運営者 Bitlet 姉妹サービス
94件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-05 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-03月05日-07号 本市といたしましても、ICTとデータを利活用した官民連携による地域課題の解決に関心を持っており、採択はされませんでしたが、今年度、総務省の地域IoT実装のための計画策定・推進体制構築支援事業に応募したところです。現在策定中の第5次西宮市情報化推進計画におきましても、オープンデータの促進による地域課題の解決をアクションプランに掲げ、データ利活用型スマートシティーの実現を目指すことを記載しております。 もっと読む
2019-03-04 姫路市議会 平成31年第1回定例会−03月04日-03号 最後に、5項目めの市長公室の強化につきましては、人口減少・少子高齢化の進展やAI・IoTなどの技術革新が進むなど社会経済情勢が大きく変化する中で、市民のニーズも多様化、高度化しております。そのような中で、市長公室は総合計画の策定を初め、市政の重要な事業を調整し、原局が行う事務・事業を支援する役割を担うことから、そのための企画力や調整力の確保は重要であると考えております。   もっと読む
2019-03-01 姫路市議会 平成31年第1回定例会-03月01日-02号 また、兵庫県では、認知症患者の在宅生活を支えるために、IoT技術やAIを活用し、在宅介護の負担軽減を目指した実証実験を実施するとのことであります。  本市としては、まず現在のオレンジプランに基づき施策をさらに充実させていくことはもちろんですが、今後ますます進展する少子高齢化社会を見据え、新たな対策を検討すべき時期だと考えますがいかがでしょうか。   もっと読む
2019-02-28 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-02月28日-04号 この問題に対して、AIやIoTをもって拡大させることに対応すべきだという意見や、外国人材を幅広く受け入れ、活用すべきだという意見があります。さらに、女性や高齢者の活用を図り、総合的に人手不足問題の解決を図らなければならないとする声もあります。いずれにしても、経済成長を阻害する最大の要因ですから、国を挙げて総がかりで取り組んでいかねばならない課題であります。   もっと読む
2019-02-21 姫路市議会 平成31年第1回定例会-02月21日-01号 他方で、深刻な人口減少・少子高齢化や第4次産業革命とも言われるAIやIoTなどの技術革新は、既存の社会経済システムを常に変化させており、市政に対しても新たな課題を与え続けています。また、昨年も全国各地で相次いだ地震・台風・集中豪雨などの、いつ起きるとも知れない災害に備える体制づくりなど、市政は、日々切れ目なく、適時・適切に施策を推進していかなければなりません。   もっと読む
2018-12-18 小野市議会 平成30年第414回定例会(第2日12月18日) それともう1つは、ICTという戦略とか、IoTの戦略とか、AIの戦略になってきますと、もう間違いなく、間違いなく語学なんていうのは、ぱっと英語を話せない人は評価されない時代が来ますよ。語学ができない人は評価されないいう当たり前の社会です。ですね。もうこれはもう目の前。小学校の1年生、2年生、あるいは幼稚園の人が、当たり前のゲームを通じて、英語なんてぺらぺらっとしゃべる社会ができる。 もっと読む
2018-12-13 西宮市議会 平成30年12月13日総務常任委員会-12月13日-01号 「⑤ICTの活用」についての総合計画審議会の意見は、ICTについてはAIやIoTの今後の展望をもう少し記載したほうがよい、でございました。これを受けて、四つ目の二重丸の記載を加筆、修正いたしました。  これ以外の「⑧内部統制の推進と監査機能の強化」の修正は、より適切な表現となるよう修正を行ったものでございます。   もっと読む
2018-12-12 播磨町議会 平成30年12月定例会 (第3日12月12日) このようなデジタル・ディバイド対策として、国は地域IoT実装のための計画策定・推進体制構築支援事業なども実施しているが、本町においてもこのような事業を研究し、地域経済の活性化や地域課題の解決に向けて活用すべきと考えるが見解は。  (2)PPP/PFIの推進を。   もっと読む
2018-12-11 播磨町議会 平成30年12月定例会 (第2日12月11日) ○3番(香田永明君)(登壇)  やはり働き方というのは、播磨町では仕事はあるかもしれないんですが、もう少し柔軟に考えていただいて、例えば、これから外国人労働者の話も出ましたが、IoT化が進んできて、製造系の仕事がなくなってしまった場合、個人事業主として、例えば、テレワークの導入を真っ先に始めるとか、そういった働き方というのも1つの考え方ではあるのかなと私は思います。 もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) ○8番(氏田年行議員)  この地域未来投資促進法では、地域の強みを生かしながら将来成長が期待できる分野での需要を圏域に取り組むとしており、新たな成長分野の例としましては、医療機器、また航空機部品、新素材等の成長ものづくり分野、農林水産、地域商社、IoT、またAI、ビッグデータなどを活用した分野、また、観光、スポーツ、文化、まちづくりの関連等が掲載をされております。 もっと読む
