運営者 Bitlet 姉妹サービス
4695件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) こういった需要も見ながら、いろいろな手段を検討していきたいなというふうには考えているところでございます。 ○(福本 巧議長)  10番 片岡議員。 ○10番(片岡 格議員)  このバスの計画は、確かに市内の観光地をめぐる周遊バスの運行として、計画としては非常にいいと思うんですけれど、ただ、準備不足ではなかったかということが否めない事実だと思います。 もっと読む
2018-12-10 姫路市議会 平成30年12月10日総務委員会−12月10日-01号 ◎答   福祉施設とは、高齢者が救急搬送されたときの対応等の調整は行っているが、火災についても、福祉施設の業者とも連携しながら、説明会などを実施していくようにしたい。 ◆要望   消防の再任用職員は、比較的厳しい勤務のところに配属される状況がある。定年まで長年苦労されてきたことから、再任用時の配置については、人事当局とも相談して配慮してもらいたい。 もっと読む
2018-12-06 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 6日) また、異常な猛暑日が長期間続き、各地において熱中症による救急搬送が急増するなど、消防活動に対するニーズが高まっています。赤穂市においては、幸いにも、今年は大きな災害に見舞われませんでした。しかし、いつどこで発生するかもしれない自然災害や火災・救急を含めた赤穂市の防災体制を万全に備えておく必要があります。  赤穂市における防災体制は、赤穂市消防本部を中心にとられています。 もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 今後も、防犯灯整備需要を見込んだ資金計画を立て、持続可能な制度となるように検討を進めてまいります。  また、制度の利用を高めていけるよう、引き続き、連合自治会への説明、全自治会長への案内や自治会活動便利帳の配布、市ホームページの掲載のほか、各種広報メディアの活用など多様な機会を通じて、きめ細やかに一層効果的な周知を図っていきたいと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 加えて、北駅前広場等の整備基盤の完成により新たな商業施設が集積するとともに、コアゾーンにおきましては、民間投資により、既存施設との競合に配慮しながら従来の姫路にはない新たな都市機能を誘導することによって、消費流出の抑制と新規需要の創出等による地域経済の活性化に努めてきたところでございます。  以上でございます。 ○今里朱美 議長   32番 伊藤大典議員。 もっと読む
2018-11-19 宝塚市議会 平成30年11月19日行財政改革調査特別委員会-11月19日-01号 結局、宝塚市にも建てれば一定の需要はあって、それを伊丹のホールを使うときに宝塚市民ですけれども、伊丹のホールを優先的にいついつ使いたいということを連携するということですか。 もっと読む
2018-10-18 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月18日) そこで、また質問ですけれども、救急救命士、これ今現在、何人いますか。まずおるのかということと、それから1台の救急車に2人の救命士が搭乗すると、ちょっと聞いたわけですけれども、救急車の稼働可能台数から最大出動時の何人の救急救命士が必要となるのかというところをまずちょっとお聞きしたいと思います。   もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 救急安心センターこうべ」の設置につきましては,平成29年10月に,医療機関案内・救急医療相談に24時間365日対応させていただく救急安心センターこうべを消防局と合同で開設したところでございます。  2.看護大学の運営につきましては,平成31年4月の独立行政法人化に向けた検討・調査を実施させていただいたところでございます。   もっと読む
2018-10-03 姫路市議会 平成30年第3回定例会−10月03日-05号 以上が主たる内容でありますが、その他の要望事項といたしまして、新県立病院の整備に伴う周辺道路の渋滞・安全対策や同病院への救急ワークステーションの設置等については、現在、本市の各担当部署が警察や医療関係者と協議を行っているが、新県立病院に関する兵庫県との窓口は健康福祉局であることから、各担当部署と連携・協力して取り組まれたいことを要望いたしました。  以上のとおりであります。   もっと読む
2018-10-03 宝塚市議会 平成30年10月 3日文教生活常任委員会−10月03日-01号 地域の医療機関からの紹介患者の円滑な受け入れとともに、救急科を新設しまして、断らない救急を目標に、救急医療の推進を掲げておられます。また、がん医療の推進ということで、外科治療のほかに化学療法、それから本年度から始まりました放射線治療を通しまして、がん医療の高度医療を提供しているところでございます。こういう取り組みによりまして、公立病院としての役割を果たして、目指そうとしているところでございます。 もっと読む
