運営者 Bitlet 姉妹サービス
2050件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第4日12月19日) 手術後、1カ月間は痛みがひどく、家で養生していました。父も弟も何も言いません。父にとってそれが私たちのためと思ったのでしょうが、それは間違っていたと思いますと書き残されておられます。今は、進さんは亡くなられておりますけれども、御夫婦の人生は断種に追いやられ、親となれなかった悔しさに耐えつつ、人としての尊厳と人権を取り戻そうと立ち上がり、勇気を持って自分の経験を語られています。   もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 がんは早期に発見すれば,内視鏡や腹腔鏡を使う治療で体を切り開かなくてもよく,痛みもないと言われています。あと本庶先生の免疫のお薬でありましたり,だからこそ早期発見・早期治療ができるよう検診の励行を呼びかけていただきたいと思います。   もっと読む
2018-09-13 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第4号 9月13日) 在宅酸素や胃瘻、床ずれの処置、がんの痛みの緩和など、医療的処置や管理の必要な方々が在宅生活を続けるために、医師の訪問診療や医師の指示により、医療的ケアを提供する訪問看護が重要な役割を担ってきています。  また、衣類交換や食事介助など生活を支援する訪問介護事業所は市内に7カ所あります。 もっと読む
2018-09-10 姫路市議会 平成30年第3回定例会−09月10日-02号 石見市長は、平成15年6月3日の市長就任に当たり、「市民一人ひとりが主役の市政」を基本として、市民の皆様との触れ合いを大切に、市民の喜びや痛みを感度よく感受して、未来の子どもたちへの責任をしっかりと果たされました。そして、生きがいと魅力のある姫路を市民の皆様とともに築いてこられました。 もっと読む
2018-09-03 宝塚市議会 平成30年 9月 3日総務常任委員会-09月03日-01号 選ばれる時期が、一応9月末が前委員の任期だったので、多分1カ月前、2カ月前ではなくもっと前から多分探されていたと思うんですけれども、それはもともと1年前とか半年前とかからそういう方向の方を選ぼうということで、多分この方に白羽の矢が立ったと思うんですけれども、そう考えるとちょっと今回の事案というのが全く逆に出てしまったというか、やめられる原因になったことが市長が望んでいたのとは全く、そういう子どもの痛みとかが もっと読む
2018-06-14 宝塚市議会 平成30年第 2回定例会−06月14日-04号 場合によっては痛みも伴います。今回のことを通じまして、当局の方々には、市民と十分な協議の上、くれぐれも丁寧に理解を得た上で進めていっていただきたいと、そのように改めて感じる次第でございます。  これは意見としてお伝えをいたしまして、私の質問は以上といたします。よろしくお願いいたします。 ○三宅浩二 副議長  以上で冨川議員の一般質問を終わります。  しばらく休憩します。   もっと読む
2018-03-27 篠山市議会 平成30年第112回定例会(第6号 3月27日) しかし、平成20年に策定した篠山再生計画は、計画の当初から行政、議会、職員、市民みんなで痛み・負担を分かち合うとして進められ、職員定数の削減や給与カットが行われ、住民サービスが削られてきました。その考えのもとに平成30年度においても引き続き、財政再建が取り組まれようとしています。  また、国による医療や介護の制度がどんどん悪くなる中で、住民の命と暮らしを守る自治体の役割は大きくなっています。 もっと読む
2018-03-15 三田市議会 平成30年 3月 予算決算常任委員会-03月15日−04号 このダヴィンチは前立腺がん全摘手術、腎臓がん部分切除術に使用可能機器であり、導入によって患者のメリットは手術中の出血は少なく、術後の痛みも少ない、また回復が早くなり入院期間が短いので患者の負担軽減、費用は高額医療費制度により負担額は従来と変わらないということです。 もっと読む
2018-03-12 小野市議会 平成30年第410回定例会(第3日 3月12日) で、仮に、このイノシシを腰痛で例えるならば、すぐに効くのがいわゆる防護柵というか、腰痛でもいわゆる湿布や痛みどめというのはすぐ効きますけれども、根本的解決にはならないと。で、その4点目に値する県のほうでも取り組みをなされるような状況ではございますが、それがいわゆる腰痛でいうと健康体操であったりとか、の部分で根本的解決に結びつくところであると。   もっと読む
2018-03-08 小野市議会 平成30年第410回定例会(第2日 3月 8日) しかし、一方では、参画している裏には、大変な負担と痛みというのが、表には出ていないけれど私はあると思うんですね。そういうことがなければ、なかなか男女共同参画というのは言うは易しで、なかなかいけないと。特に例えば、女性がいろんなところに入っていくと、男性の理解、あるいはいわゆる夫婦間の理解、あるいはしゅうとめさん等の理解とか、あるいは地域社会の理解とかいろんなことがあるわけですね。   もっと読む
