248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊岡市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第6日 3月26日)

号議案 平成31年度豊岡国民健康保険事業特別会計(事業勘定)予算      第34号議案 平成31年度豊岡国民健康保険事業特別会計(直診勘定)予算      第35号議案 平成31年度豊岡後期高齢者医療事業特別会計予算      第36号議案 平成31年度豊岡介護保険事業特別会計予算      第37号議案 平成31年度豊岡診療所事業特別会計予算      第38号議案 平成31年度豊岡霊苑事業特別会計予算

伊丹市議会 2019-03-13 平成31年一般会計予算等審査特別委員会−03月13日-01号

一方で、じゃ、自衛隊員の募集にどこまで伊丹として協力するかというお話でありますけども、これ、私、伊丹市長として自衛隊の存在が伊丹の安全安心にも必要だとなっております。一方で、個人情報の問題でもありますから、この法律上、あるいは伊丹の条例上、許された範囲内で協力するということになろうかと思います。

伊丹市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会−03月08日-08号

    議案第 13 号  平成31年度伊丹国民健康保険事業特別会計予算     議案第 14 号  平成31年度伊丹後期高齢者医療事業特別会計予算     議案第 15 号  平成31年度伊丹介護保険事業特別会計予算     議案第 16 号  平成31年度伊丹中小企業勤労者福祉共済事業特別会計予算     議案第 17 号  平成31年度伊丹農業共済事業特別会計予算     議案第

豊岡市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日 2月22日)

号議案 豊岡防災会議条例の一部を改正する条例制定について      第11号議案 豊岡国民保護協議会条例の一部を改正する条例制定について      第12号議案 豊岡職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条            例制定について      第13号議案 豊岡職員の自己啓発等休業に関する条例及び豊岡職員の大学            院派遣研修費用の償還に関する条例

豊岡市議会 2018-12-13 平成30年第5回定例会(第5日12月13日)

 平成30年度豊岡診療所事業特別会計補正予算(第3号)      第 134号議案 平成30年度豊岡水道事業会計補正予算(第3号)      第 135号議案 平成30年度豊岡下水道事業会計補正予算(第2号)      第 136号議案 平成30年度豊岡農業共済事業特別会計補正予算(第2号)         ───────────────────────────────                    

豊岡市議会 2018-12-12 平成30年第5回定例会(第4日12月12日)

やっぱり何度も申し上げるように、豊岡は先端を走ってるわけです。トップランナーとして行かなあかんという使命もありますし役割もあると思いますので、ぜひそれに向けて取り組みをお願いしたいなと思います。  千葉県のいすみ、市長はご存じかもわかりませんけども、いすみという3万8,000人ほどのがございます。

豊岡市議会 2018-12-11 平成30年第5回定例会(第3日12月11日)

○総務部長(成田 寿道) 先ほど申し上げました160数時間の時間外の勤務につきましては、特徴的な部分としましては、海外出張で職員が出かけて業務をしているという中での時間外が増加しているという状況にはございます。  

豊岡市議会 2018-12-10 平成30年第5回定例会(第2日12月10日)

としましても、早期の着手に向け、用地買収が促進されるよう、協力しながら取り組んでいきたいと考えております。以上でございます。 ○議長(関貫久仁郎) 総務部長。 ○総務部長(成田 寿道) 私からは、公用車の事故防止の関係についてお答えいたします。  ドライブレコーダーの設置につきましては、全ての公用車のフロント部分に設置を完了しております。

小野市議会 2018-11-28 平成30年第414回定例会(第1日11月28日)

の管理に係る指定管理者の指定について  議案第63号 小野都市公園の管理に係る指定管理者の指定について  議案第64号 小野公園の管理に係る指定管理者の指定について  議案第65号 小野伝統産業会館の管理に係る指定管理者の指定について  議案第66号 小野市立鴨池休憩所の管理に係る指定管理者の指定について  議案第67号 小野白雲谷温泉ゆぴかの管理に係る指定管理者の指定について  議案第68

神戸市議会 2018-10-04 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第3分科会〔29年度決算〕(経済観光局) 本文

