運営者 Bitlet 姉妹サービス
46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-01 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-10月01日-05号 ただ、これは、例えば化学物質過敏の人は100メートル先のたばこの煙で息ができなくなってしまうと。 もっと読む
2017-12-06 明石市議会 平成29年第2回定例会12月議会 (第2日12月 6日) 3項目めは、化学物質過敏対策についてです。  化学物質過敏とは、大量の化学物質に接触した後、または微量な化学物質に持続的に接触した後に、同じ化学物質に再接触した場合に出てくる不愉快な症状のことで、一旦、過敏症状になると、その後はわずかな化学物質にも過敏に反応し、さまざまな健康被害の症状があらわれるようになると言われています。 もっと読む
2017-09-29 宝塚市議会 平成29年第 3回定例会-09月29日-04号 (2)私は2011年からシックスクール問題や化学物質過敏の問題を取り上げてきました。その中で、香料による健康被害を問題にし、公共施設における香料自粛を訴えてきました。当局には早急に対応に取り組んでいただきましたが、公共施設、とりわけ保育所、学校園でのさらなる啓発の必要を感じています。 もっと読む
2017-03-23 川西市議会 平成29年  3月 議員協議会(3月23日)-03月23日−01号 まず、意見番号1は、放射性物質について、市としてどのような方向性をとるかを示すべきというご意見でした。  市といたしましては、放射性物質の課題については、国を初めとする広域的な視点での検討が必要であり、市だけの問題ではないと考えてございます。  意見番号2は、国のCO2削減目標26%は低い。市としてもっと高い目標を設定して積極的な姿勢をというご意見でした。   もっと読む
2017-02-01 川西市議会 平成29年  2月 議員協議会(2月1日)-02月01日−01号 第1次の環境基本計画のときに化学物質による影響の少ないまちをつくりますという記載があって、農薬や化学物質の安易な使用は行わない、化学物質の利用を控える等の記載があったんですけれども、今回は化学物質についての記載を見つけることができませんでした。   もっと読む
2015-06-29 川西市議会 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月29日−05号 以上の質疑のほか、ごみ減量化はCO2削減や有害物質発生抑制といった環境負荷の低減だけでなく、処分費や運搬費など財政面においても節減でき、その分を福祉など他の施策へ活用できるといった相乗効果も期待されますことから、今後の説明会における市民への啓発方針について市の姿勢が問われますとともに、  これら財政面への影響に関しまして、国崎クリーンセンターの委託料や最終処分地である大阪湾フェニックスセンター持ち込 もっと読む
2015-06-24 尼崎市議会 平成27年  6月 定例会(第11回)-06月24日−05号 公費負担で賄われるのは財源の半分であること、国の負担割合が25%しかないことについては見直すべきだと思うがどうかとの質疑があり、当局から、全国的に高齢化が進み、要介護・要支援者の認定率が高くなるとともに認知を有する人がふえているという現状があり、本市においては独居率が高いという特徴もある。 もっと読む
2015-03-05 宝塚市議会 平成27年 3月 5日文教生活常任委員会-03月05日-01号 ◆大島 委員  認知に関する認定看護師さんとかも置いておられたと思うんですよ、関連の。 もっと読む
2013-12-13 宝塚市議会 平成25年第 4回定例会−12月13日-05号 子どもたちは真剣な態度で参加し、長年喫煙していた人の体験談を聞き、たばこの害や、たばこを勧められた場合の断り方をロールプレーを通じて学習し、たばこの煙に含まれる数多くの有害物質が脳や心臓、肺、胃などに悪影響を及ぼすこと、また、喫煙者が吐き出した煙を吸うことで煙が与える心身への影響などを学びました。  そのほか、小学校2校でも市健康推進課や兵庫県健康福祉事務所の職員による防煙教室を実施しました。 もっと読む
2013-06-07 宝塚市議会 平成25年 6月 7日産業建設常任委員会−06月07日-01号 最後に申し上げますが、子どもたちは特に身も心も一番成長するとき、5本のたばこで依存になると言われています。ですから、吸う前にとめるという教育という、禁煙防止教育というのが最も効果的で重要であるというふうに思います。 もっと読む
2013-03-07 高砂市議会 平成25年 3月定例会(第 6日 3月 7日) しかし、これらの物質については、ほとんどが企業秘密にということで、個々の物品名の実態も、もちろんそのようなものが商品の中に含まれているかどうかさえ今、明らかにされておりません。 もっと読む
