運営者 Bitlet 姉妹サービス
3121件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月19日-05号 第2点は、不登校の児童・生徒についてであります。  委員会において、義務教育課程を修了した者のうち、不登校などを理由に義務教育を十分に受けることができなかった者はどのくらいいるのか。  また、不登校の子どもたちに教育委員会はどのような対応を行っているのか、との質問がなされました。   もっと読む
2018-12-14 伊丹市議会 平成30年12月14日文教福祉常任委員会−12月14日-01号 ◆高塚伴子 委員  障害者の分だけ、児童福祉法、それから障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行、児童扶養手当法、いろいろあると思うんですが、どの法律に対する政令が公布されたのか伺っていいですか。 もっと読む
2018-12-10 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月10日-04号 3点目、放課後児童くらぶについて、共働き家庭やひとり親家庭、保護者の病気やその他の理由により、放課後、家庭で保育できない御家庭の子供たちの居場所となる放課後児童くらぶは、近年、女性の就業率の上昇等により、年々児童数がふえています。   もっと読む
2018-12-07 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月07日-03号 子供の貧困問題、虐待問題等、このようなことなどを改善するための手だてもさまざまに行われていますが、解決にはほど遠いのが現状です。問題の原因がなかなか表に見えにくいことに解決の難しさがあるのではないかとも思います。そのような状況の中で、学校での子供たちの問題に対しては、スクールソーシャルワーカーが対応し、解決へ向くように大変重要な役割を果たしています。 もっと読む
2018-12-06 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月06日-02号 業務量の増大の背景には、独居老人とか認知症高齢者、老人に対する虐待などの増加が上げられてます。今年度から日常生活圏域別の人口推計で高齢者人口が7000人を上回る地区、伊丹・摂陽圏域と笹原・鈴原圏域に各1名ずつ増員しているということです。   もっと読む
2018-12-06 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第3号12月 6日) 小項目5、「児童虐待の対策について」。  11月20日の神戸新聞に、加古川市内の父親が子供に対する虐待で逮捕されたという記事がありました。子供に対する虐待を知るたび、胸が苦しくなります。平成29年度の児童虐待等の通告件数は、28年の688件を大きく上回る1,034件に上り、そのうち、78件が児童相談所や乳児院に一時保護されました。 もっと読む
2018-12-05 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第2号12月 5日) その結果、平成13年からは中学校の不登校率は全国平均を下回り、不登校児童生徒数も200人を下回るなど成果を上げてこられました。しかしながら、平成24年度以降につきましては、不登校児童生徒数が再び増加に転じてきております。 もっと読む
2018-10-26 伊丹市議会 平成30年10月26日文教福祉常任委員協議会-10月26日-01号 ◆久村真知子 委員  勉強をしたり、孤食をなくしていくというのでも、こういう場が必要かなと思うんですけれども、今、まだまだ子供たちのいじめとか虐待とかがなかなか減らないという意味でも、こういう場所でそういう問題が発見できるように、相談にも乗れるような状況でもあるのかなと思うんです。 もっと読む
2018-10-10 猪名川町議会 平成30年生活建設常任委員会(10月10日) 次に、2節児童福祉費補助金3,082万2,000円でございます。備考欄の児童虐待防止対策支援事業補助金204万円は、家庭児童相談員の人件費相当の国庫補助金でございます。補助率は2分の1でございます。次の子ども・子育て支援補助金2,878万2,000円は、延長保育事業、地域子育て支援拠点事業、一時預かり事業、放課後児童健全育成事業が含まれた補助金となっております。補助率は3分の1でございます。 もっと読む
2018-10-09 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−10月09日-09号     議案第102号  新田中野財産区管理委員の選任について     議案第103号  新田中野財産区管理委員の選任について     議案第104号  新田中野財産区管理委員の選任について     議案第105号  新田中野財産区管理委員の選任について     議案第106号  新田中野財産区管理委員の選任について   4 議案第107号  公平委員会委員の選任について   5 意見書案第4号  児童虐待防止対策 もっと読む
