運営者 Bitlet 姉妹サービス
6222件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月21日-06号 滞納相談等のときには、そのの収入状況やその他の状況、事情を把握することにもなるもので、個人情報保護の観点からも他の福祉施策につなげていくことにもなる可能性があることからも、指定管理者の対応では問題があると考えざるを得ません。入居者の安全・安心、人権保障は市が責任を持って行う業務であり、伊丹市が直接管理すべきです。  よって、議案第134号に反対するものであります。   もっと読む
2018-12-14 伊丹市議会 平成30年12月14日文教福祉常任委員会−12月14日-01号 あと、条例の第1条の設置のところなんですが、これ読みますと、障害者のうち一般の歯科医院において診療が困難な者の歯科診療、歯科保健相談その他の口腔保健に関しって書いてあるんですけど、前段のところは障害者歯科で後段のところは一般市民に対する歯科保健相談というふうに読んだらいいんですか。 もっと読む
2018-12-13 伊丹市議会 平成30年12月13日総務政策常任委員会−12月13日-01号 ◎教育委員会事務局学校教育部 当初予算では、全体の満3歳から満5歳なんですけども、就園者数を1232ということで試算しておりました。平成30年度の10月1日に既に申請をいただいてる方なんですけども、1263ということで31の増になっております。平成30年の10月1日現在において満3歳児につきましては18、それから4歳児については18、5歳児が21ふえております。 もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) 平成29年末現在の団体数ですが、84グループございまして、その登録者数が約2,500となってございます。  元気はつらつ教室のほうは、運動療法として転倒予防や体力や筋力の維持向上と、音楽療法として音楽により脳の活性化を図る。それとともに健康チェックや健康相談を行いまして、自分の生活を見直すきっかけづくりにもなっております。   もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) 次に、避難所運営マニュアルについて、災害時、避難所へは高齢者や身障者、妊産婦、乳幼児、傷病者、外国などの要援護者と言われるたくさんの方が避難してきます。大規模災害の場合、自治体職員の手だけでは足りませんし、地域住民と一緒になって避難所運営を考えなくてはなりません。つまり、避難所ごとの運営マニュアルは必要であると思うのですが、避難所ごとに作成されているのでしょうか、お尋ねいたします。 もっと読む
2018-12-10 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月10日-04号 今後、伊丹市でもふえていくと思われる外国市民に対し、どのような施策が必要なのか、現状をお聞きした上で、今後の課題や展望をお聞きしたいと思います。  まず1点目、現在、伊丹市の外国市民は何カ国で何でしょうか。そして、今後どのようになっていくと考えていますか。  2点目として、外国市民が共生していくために、伊丹市では多くの施策を行っています。 もっと読む
2018-12-06 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月06日-02号 この間の伊丹における指標を見てみますと、2006年度から2016年度の間で、要支援者数は2034から3096へと約1.5倍、介護予防ケアプラン作成件数は1464件から2740件へと約1.9倍、総合相談受け付け件数は6977件から9274件へと約1.3倍と大きく伸びています。 もっと読む
2018-12-05 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第2号12月 5日) この参加につきましての窓口と流れになりますが、所管しております青少年育成課、教育相談センターのほうから各学校を通じまして児童生徒に募集案内をします。教育相談センターに相談にかかっています児童生徒、また適応指導教室わかば教室に通っています生徒につきましても直接案内をします。そこからの参加につきましては、担任、学校長を通じまして教育相談センターに申し込んでいただく流れになっております。 もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 さらに外国観光客の受け入れについては、多くの言語、言葉と異なった多くの習慣にも対応していかなければならないなど多くの問題があります。   もっと読む
