運営者 Bitlet 姉妹サービス
1685件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) そういった意味でIターンであったりUターンであったり、あるいは自分で起業するということも含めて大変優良な業種であるというふうに思われます。  IT業界だけということには限りませんけども、人材育成といいますか、人材の教育を早くから行って、その地域の企業へという意識づけをすることも必要であるのではないかと考えます。 もっと読む
2018-12-06 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第3号12月 6日) その理由は、低収入、職の不安定性、地域内に魅力的な職がない、この地域で起業する動機が乏しい、住宅の不安、子育ての不安、教育・進学の不安など多様です。したがって、単なるマッチングにとどまらない、切れ目のない、結婚後の安心感を提供する施策が必要であると考えることから、以下の質問をいたします。  小項目1、「縁結びマッチングイベントについて」。   もっと読む
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 具体的には、厳しい環境下にあるものづくり企業の持続的発展を支援することを目的に、「ものづくり創造拠点SENTAN」を設置し、ものづくり企業・団体の新規事業創出や起業支援といったスタートアップ支援を行うとともに、中小企業の技術力と開放特許といったアイデアや中小企業の技術力とベンチャー企業の発想力とのマッチングなどを行う新規事業展開支援、さらには中小企業の若手に経験豊富な技術者をつけ、大きなテーマで製品 もっと読む
2018-12-04 篠山市議会 平成30年第118回定例会(第1号12月 4日) 次に、商工振興費に関し、起業支援助成金は、起業支援に申し込みされた方が全て助成を受けることができたのか。また、定住促進地域での起業者はあるのか。これまでに起業支援してきた人のフォローアップや現状把握はどうしているのかとの質疑に対し、平成29年度は、8件の申し込み全てに助成した。定住促進地域での起業志望者はなかったが、一昨年度は助成実績がある。 もっと読む
2018-09-26 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-09月26日-02号 また、ベンチャー企業などが起業しやすく、また経営しやすい環境をつくるため、宝塚商工会議所やその他支援機関との連携をさらに深めるとともに、シェアオフィスやコワーキングスペースなどを経営する民間事業者とも連携をして、本市で起業し、継続的に事業を展開できる環境づくりに努めていきます。   もっと読む
2018-09-26 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第4日 9月26日) 女性・若者起業支援400万円、起業希望者支援事業260万円、新規就農者総合支援620万円などが拡充、継続されました。けれども、決算特別委員会での具体的な成果の報告が余りなかったのは残念であります。  移住・定住者のための空き家対策の改修費は300万円の予算を計上されていましたが、執行額は64万円でありました。さらなる取り組みが必要だと思います。   もっと読む
2018-09-26 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第5号 9月26日) 7月30日に参考人として要望者からの意見聴取及び質疑と、市当局担当部署との質疑が行われ、「本件については、農産物の出口対策及び起業支援として公的支援は妥当と判断する。ただし、市当局にあっては、公益・私益のすみ分けを慎重に判断する必要があることを申し添える」との審査結果となりましたので、報告しておきます。   もっと読む
2018-09-20 姫路市議会 平成30年9月20日総務委員会−09月20日-01号 全国的な大きな流れでは、移住地での起業や地域の活性化に重点を置いている市町村もある。  本市では、島に残ってもらえるか聞きながら面接を行い採用している。活動に関しては、2人とも地域のイベント等の手伝いや地域の情報発信を行っている。それぞれの特性を生かして、自分の得意な分野で地域に貢献できるよう頑張ってもらっている。 もっと読む
2018-09-20 小野市議会 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日) がん検診の委託や起業就業支援の補助金などで導入されている自治体もあるようです。  天理市においては、民間の学習塾経営会社に認知症予防事業を委託し、八王子市では、大腸がん検診受診率向上事業の委託を行っています。   もっと読む
2018-09-14 淡路市議会 平成30年第74回定例会(第3日 9月14日) 以前の質問の際にも、市としてやっていることとして、太陽光発電設備設置補助金や耐震改修や、淡路瓦使用屋根工事奨励金、ほかにも新規起業者支援補助金事業を行っている。それらがリフォーム助成制度なんだということなんでしょうけれども、その際にも申したのですが、それもやりつつ、今回も提案をしているような制度を求めてきたわけです。   もっと読む
