運営者 Bitlet 姉妹サービス
2375件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-26 多可町議会 平成31年第90回定例会          │    岸 原   章      教育総務課長      │    宮 原 文 隆      学校教育課長      │    足 立 徳 昭      こども未来課長     │    今 中 孝 介〇 会議事件 別紙議事日程並びに議案書の通り ※本日の会議に付した事件日程第1 議案第10号 多可町特別職に属する非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定 もっと読む
2019-03-25 西宮市議会 平成31年 3月25日広報広聴特別委員会-03月25日-01号 ◆吉井竜二 委員   まず、議案第590号5次総、議案第648号副市長の選任について、議員提出議案第11号政治倫理条例制定、あとは、請願第21号義務教育学校の設置。  以上です。 ◆まつお正秀 委員   私は、議案第593号地方卸売市場条例廃止、議案第594号産業振興基本条例。あとは、所管事務調査の民生の中央運動公園及び中央体育館・陸上競技場。これは建設もあるんだけども、どっちでもいいです。 もっと読む
2019-03-22 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会−03月22日-08号 ○議長(町田博喜) 次に、教育こども常任委員長 花岡ゆたか議員。 ◆23番(花岡ゆたか) 教育こども常任委員長報告。   もっと読む
2019-03-13 西宮市議会 平成31年 3月13日予算特別委員会教育こども分科会−03月13日-01号 あと、教科等の面におきましては、これからの世界を見詰めまして、プログラミングであるとか英語・外国語活動であるとか、そのあたりにつきましても小中合同して特徴的なプログラム、教育課程を組んでいきたいと。前倒しという意味ではございません。きちんとした教育がなされるような先進的なものについてつくっていきたいというように思っているところでございます。  以上でございます。 もっと読む
2019-03-08 西宮市議会 平成31年 3月 8日建設常任委員会-03月08日-01号 学校教育法の一部を改正する法律により専門職大学が新設されたことに伴い、水道布設工事等技術監督者及び水道技術管理者の資格要件に、専門職大学の卒業者及び同大学前期課程の修了者を含めることになったため、所要の規定の整備を行うものでございます。  二つ目が、技術士法施行規則の改正に伴う改正でございます。   もっと読む
2019-03-07 西宮市議会 平成31年 3月 7日教育こども常任委員会-03月07日-01号 通常の教育課程との大きな違い、これは想定はしておりません。  続きまして、小学校も制服を着るのか、制服を何度も買いかえることになるのか、経済的な心配はないのかという御質問、これはまとめてお答えをさせていただきます。全て教育課程にかかわる部分でございます。学校がPTAとともに現在検討を始めているところでございます。  続きまして、校長が1人になるのか。なります。先生が減るのか。減りません。 もっと読む
2019-03-05 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-03月05日-07号 まず一つ、小中一貫校――義務教育学校の制度に係る問題ですが、義務教育学校では、教育課程の特例の活用が可能になるということだと理解していますが、この教育課程の特例の活用ということを小中一貫校になれば申請をしなくても可能になるというふうに理解しています。 もっと読む
2019-03-04 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-03月04日-06号 教育次長(山本英男) 4番目の学校園等についての御質問にお答えいたします。  まず、教職員の負担の実態についてですが、教育委員会が本年度から実施している超過勤務時間の実態調査によって、教職員に大きな負担があるとの認識をしております。この実態を踏まえ、教育委員会といたしましては、勤務時間の上限に関する方針を策定し、教職員の負担軽減を図ってまいります。   もっと読む
2019-02-27 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-02月27日-03号 次に、幼児教育無償化についてです。  2018年12月28日、幼児教育・高等教育無償化等に係る関係閣僚による会合が開催され、幼児教育・高等教育無償化の制度の具体化に向けた方針が決定され、無償化は2019年10月実施とされました。  去る2月7日、教育こども常任委員会で幼児教育の無償化に関する勉強会が開催され、参加しました。 もっと読む
2019-02-26 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-02月26日-02号 このような状況下では、安易に統廃合を考えるのではなく、学校が各地域のコミュニティーの核という性格を有することから、平成27年に通知された小中一貫教育制度の導入に係る学校教育法等の一部を改正する法律を受け、小中一貫校としての義務教育学校を西宮浜の小・中学校に導入するとしたところです。 もっと読む