2018-12-04 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第1号12月 4日) ○こども部長(高橋嗣夫)   まず、JAビルからヤマトヤシキの加古川店に移転しました平成29年度でございますけれども、その利用者数は7万8,746で、前年度に比べて4,365増加いたしております。この増加はリニューアルオープンによりまして、まず4月から6月に急激に利用者がふえた、そのことによるもので、実はその後は伸び悩みをいたしております。 もっと読む
2018-12-04 上郡町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月 4日) 相手を尊重する、嫌がることをしない、言わない、相手を大切に思うとはどういうことなのかを考えるということを一が意識することが対策の基本です。  その上で、パワハラやセクハラに対し、厚生労働省のガイドラインや提言があります。 もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 一方、外国観光客に目を向けると、姫路観光なびポートの外国観光客の対応者数は、平成25年度8,657だったのが、平成29年度には2万8,489と大きな伸びが見られます。  先月11月に行われた播磨政経懇話会で、北京市出身のリュウ・ショウショウさんは、インバウンドに対して「世間的に、マナーがわかっていないから来なくていいという意見があるが、観光は国際ビジネス。 もっと読む
2018-11-21 宝塚市議会 平成30年11月21日総務常任委員会-11月21日-01号 それから、市長が適当と認める者1ということで、こちらのほうは地元のコミュニティひばりの代表者の方を委員として選定したいというふうに思っております。それから、公募による市民の方1ということの委員構成になります。   もっと読む
2018-11-06 伊丹市議会 平成30年11月6日議会改革特別委員会-11月06日-01号 ◆山内寛 委員  ああ、まあ、別に14でいいですか。 ○高塚伴子 委員長  14ですか。 ◆山内寛 委員  14にしたときに、その議長はどういうふうに入れるんかとか、いろいろあるし、その14の選び方もいろいろあるとは思うんですけどね。本人もあるでしょう。そやから、14で本人がいてるからね、対象がいてると。それと、権利がない、議長がいてるでしょう。 もっと読む
2018-10-23 神戸市議会 開催日:2018-10-23 平成30年総務財政委員会 本文 国際化・国際交流の促進及び教育環境の向上のための外国学校への支援拡充を要望するものでございます。  外国学校は市内に8校あり,外国市民の子弟の教育を担い,地域との交流を通じて,市民の多文化交流と国際理解の促進に寄与しております。多くの外国が居住する国際都市・神戸において,外国学校は外国が暮らしやすい環境づくりに貢献しており,教育環境向上のための支援の拡充を要望いたします。   もっと読む
2018-10-10 猪名川町議会 平成30年生活建設常任委員会(10月10日) その下、民生児童委員活動費用弁償補助金372万7,000円は、民生委員・児童委員の相談や支援活動に要する経費に対して、その財源として補助されるものでございます。 もっと読む
2018-10-09 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−10月09日-09号 また、子供の問題行動件数とその対応、いじめの認知件数の推移、外国児童生徒の受け入れ、主権者教育の実施状況、夜間中学校に対する見解、子どもの権利条約に対する考え方などが問われました。  次に、人権教育事業費では、人権教育指導員派遣事業について、指導員の構成や派遣先、研修内容とその決め方などが問われたほか、性的マイノリティーに関する教材を作成・配布後、授業実施に至らなかった理由がただされました。   もっと読む
2018-10-05 猪名川町議会 平成30年総務文教常任委員会(10月 5日) 文化体育館イナホールメイト年会費13万500円は、自主事業の特典が得られる会費収入で、新規19、継続102分でございます。学校教育課所管の日本スポーツ振興センター掛金個人負担金133万5,560円につきましては、町立の学校園、幼児、児童生徒合計3,245に係る傷害保険の保護者負担金でございます。  50、51ページをお願いいたします。 もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 外国の人材の活用についてなんですけども,平成29年11月から国においては外国技能実習制度の対象に介護が追加され,日本で介護技術を学びたい18歳以上が対象で在留期間は5年となっております。今後は介護施設での人手不足を補う人材としても期待されています。   もっと読む
2018-10-04 猪名川町議会 平成30年総務文教常任委員会(10月 4日) 主なものといたしまして、1節報酬532万3,387円で、1行目、顧問弁護士報酬126万円は、町の顧問弁護士に対する報酬で、月額10万5,000円、相談件数につきましては14件で、主に契約に関する相談や町税などの未収金の相談でございます。 もっと読む