3826件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

他都市などで報道がございますように,適正に野積みされたり,その結果,崩壊,流出等により市民の生活が脅かされているような事例が他都市において発生しているということでございます。神戸市ではどうかということなんですけども,神戸市におきましては,現時点で適正に処理するような事案はないわけではございますけども,残念ながら無許可での埋め立て等がございました。

洲本市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2日 6月25日)

それでは、次に登校、ひきこもり対策についてお伺いいたします。  これまで3番議員から幾度か質問がされてきましたけれども、登校に悩む本人や家族は精神的にも大変であり、義務教育の間にしっかりと対応しなければひきこもりへ流れていく要素が大きいのではないかと思われます。  

伊丹市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会−06月10日-04号

先月の28日に、川崎市で登校中の児童と保護者の命が奪われるという痛ましい事件が発生しました。我が子がいつもどおり、朝、行ってきますと家を出たまま、もう二度と会うことができなくなることを想像しますと、子供たちの安全を守るためにもっとできる対策はないか、また、私自身、これまで不安に感じてきたこと、改善に取り組まなければならないことが思い当たり、今回質問させていただきます。  

伊丹市議会 2019-06-07 令和元年第3回定例会-06月07日-03号

また、学校は、病気等による長期欠席や無気力などを要因とする登校児童生徒に対しても、目の前の事象だけではなく、その要因や背景を把握し、共感的理解と受容の姿勢を持って、できる限り課題の解決に当たっているところです。同時に、児童生徒の置かれている状況によっては、専門家の協力を得て対応することができる体制を構築しております。

加古川市議会 2019-06-06 令和元年第1回定例会(第1号 6月 6日)

大項目1点目、「登校児童生徒の支援について」。  登校の原因は、年齢的なものや学校生活、そのほかのさまざまな要因によって生じるものと考えられます。したがって、どの児童生徒にも起こり得ることです。  質問の一つ目としまして、登校の児童生徒はふえてきていると思われますが、過去5年間と比較して現状を教えてください。  

西脇市議会 2019-05-15 令和元年文教民生常任委員会( 5月15日)

登校問題を近々の課題として捉え、学校教育課と連携し、早期発見、早期対応のために、組織的な対応の充実や教職員の対応能力の向上を図るため、実践に即した内容の研修を実施するとともに、未然防止のために自尊感情を育み、望ましい人間関係の形成を図ります。  

加古川市議会 2019-04-17 平成31年総務教育常任委員会( 4月17日)

それでは、10ページのいじめ、登校の取り組みの「子どもの自殺予防のための取組を充実させ」というところですけれども、あしたの福祉環境常任委員会で報告の予定になっていますが、加古川市自殺対策計画ができまして、その概要版を見ますと、児童生徒のSOSの出し方に関する教育を実施しますと明言されているんです。

加古川市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第7号 3月26日)

さらに委員から、支援関係者への情報提供に対する意思表示の状況をただしたのに対し、理事者から「対象者約1万人に対し意思確認を行っているところであるが、現在のところ、約3,600人が同意、約1,900人が同意であった。意思表示のない約4,400人については、引き続き地域の協力も得ながら意思確認に努めたい」との答弁がありました。  

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

第2点は、登校の問題についてであります。  委員会において、平成29年度の本市における公立小・中学校の登校児童生徒数が全児童生徒数に占める割合は全国や兵庫県と比較して高く、深刻な状況であると考えるが、登校の児童生徒がふえている原因にはどのようなことが考えられるのか、との質問がなされました。  

伊丹市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会−03月25日-09号

また、廃止となった大学等奨学金貸付金が予算計上されている理由や国の制度の概要、相談窓口設置予定の有無が問われたのを初め、家庭学習の定着に向けた取り組みと転入生への周知方法、家庭環境に応じた配慮の必要性がただされたほか、体罰の現状と調査方法、中学校3年生の登校生徒に対する内申書の評価について問われました。  

西宮市議会 2019-03-22 平成31年 3月(第17回)定例会−03月22日-08号

また、引き続き今後も、中学3年生までの35人学級の早期実現、あるいは登校児童生徒の状況に応じた学びの場の確保に、より柔軟な形をお願いしたいと思います。  また、過去何度か一般質問等で質問してまいりました性的マイノリティー、いわゆるLGBTの当事者への支援については、これは全く進んでいないという実感であります。

猪名川町議会 2019-03-22 平成31年第393回定例会(第4号 3月22日)

次に、学校に来ても普通教室に入れない生徒のために猪名川中学校にプレハブ教室を整備するとのことだが、設置場所は適当かとの質疑に対して、現在、別室登校している生徒は、授業開始後に登校し、授業終了前に下校しており、できるだけほかの生徒と遭遇しない環境をということで学校とも協議し、校舎の外に設置するもの。

高砂市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第15日 3月19日)

○教育長(衣笠好一君)  まず登校の適応指導教室の内容と手続のことですけども、高砂市では登校傾向にある児童生徒を切れ目なく支援するために教室に入りにくい児童がまず学ぶ別室での学習指導、それと今議員のご指摘いただいた適応指導教室、のびのび教室の設置を行っております。

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

扱った事案の総数は739件で、内訳は登校問題が342件、家庭環境の問題が127件、発達障害等に関する問題が118件となっております。また、要保護児童地域対策協議会の実務者会議や、小中学校の生徒指導担当者会、登校担当者会にも出席し、児童・生徒の情報を収集、分析し、教員に支援方法の助言をするなど、学校の児童・生徒支援体制の強化につなげております。  

淡路市議会 2019-03-15 平成31年第77回定例会(第5日 3月15日)

登校、いじめ、児童虐待、ひきこもりが社会問題となっているが、本市の現状についてお尋ねをしていきます。  他の議員が何度も質問をしており、繰り返しの答弁となろうかとは思いますが、現状、登校、いじめ、児童虐待、ひきこもり等の現状はどうかについて御答弁をお願いいたします。 ○議長(太田善雄)  教育長、山田一夫君。

伊丹市議会 2019-03-15 平成31年一般会計予算等審査特別委員会−03月15日-01号

本来は各自治体にそうした機会を得られるところが、施設があれば最もいいなとは思うわけなんで、今おっしゃったような形で前進していくことを期待して、この点は終わりますけども、次に、登校支援、スクールサポートで、スクールソーシャルワーカーの話ではなくて、違ってたらまた次のところで言っていただければと思うんですけども、登校になりますと、当然、学校で、要は、学習ができない状況になるわけで、高校入試の際には、

たつの市議会 2019-03-14 平成31年第1回たつの市議会定例会(第3日 3月14日)

なお、すくすくにおける児童虐待やDV、非行、登校、いじめ、問題行動等、子供に関する相談件数は、平成28年度452件、29年度809件、30年度は、2月末現在で、988件と大幅に増加しております。  次に、2つ目のご質問の拠点はどこで、どのような体制で行われるのかについてお答えいたします。  まず、設置場所につきましては、児童福祉課・子育て応援センターすくすくがその役割を担っています。

高砂市議会 2019-03-13 平成31年 3月定例会(第11日 3月13日)

登校園のときの安全対策ということでございますが、朝の小学生の登校時間は、もっと早い時間になりますので、園児との登園時間とは重なることはないんですけれども、夕方のちょうど小学生の子どもたちが帰ってくる時間帯に、ちょうど2号、3号認定の子どもたちが帰る時間と重なるというようなことになると考えてます。