運営者 Bitlet 姉妹サービス
1234件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 伊丹市議会 平成30年12月14日文教福祉常任委員会−12月14日-01号 いじめや不登校も、子供の悩みに周りは気づきにくく、子供が命を絶ってしまう悲惨な状況がおさまりません。このようなときに、一人一人の子供たちの顔をしっかりと見られるような学校での先生と生徒が心を通わせることができる環境が大切ではないでしょうか。  内閣府警察庁の調査によると、児童生徒の自殺の原因、動機のうち、約4割は学校問題が関連しているそうです。 もっと読む
2018-12-14 伊丹市議会 平成30年12月14日文教福祉常任委員協議会-12月14日-01号 しかしながら、依然として年間の自殺者数は2万人を超えて推移しておりますことから、非常事態は解消されておらず、楽観できないという状況でありますことから、制定から10年後の平成28年4月に、自殺対策基本法が改正されまして、市町村は地域の自殺対策計画を定めることとされました。  兵庫県においても同様に、平成29年12月に、兵庫県の自殺対策推進方策を改定しまして、兵庫県自殺対策計画として策定しております。 もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) 次に、いじめ・不登校の対応について伺ってまいります。  10月26日の新聞に、いじめ41万件過去最多と文字が躍りました。文部科学省が2017年度に認知したいじめの件数が報道され、多くの父母、市民が衝撃を受けたのではないかなというふうに思います。私もびっくりしました。 もっと読む
2018-12-06 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第3号12月 6日) 全国各地で、子供に対する暴力、いじめ、虐待から守る条例が制定されています。近隣では、平成19年に小野市が全国初のいじめ等防止条例を制定し、いじめだけでなく、虐待も盛り込んでいます。 もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 一昨年施行された改正自殺対策基本法や自殺の実態を踏まえ、同法に基づいて指針となる、新たな自殺総合対策大綱が昨年、抜本的に見直されて、決定されました。  しかし、残念ながら日本の自殺死亡率は、主要7カ国の中で最も高い数値となっています。 もっと読む
2018-10-18 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月18日) そして、それでその他の火災ですけれども、休耕田の枯れ草が3件、河川敷の雑草が2件、軌道敷のり面の枯れ草が1件、あとショッピングセンターの屋外に設置しているごみ箱の火災が1件、それと廃屋が1件、それとこれは空地で焼身自殺がありましたので、それが1件含まれた9件になっております。 ○前川委員長  田渕委員。 ○田渕委員  はい、わかりました。   もっと読む
2018-09-20 小野市議会 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日) また、議員ご指摘のとおり、近年、夏休みなど長期休暇が明けた時期に集中して、18歳以下の自殺が多いと言われています。  各校の対応につきましては、平素より欠席児童生徒の保護者に対して欠席理由と本人の所在確認を確実に行うとともに、長期休業期間には、教員研修等で文部科学省の自殺予防マニュアルの確認、欠席が多かった児童生徒への定期的な連絡を行うなど、自殺の未然防止に努めております。   もっと読む
2018-09-14 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−09月14日-03号 川西市では1990年代、全国的に子供のいじめが深刻な問題になったとき、子供にアンケート調査を実施しました。その結果、この1年間にいじめを受けた子供が、小学校高学年で4割、中学生で二、三割、生きているのがつらいと答えた子は、クラスに1人から2人いることがわかりました。そこで川西市は、国連の子どもの権利条約に基づいて、1998年12月に川西市子どもの人権オンブズパーソン条例をつくりました。 もっと読む
2018-09-03 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−09月03日-01号 特に、我々の会派では賛成と反対、分かれましたけれども、賛成した議員も、やはり今回のことに関しては白紙委任じゃなしに、しっかりと市長が責任をとるということを受けて、賛成、反対、分かれましたので、そこら辺は行政、危機管理がない、そうです、中学生の自宅放火事件もありましたし、今回のいじめかどうか、まだ結論が出ていませんけれども、自殺の事件も受けて、本当に宝塚の教育行政は危機的な状況の中で、またこういう議会 もっと読む
