運営者 Bitlet 姉妹サービス
5782件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月21日-06号 次に、議案第122号、伊丹市昆虫館の指定管理者の指定についてありますが、利用料金制導入の効果と入館料値上げの可能性が問われたほか、事業等収入の見込み額とその増加策がただされ、本案は原案どおり可とすべきものと決しました。   もっと読む
2018-12-14 伊丹市議会 平成30年12月14日文教福祉常任委員協議会-12月14日-01号 この課題につきましては、持続的運営が可能経営的視点と、高度急性期医療を提供する機能的視点から考慮すると、基幹病院機能としては、500から600床規模の病院が望ましい。一方で、別途、圏域内における回復期病床のあり方についても検討する必要があるとしております。  次に、めくっていただいて、26ページからが4つ目の課題、最適立地場所の検討についてございます。その右側の27ページをごらんください。 もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) その上に高校生までの医療費の完全無料化を行うということにつきましては財政的負担が大きく、一度無料化を行いますと基本的には後戻りできないということになりますので、慎重にならざるを得ない状況ございます。持続可能制度としていくことが重要あるというふうに考えてございます。  以上です。 ○(福本 巧議長)  2番 近藤議員。 もっと読む
2018-12-11 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月11日-05号 伊丹市では、総合計画を条例に規定した以上、策定しなければなりませんし、何よりも総合計画に基づく市政経営を行うからこそ、的確将来展望を見越した上での持続可能地域をつくり出すようにしなければなりません。総合計画を核とした行政経営を行っていくこと、人口減少時代、経済安定成長時代における安定的、効率的、効果的政策を提供できるようにしていかなくてはなりません。   もっと読む
2018-12-10 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月10日-04号 まず、1点目、SDGs、持続可能開発目標について、SDGsとは、2015年9月の国連サミット、全国連加盟国193カ国において、先進国と開発途上国がともに取り組むべき国際社会全体の普遍的目標として、「持続可能開発のための2030アジェンダ」が上げられ、採択されました。17の目標と169のターゲットで取り組みが構成され、2016年から2030年までの15年間の開発目標となっております。 もっと読む
2018-12-07 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月 7日) ○番外地域活性化推進担当部長(西浦万次君) 市長の御答弁でも、検討させていただくというふうにお答えしたはずございます。議員からいただいたのは、確かに、そのアイデアといいますか、そうしたらどうという御提案んですね。それを具体的にどういうふう運用していくのか、何人の枠のか、幾らぐらいのか、応募なかったときにどう考えるかみたい、そういうさまざま要素を詰める必要がございます。 もっと読む
2018-12-07 姫路市議会 平成30年12月7日厚生委員会−12月07日-01号 ◎答   市民局としては、地域活動の場の充実、人口減少対策、持続自治会活動への支援などにどのように取り組むかということについて断続的に関係部署と相談している。他都市においても、コミュニティセンターは、地域活動拠点としていろいろ形で利用されている。そういうことを十分に研究しながら、コミュニティ支援に係る施策について検討してきた。  その中で、昨年「地域活動の場の在り方検討会議」に取り組んもっと読む
2018-12-07 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月07日-03号 2018年の国連環境計画では、我が国の使い捨てプラスチックの容器包装廃棄量は世界で2番目に多いことが示されており、これらを解決するため、本戦略では、無駄に使われている資源を徹底的に減らすとともに、ププラスチック製の容器包装や製品の原料を再生材や紙などの再生可能資源に適切に切りかえた上で、持続可能形で適正分別を促進し、循環利用を図るとされています。   もっと読む
2018-12-06 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第3号12月 6日) これも、県のモデル校ので可能と思うんですけれども、そういうさまざま講師もいらっしゃいますので、協力しながらお願いしたい。  その中で一つ、答弁の中で出てこなかったんですが、各学校に養護教員がいらっしゃいますよね。 もっと読む
2018-12-05 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第2号12月 5日) 今後、市役所内の再配置の計画の中で、可能限り市民の窓口になるようものを集約化させていきたいと考えております。 ○議長(原田幸廣)   織田正樹議員。 もっと読む
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 また、応募者が利便性の高い住宅へ集中していることから、本市もできる限り需要の多い住宅で、比較的安い費用で改修が可能住戸を選定し、少しでも多くの方に市営住宅を供給できるよう努めているところございます。   もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 今後も、防犯灯整備需要を見込ん資金計画を立て、持続可能制度となるように検討を進めてまいります。  また、制度の利用を高めていけるよう、引き続き、連合自治会への説明、全自治会長への案内や自治会活動便利帳の配布、市ホームページの掲載のほか、各種広報メディアの活用など多様機会を通じて、きめ細やかに一層効果的周知を図っていきたいと考えております。  以上ございます。 もっと読む
2018-12-04 上郡町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月 4日) 町としましては、引き続き財政規律を遵守した持続可能財政基盤を堅持しつつ、教育、福祉、子育てなど町民生活を支える基礎的行政サービスの確保と当町が目指す将来像「豊か自然に恵まれ、元気人情味あふれる、安全安心住みよい町」の実現に向けた施策に積極的に取り組んでいきたいと考えておりますので、議員各位の御理解と御協力を心よりお願い申し上げます。   もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 昨年9月に京都大学と日立製作所の共同研究チーム、日立京大ラボがAIを活用した重要研究の成果を発表しました。少子高齢化や人口減少、産業構造の変化が進む中、どのようにすれば人々の暮らしや地域の持続可能性を保つことができるのかという研究です。 もっと読む
2018-11-19 宝塚市議会 平成30年11月19日行財政改革調査特別委員会-11月19日-01号 まず、財政見通しにおける収支不足の対応を一番に掲げておりますが、健全で持続可能財政運営を目指すために、これまでも行財政改革に取り組んでまいりましたし、まだまだ課題はありますので、これに対しては不退転の決意でやっていくということで対応方針をこの行革委員会にお示しすることをお約束いたしました。   もっと読む
2018-11-09 伊丹市議会 平成30年11月9日都市企業常任委員協議会−11月09日-01号 観光物産事業の発展のため、現行の伊丹市観光物産協会事業を再編いたしまして、持続可能組織体制を確立しようとするものございます。  詳細につきましては、それぞれの担当のほうから御説明いたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。      もっと読む
2018-10-23 神戸市議会 開催日:2018-10-23 平成30年総務財政委員会 本文 現在,本庁舎3号館の屋上に庁舎の空調用冷却塔あるクーリングタワーを設置しております。このクーリングタワーにつきましては,3号館解体前に機能移転を実施する必要がありますが,庁舎敷地内で設置可能適地が花時計エリアにしかないことから,このエリアに新たクーリングタワーを設置することといたします。 もっと読む
2018-10-09 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−10月09日-09号 今後は市民の意識が駐輪マナーを守る方向へと変化し事業の定着段階となることから、今後の事業の進め方については、効果が持続し、効果的事業実施となるよう、丁寧に御検討いただけるよう要望いたします。   もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 ですのでそういったことは我々のほうは今から引き続き住宅都市局との協議の中で,例えば仮に向こうができるというケースあれば,そういったことも可能かと思ってございます。   もっと読む
2018-10-03 姫路市議会 平成30年第3回定例会−10月03日-05号 来年の夏までに対象教室すべてに整備することは困難あるが、できるだけ早急に対応したいと考えている、とのことありました。  本委員会といたしましては、国の動向を注視しつつ、国の予算措置に合わせた対応を行い、子どもたちのためにも、可能限り早期の整備に向けて取り組まれたいことを要望いたしました。  第2点は、姫路市立小中学校適正規模・適正配置審議会についてあります。   もっと読む