701件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 高砂市議会 平成31年 3月定例会(第 8日 3月 8日) この中の記事をちょっと読みますと、昨日ですが、1月の景気動向指数の速報値を内閣府が発表しております。景気が、既に後退期に入った可能性が高いことをあらわす下方への局面変化に基調判断を引き下げた。この要因の一番の問題が、中国経済の減速で生産が落ち込んでおるというのが最大の要因であるというふうに分析をされております。 もっと読む
2019-03-04 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第2号 3月 4日) まず第1点、緊急車両が通行できる道路計画についてであります。  旧来の住宅地において、道路幅が狭く、自動車通行に困難な道路が多く見受けられます。特に、地震、火事などの緊急時に緊急車両の進入ができず、人命救助に支障を来す場合もあります。  そこで、次の点についてお尋ねいたします。  ①過去5年間において、狭隘事業の実施は何件ありましたか。   もっと読む
2019-03-01 姫路市議会 平成31年第1回定例会-03月01日-02号 この事態を重く受けとめ、国においては、虐待事案の緊急点検や守秘義務の徹底、児童相談所と学校や教育委員会などとの連携強化、児童相談所の体制強化の前倒しなどを柱とするさらなる緊急対策を打ち出しておりますが、専門家からは、人員の問題や対応する児童福祉司の質の問題なども含めて実効性が未知数だとの指摘もなされております。   もっと読む
2019-03-01 川西市議会 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月01日−04号 まず、1点目の現在の取り組み状況についてでございますけれども、東日本大震災では、地震・津波によって自治体の行政機能が麻痺したことにより、地域住民自身による自助、地域コミュニティにおける共助が避難所運営において重要な役割を果たしたところでございます。 もっと読む
2018-12-14 伊丹市議会 平成30年12月14日文教福祉常任委員協議会-12月14日-01号 阪神南医療圏域には4つの高度急性期病院があるが、全てJR神戸線より南側にあり、いずれ起こるとされている南海トラフ巨大地震を考えても、それらの高度急性期病院が機能しなくなった際に、その一部を引き受ける機能を持った病院が阪神北医療圏域に1つは必要だと考える。その他、記載しているような御意見をいただきました。   もっと読む
2018-12-10 西宮市議会 平成30年12月(第16回)定例会-12月10日-04号 なお、一定の色覚を求める理由につきましては、緊急出動時の信号等の識別、火災現場の炎・煙の色による燃焼状況、危険物や高圧ガスボンベの種類、また、救急現場における傷病者の顔色や出血等の状況など、色を重要な判断要素とする場面が多く、判断を間違えば、職員はもちろん、市民の生命を脅かす可能性があること、また、緊急時に色分け以外の措置を講じることは不可能と考えられることによるものです。   もっと読む
2018-12-10 豊岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日12月10日) 国内を見ますと、1月から2月の豪雪、4月の島根県西部地震、6月の大阪北部地震、9月の北海道胆振東部地震、7月の豪雨、9月の台風21号、24号等が発生し、全国各地で建物倒壊、土砂崩れ、河川の氾濫による建物浸水、高潮による空港等の浸水など、とうとい人命を含む甚大な被害が発生いたしました。 もっと読む
2018-12-06 川西市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月06日−04号 私たちの住む日本は、諸外国に比べて台風、大雨、大雪、土砂災害、地震、津波、火山噴火など、自然災害が発生しやすい国土です。特にことしは自然災害が多発し、本市におきましても、大阪府北部地震、西日本一帯に及ぶ集中豪雨、大型台風20号、21号による被害がありました。  この出来事を踏まえ、大項目1点目の質問です。 もっと読む
2018-12-04 相生市議会 平成30年第5回定例会(第1号12月 4日) まだ最終決定はしていないが、緊急度の高い施設については来年度予算での対応も視野に進めているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 次に、本市には、災害時の指定避難所255カ所、指定緊急避難所342カ所があり、洪水、土砂災害、高潮、地震、津波等の災害の種類別に指定されておりますが、地域により避難に適しない避難所が存在しております。  また、拠点避難所の小学校といえども、洪水や土砂災害の避難場所として適さないところがあります。   もっと読む
