97件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2018-12-13 平成30年12月13日総務常任委員会-12月13日-01号

現行、本市におきましては、都道府県、市町村または特別区、共同募金会、日本赤十字社、本市内に事務所または事業所を有する認定NPO法人に対する寄附金を個人市民税の税額控除の対象としておりますところ、兵庫県において兵庫県税条例の一部が改正され、県内に主たる事務所を有する特定公益増進法人等に対する寄附金が個人県民税の寄附金税額控除の対象に追加されました。

西宮市議会 2018-12-10 平成30年12月(第16回)定例会-12月10日-04号

最高裁判所の裁判官が任命された後に初めて行われる衆議院議員総選挙の投票日に国民審査を受け、その審査の日からまた10年を経過した後に初めて行われる衆議院議員総選挙の投票日にさらに審査を受けるというもので、これは皆さん御存じのとおりでありますけれども、この投票の方法は、審査を受ける裁判官の名前が投票用紙に印刷されており、裁判官ごとに、やめさせたい意思があればバツを記載し、なければ何も記載せず投票するというものであります

西宮市議会 2018-12-06 平成30年12月(第16回)定例会-12月06日-02号

御質問にございます兵庫県の受動喫煙の防止等に関する条例は、受動喫煙を防止し、県民の健康で快適な生活の維持を図ることを目的として、平成25年4月に施行されました。この条例では、喫煙に関する規制内容により施設の規制区分を六つに分類し、施設の区分に応じて各施設管理者に必要な措置を講じるよう規定しております。

西宮市議会 2018-09-27 平成30年 9月27日決算特別委員会総務分科会−09月27日-01号

1点目は期日前投票で、2点目が啓発について、3点目が選挙時の体制についてお聞きします。  期日前投票なんですけど、去年度、衆議院選挙のとき、ちょうど投票日に台風が直撃ということで、金曜日ぐらいですかね、期日前投票を私も市役所でしようと思ったら、1時間待ちみたいな紙が張っているという状態で、実際にことしの市長選挙でもそういう事例があったと聞いているんです。

西宮市議会 2018-07-03 平成30年 7月 3日総務常任委員会−07月03日-01号

一方で、基礎控除が10万円上積みになりますので、差し引き所得では15万円多くなるということになりまして、税額を計算しましたら、市県民税レベルでいいますと1万5,000円の増額となります。  以上でございます。 ◆杉山たかのり 委員   その層は増額になると。西宮の場合はどれぐらいの対象を想定していますか。

西宮市議会 2017-12-08 平成29年12月(第11回)定例会-12月08日-04号

◎選挙管理委員会委員長(嶋田克興) 1番目の投票についての御質問にお答えをいたします。  まず、投票所の見回り体制や対処がどのようなものであったのか、また、避難勧告発令の場合などの防災危機管理局との連携についての御質問についてでございますが、投票日当日の各投票所の見回りにつきましては、選挙管理委員が手分けをし、市内の全ての投票所の巡視を行っています。  

西宮市議会 2017-09-27 平成29年 9月27日決算特別委員会総務分科会−09月27日-01号

◎契約課長   6月議会の佐藤議員の一般質問に対する答弁と重なりますが、兵庫県の県民生活課に、NPO法人の一般的な考え方について問い合わせたところ、NPO法人の政党パーティー券購入につきましては、特定非営利活動推進法第2条に照らせば、政治上の主義や特定公職の候補者を支持することを目的とした行為は認められない、そのような目的でパーティー券の購入は認められないとのことでした。

西宮市議会 2017-03-15 平成29年 3月15日予算特別委員会総務分科会-03月15日-01号

◎防災啓発課長   この県の助成事業なんですが、県が立ち上げたひょうご安全の日県民会議というのがございまして、この中で、県民会議では、最大の危険を知り、防災・減災について学び、みずから考えて災害に備え、防災訓練などに参加し、災害時には的確に行動できるようなプランというのを盛り込んだ新ひょうご防災アクションというものを策定してございます。

西宮市議会 2017-02-09 平成29年 2月 9日民生常任委員会-02月09日-01号

◆村上ひろし 委員   前回のをちょっと少し詳しく書いたということで、導入に対する考え方というのは、市民参画と協働の推進に関する条例をつくってみてもパブコメが少ないとか議会傍聴が少ないとか投票率が低いとかに代表されるように住民自治とか地域内分権とか現在余り起こってへんと。

