5389件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

1総括といたしまして,本市は全国に先駆けた昭和47年の人間環境都市宣言以来,環境問題を市政の重点施策の1つとして取り組んでおり,地球温暖化対策を初めとする持続可能社会の実現に向け,先駆的環境技術や水素など多様エネルギーの活用,省エネルギーの推進,ごみの減量や資源化,神戸の豊か自然環境や健全快適都市環境の保全などに取り組んでまいりました。  

洲本市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3日 6月26日)

学校から保護者に情報を伝える際には、その情報の中身により、各学校に登録されております全ての児童生徒の保護者に一斉に情報を送ることや学年、学級ごとに情報を送ることも可能となっております。  中学校におきましては、部活動ごとに送ることも可能あり、あんしんネットを有効に活用した情報共有体制を整えております。  

洲本市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2日 6月25日)

○14番(木戸隆一郎議員)  さて、設置をされている、使用については訓練をされているということ、最も使用される可能性が高い窓口を中心に、あるいは新入職員を中心にということで答弁いただきましたが、先ほど教育長のほうからは、小学校、中学校が休日あったりとか閉まっているときは職員がいないと難しいという答弁もありましたけれども、公共施設が閉まっているとき、あるいは休日などでAEDが使用できないという可能

加古川市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第4号 6月19日)

他市町で実施されている高齢者に対するさまざま支援策を参考にして取り組むことが必要ある」との採択を求める意見や、「高齢者だけなく、全ての市民が活用できる地域公共交通施策とすることが重要ある」「70歳以上の方へ一律に交付することは、財政的負担が非常に大きく賛同できない」「地域によって交通の利便性に格差があるため、一律に交付することは、公平性に著しく欠ける」との不採択を求める意見がありました。

伊丹市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会-06月13日-05号

次に、家庭系の燃やすごみの組成調査の結果についてございますが、平成30年度に実施した組成調査では、台所ごみなどの燃やすごみが約47%、資源化可能紙類が12.5%、食品廃棄物が約40%でした。  資源化可能紙類は平成25年度に実施した組成調査結果24%と比べ、市民の分別意識の向上や資源物の集団回収の推進などにより、良好結果となっております。  

加古川市議会 2019-06-10 令和元年第1回定例会(第3号 6月10日)

持続可能公共交通の構築には、利用者ニーズの把握は重要あると考えますが、地域のニーズの把握や収集はどのように進めているのか、お聞かせください。  最後に小項目3、「公共交通の導入について」お聞きします。  最初に、今後の考え方としてデマンド型による輸送手段の導入についてはどうか。  また、多様移動ニーズに応えるため、タクシー補助券の導入についての検討はされているのかどうか。

伊丹市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会−06月10日-04号

本市における母子家庭等医療費助成の所得制限の緩和に対する考え方についてございますが、本制度は兵庫県との共同事業あり、受給要件、助成額等につきましても、基本的には県の制度をベースとして実施しているところございます。また、将来にわたって持続可能安定した制度あることが基本と考えており、その拡充の検討には安定した財源の確保が不可欠ございます。

加古川市議会 2019-05-21 令和元年建設経済常任委員会( 5月21日)

○稲次誠委員   フォローについては、事業が協働のまちづくり市民会議から一旦切り離されるわけですが、その中で、結局は市が継続性、持続性を判断しないといけないと思います。かかわった市民がいる中で、必要に応じて切るという選択も含まれると思いますが、切ることができるのかということ、しっかりとフォローしてもらいたいと思います。

高砂市議会 2019-05-20 令和元年 5月臨時会(第 1日 5月20日)

休憩中にもご議論いただきましたように、じゃあ低木ということで数値を置きかえて、ここに示してはいかがやったのかというようことはございますが、具体的施策につきましては、配る木によって大きさも変わってき、また、樹形についても調査して変えていくというようこと、数値は変えることは可能ですが、あくまで市としてはこういったこと、まちづくり部の施策の中で緑を確保していく目標というふうところで示した3月議会