2012-09-10 加古川市議会 平成24年総務教育常任委員会( 9月10日) 平成22年度につきましては、化学物質過敏の訴訟がございましたので、その費用としまして着手金、日当、成功報酬と合わせまして541万8,882円を支出いたしましたが、平成23年度におきましては、部活動における、けがにつきましての裁判が発生いたしましたので、その弁護士の委託料としまして着手金それから日当と合わせまして160万6,500円の委託料を計上いたしました。 ○小林直樹委員   失礼します。 もっと読む
2011-12-16 宝塚市議会 平成23年第 6回定例会-12月16日-05号 項目1、化学物質過敏対策についてです。  化学物質過敏は、建材や塗料、家庭用品などに含まれる種々の極めて微量の化学物質に敏感に反応して、アレルギー症状やぜんそくなどの健康被害の症状があらわれ、一度ある程度の量の化学物質にさらされると、それ以降はほんのわずかな量の物質にも過敏に反応するようになるとされています。   もっと読む
2011-09-09 加古川市議会 平成23年総務教育常任委員会( 9月 9日) 化学消防自動車は基準が3台で現有2台と100%ではございませんが、この化学車は各消防自動車に化学火災に対応できる泡原液を積載しておりますので、それをもって補填をしているということで消防力の基準に示されている充足力は満たしていると考えております。 ○三島俊之委員   市民の安全安心を守る上でも進めていただきたいと思います。 もっと読む
2010-12-09 宝塚市議会 平成22年12月 9日文教生活常任委員会−12月09日-01号 これはシックハウスから化学物質過敏という病気を発症したためでした。治療のためにホルムアルデヒドを出す合板に封印塗料などを塗るなどした改装を施した家で暮らしており、入居後は随分体調が回復しています。  この病気は、今までに浴びた化学物質が体の許容量を超えてしまい、わずかな量にも反応するようになった状態で、少ない量でも長期間化学物質を浴び続けることで発症する病気です。   もっと読む
2010-10-21 加古川市議会 平成22年総務教育常任委員会(10月21日) ○久保総務部長   このたび土地開発公社の所有地の加古川駅北30、31街区の土壌調査を実施しましたところ、基準値を上回る物質が検出されましたので、資料に基づき担当者から報告させていただきます。 ○藤本管財局長         (資料により説明) ○三島俊之委員長   理事者からの報告は終わりました。ただいまの報告につきまして、御質問等をお受けいたします。 もっと読む
2009-10-01 宝塚市議会 平成21年第 4回定例会-10月01日-05号 シックスクールと化学物質過敏対策)  (1) 学校園における化学物質過敏の発症状況と対応について  (2) 耐震化、改修等の工事発注時の指導と事後検査(濃度測定)について  (3) 教職員の意識啓発とマニュアル作成について  (4) 相談窓口の充実と医療機関との連携について  (5) 農薬使用に係る通知の徹底について 3 ひとり親家庭・共働き家庭の支援に向けて  (1) 各種申請手続等の情報提供 もっと読む
2009-06-14 猪名川町議会 平成21年第345回定例会(第2号 6月14日) また地域包括支援センターでは、認知を抱えて一人で暮らす高齢者などの家庭を早期に発見をいたしまして公的支援につなげ、孤独死や虐待、そういったものも防ぐ活動もしてございます。またさらには、保健センターにおきましては、健康相談などの業務を通じましてひとり暮らしの把握にも努めてございます。   もっと読む
2008-12-11 加西市議会 平成20年 12月 定例会(第223回)-12月11日−04号 また、生活習慣病予防及び介護予防の推進、高齢者を地域で支える地域ケア体制の整備、包括的、継続的ケアマネジメント体制の確立、認知高齢者支援対策の推進、高齢者の生きがいづくりと積極的な社会参加の推進、高齢者に対する家族、地域の理解と協力の促進、介護サービスの基盤整備と質の向上という7点を重要施策として計画を策定しようと、いま進めております。   もっと読む
2008-12-05 宝塚市議会 平成20年第 4回定例会−12月05日-05号 自衛官募集相談員委嘱状交付について 3 市民の安全と生活環境について  (1) アライグマに関する問題   ア 市内及び近隣市における生息状況と農産物の被害状況について   イ 市街地における被害状況について   ウ 広報の仕方について   エ 処分の仕方について  (2) 薬剤散布に関する問題   ア 薬剤散布の現状と空中散布の実施について   イ 非食用農作物への散布について   ウ 健康被害及び化学物質過敏患者 もっと読む