西宮市議会 2016-12-13 平成28年12月13日総務常任委員会-12月13日-01号

具体的には、各投票区の選挙人名簿登録者数と面積の区分により箇所数が定められております。直近、28年7月執行の参議院通常選挙におきましては、118投票区に835カ所を設置しております。  なお、最小、最大ということでございますけれども、先ほどの名簿登録者数と面積の区分により算出しておりますので、おおむね箇所数が決まってくるものというふうに考えております。  以上でございます。

西宮市議会 2016-09-06 平成28年 9月(第 6回)定例会−09月06日-02号

そのときの内容は、さまざまな選挙における低投票率をいかに向上させるか、特に、ネット選挙が解禁されても、依然、若年層の投票率が低い、若者の政治への無関心と政治に対する不信感などが原因と思われますが、次代を担う若者にこそ関心を持ってもらうことが大切だとして、投票率向上の取り組みは喫緊の課題であり、選管の大きな役割だと申し上げた記憶があります。

西宮市議会 2016-06-29 平成28年 6月(第 5回)定例会-06月29日-05号

次に、本市における福祉人材バンクの立ち上げと活用に関する考え方についてでございますが、既に県が介護人材の確保に向けた仕組みとして兵庫県福祉人材センターを設置し、県民並びに県内の福祉事業所を対象にした支援の取り組みが進んでおりますことから、市独自の福祉人材バンクを立ち上げる予定はございません。

西宮市議会 2016-01-15 平成28年 1月15日健康福祉常任委員会−01月15日-01号

それの多くは旧県民局の単位で、阪神なら阪神南、今は県民センターという名前になりましたけど、芦屋、西宮、尼崎で、宝塚とか川西なんかは阪神北圏域というふうになってるんですよね。西宮は南圏域なんやけど、北部ははっきり言って南へおりてくるよりは宝塚に行ったほうが下手したら早かったりするので、その圏域でくくられると一部不便が出ると。同じ西宮市なんやけど不便が出ると。

西宮市議会 2015-09-07 平成27年 9月(第 2回)定例会−09月07日-03号

3、ことし4月26日に行われた西宮市議会議員選挙の投票率は史上最低でしたが、投票率の低さの原因は何だとお考えでしょうか。また、今までさんざん投票率向上の対策をしてこられたと思いますが、市長も現役時代にはそれについて質問をされていたと思いますが、その原因は何とお考えでしょうか。それらの分析検討を行っておられれば、教えてください。  

西宮市議会 2015-06-30 平成27年 6月(第 1回)定例会−06月30日-05号

以前、長谷川議員も触れておりましたが、横浜市では、全国に先駆けて、2005年度から公立小学校で、6年生の児童が有権者となり、給食のデザートを選ぶ模擬投票を実施。児童は、数人の候補者から一推しのデザートの演説を聞いた後に投票、最多得票のデザートが選ばれることになります。投票箱などは、実際の投票に使われるものを使用します。

西宮市議会 2015-03-16 平成27年 3月16日予算特別委員会総務分科会−03月16日-01号

◆篠原正寛 委員   ちょっとイメージがつきにくいんですが、何か沿岸市と、それから北県民局が共同で同じ課題について考えたりするのは何も悪くないし、いいと思うんですけれども、何かそこから答申が出て統一行動を求められるというようなイメージなんでしょうか。だから、つまりそれがあるまでは動けないということなんでしょうか。

西宮市議会 2015-03-03 平成27年 3月(第16回)定例会−03月03日-05号

昨年の6月、憲法改正国民投票法が公布され、国民投票投票権は満18歳以上の日本国民が有することになりました。実際には施行4年後に当たる2018年6月20日以降の国民投票に適用されるものですが、18歳以上の国民の意思で憲法改正の是非が決定する一方、選挙権が依然20歳以上のままでというこの矛盾を解消するため、公職選挙法も18歳以上に改正するということになったわけであります。  

西宮市議会 2015-02-27 平成27年 3月(第16回)定例会−02月27日-03号

県民に対する行革上のいろんな説明が要るであろうかと思います。そうなると、どうでしょうかね。県立西宮病院があのままで、例えば民間に売却が決まったよ、だから、市と前に進む話ができました、あるいは国が大なたを振るって、公立の病院の統合に対しては大きく後押しをしよう、だから、前倒しに対して積極的にいった、こういった話は非常にわかりやすいです。

西宮市議会 2014-09-08 平成26年 9月(第14回)定例会-09月08日-04号

資料3ページ、⑤にもあるように、平成22年と平成25年の参議院選挙の投票率を比較すると、ほかの年代の投票率が下がる中、20代前半のみ2.72%もアップしています。平成26年の市議会議員選挙でも、同様に大学内に投票所を設置した結果、平成22年の選挙のときと比べて、20代前半は0.63%投票率がアップしました。