運営者 Bitlet 姉妹サービス
4198件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 伊丹市議会 平成30年12月14日文教福祉常任委員協議会-12月14日-01号 紺色の「救命救急センターの設置など、救急医療体制の充実」が31.7%と最も多く、次いで青色の「がんなどに対する最新治療等の高度な医療」が20.5%となっております。その下は最も重要として回答された項目のみの集計となっておりまして、紺色の「救命救急センターの設置など救急医療体制の充実」が56.3%と、圧倒的に多い結果となりました。  次に、7ページをごらんください。 もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) 本市における5大がんの現状ということでございますけれども、兵庫県保健統計年報によります平成28年の5大がんの胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がんの本市の死亡者数でお答えさせていただきたいと思います。  男性は、肺がんが30人で一番多く、次いで胃がんが24人、大腸がんが16人となっております。   もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) 本市におきましては、健康づくりの第一歩として特定健康診査やがん検診などの受診を促し、健康すもと21(第2次)計画に基づきまして、身近な地域で健康増進の後押しになるような環境づくりに努めております。   もっと読む
2018-12-10 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月10日-04号 死亡要因の半数以上を占める、がんや心疾患、脳血管疾患の発症の背景には、生活習慣病が起因しており、糖尿病や高血圧症などが進行し、重症化した結果、このような大きな病気を発症する場合が大半を占めると言われております。 もっと読む
2018-12-06 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第3号12月 6日) これまでの市のがん対策は、健康課が実施する健康づくり講座やがん検診の受診勧奨といった予防策と、高齢者・地域福祉課の若年者在宅ターミナルケア支援事業といった終末期の支援などが挙げられますが、それは、がんイコール死としてのがん対策であり、がんとともに生きる時代に対応した支援も必要ではないでしょうか。  小項目1、「健康課が実施するがん対策について」。   もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 これまでのスクールヘルパーや子ども見守り隊などの地域の見守り活動、ひょうごがんばり学習における学習支援活動など、保護者や地域から学校教育への参画が進むことが望ましいと考えます。また、スクールカウンセラー等の専門スタッフや外部人材の充実に加え、資料印刷や授業準備を行うスクール・サポート・スタッフの配置についても検討してまいりたいと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2018-11-22 宝塚市議会 平成30年11月22日文教生活常任委員会−11月22日-01号 今後の増収見込みとしまして、10月に放射線治療科の常勤医師を採用したことにより、トモセラピーによります放射線治療の診療報酬単価もアップすることや、また、がん化学療法を行います腫瘍内科医師が10月以降3名ふえますことから、化学療法の診療報酬増が見込めますことから、1億7,522万2千円を増額補正しようとするものでございます。   もっと読む
2018-10-25 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月25日) こうしたことから、付属診療所等のそういう医療、それから救急、小児、感染症、こういったような不採算部分の医療を担ってるのが自治体病院といいますか、公立病院でございますので、その一方でやはり、今の先進医療、こういったこともやっぱり地域の中核病院としての役割ということで、高度な、また先進医療、これを提供するという役割もありまして、10月の週刊ポストには、赤穂市民病院ががん拠点病院で生存率5年以内ということ もっと読む
2018-10-11 猪名川町議会 平成30年生活建設常任委員会(10月11日) 主に国保事業の運営の安定化を図るための事業で、実施状況や国保財政の影響を与える特別な状況に応じて交付されるものであって、本町にとりましては、特定健診やがん検診の受診率の高さによって一定増額となっておるものでございます。  続きまして、8款1項1目共同事業交付金で、1節共同事業交付金、収入済額8億3,936万8,172円でございます。 もっと読む
2018-10-10 猪名川町議会 平成30年生活建設常任委員会(10月10日) 次に3目衛生費国庫補助金、収入済額149万2,000円で、生活部に係りますものは、1節保健衛生費補助金105万4,000円、備考欄の疾病予防対策事業費等補助金82万9,000円は、乳がん、子宮頸がん、大腸がんの受診率向上対策として、無料クーポン券を発行し、受診勧奨を行う国庫補助金分でございます。 もっと読む
