2061件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三田市議会 2023-09-10 09月10日-03号

今年はラグビーワールドカップ2019日本大会が、来年には東京オリンピックパラリンピックが、また2021年にはワールドマスターズゲームズ2021関西開催されます。そんな中、東京オリンピックパラリンピックに参加する海外チーム事前合宿地ホストタウン兵庫県内の自治体が名乗りを上げ、神戸市を初めとして7市1町で合宿地が決定をしています。

三田市議会 2022-11-28 11月28日-01号

無償化に伴い新たに生ずる給付費として1,990万円、インバウンド対策など観光振興に携わる専門的人材を配置するための100万円、全小学校の特別教室等空調設備を設置するための設計費として5,100万円、けやき台中学校規模改修事業において、国庫内示を受けた内容を前倒し実施するための工事費として4,095万円、令和2年度から三田三輪幼稚園で3歳児保育実施するための備品費として136万円、東京2020オリンピックパラリンピック

加東市議会 2021-06-18 06月18日-02号

今後、オリンピックパラリンピックもございますので、確認をさせていただきます。 4項目め、先の見えない公共交通取組についてであります。 先日も公共交通会議があったようにお聞きしました。喫緊の課題であると言われている割には進捗が非常に悪いように思われますので、令和の時代になり、新たな気持ちで新たな取組を進めてはどうかと思いますが、その後の市の取組方法を伺います。 

加東市議会 2020-12-24 12月24日-03号

なぜ、合併特例債が延長されたのかといえば、それは被災地復興オリンピックによって資材が高騰しているからです。そして、国は、その時期をずらして発注してくださいという意味も込めて延長されています。なのに、加東市は、今すぐにでも、バブルのときに建てようとしているので反対いたします。 また、今の設計欠陥だらけです。音響対策もされていませんし、浸水もいたします。

加東市議会 2020-12-17 12月17日-02号

東京オリンピック2020においても、皆様御承知のように、マラソン、競歩がドーハで開催された世界陸上マラソン競技の結果を踏まえ、開催地が急遽札幌に変更された状況であります。 これも全て熱中症対策であり、特に児童・生徒の健康管理は十分注意する必要があります。熱中症は、昼間大した症状もなく、帰宅してから夜症状が出る場合もあります。

三田市議会 2020-12-13 12月13日-03号

その理由については、東京2020オリンピックパラリンピックの期間中にあたり警備員確保ができないことから市民の安全が守れないとして苦渋の選択をされたと聞いています。   ここで、お伺いいたします。   市は警備員、安全の確保ができないとのことですが、例年どおり開催される市もあり、こうした状況をどのように受けとめておられるのでしょうか。

加東市議会 2020-12-02 12月02日-01号

11月に入りまして兵庫県の金澤副知事と同行して関係省庁関係議員にその要望を提出してきたところでございますが、今の状況は来年の東京オリンピックに出場する選手からは徴収しないと、こういう政府・与党はゴルフ場についての方針を固めたと、こんなことが出てございました。 もう一つは、いわゆる課税対象となる年齢幅縮小をこれから議論をしていくという、こんなことも言われておるようでございます。

猪名川町議会 2020-06-19 令和 2年第400回定例会(第3号 6月19日)

好景気を生むと言われたオリンピックパラリンピックは来年に延期規模縮小中止すらあり得るとのことです。ここ数年の我が国の景気を支えていたインバウンド収入の回復も全く期待できません。4月、5月の日本人と外国人の出入国が前年比99%減という、恐ろしい数字観光庁から発表されました。

姫路市議会 2020-06-18 令和2年6月18日建設委員会−06月18日-01号

国の新型コロナウイルス感染症対策基本的対処方針及び業種ごとに策定される感染拡大予防ガイドライン等を参考に、直前に予定されているオリンピックなどの動向も注視し、イベントの中止延期規模縮小などのリスク管理を行いながら準備に取り組みたいと考えている。 ◆要望   同様の施設を持つ他都市としっかり情報を共有し、よりよいオープニングシリーズ実施MICE誘致ができるよう取り組んでもらいたい。

洲本市議会 2020-06-16 令和 2年第4回定例会(第2日 6月16日)

本来であれば、この6月は、来月の7月22日に東京オリンピック2020の開会が予定されていた、そんな時期であります。期待に胸を大きく膨らませる、そんな時期であり、聖火日本中を駆け巡っていた、そんな状況であっただろうけれども、この数か月間はコロナコロナコロナということで、このような形での質問となるということに、言いようのないものが込み上げてきます。