4139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

篠山市議会 2019-12-26 令和元年第120回師走会議(12月26日)

次に、地域経済循環創造型事業補助金について、3カ年計画であるとの説明であるが、国等の補助はどうなるのかとの質疑に対し、全体で3カ年の約3億円規模の工事を予定されている。今回の補助対象経費としては、1期工事分のみの約1億8,000万円に対し、5,000万円が公費、残りについては、金融機関からの融資と自己資金で賄われるという計画になっている。

篠山市議会 2019-12-19 令和元年第120回師走会議(12月19日)

本当に精力的に活動していただいておりまして、本年度は、兵庫県国際交流協会文化庁の助成金を得て、地域日本語教育の体制づくりを推進する事業が始まって、本年度は1年目、丹波地域モデル事業として、企業や、そして技能実習生に対しての講座10回、また初級レベル市民向けにも講座を10回、また丹波市においても10回と、合計30回の講座を開講していただいております。  

篠山市議会 2019-12-18 令和元年第120回師走会議(12月18日)

御指摘の宿泊客がくつろぎ、喜んでいただくために、篠山文化協会と連携して、大書院で狂言や日本舞踊、デカンショ踊りの上演についての検討という御提案です。大書院を運営・管理をされているウイズささやまに、協議したところ、積極的に活用に努めていきたいというお話ですので、今後、ウイズささやまや、また文化協会と協議して、検討していきたいと考えます。  

香美町議会 2019-12-16 令和元年第114回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年12月16日

令和2年、3年度に工事をして、令和4年度からは供用開始ができるようにしたいというふうなことを県の農政環境部環境創造局の鳥獣対策課長の三輪さんという方が猟友会の広報紙に書いておられますので、その辺の町の情報を早くキャッチしていただいて、今の時期にそういう地域おこし協力隊などの協力も得て、その時に狩猟免許が取れるというか、そういうふうなことも利用して県に働きかけてというふうなことを強く求めたいと思いますが

洲本市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第4日12月12日)

このプランの趣旨は、県民が創造的活動に最大限能力を発揮できるデジタル社会、スマート兵庫を構築し、産業イノベーションの創出、多様で質の高い暮らしを実現するため、民・産・学・官の各主体が最先端のICTを基盤に、多種多様なデータの利活用に取り組む指針として、ひょうご・データ利活用プランを策定するとなっており、推進期間は2019年度から2021年度となっております。  

稲美町議会 2019-12-12 令和元年第256回定例会(第2号12月12日)

○8番(山田立美) (登壇)  次に、地域象徴するため池群と水路網を地域財産として守り、生かし、次世代へ継承していこうといういなみ野ため池ミュージアム、この事業の展開を図りながら、ため池文化創造することで、ふるさと意識の醸成を図るというふうにして、ため池の環境整備に努められておるわけなんですけども、これと、実務面でのため池の管理、これの事業との関係はどのようになっておるのか。

洲本市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第3日12月11日)

中学校のトライやる・ウイークでは、豊かな感性や創造性などを高めることや、他者と協力協働して社会に参画する態度、みずから考え主体的に行動し、問題を解決する能力育成につなげております。  生涯スポーツの振興の推進では、2021年にアジアで初めて開催されます生涯スポーツの祭典、ワールドマスターズゲームズ2021関西のオープン競技において、本市でウオーキング大会の開催が正式決定いたしました。

豊岡市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日12月 9日)

本市の農業分野でのドローンの活用は、環境創造農業における有機肥料散布が想定されますが、一般的な機種の積載可能量は10キロ程度と、また、積載計から考えると、1回の飛行で約10アールしか散布できないこととなり、現時点では作業効率は高いとは言えないものの、農業従事者及び高齢者などの農作業の作業軽減にはつながると考えています。  

西脇市議会 2019-12-06 令和元年文教民生常任委員会(12月 6日)

○村井正委員   先ほどおっしゃいました、この第3期の教育振興基本計画ですか、教育創造西脇プランがことしの3月にできてまして、それをずっと私もそれなりに見たんですけれども。この中にいろいろな重点目標等々がありますが、この中で、この部分を今回の生涯学習計画策定の中に重点的に盛り込むというそういう位置づけになっているのかどうか、私はそう理解したんですけれど、その点についてはいかがですか。

伊丹市議会 2019-11-18 令和元年11月18日文教福祉常任委員協議会-11月18日-01号

御承知のように、私どもの法人は、社会福祉法に基づきまして、伊丹市における社会福祉事業の展開等によりまして、地域福祉の推進、そして安心な地域コミュニティーの創造、発展を使命といたします組織でございます。昭和27年10月に発足し、その後、昭和48年には法人格を取得、法人認可を受けてございます。

伊丹市議会 2019-11-07 令和元年11月7日総務政策常任委員協議会−11月07日-01号

7番の補助金収入は、伊丹市からの財団本部への運営補助金文化庁地域創造などの基金からの事業に対する補助金、助成金でございます。決算額は7484万327円で、伊丹市からの補助金5613万8000円のほか、演劇ホールでの補助金、あと工芸センターでの国際ラフト展に対する協賛金でございます。  

猪名川町議会 2019-10-24 令和元年総務文教常任委員会(10月24日)

次の、プロから学ぶ創造育成事業補助金5万円は、2分の1の補助で、兵庫ゆかりのクリエーターを学校に招聘して講演を行っていただいたものでございます。  2節小学校補助金収入済額368万7,000円は小学校体験活動事業補助金で、町内6小学校の5年生の自然学校及び3年生の環境体験の実施に対する補助金でございます。

伊丹市議会 2019-09-30 令和元年一般会計決算審査特別委員会−09月30日-01号

27年がある意味区切りの年で、28年度からどうするかって、そのときの答弁で、創造事業部っていうのを校内に部として設けましたっていうこととか、地域連携協議会っていう組織を設けたと。要は27年度までのやっていたこと、特にかかわっていた先生が、そのときを機に退職されたんで、こういう部をつくって連携してやっていきますよというような答弁があったんです。

丹波市議会 2019-09-30 令和元年第103回定例会(第6日 9月30日)

議事に関係した議会職員   事務局長      荻 野 隆 幸    議事総務課長    荒 木   一 6.説明のため出席した者の職氏名   市長        谷 口 進 一    副市長       鬼 頭 哲 也   教育長       岸 田 隆 博    理事        余 田 一 幸   理事        井 上 鉄 也    技監兼入札検査部長 中 野   譲   未来都市創造部長

明石市議会 2019-09-20 令和元年総務常任委員会( 9月20日)

(1)の対象施設は、あかし市民広場の1施設で、(2)の指定管理者候補は、一般財団法人明石コミュニティ創造協会でございます。また、(3)の選定方法は、非公募による選定とし、その理由といたしましては、平成28年12月の開設以来、一般社団法人明石観光協会指定管理者として、そのノウハウを用いて中心市街地の回遊やにぎわいの創出に努め、一定の成果を上げてきました。  

明石市議会 2019-09-18 令和元年第2回定例会 9月議会 (第4日 9月18日)

つきましては、このたびのJR西日本との連携を強める中で、大久保・魚住駅間における新駅及び新駅を含む新たなまちの創造につきましても、まずは実現の可能性からとなりますが、しっかりと検討してまいりたいと考えております。  次に、ご質問の2項目め、庁舎の建てかえにつきましてお答えいたします。