2324件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

猪名川町議会 2019-03-22 平成31年第393回定例会(第4号 3月22日)

全国に道の駅は1,145カ所ありますが、国において道の駅は、地方創生を具体的に実現していくための極めて有力な手段としており、国土交通省では、平成26年度より関係機関と連携して地方創生の核となる特にすぐれた企画を選定し、重点的に応援する重点道の駅の取り組みを実施しています。  

高砂市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第15日 3月19日)

○教育委員会教育部長(永安正彦君)  公民館とか、他の図書館との連携という部分でございます。  公民館との連携につきましては、公民館におきまして図書館の本を借りたり返したりということができるようにはなっておりますし、公民館にそうした図書システムの端末も備えておるところでございます。他の図書館の連携につきましても、貸し借りに関して連携しておるというところでございます。  

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

小学校における英語教育を行うにあたり、関連機関の連携についてお伺いをいたします。  高砂市らしい英語教育の実施にあたり、大学との連携や海外姉妹都市との連携は考えられていますでしょうか。小学校における外国語教育は、積極的なコミュニケーションをとることができる児童の育成をすることが目的とされています。  

たつの市議会 2019-03-14 平成31年第1回たつの市議会定例会(第3日 3月14日)

あと、公共建築物については、目標として延べ床面積の30%、これ、分からんこともないんですけども、結局は長寿命化であったり、運営の仕方、これを官民協働で財政面に最終的な目標を達成したところで、また8億円ほど残るんだというような数字が出ていますけども、面積だけにこだわるんじゃなしに、やはり今言うたように長寿命化であり、民間の運営とか、または廃止とか、いろんな方法で、面積にこだわり過ぎた数字じゃなしに、余

姫路市議会 2019-03-11 平成31年3月11日厚生分科会−03月11日-01号

◆問   地域活動の充実に向けた実証実験への支援事業については、各種交通機関やコンビニエンスストアなどの民間事業者と連携し、地域の利便性を高める取り組みを行うことで、地域活動の幅が広がると思うがどうか。 ◎答   各分野で多様な形の官民連携が進んでいる。民間における先進的な事例について、積極的にプロポーザルに応募してもらえるように取り組みたい。

西宮市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日建設常任委員会-03月08日-01号

このようなことから、3、今後の浄水場整備の方向性は、①広域化・官民連携の推進や、②災害・事故対策を推進することが必要です。安全な水を安定的に供給し、災害・事故時に最低限の飲料水を確保するために、今後も複数水源を維持し、応急給水拠点との連携など災害対応能力の向上も進めていきます。  

高砂市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会(第 8日 3月 8日)

今回の改正は、あくまでも官民連携の選択肢をふやすことであり、導入は各自治体の判断になります。水道法改正の主な柱は、計画的な施設更新を水道事業者の努力義務とする。市町村を超えた広域連携を容易にする。官民連携のコンセッション方式を導入しやすくするなど、今後の取り組みが焦点になります。市民の命を支える重要なインフラを今後どう守るのか、答弁を求めます。  

明石市議会 2019-03-08 平成31年新庁舎整備検討特別委員会( 3月 8日)

2の官民連携の検討でございますが、新庁舎の整備には、いずれの候補地におきましても120億円を超える事業費が必要となる旨をこれまで報告してきたところでございますが、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催による建設需要の高まりや、昨今の建設業における人手不足などの理由から、今後、さらに事業費が増加する可能性がございます。

豊岡市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3日 3月 5日)

都市計画マスタープランにおいては、日高地域の地域づくりの方針の中で、歴史、芸術、文化を生かしたにぎわいの創出として、豊岡市商工会館等の市街地内に立地する公共公益施設を活用し、官民一体となって新たな文化芸術の拠点形成に取り組むとともに、定住促進や地域振興に取り組みますと明記をいたしております。  

