44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

稲美町議会 2018-12-03 平成30年第252回定例会(第1号12月 3日)

次に、11月19日、兵庫県民会館におきまして、兵庫県市町交通災害共済組合の業務監査を行ってまいりました。  次に、11月20日、農林水産省におきまして、東播用水二期地区の国営土地改良事業促進協議会によります要望活動に参加をしてまいりました。  次に、11月27日、東京におきまして兵庫県町村会と兵庫県選出関係の国会議員との懇談会に参加をしてまいりました。  

稲美町議会 2018-08-31 平成30年第251回定例会(第1号 8月31日)

次に、7月11日、兵庫県民会館におきまして、兵庫県市町交通災害共済組合の平成29年度の決算監査を行ってまいりました。  次に、7月12日でございました。神戸国際会館におきまして、兵庫県政150周年の記念事業記念式典に参加をしてまいりました。  次に、7月13日、翌日でございました。本町役場におきまして、稲美町民さわやか賞の贈呈式を行いました。

稲美町議会 2018-06-20 平成30年第250回定例会(第2号 6月20日)

平成30年5月13日執行の稲美町議会議員の再選挙は、投票率12.92%で、その低投票率もさることながら無効投票が421票ありました。住民からも、なぜこのような選挙が行われたのか疑問の声が上がっておりますので、以下の点についてお尋ねいたします。  ① 今回の再選挙を行った法的根拠をお示しください。  ② 投票率向上のため、どのような活動をされましたか。  

稲美町議会 2018-06-08 平成30年第250回定例会(第1号 6月 8日)

次に、4月24日に兵庫県民会館におきまして、兵庫県町村会の理事会が開催をされまして、平成30年度の町村会総会の議案等について協議をしてまいりました。  また同日、引き続き兵庫県町土地開発公社の理事会が開催をされまして、平成29年度の事業報告及び収支決算等について承認をしてまいりました。  

稲美町議会 2017-12-07 平成29年第248回定例会(第1号12月 7日)

次に、11月7日、兵庫県民会館におきまして、兵庫県市町交通災害共済組合の業務監査及び臨時議会が開催をされ、管理者等の選出などを行ってまいりました。  また、同日、引き続き兵庫県町村会の平成29年度会計中間監査及び臨時総会が開催をされまして、私は副会長に選出をされました。  さらに同日、引き続き兵庫県土地開発公社代表者会議が開催をされ、私が副理事長に選出をされました。  

稲美町議会 2016-09-13 平成28年第243回定例会(第2号 9月13日)

なんなん広場は、平成16年度に県民交流広場事業の認定を受け、今日に至っているところでございます。広場などに訪れる方は校内を利用して駐車しておりましたが、駐車場不足により、学校や児童の安全面からも課題となっていたところです。

稲美町議会 2016-03-04 平成28年第241回定例会(第3号 3月 4日)

県と連携すれば、県民局で積極的にやっている事業ですし、このため池条例が改正されて、町はそういうことにこれから力を入れていかなければならないという時期なんですから、もうちょっと前向きに考えていただきたい。 ○議長(杉本充章)  松田典浩教育政策部長。

稲美町議会 2015-12-15 平成27年第240回定例会(第2号12月15日)

1、投票率の低下について。  平成27年9月27日に実施されました稲美町議会議員選挙(定数16人)では、4年に一度の住民の代表を決める重要な選挙でありながら、投票率は52.64%でした。過去2回の投票率を見ると、2007年の投票率64.23%、2011年60.93%です。この度の投票率は、前回より8.29ポイント下がり過去最低の投票率となりました。

稲美町議会 2015-06-19 平成27年第238回定例会(第3号 6月19日)

③の明るい選挙推進協議会の活動につきましては、投票率向上に焦点を置きました街頭啓発活動等を行っております。  ④の選管の見解を啓発する具体的な取り組みについてでございますが、平成27年4月19日に開催されました稲美町自治会長会総会におきまして、自治会推薦等についての文書をお配りさせていただくとともに、私が総会の場で直接説明をさせていただいております。  

稲美町議会 2015-03-09 平成27年度予算特別委員会(第1号 3月 9日)

ただ、国のほうからも提案をいただいております小規模な下水の地区、言いかえれば農業集落排水でございますけども、そちらの省庁を超えた整備ということで、農業集落排水から公共下水道への接続ということに関しましても、国のほうからも提案されておりますし、当町のほうからも案として、今、県民局のほうとも話は進めらせていただいております。  

稲美町議会 2015-03-05 平成27年第237回定例会(第3号 3月 5日)