(2)国内観光プロモーション,1)島&都市デュアル事業の実施では,芦屋・淡路・洲本との合同プロモーション──島&都市デュアルを実施し,首都圏や関西圏からの交流人口拡大を図りました。  2)広域プロモーションの実施では,JRと連携した神戸・姫路プロモーション等,近畿圏だけでなく関東圏や中国・四国圏といった広域からの集客を促進するためのプロモーションを展開しました。  

豊岡市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第5日 9月13日)

県との関係についてお尋ねをいただきました。(「マイク、マイク」と呼ぶ者あり)  この専門職大学は豊岡から提案をし、そしてコンサルをの側で採用して、委託をして、そしていろんなニーズについての調査を、言うなれば県に肩がわりするような形であるいは川目さんを初めの職員を県に派遣をするようにして促しながら設置が決まったということでございます。  

豊岡市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日 9月11日)

○総務部長(成田 寿道) 今、議員のおっしゃいました、スマホ等で穴ぼこ等があれば連絡するということにつきましては、一度実験的に取り組みを行いましたけれども、その件数が余り多くないと、ほとんど活用されてないというような状況で、実験を取りやめて、その後は行っていないという状況でございます。 ○議長(嶋﨑 宏之) 都市整備部長。

豊岡市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日 9月10日)

○総務部長(成田 寿道) 私からは、障害者雇用の関係についてともう1件、答弁させていただきます。  豊岡の平成30年度の障害者の雇用人数は、法定障害者数の算定基準日であります6月1日現在で、市長事務部局等で16人、教育委員会で9人の計25人でございます。

伊丹市議会 2018-07-13 平成30年7月13日飛行場問題対策特別委員会-07月13日-01号

本日は、ただいま委員長からお話ありましたように、平成30年度の大阪国際空港周辺都市対策協議会、いわゆる10協の運動方針(案)について、御報告、御説明させていただきたいと思います。  この10協、1964年に設立以来ということでありますので、半世紀以上にわたる歴史、活動を積み重ねてまいりました。

豊岡市議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第5日 3月 8日)

今後も引き続き、国、県の支援を受けながら、住民、事業者、が一体となり取り組んでまいります。以上です。 ○議長(嶋﨑 宏之) 総務部長。 ○総務部長(成田 寿道) 私のほうからは、働き方改革に関する件につきまして、ご答弁させていただきます。  

宝塚市議会 2018-03-08 平成30年度予算特別委員会-03月08日-01号

例えば、その中で他で会議録速報版というのを出しているがあります。それは結構たくさんの議会で出されているんですけれども、近隣だったら神戸ですとか、姫路、吹田なんかでも出されていますし、全国的には福岡や川崎や札幌やと、東京都内でも文京区、足立区、たくさんのところで取り入れられているんですね。  

豊岡市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第4日 3月 7日)

○総務部長(成田 寿道) 私のほうからは、ラジオ電波受信困難地域の解消対策についてお答え申し上げます。  のほうでは平成17年の合併以降、情報格差の是正に取り組んでまいりました。現在では、サービス利用を希望された全世帯でインターネットや携帯電話が利用できる環境が整っております。  ラジオの聴取につきましては、通信事業者の自主整備を基本としております。

豊岡市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第3日 3月 6日)

○総務部長(成田 寿道) 私のほうからは、任期つき職員の制度の関係についてご答弁いたします。  議員ご存じのように、任期つき職員の制度につきましては、専門的な知識や経験を有する人材を活用すること、あるいは一定期間に限った業務に従事する人材を確保するという意味で制度化されたものでございます。

豊岡市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第2日 3月 5日)

次に、豊岡が推進する循環型まちづくりの進捗状況についてお尋ねします。  豊岡は、自然と共生するまちづくりを進め、そのことが豊岡の魅力となり、特徴となっています。それを具体的に実現するためこれまで山林の荒廃を防ぎ、良好な地球環境を守ることにつながるペレットストーブの導入を決め、官民一体となって積極的に取り組んでまいりました。  

西宮市議会 2018-02-28 平成30年 3月(第12回)定例会-02月28日-02号

千葉県成田では、農業に介護プログラムの導入を行っており、収穫物を施設内の昼食として活用するほか、家庭に持ち帰って家族と一緒に食べることにより会話がふえるなど、家族との交流にもつながっています。また、島根県出雲では、障害者施設のNPO法人と連携し、この施設の障害者を施設外就労として受け入れています。