738件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

姫路市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会−03月05日-04号

エコパークあぼしが建設された網干区網干浜埋立地は、兵庫県が揖保川などの河川と周辺海域のしゅんせつ土砂、ヘドロ、下水道汚泥、建設残土、廃材、焼却灰などの産業廃棄物を含む約343万立方メートルの埋め立て材で造成したもので、可燃ガスや有毒ガスの発生が想定され、施設の建設には不適切な用地でした。  この爆発事故で、何の落ち度もない作業員10人が重軽傷を負い、それぞれ人生を狂わされました。

猪名川町議会 2019-02-27 平成31年第393回定例会(第2号 2月27日)

環境問題でありますが、残土処分地内において産業廃棄物安定5品目の処理場を進めようとしております。しかしながら、県では許可が出たようにも聞いておりますが、産業廃棄物安定5品目を誰が監視、チェックされるのでしょうか。転ばぬ先のつえと言ったことわざありますが、10年、20年過ぎて汚泥が出た場合には対応ができない。猪名川町の自然豊かなまちになぜ必要でしょうか、町の見解をお尋ねをいたします。  

猪名川町議会 2018-12-14 平成30年第392回定例会(第2号12月14日)

これは、以前にも申し上げてきましたけれども、よく見ると、要するに、そこに残土が積み込まれております。その残土を積み込んでいる囲いをしている鉄板が、やはりその歩道にずっとこけてきているようにも思います。そうしますと、やはり歩道を安心して通れるような状況には今なっておりません。その残土かなと思いますと、いや、そうじゃないと、産業廃棄物であるというようなことも聞いております。

たつの市議会 2018-12-13 平成30年第5回たつの市議会定例会(第2日12月13日)

次に、2番目、揖保川町馬場の市有地の残土について。  揖龍南北幹線道路について、揖保川町市場と御津町碇岩を結ぶトンネル工事を行うに当たり、その工事により発生した土砂を揖保川町馬場にある市有地に仮置きをしている件について下記の5点を質問させていただきます。  1、この市有地に土砂を仮置きする場合、地元馬場自治会には、残土の仮置きを行うが時期を見て撤去する旨の約束を行い実施したように聞いております。

明石市議会 2018-10-05 平成30年生活文化分科会(10月 5日)

4款 衛生費、1項 保健衛生費、1目 保健衛生総務費、15節 工事請負費の前年度繰越事業費の不用額につきましては、あかし動物センター建設工事に伴う市有地造成工事における入札残、残土が良質であったため再利用が可能となり、購入土・残土処理費が減額したものでございます。

丹波市議会 2018-09-18 平成30年予算決算特別委員会( 9月18日)

○市島支所長(近藤克彦君) 先ほどの質問ですが、スポーツピアいちじまにつきましては、平成26年の災害によりまして、一時災害の残土置き場ということで、使用ができない状態でございましたけれども、平成27年の途中に工事をしまして、再開をしたところでございます。  

篠山市議会 2018-09-05 平成30年第115回定例会(第2号 9月 5日)

しゅんせついたしました残土は、先ほど申し上げました、たきこども園駐車場整備に利用する予定でございます。河川整備事業3,024万円の追加は、藤坂地内で実施いたします藤坂川のり面復旧工事です。特定財源は、一般単独事業債3,020万円です。  

稲美町議会 2018-06-20 平成30年第250回定例会(第2号 6月20日)

ある池では、田園空間整備事業が終わって、7年経過以前に廃池にして残土処分場として埋め立て、今は太陽光発電所になっています。ため池ミュージアムが一時は残土処分場となり、また太陽光発電所である。これが博物館として胸を張って言えるんかなということを私は思っております。補助金等に関わる予算の執行の適正化に関する法律にも抵触しているのではないかと思っております。税金は、住民から集めた大切なお金でございます。

丹波市議会 2018-06-19 平成30年民生常任委員会( 6月19日)

○環境整備課長(井上里司君) 氷上クリーンセンター、氷上リサイクルセンターにつきましては、今現在、公共残土のほうの受け入れをさせていただいております。昨年につきましても、公共残土のほうは、受け入れのほうはさせていただいております。  現在、まだ余力があるというのか、入るスペースもありますので、今年度につきましても、まだ受け入れていきたいというふうに考えております。 ○委員長(西本嘉宏君) 議長。

尼崎市議会 2018-03-26 平成30年  2月 定例会(第4回)-03月26日−05号

当局は、本市として地域住民からの御理解、御協力を得られるよう、工事内容の詳細な説明、図面の提示や資材、残土などの搬入搬出などの住民への説明責任もしっかりと果たしてほしいのです。  以上の理由により、城の越公園での住民からの工事の反対により、雨水貯留管整備事業予算には賛成することはできません。したがって、維新の会は議案第14号について反対いたします。  

播磨町議会 2018-03-23 平成30年 3月定例会 (第3日 3月23日)

6款農林水産業費のソウブチ池改修事業につきましては、下水道管移設などの協議に時間を要したため、また残土処分先の変更が生じたことにより、年度内での完了が困難になったため、繰り越すものであります。  以上で提案理由の説明を終わります。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥田俊則君)  提案理由の説明は終わりました。  これから質疑を行います。  質疑はありませんか。  

上郡町議会 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第5日 3月19日)

残土処分地につきましても、少しそういった話もありまして、それも進めているところです。いろいろ制約がありますので、きちっとした計画が出てきたときに御相談させていただきたいと思います。 ○議長(山本守一君) 本林君。 ○2番(本林宗興君) その点について1つだけ意見を言わせてください。

宝塚市議会 2018-03-14 平成30年度予算特別委員会−03月14日-04号

それから、残土というか、大阪のフェニックスの処分費なんですけれども、灰が今、値上げされて、トン当たり1万円程度がかかります。残土についても、普通の残土やったら数千円程度でいいんですけれども、こういう産業廃棄物扱いになりますと、1万円から1万5千円ぐらいというふうに聞いております。  以上です。 ○大河内 委員長  北山委員。

宝塚市議会 2018-03-13 平成30年度予算特別委員会−03月13日-03号

◆たぶち 委員  桃堂のところは、玉瀬の土地改良、またこれ別の工事なんですけれども、あわせながら、残土が出てきたら土地改良のほうというような一石二鳥の工事になるのかなとずっと見ていたんやけれども、そうでもなかったような気がしますし、岩盤がすごいんで、業者さんもすごい困ってはるということも聞いたし、そういった意味では、やっぱり一定そういうような予測をしながら工事を進めていっていただきたいなと思います。

加東市議会 2018-03-12 平成30年 3月12日 予算特別委員会

これは藪残土処分場のことかと思いますが、これは金額ということではなくして、どのような契約をなさっているのか、当然これは残土等をこの借地のところに埋められるというそういう理解でいいんか、その辺の詳しい内容を教えていただけませんか。それと、借地となっておりますけれども、永遠にずっと借り続けるんですか。 ◎眞海課長  藪残土処理場2次区域の借地料でございます。

加東市議会 2018-03-06 平成30年 3月 6日 総務文教常任委員会・産業厚生常任委員会合同審査会

残土処分場でございますが、こちらは臨時的経費と経常経費どちらも変更しておりまして、臨時的経費につきましては堰堤の築造工事を行いまして、それの実績を反映させたということでございます。 中ほどの経常的項目については、上中埋立処分地と同じように地元対策としての環境調査経費についても施設の維持管理費だということであります。 次に、25ページになります。