○経営政策部長(大西真也)  例えばですね、臨時職員でも、今確定申告中ですけども、確定申告だけの期間の方、あるいは選挙の場合もですね、1日ですね、投票日の1日の方もありますんで、そういった方には該当にならないかと思うんですけども、長期ですね、一定の条件を満たす方には、そういった加入もしているところでございます。 ○議長(池田孝次)  2番、池田いつ子議員。

稲美町議会 2014-12-01 平成26年第236回定例会(第1号12月 1日)

11月7日、県民会館におきまして、平成26年度兵庫県町村会等中間監査並びに兵庫県市町交通災害共済組合の業務監査を行ってまいりました。  同月11日でございました。近畿地方整備局におきまして東播磨南北道路の建設事業促進に関する要望活動を行ってまいりました。小野市が事務局でございまして、小野市長を先頭に近畿地方整備局長に宛ててお願いをしてまいりました。  次に、同月12日でございました。

稲美町議会 2014-09-01 平成26年第235回定例会(第1号 9月 1日)

次に、7月7日、兵庫県民会館におきまして、兵庫県町村会及び兵庫県市町交通災害共済組合の平成25年度の決算監査を行ってまいりました。  次に、7月15日は、衆議院会館におきまして、東播臨海広域行政協議会の行政懇談会が開催をされまして、地元選出の渡海紀三朗衆議院議員に国の予算編成に対する要望を行ってまいったところでございます。  

稲美町議会 2014-06-09 平成26年第234回定例会(第1号 6月 9日)

兵庫県町村会の理事会が県民会館におきまして開催をされ、平成26年度の町村会の総会議案、これについて承認をしてまいりました。また、同日、引き続き兵庫県町土地開発公社の理事会が開催をされまして、平成25年度の事業報告、そして収支決算について承認をしてまいりました。  

稲美町議会 2013-03-13 平成25年度予算特別委員会(第4号 3月13日)

○藤原スポーツ担当課長   この件につきましては、広域行政の中でですね、そういう町内外の差をなくそうという兵庫県民局の指導の中で、もともとあった市町につきましても、それを取り払っていったという経過がございます。それがたしか平成11年ごろやったと思っております。

稲美町議会 2012-12-03 平成24年第228回定例会(第1号12月 3日)

続く11月8日でございましたが、県民会館におきまして、平成24年度の兵庫県町村会等中間監査、そして兵庫県市町村の交通災害共済組合の業務監査、これを行ってまいりました。特に交通災害共済につきましては、非常に加入者が減っている傾向にございますので、稲美町も加入をしておりますが、この県全体への加入者の増進に向けて取り組みを強めようという話になったわけでございます。  次に、11月16日でございました。

稲美町議会 2012-02-22 平成24年第225回定例会(第1号 2月22日)

まず、1月16日でございますが、兵庫県民会館におきましてまちづくり審議会が開催をされまして、福祉のまちづくり基本方針の見直しについての審議が行われました。また、20日には兵庫県の公館におきまして県市町懇話会、県知事はじめ県幹部と県内の41市町長が一堂に会しまして、平成24年度の県の主な主要施策についての説明を受けてまいりました。  

稲美町議会 2011-12-08 平成23年第224回定例会(第2号12月 8日)

この件につきまして、県民部、県民文化部協働係の係長さんに確認をいたしております。このような事実はないということの確認をとってございます。 ○議長(池田博美)  10番、木村圭二議員。 ○10番(木村圭二) (登壇)  虚偽の答弁になりますよ、しっかりとまともな答弁をしないと。私は、皆さんの前で解明しましょうと申し上げているんですよ。

稲美町議会 2011-09-21 平成23年度決算特別委員会(第3号 9月21日)

事業番号4、生涯学習推進事業302万4,342円は、社会教育委員活動や天満南県民交流広場の管理費など、稲美町の生涯学習の推進に要した経費でございます。  事業番号5、生涯学習校区まちづくり事業205万1,550円は、小学校区ごとに地域の特色を生かした活動を展開し、交流とふれあいの場づくりを行う校区まちづくり委員会の活動を支援するのに要した経費でございます。  

稲美町議会 2011-09-19 平成23年度決算特別委員会(第1号 9月19日)

減少の主な理由は、22年度にありました国民投票名簿調整システムの構築委託料がなくなったことによる減でございます。  39ページ、40ページをお願いいたします。  2目選挙啓発費の支出済額1万1,172円は、選挙啓発用の物品の購入費でございます。  3目の県会議員選挙費の支出済額は941万7,083円で、平成23年4月10日に執行されました投開票に伴う経費でございます。