2018-09-27 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−09月27日-03号 このため、ダイヤ改正で減となった2往復について、本年4月2日から7月5日までの期間限定で試験運行をし、地域の需要の確認を行いました。  試験運行の結果は、2往復で1日当たり5.5人の利用がありましたが、新規の利用客はほとんどなく、目標としていた1日当たりの利用には届かなかったことから、地域とも協議をし、通勤通学時間帯の増便は見送ることとしました。   もっと読む
2018-09-26 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-09月26日-02号 まず、宝塚市立病院の経営健全化についてのうち、地域医療調査研究業務の報告書につきましては、救急搬送データや国保・後期高齢レセプトデータなどから地域の医療需要調査や患者の動向調査などを行い、現状の分析と将来予測などから市立病院の今後のあり方を検討するための基礎資料とすることを目的としています。 もっと読む
2018-09-21 小野市議会 平成30年第413回定例会(第3日 9月21日) 次に、既に受給されている人たちの高額生活用品の購入や買いかえの場合はどうなるのかというご質問でございますが、家具・什器などの購入や買いかえといった通常予測されるような生活需要につきましては、保護の基準においても一時扶助の支給要件には該当しないこととなり、これらの対応は、保護世帯以外の家庭では、家計のやりくりや月賦等による翌月以降への繰り越しなどで対応されていることと同様に、被保護世帯においても、月々支給 もっと読む
2018-09-20 小野市議会 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日) しかしながら、一時的な利用を目的としているにもかかわらず、実態として、通勤・通学にJRを利用される方の利用で平日は常に早朝から満車状態となっており、近年JRの利用者が増加傾向にあることなどから、ますますその需要は高まることが予想されます。   もっと読む
2018-09-19 猪名川町議会 平成30年第391回定例会(第2号 9月19日) 通報から救急車到着までの所要時間は、全国平均8分30秒と言われています。救命率は1分ごとに10%下がるそうです。時間経過とともに蘇生率は著しく低下し、その場に居合わせた人による心臓マッサージやAEDなど、迅速で適切な応急手当てが大切です。 もっと読む
2018-09-18 姫路市議会 平成30年9月18日厚生分科会−09月18日-01号 ◆問   実際にどの程度の需要があって、制度として実現できるのかどうかをしっかり研究しなければ、タクシーの利用を求める声が、当該事業を持続可能なものにできるような要望なのかわからない。 もっと読む
2018-09-13 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第4号 9月13日) このような状況の中、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年以降は、国民の医療や介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。 もっと読む
2018-09-12 姫路市議会 平成30年第3回定例会-09月12日-04号 保健所のほうで健康プランを策定いたしておりますし、救急についても指針等必要な部分については策定をしておりますので、県の医療計画と整合性を図りながら、進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○今里朱美 議長   10番 苦瓜一成議員。 ◆苦瓜一成 議員   進んでいただきたいと思います。  次の項目に移ります。   もっと読む
2018-09-12 宝塚市議会 平成30年 9月12日産業建設常任委員会−09月12日-01号 未入札のところにつきましては、関電L&Aは指揮車がメーンで救急車は弱いというふうなことで今回については参加しなかったと。キンパイ商事さんにつきましては、救助工作車がメーンで、救急車は取り扱いできるのですけれども専門外ですというふうなことで、今回については辞退させていただいたと。スナミさんにつきましては、消防車がメーンで個々の取り扱いでいけるのですけれども、今回については辞退と。 もっと読む
2018-09-12 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第3日 9月12日) 無償化による課題ということでございますが、昨日も答弁させていただいたところですが、本市におきましては、既に4・5歳児がおおむね保育所、認定こども園、幼稚園のいずれかに就園している状況であり、そのことを前提にしまして平成31年10月からの無償化が実現しますと、保護者の経済的負担が軽減されまして、新たな保育需要が喚起される可能性がございます。 もっと読む