運営者 Bitlet 姉妹サービス
2629件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) 本市として県事業との連携や協力体制などはどうなっているのか、関係がないかお聞きします。 ○(福本 巧議長)  岡野産業振興部長。 ○(岡野秀則産業振興部長)  お答えさせていただきます。  現在、松くい虫被害対策として、県と連携して実施している事業はございませんが、地区保全森林として指定している大浜公園は県の補助を受け、薬剤の地上散布を実施しております。   もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) この電子申請については、兵庫県が行っている兵庫県電子申請共同運営システムがありまして、その中でも先ほどおっしゃられたような形での図書館であったりとか、それ以外についてもさまざまな面で連携を行うことによって電子申請が行えるというふうにもなっております。そういった兵庫県の共同運営システムとの連携は考えられるのでしょうか。   もっと読む
2018-12-10 姫路市議会 平成30年12月10日総務委員会−12月10日-01号 また、マイナンバーカードと図書館カードの一体化では、市内だけでなく、播磨連携中枢都市圏域で連携を進めているが、さらにその範囲を広げていきたいと思っている。 ◆問   マイナンバーカードと図書館カードの話は、今どこの市でも行っている。ふるさと・ひめじプラン2020の計画期間中に、特色ある市民サービスの展開として、新たな展開は考えているのか。 もっと読む
2018-12-07 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月 7日) 高齢化社会になれば、なるほど地域社会と密着な連携のもとに認知症患者や高齢者をサポーターしていかなければなりません。その地域に住まわれる人の見守りが大切ですが、マンパワーには限界があります。  そこで24時間見守る防犯カメラの設置のお考えはありませんか。平成28年に千種自治会は、団地内4カ所に防犯カメラを設置して、子どもや高齢者の見守りと防犯にも役立っています。 もっと読む
2018-12-07 加古川市議会 平成30年総務教育常任委員会(12月 7日) ○山本賢吾委員   附則の55歳を超える職員の給与月額の減額支給等については、平成30年3月31日で失効となりますが、改正後は、いわゆる官民格差がなくなったという理解で、置かないということでよろしいですか。 もっと読む
2018-12-07 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月07日-03号 次に、どのような機関と連携し、どのように問題を解決しているのかについてですが、家庭環境で支援が必要な場合は、本市のこども家庭課を通じて児童相談所、福祉事務所、主任・民生児童委員などと連携し、環境の改善を図っております。医療や保健で支援が必要な場合、保健所、健康福祉事務所、病院等医療機関と連携しております。 もっと読む
2018-12-07 姫路市議会 平成30年12月7日経済観光委員会−12月07日-01号 計画推進に当たっては、地域住民や関係団体が共通認識を持ち、それぞれの役割に応じて主体性を持って進めてもらうことが重要であり、行政としても地元住民の声をしっかりと聞きながら、関係部局と連携を図りつつ、当該地域の活性化に鋭意取り組んでいく。 もっと読む
2018-12-05 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第2号12月 5日) 一方で教育委員会におきましては、ユニット不登校対策会議を実施し、不登校対策についての小中連携や小小連携を推進しております。   もっと読む
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 また、そのためには、他業種間や企業規模の違う会社同士、また大学など学術分野などとの連携を図ることが重要でありますので、行政が中心となって、商工会議所や経営者協会などとも連携し進めていく必要があると考えますが、この産官学の連携についても当局のご所見をお聞かせください。  次に、ベンチャー企業や中小企業に対する支援についてお聞きします。   もっと読む
2018-12-04 上郡町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月 4日) ・庁内の事業連携であるが、現在当町が管理している一般廃棄物処分場では放流水の上流と下流で水質検査を行っているが問題は起きておらず連携の協議は行っていないが異常が確認されれば即座に連絡が入る。  2.上郡町の水道事業所では水道法に定められた水質検査を実施している。  ・毎日検査をするもの(残留塩素や濁り・色度・pH等)と定期的に日時や場所を決めて採取したものを業者に委託検査するものがある。   もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 その対策として、本市の良好な交通アクセスや暮らしやすい気候風土、生活にかかるコスト面でのメリット、先進的な技術を持つ企業の集積などの情報を、地元の若者や大都市等で暮らす若者に伝えること、また、広域的な観点からの職と住に関する播磨圏域の市町間連携、就職や定住を促進させる取り組みに関する、産官学金労言の各主体の連携を進めていくことが重要であると考えております。   もっと読む
