818件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

洲本市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2日 6月25日)

続いて、デマンドタクシーについてであります。  デマンド交通の原点は意外と古く、1972年に大阪府最北部の能勢町で廃止に瀕した民間バス路線をデマンド化で存続させ、高齢者の足を確保したのが日本初の導入であります。最初はバスの考えしかありませんでしたが、その後、タクシーにも応用できないか検討がなされて、全国で試験運行を経て、本格実施している地域も全国で数多く広がっております。  

加古川市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第4号 6月19日)

市としても、公共交通の問題を重要課題とし、市長も公共交通の充実を公約とされ、バスの上限運賃制度やデマンドタクシーの検討なども進められております。  そのような点からも、請願理由につきましては十分理解をするものの、請願事項にある70歳以上にバス・タクシー優待利用券を交付してくださいという点については賛成をしかねます。

加古川市議会 2019-06-10 令和元年第1回定例会(第3号 6月10日)

○都市計画部長(中田直文)   「高齢者の自動車事故と対策について」のうち、「返納後の日常生活を支える移動手段とその対策について」ですが、免許返納後も移動手段が確保できるよう公共交通網の整備を進めるほか、デマンドタクシー等ドア・ツー・ドアサービスの導入の可能性について検討を進めてまいりたいと考えております。  

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

第1点は、夢前町前之庄地域におけるデマンド型乗り合いタクシーの社会実験についてであります。  本市では、デマンド型乗り合いタクシーの本格運行に向けた効果検証を行うため、平成31年1月21日から3月29日まで、市内2地域で社会実験を実施しているところであり、夢前町前之庄地域では、前之庄地域内ルートと福崎町ルートの2つのルートが設定されております。  

姫路市議会 2019-03-13 平成31年3月13日建設委員会−03月13日-01号

平成31年3月13日建設委員会−03月13日-01号平成31年3月13日建設委員会 平成31年3月13日(水曜日) 建設委員会 第5委員会室 出席委員 重田一政、妻鹿幸二、石堂大輔、八木隆次郎、 宮下和也、東影昭、八木高明、大西陽介 開会 9時57分 都市局              9時58分 前回の委員長報告に対する回答 ・姫路市デマンド型乗り合いタクシーの社会実験について  平成31年1月21

姫路市議会 2019-03-13 平成31年3月13日総務委員会−03月13日-01号

また、公共交通をもっと充足させてほしいという部分で、今回、夢前町の前之庄や花田町の高木でデマンド型タクシーの社会実験を実施し、本格運行するとのことである。地域住民の声をどのように施策に反映させていくのかは、社会実験の例も含めて、十分考えて実施してもらいたいがどうか。 ◎答   他局との連携に関しては、しっかり調査・分析結果を活用してもらいたいと思っている。  

香美町議会 2019-03-13 平成31年第110回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019年03月13日

ちなみに、1年前の答弁を抜粋してみますと、町長の答弁の中の一つとして、自由度を増したデマンド運行への転換導入を図る方向で検討しているところ。2つ、複数ある運行方式についても具体的に検討し、できる地域から進めることで町民の皆様の日常生活の維持に向けた支援を進めたい。

西脇市議会 2019-03-11 平成31年総務産業常任委員会( 3月11日)

一つ目がデマンド型交通の運行です。デマンド型交通は、自宅付近の指定場所から目的地まで事前の予約に応じて運行するもので、平成33年度に導入しようとするものです。これにより市内の公共交通空白地を解消し、手軽に公共交通の利用ができるようになるものと考えております。  

姫路市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会−03月06日-05号

お尋ねの各分野ごとの施策といたしましては、まず、地域コミュニティ面では、地区連合自治会を中心とした地域活動組織による地域課題解決に向けた事業計画の策定や、将来的に公民館を地域活動の場として、より効果的に活用するための利用方針の検討など、産業面では、地域特性に応じた農林水産業の振興や、新たな取り組みとしての6次産業化の推進、また新規就農者の育成支援など、また、交通面では、公共交通空白不便地域におけるデマンド