2018-09-13 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第4号 9月13日) ○市民生活部長(野々村康君)  女性が活躍していただく場所といたしまして、女性の働き方セミナーであったり、出前チャレンジ相談、議員よく御存じだと思いますが、女性の方が新しく起業を行うことを計画された場合に、個別で御相談させていただいたりしております。 もっと読む
2018-09-12 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第3号 9月12日) ○8番(安井博幸君)  オープンデータ化のことですけれども、やはり篠山市の場合は、駅ラボ、イノベーションラボというのを神戸大学と連携したという、そういう駅ラボがあるわけですから、駅ラボ出身の起業家の方などに今後そういうITを利用した、そういう企業支援という形で何らかの形で市のほうとしてもかかわって、支援していくなり、ITによる、そのような市のオープンデータ化を進めていくことがやはり必要かと思います。 もっと読む
2018-09-11 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第2日 9月11日) 年度で区切るもの、あるいは額で区切るもの、返礼品も事業に応じて、もうひと工夫が可能ではないかなというふうに思いますし、総務省では、クラウドファンディング型のふるさと納税に取り組む自治体を後押しするために、起業家支援、あるいは移住・交流の促進をテーマとした支援策、こういったものを用意しておるということでございます。 もっと読む
2018-09-11 加西市議会 平成30年  9月 定例会(第271回)-09月11日−02号 ◎地域振興部長(河原浩申君) 本事業は先ほど議員ご指摘のとおり、平成28年度に策定した計画に基づきまして29、30年度に空き家、空き店舗をリノベーションし異なる4種類のモデル拠点を整備することにより、起業の促進やまちの賑わいづくりを創出するということを目的にしております。これは一歩ずつ段階を踏んだ取り組みでありまして、小さな成功事例を積み重ねていくということが大切だと考えております。 もっと読む
2018-07-04 神戸市議会 開催日:2018-07-04 平成30年経済港湾委員会 本文 その他,4)起業・創業支援としまして,ア神戸起業操練所の運営や,20ページに移りまして,イ神戸開業支援コンシェルジュ等を実施してまいります。  5)海外ビジネス支援につきましては,21ページをお開きいただきまして,ア,アドバイザー等による個別相談・情報提供や,ウ海外進出販路開拓支援等を行ってまいります。   もっと読む
2018-07-03 神戸市議会 開催日:2018-07-03 平成30年総務財政委員会 本文 (4)新産業の育成・集積でございますが,ア.シリコンバレーと連携した起業家育成プログラムの実施では,500 Startupsと連携し,アクセラレーションプログラムを実施いたします。また,大学生を対象にシリコンバレー派遣プログラムなどを実施し,将来の起業家候補の裾野拡大を目指してまいります。   もっと読む
2018-06-22 伊丹市議会 平成30年6月22日都市企業常任委員協議会−06月22日-01号 この起業家支援ミニオフィスというのは、4ブースあって、今これはほぼ埋まっている状況ですか。 ◎都市活力部 現在3ブース埋まっております。あくたびに募集をかけておりまして、一旦入られても、そのまま違う場所でされる方とかもいらっしゃいますので、埋まりながら、また次が出ていかれるような形ではあります。 ◆上原秀樹 委員  他の場所で代替ができれば、別に問題ないとは思います。   もっと読む
2018-06-21 洲本市議会 平成30年第4回定例会(第3日 6月21日) ○(金谷隆広市民生活部長)  課題解決、改善のため、プランに盛り込んだ内容でございますが、今年度におきまして予定をしている内容でございますが、再就職や起業、働き方の見直し、地域活動など、新たに何かを始めたいという女性を対象としたチャレンジ相談を実施し、女性の社会参画への支援を行います。 もっと読む
2018-06-20 洲本市議会 平成30年第4回定例会(第2日 6月20日) また、女性、若者が起業しやすい環境づくり、そのための支援メニューも非常に好評で、利用希望者も多い、このように伺っています。しかし、ともすれば何件に交付したか、その起業件数を実績としてカウントしがちではないでしょうか。 もっと読む
2018-06-20 小野市議会 平成30年第412回定例会(第3日 6月20日) でもそれを自治体として国に意見書を出すであったりとか、自治体の中でもっと動きを活発化させていくだったりとかという手法も考えられるなと思ったことと、それからもう1つは、若い女性への支援であったりプログラムであったりということを思っていたんですが、先ほど部長の答弁の中で、今回のウィメンズ・チャレンジ塾は30代から40代の比較的若い女性に対するプログラムを組んであるということでしたので、これは除外し、もう1つ、起業 もっと読む