890件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2019-12-27 開催日:2019-12-27 令和元年文教こども委員会 本文

4,本事案におけるいじめの認定の仕方とその指導の問題点でございますが,(1)本事案のいじめの捉え方として,(a)生徒Dのことを動物に例える悪口のあだ名で呼ぶことは,いじめと認定してよいこと。これをいじめと把握し,対応しようとした当該校の対応には,特段の問題がないとされております。しかし,(b)ツイッター上でのつぶやきについてですが,10ページをお開きください。

豊岡市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第5日12月12日)

いじめをなくする取り組みが一生懸命行われている中で、このような事件報道されると、もう情けないというか、悲しいことであります。この問題について、教育委員会の所見をお聞きします。  私は、しばしばいじめ問題を取り上げておりますが、豊岡市においてこのような先生による卑劣な暴行事件、そういったものがこれまであったのかどうか、この点についてもお尋ねをいたします。  

伊丹市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会−12月11日-05号

また、学校においても、いじめ体罰保護者からの苦情など、対応しなければならない問題が多様化しております。  このような背景を踏まえ、学校家庭地域がそれぞれの立場を生かしながら、主体的に子供教育にかかわるための仕組みがコミュニティ・スクール、つまり学校運営協議会制度であります。  

西宮市議会 2019-12-09 令和 元年12月(第 3回)定例会-12月09日-04号

また、インターネットやSNSを通じたいじめは増加しており、使われ方への対応が教育課題となっています。さらに、いじめを受けて誰にも相談できず、一人で悩む子供たちへの対応も同様に課題とされています。  こうした中で、文部科学省においては、SNSを活用したいじめ等の相談体制の構築に向けた調査研究が進められています。

丹波市議会 2019-12-09 令和元年第105回定例会(第2日12月 9日)

次に2つ目市の重要施策と位置づけることができませんかについてでございますが、生活習慣病の予防が未病対策と捉えるならば、丹波市では未病対策は市の重要な施策の一つと位置づけ「健康寿命日本一宣言」これを行いまして、自殺予防対策や高血圧、そして糖尿病の重症化予防に重点をおき、今まで取り組んでまいりました。  

姫路市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会−12月09日-04号

また、子どもがつらい思いをしたときには、いつでも相談できる窓口として、県におきましては「ひょうごっ子SNS悩み相談」、「ひょうごっ子〈いじめ体罰・子ども安全〉相談24時間ホットライン」を、姫路市におきましてはメールdeエールや総合教育センターの電話相談窓口を開設しておりますので、これらを周知し、適切に対応してまいりたいと考えております。  

西宮市議会 2019-12-06 令和 元年12月(第 3回)定例会-12月06日-03号

いじめ不登校、SNSを介した犯罪被害、薬物乱用、虐待、発達障害子供貧困などは社会問題となっております。それらへの対応は、行政による一くくりの施策では解決が困難であり、子供に対する家庭教育力や問題が発生した際の対応力の向上に向けた支援・助言体制を講じることが喫緊の課題であると私は考えております。  

加古川市議会 2019-10-17 令和元年総務教育常任委員会(10月17日)

○山本一郎委員   資料の16ページの子どもの自殺予防教育の推進で、評価がCになっているんですが、この事業は今年度からの新規事業なので、Cがついているのはどうなのかと思いまして、中身を読んだのですが十分に理解できなかったので、補足説明をしていただけますか。

神戸市議会 2019-10-03 開催日:2019-10-03 令和元年決算特別委員会第1分科会〔30年度決算〕(教育委員会) 本文

まずは小学校いじめ事案についてということです。  委員御指摘のとおり,学校いじめ認知した場合には,被害児童・生徒や保護者に十分寄り添い,まずはどのようないじめがあったのか,被害児童・生徒に丁寧に聞き取りを行うことから始めなければならないと思っております。  

西宮市議会 2019-09-25 令和 元年 9月25日決算特別委員会教育こども分科会-09月25日-01号

9月1日問題と言われる、夏休みの終わりから2学期の初めに自殺をする子が多いという問題について、西宮市としてはどういった対策をされていますでしょうかということを直接聞かせていただいたりしたのですが、今回、教育委員会のほうから、しんどい子は無理しなくてもいいよという一文を8月の終わりに出していただきました。それから、9月2日には市長から不登校に関しての文書も出ました。  

小野市議会 2019-09-20 令和元年第418回定例会(第3日 9月20日)

2017年度の同調査において不登校の原因とされたのは、「家庭状況」が36.5%で最も多く、「友人関係」26.0%、「学業不振」19.9%などが続き、「いじめ」はわずか0.5%でありました。  これに対して、いじめ認知件数は同年度、小中学校で39万8,000件と過去最多を記録しています。  

明石市議会 2019-09-18 令和元年第2回定例会 9月議会 (第4日 9月18日)

いじめ不登校自殺につながることから、特に学校現場での研修は大変重要です。市役所職員教育現場における研修、市民向けの講演会等を定期的に実施することで、理解の促進と支援の必要性が認識できると思います。性的少数者(LGBT)を理解するための啓発活動についてお聞きいたします。  3点目です。前段でもご紹介いたしましたが、全国各地でパートナーシップ制度の導入が前進しています。

伊丹市議会 2019-09-13 令和元年第4回定例会−09月13日-03号

次に、自殺対策についてお聞きします。  私は、平成28年4月に改正自殺対策基本法施行され市町村自殺対策計画の策定が義務づけされたことを受け、同年9月の第4回定例会において、本市の自殺対策に関する取り組みについて質問をいたしました。その後、本市では平成31年3月に国の自殺対策基本法の規定に基づき、市町村自殺対策計画となる「伊丹市自殺対策計画」を策定されました。

洲本市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第4日 9月13日)

18歳以下の自殺が1年間で最も多いのが9月1日ということであるらしいのですが、これは内閣府の調査が示すように、新学期をスムーズに迎えられない状態にある子供は少なくありません。勉強がしんどい、いじめが怖い、宿題が終わらないなど、新学期になればストレスをため込み、学校に行くのがつらくなり、ついにはみずからを追い詰めて、取り返しのつかない事態を招いてしまうことさえあります。  

たつの市議会 2019-09-12 令和元年第4回たつの市議会定例会(第2日 9月12日)

ある経済学者は、今の世界経済の減速状況の中で、また日本の景気状況の中で、この時期の増税は自殺行為であるとも言われています。過去においても、3%から5%、5%から8%へと増税されたときには、日本の景気が落ち込み、経済不況に陥ったという現実もあります。どうしても増税を考えるなら、国民賃金を引き上げ、懐を豊かにして需要を喚起する政策が先ではないかと、先ほどの経済学者も言っています。  

姫路市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会−09月10日-03号

3項目めは、いじめのネット相談窓口について質問いたします。  新学期が始まりました。この時期になると、毎年気になることがあります。それは、いじめなどによる自殺です。9月1日問題として、全国では、中高生がみずから命を落とすなど悲しい出来事も報道されており、胸が締めつけられる思いです。  いじめ対応のスタートラインは、まず認知するということです。