西宮市議会 2019-03-05 平成31年 3月(第17回)定例会-03月05日-07号

しかしながら、支所の有無にかかわらず、各地域にはそれぞれ特有の課題もあり、また、その課題は行政の組織を横断する事案も多く、課題解決に向けた地域と行政との連携強化が必要でございます。  身近な場所で地域住民が気兼ねなく相談できる行政の窓口があることは、地域との連携を強化し、地域活動の支援につながるものと考えております。

姫路市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会−03月05日-04号

連携中枢といいますか、周辺の市町との連携に発展させなければなりません。この課題へのご見解をお願いします。  次に、学校現場における状況と課題についてお聞きします。  1点目は、ある保護者の訴え─たらい回しの対応─についてお聞きします。  以下、少し長くなりますが、ある保護者の訴えを聞いてください。  私は小学3年、1年、3歳の娘がいる母親です。

姫路市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会−03月04日-03号

3点目に、連携中枢都市として周辺市町と連携協約を締結しさまざまな施策を推進している現状をかんがみれば、他市町との連携についても盛り込む必要があると考えますが、いかがでしょうか。  4点目に、条例では48人の審議員を選任することになっていますが、各種団体の長などのほか、どのような構成を考えているのかお聞かせください。  次に、連携中枢都市圏構想についてお聞きします。  

豊岡市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日 3月 4日)

構想を実現するため、これまで山林の荒廃を防ぎ、良好な地球環境を守ることにつながるペレットストーブの導入を決め、官民一体となって積極的に取り組んできました。しかし今後、経営的に有利な朝来バイオマス発電所を中心にするという新たな方針が説明されましたが、唐突な発表のように感じます。

姫路市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会-03月01日-02号

また、道路整備用地についても、臨海部の主要企業などでは可能な限りの用地提供等も検討されるとのことであり、改めて官民一体で取り組みを推進していかなければなりません。  それだけに、先ほどの好事例なども参考にして、我々地元の熱意を国に伝えていくことが早期実現に向けて最も重要であり、改めて本市がリーダーシップをとり、速やかに対応していかなければならないと考えます。  

西宮市議会 2019-02-28 平成31年 3月(第17回)定例会-02月28日-04号

まず、1点目、NPO法人全国女性シェルターネットの声明の中で、「関係機関は、DV虐待事案としての緊急対応を含む連携をとるべき」と指摘されています。そこで、現時点で西宮市はDV虐待事案に対してどのように連携強化をするべきと考えますか。既にできていること以上にできることがあるとすれば、何をするべきなのかをお答えください。  

西宮市議会 2019-02-27 平成31年 3月(第17回)定例会-02月27日-03号

また、プールの廃止によりできた跡地を地域活動の拠点とするなど施設の複合化を進め、学校と地域の連携強化に用いてはどうか。  三つ目で、続いて、「シニアもみんなも生き生きするやさしいまちづくり」の中から、「産業基盤の強化・育成の推進」について、その中で、官民連携について質問させていただきます。  産業基盤の強化・育成の推進については、官民連携が必要である。

猪名川町議会 2019-02-27 平成31年第393回定例会(第2号 2月27日)

早いもので、官民連携BTO方式による学校給食センター開設から5年が経過しようとしています。食の安全が叫ばれる昨今において、ドライシステムの厨房方式を備え、アレルギー最大1日80食対応、幼・小・中完全給食の申し分のない給食センター建設は、本町にとって本当によい決断であったと思っております。  

西宮市議会 2019-02-26 平成31年 3月(第17回)定例会-02月26日-02号

子供の育ちは連続しており、各校種は、子供の発達段階に応じたそれぞれの保育や教育活動に責任を持ち、さらに、子供の育ちや学びの責任を継承するという観点から、本市としては、従来から、学校段階の接続の円滑化が図られるよう工夫してきたところであり、幼保小連携、小中連携に取り組んできました。全市をブロックに分けて、ブロックごとの教育課題にも取り組んできたところです。