2140件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤穂市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日 3月27日)

さらに委員から、定員を増やせば赤字の解消につながるのか、とただしたところ、当局から、平成28年から通所定員を20名から35名に増やして経営改善に取り組んでいる。定員の増については、増築等の投資が必要となるため、現行の定員において収益を増やし、費用を縮減しながら取り組みたい。との答弁があった。  また、他の委員から、入所収益、通所収益の1人当たりの単価はどうか。

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

当局の答弁によりますと、応募がなかった主な原因は、施設を整備するための用地を学校の周辺に確保することが困難であったためであり、それらの小学校区のクラブについては、学校の体育館の使用や既存の民間クラブの定員拡充等で待機児童解消に対応していきたいと考えている、とのことでありました。  

川西市議会 2019-03-26 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月26日−07号

また、常時係員が待機していないことから、来庁者の苦情や駐車券の紛失などが発生した場合速やかに対処できないことや、これまでのような渋滞時の駐車場内の整理や案内、丁寧な対応もなくなることから、市民サービス低下につながります。加えて、トラブルや事故発生時の対応など必要な措置を迅速に講じなければならないケースもあり、職員の負担軽減どころか、逆に負担がふえることになります。  

たつの市議会 2019-03-15 平成31年第1回たつの市議会定例会(第4日 3月15日)

その中のその4、安全便利な交通環境を整えるの中に、幹線道路として、揖龍南北幹線道路などの広域的な道路ネットワークの強化を推進するほか、市道小宅揖西線の渋滞解消の検討に着手し、東西幹線道路の機能強化を図りますとあるが、市道小宅揖西線より西の道路(主要地方道姫路上郡線)の渋滞緩和についてはどのように考えているのか。  県道桑原北山揖保川線を利用した渋滞解消について。  

高砂市議会 2019-03-15 平成31年 3月定例会(第13日 3月15日)

調査します、研究します、将来は、ほらこんなふうに高架をすれば渋滞もなくなりますと言いながら、結局、先へ先へと送って、一部の建設業者は喜ぶかもしれませんが、結局、市民は何か期待しただけ、先送りになって何も実現しない。企業の方々もかなり苦労されて通勤されている現状が何か変わるかのように幻想を抱かされて、結局、何にもならない。

高砂市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会(第12日 3月14日)

そもそもこのマイロード事業からずっと残っておった懸案の課題に対して、曽根神社との土地の貸借の関係、あるいは所有権の関係、これも課題を整理して、この都市再生整備計画でしっかりと課題を解消して宿題を全部やっしまおうということだったはずですよね。  であるならば、これ、今、大歳神社の移転中断しますと。

姫路市議会 2019-03-13 平成31年3月13日建設委員会−03月13日-01号

◎答   今回整備する市営市川住宅は全棟バリアフリー対応であるが、障害者差別解消法等も考慮し、車いす利用者等に配慮している。  また、車いす対応にすると、洗面台を低くしたり、廊下の幅を広くしたりするなど部屋の仕様が変わってくる。  

姫路市議会 2019-03-12 平成31年3月12日厚生委員会−03月12日-01号

◆問   狭さを解消するため増築しているということか。 ◎答   そうである。増築後、病床の再配置をするということである。 ◆問   本会議で、新県立病院の建設に伴う交通渋滞について、交通シミュレーションや駐車場への出入りを含む渋滞対策に向けた警察との協議、また住民説明会を開催して対応してきたとの答弁があったが、住民説明会は行ったのか。 ◎答   自治会長などには説明を行った。

高砂市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会(第 8日 3月 8日)

平成23年9月の台風12号の浸水被害を受けて、浸水被害解消に向けた間の川、松村川をはじめ、市内各所で浸水対策事業を推進し、一定の効果を上げているところであります。  この浸水対策事業は、ポンプ場の新設、増設に合わせて、そこに流入する水路や雨水管渠を整備することを効果的に進めております。  

豊岡市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第5日 3月 7日)

要は、つくったはいいが、周辺とのアンバランスで、例えばイベントごとに大渋滞を起こすとか、周辺地域に多大なる迷惑をかけるとか、また、先ほどから申し上げていますが、莫大な費用をかけて、ひぼこホールや市民会館のようなことのないように、慎重に協議を行っていかなければならないと考えますので、市民とまちづくりについての考え方、あり方についてもお伺いいたします。  

川西市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月04日−05号

次に、(2)、開所時間を延長することにつきましては、6年生までの受け入れ拡大や待機児童解消を優先的に取り組むとともに、土曜日や夏休み等長期休業期間中の開始時間、終了時間の延長につきまして検討しておりますが、指導員の人材不足など課題があり、今後も継続して検討してまいります。  

西宮市議会 2019-03-04 平成31年 3月(第17回)定例会-03月04日-06号

阪神電車は、高架工事が終わり、踏切などの渋滞解消され、非常に便利になっております。また、北部地域との連携が盤滝トンネルの無料化でより便利になった建石線ですが、通勤時間帯の元夙川学院あたりの渋滞は慢性化しており、この状況を踏まえて、次の2点を質問したいと思います。  まず、甲子園段上線の早期着工を希望します。これは、阪急武庫川橋上駅を計画するには必要不可欠の道路と考えているからです。

高砂市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第 4日 3月 1日)

それにつきましては、平成23年の台風12号の床上、床下浸水被害の解消、これは公的な部分でやっているんですけど、それ以上の雨が今後降るかどうかわからない中で、ためる、備えるという対策をやっているところでございます。プラスアルファの部分でやっているというところで、上限を設定せず、できる限り皆さんで取り組んでいただきたいという施策でございます。  

明石市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会 3月議会 (第4日 3月 1日)

これまでも明石市内の都市計画道路の未整備による慢性的な交通渋滞の課題について取り上げてまいりました。今回は以下5点について質問いたします。まず1点目は、中部地区の現状と課題についてであります。市内中部地区は、国道2号及び県道21号神戸明石線の慢性的な交通渋滞により、生活道路への車両進入による危険及び物流の生産性の著しい低下が発生しています。

三木市議会 2019-03-01 平成31年第350回 3月定例会

三木市人権・同和教育協議会に業務を委託されているとのことですが、同協議会だけでは判断や対応ができない場合もありますので、市が主体となって関係部局、警察や法務局と密な連携を図り、プロバイダー等への差別書き込みの削除要請や削除されたかを監視するなど、さまざまな差別解消に向け、積極的に取り組まれたいのであります。 次に、教育委員会関係について申し上げます。 

西宮市議会 2019-02-28 平成31年 3月(第17回)定例会-02月28日-04号

この権利条約に基づく四つの権利と一般原則についての内容は、現在、日本社会において問題とされている子供の貧困や不登校、児童虐待、外国籍の子供への差別、インクルーシブ教育の中での環境整備、性教育の進め方などなど、まだまだ問題解消はされていないことが多く含まれています。日本では、権利条約批准国として果たさなければならない課題が多いと感じます。

川西市議会 2019-02-27 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月27日−02号

たくさんの人口が入ったことで、縦のルートの交通渋滞がひどく話題になりました。それは一つの評価としてもあるけれども、そこは側面として、そのとき考えにくかった部分としてあらわれてきているんだと。その後、住民はかなり長い間、縦ルートの交通渋滞には悩まされてきていたと思っています。