2018-10-04 猪名川町議会 平成30年総務文教常任委員会(10月 4日) その下の道の駅機能拡充調査等負担金777万600円につきましては、地域創生の取り組みとして官民連携での道の駅いながわの機能拡充及び課題解消に向けた調査検討委託料に係る民間事業者2分の1の負担金を収入したものでございます。その下の総務課所管分でございますが、次のページ、46、47ページにかけまして、職員研修費や職員の福利厚生事業のほか、役場庁舎や普通財産などから生じる収入となってございます。 もっと読む
2018-09-28 伊丹市議会 平成30年一般会計決算審査特別委員会−09月28日-01号 それにつきまして、裁判官が積極的に訴訟指揮をなさいまして、平成29年の10月ごろに結果的には原告が訴えを取り下げて、通常の官民訴訟指揮によりまして通常の官民境界明示をすることによって、原告の土地と里道との境界を決めましょうということになり、訴訟が終わったということで、伊丹市の顧問弁護士に報酬を32万4000円支払ったのが一つ。   もっと読む
2018-09-28 加古川市議会 平成30年第4回定例会(第5号 9月28日) そして、幼稚園においては、児童の体調管理など安全面に配慮し、予算を講じながら国や県の取り組みの連携を期待し、予定しているメンテナンスつきリース方式を別途組むのか、直接施工で行うかを含め、必要に応じて議論を進め、前進していく必要を感じています。   もっと読む
2018-09-28 伊丹市議会 平成30年特別会計並びに企業会計決算審査特別委員会−09月28日-01号 ◆上原秀樹 委員  評価書の44ページの課題のところで、今の水道料金はどんどんどんどん増収ということではなくて、いろんな社会的条件によって、今、減っていっているんですけど、それをどうするかということで、ここに書いてあるのは、財源の確保、配管・施設のダウンサイジング規模、広域連携の可能性の検討が課題であるというふうに書かれているんですけども、これはどういうことですか。 もっと読む
2018-09-26 伊丹市議会 平成30年一般会計決算審査特別委員会−09月26日-01号 ◎都市活力部 これは昨年度から俳句4協会と俳句にかかわる自治体が連携して俳句をユネスコ、世界遺産のほうですね、文化遺産のほうに登録をしようということで、それで設立された協会でございまして、去年から立ち上げたということで、2万円ですね、させていただいております。   もっと読む
2018-09-26 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第4日 9月26日) このように、強制不妊手術は、官民挙げて推進し、医学界も積極的に協力して進められてきたと言われております。  このように、不良な子孫の出生を防止することを目的とし、精神疾患や遺伝性疾患などを理由に、強制的な不妊手術が行われてきました。障害者への差別や偏見を根底にした、子供を産むかどうかの選択を暴力的に奪う行為でありました。   もっと読む
2018-09-20 小野市議会 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日) 2点目、警察との情報共有や連携について。  現在、小野市では、高齢者の外出見守り事前登録届出制度として、お出かけ見守りQRコードシールの無料配布など、小野警察署と連携されています。認知症が疑われる高齢者の事故もここ数年問題となっており、国は2017年3月、75歳以上の高齢者に対し、臨時認知機能検査を新設しました。 もっと読む
2018-09-20 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−09月20日-06号 国も地方自治体のBPRの必要性を認識しており、経済財政運営と改革の基本方針2015において、BPRの手法を活用した業務改革モデルプロジェクトの実施による官民協力した優良事例の創出と全国展開を加速するとして、強力に推進していく方針を示しています。   もっと読む
2018-09-19 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−09月19日-05号 その検討課題の一項目として、自治体との連携が上げられております。今後台風21号対応検証委員会での議論に注視し、本市としましても、大規模停電時における関西電力との連携のあり方について、検討してまいります。 もっと読む