運営者 Bitlet 姉妹サービス
3994件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-26 篠山市議会 平成31年第119回定例会(第1号 2月26日) 世界文化遺産の「比叡山延暦寺」や紫式部ゆかりの「石山寺」など、各時代を代表する多くの歴史文化遺産が今に引き継がれており、平成15年10月には、全国で10番目となる古都保存法に基づく「古都指定」を受け、また国指定文化財は全国3位の件数を誇るなど、現在は、大津の景観を考える各種事業の展開や「湖都・大津」のPR等、積極的な事業推進が図られています。   もっと読む
2019-01-18 加古川市議会 平成31年福祉環境常任委員会( 1月18日) ○栄永健康課保健担当副課長   同時期にパブリックコメントを実施したほかの計画に関しましては、文化財調査研究センターは3名、上下水道局は10名でしたので、7名というのはそれなりの人数ではないかと考えております。ただ、意見の件数は89件でしたので、それに関しては内部で検討し、また必要な場合は計画の修正という形も踏まえて、今後進めていきたいと思っております。 もっと読む
2018-12-19 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月19日-05号 分科会において、高岡小学校プール改築工事の際に埋蔵文化財発掘調査が必要になったとのことであるが、同調査に伴い、プールの位置や発掘調査の費用についてはどのように考えているのか、との質問がなされました。  当局の答弁によりますと、従前と同じ場所に建てかえ、調査費用は学校施設課の予算で対応する、とのことでありました。   もっと読む
2018-12-17 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第5日12月17日) 商工観光担当)              新 阜 照 久     都市整備部長   長 手   稔     都市整備部付部長(下水道担当)              古 地 弘 明     会計管理者兼会計課長              音 田 惠 子     監査委員事務局長 巳 鼻 康 文     教育部長     浜 田 英 寛     教育部長     西 岡 正 雄     教育部付部長(文化財活用等担当 もっと読む
2018-12-14 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第4日12月14日)     都市整備部長   長 手   稔     都市整備部付部長(下水道担当)              古 地 弘 明     会計管理者兼会計課長              音 田 惠 子     監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局書記長              巳 鼻 康 文     教育部長     浜 田 英 寛     教育部長     西 岡 正 雄     教育部付部長(文化財活用等担当 もっと読む
2018-12-13 姫路市議会 平成30年12月13日予算決算委員会−12月13日-01号 分科会において、高岡小学校プール改築工事の際に埋蔵文化財発掘調査が必要になったとのことであるが、同調査に伴い、プールの位置や発掘調査の費用についてはどのように考えているのかとの質問がありました。  当局の答弁によりますと、従前と同じ場所に建てかえる、調査費用は、学校施設課の予算で対応するとのことでありました。   もっと読む
2018-12-13 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第3日12月13日) 商工観光担当)              新 阜 照 久     都市整備部長   長 手   稔     都市整備部付部長(下水道担当)              古 地 弘 明     会計管理者兼会計課長              音 田 惠 子     監査委員事務局長 巳 鼻 康 文     教育部長     浜 田 英 寛     教育部長     西 岡 正 雄     教育部付部長(文化財活用等担当 もっと読む
2018-12-12 篠山市議会 平成30年第118回定例会(第2号12月12日) なお、文化財課が所管する「地域の歴史文化を活かしたまちづくり事業」もあり、そうした観点からもこの価値ある岡野隕鉄の教材化と合わせて、岡野地区今福での落下場所のスポットの当て方、検証のあり方も検討していきたいと考えます。引き続き、ふるさと教育を通して、子どもたちが地域に誇りや愛着を持ち、ここ丹波篠山に生きる喜びを味わることができるよう、努めていきます。  以上、答弁といたします。 もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) 統計書によりますと、洲本市においての国指定の重要文化財は工芸品が3点、記念物としての史跡が1点、この上に旧益習館庭園が国の名勝として加わり、計5点になります。  また、県指定の文化財が9点、市指定の文化財が22点になります。これらの文化財を目的に来られる方の数字をまず把握しているのかどうか、伺っていきたいと思います。   もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) 特に発掘調査におきましては、庭の変遷を明らかにし、文化財価値をさらに高め、平成30年7月に文化庁へ意見具申をいたしました。そして、先月11月に国の文化審議会において、当庭園が国指定名勝に答申されたことから、島内唯一の国指定名勝庭園が誕生することとなりました。御協力をいただきました地元近隣の方々を初め、有識者の皆様には心から感謝いたしております。  次に、今後の展望についてお答えいたします。   もっと読む