2018-12-10 西宮市議会 平成30年12月(第16回)定例会-12月10日-04号 Society5.0が実現された社会では、ビッグデータやIoTなどの最新テクノロジーによって、あらゆる生命活動が循環し、経済、社会、環境にまつわるさまざまな課題が解決され、国連が2030年までの持続可能な開発目標としたSDGsの達成にも大いに貢献するものと考えられております。   もっと読む
2018-12-07 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月07日-03号 3点目の新庁舎がデジタル化のチャンスになる中、現状と今後の見通しについての御質問ですが、本市では情報化施策の総合的な企画、調整及び推進に関することについては、副市長を本部長として、教育長や理事、各部局長で構成する伊丹市情報化推進本部を設置しておりまして、去る11月に開催し、AI、RPA、IoTといった最新のICT技術の現状について情報共有を図り、国の官民データ活用推進基本計画の方向性を踏まえた上で、 もっと読む
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 ソサエティ5.0とは、モノとインターネットの融合であるIoTや人工知能(AI)、そしてドローンや自動走行車、無人ロボットなどの最新テクノロジーの活用を推進し、生産性を劇的に押し上げることでイノベーションを実現させ、少子高齢化や地域格差などの課題の解決を図り、一人一人が安心で快適に過ごせる社会を実現することを目的としています。   もっと読む
2018-09-21 小野市議会 平成30年第413回定例会(第3日 9月21日) 人口減少、超少子高齢化という社会構造が大きく変化するとともに、ICT、IoT、そしてAIの時代を迎えるなどの情報通信技術の進展にもより、都市間のボーダーレス化も一層進み、従来の延長線上にはない行政の姿が出現する、そういう未来は、そう遠くはありませんし、今もう来ていると言っても過言ではありません。   もっと読む
2018-09-20 小野市議会 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日) これがどんどんどんどんIoTやICT、そしてAIという自動化戦略で人口が減ってくる日がやってくると、何がエネルギーになるかというと、電気がエネルギーなんですよ。 もっと読む
2018-09-20 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−09月20日-06号 そして、AIやIoTがますます進化し、身近なものがインターネットで最適化される時代になっていると思われます。人間の仕事の47%をロボットがやるようになり、多くの若者は今存在しない職業についているとも言われています。 もっと読む
2018-09-18 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−09月18日-04号 また、将来を展望いたしますと、先ほども述べました厳しい点ばかりではなくて、AIやIoTなど、新しいテクノロジーの進展、普及が予測されておりまして、車の自動運転による交通手段の確保でありますとか、ロボットによる介護を初めとする労働の補助など、さまざまな分野で人と機械が共存、協調する生産性の高い社会の到来も期待されているところでございます。   もっと読む
2018-09-12 姫路市議会 平成30年第3回定例会-09月12日-04号 その一方で、農業を成長産業とする動きが加速しており、AIやIoTを活用した次世代型農業の新たな展開や、地域資源を活用し、女性や若者を含めた多様な人材による地域ぐるみの6次産業化が注目されております。   もっと読む
2018-09-11 西脇市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月11日) これ、今ちょっとそんなことほんまにできるんかっていう、私もそういうちょっと疑問を持ってますけれども、ただ、今のIOTとAIの組み合わせで世の中物すごくいろいろな物流のシステムであるとか業務の管理であるとか民間で進んでいますので、総務省のほうもオフィシャルにこういう制度をスタートしかけて、今、課長のほうからも説明がちょっとありましたけれど、つくば市のほうでもそういう実証実験が始まっています。 もっと読む
2018-09-10 姫路市議会 平成30年第3回定例会−09月10日-02号 AI、IT、IoTの進展を前提として、地域の公共サービスと本所との連携に関する現在の必要性や課題と、今後の見込みについて教えてください。  4点目は、コミュニティを支える市役所職員の今後の要員数と配置について教えてください。  AI、IT、IoTの進展によって、人手が必要になる業務は削減されます。支所、出張所では、既に指定管理の活用などで市役所職員が減っています。 もっと読む