2921件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市川町議会 2019-03-27 平成31年第3回定例会(第3日 3月27日)

次に、歳出の主なものは、総務費、財産管理費は就業改善センター改修事業及び旧川辺東保育所解体事業の確定による委託料23万円と工事請負費557万3,000円の減額。ふるさと納税推進事業費は、決算見込みによるふるさと応援寄附金記念品の340万2,000円及びふるさと市川応援基金積立金996万円の増額。  そして民生費の部。

西宮市議会 2019-03-22 平成31年 3月(第17回)定例会−03月22日-08号

4点目、民設民営学童保育についてです。  留守家庭児童育成センター ――以下「学童保育」と言います――管理運営事業経費のうちの2,520万円の予算は、民間による放課後児童クラブを公募により選定し、補助金を支給するもので、民設民営による学童保育の新規事業であり、株式会社の参入も可能とするものです。当局の説明では、市費を投入するため、厚生労働省の規定と市の条例に基づいて運営されるとしています。

たつの市議会 2019-03-22 平成31年第1回たつの市議会定例会(第5日 3月22日)

次に、幼児教育課所管分について、委員から、私立保育所等保育士処遇改善事業について、処遇改善をする必要はあるのか、金額の根拠はどのように決めたのかとの質疑があり、当局からは、現在、私立保育所等では公立の1.5倍の子供を預かっていただいており、保育士の確保は重要な課題であると認識している。  保育士の年齢構成は、7年未満の20代の保育士が公立では30%を占め、私立では40%を占めている。

高砂市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第15日 3月19日)

また、放課後子どもプランと学童保育の運営とがしっかりと整合性をもって、希望する者全てが受けられるような体制になっているのか。という状況になっているかということをお聞かせください。 ○議長(今竹大祐君)  休憩いたします。                

西宮市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日予算特別委員会民生分科会-03月14日-01号

学校結核対策委員会と学童等腎臓検診審議会は、附属機関等の設置・運営についての指針に規定する会議の開催情報の公表に関する理解が不足していたとのことでした。  これらを踏まえ、引き続き、参画と協働の推進に関する条例及び附属機関等の設置・運営についての指針に沿った運営に努めるよう指導してまいります。  以上です。 ◆菅野雅一 委員   この項目については再質問します。  

西宮市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日予算特別委員会教育こども分科会−03月13日-01号

その下、物件費は、西宮浜小中一貫校の開校に向けた準備やインクルーシブ教育システム構築のための各種支援員等の配置などにより7,200万円の増額となっておりますが、その三つ下の補助費等は、保育補助員の廃止による報償費の減など、4,400万円の減額となっております。また、投資的経費につきましては69億4,200万円で、前年度に比べ、25億2,500万円、57.2%の増となっております。

高砂市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会(第 8日 3月 8日)

先ほどの支援員は、もともとが学童保育を運営するNPO、その中で実態を深刻に受けとめ、市のほうに申し入れていった。同じように問題意識をもっていた市の職員が、沖縄県での特別の補助金を活用して、取り組みが実現したということなんです。子どもたちは土日を家で過ごすと、満足に食事をとることも困難、さらには親と一緒に公園に遊びに行ったりするような習慣もない。

豊岡市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4日 3月 6日)

○教育次長(堂垣 真弓) 私からは、幼児教育無償化に伴う子育て支援の充実につきまして、まず、保育ニーズの増加に対する本市の体制構築についてお答えをいたします。  保育ニーズの高まりに伴い待機児童が増加傾向にある中、幼児教育無償化によりさらなる待機児童の増加が懸念されます。現在、待機児童の解消に向けて、待機児童の主な要因である保育士不足を緩和するために、保育士等確保推進事業を推進しています。

市川町議会 2019-03-05 平成31年第3回定例会(第1日 3月 5日)

町債は、庁舎駐車場等改修事業、地方交付税の振りかえ措置である臨時財政対策債、川辺保育所ほか解体事業(川辺保育所、子育て支援センター、甘地幼稚園)、甘地幼稚園外跡地舗装事業(甘地幼稚園、子育て支援センター跡地)、浄化槽放流水路改修事業、農地等保全管理事業(県営事業ほ場整備、ため池改修事業)、道路整備事業(道路修繕事業、道路改良事業)、消防施設整備事業(消防車両整備ほか)、学校教育施設等整備事業(甘地小及

稲美町議会 2019-03-04 平成31年第253回定例会(第2号 3月 4日)

②現在町内の各保育園でのゼロ歳から2歳児までの受け入れ状況はどのようになっていますか。また、各保育園の増築計画はどうなっていますか。  ③3歳児の受け入れ条件を満たした増築計画で、3歳児以上の園児が幼稚園か保育園に全員入園している状況になりますが、現在、3歳以上で入園していない児童が何人ぐらいおられますか。  5点目として、稲美に来てんか事業に空き家等の活用についてであります。  

川西市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月04日−05号

保育所における延長保育の利用者数についてお聞かせください。  次に、開所時間についてお伺いいたします。  まず、参考までに、近隣市の公立の留守家庭児童育成クラブ、いわゆる学童保育の現行の開所時間についてご紹介いたします。伊丹市は、現在、平常時は午後7時まで、夏休み等は午前8時15分から開所しております。また猪名川町も、平常時同じく午後7時まで、夏休み等は午前7時30分から開所しております。

西宮市議会 2019-02-27 平成31年 3月(第17回)定例会-02月27日-03号

また、市内の民間保育所がふえている現在、市は、民間保育所に対し、保育に関する研修・指導・監査の実施や、保健衛生などの各種マニュアル等の配布を行っており、今後も、公立保育所で保育を実施している経験を生かして、市内の保育の質の基準を示す役割を果たしていく必要があると考えております。  続きまして、待機児童の状況についてお答えいたします。  

西宮市議会 2019-02-26 平成31年 3月(第17回)定例会-02月26日-02号

学童学童という言い方を私はしてきましたけども、自分がこれまで何を言ってきたのかを少し紹介させていただきます。  私が議員になったころには、まだ学童がない学校が二、三、複数校ありました。したがって、私の第一の仕事としては、その未設置のところに学童をつくるということを、学校現場の人や地域の方々と一緒に動いて、それを実現した記憶を持ってます。

西宮市議会 2019-02-20 平成31年 3月(第17回)定例会−02月20日-01号

今後も引き続き受け入れ枠の拡大に向け、保育施設の整備を進めてまいります。  また、私立幼稚園が不安なく認定こども園に移行できるよう支援に努めるとともに、預かり保育事業を拡充していただけるような支援策の検討に取り組みます。  加えて、認可保育所等に申し込みをしたが入所できず、やむを得ず認可外保育施設を利用される方への支援の拡充を図ります。

川西市議会 2019-02-19 平成31年  2月 議員協議会(2月19日)-02月19日−01号

これは、実は学校の統廃合だけではなくて、幼稚園、保育所の統廃合も含めてこの間ずっと言ってきた子供の実数について、それから川西市の人口推計の部分は川西市独自のものがあるはずなのに、例えば国立社会保障・人口問題研究所の数字を使ってみたり総合計画の人口推計があるのにというような形で、この間ずっと言ってきた部分です。  

芦屋市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月21日−06号

次に委員は、自主事業の学童保育事業に対する市のかかわりについてただしました。当局からは、今後、十分な調整と協議を行った後に事業が実施されるが、慎重に取り扱っていきたいとの答弁がありました。委員からは、事業者に任せきりにならないよう、市として責任を持って子どもたちを育ててほしいとの意見がありました。