運営者 Bitlet 姉妹サービス
3717件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-25 上郡町議会 平成31年第1回定例会(第6日 3月25日) ○財政管理室長(前川俊也君) 9ページの民生使用料につきましては、公立保育所使用料の減額によるものでございます。 ○議長(山本守一君) 梅田君。 ○8番(梅田修作君) 9ページの50款、使用料及び手数料の5目、民生の民生使用料のところで電柱等と書いておりますが、これについてはどういうことを指すのですか。 ○議長(山本守一君) 財政管理室長。 もっと読む
2019-02-26 上郡町議会 平成31年第1回定例会(第1日 2月26日) 行政経営の効率のための公共インフラ施設等の適正規模や効率的運転への転換、現有する施設の長寿命、先を見据えた長期的な改修計画など、将来の経常負担の軽減に向けた施設整備に取り組みます。また住民満足度調査の結果などから住民ニーズの高い事業に重点的に取り組むなど、行政事務の効率を推進していきます。  以上を重点施策として取り組んでまいります。  続きまして、分野別施策及び主要事業について。   もっと読む
2019-02-26 篠山市議会 平成31年第119回定例会(第1号 2月26日) また、味間のこども園や病児保育など、子育て支援に力を入れてきました。さらに、原子力防災対策、農林水産大臣賞を受賞した鳥獣害の対策、ふるさとの川・水路づくり、手話言語条例や公契約条例の策定など、地方のリーダーとなれるような取り組みも行ったものと考えており、これら議員の皆さんからの提案も多く、心から感謝をいたしたいと思います。   もっと読む
2018-12-26 多可町議会 平成30年第89回定例会 この議案は、平成31年4月1日から公私連携によるキッズランドの運営、民営が始まることに伴い、関係条例を整理するものです。多可町特別職に属する非常勤の報酬及び費用弁償に関する条例では、公立の幼稚園、保育所はなくなるので、それぞれの嘱託医等を削除します。多可町立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例では、多可町立キッズランドを削除いたします。 もっと読む
2018-12-21 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月21日-06号 次に、議案第140号、伊丹市立稲野公園運動施設の指定管理者の指定についてでありますが、保育所整備工事に対する巡回や、樹木剪定に関する研修について問われ、本案は原案どおり可とすべきものと決しました。  次に、議案第141号、伊丹市立図書館神津分館の指定管理者の指定についてでありますが、本案は賛成者多数で原案どおり可とすべきものと決しました。   もっと読む
2018-12-19 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月19日-05号 第3点は、平成31年10月から始まる幼児教育・保育無償への対応など、子育て支援に係る取り組みについてであります。  委員会において、幼児教育・保育無償への対応も含め、来年度、こども育成部としてどのようなことに取り組もうと考えているのか、との質問がありました。   もっと読む
2018-12-19 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第6日12月19日) 今回の条例改正は、来年1月から専門職大学が制度され、教育課程に応じて学位が授与されることになり、市が条例で定める資格要件を定める際の参酌基準等に専門職大学が加わったため、今回の市条例に改正を加えるというものです。   もっと読む
2018-12-19 小野市議会 平成30年第414回定例会(第3日12月19日) 国は、消費税率引き上げを見越して、来年10月から幼児教育の無償を進めるとしています。総務省や文部科学省の資料では、①幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳の全ての子供たちの利用料が無償される、②ゼロ歳から2歳児の子供たちの利用料については、住民税非課税世帯対象として無償される、としています。   もっと読む
2018-12-18 小野市議会 平成30年第414回定例会(第2日12月18日) 少子高齢や男女共同参画社会の進展、共働き世帯の増加、働き方改革の促進などにより、多様な生活スタイルが誕生し、就学前の教育・保育ニーズは多様しております。   もっと読む
2018-12-18 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第4号12月18日) 来年10月の消費税率10%への引き上げにより年5.6兆円の国の税収の増加が見込まれていますが、その目的は少子高齢に伴って増大する医療、介護、年金等の社会保障費の確保と、幼児教育、保育無償など、教育負担の軽減に充てられることになっており、さらに次世代の負担を減らすため、国債の返済分に充てることになります。   もっと読む