2019-02-26 篠山市議会 平成31年第119回定例会(第1号 2月26日) 当委員会では、閉会中に、①小学校における英語教育について、②篠山城下町家(旧今村住宅)の利活用についてをテーマに、所管事務調査を行いましたので、御報告申し上げます。  まず初めに、小学校における英語教育についてです。   もっと読む
2019-02-20 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会−02月20日-01号 幼児教育の無償化については、10月からの制度開始に向けて、国の動向を注視しながら、着実に準備を進めてまいります。この幼児教育の無償化については、子育てに関する費用面での負担軽減という議論が中心となっておりますが、同時に重視すべきは、就学前の子供を安心して預けられる環境の整備と質の高い就学前教育・保育の提供です。 もっと読む
2019-02-13 西宮市議会 平成31年 2月13日議会運営委員会-02月13日-01号 11番の認定こども園の認定等の要件を定める条例の制定は、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の改正に伴い、認定こども園の認定等の要件を定めるものでございます。  12番の西宮市立学校条例の一部改正は、第1義務教育学校を新設するものでございます。   もっと読む
2019-01-28 西宮市議会 平成31年 1月28日教育こども常任委員会-01月28日-01号 最初は合同で行事を実施することにより小中連携教育が進められておりましたが、平成23年度からは市教委の指定の小中一貫教育モデル校として、9年間を見通した教育課程の編成並びに指導方法などの研究を行うことにより、小中連携教育から小中一貫教育へと大きくかじを切っております。その具体的な取り組みや経緯につきましては、11ページ、12ページ、13ページのほうで御確認ください。   もっと読む
2018-12-19 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第6日12月19日) 次に、議案第71号 淡路市廃棄物の処理及び清掃に関する条例及び淡路市放課後児童健全育成事業の設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例制定の件でありますが、平成31年4月1日から学校教育法が改正され、専門職業人の養成を目的とする新たな高等教育機関として専門職大学が制度化され、課程に応じ、文部科学大臣が定める学位を授与されるものであります。   もっと読む
2018-12-19 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月19日-05号 委員会において、義務教育課程を修了した者のうち、不登校などを理由に義務教育を十分に受けることができなかった者はどのくらいいるのか。  また、不登校の子どもたちに教育委員会はどのような対応を行っているのか、との質問がなされました。   もっと読む
2018-12-14 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第4日12月14日) 次に、義務教育9年間を見通した教育として、小中学校相互が連携し、段差のない教育を実現するために、運動会や文化祭などの学校行事での相互交流、相互参加を実施しております。  子供たちは互いの学校の様子を知り安心感を得るとともに、教師はそれぞれの教育手法の交流を行っています。 もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) 全国の公立小・中学校、いわゆる義務教育学校、それから中等教育学校前期課程を含む2万9,006校のうち避難所に指定されている学校数は2万7,768校で、95.7%となっており、この中で停電時の電力確保ができているのは53.1%、これは可搬発電機を含む自家発電設備や災害時に使用可能な太陽光発電施設、蓄電池のほか、民間事業者との協定などにより発電機を優先的に使用できる学校を含み、これが53.1%。 もっと読む
2018-12-10 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月10日-04号 ○副議長(保田憲司) 教育委員会事務局、佐藤学校教育部長。 ◎教育委員会事務局学校教育部長(佐藤幸宏) (登壇)私からは、SDGsの副教材をどのように活用されるのかについての御質問にお答えいたします。  持続可能な開発目標SDGsの副教材は、日本ユニセフ協会と外務省が制作し、主として、中学校公民分野の学習において活用することを目的に、中学校3年生全員に本年10月に配布されたところです。 もっと読む
2018-12-07 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月07日-03号 ○副議長(保田憲司) 教育委員会事務局佐藤学校教育部長。 ◎教育委員会事務局学校教育部長(佐藤幸宏) (登壇)私から、朝食抜きの子供が多いこと、公立幼稚園の応募状況と今後の教育のあり方、そしてスクールソーシャルワーカーの配置の3つの御質問にお答えいたします。   もっと読む