運営者 Bitlet 姉妹サービス
9609件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 神戸市議会 開催日:2019-03-20 平成31年市会運営委員会 本文 正しくは,昨日の委員会の議事は動議の取り扱いというだったので,それ以外のものについては──委員長と副委員長が各会派をまわって,なるべく早い時期に委員会を開会するように調整をするということで皆さん了承した。4月中頃とか,10日前後とか,4月の早い段階でという意見は出ていたが,5月10日というのは,そもそも出ていなかった。 もっと読む
2019-03-08 神戸市議会 開催日:2019-03-08 平成31年予算特別委員会〔31年度予算〕 (意見決定) 本文 2 ◯委員長(川内清尚) それでは,平成31年度神戸市各会計予算及び関連議案,合計59議案,並びに予算第1号議案等の編成替えを求める動議に対する各会派の意見表明は,既に昨日の委員会で終えておりますので,これより直ちに意見決定を行います。  それでは,順次お諮りいたします。   もっと読む
2019-02-19 神戸市議会 開催日:2019-02-19 平成31年予算特別委員会〔31年度予算〕 (委員長互選等) 本文 次に,各会派による委員会及び各分科会の模様の写真及びビデオ撮影について許可いたしたいと存じますが,御異議ございませんか。   もっと読む
2018-12-19 宝塚市議会 平成30年12月19日行財政改革調査特別委員会−12月19日-01号 というのも、会派代表者会が、あしたの議運の後になるので、それまでに提出する必要があるからという理由になるんですけれども。 ○大川 委員長  北山委員。 ◆北山 委員  せやけれども、代表者会で訂正があったらどうするか。判こついてしまったら。 ○大川 委員長  事務局。 もっと読む
2018-12-18 伊丹市議会 平成30年12月18日議会改革特別委員会−12月18日-01号 前回にもお配りしておりました各会派ごとの意見がまとまったものは出ているんですけれども、前回の議論も踏まえて、どういうふうにしたらよろしいかお伺いしたいところです。フリートーク、会派ごとの御意見を伺ってもいいんですけれども、どうしましょうかね。  フォーラムさんは、陳情は請願と同様に扱い、請願者には意見陳述の場を設けるという御意見をいただいております。 もっと読む
2018-12-18 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第4号12月18日) ○(大野恭平議員)   請願第19号に対し会派を代表し、意見を述べ、態度表明させていただきます。  少子高齢化により現役世代が急激に減少していく一方で高齢者は増加しており、年金や医療などに充てられる社会保障費の財源は9兆円も不足していると言われています。 もっと読む
2018-12-13 伊丹市議会 平成30年12月13日総務政策常任委員会−12月13日-01号 ◆杉一 委員  新庁舎、私は会派としてもずっと、前倒しして取り組めるんであれば取り組むべきじゃないかというのは意見として言ってきましたので、こういう形でできてきたのは非常にいいことだなと思ってますし、それは市民の安全にもつながることだなと思ってるんですが、本会議の質疑の答弁でPFIと分離発注と一括発注の3つの手法を検討したということですが、いただいた新庁舎整備事業費についてという今般の補正予算説明資料 もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) ○6番(高島久美子議員)  6番、会派、宙(おおぞら)の高島です。議長の許可をいただきましたので、通告に基づき質問をさせていただきます。  今回の質問は3問ございます。1問目は、風疹について、2問目は、プラスチックごみについて、3問目は、障害者雇用についてです。  それでは、まず1問目、風疹について質問させていただきます。  2018年も最終月を迎え、残すところ、あと半月余りとなってまいりました。 もっと読む
2018-12-11 加古川市議会 平成30年建設経済常任委員会(12月11日) 会派としては、本請願に賛同できないということで、態度表明をさせていただきます。 ○神吉耕藏委員長   ご意見等を終結します。お諮りします。請願第18号について、採択することに賛成の方は挙手願います。                 (賛成者挙手) ○神吉耕藏委員長   挙手少数です。よって本件は、賛成少数で不採択と決定しました。しばらくの間、休憩します。                 もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) 会派、「志」の木戸でございます。  ただいま議長のお許しをいただきましたので、通告に基づきまして、今回は大きく3問、1つ目には、都市計画マスタープランについて、2つ目には、窓口における提出書類、手続の簡素化、電子申請について、3つ目については、幼保小中学校と地域との連携について、それぞれ順次お伺いをいたしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。   もっと読む
