7694件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市川町議会 2019-03-27 平成31年第3回定例会(第3日 3月27日)

議案第 7号 平成31年度市川町一般会計予算   議案第 8号 平成31年度市川町学校給食特別会計予算   議案第 9号 平成31年度市川町国民健康保険特別会計予算   議案第10号 平成31年度市川町介護保険事業特別会計予算   議案第11号 平成31年度市川町後期高齢者医療特別会計予算   議案第12号 平成31年度市川町下水道事業会計予算   議案第13号 平成31年度市川町水道事業会計予算

高砂市議会 2019-03-27 平成31年 3月定例会(第17日 3月27日)

条例を定めることにつ              いて   第11 高議第12号 高砂市上下水道事業審議会条例を定めることについて   第12 高議第13号 高砂市水道事業給水条例等の一部を改正する条例を定めるこ              とについて   第13 高議第14号 高砂市民病院使用条例の一部を改正する条例を定めることに              ついて   第14 高議第15号 高砂市学校給食

赤穂市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日 3月27日)

委員から、本事業において給食費が軽減となる対策を3歳以上とした理由についてただしたところ、当局から、学校給食センターにおける給食費の軽減の対象となる幼稚園児の年齢が3歳以上であることから、それにあわせて保育所等においても3歳児以上とするものである。との答弁があった。  

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

この議案には、男性向け介護冊子の作成、放課後児童クラブの整備、新生児聴覚検査の実施、スクール・サポート・スタッフの配置、幼稚園アシスタントの配置、(仮称)南部エリア学校給食センターの整備など、市民の福祉、暮らしを応援する施策もあり、これらについては評価します。  しかし、安倍政権のもとで、ますます格差と貧困が広がっています。  

川西市議会 2019-03-26 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月26日−07号

中学校給食実施については、全国でも誇ることができる小学校給食自校直営、週5日米飯給食、川西ブランドではなく、センター方式、民営化路線です。市南部に給食センター建設としていますが、学校校庭を潰すことや1カ所のセンター建設での配送のあり方、感染予防や災害対策等の取り組みなど、学校関係者、市民に情報提供、説明責任が果たされているとは思えません。このように、川西市にはお隣の町にはある施策がありません。  

西宮市議会 2019-03-22 平成31年 3月(第17回)定例会−03月22日-08号

また、給食費は実費徴収となるため、負担増になる世帯が出る可能性もあります。せめて市が上乗せして給食費は無償にすべきです。この無償化の費用については、2020年度より公立保育所は市町村が全額負担する仕組みのため、民営化が進む危険があります。保育の公的責任を後退させることは、国民の願いと相入れません。

播磨町議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会 (第3日 3月22日)

これは多分、給食室のほうに利用されてる分なのかなと思うんですけども、今回は都市ガスを引き込んでの冷暖房になります。このプロパン庫、今後、給食室も全部改修、改造するわけですけれども、これはもうずっとこのまま置いとかれる。それで併用されるということでよろしいんでしょうか。 ○議長(奥田俊則君)  堀江昌伸教育総務統括。

たつの市議会 2019-03-22 平成31年第1回たつの市議会定例会(第5日 3月22日)

市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条              例の一部を改正する条例制定について        議案第25号 たつの市醤油の郷大正ロマン館条例の一部を改正する条例制              定について        議案第26号 市道の路線認定及び変更について        議案第27号 平成31年度たつの市一般会計予算        議案第28号 平成31年度たつの市学校給食

明石市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会 3月議会 (第6日 3月22日)

平成26年9月初旬、東部給食センター工事中に汚染土が発見された。すぐに理事者に報告するが、埋めてしまえ、次の選挙に間に合わないと発言したらしく、そのごたごたで9月議会中にもかかわらず議会への報告を怠り、10月臨時議会を開催したが、初動の違和感と調査不十分という理由で除去費用が否決された。このほか、同会のチラシには、まだまだ多くの声が寄せられていますとも記されています。  

