運営者 Bitlet 姉妹サービス
820件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 次に、本市には、災害時の指定避難所255カ所、指定緊急避難所342カ所があり、洪水、土砂災害、高潮、地震、津波等の災害の種類別に指定されておりますが、地域により避難に適しない避難所が存在しております。  また、拠点避難所の小学校といえども、洪水や土砂災害の避難場所として適さないところがあります。   もっと読む
2018-09-21 赤穂市議会 平成30年第3回定例会(第5日 9月21日) また、9月10日には北海道胆振地方を震源とする震度7の大地震が発生し、大きな被害を出しています。尊い生命、貴重な財産を失い、今なお仮設住宅でお住まいの方々も多くおられます。改めて、被災された方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。  このように全国各地において自然災害が頻発してます。 もっと読む
2018-09-21 小野市議会 平成30年第413回定例会(第3日 9月21日) 1班が水中歩行、地震対策、それと資機材取扱訓練、2班が防災マップ作成訓練、3班が避難所運営訓練、4班が消火訓練と、4種類の訓練を実施いたしました。  訓練のうち、消火器等を使用した初期消火やジャッキなどの資機材を使った救助訓練は、その適切な使用方法を習得し、災害時に火災や人的被害を最小限に抑えるためには、繰り返し訓練を行う必要があり、継続実施しております。   もっと読む
2018-09-20 小野市議会 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日) 小野市は、防災の日の9月1日、昨年に続いて市内全域の市民の携帯電話に緊急速報メールを送信しました。これは西日本豪雨災害を教訓とし、長雨によって川が増水したとの想定で、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」の3種類のメールを送信されました。  近年の異常気象は、従来の想像を絶するもののように思います。 もっと読む
2018-09-12 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第3号 9月12日) 質問に先立ちまして、まず7月西日本豪雨、また台風20号・21号、また北海道地震などにより、犠牲となられた多くの方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、同時に多くの被災された皆様、また今なお避難生活を強いられている方々の一日も早い復興を衷心より祈念いたすものでございます。  さて、今回の質問事項は、市政の長期展望をお伺いするものであるだけに、市長の任期もあとわずかとなってまいりました。 もっと読む
2018-09-12 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第3日 9月12日) 台風や大雨が予測される場合、市では自主避難所を開設し、避難を防災ネット、緊急速報メール、ケーブルテレビ、告知放送などで呼びかけています。呼びかけでは、身の回りのもの、食料、水、簡易な毛布などを御持参いただくようにお願いしているところです。   もっと読む
2018-09-11 西脇市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月11日) しかし今、国とか県とかいろんな形で、ああいう地震の後適合してないやつも補助しようということであれば、私は遡及してもいいかなというふうには思います。 ○東野委員長   ほかの吉井委員や美土路委員、いかがですか。特段意見はありませんか。 もっと読む
2018-09-11 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第2日 9月11日) 先日の6月18日、通学時間帯の7時58分ごろ、大阪府北部地震で小学生がブロック塀の下敷きとなり死亡した事故を受け、文部科学省が全国の学校の安全状況を緊急調査したところ、約4分の1に当たる1万2,640校で、建築基準法に適合しないなど、危険な塀のあることが8月10日にわかっています。うち約8割の1万0,121校が発覚後に撤去するなど、応急的な対策を講じられております。 もっと読む
2018-09-11 加古川市議会 平成30年第4回定例会(第3号 9月11日) また、家庭訪問等の結果、緊急性は低いものの子供の養育について継続した支援が必要と思われる家庭については、引き続き児童相談所と市が連携し、電話や訪問等による支援を行っています。   もっと読む
2018-09-11 姫路市議会 平成30年第3回定例会−09月11日-03号 本年6月の大阪北部地震に続き、7月には西日本を中心として全国各地に大きな被害をもたらす豪雨が発生、9月6日未明には北海道胆振東部地震が発生しました。  災害対策基本法では、国や地方公共団体の権限と責任が明確化されており、地方公共団体は、地域防災計画に基づき、多様な災害発生に備え、地域防災マニュアルや避難所運営マニュアル等を整備することになっております。   もっと読む