2018-12-13 伊丹市議会 平成30年12月13日総務政策常任委員会−12月13日-01号 一方、こども園ではないんですが、荻野保育所の例をとりますと、当時の設計の段階で平米単価が38万7000円ほどでございました。庁舎でもお示しさせていただきましたような標準建設費で見ますと、そこから今度、入札をする段になりましたら、4%ほどふえておるかなと。単純に計算しますと40万数千円と。 もっと読む
2018-12-13 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第3日12月13日) ○健康福祉部付部長(富永奈緒美)  議員御質問の保育所の耐震計画、旧耐震基準への対応といったようなことについてお答えをいたします。  現在市が運営しております保育所、認定こども園10園のうち、昭和56年5月31日以前の旧耐震基準による設計で建築されました保育所等は、議員先ほどおっしゃいました5園でございます。   もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) 次に、堺市などでは今年度から胃、肺、大腸、子宮、乳房の5大がん検診を無償し、乳腺密度が高く、エックス線検査では異常が見つかりにくい高濃度乳房の40歳代女性には超音波検査も無償で実施。全体的に低いがん検診の底上げを図っておられます。  そのほか前立腺がんや胃がんリスク検査への公費助成、受診勧奨や相談、情報提供などを一元したがん検診総合相談センターの設置などが行われているところであります。   もっと読む
2018-12-10 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月10日-04号 また、国に先駆けて幼児教育の無償に取り組まれており、保育ニーズも昨年度に比べ高まる傾向が見られ、引き続き民間保育所の新設や既存の保育所の増設などに取り組まれておられます。そして、来年10月からは国による幼児教育保育無償が実施される予定となっており、ますます保育ニーズが高まる傾向となるのではないかと推測されます。 もっと読む
2018-12-07 加古川市議会 平成30年総務教育常任委員会(12月 7日) 今回の消費税率は2019年10月1日、10%に引き上げることにより、年5.6兆円の国の税収増が見込まれておりますが、その目的は少子高齢に伴って増大する社会保障費の確保と幼児教育・保育無償など教育負担の軽減に充てることになっており、さらに後世代の負担を減らすため、借金に相当する国債の返済分に充てます。 もっと読む
2018-12-07 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月07日-03号 今後も一人一人の発達の特性を踏まえ、必要に応じて集団を形成し、充実した保育を展開してまいりますので、御理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。  次に、3つ目のスクールソーシャルワーカーの配置をふやすことが必要ではないかという御質問にお答えいたします。  昨今、学校が抱える課題は複雑、多様しており、対応が困難な内容が増加しております。 もっと読む
2018-12-06 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月06日-02号 さきの9月議会で、幼児教育ビジョン・カリキュラムに基づく保育計画を有することが無償の条件だったはずだがと質問に対し、市は、国が認可外保育施設を含め、無償の対象施設とする方針を示した段階で、本市のビジョン・カリキュラムに基づく保育計画を有していないからといって、一人、市が無償はしないということはできない状況であった。 もっと読む
2018-12-06 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第3号12月 6日) 小項目2、「保育の質と担い手の確保について」。  自治体間の保育士争奪戦は一層過熱しており、市内保育所等が保育士不足を訴える声はさらに大きくなっていると感じています。そこで、平成29年第3回定例会において質問した「保育の質と担い手の確保」の進捗状況を確認させていただきます。   もっと読む
2018-12-05 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第2号12月 5日) また、現在市内幼稚園全18園で実施している預かり保育にかかる条件の撤廃についてですが、現在、国において議論されております、教育・保育無償の対象に、この預かり保育料も含まれているところでございますが、無償された場合においても、現行の条件に当てはまる場合のみがその対象になるものとされていることから、今後の国の動向や制度改正の状況を注視してまいりたいと考えているところであります。   もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 この件に関する8月15日付神戸新聞記事に、政府の幼児教育・保育無償についての方針に対する県下自治体等の調査結果が掲載されておりました。   もっと読む