9110件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

加西市議会 2023-09-11 09月11日-03号

この業務の流れを簡単に申し上げますと、介護保険で要支援認定を受けられた方が、介護予防サービスを利用される際にご自宅に訪問し、ご本人と面談して状態に応じた介護予防のプランを作成し、利用者サービスを円滑に利用できるよう調整を行う役割を担っております。 この介護予防支援業務は、地域包括支援センターから居宅介護支援事業所に委託をできることとなっております。

加西市議会 2021-12-23 12月23日-04号

次に、議案第84号令和年度加西介護保険特別会計補正予算(第2号)についてであります。委員から低所得者保険料軽減繰入金について質問があり、執行者からは消費税増税による措置するもので今年度及び来年度については継続するが、令和3年度については介護保険事業計画の第8期計画として見直されることから、ことし10月から来年度につき、現状で実施されとることでした。

尼崎市議会 2021-12-10 12月10日-01号

尼崎市立保育所設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について第4 議案第124号 尼崎農業共済条例を廃止する条例について第5 議案第117号 令和年度尼崎一般会計補正予算(第4号)第6 議案第118号 令和年度尼崎特別会計国民健康保険事業費補正予算(第1号)第7 議案第119号 令和年度尼崎特別会計農業共済事業費補正予算(第1号)第8 議案第120号 令和年度尼崎特別会計介護保険事業費補正予算

加西市議会 2021-09-26 09月26日-04号

次に、介護人材確保事業の内容について質問があり、執行者からは介護人材育成についてはインターンシップを重要な点と考えており、近隣の大学、特に福祉看護部門がある大学の学生に加西市内福祉施設等において実習に入っていただき、そこで課題を見つけ、その課題を解決していくという過程を踏んでもらい、施設の中で実際にどのような介護が行われているか、課題はあるのか、逆に介護の場面で喜びを感じ取ってもらえることで、介護

三田市議会 2021-08-23 08月23日-01号

平成30年度決算につきましては、現在、各会計決算認定監査委員審査に付しているところであり、審査終了後、意見書を付して追加提案したく考えておりますので、ご了承を賜りたくお願い申し上げます。 それでは、今期定例会に提案いたしました議案につきましてご説明を申し上げます。 まず、令和年度一般会計補正予算では、7,229万円の増額補正をしようとするものであります。

尼崎市議会 2021-06-14 06月14日-04号

きょうは介護保険の問題と事業系のごみの問題で質問をさせていただきたいと思います。 まず、介護保険事業者事業運営についてからです。 直接には介護保険事業者の閉鎖をめぐっていろんな問題が生じています。それを通して介護保険制度の改定がどのような影響を及ぼしているのか、こんなことも含めて考えていく必要があるなというふうに感じています。

尼崎市議会 2020-12-25 12月25日-05号

尼崎市立保育所設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について第3 議案第124号 尼崎農業共済条例を廃止する条例について第4 議案第117号 令和年度尼崎一般会計補正予算(第4号)第5 議案第118号 令和年度尼崎特別会計国民健康保険事業費補正予算(第1号)第6 議案第119号 令和年度尼崎特別会計農業共済事業費補正予算(第1号)第7 議案第120号 令和年度尼崎特別会計介護保険事業費補正予算

三田市議会 2020-12-13 12月13日-03号

市として、介護離職を防ぐための取り組みをお伺いいたします。   次に、(2)介護士の負担を減らす介護ロボットの導入支援。   介護離職介護のために会社をやめる人ですが、その裏で介護士をやめる方もおられます。以前にも指摘しましたが、入浴介護や移動など本当に介護士の体力は負担がかかります。また、介護ハラスメントなどという言葉もあるように精神的にも大変です。

三田市議会 2020-12-12 12月12日-02号

次に、公立幼稚園認定こども園化についてお伺いをいたします。   待機児童年齢は0、1、2歳に多いことから、幼稚園認定こども園化し、対象年齢と受け入れ時間を拡大できることは非常に有効です。三田市においても、市立幼稚園認定こども園化の検討は進められており、計画では令和5年度に認定こども園の開設を目指すとあります。   

加西市議会 2020-12-11 12月11日-03号

現在、加西市では活動的な85歳を目指し、高齢者福祉事業を実施され、地域活動については、はつらつ委員会やいきいき委員会、いきいき体操など、住民主体介護予防に取り組んでおられます。その中で、高齢者の方々の要介護支援認定申請数及び認定者数は年々増加をしております。特に、要支援認定者がふえている状況がございます。そこで、現時点での要介護支援認定現状とその現状に対する要因をお聞かせください。