1081件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市川町議会 2019-03-12 平成31年第3回定例会(第2日 3月12日)

第1に、寄附金額の多寄附のお願いの仕方が比べ物にならない。1点は、一般行政には想像もできない方式で、他市町の商品を組み合わせた返礼品を送ったり、企業方式できめ細かく取り組んでいる。こういったことを真剣に取り組んでいくには、一つの課をふやして、それに専念して行ってはどうか思うんですが、これについて答弁をいただきたい思います。 ○議長(津田 義和君)  町長、岩見武三君。

高砂市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第 7日 3月 7日)

実質収支につきましては、一部の年度で財政調整基金の取り崩しはあるものの、1億円から2億円の範囲でありまして、これもそういう意味では堅調を保っておるというふうに考えております。  財政調整基金については、20億円台をキープをしております。また、健全化判断比率についても、健全な範囲にあるということの内容なっておりまして、総括としては、そのように認識をしております。  

豊岡市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3日 3月 5日)

身体や知的に障害のある方が社会参加をする上で不利感じられている点につきましては、移動やコミュニケーションに困難がある点だというふうに認識をいたしております。移動については、公共交通機関の利用、買い物や行事参加等でヘルパーの支援が必要な場合があります。

稲美町議会 2019-03-04 平成31年第253回定例会(第2号 3月 4日)

何もこれは都市部に限った問題ではなく、やはり電柱はないほうがいいんじゃないかということでやられている思うんです。ですから、稲美町でそれを取り入れろとんでもない話なので、ただ、本当に事故の起きやすい、過去に事故が何度も起きている電柱、これだけはやはり撤去、移動していただきたい。やはり電柱の使命いいますか、それも大事ですけど、実際の本当の人命のはかり、重を考えていただきたい。

明石市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会 3月議会 (第2日 2月27日)

SDGsの17の目標には、貧困をなくそう、すべての人に健康福祉を、などの社会面の目標や、働きがいも経済成長も、産業技術革新の基礎をつくろう、などの経済面の目標、つくる責任、つかう責任、海の豊かを守ろう、などの環境面の目標といった、大きくは社会・経済・環境の3側面の目標が掲げられております。  

丹波市議会 2019-01-29 平成31年総務文教常任委員会( 1月29日)

市民プラザの改修工事完了の予定が9月なっておりますので、引き渡し日は10月1日しております。  なお、12月の本委員会にも御説明を申し上げましたとおり、ゆめタウンの底地の契約期間が、平成38年10月31日なっておりますので、建物の賃貸借契約期間もそれに合わせた期間させていただいております。  

加東市議会 2019-01-01 平成31年 1月 第 83回臨時会

大寒も過ぎ、暦では2月3日の節分までが一年中で最も寒が厳しいところ言われておりますが、気象データでも1月26日から2月4日までが日本が最も寒くなる時期だということでございます。ことしも関西地方では24日ぐらいから寒波のようでございます。インフルエンザもはやっておりますので御自愛いただきたい存じます。 さて、本臨時会には補正予算、条例、財産取得各1件が付議されています。

西宮市議会 2018-12-21 平成30年12月21日総務常任委員会−12月21日-01号

あと、コアなる勤務時間帯というのをしっかりルール化していくべきではないのか、1時間という時間休で自由にフレキシブルにできるのはいいんだけれども、一方ではそれによっていろんな勤務つり合い等が生じる場合もあるんじゃないのかないうことで、コアなる時間帯、勤務時間というのをルール化するのも一つの考え方ではないのかなというふうな御意見が出ました。  

丹波市議会 2018-12-19 平成30年総務文教常任委員会(12月19日)

その辺も十分に御議論いただけたら、こう思っております。  それと一つ、先日の予算決算常任委員会のときにも申し上げましたが、何とか鴨庄香川県ぬき市の連携をということ、これちょっと真剣に考えようかな思っておりまして、北奥自治会長の荻野拓司さん、前に市議会議員もされておりました。

丹波市議会 2018-12-17 平成30年第99回定例会(第6日12月17日)

今何組というのは基準を示されまして、基準いうか、今の状況変わらないということですけれども。これ診療、ミルネの一診療全体から見る、今の現状の柏原赤十字病院ですね、それこの今回ミルネの医療機器の購入、その関係でレベルいう語弊があるかもしれませんが、柏原病院同等か、以上か、そういう判断をする場合、どういうことになるかということを聞いておきたい思います。 ○議長(林時彦君) 健康部長。

