1027件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

東京都や愛知の基礎自治体のような、よほど裕福な自治体を除けば、どこの自治体も同じ条件です。  その中で、例えば、昨日投開票を行われて圧勝しましたけれども、明石市は独自の政策を行われています。そんな形で、高砂市がどこまで1割以下の中で工夫するのかがポイントだと考えています。  質問です。登市長は、今回の予算の中で何を市独自の新しく実施する政策としたのでしょうか。

西宮市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日予算特別委員会総務分科会−03月14日-01号

の被害想定、信頼性が揺らいでいないか、との協議はどのようになっているかということですが、のほうで被害想定を出す際には、当然、新たに変わるということになりますので、市のほうに照会があったりとか、これで問題がないか、そのような照会がありますので、必要に応じて随時協議を行っているところです。  

市川町議会 2019-03-12 平成31年第3回定例会(第2日 3月12日)

具体的に言いますと、東京都世田谷区で、世田谷区内に1万通、それから愛知の名古屋市の市内に5,000通を実施したということでございます。ふるさと納税は全国から申し込みをいただいているため、その効果につきましては定かではないとのことでございました。  当町でもリピーター確保対策として、昨年7月に暑中見舞い5,528通、ことし1月には年賀状4,500通を送付しております。

姫路市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会−03月06日-05号

との連携に係るこれまでの具体的な取り組みとしましては、毎年度、と市が交互に主催し、実施する市幹部連絡会議のほか、知事、地元選出会議員及び中播磨県民センター長への要望活動、また、中播磨県民センターが主催する地域政策懇話会、地域夢会議など、さまざまな場において、市長・知事間だけでなく、幹部職員相互の意見交換や交流の場を設けてまいりました。  

姫路市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会-03月01日-02号

そこで、現在、兵庫都市教育長協議会から教育委員会に対し、県立夜間中学の設置に向けた検討についての要望を行っているほか、本市から教育委員会に対し、兵庫全体での夜間中学に対するニーズ把握のための調査の実施についても要望を行っているところでございます。  

明石市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会 3月議会 (第3日 2月28日)

○議員(楠本美紀)    以前だったら感染症などが大流行したときのために基金が必要だとお聞きしていましたが、昨年から単位化になりまして、その必要がなくなったとお聞きしてたんです。のほうでそれは見てくれるので、市で感染症などの急な出費があっても、市でそれは負担することはなくなったというふうに説明を聞いてたんですけれど、その点はどうでしょうか。 ○議長(穐原成人)    永野市民生活局長。

川西市議会 2019-02-28 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月28日−03号

それと、幼児教育無償化に対する市の見解と保育料軽減事業の拡充状況についてでございます。  答弁の中では、保護者の負担軽減とか少子化への対応、これは有効であるというところで承知をしているということでございました。  が検討している保育料軽減事業の拡充状況についてもお答えいただきました。

淡路市議会 2018-12-19 平成30年第76回定例会(第6日12月19日)

市長は委員会の挨拶で、分離しない理由を、や近隣政令市の例などるる申した後に、中身によっていろんな違った判断もしなければという議論もあるが、それを言い出すと一般会計の予算もばらばらにやらんとあかんということになる。それは物理的に無理とおよそ暴論を言って説明を終えました。  

淡路市議会 2018-12-13 平成30年第76回定例会(第3日12月13日)

これは愛知尾張旭市が作成しているこども防災手帳です。小学生の1年生から3年生用、4年生から6年生用があります。  こども防災手帳を作成している自治体は多くありますが、いずれも完成版を配布するものですが、この尾張旭市のこども防災手帳は親子で対話し、一緒に考えながら作成していくのが特徴です。

豊岡市議会 2018-12-12 平成30年第5回定例会(第4日12月12日)

この間、愛知の日進市までご葬儀に行ってまいりました。大変ボートに人生全てをかけて、本当に私からすると尊敬する方であります。ボートと私を結びつけてくれたのもこの鎧塚最高顧問であります。鎧塚さんの意志を継ぐ意味でも、円山川にボートの振興をこれからも注いでいければというふうに思っています。