西脇市議会 2019-05-16 令和元年総務産業常任委員会( 5月16日)

今後は、2件程度、分譲していければという思いはあるんですけれども、ことしの特に10月にまた消費税の税率の引き上げを予定どおり行われる可能性があるということ、そうなれば、さらに需要が冷え込む可能性があるということもございますので、そのあたりの状況を見ながら、今後の販売状況がもし芳しくないという状況になりましたら、価格面なども含めまして、販売計画のあり方について変えていかないといけないかなと考えております

伊丹市議会 2019-05-16 令和元年第2回臨時会−05月16日-01号

初めに、議員の出欠席について申しますが、本日は全員出席あります。 △「仮議席の指定」 ○臨時議長(新内竜一郎) この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。  仮議席は、ただいま御着席の議席と指定いたします。  次に、本日の議事日程については、お手元に配付しておりますとおりございます。  

西脇市議会 2019-05-15 令和元年文教民生常任委員会( 5月15日)

続きまして、74ページからの環境課ございます。業務の概要ございますが、持続可能循環型社会を築き、豊か自然環境を守り育てるとともに、生活環境の保全に努めるため、太陽光エネルギーなど再生可能エネルギーの普及啓発や公害防止、保健衛生、環境美化、苦情対応など市民の身近生活環境の保全に至るまで環境政策全般にわたる業務を担当いたしております。  

加古川市議会 2019-04-18 平成31年福祉環境常任委員会( 4月18日)

一番上で言うと計画が140床、平成30年度の選定数が29床、平成31年度は111床という極端感じですが、見込み的にこういうものが現状可能と思われているのかどうかを確認したいと思います。 ○笠原介護保険課副課長   ご質問のありました0床の公募についてですが、確かに同じく公募しているので、相手方の新規参入が非常に少なくなっているよう実態を窓口でも感じています。

淡路市議会 2019-03-28 平成31年第77回定例会(第6日 3月28日)

本市でも、合併から15年という節目の年を迎え、新たステージ、新た時代にふさわしいまちづくりを行うことが重要あると考えます。  そういう観点から、平成31年度一般会計予算について、重要となる持続可能財政運営と、市の将来を担う主要施策について意見を述べさせていただきます。  

宝塚市議会 2019-03-27 平成31年第 1回定例会−03月27日-04号

請願の趣旨は、1、市民が集い、交流し、楽しむ「場」、2、市外の人々が訪れ、交流をし、楽しむ「場」、3、災害などのときに、市民が安心して避難する「場」の3つの役割を持った宝塚タウンホールの建設を求めるというもの、請願の項目として、1、宝塚タウンホール(仮称)の建設の可能性について、あらゆる分野で検討を行う宝塚タウンホール建設検討委員会(仮称)を早期に設置すること。

豊岡市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第6日 3月26日)

本案は、平成31年度豊岡市一般会計予算あり、歳入歳出予算、債務負担行為、地方債、一時借入金及び歳出予算の流用あります。  各分科会長報告をもとに慎重に審査を行う中で、一部委員より反対の立場から、個人市民税、法人市民税、固定資産税の超過課税はやめるべきある。  とりわけ、個人市民税に対する超過課税は全国唯一あり、決して裕福はない豊岡市民に、さらに課税することは酷ことある。  

加古川市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第7号 3月26日)

環境関係においては、ごみ減量に関して、目標の20%削減は達成しており、評価できますが、これは広域ごみ処理施設稼働に向けた目標あり、今後は持続可能、国レベルの地球温暖化対策に向け、さらなる努力をお願いします。  地域振興関係においては、人口流出に歯どめをかけ、移住、定住を促進し、人材確保のための雇用促進・就職支援事業をさらに充実させるとともに、関係人口増加の取り組みも推進していただきたい。