2018-09-10 加古川市議会 平成30年第4回定例会(第2号 9月10日) 浸水による被害が想定される災害時には、河川氾濫による道路冠水など周辺の状況によっては避難所への移動がかえって危険となる場合もあることから、7月豪雨においては避難勧告の発令とあわせて緊急速報メールやアプリで、建物の2階以上への垂直避難の呼びかけも行いました。  避難所へ避難された方のほかに、自宅や勤務先での垂直避難に備えられた方もいらっしゃると考えられます。 もっと読む
2018-07-23 神戸市議会 開催日:2018-07-23 平成30年都市防災委員会 本文 また,緊急地震速報等の情報が即時に伝達できるよう小・中学校の避難所に設置している防災行政無線ラジオ型受信機と放送設備の連動を行います。オ,ドローンの活用は,災害時にドローンを活用するため,協定を締結したドローン運用事業者と連携しながら訓練や現場対応で運用を行います。  19ページをごらんください。2つ目の柱である安全で安心なまちづくりの推進でございます。   もっと読む
2018-07-10 西脇市議会 平成30年議員協議会( 7月10日) 本日の議員協議会の理事者報告といたしまして2点、大阪府北部地震における通学路の調査報告について。もう1点、大雨による被害状況について、御報告をさせていただきます。  詳細につきましては、担当部長から報告をさせていただきます。 ○森脇教育部長   貴重な時間をいただきありがとうございます。  それでは私のほうから、大阪府北部地震における通学路のブロック塀等の調査について御報告いたします。   もっと読む
2018-07-04 篠山市議会 平成30年第114回定例会(第4号 7月 4日) 当委員会では、本年6月26日に、Jアラートを含めた災害時の緊急速報について、調査しました。今回の調査は、6月18日に発生した大阪北部地震において、Jアラートと防災無線設備を接続する音声系統にふぐあいが発生し、防災無線を通じた市民への緊急速報を発信することができなかったという篠山市の事案を受けまして、実施したものです。   もっと読む
2018-06-25 赤穂市議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月25日) 一般質問に入る前に、今月18日、大阪地域で発生した震度6弱の地震において亡くなられた方、また、被災された皆様にお悔やみ並びにお見舞いを申し上げます。  では、一般質問に入ります。  本市では、昭和60年度に第1次行政改革を策定以来、地方自治体を取り巻く環境は大きく変化、人口においても急速な少子高齢化の進行に伴い、人口減少時代を迎えております。   もっと読む
2018-06-21 洲本市議会 平成30年第4回定例会(第3日 6月21日) また、防災面においても、当該光ケーブル網を利用した防災情報システムを構築しており、大雨や台風時において、市からの緊急情報のほか、全国瞬時警報システム、Jアラートによる地震や津波などの国からの情報も、加入者宅の告知端末や市内70カ所に設置された屋外スピーカーから発信・提供することが可能となっており、地域住民の安全・安心の確保に寄与しているところでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-06-19 篠山市議会 平成30年第114回定例会(第3号 6月19日) 昨日は7時58分にこの全国瞬時警報システムが発動され、大阪で地震があったわけですけれども、緊急地震速報が出されました。地震において亡くなられた方には、お悔やみを申し上げるとともに、被害に遭われた方にお見舞いを申し上げるところでございます。  全国瞬時警報システム、以後の文では、Jアラートと読ませていただきます。 もっと読む
2018-06-18 篠山市議会 平成30年第114回定例会(第2号 6月18日) ○副市長(平野 斉君)  この分につきましては、若干繰り返しになりますが、本年度から転作の義務化がなくなるということで、速報値では枝豆などの面積がかなり減るというふうな速報値も聞いておりまして、これは先ほど部長、申し上げましたように確定数字ではありませんが、そういったことでやはり高齢化等の影響もありまして、やはり手間暇のかかる、そういう転作作物の栽培が非常に厳しくなっているのかなという状況も感じております もっと読む
2018-06-15 猪名川町議会 平成30年第390回定例会(第2号 6月15日) 気象庁のまとめによると、2017年1年間に国内で発生した震度1以上の地震は2,025回に上り、このうち震度5以上の地震は計8回でした。前年の2016年は熊本地震の影響で、1年間に発生した体に感じる地震の回数は6,500回を超え、東日本大震災があった2011年の1万680回に次いで、過去10年間で2番目に多くなりました。 もっと読む
2018-06-15 宝塚市議会 平成30年第 2回定例会−06月15日-05号 ◎土屋智子 子ども未来部長  法的には通常の出入口とは別に緊急時の避難用の出入口を設けるという必要はないんですけれども、児童の安全管理や緊急時に備えるための保育所運営上の対処方法なんかも含めまして、整備法人において検討していただくよう促してまいります。  以上です。 ○三宅浩二 副議長  大島議員。 もっと読む