2018-12-10 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月10日-04号 また、市議会の多くの会派の方々からも、ゼロから2歳児までの保育料見直しに関する御要望をいただいている状況において、国の無償化制度の動向を注視するとともに、阪神間における保育料の金額等を鑑みながら、本市における適正な保育料について精査し、検討してまいりたいと考えております。 ○議長(北原速男) 桝村特定施策推進担当市長付参事。 もっと読む
2018-12-07 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第1日12月 7日) 議会におきましても、議会報告会の開催を初め、常任委員会の行政視察や各会派による視察の実施など、議員各位には積極的に議会活動に御精励をいただいております。心から感謝申し上げますとともに、議会報告会において、市民の皆様からいただいた貴重な御意見や視察を通して得られた成果は、今後の議会活動に十分生かしてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-07 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月 7日) 今回は、会派を代表してではなく、個の意見として、第115号議案 議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、反対の立場で討論いたします。   もっと読む
2018-12-07 加古川市議会 平成30年総務教育常任委員会(12月 7日) ○織田正樹委員   請願第20号、9条改憲の発議を行わない事を求める請願に対しまして、会派を代表し、意見を述べさせていただき、態度表明をさせていただきます。憲法改正論議は今後の日本のあり方を考える上で非常に重要なことであると考えます。過去にも「憲法9条改憲に対する請願」において反対させていただきましたが、今回の請願20号につきましても、改憲の発議を行わない旨の同様の請願であると考えます。 もっと読む
2018-12-07 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月07日-03号 以前に福岡県宗像市にこのことで会派視察に伺いました。宗像市では、平成18年から始めており、中1ギャップを解消するために同じ中学校校区の小学生が一緒に遠足や地域の清掃活動などを行うなどの学校間交流を実施し、お互い顔見知りになっていく、また、小学校の先生と中学校の先生がともに交流して授業を受け持つなど、小・中間の段差を低くすることを目的として、現在は市内全小・中学校で行われております。 もっと読む
2018-12-06 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第3号12月 6日) 会派視察で訪れた焼津市では大規模災害時の避難所開設は自主防災組織の支援が必要なため、事前の避難所対策と避難所を開設する組織づくりを依頼しています。そして、行政と地域が協力して、実際に小学校で避難所開設と運営の訓練を行っています。 もっと読む
2018-12-05 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第2号12月 5日) 会派での来年度予算に向けた要望時におきまして、市長も必要性を認められましたが、駅の持つ役割を考え、回遊性を高め、より多くの人の流れを生み出せるよう、将来に向けた駅南西地区の整備の進捗と今後の事業の進め方についてお伺いをいたします。  また、加古川中央市民病院が開院し、防災道路を含む防災街区整備事業が完成するなど、安心・安全の確保やにぎわいの創出に向け大きく進み、まちが変化しているのを感じます。 もっと読む
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 先日、神奈川県横須賀市で行われている終活支援の取り組みについて会派で勉強に行ってまいりました。  横須賀市では、引き取り手のない独居死亡者の方のご遺骨は市の費用で火葬し、納骨堂に安置した後、納骨堂がいっぱいになるとお骨を合葬墓にまとめて埋葬し、供養しているということでございました。   もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 道の駅設置については、これまで会派の代表質問や個人質問、さらには会派の予算要望においても早急な整備を求めてきたところであり、今回の質問をするに当たり、改めてこれまでの経緯を調べました。   もっと読む
2018-11-29 宝塚市議会 平成30年11月29日産業建設常任委員会−11月29日-01号 続きまして、質問項目の中にちょっと入れておいたデザイン審査会との関係とか、例の今回のもう一つの大きな変更である手塚治虫記念館からのアプローチというか、通路に屋根があったんですけれども、屋根をなくするという、ここはちょっとうちの会派でも大分話し合ったんですけれども、ちょっとここが少しやっぱり、今の手塚治虫記念館から来た人がスーッと寄っていくためにという意味で、ここの通路をどうするかということで、そういうこともあって もっと読む