2018-10-05 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−10月05日-06号 繰越明許費の補正として財政事務事業外6件、債務負担行為の補正としてがん等検診委託料外2件、地方債の補正として農林施設災害復旧事業債外3件を追加、清掃運搬施設等整備事業債の限度額を減額し、河川整備事業債、臨時財政対策債外2件の限度額を増額するものです。  論点は、特に設定しないで質疑を行いました。   もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 しかしながら,平成26年度に議員提案によりまして神戸市も神戸市がん対策推進条例が施行され5年が経過しようとしておりますが,先日の福祉環境委員会において29年度の実績が報告されて,胃がん検診の内視鏡検査や口腔がん検診などの取り組みが新たにスタートしたというのも伺っておりますが,神戸市のがん検診の受診率で言えば,政令市で比較しても胃がん検診が15位,肺がんが17位,大腸がんが10位,子宮頸がんが14位, もっと読む
2018-10-03 宝塚市議会 平成30年10月 3日文教生活常任委員会−10月03日-01号 また、がん医療の推進ということで、外科治療のほかに化学療法、それから本年度から始まりました放射線治療を通しまして、がん医療の高度医療を提供しているところでございます。こういう取り組みによりまして、公立病院としての役割を果たして、目指そうとしているところでございます。 もっと読む
2018-10-01 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-10月01日-05号 これはしっかりと各地の医師会、また、県立子ども病院なんかが打ち出していますけれども、たばこの煙による子どもへの害として、ぜんそく発作や急性気管支炎、肺炎、また小児がん、歯周病、発育障がいや知能の発達にも影響が出る、将来的にこのような発病をする可能性が高まるということで、大人とは全く違った注意が必要だということで、世界的にはたばこの煙は子どもへの虐待だと、子どもの前で吸うことは、その子どもをスポイルすることになるというふうなところまで もっと読む
2018-09-27 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会( 9月27日) 大きな例えば姫路医療センターさんですとか、姫路日赤さんですとか、そういったところに今も逆紹介してるところなんですが、そういった患者様の症状が安定したりとか、あとは例えばがん末期になりまして、緩和ケア目的で当院のほうにまた、帰ってくるということもございますので、そういった連携をしております。 ○前川委員長  病院事業会計について他にございませんか。 もっと読む
2018-09-26 伊丹市議会 平成30年特別会計並びに企業会計決算審査特別委員会−09月26日-01号 また、がんの新薬のオプジーボなどの利用の状況いうのはどういうふうに推移してるのか。また、その高額薬剤が薬価の改定があったから医療費も安く済んだみたいなことも出ておりましたけど、国保会計の医療給付費はどれぐらい減少してるのか、改定が少なくなったことによって実際どれぐらい医療費が減少しているのか、その辺についてちょっとお聞きしたいと思います。 もっと読む
2018-09-26 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-09月26日-02号 その中で、がんセンターを中心に副病院長等の任命、新しい病院長の任命等もあるんですけれども、9月30日付で退職される医師が3名おられます。お一人はある診療科の主任医長であると、そのようにも記載されておられます。そのように配慮されている中で、やはり防ぎ切れずにと申しますか、このような現状です。 もっと読む
2018-09-21 小野市議会 平成30年第413回定例会(第3日 9月21日) 第2項目、乳幼児健診における小児がんの早期発見について。  市民福祉部参事にお伺いをいたします。  我が国では、先天異常や不慮の事故を除き、小児における死亡原因の第1位はがんとなっております。小児がんの患者と家族は、発育や教育への対応など、成人のがん患者とは異なる課題を抱えております。   もっと読む
2018-09-20 小野市議会 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日) 厚生労働省では、がん検診の重要性を周知するため、毎年10月に「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン」を実施していますが、小野市における乳がん検診受診率向上への取り組みと課題についてお伺いをいたします。  第3項目、太陽光発電設備と地域住民の暮らしについて。  平成28年の第402回定例会において、太陽光発電設備と環境保全について、一般質問を行わせていただきました。   もっと読む
2018-09-20 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−09月20日-06号 まず、1点目、乳幼児健診における小児がんの早期発見について。  子供の死因原因の第1位は小児がんとなっております。がんは大きく分けますと胃がん、肺がんなどの粘膜上皮にできるがん腫と、白血病や脳腫瘍のように筋肉や血液、骨にできる肉腫の2つになりますが、大人のがんは9割以上ががん腫であるのに対し、小児がんの9割以上は肉腫だそうです。 もっと読む