12029件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2019-08-21 令和 元年 8月21日総務常任委員会−08月21日-01号

現場では、仮囲いの設置など安全対策を行った後、地下掘削時の土どめなどのシートパイルを敷地周辺地下14メートルまで施工いたしました。  次に、4月中旬より支持層までくいを施工し、地下の建設に必要な部分を約7メートルまで掘削し、現在は、赤で示しているとおり、地下の地中ばりを施工中でございます。  

西宮市議会 2019-08-06 令和 元年 8月 6日健康福祉常任委員会-08月06日-01号

医療安全性を確保するためにも医療機器の更新を行い、手術件数を回復し、収益の増を図っていきたいと考えております。  続きまして、4ページをお願いいたします。  2番目は、救急患者の減少についての分析と対策でございます。  「4月~6月の前年度との差」の表には、先ほど説明しました救急搬送受け入れ件数と応需率の比較を掲載しております。

西宮市議会 2019-07-29 令和 元年 7月29日建設常任委員会-07月29日-01号

これに関しては、西宮市総合交通戦略の中で課題として、公共交通の充実による地域内や地域と拠点間の連携強化及び拠点の形成、これが一つの課題となっております。もう一つの課題は、外出等を容易にするための交通関係施設の整備、移動手段の確保、移動の支援等、これが主な課題となっております。  

西宮市議会 2019-07-23 令和 元年 7月23日総務常任委員会-07月23日-01号

どっちにしても、皆さん、割と関東地域に偏ってますので、今は交通発達してますから移動は可能やと思いますので、草津市なんかを入れていただいたらありがたいなというふうな感じがしますね。  以上です。 ○篠原正寛 委員長   国とおっしゃったのは、このテーマで言うと、例えば総務省みたいなイメージですかね。 ◆中尾孝夫 委員   総務省内閣府ですか、そういうことを推進しているところは。

西宮市議会 2019-07-08 令和 元年 7月 8日民生常任委員会−07月08日-01号

平成30年10月9日火曜日午前10時50分ごろ、阪神西宮駅の北側、和上町1番地先のT字路の交差点において、燃やすごみを収集していた市車両と自転車による交通事故が発生いたしました。事故車両は、美化第2課の小型じんかい車219号車、運転手は黒崎奨、男性、28歳です。相手は、西宮市━━━━━━━━━━━━、━━━━、━━、━━━です。  

西宮市議会 2019-07-08 令和 元年 6月(第 1回)定例会−07月08日-07号

                                          215      議案第27号 和解の件(車両事故の件)                 (民  生)  第7                                          215      総務常任委員会の所管事務調査の件                   (継続審査)       1 市行政の総合企画及び財政運営について       2 市民生活の安全

西宮市議会 2019-07-03 令和 元年 7月 3日建設常任委員会-07月03日-01号

この法改正により、水道事業者においては、更新にあわせて、指定工事事業者の講習会の受講状況や配管技能者の配置状況など、工事業者の業務内容を確認するとともに、工事事業者に対して適切な指導を行うことで、安全で信頼される給水装置工事の確保や、違反行為、苦情、トラブルの減少及び市民が指定給水装置工事事業者を選択する際の情報源などの有効活用が見込まれております。  

西宮市議会 2019-07-02 令和 元年 7月 2日総務常任委員会−07月02日-01号

この防火装備品には、隊員の安全を確保するため、国の定めた基準がございまして、総務省消防庁平成23年度に消防隊員用個人防火装備品に係るガイドラインを策定し、消防局は、このガイドラインに適合した防火装備品を導入してまいりましたが、平成29年にガイドラインが改正となったことから、新たに防火装備品を整備し、現場で活動する隊員の安全確保を図るもので、令和3年度をめどに全職員の防火装備品を更新する予定でございます

西宮市議会 2019-06-28 令和 元年 6月(第 1回)定例会−06月28日-06号

また、これらの業務に加え、小学校特別支援学校については、校門での児童安全を見守る立哨警備も行っております。  常駐警備業務の契約については、小学校中学校高等学校特別支援学校の全ての施設を一括で発注しておりますが、これは、同種の業務をまとめて発注することで、スケールメリットにより経費の削減を図るためのものでございます。