2018-10-04 芦屋市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-10月04日−06号 市民の防災意識や現状の取り組みを把握するため防災アンケートの実施を行い、各家庭の非常用備蓄品の状況、家具の転倒防止対策、地震による大きな揺れを感知して電気を遮断することで通電火災を防止する感震ブレーカーの設置状況、緊急告知ラジオの設置状況などの実態を把握し、市民の防災力の向上につなげるよう求めます。   もっと読む
2018-09-28 伊丹市議会 平成30年一般会計決算審査特別委員会−09月28日-01号 あと、単価契約工事というのが、日常の小さい穴ぼことか、緊急で直さないといけないという小規模な工事ですね、緊急度。 もっと読む
2018-09-28 川西市議会 平成30年  9月 一般会計決算審査特別委員会(9月28日)-09月28日−04号 ◎危機管理課長(藤川成希) 防災無線の関係でございますが、平成29年度でいきますと、毎月の試験放送と、あと、国のJ-ALERT、緊急地震速報に連動した訓練が2回、あと、地域での活用ということで、緑台・陽明地区の防災訓練で使用したのが1回、それ以外に、台風21号の避難準備を発令したときに1回という形で13回活用をさせていただいております。   もっと読む
2018-09-27 西宮市議会 平成30年 9月27日決算特別委員会総務分科会−09月27日-01号 ◎参事[防災危機管理局](鳥羽孝浩)  緊急情報の伝達手段としましては、こちらは御指摘いただきましたテレビのdボタンによるデータ放送以外にも、緊急告知ラジオ、にしのみや防災ネット、あと緊急速報メール、市のホームページ、SNSなどで多岐にわたって情報配信を行っております。 もっと読む
2018-09-21 赤穂市議会 平成30年第3回定例会(第5日 9月21日) また、9月10日には北海道胆振地方を震源とする震度7の大地震が発生し、大きな被害を出しています。尊い生命、貴重な財産を失い、今なお仮設住宅でお住まいの方々も多くおられます。改めて、被災された方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。  このように全国各地において自然災害が頻発してます。 もっと読む
2018-09-21 小野市議会 平成30年第413回定例会(第3日 9月21日) 1班が水中歩行、地震対策、それと資機材取扱訓練、2班が防災マップ作成訓練、3班が避難所運営訓練、4班が消火訓練と、4種類の訓練を実施いたしました。  訓練のうち、消火器等を使用した初期消火やジャッキなどの資機材を使った救助訓練は、その適切な使用方法を習得し、災害時に火災や人的被害を最小限に抑えるためには、繰り返し訓練を行う必要があり、継続実施しております。   もっと読む
2018-09-20 たつの市議会 平成30年第4回たつの市議会定例会(第2日 9月20日) ○17番(三木浩一議員)  そういうものも含めて、必ずうたい文句のように緊急性が高いものから順番にやっていきますというような、緊急の高いその基準はどこなんかなと不思議に思うことがあるんです。これ全部緊急やろと、使う側から見れば、全部緊急違うんですかというようなことがいっぱいあるのに、これを緊急と認められない、金がないから来年度に回すみたいなものが大変多くなってきているように思うんです。 もっと読む
2018-09-20 小野市議会 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日) 小野市は、防災の日の9月1日、昨年に続いて市内全域の市民の携帯電話に緊急速報メールを送信しました。これは西日本豪雨災害を教訓とし、長雨によって川が増水したとの想定で、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」の3種類のメールを送信されました。  近年の異常気象は、従来の想像を絶するもののように思います。 もっと読む
2018-09-20 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−09月20日-06号 また、去る6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震や平成30年7月豪雨、台風21号等、頻発する自然災害により、その復旧に緊急を要する対応が例年に比して増加しており、予備費につきまして、当初の予算措置額を上回る見込みであることから、増額の措置を講じようとするものであります。   もっと読む
2018-09-20 高砂市議会 平成30年 9月定例会(第 2日 9月20日) また、8月4日には台風21号により、近畿各地に記録的な強風と高潮が、さらに6日には北海道におきまして、最大震度7の地震が起き、各地で甚大な被害が発生をいたしました。これらの災害によりお亡くなりになられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられた方々に心からお見舞いを申し上げます。   もっと読む