5653件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

まず,(3)外国留学生の国民健康保険料の収納対策としまして,在留資格審査基準への保険料納付要件の適用拡大を要望しております。  次に,(4)外国留学生等の結核・感染症対策としまして,日本語教育機関に対する結核定期健康診断の義務化及び精密検査の費用助成を要望しております。  3ページにつきまして,VIII.子育て・教育環境の充実。  

洲本市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3日 6月26日)

世界的にも温暖化による気候変動で災害が巨大化する中、日本が、地域が蓄えてきた知見や技術は、諸外国の取り組みに貢献できると思います。  政府の中央防災会議は、南海トラフ地震での最新の被害想定を発表しました。それによると、死者・行方不明者数は従来想定の最大約32万3,000から、約9万少ない約23万1,000としました。

洲本市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2日 6月25日)

相談件数につきましては、平成28年12月のチーム開設以来、平成30年度末現在で計26の方を対象に、延べ86回の相談対応を重ね、支援を行っているところでございます。  以上でございます。 ○(木下義寿議長)  7番 清水議員。 ○7番(清水 茂議員)  ありがとうございます。  

伊丹市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会−06月10日-04号

災害時要援護者とは、災害対策基本法において、災害の発生を予防し、または災害の拡大を防止するために必要な措置を行う対象として、大きく分けて高齢者と障害者、乳幼児及び外国市民等、さまざまな方が規定されております。

加古川市議会 2019-06-07 令和元年第1回定例会(第2号 6月 7日)

認知症の方が抱える問題は、認知症の種類や進行度、そのを取り巻く環境によりさまざまであり、相談を受けながら、そのに応じた支援やサービスの情報を提供する必要があります。今後とも必要な情報提供に努めるとともに、各部署や機関との連携を図ってまいります。  以上で、答弁を終わります。 ○議長(原田幸廣)   柘植議員。 ○(柘植厚議員)   順次、再質問させてください。  

伊丹市議会 2019-06-07 令和元年第3回定例会-06月07日-03号

また、訪日外国の観光情報となる口コミ情報を発信してもらうため、日本に滞在する外国留学生や市内の外国市民の皆様にも、伊丹の文化を体験していただけるような施策を検討しているところでございます。今後も本市に来られた訪日外国が楽しく市内周遊できるように、引き続きおもてなし環境の充実と外国の方へのPRに努めてまいります。  

加古川市議会 2019-06-06 令和元年第1回定例会(第1号 6月 6日)

平成26年の答弁では、相談窓口の総合化については、より迅速に相談業務を進め、相談者の負担軽減を図る観点から関連部門間の調整をする形で引き続き検討していきたい、支援の必要なを一元化することについては、自立相談支援窓口の担当者が中心になって、生活困窮者の情報を整理し、一元化し、自立支援を行っていきたい、と考えているとされました。  

伊丹市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会−06月06日-02号

一方、本市においても在住外国の多国籍化が進み、また、今後、在住外国の増加が予想される中、外国との共生を図るため、さまざまな国の文化と出会い交流することができる新たな多文化共生事業を実施する必要があります。そのため、今年度におきましては、承認いただきました予算の中で、伊丹マダンとあわせてさらなる多文化共生事業を実施してまいりたいと考えております。  

西脇市議会 2019-05-27 令和元年文教民生常任委員会( 5月27日)

外国英語指導教育活動事業というのがあるんですけれども、今これは英語指導教員なんですが、現在西脇市においてもいろいろな国の外国がふえつつあるようですので、英語指導だけにこだわらないようなことも調査していくべきなのかなという、ちょっとそのあたりです。

西脇市議会 2019-05-16 令和元年総務産業常任委員会( 5月16日)

○寺北委員   2点あるんですけれども、1点は今の通勤、通学の話で、具体的にどの場面でそういう話になったかといったら、今西脇市内も外国の方が自転車で通勤されているんやね。今上王子での話なんですけれども、例えば、出合町に辻熔工業所ですか、あそこに野村のほうから朝自転車でもう5台も10台も行かれていると。帰り6時ごろ帰られていると。その話からなったんです。

西脇市議会 2019-05-15 令和元年文教民生常任委員会( 5月15日)

内容としては、夜間窓口開設と西脇に住まわれている外国の方という2点を受けております。  それ以外に質問のある方、ございますか。 ○中川副委員長   同じところですので、東野委員のところの住まわれている外国と戸籍の関係で。 ○村岡委員長   ほかはよろしいですか。  それでは、東野委員、よろしくお願いします。

赤穂市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日 3月27日)

委員から、事業内容について、ただしたところ、当局から、消防本部と多言語通訳サービスを行う企業とが契約し、日本語を話せない日本在住の外国、または外国観光客からの通報を契約企業へ転送し、三者通話により災害対応を行うものである。また、災害現場で外国との対応については、消防隊員の持っている携帯電話から契約企業へ連絡することにより、二者間通話で対応を行うものである。との答弁があった。  

加古川市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第7号 3月26日)

その主な内容は、災害援護資金の貸し付けを受けようとする者は、保証を立てることができること、災害援護資金の利率について、保証を立てる場合は無利子とし、保証を立てない場合は年3%以内で規則で定める率とすること、また、償還方法について、年賦償還、半年賦償還に加え、月賦償還を追加することであります。  委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。  

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

委員会において、政府は、ことし10月の消費税増税とあわせて、電子マネーやクレジットカードなど現金を使わない決済手段の普及を図り、利便性を高めようとしているが、施設使用料の増額にあわせて、美術館や書写の里・美術工芸館など訪日外国観光客が多く来館する教育委員会所管の施設において、現金以外にもいろいろな支払い方法を選ぶことができるようにしないのか、との質問がなされました。  

伊丹市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会−03月25日-09号

次に、災害対策費では、備蓄品に液体ミルクを導入することに対する見解が問われたのを初め、洪水ハザードマップの見直し内容や多言語対応の有無、完成時期がただされたほか、防災訓練におけるSNSの活用、ペットの受け入れ、外国対応、避難者カードの説明を導入する考えの有無が問われました。

猪名川町議会 2019-03-22 平成31年第393回定例会(第4号 3月22日)

まず、スタンプラリーについて、多くの参加者を呼び込む工夫はとの質疑に対して、29年度は景品当選対象188に対して72の応募状況であったが、30年度はスタンプラリーの対象となるイベントの見直しや景品を町の特産品を中心に精査した結果、景品当選対象100に対して200の応募があった。

高砂市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第15日 3月19日)

議員ご提案のLLブックにつきましては、おっしゃいますとおり外国にルーツのある方や障がいのある方を初めとして、優しく読みやすい本を必要している方々を対象としまして、写真や絵記号を使用したり、もしなどの仮定や抽象的な表現は避けたりする工夫がされた本だというふうに認識しておるところでございます。

姫路市議会 2019-03-19 平成31年3月19日予算決算委員会−03月19日-01号

分科会において、来年度、特別支援教育支援員を5増員するとのことであるが、合計116で児童生徒の学習支援や生活介助等を十分に行えるのか。  また、専門的知識や実務経験の豊富な人材は他都市との奪い合いになることが想定されるが、現在の給与体系についてはどのように考えているのかとの質問がありました。  

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

また、平時においては、外国、日本人を問わず、観光関連情報の収集、教育での活用などにも貢献することが考えられます。  Wi-Fi整備といいますと、外国観光客に向けた整備が目立つところではありますが、外国観光客だけでなく、市民サービスの向上のために有用なものであると考えております。