118件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊丹市議会 2019-06-17 令和元年6月17日総務政策常任委員会−06月17日-01号

内容につきましては、日本工業規格、現在の段階ですと鉱工業品、金に広島の広で鉱工業、こちらのものが今のJIS規格となってるんですが、そこに合わせまして、データIoTとかAI、こちらに伴うデータとかサービス、こちら合わせたということで、日本産業規格に変わるということで聞いております。

姫路市議会 2019-06-14 令和元年6月14日総務委員会-06月14日-01号

この計画自体、ICTやAI、IoTなどの最先端技術を活用して、前向きに行政を展開していこうということであり、市民サービスの向上を目指す計画でもあるため理解してもらいたい。 ◆問   「明らかな不当要求の概要」の資料で、「書類の郵送請求に対する職員の不備」に対して市民が怒ったとあるが、その不備の状況を説明してもらいたい。

伊丹市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会-06月13日-05号

そこで、IoT最先端技術を用いて基礎インフラと生活インフラサービスを効率的に管理、運営し、環境に配慮しながら人々の生活の質を高め、継続的な経済発展目的とした新しい都市定義されており、近年、日本のみならず世界でも注目され、国土交通省が力を入れている新技術や官民データを活用して、都市地域課題を解決するスマートシティーモデル事業では、他市を例に挙げますと、つくば市で顔認証技術を活用して、バスに乗るだけで

伊丹市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会−06月10日-04号

最近では、働き方改革において求められる業務の効率化、あるいはセキュリティーを確保した上でAIやRPA、IoT等の最新のICTを積極的に活用し、新庁舎において質の高い行政サービスを実現できるよう、去る5月に改訂いたしまして、官民データ活用推進基本法における市の官民データ活用推進計画としての役割も持たせて、市のホームページで公開してございます。 ○議長(佐藤良憲) 山薗議員

西脇市議会 2019-05-16 令和元年総務産業常任委員会( 5月16日)

したがいまして、今盛んに言われています、MaaSいうのはいわゆるモビリティ・アズ・ア・サービスということで、あらゆる交通機関を一つのネットワークで通じてIOTというのはあれだと思うんですが、要するに、高齢者がどうか云々という問題があるんですけれども、スマホベースでこのバスにこれに乗れば、ここで乗り継げばこの地点でここに着くという形であらゆる交通手段のデータを一括管理していくという形のものが今もう既にかなり

加古川市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第7号 3月26日)

本案に対し、委員から「国土交通大臣賞を受賞した官民連携の見守りカメラ・見守りサービスは、今後さらに市民安全・安心を守るものと評価する」「地元での結婚・出産・育児を促すには、競争力のある地元企業育成する必要があるため、IoT設備の導入に要する初期費用についての補助制度を創設したことを評価する」「路線バス運休に伴うコミュニティ交通への転換や、市内路線バス上限運賃導入に向けた事業等、直面する高齢化と人口減少

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

今後の社会を展望しますと、2030年ごろには第4次産業革命とも言われるIOTやビックデータ、AI等をはじめとする技術革新が一層進展し、超スマート社会、Society5.0の到来が予想され、研究、開発、商品化から普及までのスピードも加速していき、組織や国の競争力を大きく左右していくことが想定されています。

播磨町議会 2019-03-15 平成31年度予算特別委員会 (第3日 3月15日)

これからそういうIoTを使ったサービスというのは、いろんな分野で広がってくるのかなと思うんですけども、今後、平成31年度に向けて、そういう部分の活用というのはお考えになっているんでしょうか。 ○上田福祉統括   私もそれを一緒に見させていただきながら、体験しましたが、本当に便利なもので、即座に打ち込んだりとか多言語対応も可能だとお聞きしております。  

加古川市議会 2019-03-15 平成31年建設経済常任委員会( 3月15日)

○渡辺征爾委員   234ページ、IoTの導入のスタートアップの補助金ということで60万円が計上されております。上限10万円で2分の1ということですが、そもそもIoTのスタートアップということで、導入コストが総額どれぐらいかかるものと想定された10万円なのか。そして、またPRをどのように効果的にしていくのかということについて確認をさせてください。

淡路市議会 2019-03-13 平成31年第77回定例会(第3日 3月13日)

自助・共助の機能拡充及び強化を目的としまして、IoTの活用も視野に入れつつ、ソフトとハード両面で防災体制のさらなる拡充に向けた施策を実施しています。  今後につきましても、地域防災体制のあり方としまして、市民、事業所、関係機関、市等が協力・連携をしながら一体となった防災体制の充実や減災対策に努めてまいりたいと思っています。  