稲美町議会 2018-12-14 平成30年第252回定例会(第3号12月14日)

○教育政策部長(松田典浩)  それでは、私のほうから質問事項1の児童生徒の健康安全について、質問事項2の放課後児童クラブについてのお答えをさせていただきます。  まず、質問事項1の児童生徒の健康安全についてでございます。  ①各学校では、従来から児童生徒の携行品の重や量への配慮について、必要に応じたさまざまな取り組みを行ってきました。

稲美町議会 2018-12-13 平成30年第252回定例会(第2号12月13日)

インターネットを利用して、これからもどんどん広がっていかないだめなんじゃないかなあ。本当に、ただにじいろぁ~みんの情報発信でやっていますいっても、なかなかね、広く広がらないの、またやはり若者を通じて広がるいうのが、本当に稲美町のイメージアップにつながる思うんです。

洲本市議会 2018-12-11 平成30年第7回定例会(第2日12月11日)

各目標においては、それぞれ進めていくべきまちづくりの目標なっており、評価ができる点としましては、県立医療センターの建設や淡路県民局、市役所庁舎の建てかえ等、中心市街地の施設更新などが図られ、より一層利便性の高を生かすことが見込まれる点でございます。

赤穂市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4日12月 7日)

記事による、西有年の計画量302万立方メートルは、三木市内に次いで2番目の大きのこと、県からの事前協議書類に対する意見照会に市長は意見を述べることができます。県内の産廃処理状況を踏まえた意見書なるもの考えます。  そこで、お尋ねします。  その(1)は、県内の産廃最終処分場の箇所数処分能力・処分実績について伺います。  

伊丹市議会 2018-12-06 平成30年第6回定例会−12月06日-02号

俳句につきましては、故岡田利兵衞氏が芭蕉研究のために収集し、市指定文化財である芭蕉直筆の「ふる池や」の句短冊を含む一大俳諧コレクションである柿衞文庫の所蔵品も日本遺産の構成文化財として申請する予定なっており、俳句、俳諧を本市におけるブランドとしてさらに発信してまいりたい考えております。  

丹波市議会 2018-11-06 平成30年産業建設常任委員会(11月 6日)

またよど温泉が足湯をしておりましたけども、こういうやり方で観光PRがあるんやな。それを体験された方がこれはどこにあるんですかというようなことで、また説明をさせてもらわんなんということになったんですけども、本当にその当日には丹波年輪の里でクラフト展がありました。それ同時開催でアートクラフトフェスティバルが開催されたりして、これもたくさん遠くの方から来場されとったということでございます。

伊丹市議会 2018-10-26 平成30年10月26日文教福祉常任委員協議会-10月26日-01号

例えばここにあるふれ愛福祉サロンで、住民の方がやってらっしゃる、足らずの分、例えばお茶代だったり、お菓子代だったりが、通常でも補助として出されている思うんですけれども、そういうところに住民の方が地域の福祉のためにやりたいけれども、資金が足らないというようなところに充てられるべきで、それは多分寄附したほうも何か社協の事務費に使われているというふうに思ったら、余りちょっと寄附を頑張ってしようかな、それよりも

西宮市議会 2018-09-25 平成30年 9月25日決算特別委員会総務分科会−09月25日-01号

その一方で、通報された方が地理がよくわからない、なれであったりであるとか、状況がよくわからないという中で通報されているということもふえております。また、市境付近から通報された場合です、電波で発信している関係で、他市――この辺であります芦屋市でありますとか尼崎市等の近隣に通報がつながってしまうということもございます。

加東市議会 2018-09-18 平成30年 9月18日 総務文教常任委員会

◆磯貝委員  冒頭で市長が存続は言っていない、9月4日の総務文教常任委員会翌日の産業厚生常任委員会で、それと今冒頭で存続は言っていない、神戸新聞のところに少し丁寧が欠けているいうか真意でないというところを言われましたが、私としては少し納得ができない。 

稲美町議会 2018-09-13 平成30年第251回定例会(第3号 9月13日)

また別に、新しく別の事業者が東加古川駅に向けてバス路線を設けるという場合は、先ほど国土交通省神戸運輸監理部のお話をいたしましたが、業界全体で乗務員不足が常態化している中で、新しい路線を引こうする業者が現れるは考えにくいというお話、それとまた採算性のよそうな路線のみの新規参入は認められないということです。