西宮市議会 2019-06-27 令和 元年 6月(第 1回)定例会-06月27日-05号

私どもが一般的に単車とかバイクとか呼んでいる二輪車は、非常に区分がややこしくて、同じ原動機付自転車でも、法令によって、道路交通法と道路運送車両法では排気量に違いがあります。本市の条例道路交通法第2条第1項第10号と明記してありますから、50㏄以下の、いわゆる原付であります。

赤穂市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会(第4日 6月27日)

質問の第2は、高齢者交通安全対策交通手段の確保です。  高齢ドライバーによる交通事故が増えています。しかし、免許を返納すると途端に交通手段に支障が出てまいります。母子2人の命が失われた池袋暴走事故など、高齢者ドライバーのアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が後を絶ちません。新車の7割以上に安全装置が装備されているといいますが、あとは自己責任なのか。

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

ただ,500平米以上になりますと,開発行為に係ってまいることが多ございますので,そういったことで都市局でありますとか,そういったところでの補足をできるような形にはなってございますけれども,その中でやはり安全基準がそこで決まってございますので,土砂の盛る構造上の基準ですか,それがやはり安全でなければならないということになってございますから,そういった構造基準等をパスしたものについては許可がおりるという

赤穂市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3日 6月26日)

第1点の安心・安全対策についてであります。  その1の交差点付近での歩行者の安全対策についてであります。  今回、滋賀県大津市で起きました保育園児らが巻き込まれました交通事故は大変痛ましい事故でありまして、私も心を痛めておるところでございます。お亡くなりになりました二人の園児に心から哀悼のまことをささげますとともに、負傷されました方々にお見舞いを申し上げたいと存じます。  

西宮市議会 2019-06-26 令和 元年 6月(第 1回)定例会-06月26日-04号

4番目、通園・通学路の安全対策についての質問であります。  平成24年4月の亀岡市で起きた事故を契機に、公立小学校及び公立特別支援学校学部の通学路において、交通安全の確保に向けた緊急合同点検が全国で実施され、文部科学省、国土交通省、警察庁など関係機関等が連携し、通学路の安全対策を実施してきました。このことは、皆様御案内のとおりでございます。

丹波市議会 2019-06-26 令和元年第101回定例会(第6日 6月26日)

6月21日には、健康部長建設部長とともに、丹波警察署長及び丹波県民局長を訪問し、7月の県立丹波医療センター及び市健康センターミルネのオープン後の交通渋滞対策につきまして要望を行いました。  6月22日には、丹波ひかみ農業協同組合第29回通常総会に出席をいたしました。御挨拶の中で、農業従事者の拡大、底上げを図りたいということなどにつきまして述べさせていただきました。  

洲本市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2日 6月25日)

最後に、交通安全対策です。  毎年、道路管理者と所轄警察署交通課において、交通事故防止検討会、現地検討会が行われています。死亡事故が発生した場合は、即現地調査をして何らかの対応がとられていますが、死亡事故に至らない事故の発生箇所の安全対策を現地で検討し、後日対策を施しているのが現状かと思います。この間の市道における現地検討会への対策や実績があればお伺いいたしたいと思います。

姫路市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会−06月25日-04号

当局の答弁によりますと、平成28年度に、イベントゾーン周辺の交通量に同医療センター及び文化コンベンション施設のピーク時を想定した交通量を合わせて交差点需要率等を検証した結果、著しい混雑は発生しないものと想定している、とのことでありました。  本委員会といたしましては、交通渋滞の発生により救急車両の通行に影響が及ばないように、同医療センターの整備完了までに渋滞の発生防止に努められたいことを。  

西宮市議会 2019-06-25 令和 元年 6月(第 1回)定例会−06月25日-03号

土木局長(植松浩嗣) 門戸かいわい通行の安全についてお答えいたします。  まず、阪急門戸厄神駅西側から都市計画道路門戸仁川線までの区間における富倉川の暗渠化による歩道整備につきましては、歩行者などの交通安全を図るために有効対策であると認識しております。しかしながら、水利利用者や沿道土地所有者との協議が進んでいない状況でございまして、事業化には相当の時間を要するものと考えております。