四軒屋地区児童生徒通学路集落北側農道に変更するなど、視認効果対策歩車分離対策をとっています。  しかしながら、町道597号線は中新田・三四軒屋地区を横断していることから、通行車両緩和策が求められています。  このような道路環境にある当該地区交通安全に向けた整備計画についてお尋ねいたします。