洲本市議会 2018-12-11 平成30年第7回定例会(第2日12月11日)

あと、耐震性貯水槽等を保有する学校で飲料水確保ができているのは、東京都が最も高く98.8%、最も低いのは長崎で17.6%、兵庫は71.2%というふうになっております。飲料水ということで、確保することは非常に大事なことかと思いますが、兵庫では、率的には71.2%ということになっております。  

伊丹市議会 2018-12-06 平成30年第6回定例会−12月06日-02号

一方で、新潟での事件などを背景として、現在のカメラ台数では通学路に死角ができてしまうことや、ごみの不法投棄など状況の変化に対応するため、カメラの設置台数をふやせないかといったお声が非常に強くなっているとともに、要望書として提出いただいている地域も複数ございます。

明石市議会 2018-12-06 平成30年第2回定例会12月議会 (第3日12月 6日)

とりわけ鳥取や和歌山などでは共同作成の団体もあるが、30%を超える策定率となっており、北海道や青森でも町村レベルで策定が進んでおります。ちなみに都道府県は全て策定済みです。あいにくですが兵庫県内では、阪神・淡路大震災を経験したにもかかわらず、兵庫と神戸市、芦屋市のみと3団体の制定にとどまっております。

加古川市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3号12月 6日)

このような現状から、少子化対策として、保育支援だけでなく、在宅育児手当を導入しているのが和歌山です。  和歌山は、在宅で第2子以降のゼロ歳児を育てている専業主婦(主夫)への経済的支援制度をスタート、市町村にもと同額の支援を上乗せするよう求めています。在宅育児給付金を受けるには、育児休業給付金を受給していないことや、保育所に入所させていない等の条件があります。

明石市議会 2018-12-05 平成30年第2回定例会12月議会 (第2日12月 5日)

都道府県別では、東京、千葉、埼玉、神奈川、愛知と続き、今後は全国に感染拡大が懸念されています。特に妊娠初期に風疹ウイルスの感染によって起こる先天性風疹症候群は、難聴、白内障、心臓病などの後遺症があり、生まれた子どもの人生に大変なリスクを負わせることになります。ご存じのとおり、流行拡大に対処するためには、早急に予防接種や抗体検査を実施し、抗体保有者をふやす取り組みが必要であります。

姫路市議会 2018-11-26 平成30年11月26日予算決算委員会−11月26日-01号

◎答   小中学校へのエアコンの設置については、事務的には以前から検討を進めてきたところであるが、実際のところは、今回、猛暑の中、愛知で子どもの事故が起こったことで、本市の検討も加速した。また、国の支援制度も加速度的に整備されてきたという中で、事業も急展開したと思っている。  教育委員会としては、9月議会においても、設置の方向でということで答弁させてもらった。

伊丹市議会 2018-10-26 平成30年10月26日文教福祉常任委員協議会-10月26日-01号

国・の動向を注視するとともに、伊丹市の関係する各福祉計画並びに兵庫社会福祉協議会ともリンクしながら、新たな課題、新たな視点で計画策定に臨みたいと考えております。社会福祉協議会が今後とも地域に密着した生活課題や福祉課題として対応する、この中核を担う社会福祉法人として信頼される協議体であり続けることができますよう、役職員一同、取り組んでまいりたいと考えております。

赤穂市議会 2018-10-11 平成30年決算特別委員会(10月11日)

○前田副委員長  の平均よりは、赤穂市少ないですけど、県下的には何位ぐらいにあるんですか。 ○前川委員長  西岐市民課長。 ○西岐市民課長  兵庫下では、その時点で14番目になっております。 ○前川委員長  前田副委員長。 ○前田副委員長  14番目ということは、市町合わせて14番目ですか。 ○前川委員長  西岐市民課長。 ○西岐市民課長  41市町の中でということでございます。