稲美町議会 2019-03-05 平成31年第253回定例会(第3号 3月 5日)

今後も引き続きデマンド型乗合タクシーの導入に向け、粘り強く協議を続けてまいります。  以上でございます。 ○議長(赤松愛一郎)  遠藤孝明子育て支援担当部長。 ○子育て支援担当部長(遠藤孝明)  それでは、私のほうから質問事項3の18歳までの医療費無料化についてお答えいたします。  

稲美町議会 2019-03-04 平成31年第253回定例会(第2号 3月 4日)

当町の基本的な姿勢としましては、路線バスの維持、確保、これと合わせましてデマンド型乗り合いタクシーの導入、この2つを柱に進めるということにいたしておるところでございます。現在のところ、デマンド型乗り合いタクシーにつきましては路線競合の問題、これの解決の時期がお示しできない状況にございます。

姫路市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会−03月04日-03号

4点目に、デマンド型乗り合いタクシーについてお聞きします。  本年1月から夢前町と花田町高木でデマンド型乗り合いタクシーの運行を始めていますが、利用状況はいかがでしょうか。既に、利用料金や利用ルート、乗降場までの距離など課題が指摘されているとお聞きします。本格運行に向け、さらに利用の促進につなげる改善が必要であると考えますが、検討されている内容について、お伺いします。

明石市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会 3月議会 (第4日 3月 1日)

今後、たこバスのあり方も検討されますが、先ほどの議員の答弁でもございましたが、たこバスが行き届かないところもあるということで、私は、平成21年6月の本会議におきまして、利用者のニーズに合ったデマンド交通の導入も質問いたしました。このデマンド交通の導入について、市の考えをお聞きいたします。 ○議長(穐原成人)    東都市局長。 ○都市局長(東 俊夫)    都市局長でございます。  

猪名川町議会 2019-03-01 平成31年第393回定例会(第3号 3月 1日)

また、その際には、デマンド交通や自家用有償運送の有効性など、新たな交通モードの導入についても検討してまいりたいと考えております。  以上、ご答弁とさせていただきます。 ○議長(肥爪勝幸君) 岡本君。 ○1番(岡本信司君) 公共交通の整備は、猪名川町での暮らしを支える重要な役割を果たすものです。

猪名川町議会 2019-02-27 平成31年第393回定例会(第2号 2月27日)

移動サービスの実証実験に関しましては、川西市ではデマンド交通の実証実験を行いながら走行データ等を蓄積し、将来の自動運転の導入につなげようとされておりますが、本町におきましても、公共交通の調査結果等からさまざまな可能性を検討してまいります。  ご意見にある日生ニュータウンでも、高齢化率は約42%となっており、今後の移動手段の確保に関しましては、課題だと認識をしているところでございます。  

香美町議会 2019-02-26 平成31年第110回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年02月26日

村岡、小代区については、既存の路線バスが運行する中では、自由度の高い公共交通機関の新たな運行は困難であること、香住区については、抜本的な見直しは可能ではあるものの、現行の町民バスの運行を市街地巡回路線とデマンドバス等に改変した場合に、管理運営形態の大幅な変更と運行経費の増嵩が見込まれる上に、デマンドバスにつきましては事前に電話予約が必要になるため、利用者増加につながるかどうか不透明であるなどの課題が

姫路市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会-02月21日-01号

については、総合交通計画の改訂を行うほか、公共交通や徒歩などを含めた多様な交通手段を適度に利用する状態を目指し、環境や健康などに配慮した交通行動を呼びかけるモビリティ・マネジメントを推進し、パーク・アンド・ライドやサイクル・アンド・バスライドの推進、地方バス路線の維持確保対策の実施、コミュニティサイクル「姫ちゃり」の活用など、引き続き公共交通の利用促進に取り組むとともに、交通空白・不便地域においてデマンド