2018-10-05 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−10月05日-06号 △───── 日程第7 ─────     …………………………………………… 意見書案第38号 学校施設や通学路におけるブロック塀等の安全性確保を求める意見書の提出について 意見書案第39号 児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書の提出について 意見書案第40号 水道施設の戦略的な老朽化対策を求める意見書の提出について     …………………………………………… ○北野聡子 議長  意見書案第 もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 神戸市では,平成27年4月,みんなの手話言語条例の施行となったことや,体外装置の性能が児童の言語発達,これに大きく影響し,適切な更新が望ましい──というのは,やはり音を正確に拾わないと正確に伝わらない。 もっと読む
2018-10-03 姫路市議会 平成30年第3回定例会−10月03日-05号 ことしは記録的な猛暑となったことから、学校で体調を崩す児童生徒が多く、7月には愛知県豊田市で、校外学習に参加した小学1年生の男児が学校に戻ってから意識を失い、死亡するという痛ましい事故が発生いたしました。今後政府において、予算の増額や補助率の見直し等について必要な措置をとることが検討されております。   もっと読む
2018-10-01 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-10月01日-05号 昨年度、兵庫県内6カ所の子ども家庭センターに寄せられた児童虐待の相談件数は、過去最多の5,221件でした。昨年度比1,117件増で、統計をとり始めた1990年以降、右肩上がりで増加が続いています。  県の児童課によると、とりわけ子どもへの面前DVの増加が目立ち、こうした心理的虐待の相談が2,961件と半数以上を占めています。次いで多かったのが身体的虐待で1,244件。 もっと読む
2018-09-28 加古川市議会 平成30年第4回定例会(第5号 9月28日) 楽しいはずの学校で子供たちを虐待する場になっているのではないでしょうか。子供たちの命を脅かすことを行ってはなりません。  幼稚園や保育所についても、エアコンの設置はより必要です。小さな命が危険にさらされるようなことがあってはなりません。遊戯室にエアコンがあればよいとの意見がありますが、遊戯室に全員が集まって、さて、幼児教育が十分にできるのでしょうか。 もっと読む
2018-09-28 小野市議会 平成30年第413回定例会(第4日 9月28日) ○市長(蓬莱 務君)  次に、児童虐待の防止についてでありますが、小野市においては乳幼児健診や未受診者へのフォロー、また学校や幼稚園、保育所との連携により、福祉部門、教育委員会がバラバラに対応するのではなくて、情報を一元化し組織として対応できる体制がとれております。 もっと読む
2018-09-27 伊丹市議会 平成30年一般会計決算審査特別委員会-09月27日-01号 ですので、虐待を受けてる障害者の御本人がそもそも虐待を受けてると認識してないケースであったりとか、そういうものはここに今まであらわれてきませんでしたし、あと、障害者虐待してるいうのを見たら通報の義務があると、そういうことも今まで余り周知されてなかったという部分があったと思いますけども、啓発活動を行うことでそのあたり、そういう見えてない虐待の事案というのが見えてくることになれば、三田市で起きたようなことっていうのは もっと読む
2018-09-27 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−09月27日-03号 ◆16番(細川知子議員) 先日、市議会は民生委員・児童委員連合会の方と意見交換会を持ちました。その際に、民生児童委員の方がこの制度の中で、個別支援計画の策定に大変苦慮しているというお話を伺いました。   もっと読む
2018-09-26 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-09月26日-02号 いずれにしても、アルコール問題というのは個人だけの問題に限らず、例えば今、飲酒運転も大きな問題になっていますし、暴力、虐待、急性アルコール中毒で亡くなる、自殺にもつながっていくということで、人の命とも関係する大きな問題だと思いますので、意識を持って取り組んでいただきたいということでとどめておきます。  続きまして、減免制度についてなんですが、この10月から生活保護基準が引き下げられます。 もっと読む
2018-09-21 小野市議会 平成30年第413回定例会(第3日 9月21日) まず第1項目、児童虐待の防止について。  本年3月、東京都目黒区で5歳の女児が両親による虐待の結果、死亡するという大変痛ましい事件が起こりました。  このような事例は、全国の児童相談所に多く寄せられていて、相談対応件数は、2016年に12万件を超えるなど、5年前と比べて倍増しており、虐待により年間80人もの子供が亡くなっていると言われております。   もっと読む