2018-03-07 姫路市議会 平成30年第1回定例会−03月07日-05号 痛みはなく、検査は数分で終わり、生後3日以内に行う初回検査と、その際に再検査が必要とされた赤ちゃんには、おおむね生後1週間以内に実施する確認検査があります。検査費用は医療機関によって差がありますが、1回5,000円程度かかるようで、費用面で検査を受けないと判断する母親も少なくないようです。 もっと読む
2018-03-06 赤穂市議会 平成30年第1回定例会(第5日 3月 6日) 免許証を返した途端、どうやって病院や買い物に行ったらいいか、困っている高齢者の声を十分痛みは理解している、総合的な公共交通対策を研究し、マスタープランとなる公共交通網形成計画の策定を踏まえ、喫緊の研究課題だと言っていたのは、その場限りの答弁なのでしょうか。  公共交通会議で検討されたのは、有年地区のデマンドの改善のみ、交通弱者の対策は待ったなしです。この間、どんな調査研究をされてきたのか。 もっと読む
2018-03-01 尼崎市議会 平成30年  3月 議会報-03月01日−06号 ◆(真崎副会長) 先ほど膝の痛みで事例を出されたんですけど、私は膝の痛みやったら、じゃ筋肉をもうちょっと丈夫にしたら自立できるんじゃないかなということで筋力トレーニングをしてもらうとか、そういうメニューを加えることで痛みがおさまって自立するというふうな、そういう道筋を立てることがこの地域ケア会議の中身かなと思うんですけど、だけど一時的にそれがよくなったとしてもまた、援助がなくなってしまったらまたもとに もっと読む
2018-02-21 三田市議会 平成30年第345回( 3月)定例会-02月21日−01号 なお、行財政構造改革の推進に当たりましては、市の職員はもとより、市民の皆様にも痛みを分かち合っていただきながら、未来への負担を可能な限り残さないための苦渋の選択を行っていくものであり、改革の背景となった市の財政構造上の問題点や改革の必要性等を市民の皆様にきめ細かくきっちりと、そして具体的な改革の手順を丁寧に説明するよう留意してきたところであります。   もっと読む
2018-01-29 丹波市議会 平成30年民生常任委員会( 1月29日) 全部特別交付税で返ってきて、むしろ7,000万円を出してきたときよりも、さらに実際の出す額は減るというような制度を使えるということであったので、市が持ち出しがふえないんであれば、柏原赤十字病院をその範囲で支援をすることについては、うちも痛みがないのでいいであろうというようなこともあって、あのとき支援をさせていただきましょうという御説明を議会にもさせていただいたかというふうに思います。   もっと読む
2017-12-20 稲美町議会 平成29年第248回定例会(第3号12月20日) もしやらなかったら大変なことになるんじゃないかなあというふうに思っているわけなんですけれども、やはりこれからの教育、足を踏まれた人の痛みがわかる人に、やはり子どもも大人もですけども、なっていただきたいというふうに思います。足を踏んだほうは、足を踏まれた人の痛さがわかりませんけれども、足を踏まれた人は大変な痛い思いをしております。   もっと読む
2017-12-20 稲美町議会 平成29年第248回定例会(第3号12月20日) もしやらなかったら大変なことになるんじゃないかなあというふうに思っているわけなんですけれども、やはりこれからの教育、足を踏まれた人の痛みがわかる人に、やはり子どもも大人もですけども、なっていただきたいというふうに思います。足を踏んだほうは、足を踏まれた人の痛さがわかりませんけれども、足を踏まれた人は大変な痛い思いをしております。   もっと読む
2017-12-14 三田市議会 平成29年第344回(12月)定例会-12月14日−03号 改革の痛みを分かち合っていただいている多くの市民が不満や不安を持っておられることには大変申しわけなく思っておるところであります。   もっと読む
2017-12-13 三田市議会 平成29年第344回(12月)定例会-12月13日−02号 なお、行財政構造改革を市民の理解を得ながら進めるためにも、更なる歳入の確保をしっかりと進めながら、痛みを分かち合う選択と集中による歳出削減への市民の理解を進めていくことが大切なことであると考えておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 もっと読む
2017-12-07 尼崎市議会 平成29年 12月 定例会(第3回)-12月07日−03号 御主人がお風呂上がりに目の痛みと変調を訴えたので確認すると、左目の眼球を覆っているゼリー状の、恐らく水晶部分が目の下側に落ち込み、眼球の白目の部分が真っ赤になっていました。平日の夜間だったので、ネットで調べてみると、尼崎の休日夜間急病診療所の眼科は診療時間外だったのですが、念のため電話を入れ再確認したところ、やはりこの時間帯での診療はされていないとのことでした。 もっと読む