猪名川町議会 2019-03-22 平成31年第393回定例会(第4号 3月22日)

2つ目の「給食でつなぐ猪名川の輪」は、猪名川町の特徴である完全給食に着目し、給食を使って地域コミュニティづくりのきっかけにするという提案であり、いずれも31年度に事業化できるよう取り組むものであるとの答弁がありました。  次に、地域振興部所管部分のうち、歳入についてであります。  

高砂市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第16日 3月20日)

例えば、せっかく管理者もおられるので議論したいんですけど、給食の委託、こういった点についても、そりゃ直営のほうがいい面もあるかもしれませんが、全体バランスからして、もうそろそろそうした直営からやっぱり委託で、少なくとも幾らかのお金を減らすという努力、こういうことを10個ぐらい、やっぱり短期的には施策を積み上げていかなきゃいけないんじゃないですか。

高砂市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第15日 3月19日)

○教育委員会教育部長(永安正彦君)  給食センターでの朝食の調理という部分でございますけれども、朝食を小学校の給食室や給食センターで調理することについては、朝早くから昼の給食の調理作業にかかわっているため、朝の朝食の調理につきましては、時間的に今現在は困難であるというふうに考えておるところでございます。

姫路市議会 2019-03-19 平成31年3月19日厚生委員会−03月19日-01号

保育料や給食費を無料にしようという議論もなされているため、福祉施策全体を考慮し、もう少し慎重に議論を重ね、改選後の議会や新市長とで議論していくべきではないか。現段階で当該意見書を提出することについては反対である。  他都市の子どもの医療費の助成についても、通院の場合は自己負担しなければならないような自治体もあるので、他都市の制度と比較した議論も必要だと思う。

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

2点目は、中学校給食についてです。  一つ目は、これまでの取り組みと給食センターへの市民の声の中から質問します。  関東で育ったお母さんから、私は中学校では給食があるのが当たり前だと思っていた。何で高砂市には給食がないのと訴えられたとき、私は住むところが違うと子どもを育てる環境は変わるのだと改めて知りました。  

赤穂市議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第5日 3月15日)

市長選で公約し、短期間ではありましたが、給食費無償化予算を計上されました。評価できる施策です。市長選で対峙する政策の一つでした。政府の幼児教育・保育の無償化が打ち出されていますが、給食費負担が残ります。お隣の相生市をはじめ、給食無償化の実施の自治体が広がっています。子育て世代の負担軽減、食育など無償化は有効です。

高砂市議会 2019-03-15 平成31年 3月定例会(第13日 3月15日)

せいぜいあるとしたら、この予算を否決する、あなた方が市長を通して提案してきた、給食費のシステム改修というのを否決して、意思を示すぐらいがせいぜいですが、そんなことをしてやる問題ではないと思いますので、大きな方向性については、教育委員会が不十分ながら決めたということについて、じゃあ治癒的な事後的な手続を頑張るしかないと思います。

高砂市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会(第12日 3月14日)

そんな中で、市議おっしゃられたとおり、阿弥陀小学校でも校庭貯留、あとユーアイ福祉交流センターでも浸透舗装、あと図書館でも地下タンクなど、今、建設中の学校給食センターでも雨水貯留施設を設けてためたり浸透したりするいうことで浸水対策を実施しているところでございます。 ○議長(今竹大祐君)  19番、坂辺議員。

篠山市議会 2019-03-14 平成31年第119回定例会(第2号 3月14日)

改正する条例   第 6  議案第17号 丹波篠山ふるさとに乾杯条例の一部を改正する条例   第 7  議案第20号 篠山市篠山伝統的建造物群保存地区における建築基準法の               制限の緩和に関する条例の一部を改正する条例   第 8  議案第21号 篠山市立篠山総合スポーツセンター条例の一部を改正する               条例   第 9  議案第22号 篠山市立学校給食