2018-12-10 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月10日-04号 認定されましたら、参加している自治体市域において、観光振興や文化財の継承を推進する地域活性化事業を実施してまいります。  今回の大阪万博の決定を受けて、活性化事業につきましては、来阪される大勢の観光客の誘客も視野に入れた内容となるよう、その内容を詰めているところでございます。 もっと読む
2018-12-06 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月06日-02号 俳句につきましては、故岡田利兵衞氏が芭蕉研究のために収集し、市指定文化財である芭蕉直筆の「ふる池や」の句短冊を含む一大俳諧コレクションである柿衞文庫の所蔵品も日本遺産の構成文化財として申請する予定となっており、俳句、俳諧を本市におけるブランドとしてさらに発信してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-05 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第2日12月 5日) 商工観光担当)              新 阜 照 久     都市整備部長   長 手   稔     都市整備部付部長(下水道担当)              古 地 弘 明     会計管理者兼会計課長              音 田 惠 子     監査委員事務局長 巳 鼻 康 文     教育部長     浜 田 英 寛     教育部長     西 岡 正 雄     教育部付部長(文化財活用等担当 もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 まず、1点目の建設予定時期と建設費用の概算及び管理費用についてでございますが、平成23年3月に策定いたしました特別史跡姫路城跡整備基本計画において、中曲輪は、世界遺産姫路城の本質的価値の説明や保存継承の意義を啓発するとともに、文化財に対する理解を深めることができる教育施設や、姫路城の本質的価値を体感・体験することのできる施設を整備し、文化観光の振興やにぎわい創出につながる都市機能の充実を図る地区として もっと読む
2018-12-03 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第1日12月 3日) 商工観光担当)              新 阜 照 久     都市整備部長   長 手   稔     都市整備部付部長(下水道担当)              古 地 弘 明     会計管理者兼会計課長              音 田 惠 子     監査委員事務局長 巳 鼻 康 文     教育部長     浜 田 英 寛     教育部長     西 岡 正 雄     教育部付部長(文化財活用等担当 もっと読む
2018-11-29 赤穂市議会 平成30年総務文教委員会(11月29日)     教育次長(管理担当)           永 石 一 彦     教育次長(指導担当)           藤 本 浩 士     総務課長                 関 山 善 文     こども育成課長              近 藤 雅 之     指導課長                 入 潮 賢 和     生涯学習課長               高 見 直 樹     文化財担当課長 もっと読む
2018-11-20 伊丹市議会 平成30年11月20日文教福祉常任委員協議会−11月20日-01号 また、下の右側のイラストにありますように、旧岡田家や旧石橋家住宅の貴重な文化財空間も展示に活用してまいります。  俳諧展示につきましては、新たに伊丹と俳諧・俳句のかかわりを紹介する展示コーナーを設けるなど、初めて俳諧・俳句に触れる方でも親しみ、楽しめるような事業展開を行ってまいります。   もっと読む
2018-11-19 加古川市議会 平成30年総務教育常任委員会(11月19日) この件につきまして、文化財調査研究センターよりご報告させていただきます。 ○沼田文化財調査研究センター所長   (資料により報告) ○山本一郎委員長   理事者からの報告は終わりました。ただいまの報告につきまして、ご質問等をお受けいたします。 ○井上恭子委員   パブリックコメントの際の、合理的配慮はどのように予定されているのですか。 もっと読む
2018-11-09 伊丹市議会 平成30年11月9日都市企業常任委員協議会−11月09日-01号 ◆竹村和人 委員  伊丹には歴史、文化遺産がたくさんあったりとか、文化財ボランティアとして活動されている団体とかというのがあるんですけども、そういうとことの連携なんかは考えておられるんですか。 ◎都市活力部 現在も文化財ボランティアの方等に、町なかのツアーでありますとかは御協力いただいております。ですので、今後ともそういった団体とは一緒にやっていきたいなと考えております。 もっと読む
2018-10-29 伊丹市議会 平成30年10月29日総務政策常任委員協議会−10月29日-01号 人と自然とのかかわりが深い日本酒づくりの文化について、国の重要文化財であります旧岡田家住宅・酒蔵、県指定文化財の旧石橋家住宅を舞台に、自然科学の目線からひもとく展覧会となりました。特にこの展覧会には文部科学省を初め、各方面からの観覧視察も多くありまして、今後の文化財活用の一つの方向性を示すものとして注目を集めております。   もっと読む