神戸市議会 2019-03-07 開催日:2019-03-07 平成31年予算特別委員会〔31年度予算〕 (意見表明) 本文

2,国際戦略港湾としての競争力強化のため,コンテナターミナルのAI化やIoT技術の導入を積極的に進めること。  3,コンテナヤードの慢性的な渋滞については,海上コンテナ車ドライバーの待機時間短縮のための実効的な施策を早期に実施すること。  4,本市のスポーツ振興のため,女子サッカー用のスタジアムを整備し,ほかのスポーツにも使用できるようにすること。  

伊丹市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会−03月07日-07号

10年後の我が国の社会は、人口減少や高齢化が進み、AIやIoTなどが飛躍的に進化し、社会職業のあり方そのものが大きく変化していると思われます。  現在、人間が行っている仕事をロボットが行うようになり、今ある仕事の半分はなくなっていると言われています。子供たちは、このような時代を生き抜いていかなければなりません。

高砂市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第 7日 3月 7日)

そうした中で、今までICT、AI、IOTいろいろありますけれども、協議された、検討された内容等々ございましたら、お聞かせいただきたいと思います。 ○議長(今竹大祐君)  企画総務部長 ○企画総務部長(江谷恭一君)  AIの検討につきましては、前の議会の中の一般質問の中で、そういった質問がございました。そういった中で、研究のほうを始めたというのは、まだそういった状況でございます。  

伊丹市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会−03月06日-06号

人工知能、ビッグデータIoTロボットといったイノベーション経済社会のあり方を一変させようとしています。  そのような中、生産労働人口の減少による人手不足を見越し、少しでも職場環境労働環境をよくする取り組みが必要となっていることから、これまで業務のデジタル化を着実に推進しつつ、その時点で使える最先端技術を活用した行政業務の効率化などを導入することで、市民サービスの向上を訴えていました。  

猪名川町議会 2019-03-05 平成31年総務文教常任委員会( 3月 5日)

それと、199ページのところなんですけれども、小学校管理事務費のところ、このあたりじゃないかなと思うんですけども、今現在、IoTの時代で、情報教育というのが重要になっておると思うんですけども、インターネット環境について、学校はどのようになっておるのかということ。  さらに、223ページのところに多田銀銅山遺跡整備基本計画策定業務ということで、これ30年度と31年度、来年度2年間でやるんだと。

西宮市議会 2019-03-05 平成31年 3月(第17回)定例会-03月05日-07号

本市といたしましても、ICTとデータを利活用した官民連携による地域課題の解決に関心を持っており、採択はされませんでしたが、今年度、総務省地域IoT実装のための計画策定・推進体制構築支援事業に応募したところです。現在策定中の第5次西宮市情報化推進計画におきましても、オープンデータの促進による地域課題の解決をアクションプランに掲げ、データ利活用型スマートシティーの実現を目指すことを記載しております。

姫路市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会−03月04日-03号

最後に、5項目めの市長公室の強化につきましては、人口減少・少子高齢化の進展やAI・IoTなどの技術革新が進むなど社会経済情勢が大きく変化する中で、市民のニーズも多様化、高度化しております。そのような中で、市長公室は総合計画の策定を初め、市政の重要な事業を調整し、原局が行う事務・事業を支援する役割を担うことから、そのための企画力や調整力の確保は重要であると考えております。  

姫路市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会-03月01日-02号

また、兵庫県では、認知症患者の在宅生活を支えるために、IoT技術やAIを活用し、在宅介護の負担軽減を目指した実証実験を実施するとのことであります。  本市としては、まず現在のオレンジプランに基づき施策をさらに充実させていくことはもちろんですが、今後ますます進展する少子高齢化社会を見据え、新たな対策を検討すべき時期だと考えますがいかがでしょうか。  

西宮市議会 2019-02-28 平成31年 3月(第17回)定例会-02月28日-04号

この問題に対して、AIやIoTをもって拡大させることに対応すべきだという意見や、外国人材を幅広く受け入れ、活用すべきだという意見があります。さらに、女性や高齢者の活用を図り、総合的に人手不足問題の解決を図らなければならないとする声もあります。いずれにしても、経済成長を阻害する最大の要因ですから、国を挙げて総がかりで取り組んでいかねばならない課題であります。