2018-06-15 猪名川町議会 平成30年第390回定例会(第2号 6月15日) 3点目としまして、SNSを活用した悩み相談事業への取り組み、いじめ自殺防止対策の充実についてお尋ねいたします。  スマートフォンや携帯電話の普及により、LINEなどで仲間外れにされたりという話をよく耳にいたします。先月、5月13日の読売新聞には、長時間LINEをしていて、友情にひびが入り、自殺をされたという少女の記事を目にいたしました。本当に胸が痛くなりました。   もっと読む
2018-06-14 姫路市議会 平成30年6月14日文教・子育て委員会−06月14日-01号 ・姫路市いじめ防止基本方針について インターネット上の情報を的確に把握する体制の構築については、国や県の動向を注視しつつ、検討していく。情報モラル教育については、児童生徒、保護者を対象に、ネットトラブル対策講座「情報モラル教室」を実施し、ネット被害の被害者や加害者になることがないよう、正しい使い方、ルールの設定などの啓発活動を行っていく。 もっと読む
2018-05-29 宝塚市議会 平成30年 5月29日文教生活常任委員会-05月29日-01号 いじめ問題も今ほど私たちの時代は深刻になるケースが少なかったですし、保護者の対応も30人と40人とでは全く数も違ってきます。 もっと読む
2018-05-23 加古川市議会 平成30年福祉環境常任委員会( 5月23日) ○稲岡健康課長   今までの13課での庁内の自殺対策連絡会議の協議内容についてですが、各年度の加古川市、兵庫県などの自殺者の現況についての情報共有をしてきました。 もっと読む
2018-03-26 加古川市議会 平成30年第1回定例会(第7号 3月26日) 子供にとって、安全・安心であるべき学校でいじめが原因でみずからの命を絶つという痛ましい事案が発生しました。加古川市は、第三者委員会による提言を受け、いじめ防止対策改善基本5か年計画を策定し、この計画に基づき、さまざまな事業を実施していきますが、教職員を初めとする関係者が一体となり、二度とこのような事象が発生しないよう、最重点事業として取り組みを求めます。  次に、中学校給食についてであります。   もっと読む
2018-03-20 播磨町議会 平成30年度予算特別委員会 (第5日 3月20日) 事業番号0000967、子ども支援事業は、ふれあいルームを拠点に子供悩み相談や町内外の関係機関と連携を図り、不登校やいじめ等の課題解決に取り組んでいるところでございます。8節報償費ですが、ふれあいルームに配置しているメンタルフレンドに対する報償費でございます。  143ページをお願いいたします。 もっと読む
2018-03-20 姫路市議会 平成30年3月20日予算決算委員会−03月20日-01号 年度姫路市水道事業会計予算 ・議案第10号 平成30年度姫路市都市開発整備事業会計予算 ・議案第11号 平成30年度姫路市下水道事業会計予算 ・議案第12号 平成29年度姫路市一般会計補正予算(第6回) 再開               10時03分 分科会長報告について       10時03分 文教・子育て分科会長報告 ・総合教育センターの管理運営に要する経費のうち、教育相談員配置事業について  いじめもっと読む
2018-03-16 播磨町議会 平成30年度予算特別委員会 (第3日 3月16日) 事業番号0001128、自殺予防事業について、自殺対策基本法の改正により、地方公共団体の自殺対策計画の策定が義務づけられたことに伴い、平成30年度に播磨町自殺対策計画を策定することとしております。1節報酬は、自殺対策計画策定委員報酬で延べ10回分と考えております。13節委託料は、計画策定に係る支援業務を委託する費用でございます。 もっと読む
2018-03-14 宝塚市議会 平成30年度予算特別委員会−03月14日-04号 次に、いじめ防止対策推進事業において、「CAP」いじめ防止プログラム講師謝礼を226万8千円計上しています。  次に、スクールネット活用事業を2億3,391万7千円計上しています。  次に、285ページをお願いいたします。  285ページでは、小学校施設整備事業を5億259万1千円計上しています。  次に、287ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-03-13 播磨町議会 平成30年 3月定例会 (第2日 3月13日) (3)自殺防止対策について。  昨年度「改正自殺対策基本法」が施行され、国や地方自治体に策定などの取り組みを定めた「自殺総合対策大綱」が昨年7月25日に閣議決定されました。   もっと読む
2018-03-13 姫路市議会 平成30年3月13日厚生分科会−03月13日-01号 ◆問   新規事業に自殺対策計画策定とあるが、去年の暮れに兵庫県が策定している。どういう人を対象に、どのようなアンケートを行うのか。 ◎答   自殺対策基本法の一部改正により、市も単独で計画を策定しなければならないことになった。   もっと読む